« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

Imagination Dojo Monthly Meeting / 毎月のイマジネーション道場の会

Imagination

Tomorrow from 1:30PM at the "Boat House" just in front of the Senzoku Ike Station we will have our monthly "Lifestyle and Imagination Dojo".

During the sessions we explore the importance of the imagination in all the details of our everyday life and learn how to cooperate on a more effective way with this aspect of ourselves.

For more information, check  this link


明日のPM1:30から、洗足池駅の真向かい
”ボートハウス”にて定例の
”ライフスタイル&イマジネーション道場”
開催します。

セッションでは日常生活さまざまな場面において
イマジネーションの大切さを探り
私たちの考え方により効果的にそれを用いる方法
を学びます。

詳細は、 このリンクをクリック

| | コメント (5)

2007年9月28日 (金)

Blooming beauties... / 花咲く森の美女たち…

Img_2297

They come out of nothing every autumn
to visit the park near our house,
they stay a few days with us
blessing us with their grace
and then within a few days move away
in another dimension
discretely
until the following year.

Img_2304


彼女らは秋の訪れとともにやってきます
我が家の近くの公園に
ほんの数日間私たちといっしょにいてくれて
気高く息づき
そしてまた数日間で行ってしまいます
他の世界へ
つぎつぎと
また来年

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

September Full Moon...(Otsukimi) セプテンバー・フルムーン(お月見)

How did you spend the last full moon celebration?
The full moon was yesterday 26 of September. We enjoyed it one day in advance on Tuesday night from the terrace of our house. The Heroin of the day was exceptionally beautiful : big bright face, clear sky, with a perfect temperature. I have the pleasure to share with you one of the pictures I took from the place we were sitting.
Impressive isn't it?

Yesterday was a bit cloudy, so we were lucky to advance our celebration...

Img_2335


昨日の満月のお月見の夜はどのように過ごしましたか?
昨日は9月26日の満月。私たちは家のテラスにて一日早い火曜日の夜にお祝い。この日のヒロインはまた特別に美しく:燦然と輝く顔、澄んだ空、そして完璧な気温。座っていたところから撮影した一枚をどうぞ。
いいでしょ?

昨日はちょっと曇っていましたから、ひと足お先のお祝いでよかったね…

| | コメント (1)

2007年9月26日 (水)

Following your instinct

275621399_fcae683634

There was an interesting comment of Hiroko-san related to my post about "how to create your apple levain". She wrote "This is a "nature magic."
I guess the most important and difficult point is "follow my instinct."

Because I feel this is a very good chance to explain my opinion, let me comment your comment Dear Hiroko san. You wrote "This is nature magic"...do you remember you once were a cell in the body of your mother? And then what a long way to the now moment. You can figure out that it took a lot of "life cooking" to have you here reading this blog...Starting with two cells and creating an unique human being able to think original thoughts and act on an unique manner. Then having you finding my blog and taking time to write your comment. Isn't it incredible?

And how did all that happen?... Like by magic isn't it?...It's what you call the  "Magic of life". But in fact, is it something special, or just the fact that  life knows how to work her own business...isn't our instinct part of this power life uses to build  the world we are part of? Can you feel how much all this is GREAT? Including us...

So why did it become so difficult for us to follow our instinct?
Maybe because we learned to classify life in "good" things and "bad things", "simple" and "difficult". All those kind of ideas in our minds may have made us feel like if we were not part of the whole world. Only very small, lost humans... unable to act like nature does. Isn't that the way we imagined we lost the contact with our Mother...

And you are right, it has became very difficult to use our instinct. But what I feel is that cooking is one of the easiest way to recover our lost power...Why? Because it is not very risky to fail when you make your levain. You can start again and get closer to the perfect timing next time and if you fail again, you start again...

My Sister (Her link is in this blog) dreamed to make very difficult cakes "The macaroons"...The French macaroons, called "macarons" (see the picture) are so good that everybody dream about becoming able to master their art.
Nathalie (My sister) spent weeks trying everyday, she failed so many times but never gave up, until she succeeded the "perfect macaroons"...

The magic of nature may have worked the same way. Trials and errors without giving up. Shall we think it's "difficult" before we start? What is the most important? What we want to get or the difficulty to get it?Aren't we part of nature? And if it is so, all our experiences are also Nature creating through us and exploring new possibilities through our lives. It is why a famous sports clothes brand advertises : "IMPOSSIBLE IS NOTHING" a way to remind us what we are.

Thank you Hiroko san for your interaction and the chance it brought to explain this important topic. And yes, a levain is a great teacher...Go ahead! "Just do it!"

| | コメント (2)

2007年9月25日 (火)

How to make your levain (Step1) / ルヴァンの作り方(ステップ1)

Do you already have a dog? A cat? Another kind of pet?
Anyway, please remember than starting a Levain is like introducing a new pet in  your house, it's the start of a long story, a love story that can even go as far as following generations if you care enough...Are you ready for that? Know that you will have to feed your invisible friends at least once a week to keep them in shape...
OK?
So let's start our adventure.
It all begins like the Story of Adam and Eve, with an apple.
You could do it with other fruits but in my version, for the pleasure of following the steps of the first couple of human history I chose an apple and washed it well.

Half of it have been used to make a sangria in August (See the post on this blog) and then I put the other half in a mixer with 100cc of water, 10 grams of sugar and a pinch of salt (to avoid unnecessary bacterias). A few pulses to crash the apple with skin and seeds. You get a rough paste (If you have no mixer you can also use anything that can give you a paste. Chopping the apple is ok too then put all this in a very clean glass pot with a lid, but for now, do not close the lid or it will explode, cover the pot with a kitchen towel.

I started this step in August so the weather being pretty hot my new friends only needed 4 days to proliferate and enjoy their new house. It may take more time when it is cold. In this case keep your pets in a warm place without strong air circulation(I mean not under an air conditioner).
When the paste is bubbling like cider, you may be ready for the next step. But please, be patient, wait for the bubbling to increase enough...too much is not good too. Follow your instinct. Here is what you may get.

犬かネコを飼ってる?
それとも他の種類のペット?
ルヴァンを始める前に覚えておいて、
これははお家に新しいペットを飼うようなもので
まるで長い長いお話のはじまり
もしよくめんどうを見てあげるなら
次世代に続くステキなお話になるはずです…
準備はいいですか?
この目に見えないお友達に形を与えるために
あなたは少なくとも週に一回はエサをあげなきゃいけません。
OK?
それでは始めましょう。
それはアダムとイブのお話のようなはじまり、リンゴのね。
他のフルーツでもできるけど、私のバージョンは
人類の最初のカップルの足跡を称えて
リンゴをチョイス、よく洗います。

リンゴの半分は8月にサングリアに使いました( ブログの書き込みを見てね)
残りの半分は100ccの水、10gの砂糖、 それから塩ひとつまみ(必要のないバクテリアを除くため) といっしょにミキサーにかけます。 リンゴの皮と種もいっしょにひと回しします。 そうするとざっくりとしたペーストができます。 (もしミキサーがなかったらペーストを作れるものなら なんでもいいです、リンゴを叩いてもOK) ペーストをきれいな蓋付きのガラスポット容器に入れます。 でも今は蓋を閉めないで、爆発しちゃうから。 キッチンタオルで容器を覆います。

私はこのステップを8月にスタートしたのですが、 気候がけっこう暑かったので 私の新しいお友達は繁殖するのに4日しかかからず、 彼らは新居を満喫。 涼しかったらもう少し時間がかかりますね。 その場合はあなたの新しいお友達を 温かい場所に置いてあげてください。 強い換気扇のないところで。(エアコンの下はダメ)
ペーストがサイダーのように泡立ったら、 次のステップに進みましょう。
でもシルブップレ、がまんがまん、 充分に泡立つのを待ってあげてください… 泡立ち過ぎもいけません。直感を大切に。 こんな風になるはずです。

Img_1880

Run to the fruits shop, buy a nice apple and start. I'll come back with the next step within a few days.

果物屋さんに走って、 ステキなリンゴを手に入れて始めましょう。
数日後にまたお会いしましょうね。

| | コメント (4)

2007年9月23日 (日)

The visitor / ビジター

Today Yuri suddenly called me, very excited:
"Look!Look!..."
There was a surprising visitor. Very elegant, like saying "Hello, I have a message for you."

Img_2281

Some people look for UFOS...don't you think this kind of visit can be also very exciting.

Img_2291

Do somebody know the name of this visitor?

今日、ユリがおもむろにエキサイト、私を呼びました :
”見て! 見て!…”
そこには驚くべきビジターの姿。
ステキにエレガント、まるで
”ハロー、メッセージを伝えにきたの”
と言っているみたい。

UFOという人もいるかもネ…
こんな訪問は最高にエキサイティングと思いません?

このビジターの名前、知っている人いますか?

| | コメント (1)

Jusqu'à Grand-Père / ジュスカ・グランペール

Img_2669_2

Today we went to the Live of our friends Mako-chan and Hiro of the Duo "Jusqu'à Grand-Père" in La Citadella in Kawasaki. As you may know they will be our guests for the party we will hold in  November at TY Harbor Waterline.
This concert was a promotion for their new album "Mineral life" a really great moody jazz album in the style of Django Reihardt and Stephane Grapelly.

今日、私たちは友達のまこちゃんとひろのデュオ、
”ジュスカ・グランペール”の川崎チッタデッラでのライブに行ってきました。
彼らは私たちが11月に主催するパーティ”TYハーバー・ウォーターライン”のパーティにゲスト出演することはもうご存知かもしれませんね。
今日のライブは彼らのニューアルバム”ミネラル・ライフ”のプロモーション。
ほんとに素晴らしくムーディなジャズアルバム
ジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリのスタイルね。

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

Tomorrow!Asahi Shimbun... / 明日の! 朝日新聞は…

Img_0104

Picture by Nakata-San

Tomorrow, don't miss the evening edition of Asahi Shimbun...4 pages reportage about "Men's in the kitchen!"...with Yuri & friends...Also several informations about how to attend my next "special" talk show at "Kai House", a special romantic event with the Band "Jusqu'à Grand Père" in a boat restaurant at Tennozu in November and our 4 cooking workshops also in November...
Have a nice week end!

For more information

中田さんの写真より

明日、朝日新聞の夕刊を見逃さないで…
”男のキッチン”についての4ページのルポ…
ユリと友人たちと…それから次回の”カイハウス”
での”スペシャル”トークショウへの出席の仕方
11月にバンド”ジュスカ・グランペール”
とともに天王洲のボートレストランで
行われるもの
それから11月開催のクッキングワークショップ…
楽しい週末を!

くわしくは

| | コメント (0)

2007年9月18日 (火)

Sushi or tapas? / スシかタパスか?

Img_2253

Is that sushi or tapas?
Just a way to display tapas another way.
The detailed recipes will be in a next issue of the Tokyo Subway's free paper "Golden minutes" coming out in October

スシかタパスか? それはタパスのちょっとちがったみせかた。 レシピの詳細は次号10月の地下鉄のフリーペーパー ”ゴールデンミニッツ”で。

Img_2255

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

Homemade "Levain bread"/自家製“ルヴァン”

Today I baked levain bread. Maybe do you remember, when I gave you the recipe of my delicious sangria in the full heat of summer, I used just half an apple. What did I do with the remaining half? I prepared a "starter" for  "levain bread".
And here is the result

今日ルヴァンを焼きました。夏の猛暑の時に美味しいサングリアのレシピをご紹介したでしょう、覚えている?あの時、リンゴを半分だけ使いましたね。あとの残りはどうしたと思う?“ルヴァン”のスターターに使いました。ほら、ご覧のとおり。

Img_2234

Do you want me to tell you how to make this apple starter?

このリンゴのスターターの作り方、教えてほしい?

| | コメント (5)

New "Yebisu Style" Available / 新しい”エビススタイル" が出ました

Img_2238

The new "Yebisu Style", the free paper of Ebisu Garden Place is available. It is the Autumsn issue with "O tsukimi" by Patrice & Yuri, in our regular pages with a recipe of my "peanut moon cookies"...


新しい”エビススタイル" 恵比寿ガーデンプレイスのフリーペーパー
が発行されました。この秋号ではPJとユリの”お月見”や、
私たちのレギュラーページで私の
”ピーナッツ・ムーン・クッキー”のレシピが紹介されています。

Img_2244

Don't miss it! This free paper being very popular it tend to run out of stock very fast. An occasion for a visit to Garden Place, and don't forget to buy some delicious breads from the Robuchon boutique.

見逃さないで!
このフリーペーパーは人気があって、すぐなくなっちゃうので。
ガーデンプレイスに行くことがあったら、
ロブションのおいしいパンを買うことも忘れないでね。

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

Ever tried homemade nashi juice?/自家製梨ジュース、飲んだことある?

The weather in Tokyo is getting sweeter, it rains a lot but the temperature has now dropped to a more reasonable level. Still a summer feeling in the air but not like when I gave the recipes of my sangria and original lemonade.

東京のお天気もだんだんいい感じになってきました。たくさん雨が降ってくれたおかげで、気温が下がってほどよい感じ。まだ夏の気配は残っていますけど、前に自家製サングリアや特製レモネードのレシピをご紹介した時ほどじゃないですね。

We had some nashi (japanese pears) at home and I am always asking myself about ways to cook them or prepare them in some interesting ways.

家に日本の梨があったので、さてどうしよう、と考えました。僕はいつも材料を見て、おもしろい料理や準備の方法を探します。

Img_2654

As nashi is a very delicate fruit I made different trials when I was cooking at the Shiroganedai CFA. The best way I found was to fry the fruit sliced with some butter sugar and salt as a side for grilled duck breasts.

梨はとても繊細な果物なので、白金台のCFAで料理をしていた時はいろいろな方法を試してみました。スライスした梨をお砂糖、塩、バターで焼き、鴨の胸肉グリルに添えたのがベストでしたね。

Today I want to give you the recipe of a great drink I created for our lunch.
Use 1 nashi peeled cut in cubes, add the juice of 1/2  lemon, 2 cm of lemon peel (only yellow part) 250cc very cold water, two tablespoons of honey and 6 to 10 ice cubes. Put all in the bowl of a mixer (remember a bowl mixer and a food processor are the best buy you can ever do). Switch on. Blend well and serve in big glasses with straws and a slice of lemon.

さて今日は、僕達のランチに作った最高のドリンクのレシピをお教えしましょう。皮をむいた梨1個をサイコロ状に切り、レモン半分のジュースと、レモンの皮2cm(黄色いところだけ)、250ccの冷たい水、大さじ2のハチミツ、610の氷を加える。すべてをミキサーのボールに入れます。(買うなら、ボウルミキサーとフードプロセッサーがオススメ。覚えておいてね。)スイッチ・オン。よく混ぜ、大きなグラスにストローとレモンのスライスをそえて出来上がり!

Img_2648

This is for two to three big glasses. I just want to add that to get the best taste and the best color you have to make this "nashi-honey  juice" and drink it immediately. It is the reason why you almost never see
nashi juice on sale.

これは23人分の大きなグラス用の分量です。あ、それと、この"梨とハチミツのジュースを最高の味と色で楽しむためには、すぐ飲むこと。梨ジュースを売っているのを見かけない理由、わかりますね。

PS : I never tried with pears that are a sweeter European version of the Japanese Nashi but it may work well too, maybe will you have to add more lemon juice.

PS: 甘い洋ナシで試したことはないけれど、美味しいかも。その場合は、多分もう少しレモンジュースを加えた方がいいです。

| | コメント (3)

"Thank you!" from Bisou/ビズより「ありがとう!」

Dear Friends,
I want to thank you for your comments at the Amazon.co.jp homepage. I am glad you enjoyed the book and felt how becoming a human-cat can help simplify your life. I hope you will try to use the yoga lessons also  because it is an important part of the book.
I send a big Goro-Goro to everybody...
Enjoy playing!

Bisou

親愛なる お友達へ
Amazon.com.jpへのコメント、ありがとうございました!
本を楽しんでもらえて、とても嬉しい。
人間が猫になることがもっと人生を楽にすることだと、わかってもらえて嬉しい。
ヨガもやってね。これもとても大切な本の一部です。
皆さんに大きなゴロゴロ贈ります。
ライフゲームを楽しんで☆
ビズ(今朝、水飲み場にて)


Img_2179

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

Inspirations from the new Bisou book

Img_2634_2


12 days ago the long awaited "Bisou book" finally came out,
we get a lot of mails with your positive reactions and the 3 of us are very glad that you all find in this small cute book an inspiration for your everyday life. So we thank you for sharing with us.

12日前、長らくお待たせした”ビズ本”を出版しました。
以来、読者の方々から嬉しい感想のメールが沢山寄せられています。
皆さんの生活のヒントとしてこの本が役立っていると知って、私たち3人の想いが伝わったことに感謝します。

Img_2632

If some of you bought the book from Amazon.co.jp and enjoyed it, we want to ask you a favor. Could you take few minutes to report your sincere reaction on the Amazon Page. Personally I buy a lot of books from Amazon and I choose more easily after reading the comments of other buyers.

どなたかAmazonで本を購入された読者の方がいらしたら、お願いがあります。
もしこの本をお好きなら、少しの時間を使ってあなたの感想をレビュー欄にお願いします。
個人的にAmazonで本を沢山購入するんだけれど、読者のコメントを読むと本の内容がより通じるので選びやすくなります。

Loving thoughts from the 3 of us
And thank You for your support!
Patrice, Yuri & Bisou

私たちから愛情いっぱい送ります。
あなた方のサポート、いつもありがとう!
パトリス・ユリ&ビズ

Untitled




 

| | コメント (1)

2007年9月 7日 (金)

Typhoon (part 2)/台風(パート2)

Today morning, when we open the windows the face of the garden is very "dramatic".

今朝窓を開けたら、庭の様子がこんなに“ダイナミック”

Img_2620

A lot of cleaning to do...

But we have a visit

やらなきゃいけないお掃除、いっぱいですね。

あれ、お客さんがいました。

Img_2623

A very charming red dragonfly

And another one that just caught a big fly (you can still see the wings of the half eaten fly)

とてもチャーミングな赤とんぼ。

そして別のお客さんは、ちょうど大きなハエを捕まえたところ。(半分食べられているハエの羽がまだ見えます。)

Img_2629

| | コメント (1)

2007年9月 6日 (木)

Typhoon day/台風の日

Today everybody is waiting for the typhoon but for us it is just a busy day, no need to think about the weather. From 9 in the morning we have a shooting for a 4 pages with Asahi Shimbun coming out on September 22. The theme is about "home party" but this time it is an idea I really want to promote in Japan : "Men in the kitchen". No more "cliché" about the kitchen being a space for "women only" (trains have those spaces already). Today ladies relax and men cook!

今日皆さんは、台風に備えて待機していましたね。でも私たちにとっては単なる忙しい一日、お天気のことも考えないでいました。朝9時から撮影開始。9月22日朝日新聞夕刊掲載予定の、4ページに渡る大特集のためのものです。テーマは「ホームパーティ」ですが、今回は、私が本当に日本に広めたいアイディアです。そう、“キッチンで働く男たち”。キッチンは“女性専用”の場所だなんて考えは“クリッシェ”、アタマカタイでしょう。(電車ではすでにありますけど。)さあ、今日は女性たちはリラックスして、男たちが料理します!

In the kitchen Shingo san , my former Chef at Jardin de Julien Yokohama, actually Owner Chef of "Petit restaurant Pépin" at Shizuoka, "So"-san, a computer expert,  friend of us who will make is "cooking debut" today and Myself. The place is at the "Cleanup" new showroom in Shinjuku, in the very stylish new "Party Studio".

キッチンにいるのはシンゴさん。ジャルダン・ド・ジュリアン横浜のシェフだった人で、現在は静岡にある“プティ・レストラン・ペパン”のオーナーシェフです。そしてソウさん。彼はコンピュータの専門家で、私たちの友達。今日がお料理デビューです。そして私。場所は新宿にあるクリナップの新しいショウルーム。新しい“パーティ・スタジオ”はとてもスタイリッシュですね。

Img_2613

From left to right Shingo-san, PJ and So-san.

左からシンゴさん、PJ、そしてソウさん。

The party theme is "Mediterranean cruise", it is a food journey around the Mediterranean sea (Turkey, Lebanon, Spain, Morocco,...) and as an interesting challenge, all dishes include almonds (almonds being very present in all Mediterranean food cultures).

パーティのテーマは“地中海クルーズ”、地中海(トルコ、レバノン、スペイン、モロッコ…)周辺の食の旅です。面白い試みとして、すべての料理にアーモンドを使いました。(アーモンドは地中海料理カルチャーによく登場しますからね。)

Here is the menu

A Mediterranean "cruise" menu.

メニューです。

地中海“クルーズ”メニュー

Apetizer
"Petit mezze"
(Plate of 3 mediterranean appetizers)
- Nasu- almond dip
- Gazpacho with Salmon caviar
- Beef kibbeh (spicy meet balls Lebanese style)

アペタイザー

“プティ・メッツェ” 3種類の地中海風前菜

-ナスとアーモンドのディップ

-ガスパチョ サーモンキャビア添え

-ビーフ・キベー(レバノンスタイルのピリ辛ミートボール)

Entrée
"Fisherman's celebration"
Gindara and Alaska salmon Morocco style fried spring roll

アントレ 

“漁師のお祝い”

銀ダラとアラスカサーモンのモロッコスタイル揚げ春巻き

Main
"Sweet memories"
Patrice's  original Chicken, almonds and dry apricot stew from memories of birth city of Fez

メイン

“スイートメモリー”

パトリス・オリジナル チキンとアーモンド、ドライアプリコットのシチュー 出生地フェズの思い出から。

Dessert
"Arabesque" :
Apple and orange compote with honey-almond sauce

デザート

”アラベスク”

リンゴとオレンジのコンポート ハニーアーモンドソース添え
And here is the result

ご覧のとおり。

Img_2614

At the end of the shooting at 4PM, back to Ota-ku and ready for next step a Talk Show at the Japan Food Coordinator School in Akihabara starting at 7PM.

4時に撮影が終わって、大田区に戻り、秋葉原にあるジャパン・フードコーディネイター・スクールでの7時からのトークショウに向かう。

At 6, the wind is getting strong and people nervous. Everybody is rushing home. When we come out of the School at 9:30, nobody is in the streets except the wind and the rain. We have no umbrella and feel hungry. "Lucky!"there is a "Yama-chan" shop just in front of us...(It's a very famous chain from Nagoya specialized in spicy chicken wing sticks.) Because of the Typhoon the usually overcrowded place welcome us immediately. Yuri and I enjoy a relaxing time letting the Typhoon go it's way.

6時、風が強くなって、不安を煽ってきました。皆さん、急いで家に帰っていましたね。私たちが9時半に学校の外に出たとき、通りには風と雨以外、誰もいませんでした。私たちは傘もなく、おなかがペコペコ。すると“ラッキー”にも目の前に“山ちゃん”が…。(スパイシーな手羽先の専門店として名古屋からきた有名なチェーン店です。)いつもは混んでいるのに、すぐに入れたなんて、台風のおかげじゃない?ユリと私は台風は放っておいて、リラックスした時間を楽しみました。

When we get out of "Yama-chan" a very friendly taxi-man picks us. Almost no car in the streets so it takes only 20 minutes to be home. Today our cat Bisou do not ask us to let her play outside. The wind and the rain get stronger but we are so tired that we fall asleep.

“山ちゃん”から出ると、とてもフレンドリーなタクシーがつかまりました。通りには車がほとんどいなかったので、家までたった20分。今日は、私たちのネコちゃんビズも、外で遊びたいから出して、とお願いに来なかったね。風と雨がだんだん強くなっていたようでしたけど、あまりに疲れていたので、ぐっすりと眠ってしまいました。

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

Bisou book at Amazon.jp / ビズの本at Amazon.jp

51hpkwxvp4l_aa240_


Bisou Book is finally available at Amazon.jp

ついにビズの本が Amazon.jp

| | コメント (3)

2007年9月 2日 (日)

Looking at the "present" / "プレゼント”を見つめる

The title of my recently released DVD is "Enjoy the present". Double meaning under the word "present" because it means the "NOW" and also the "GIFT"...The idea is that there is a gift for us in every moment of our life and we have the choice to discover it or not. Look at the next picture. I think you all noticed this kind of places around Tokyo, maybe even near the place where you live.

”エンジョイ・ザ・プレゼント”は 最近発売した私のDVDのタイトル。 "プレゼント”という単語のダブルミーニング ”今”という意味と”贈り物”という意味… このアイディアは 私たちの暮しのどんな瞬間にも贈り物があり、 それを見つけるか そうでないか 選択の余地があるということ。 まず この写真を見て。 東京のこのようなところ、そう あなたが住んでいるところの近くにも あると思います。

Img_2546_2

Maybe do you walk by without any particular attention to the details of this "present". So now, let me show in details where is the "gift".

たぶん こんな小さな”プレゼント”に気付くことなく歩いているんです。 では いったいどこに”プレゼント”があるのか 詳細を紹介しましょう。

Img_2549_2

And also this それからこれ

Img_2550_2

and this and much more... それからこれも たくさん…

Img_2560_2

Also let me say that because the weather is so hot actually it is hard to keep nice bouquets at home. So what a chance...No need to go and buy flowers when you have such a gift available. Every year, from the beginning of July to the end of September almost all the bouquets in my house come from the streets around our house...here are two samples...just a different way to look at the Present. No?

猛暑のせいで 家に飾るお花を悪くならないようにするのが難しいです でも これはチャンスです… お花を買いに行かなくていいです、 もしこんな プレゼントが手に入ったなら。 毎年 7月のはじめから9月の終わりまでの我が家に飾るお花は 家の近所の路傍からのもの…これがそのふたつの例… プレゼントを見つける ちょっと違う方法です。ね?

Img_2539_2

And I am sure that you cannot get such a "summer mood" with the flowers shops are selling...Unique chance isn't it? But I add one important information. Be kind and thankful with the plants you cut, welcome them gently in your reality, and know that some of them are very delicate and dry a few hours after been cut. Some others look like drying but recover after a while. Try, experience, be creative, be gentle...

こんな”夏のムード”はお花屋さんじゃ見つけられないでしょう… ユニークなチャンスではない?  でもたいせつなことが。 あなたが手折るお花にやさしく、感謝して。 そして中にはとっても繊細なものがあって、 折られてから数時間でしおれてしまうものがあることを覚えていてね。 元気がなくなってしまったように見えても、 ちょっとすると復活するものもあります。 トライしてみて、経験してみて、 クリエイティブにやさしく…


Img_2073



 

| | コメント (2)

2007年9月 1日 (土)

Where is the reality? / 現実はどこ?

People are asking "What happens with the weather?", scientists and media are alarming people with the global warming...Why?Why? Ecologists talk about pollution, spiritualities about some dramatic changes,...

This gives us a good chance to look closer at the way we think about what happens around us. What is the percentage of humans actually thinking that the climate changes are the first steps of a very positive evolution on Earth...let say, the whole earth becoming a kind of paradise island... No more hard winter...No more snow destroying our gardens. On the contrary, more rain on the deserts,...Try to imagine Earth trying to answer to all our dreams : "...winters too cold, summer too hot,...Ok, let's change that..."
    Maybe do you think I am crazy...But why not? Why would the catastrophic visions of some scientists and ecologists be more accurate?

Think a bit. What is the percentage of good news in the media? Very limited isn't it? Why? Do you think it is because life is that bad? We do not notice it but this "media vision" create a collective depressed state of mind. And want it or not it affects us. Our friends talk about the weather, our parents, everybody, and everybody is expressing anxiety. When something changes do we have to imagine that it is for the worst? Really do we have to?

To answer, I suggest an easy experience, when you face any change you do not understand, think that it is for the best. Anything, even if at first it looks very bad. Hold your idea consistently and see how things happen.
And after a few weeks, months, or years look at that situation...You will see clearly the positive in it...

Images


この気候はいったいどうしちゃったの?
科学者たちやメディアがさかんに 地球温暖化の警鐘を鳴らし…
なぜ? どうして?
エコロジストは公害について語り、
スピリチュアリストは劇的な変革を予言…

これは 今まわりで起きていることに対する
私たちの考え方を観察するのによいチャンスですね。
いったい何%の人が考えているでしょう
気候の変化は地球にとって 偉大なる進化のファースト・ステップ
であると…世界は楽園の島のようになりつつあるので…
もう辛い冬はナシ…お庭を台無しにする雪もナシ。
反対に 砂漠には雨が…
地球が私たちの夢にこたえていると想像してみようじゃありませんか:
”…冬は寒すぎ、夏は暑すぎるって…OK、じゃこうしてみよ…” って。
 みなさん 私のことクレイジーと思うかもネ…でも どうして?
一部の科学者たちやエコロジストたちが唱える惨劇の未来像は
どうして的を得てないんでしょう?

考えてみて。
いったいメディアの何%がよいニュース?
とっても限定されてませんか? どうして? 人生は辛いものだから? 
私たちが気がつかないうちに この”メディア・ビジョン(メディアの視点)” は一連の抑圧された心理状態を作り出しているのです。
そして よきにつけ あしきにつけ、私たちに影響します。
友達が天候について話し、親が、みんなのみんなが心配を口にします。
何かが変化する時、私たちは悪い方へ考えなければいけない?
ホントウにそう?

 答えとして、私はイージー・エクスペリエンス、簡単な経験をおすすすめします。もしあなたが何か理解しがたい変化に直面したら、それは最高によいことと考えるのです。どんなことでもです。たとえ最初は救いようもなく悪く思えても。
そんな考え方を続けてみて、何が起こるかよく見てて。
その数週間後、何カ月か後、そして数年後の状況は…
はっきりとポジティブなものになっているのがわかるでしょう…

| | コメント (2)