トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

PJ Dojo : the magic of the imagination. / PJ道場 : イマジネーションの魔法

Excellent weather for the second session of the PJ Dojo. This is the view from the windows of the meeting room...We cannot dream of a better place for a training related with the imagination...
Img_0913

And this is a picture of the Peanut Butter cookies baked specially in the morning...(Let call them "Imagination cookies"...). Served with a  flavored tea from "Marina de Bourbon", called "Vega"...name of a bright star, perfect match for the topic of the day.

Img_0911

A lot of the readers of our blogs are very curious about what happens in the PJ dojo...mmm... impossible to explain with words. The best way to know is to experience, I am sure it will completely change the way you imagine the role of our imagination in our everyday life.




2回目のPJ道場は素晴らしい天気に恵まれました。
これは道場からの眺め・・・。
イマジネーションとの関係を築くトレーニングの場所として、これ以上の場所は無いでしょ・・・。

そして、この写真は朝、今日のために焼いたピーナッツバタークッキー。
("イマジネーションクッキー"と呼びましょう)
本日の紅茶は"Marina de Bourbon"の"Vega"・・・輝ける星は今日の題目にぴったり。


ブログの読者の皆さんはPJ道場でどんなことが起きているか、興味があると思います。
うむ〜・・・。言葉で説明できないんですよ・・・。
一番いいのは体験してみる事。
あなたの持つ日常生活のイマジネーションの役割を完全に覆す事になるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

The silent message of a bouquet / ブーケが静かに語りかけてくるもの

To take the time to create bouquets every week is not easy but it is really worth the effort. It gives a special taste to every single moment.

Img_0894
The amosphere of the same bouquet changes everyday, lighting changes too as the day goes on, even our feelings are changing from moment to moment...so we see differently...

And this goes beyond words,
silently,
between the flowers and us.




毎週ブーケを作るのは大変だけど、十分にその価値はあります。
毎日の一瞬一瞬に素晴らしい風情をあたえてくれます。

同じブーケでも毎日その雰囲気が変わってくる。

一日の変わりゆく光で、移りゆく気持ちの中で、私たちは違いを見つける事ができます。


そしてこれは言葉をも凌駕する。
静かに、
ブーケと私たちの間に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

Let your imagination fly.../ あなたのイマジネーションを羽ばたかせよう

Sunday 29, from 1:30 PM, let your imagination fly with the PJ Dojo at Senzoku Ike ...

Img_0127

The Dojo started in March and will meet every month on last sunday on a regular base.

For Informations check: http://www.breezeoflove.com/events/index.html 



週末の29日、日曜日1:30から洗足池のPJ道場で
あなたのイマジネーションを羽ばたかせましょう。

PJ道場は3月から始まり、毎月最後の日曜日を基本に開いてます。

詳細はパトリス・ジュリアンbreezeofloveのページから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

Using large plates is fun / 大きいお皿って楽しい

Recently I bought (for less than ¥1000) very large plates from the Table Ware shop "Canion" at Kappabashi. Using this big space to present food is a real pleasure for the eyes and for the heart.
Look at this Compote of Eggplants with a mixed grill of shrimps and "buri"!

Img_0877

This was our lunch today on the terrace... 
Preparation took 20 minutes
And the result looks like restaurant at home...Isn't it...



最近、大きなお皿を(1000円以下で!)合羽橋のCanionで買いました。
広いスペースで料理を盛りつけると楽しい。

この海老と鰤のグリルとナスのコンポートを見て!

これはテラスでの今日のランチ。
準備は20分くらい。
でもレストランみたい・・・・でしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

My friends / お友達

At home, I have two friends always ready to help me.
Today I want to introduce them to you.
The big one is "PIKO", my Canon EOS 5D...He works with me when I have time to take my time, to select the best lens, to work on the light....etc.
The small one is "DAPHNE", my IXY900. She works very fast so I work with her more and more often (means I am getting lazy...)

Imgp6722
But as you can see in the pictures of the flowers posted in my album Daphne is very talented, she can take macro pictures of an incredible quality so easily...
She is so talented that recently Piko is getting a bit jealous...

Do not ask me why I choose those names for them, it just came to my mind. And giving a name to things may seem a strange idea but it is not more strange than to say "My camera" or my "Ixy"...

Just a friendly way to relate with the world...






今日はいつも私を助けてくれる2人の友達を紹介しましょう。

大きい子はCanon EOS 5DのPIKO(ピコ)。
彼とは私に時間がある時に作品を作ります。
いいレンズを選んで、光を調整して・・・いろいろね。

小さい子はIXY900のDAPHNE(ダプネー=月桂樹の妖精)。
彼女はとても動きが速いので、よく使います。(私は怠け者だから・・・)
でもね、サイドバーにあるマイアルバムの花の写真をみると、ダプネーの才能はすごいでしょう。
びっくりするくらいいい写真をマクロ撮影で簡単に撮れるんです。
だから最近はピコがダプネーの才能に嫉妬しています。
なんでこの名前にしたかって聞かないでくださいね、降りてきたものだから。
ものに名前をつけるのって変に思われるかもしれないけど、
でも”私のカメラ”とか”僕のIXY”よりは変じゃないでしょう。


名前を付ける事で世界のあらゆるものと友達になれるんだから・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

Welcome!!

Welcome to my New Blog!

Here I will share with some moments of my everyday life with my wife Yuri and my cat Bisou.
The posts in a blog are "snap shots" of our journeys through "being alive"...

But, in fact what is being alive?
Let me share a story that illustrate the way I answer this question for myself.

"One day, God appears to a group of 3 brothers and he gives each of them one of the first 3 lemons he just created : bright yellow, firm, with a fragrant smell.

The first brother smelled the fruit and decided this present was just a decoration for the altar of God. With respect he brought the fruit on the altar and let it there until mould covered the yellow skin, then disgusted he thrown it away asking himself why God created such a strange thing...

The second brother smelled the fruit and took a bite out of it...Wooof! So pungent, bitter and acid at the same time. How could a respectable entity like God have made such an inedible fruit.

The third brother loved cooking. He smelled the fruit, examined it carefully, then took his favorite knife and cut it in the middle. Ooooh...Such a beautiful thing! He felt really impressed by God's imagination. Then he checked the taste of each part of the lemon with the tip of his finger...Mmmm..."For now, I think I can make a delicious drink out of it". He entered his kitchen, closed the door and stayed inside for a while. Then he called his brothers and poured a pale yellow drink in 3 glasses garnished with ice cubes on the table.
- So good and refreshing! What's that?
- I will call it Lemonade said the third brother.
- And what is it made of? We never had an experience of this taste before...

The third brother just kept smiling. He didn't notice the question because he was giving thanks to God in his heart for this new present.

Lemon

PJの新しいブログへ ようこそ!

ここに、妻ユリと愛猫ビズとの毎日の暮らしの瞬間を紹介します。
ブログのポストは人生の旅のスナップショットです。

しかし、実際に人生の旅とは何でしょう?
私自身にこの質問を答えるためストーリーを考えました。

ある日、神様が3人の兄弟の前に新しく創った3つのレモンを一つずつ分け与えました。
鮮やかな黄色で、しっかりとした、かぐわしい香りです。

1人目は匂いを嗅ぎ、これは神棚に飾るためのものだと決めました。
感謝の気持ちと共にレモンを神棚に運び、腐るまで飾っておきました。
気持ち悪いなあ、と思いつつそれを捨てて
なぜ神はこんな変なものを作ったのだろうと疑問に思いました。

2人目は匂いを嗅いで、そのままかじりつきました。
ゔーーーーーー!
ひとつの果物の中に渋味、苦味、酸味があるのは信じられない!
なんで素晴らしい神様が、こんなまずいフルーツを創ったんだろう。

3人目は料理が好きでした。
フルーツの匂いを嗅ぎ、注意深く吟味して、
お気に入りのナイフでレモンを半分に切りました。
うーん・・・。なんとすばらしいことでしょう!
神の想像に感動しました。
レモンを指先につけ味見をして、うーん・・・。
「今、素晴らしくおいしい飲み物をこれでつくれそうだ。」
キッチンに入り、ドアを閉めてしばらくの間、中にこもりました。
兄弟を呼んだ時、テーブルの上には氷が入れられた3杯のグラスに淡い黄色の液体が注がれていました。

ーとても美味しい!生き返るなぁ。これはなんだい?
ーレモネードって呼ぼうと思うんだけど。
ーで、これは何からできてるんだい? こんな飲み物のんだことないよ。

三人目は微笑みをうかべるだけで、質問には答えず
神からの与えられた新しいものに感謝するのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)