« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

My new short cut  / 新しい ショートカット スタイル

Img_1629

Summer is getting hot isn't it?So I asked Patrice to bring me to my favorite grooming shop in Daikanyama for my annual summer cut...
Sexy isn't it?
My book will go to the printer soon...
with great illustrations of our friend Chigusa Kawashima...
(Merci Chigunyan)
It will be on sale from the 1rst of September...
Do not miss it...

だんだん暑くなって来たでしょ
だからパトリスにおねだり
代官山のお気に入りのグルーミングショップに
連れてって。
毎年恒例のサマー・スタイルにしたいから…
セクシーじゃない?
私の本、もうすぐ出版…
川島千草さんのすばらしいイラストとともに
(メルシー、チグニャン)
9月1日から店頭に並びます
忘れないでね…

| | コメント (6)

2007年7月27日 (金)

Love from the Earth / 地球から LOVE

Maybe do you need a short relaxation
a few minutes to be back to your heart,
I found this and I share it with you,
take a short moment, plug your earphones on your computer
and click...make it full screen and "let go"...
Hope you enjoy!
http://www.youtube.com/watch?v=RoeGw01ZTlE


あなたのまごころに立ち返る
ショートタイム・リラクゼーション
いかがですか。

少しの時間
イヤフォンをあなたのコンピューターにつないでクリック…
フルスクリーンにして 心の中の愛を感じてね
楽しんで!
http://www.youtube.com/watch?v=RoeGw01ZTlE

| | コメント (2)

2007年7月26日 (木)

Yo-Yo! Semi naitemasu! / イヨイヨ!蝉が鳴いています!

Finally cicada are in action! They got the right temperature and the right dryness so around our house started the summer all day concert. As the insects seem to compete with the crows for the leadership  of the stage the atmosphere around Senzoku Ike is really a "BIG SUMMER LIVE!"

From our garden, we enjoy the show day and night and our private restaurant is now serving us everyday a new "O makase summer special from the kitchen"...

ついに蝉たちが始動です!
気温も湿度もぴったり というわけです
そして 我が家のまわりでは
夏の音楽演奏会 がはじまりました。
昆虫として 彼らはステージでのリーダーシップを争っているようで
洗足池一帯はまさに”ビッグ・サマー・ライブ!”状態。

庭先で このショウを朝も夜も堪能
そして我が家のプライベート・レストランでは
毎日新しい”おまかせサマースペシャルfromキッチン”をお楽しみ…

Img_1557_2


Yesterday for lunch we had "toro-toro" salmon with fresh basil salsa...
and at night we moslty enjoy izakaya style snacking...as you can see edamame is one of our favorites and what you maybe do not recognize in the glass cups is a sashimi of konyaku with yuzu flavored miso.


昨日はランチに”トロトロ”サーモンのフレッシュ・バジル・ソースがけ…
そして夜には居酒屋スタイルのスナック…ごらんのように
枝豆は我が家のお気に入りのひとつなんです、
それから 見えますか グラスには
刺し身こんにゃくのゆず味噌添え。

Img_1533

We hope you enjoy the season too...
Best chance to use your terrace or your balcony.

みなさんも この季節を楽しんでくださいね…
テラスやバルコニーを活用する よいチャンスですよ。

| | コメント (1)

Bread in a can  / パン・イン・ザ・缶

Img_1477

I took off the label, opened a bit the top of the can to let steam get out and placed the can in the pre heated oven for 8 minutes and here is the result...In fact it tastes quite good, it is like a brioche.
A bit too expensive to buy everyday...but not as bad as I expected...Anyway I hope all bakeries in Japan will not start to use this system...

ラベルを外して、缶の頭を少し開いて蒸気を逃がし
温めておいたオーブンに入れて8分…
これがその成果です…実際のところ味はかなりよかった、
ブリオッシュみたい。
でも毎日買うにはちょっと高いね…でも期待していたほど悪くはなく…
とにもかくにも 日本全国のパン屋さんがこれを使いはじめないことを祈ります…

| | コメント (1)

2007年7月25日 (水)

An incredible product! / 信じられないプロダクト!

Last sunday evening we went in  the "hot" district of Kawasaki to have a legendary treat of "tebasaki"(chicken wings) by a very famous chain ten originally from Nagoya...Do you know which one? ; ) as we had to wait 30 minutes to get a seat we had no other choice than "uro-uro" between pachinko's, izakayas and hostess clubs. In the middle of all this world was a huge pharmacy ( recently those monsters are growing all around the country which tend to show that people feel such a lack of love that they imagine they are "monster sick"...). We went inside to explore the market of this new "chemical happiness". 

In between sprays of a new deodorants for men that will make all ladies kiss your body from feet to head and a full display of another "anti-bad smell" using as a character a very funny American old Lady we discovered this incredible product. I was so curious about it's contents that I bought it : imagine, bread in a can! And the best of it : croissant flavored!
Did you already try it?
There was 3 flavors on the shelves : croissant, danish, and the other one I forgot...

Come back tomorrow to discover the picture of the content of this  can...

Img_1462

このまえの日曜日、川崎の”ホットな”エリアの
名古屋発祥の有名なチェーン店に
伝説の”手羽先”を食べに行きました…
(どの店だかわかる?)
待ち時間30分ということで
パチンコ屋、居酒屋、ナイトクラブの間を
まさに”ウロウロ”するしかなく。
このエリアの中央には巨大な薬局
(最近、この巨大という名のモンスターは全国で増殖します。
人々が求めている愛の欠如を感じていることを象徴しています、
”巨大病”ね…)。
とにかく中を探検してみることにしました、
新しい”ケミカル・ハッピネス”を探して”。

女性がみんな足の先から頭までキスしてくれそうな
新しい男性用デオドランド製品と
ちょっと面白いアメリカのおばちゃんキャラクター
を起用した他のデオドラントとの間で、
見つけました、この信じられないプロダクト。
中味がとても気になったので買ってみました:
缶詰めのパン、想像してみて!
中でもベストのクロワッサン・フレーバー!

もう試してみたことある?
その棚には3種類のフレーバーがありました:
クロワッサン、デニッシュと何か忘れちゃった…

この缶の中身は明日に
つづく…

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

Yebisu Style : O tsukimi / YEBISU STYLE:お月見

Img_15191

For next Yebisu style coming out in September the theme was "O tsukimi"(Moon watching festival)
We had the shooting this evening.

次号のYEBISU STYLEは9月ということで ”お月見”(お月さまを眺めるお祭り) 今晩は、その撮影。

Img_15001

I did not use rice cakes but peanuts balls (Check for the recipe when the magazine comes out).

お団子ではなく ピーナッツボールにしました。 (レシピは次号YEBISU STYLEでチェックしてね)

Img_1510

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

Open your eyes! / オープン・ユア・アイズ!

The world around us is so interesting if we are able to keep our eyes and hearts open. What do you think about this space between two buildings with a black and white poster... I took this picture with the help of "Daphné",my Canon IXY near my hotel in Fukoka.

Img_2210

私たちが心と眼をオープンにし続けることができるなら
世界はそれはそれは面白いもの。

ふたつのビルの間 白黒のポスターのこの空間はいったい…
マイCanon IXY”ダフネ”の力を借りて
福岡で滞在したホテルの近くで撮影しました。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

Talk show in Fukuoka.      / 福岡のトークショウ

Img_2175

The readers of this blog remember the +Do gas table I produced for Tokyo Gas. This new product being very successful since it has been launched, other gas companies around Japan started to sell it. To promote this +Do and introduce it's revolutionary aspects I  started a "Road show" in May. This week end I was invited by Saibu Gas for a talk and demonstration in their Show Room at Canal City in Fukuoka.

このブログの読者のみなさんは 私が東京ガスのためにプロデュースした +Do!(プラスドゥ)ガステーブル  覚えてますね。 発売されてから大好評で、全国の他のガス会社でも 販売され始めてます。 そのプロモートで5月から”トークショー”ツァーをしています 今週末は西武ガスに招聘されて、福岡のキャナルシティへ。

Img_2198

The team of Saibu Gas and the public were so warm, I really enjoyed it. Minnasan, thank you so much for the good time!

西武ガスのチームと、参加者のみなさんはとても温かく 本当に楽しかった。 みなさん 素晴らしいひと時をどうもありがとう!

Img_2217

I post a few pictures of this trip. Enjoy!
Wish you a very creative new week!

この旅の写真を何枚かアップしますね。 新しい クリエイティブな一週間を!

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

Mysteries of the blue bottle  / 青い瓶のミステリー

Naomi san was the first one to answer and I felt so surprised she got all right!
Wow!Like thoughts transmission...

Img_2083_2


We called the Shochu company and yes they use speakers playing classic music to mature the drink...I was very impressed to know that shochu makers could do such an interesting thing using "hado power" effects...
Also the choice of the blue glass for the bottle may be related to the same reasons the Hawaïan teacher was writing about in his article.

Then using this large quantity of shochu in a short time (10 minutes) looked like an impossible challenge...I thought about umeshu but the season they sell the right ume is finished...So...Another idea was to try a "japonesque" version of the Italian "Lemoncello". Lemoncello uses only the yellow part of the peel of the lemons, vodka, sugar and water...I bought 12 lemons and crystal sugar (Korizato) and mixed the peel, the shochu and 800g sugar in a jar...Let me tell you, it's now 1 week matured and it already tastes like a really good lemoncello...

But next step is about how to use the peeled lemons. As my nickname is "Recycle no Oni" (which means the devil of recycling) I sliced them and made another jar with granulated sugar, it is the base for a delicious lemon syrup. It's perfect in summer, well mixed with ice cubes and fresh mint (I use an electric mixer for it).

Img_2113

I can already tell you that next step will be about making lemon jam as a last recycle.

回答の一番のりはナオミさん
とってもビックリしました
全でご名答!
ウワゥ、まるで思考転送装置…

焼酎の製造会社に問い合わせてみたところ、ウィ。
熟成時にスピーカーからクラシック音楽を流しているとのこと…
焼酎のメーカーさんが”波動パワー”を使っていると知って感心しました。
青いガラスを瓶に使用しているのも
もしかしたらハワイの先生が書いていたものと同じ理由によるかもしれませんね。

大量の焼酎を短時間(10分間)で使うっていうのは
ほとんど不可能チックでした…梅酒 っていうのも思いつきましたけど 梅が買える時期はすでに終わっている…
ということで…イタリアの”レモンチェーロ”の”ジャポネスク”バージョンにトライしてみたんです。レモンチェーロにはレモンの皮の黄色い部分とウォッカ、砂糖と水を使います…レモン12個と氷砂糖を買って、レモンの皮と焼酎、800gの氷砂糖をジャーの中で混ぜます…今のところ1週間熟成させていますが、すでにおいしいレモンチェーロのような味がします…

しかし次なるステップは皮なしレモンの使い方。
”リサイクルの鬼”の異名をとる私、
スライスしてグラニュー糖と一緒に他のジャーに入れました
おいしいレモンシロップの素 ね。
氷とフレッシュミント混ぜれば(ミキサーを使いました)
これはもう夏にぴったり。

さらにもうひとつのステップにしてラスト・リサイクル、
レモンジャムの作り方もお伝えする準備は万端ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

My young wife... / マイ・ヤング・ワイフ…

Very often, people ask me about the age difference between my wife and me. This morning, I found this advertising for Harley Davidson and I thought it's a great one. Don't you think so?

Harley_my_wife


よーく尋ねられます、
奥さんと私の 年の差について。
今朝 このハーレーダビッドソンの広告見つけて
これはすごいと思いました。 でしょ?

オレはワイフにゃ決して乗らせない
少なくとも18歳にならにゃ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

A new charming baguette  / 新・魅惑のバゲット

Let me introduce the new "baguette" sold at "Cupido" bakery in Okusawa.

Img_2118


奥沢のパン屋さん ”クピド”
の新しい ”バゲット” です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Hawaï & The "Blue Bottle mystery"/ハワイ&ブルーボトルのミステリ

Recently I read an article of an Hawaïan Teacher about the effect of solar light on water when using a blue tinted bottle.

Img_2109

You know that I am a very curious and open person. I thought "why not give it a try?" but the problem was the light blue bottle...where to look for it?  You know I believe in "sychronicity"...(I call it "Kamisama tsushin hambai system") and so, the next morning I met a blue big bottle of shochu in a supermarket where I go very rarely...It was the perfect size for my purpose.

The story will follow in a future post but for now I have two questions :

Question 1 : Do you know what is the meaning of this information on the label?

Question 2 : What did I do with this huge quantity of shochu before using the bottle for storing water?

Waiting for your answers, I wish you a delicious day.

最近、青い瓶を用いた時の
太陽光線が水に働きかける効果について
ハワイの先生が書いたものを読みました。

ご存知のように 好奇心いっぱいでオープンな私。
"これは試すべきでしょ?"
でも問題は青い瓶…どこにある?
ご存知のように”シンクロニシティ”を信じる私…(”神様通信販売システム”と呼んでいます)がですね、次の朝 たまにしか行かないスーパーマーケットで
焼酎の大きな青い瓶を見つけて…まさにぴったりのサイズ。

お話は続きますが、ここでふたつの質問:
Q1:このラベルの意味は?
Q2: この瓶に水を入れるにしても、その前にこの大量の焼酎どうするの?

みなさんの答えを待っていますね。
おいしい一日を。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

Wet Bisou   / ビズ ビッショリ

As it have been raining everyday  I didn't feel like going outside for my walking session. Today it was still raining but my body told me he couldn't wait more...

When I came back my fur was totally wet. It took one full day to dry it...

Img_1460

こんな風に毎日雨だと 外にお散歩いく気も起こらない。
今日も雨 でももう我慢できないって 猫体が言うので…

戻ってきたら毛皮はビッショリ。
乾かすのに 一日がかり…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

Slow life, typhoon and rillettes / スローライフと台風とリエット

I asked my cat Bisou how I could spend a typhoon day...She said "do watever you like". Sleep, meditate, pat me, pat Yuri, eat, cook something good, take a long bath with lavender bubbles...Enjoy! Do not think "Oh what a bad luck...Such a weather on a Saturday, that's a pity!" no, it is a luck if you make it a luck...
"Merci Bisou!"

Rillettes_de_porc

I had some frozen porc meat in the freezer so I decided to use my "O nabe de Fransu ryori" rillettes recipe p.74. In the book it is duck rillettes but you can change it to all porc. Use shoulder part (Kata ros) or belly (bara niku). Preparation is fast and during the cooking process it makes the whole house smell so good.
It is recommanded to let rest in the fridge at least one night before tasting. But next morning...with a good bread from Cupido...!!! So good.

Rillettes keep perfectly well in a terrine, a glass pot or even a tuperware during a week to 10 days and the taste becomes better and better (Do not forget to cover tightly with plastic film...)

台風の日の過ごし方について
我が家のネコ ビズ に尋ねたところ…
”なんでも好きニャことをやりなさいよ” だって。
お昼寝、瞑想、ビズをナデナデ、ユリをナデナデ、
ごはん、何かおいしい料理を作る、ラベンダーのバブル・バスにゆくり入る…
いいねえ!
 ”なんてアンラッキー、ついてないの…日曜日にこんなお天気なんて、バカバカしい!”とは考えないで。
それどころかこんな日をラッキーにできたらラッキーでしょ…
”メルシー ビズ !”

豚肉が冷凍室にあったので
自著の”お鍋でフランス料理”74pのリエットにすることに。
本の中では鴨のリエットですけど豚肉でもだいじょうぶ。
肩ロースの部分、もしくはバラ肉を使います。
手順は簡単、作っている間 お家の中はいい匂いでいっぱいになります。
食べる前に少なくとも一晩は冷蔵庫で寝かせることをお勧めします。
でもあくる朝…Cupidoのパンがあると…!!!! 言うことなしですね。

リエットはテリーヌの容器で保存できます。ガラスのポットもしくはタッパウエアでも1週間から10日間はだいじょうぶ。日に日においしくなりますよ(ラップできつく覆っておくことを忘れないでね)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

To cut the scones  / スコーン用に

Some people asked me about the cutters I use for the scones. Here is the picture of two types of cutters I use. They sell in different sizes. You may find them at Tokyu Hands or for sure at Kappabashi.

Img_2108

It is not confirmed yet but I am planning to set up a Tsukiji and Kappabashi shopping tour in next august. It will be on a Saturday from 7:30 starting from Tsukiji station. then moving to Asakusabashi and Kappabashi. and may finish around 2:30 to 3:00PM. It will be limited to 12 persons and we will in priority retain people who never visited those places. Keep looking here and on our official website for information.


スコーン用の型について質問がありましたので。
私が使っている2つのタイプのものの写真です。
いろんなサイズがあって、東急ハンズや河童橋なら必ず買えます。

まだ確実じゃないけど、8月に築地と河童橋でのショッピングツァー
計画しています。おそらく朝7:30の築地駅からスタート
そして浅草橋、それから河童橋に移動、午後2〜3時には解散。
12名限定で、まだ一度も行ったことない人優先。
このブログとPJのオフィシャルwebサイト
チェックしててね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

Delicious cream cheese scones / デリシャス・クリームチーズ・スコーン

Img_2084

Let me share with you a delicious recipe of scones I created for our breakfast on this rainy Saturday. If you have a food processor like a Cuisinart it takes only 10 minutes to make the dough.

The recipe is for about 30 scones (You can keep them in the freezer in a Ziploc and warm them 7 minutes when you want).
Put 300g flour, 80 grams cold butter in cubes, 75 grams sugar, 2 grams salt and 12 grams baking powder in the bowl of your food processor. Mix until you get a crumbly texture (like pan ko). You can do it by hand also. Then add 120 to 140g of cream cheese. Mix. When the dough come altogether, check the texture with your finger, if it's soft it's ok (it should not be too soft, just like a baby chick is good).

Put the dough in a bowl, punch 2 or 3 times to say "Hello!". Feel the texture, your fingers may tell you if it's OK. Then cover with a plastic wrap and let relax 1 hour. Warm your oven at 250º and go for a session of Zazen.

When you are back, the oven is OK, the dough and your heart are in a perfect condition. Pound the dough with your hands (About 2,5cm) then cut the scones and put them on a baking sheet (I used a 3cm cutter). Put the reminding dough altogether again without over kneading and cut again until nothing remains. Brush the top of the scones largely with milk and bake 10 minutes at high temperature and then lower to 190º and watch when the bottom and the top of your cakes start to colour nicely. Cool on a wire rack and if you plan to freeze do it as fast as you can so your scones do not dry.

A blueberry jam is a must for this...
Also on top the black seed is not black goma, it's nigelle also called "black cumin" we brought from Marrakech. As it may be quite difficult to find it in Japan I suggest you use blue poppy seeds but not goma.

Wish you a lot of pleasure with this new recipe. Also let me ad a small detail. If you find French cream cheese like Kiri Chef or Président, the taste will be milder...It is what I normally use...it tastes more like the real country made English scones.

雨の土曜日 私が開発したスコーンの
デリシャス・レシピ紹介させてくださいね。
もしCuisinartみたいなフード・プロセッサー持ってたら
たった10分で 生地作りできます。

30個分のスコーンのレシピです(ジップロックに入れて冷凍しておいて食べたいときにオーブンで7分間温めて)。
300gの小麦粉、80gの冷たいバターの角切り、75gのお砂糖、2gの塩と12gのベーキングパウダーをフードプロフェッサーのボウルに入れます。
そして ポロポロになるまで混ぜます(パン粉みたいに)
手で混ぜることもできますよ。
それから120〜140gのクリームチーズを加えます。
生地がまとまるまで混ぜ、手で触ってみて柔らかければOK
(柔らかすぎてはダメ、赤ちゃんのほっぺくらいがちょうどいいです)

生地をボウルに移して2〜3回 たたいて"アロー!”とご挨拶、
触ってみて。OKと指が感じるでしょう。
それからラップで覆い、約1時間寝かせましょう。
オーブンを250℃に温めている間、坐禅に行きましょうね。

戻ってきたら、オーブンは準備OK、
生地とあなたの心は最高のコンディション
生地を手で(2.5センチくらいに)伸ばして
型で抜いて(私は3cmのものを使いました) ベーキングシートの上に置きます。
生地をこねすぎないように気を付けながら 型抜きで残ったものをもういちどまとめて
何も残さないように抜きます。
スコーンの頭にミルクをたっぷり塗って
10分間は高温で、そのあとは190℃に温度を下げて焼きます
スコーンの底と頭の部分が色づくまで。
そして網棚の上で冷まします。
もし冷凍するなら、スコーンが乾燥しないうちに できるだけ早くに。

このスコーンにはブルーベリーのジャムがぴったり…
それから上にのせるブラックシードもですけど。
ゴマじゃなくて二ゲラね、”ブラック・クミン”と呼ばれるもの
私たちはマラケシュで買いましたが
日本で見つけるのは難しいので
ブルー・ポピー・シードを使うといいと思います
ゴマじゃなくてね。

この新レシピ 楽しんでくださいね。
ちょっと付け加えるなら
もしKiri ChefやPrésident といったフランス製のクリームチーズ
を使うとよりマイルドな味になります…
↑いつも私が使っているものです。
カントリーメイドのイングリッシュ・スコーンの味にいっそう近くなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

Easiest bread ever / 世界一 簡単なパン

What is the easiest bread ever?
It's an indian bread called "Chapati" I first tried in India 30 years ago. There, chapati is the most basic bread and the most popular. They eat it from breakfast to dinner. Reminding this brings me back to memories of a very cute beach in Goa where I lived one month in a bungalow, right in front of the sea.Only two small coffee shops built with coconut leaves, and they served a very good chai with chapatis and curry...

Imgp6766

Today, no bread for breakfast. Before doing my zazen (Dear Shisho, Yes I am still sitting every morning from 6 to 7). I remembered the recipe. So simple, about 2 cups whole wheat flour, four pinches of salt, two pinches of sugar, 1/3 tablespoon oil and about 1cup of water, to get a soft non sticky texture. To soften the dough it's better to let it relax one hour in a bowl within a plastic bag. Perfect timing...when I finish Zazen I can start baking.
Baking will be very easy for people who have the chance to use gas (Tokyo Gas Arigato!). Put a wire net (the one they use for yakiniku) or a grill for fish  on high flame, put on the chapatis rolled as thin as you can. If the fire is hot enough they will puff in 2 minutes. Turn on the other side, let color a bit and you're done!
Eat with butter, olive oil, honey or jam...

Enjoy!

世界一 簡単なパンって?
それはインドの”チャパティ”というパン。
初めて食べたのは30年前 インドで
チャパティはもっともベーシックでポピュラーなパンでした。
人々は朝食から夕食までそれを食べてました。
そんなことを思い出しながら
ゴアのそれはそれはステキなビーチ、まさに目の前は海の
バンガローに1カ月ステイしたことを回想。
ココナッツの木の葉っぱでできたコーヒーショップがたったふたつだけあって
とてもおいしいチャイとチャパティーとカレーを出してくれたっけ…

今日は 朝食用のパンがありませんでした。
坐禅を組む前に(お師匠さん、私はまだ毎朝6-7時までの坐禅 続けてますよ)
レシピを思い出しました。とってもカンタン
2カップの全粒粉、塩4つまみ、砂糖2つまみ、大さじ1/3のオイル、
それから1カップの水。柔らかく仕上げるために。ベトベトの生地ではダメだからね。
生地を柔らかくするには ビニールを被せたボウルの中で約1時間寝かせましょうね。
ステキなタイミングで…坐禅を終えるとちょうど焼けます。
ガスを使える人にとっては焼くのは簡単です(ありがとう、東京ガスさん!)
ワイヤーの網(焼き肉に使うもの)もしくは魚をグリルする網を置いて
丸めたチャパティをできるだけ薄く伸ばして置きます。
火加減がちょうどよければ2分で膨らみます。ひっくり返して
ちょっと焼き色をつけたら、できあがり!
バターか、オリーブオイル、はちみつやジャムをつけてめしあがれ…

エンジョイ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

All parts of the W.0.W./ すべてはW.0.W.

I would like to add some points about my last post.
Reading the title some readers may have thought I was promoting some specific religious practices. For me, Hawaïan Shamanism and Shinto are only two examples of spiritualities expressing the feeling of unity of humans with All that Is...To see Gods in every thing  is a way to feel our unity with everything...

I do not need any religion to say "hello" to my wife an my cat when i wake up in the morning, I open the window and say "hello" to the sun or to the rain, I stand in front of my garden and say "hello" to the plants and trees in front of me,...even answering to the phone with a smiling and dynamic voice is a way to say "hello!"...

In India they say "Namaste" which means something like "the divine in me aknowledge the Divine in You",  in some tribes of Africa they greet each other saying something meaning "Is there somebody in you?"...When all my days can flow this way, I just let things happen and do the best I can to make every moment an happy one for the Whole One World.

Whole One World initial is "W.O.W", isn't it?
So let's have it visual to remind us

Untitled_2

Also, would like to add that "religion" comes from a Latin world meaning "to link again"... it shows it is not a question of believing but more a question of feeling.


この前の書き込みにちょっと補足。
タイトルを見て、私が宗教のプロモートしてるみたいに
思った人もいるかもしれませんね。
私にとってハワイアン・シャーマニズムと神道は
人間とそのほかの全てがひとつになることのフィーリングを表現した高み
の例に過ぎません。
全ての中に神を見いだすということは
私たちが全てのものとひとつになることを感じる方法です…

私は朝起きて 奥さんとネコに”アロー”と挨拶するのに
宗教は必要じゃありません。窓を開けてお日さまや雨に、
そしてお庭に向かって”アロー”という時にも…
電話にニコニコ顔で元気いっぱいの声で”アロー”と出る時にも…

インドでは”私の中の神があなたの中の神を受入れる”という意味の”ナマステ”と言って挨拶し、アフリカのある部族は”あなたの中に誰かいる?”というような意味のことを言って挨拶するといいます…もし私の人生がこういうふうだったら、なすがままに従い、どの瞬間も幸せにあるようにベストを尽くします、すべてがひとつの世界のために。

Whole One World(すべてがひとつの世界)の頭文字は"W.O.W"でしょう?
こう書いて"すべてがひとつの世界"を心に刻みましょう。

そうそう、それからもうひとつ付け加えると、 ”宗教”という言葉は”再び繋がる”という意味のラテン語から来ています…信仰の問題ではなく気持ちの問題だということがわかります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

Hawaïan spirit...Shinto spirit & thankfulness / ハワイアン・スピリット…神道スピリット & 感謝すること

Our garden is giving back all the love we gave day by day,
new flowers every day,
sometimes I imagine we live in Hawaï.
We feel so thankful.

Imgp6752

When we give love and attention
without expectations
it always come back to us
under one shape or another...

Plants,
human beings
animals
and even things...

My espresso machine
is always ready.
Anytime I push the button
I say "thank you"...

Img_2054

It may sound silly
but it is not only about the machine,
it's about my own energy.
Feeling thankful  is good for me too
and for the whole world...

Thanks to my computer,
thanks to the internet,
thanks to all people and machines
in between us you can read those words now
and we can feel good together,...

Kansha...


我が家のお庭は、日ごと注いだ愛情に応えてくれます
毎日新しい花
ときどきハワイに住んでいるような気分になって
私たちは心から感謝するのです

見返りを期待することなく
愛情を注ぎ、心を配るなら
それはいつも
形となって、もしくは他の方法で
もどってくるのです…

植物
人間
動物
そしてどんなものも…

わたしのエスプレッソ・マシーンは
いつも準備万端
ボタンを押すといつも
”ありがとう”の言葉…

ちょっとおかしく聴こえるかもしれないけど
エスプレッソ・マシーンというか
自身のエネルギーについてなのです
感謝することは 自身にとってよいこと
そして全世界にとっても…

我が家のコンピューターに感謝
インターネットに感謝
これを読んでいるあなたと私を結ぶ
全ての人と機械に感謝

感謝…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

Sweet Tanabata... / スウィート・タナバタ…

Interesting day, from 9.30 AM we had a shooting for the book Yuri and I wrote with Bisou chan. The cameraman was our friend Hara Takahiro san (look at his blog here http://shunkashu-to.cocolog-nifty.com/blog/ ). He is a specialist of "Family pictures" so he did very nice shots with the 3 of us together. Usually, Bisou do not like long photo sessions but as she knew it was for her book she was very cooperative and the result is quite nice as you will see when the book comes out in September.(here is a picture from the beginning of the shooting with the 3 of us just warming up...)

Dsc_0008

At 11:00, we had Mamagon visiting from California. All together we had a joyful lunch on the terrace (Konyaku sashimi with yuzumiso and a Chicken Morocco nicomi using Japanese "togan")
As I didn't have time to make a dessert I jumped to the nearest convenience store to get a couple of Hagen Daaz frozen tiramisu...(Did you try it? It's new and really delicious -and it looks like it's only sold on the Japanese market-)

a very sweet Tanabata...

Tanabata3



今日は面白い日、AM9:30から 
ユリと私がビズちゃんといっしょに書いた本のための撮影。
カメラマンはお友達のはらたかひろさん
(彼のブログ見てねhttp://shunkashu-to.cocolog-nifty.com/blog/
彼は”家族写真”のスペシャリストで、
私たちトロワが一緒のところのとてもよい写真を
撮ってくれました。
いつもは長いフォトセッションは嫌いなビズですが
今回ばかりは彼女の本のための撮影とわかっているので
とっても協力的でした。結果は9月、この本の出版の時に
見て。(写真は私たちトロワの撮影がはじまってすぐの模様、ウォーミングアップね)


AM11:00にはカリフォルニアからママゴンがやってきました。
みんなで一緒にテラスで楽しくランチ。(柚子味噌のコンニャク刺し身と”冬瓜”を使ったチキンのモロッコ風煮込み)
デザートを作る時間がなかったので近くのコンビニでハーゲンダッツのフローズンティラミス(もう食べた? 新しくてとってもおいしいー日本でだけの販売みたい)
を調達。

とってもスウィートな七夕でした…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

Rainy day / 雨の日

Rainy day,
a good chance to enjoy myself,
...

「Untitled.mov」をダウンロード

雨の日は、
自分と遊ぶ よいチャンス…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

Light and Ajisai...  / 光 そして紫陽花…

Mo soro-soro ajisai no jiki owarimasu node...
kinen shashin torimashita

Img_1036

The season of this flower ending soon,
I took a photo souvenir.
Enjoy it...

もうそろそろ紫陽花の時期 終わりますので
記念写真 撮りました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)