« Bisou book at Amazon.jp / ビズの本at Amazon.jp | トップページ | Typhoon (part 2)/台風(パート2) »

2007年9月 6日 (木)

Typhoon day/台風の日

Today everybody is waiting for the typhoon but for us it is just a busy day, no need to think about the weather. From 9 in the morning we have a shooting for a 4 pages with Asahi Shimbun coming out on September 22. The theme is about "home party" but this time it is an idea I really want to promote in Japan : "Men in the kitchen". No more "cliché" about the kitchen being a space for "women only" (trains have those spaces already). Today ladies relax and men cook!

今日皆さんは、台風に備えて待機していましたね。でも私たちにとっては単なる忙しい一日、お天気のことも考えないでいました。朝9時から撮影開始。9月22日朝日新聞夕刊掲載予定の、4ページに渡る大特集のためのものです。テーマは「ホームパーティ」ですが、今回は、私が本当に日本に広めたいアイディアです。そう、“キッチンで働く男たち”。キッチンは“女性専用”の場所だなんて考えは“クリッシェ”、アタマカタイでしょう。(電車ではすでにありますけど。)さあ、今日は女性たちはリラックスして、男たちが料理します!

In the kitchen Shingo san , my former Chef at Jardin de Julien Yokohama, actually Owner Chef of "Petit restaurant Pépin" at Shizuoka, "So"-san, a computer expert,  friend of us who will make is "cooking debut" today and Myself. The place is at the "Cleanup" new showroom in Shinjuku, in the very stylish new "Party Studio".

キッチンにいるのはシンゴさん。ジャルダン・ド・ジュリアン横浜のシェフだった人で、現在は静岡にある“プティ・レストラン・ペパン”のオーナーシェフです。そしてソウさん。彼はコンピュータの専門家で、私たちの友達。今日がお料理デビューです。そして私。場所は新宿にあるクリナップの新しいショウルーム。新しい“パーティ・スタジオ”はとてもスタイリッシュですね。

Img_2613

From left to right Shingo-san, PJ and So-san.

左からシンゴさん、PJ、そしてソウさん。

The party theme is "Mediterranean cruise", it is a food journey around the Mediterranean sea (Turkey, Lebanon, Spain, Morocco,...) and as an interesting challenge, all dishes include almonds (almonds being very present in all Mediterranean food cultures).

パーティのテーマは“地中海クルーズ”、地中海(トルコ、レバノン、スペイン、モロッコ…)周辺の食の旅です。面白い試みとして、すべての料理にアーモンドを使いました。(アーモンドは地中海料理カルチャーによく登場しますからね。)

Here is the menu

A Mediterranean "cruise" menu.

メニューです。

地中海“クルーズ”メニュー

Apetizer
"Petit mezze"
(Plate of 3 mediterranean appetizers)
- Nasu- almond dip
- Gazpacho with Salmon caviar
- Beef kibbeh (spicy meet balls Lebanese style)

アペタイザー

“プティ・メッツェ” 3種類の地中海風前菜

-ナスとアーモンドのディップ

-ガスパチョ サーモンキャビア添え

-ビーフ・キベー(レバノンスタイルのピリ辛ミートボール)

Entrée
"Fisherman's celebration"
Gindara and Alaska salmon Morocco style fried spring roll

アントレ 

“漁師のお祝い”

銀ダラとアラスカサーモンのモロッコスタイル揚げ春巻き

Main
"Sweet memories"
Patrice's  original Chicken, almonds and dry apricot stew from memories of birth city of Fez

メイン

“スイートメモリー”

パトリス・オリジナル チキンとアーモンド、ドライアプリコットのシチュー 出生地フェズの思い出から。

Dessert
"Arabesque" :
Apple and orange compote with honey-almond sauce

デザート

”アラベスク”

リンゴとオレンジのコンポート ハニーアーモンドソース添え
And here is the result

ご覧のとおり。

Img_2614

At the end of the shooting at 4PM, back to Ota-ku and ready for next step a Talk Show at the Japan Food Coordinator School in Akihabara starting at 7PM.

4時に撮影が終わって、大田区に戻り、秋葉原にあるジャパン・フードコーディネイター・スクールでの7時からのトークショウに向かう。

At 6, the wind is getting strong and people nervous. Everybody is rushing home. When we come out of the School at 9:30, nobody is in the streets except the wind and the rain. We have no umbrella and feel hungry. "Lucky!"there is a "Yama-chan" shop just in front of us...(It's a very famous chain from Nagoya specialized in spicy chicken wing sticks.) Because of the Typhoon the usually overcrowded place welcome us immediately. Yuri and I enjoy a relaxing time letting the Typhoon go it's way.

6時、風が強くなって、不安を煽ってきました。皆さん、急いで家に帰っていましたね。私たちが9時半に学校の外に出たとき、通りには風と雨以外、誰もいませんでした。私たちは傘もなく、おなかがペコペコ。すると“ラッキー”にも目の前に“山ちゃん”が…。(スパイシーな手羽先の専門店として名古屋からきた有名なチェーン店です。)いつもは混んでいるのに、すぐに入れたなんて、台風のおかげじゃない?ユリと私は台風は放っておいて、リラックスした時間を楽しみました。

When we get out of "Yama-chan" a very friendly taxi-man picks us. Almost no car in the streets so it takes only 20 minutes to be home. Today our cat Bisou do not ask us to let her play outside. The wind and the rain get stronger but we are so tired that we fall asleep.

“山ちゃん”から出ると、とてもフレンドリーなタクシーがつかまりました。通りには車がほとんどいなかったので、家までたった20分。今日は、私たちのネコちゃんビズも、外で遊びたいから出して、とお願いに来なかったね。風と雨がだんだん強くなっていたようでしたけど、あまりに疲れていたので、ぐっすりと眠ってしまいました。

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入