2013年7月28日 (日)

"La Zumba Flamenca" The summer Hit from Béziers.../ラ・ズンバ フラメンコ、ベジエから夏のヒット

"Los Buenos Sombras" is a group from our City, for the promotion of their first album they made a "showcase" today in the center of Béziers...

Because it is summer, what best than a Japanese Yukata? I must say that the real happening of this even was us... Lots of kids from 12 to 16 were asking us to take pictures... showing that Japan have really a great image in France amongst the young generations.

「ロス・ブエノス・ソンブラス」は僕たちの町の出身。ファーストアルバムの宣伝で、今日はベジエの町の中心にお目見え。

夏だからね、日本の浴衣以上にいいものがあるかな?ここで起きたことっていうのは、実は僕たちのこと。12歳から16歳くらいのたくさんの子どもたちが僕たちの写真を撮らせてくれって言ってきたんだ。フランスの若い世代の間では、日本のイメージはすごくいいんだよ。

Dsc006511

Japanese Ambassadors in Béziers

ベジエのニッポン大使

Dsc006641

The Public

パブリック

Dsc006741

The group.

グループ

Dsc00698

Yuri with the group.

グループと一緒のユリ



| | コメント (1)

2013年7月24日 (水)

Love from Paname (Paris)/パナム(パリ)から愛をこめて

Dear friends, I share with you this beautiful song by Oxmo Puccino a very famous french Rap Artist. The song is a love song about the beautiful city of Paris...Tell me if you like it.

親愛なる友人たちへ

フランスの有名なラップアーティスト、オクスモ・プッチーノの素敵な歌をご紹介しましょう。これはパリという美しい町についてのラブソングなんだ。あなたが好きかどうか、教えて。

| | コメント (1)

2013年7月19日 (金)

Have a nice summer!!!/素敵な夏をね!!!

Dear friends in Japan, have a nice summer...
With love from Patrice and Yuri.

日本の友人のみなさん、素敵な夏をお過ごしください。。。

パトリスとユリより愛をこめて

P_y

| | コメント (4)

2013年7月18日 (木)

Asian food for a summer heat.../暑い夏に、アジアン料理

It is our third summer in the South of France...

Yes...already 3 years that I left Japan...
I am missing my friends cameramen, writers, people from magazines and medias, editors, cameramen, collaborators, former staff, teachers, students,...To all of you thank you! Thank you! I wish to have a chance to visit as soon as possible to meet you...

南仏で迎える3度目の夏。

そう、日本を離れてもう3年。懐かしいですね、僕の友達のカメラマン、ライター、雑誌やメディアの人たち、編集者、共同作業をした人たち、昔のスタッフ、先生、生徒。。。みんなにありがとう、ありがとう!みなさんに会えるチャンスができるだけ早くくるといいな、と願っています。

But by the way, the South of France, and particularly the Languedoc Roussillon and the city we live in, Béziers are very enjoyable, mainly from April to October...Now it's summer season everyday is " festival" here : music, theater food, wine, laughing, it's really fun.

さて、南仏、中でもにラングドック・ルシヨンや僕たちが住むベジエはとっても楽しげです。4月から10月にかけては特にね。今は夏のまっただ中、毎日がここではお祭り。音楽があって、演劇があって、食べ物に、ワイン、笑い声、本当に楽しいよ。

We have the chance to live in the most "Art de Vivre" spot in the city. Yesterday I bought a very fruity selection of tomatoes at the Wednesday bio market, just under our windows.

この町でもっとも『アールドヴィーヴル』らしい場所に僕たちは住むことができている。昨日は、ちょうど窓の下でオープンしている水曜ビオ市で、なんともフルーティなトマトたちを買った。

Img_7597

And this summer I don't know why, we enjoy cooking asian food. Let me introduce our lunch on this 18th of July, it is a Vietnamese sandwich. Absolutely delicious.

それになぜだかわからないけど、この夏はアジアン料理を楽しんでいる。7月18日のランチを紹介するね。これはベトナムサンドイッチ。すごく美味しいです。

Img_7590

In a warmed baguette we spread on both side an homemade garlic mayonnaise flavored with fish sauce.

Then we put on top some cold meat crumbled or sliced like magret de canard or cold chicken or roast beef (Chinese roast porc - char shiu porc- is the best). Salad leafs, carrot julienne marinated in fish sauce, sugar and rice vinegar then drained. Usually we use cucumber but today we used homemade watermelon skin pickles and fresh onion slices for the punch. Then, very important, mint leafs and fresh coriander...

That's great with a "Rosé frappé"...

あたたかくしたバゲットにフィッシュソースを加えたホームメイドのガーリックマヨネーズを両側に塗ります。

その上にコールドミート、たとえばマグレ・ド・カナルやチキンやローストビーフ(チャーシューが一番いい)のかけらかスライスをのせます。

サラダ菜、フィッシュソースと砂糖、ジュリアン式に米酢でマリネし水をきった人参。普段はきゅうりを使うんだけど、今日はホームメイドのスイカの皮のピクルスとフレッシュオニオンのスライスでパンチを効かせてました。それから、大切なのはミントとフレッシュコリアンダー。。。

ロゼ・フラッペとの相性は抜群!

Img_0647



| | コメント (1)

2013年7月 9日 (火)

"Fête de la musique" /音楽祭

Checking my collection of pictures, I found those images of the "Fête de la musique" in Béziers on the 21 of June.

For this day of celebration of the "Summer Day", all the cities of France organize musical celebrations in the streets.

I was busy at my office that evening so I could just join the celebration around 11PM. Anyway as you will see, the streets of Beziers were still very active.

僕の写真のコレクションを見てみたら、6月21日にベジエで行われた『音楽祭』のイメージ写真がいくつか出て来た。

この『夏の日』に、フランス中の町がストリートで音楽でお祝いしているんだよ。

あの晩僕はオフィスで忙しくしていたので、夜の11時ごろになってやっとお祝いに参加することができたんだ。ま、とにかくご覧の通り、ベジエのストリートはまだすごく活気づいていた。

Img_1198_2

11:15 PM, in open air, the main stage in front of the building of the Theatre of Béziers. Occitan reggae.

夜11時15分、屋外、ベジエ劇場のビルの目の前のメインステージ。オクシタン・レゲエ。

Img_1213_2

11:45, Blues Band in front of the Church "La Madeleine". Big crowd

夜11時45分、『ラ・マドレーヌ」教会の前でブルースバンド。すごい人だかり。

Img_1211_2

A booth ready for a blues band playing later

ブルースバンドの演奏の準備完了のブース

Img_1217_2

0:00 h A band playing French old songs. Some people still dancing.

夜中12時、古いフランスの歌を演奏するバンド。何人かの人たちはまだ踊ってるね。

Img_1223_2

0:30 almost all the cafés are still open.

0時30分 ほとんどのカフェはまだ開いている。

Img_1226_2

1:00 in the morning. Already the ambience of summer full bloom. "C'est le Sud".

夜中の1時、夏真っ盛りの雰囲気。“これぞ南仏”

Img_1229_2

1:15 AM, some places get ready to close.

1時15分、閉め出すところもチラホラ

Img_1240_2

But some people are still dancing...

でもまだ踊っている人たちも…

Img_1243_2

And some still eating...

食べてる人たちも…

Img_1244_2

Around 2PM, a DJ attracting people still looking for more music and more dancing..

2時ごろ。人気のDJは音楽、ダンスをもっともっと…





| | コメント (2)

2013年7月 6日 (土)

Yummy and simple.../美味しくって、シンプル

In my collection of "instants" in June I also found this picture.  At Bézier market, near our house, I had a chance to find a nice piece of raw tuna...
We had it prepared just "tataki", with a delicious japanese koshihikari rice sent by a friend from Japan and "ponzu" sauce.

6月の“一コマ”のコレクションの中にあったこの写真。ベジエの僕たちの近所にあるマーケットで、いい感じの生のまぐろのさくを見つけたんだ。それを軽くたたきにして、日本から友人が送ってくれた美味しいコシヒカリとポン酢で。

Img_1304

| | コメント (1)

First visit to the beach.../初めてビーチへ

I am sorry, this blog have been very quiet recently...
I am a bit like the cicadas, with the sun of summer I am finally able to add new songs to my blogs...

最近ずっとご無沙汰してしまってごめんね。夏の太陽を浴びて、僕はちょっと蝉みたい、このブログに新しい歌を加えることがやっとできるよ。

Ok, let rewind the video and go back to Sunday June 24 . I think that what I will share with you corresponds to what Yuri wrote in her blog but under a complementary angle...

オッケー、じゃ6月24日の日曜日にビデオを巻き戻そう。ユリがブログに書いたものを違った角度から補足しようかと思う。

A few months ago, Andrea, a Friend of us living in England sent us a mail asking "Did you ever go to a place near the sea called la Tamarissière. It looks like it is a power spot?"

数ヶ月前、英国に住んでいる友人、アンドレアがメールを送ってきた。「ラ・タマリシエールっていう海の近くの場所に行ったことがある?それってパワースポットみたいなんだけど」って。

I had to confess that even after 2 years in the region we never heard of "La tamarissière". June beginning and the weather getting better, that first Sunday of June gave us a chance to experience how "La tamarissière" looked like.

正直言って、僕たちはここに2年も住んでいるけど、ラ・タマリシエールなんて聞いたことがなかった。6月の初め、天気も幾分よくなってきた最初の日曜日、僕たちに、その“ラ・タマリシエール”がどんなところなのか経験するチャンスがやってきた。

First let me show you where is the place on a map.

ますは地図にある場所を見て。

Carteeurope

On the map of Europa, in the Southern part of France where you see a big red dot saying "Le Cap d'Agde" you find Béziers and la Tamarissière. It is the place where the river Hérault ends in the sea.

ヨーロッパの地図で、フランスの南に"Le Cap d'Agde"って書いてある赤い大きなドットがあるでしょう、そこにベジエとラ・タマリシエールがあるんだ。エロー川が海に流れ込んでいく場所。

Cartepostalelatamarissierelegraudaf

On this postcard, you see Le Grau d'Agde on the right and La Tamarissière on the Left. The river flows in between. About the beach, I have nothing to add to Yuri's report. I will just give you a few details about the way we ended our trip.

この絵はがきに、右側にル・グロ・ダグド、左側にラ・タマリシエールって書いてあるのが見えるでしょう。この川はその間に流れているんだ。ビーチについてはユリの報告に僕が加えることはなにもないよ。僕はただ、ちょっと詳しく僕たちの旅の終わりをお知らせしたいなと思って。

It was still the beginning of the season so the evening was sunny but still a bit chilly ...Beach restaurants were getting ready for the season. We spotted one, bathed in a shower of sun rays.

季節は始まったばかり、夕方は眩いけれどちょっとまだ肌寒く。ビーチのレストランは夏に向かって準備が整いつつあった。太陽の光のシャワーを浴びながら僕たちは席についた。

Img_1299

The place is called "Le Tamaris" (Tamaris is the name of a tree). The restaurant serve mainly seafoods. The owner of the place installed a table specially for us just on the banks the Hérault river so we could still enjoy the sun.

場所は“ル・タマリス”(タマリスは木の名前)というシーフードレストラン。オーナーが僕たちのために、特別に席をエロー川の上に作ってくれたおかげで、太陽を楽しむことができた。

Img_1294

Yuri having never tried the crab called "tourteau", I ordered a female...We were lucky enough to get the last female tourteau of the day.

ユリは"ツールトー”という蟹を一度も食べたことがなかったから、僕はそのメスをオーダーした。ラッキーなことに、それがその日の最後の一匹だったんだ。

Img_1300

I must explain why it is good to choose a female when you eat this kind of crab :

この蟹を食べるならメスがいい。その理由を説明しなくちゃね。

The meat of the crab is good but for connoisseurs the best part of it is the eggs inside the shell, all around, in the inside. You scoop that part with a spoon and mix it with some garlic mayonnaise...mmmm Yummy!!!

蟹肉は美味しいよ。でもツウには、殻の中にある、そう、内側にびっしりある卵の部分が最高なんだ。スプーンですくって、ガーリックマヨネーズとまぜて。。。。ムウウウウウ美味い!

With a chilled rosé wine from the region of course...

もちろん、この地方特産の冷えたロゼと一緒にね。

| | コメント (1)

2013年6月24日 (月)

2013 summer hit.../2013年夏のヒット

Summer time is here. I introduce one of the future hits.

夏ですね。ヒットしそうな一曲をご紹介します。

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

Our shop "Norika"; Japanese spirit in Béziers/ベジエに日本の粋、僕たちのショップ"Norika"

Last spring, we opened a very tiny shop in the center of Béziers, it is called "NORIKA"

この春、ベジエの中心にとっても小さなショップをオープンしたんだ。名前は"NORIKA" 。

Img_4210

At Norika we propose a selection of "Japanese inspirations"

Like those ear rings made by Yuri from recycled old kimonos

Norikaでは"日本のインスピレーション”に通じるセレクションを紹介している。たとえば、古いリサイクル着物でユリが作ったこんなイヤリングとか。

Img_1119

Bags and glasses cases created also from recycled kimonos

同じくリサイクル着物で作られたバッグや眼鏡ケース

Img_1090

Img_1120

Tea pots and cups

急須と湯のみ茶碗

Img_1088

We also have a great selection of incences  and cushions for Zazen

座禅のためのクッションや香りのセレクションにも力をいれているんだ。

Img_1096

Img_1100


We also propose a selection of original Kokedamas

オリジナル苔玉のセレクションも紹介している。
 

Img_1108

Img_1114


Norika "Esprit Japon"

8, rue de la Citadelle

34500 Béziers

33(0)4.67.38.36.97

 





| | コメント (6)

2013年3月22日 (金)

100%の責任 本当の意味は?

「全ての責任を引き受ける」 多くの人にとってこの責任という考えは、本来それが意味するものとは全く違う形で受け止められている。これは今までのいろんな出会いを通じで気づいたこと。根本的に人の心を解き放つものであるその姿勢は、どうやら危険なくらい歪んだ視点でとらえられているようだ。

人は責任という概念を過去の観点からとらえがちだ。そのため「今」起こっているあらゆる問題を、過去の失敗や過ちの結果として受け止める。だから気持ちが軽くなるどころか、重く感じてしまう。

でも実は「100%の責任」という概念は、今現在の経験に直結するもの。僕が感じ、評価する経験は、経験に対する僕の思考に関連してのみ感じられ、評価される。つまり僕が体験する全ての事柄は、必然的に僕の精神を経由しなければ成り立たない。自分の視点を変えることも、「誰か」がするように世界を見ることも決してできない。たとえ自分のパートナーが世界を見るその方法を解釈できたとしても、結局それは自分の内部で解釈された型の投影でしかない。僕が「キミって全く変わろうとしないね」と結論づけても、それは僕だけにかかわる問題であって、僕は僕自身を凝り固まった“心の中の劇場”に閉じ込めてしまっているだけのこと。かなしいけど仕方がない。

ここで出番となるのが“クリーニング”という方法だ。僕には外の世界で起こる争いや揉め事をクリーニングすることはできないけれど、現実にフィルターをかけている自分の中の幻想をクリーニングすることならできる。それは僕が世界に対して抱いてしまっている先入観を取り除くためであり、そうすることで僕の“現実”は進化する。

僕による解釈を通さなければ、全ては手つかずで中立だ。テーブルの上に置かれた一個のクロワッサンは、世界中の他の全ての事象と等しく、一つの物体でしかない。クロワッサンが僕の“責任”に出会うのは、それが僕の意識の中に入ったとき。おいしいかどうか、焼きたてかどうか、好きかどうか・・・全ては僕次第。クロワッサンも、社会も、現実も、みんな同じ。フィルターはひとつで、それを通して僕の意識は世界をとらえる。それが全て。

そうやって考えると「100%の責任」は実は「100%の可能性」だとわかってくる。なぜなら僕の思考は全部、僕だけのものだから。そして“外の世界”をコントロールしようという幻想が、いかに当てにならないものかもわかってくる。だからもう、僕は自分を何かの犠牲であるかのようには決して考えないだろう。なぜなら僕を閉じ込める“独房”の鍵は、自分のポケットの中にあることを知っているから。そしてそれはいつだって簡単に、楽園の鍵へと変えられるという秘密も。

「自分の今に100%責任を持つ」かどうか、この問いだけが、絶えず自分に投げかけるに値するクエスチョンなんだ。

翻訳:碓井洋子

| | コメント (6)