« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

Who is this Star? /このスターはだれでしょう?

Img_2834

Do you know this Star?
It is Nishino Sensei, the famous Master of Breath during his 81th birthday party singing one of his favorite Japanese Love songs.

Can you imagine at 81years, singing almost 1 hour on stage like a professional...Kakkoi desho!

Isn't it a living example for everyone of us ?
And the message is simple : "Relax, breathe and have fun!"

このスター、知ってますか?
彼は西野先生、有名な呼吸のマスターで
彼の81歳の誕生日パーティーで、お気に入りの
日本語のラブソングを披露しているところです。

81歳にして、およそ1時間
まるでプロの歌手のようにステージで歌い続ける…
カッコいいでしょ!

私たちにとって生ける証じゃありませんか?
メッセージはとっても簡単:”リラックスして呼吸、そして楽しんで!”

| | コメント (4)

2007年10月28日 (日)

Umbrellas & Food culture / 傘とフード・カルチャー

Kyo wa Akihabara no "Kai house" no showroom de talk show yarimashita : "Kitchen kara umareru lifestyle" teiu tema deshita. Soto wa taihen na o ten ki de, Akihabara eki de totta kasa no shashin mitara kaze no tsuosa wakarimasu.

Today in the showroom of "Kai house" at Akihabara I gave a talk show about "Lifestyle and food culture". Around, the weather was really wild because of a typhoon. Looking at the picture of this umbrella I took in the station will give you an idea of the strength of the wind blowing.

Img_2807


Ie ni tsuitta toki ame tottemo tsuoi ame deshita soshite, kyo no asa kino no tsukatteta kasa mittara konna fushigina katachi ni natteta.

We finally reached our house under a strong rain and this morning when I looked at the umbrella I used I discovered it has this interesting shape.

Img_2809


今日は秋葉原の”カイハウス”ショウルームで”ライフスタイルとフード・カルチャー”のトークショー。台風で天気は大荒れ。私が駅で撮ったこの傘の写真
風がいかに強かったかわかります。

ひどい風と雨の中やっと家に辿り着きました。そして今朝、昨日使ってた傘を見るとこんな不思議な形になってました。

| | コメント (2)

2007年10月25日 (木)

Good Design / グッド・デザイン

Today, ceremony for the Good design Awards.
Picture of PJ with 3 other members of the team of the first "+Do"project.

Img_2804


今日はグッド・デザイン賞の授賞式。
”+Do(プラスドゥ)”の最初のプロジェクト・チーム3人とPJ。

| | コメント (2)

2007年10月23日 (火)

What happened to my bread? / どうしちゃった の パン?

PJ romaji is back...
Do yobi,  levain no pan tskurimashita.
Mada aki wa atakai kara hako hayaku susumimashita. 1 nichi mae resoko kara kin dashite, refresh shite, buku-buku ippai ni natte...Tsugi no asa 11:00 konete, 5 ji PM de bol kara basket ni ido, yaita wa PM 9 ji. Tottemo oishisona pan dekimashita.

Img_2797_2

5 ji de home party no jyumbi atta kara, basho tskuru tame ni bedroom no tatami ni pan no basket ido shimashita. Vinyl bukuro to nuno de kabutte
Sore de?
Pan 1 ko Picture 1 mo hitotsu wa konna kanji...
Doshite?

Img_2802

Saturday I baked some levain bread (With the recipe I gave here). Autumn being still warm the whole process took just a few hours. I refreshed the levain the day before in the evening. In the morning of the next day the mixture was dynamic. At 11 I made my dough, at 5 it was ready for the next step. I shaped 2 breads, put them in round baskets covered with a plastic bag.As I needed space in the kitchen for the preparations of a party we had that evening as I had no other space free, I left the bread baskets in their plastic bag on the Tatami mat in  our bedroom, the whole thing covered with a piece of cloth.
At 9 I baked the two breads but if you compare them can you imagine why they look so different?



日曜日にルヴァンのパンを作りました(ここに書いたレシピでね)
秋になりましたけどまだ暖かいので、すべての手順にかかったのは数時間だけ。
前夜にルヴァンをリフレッシュしました。
そして次の朝にはルヴァンはとても元気になっていました。
11時にドゥをこねて 5時には次のステップへ準備万端に。
2つのパンを作って丸いバスケットに入れ ビニール袋で覆いました。
キッチンはその日の晩のパーティの準備でいっぱいだったので
ビニール袋に入ったバスケットをベッドルームの畳の上に置き、布を被せておきました。
9時にパンふたつとも焼いたのですが、
見て、どうしてこんなにも違うの?

| | コメント (5)

Where are the answers?私たちの質問の答えはどこにあるのか?

Any time we are looking for a solution to a problem where is the answer?
Very often, we wait for something coming from outside of us and we often wait, wait...but nothing happens
Why?

Because the only place from where the answer can come is from inside of us, even if it looks like coming from outside. Imagine, you are completely stuck, you feel no answer can come from your mind, you feel so powerless that you just give up and think maybe a prayer or something like "How can I do?". And strangely, a solution comes to you in a shape or another. I am sure you had this kind of experience every time you felt stuck for a while. The answer always came.

From where? It is this power in us that I call "imagination". All  inventions in the history of humanity come from it. All new steps in our life also. But usually we make this experience by "accident" and we do not know how it happens. But it is not magical, this communication with our imagination can be learned and practiced.

It is what I teach in my "Creative lifestyle and Imagination Dojo".

Next Tokyo session will be on  next  Sunday October 28 from 13h 30 to 16h30 at the usual place, the "boat House" just in front of Senzoku Ike Station.

For more information and registration check here
In November there will be no session of the Dojo.
The last session for 2007 will be on December 16th.

Still a few seats for this month session.
Call us to make your reservation.

Imaginationtree

問題の解決を探すとき、答えはいつもどこにある?
たいていは外から来るのを待っている。
そして、たいがい待って待って待ち続けて…何も起こらない。
どうしてだろう?
本当に答えのある場所はひとつだけ。
自分の中。
外から来ても、最初は内から始まります。
考えてみて、完全に凍結したとき答えは頭の中から絶対に出てこない。
何も出来ない状態でギブアップします。
もしかしたら、お祈りするか途方にくれるんだけれど。
そして不思議としばらく経つと、どういう形であれ返事が来る。
こういう経験、きっとあるでしょう?
いつだって答えは来たでしょう?
その能力のことをイマジネーションと呼んでいます。
人類が始まって以来、新しいすべてのことはイマジネーションから来た。
自分達の人生を見ると同じですよね。
普段、このような経験はたまたま起こります。
どうやって、そのような答えが来るのかわからない。
でも、魔法ではありません。
イマジネーションと連絡を取っただけ。
どうやったらその付き合いをもっと上手に出来るようになるんだろう?
これが、とイマジネーション道場の内容です。

今度のセッションは10月28日(日)13:30〜16:30、いつもの場所、洗足池駅の真ん前のボートハウス2Fで行われます。
詳細と予約はこちらをクリックして。
11月はセッションをお休みします。
その次は12月16日。2007年最後の道場。
今月のセッションにまだ空きがあります。
連絡を取ってくださいね。

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

Levain bread part 3 / ルヴァン パート3

Sorry, I am a little bit late with the follow up of our "levain adventure". Now if everything was done as suggested you are supposed to have 150 g of creamy levain and if your preparation look really alive and bubbling you are ready for your first bread. If not, throw away 100cc of the mixture, add 50g bread flour and 50cc water and let it in a warm spot until it bubbles well.

To bake my first bread I mix together 350g bread flour, 50 g rye flour, 80 to 100 g of my levain, a teaspoon of honey, 2 tablespoons extra virgin olive oil, 9 g salt (I use Guerande salt because of it's mild taste), I add progressively 200-250 cc water at 30º until I get a supple dough (not too sticky and not too dry. Use more water if necessary) and I knead until I get a good elasticity when I push one finger in.

ゴメンね ”ルヴァンの冒険” ちょっと間が空いてしまって。 さあすべてができたら、 クリーミーなルヴァン150gがお手元にあるはずです イキイキして泡だっていたらもう最初のパンのための 準備はOK。もしそうじゃなかったらできたものの 100ccは流して50gの小麦粉、50ccの水を加えて 泡立つまで温かいところに置きます。

はじめてのパンにはパン用小麦粉350g、 ライ麦粉50g、80〜100gのルヴァン、 ハチミツを小さじ1杯、 エクストラ・バージンオリーブオイルを大さじ2杯、 塩9g、(マイルド味のゲランドの塩を使いました) を混ぜ合わせます。
それから30℃のぬるま湯200〜250cc、 ドゥ(生地)がしなやかになるように加えます。
(ベタベタでもいけないですし、パサパサでもダメ。 もし必要だったらもうちょっと加えて) 指で押さえて心地よい弾力を感じるまでこねます。

Img_2006

Advice :To make my bread I use a big wooden bowl I bought in Marrakech. People in Morocco use it for several purposes like making dough for bread and cakes or soaking couscous. In Japan you can find something similar if you look for a wooden bowl for making soba or udon dough, but choose one without lacker.

アドバイス:パン作りにマラケシュで買った 木製のボールを使っています。モロッコの人びとは これをパンやケーキのドゥ作りや クスクスをもどすのに使っています。 日本ではそばやうどん作り用の同じようなものを 見つけることができるはずです。 でもラッカー塗装されてないものを選びましょう。

Img_2003

Once you get the right texture, dust with flour and put in a bowl coated with a bit of olive oil. Cover well with a big plastic bag to prevent drying (Trash bags do very well). And let rest until the volume doubles. The time depends on the condition of your levain and the temperature of your house. It may take 2 hours to one full day...Check regularly until you find your own best timing. Bread is a living matter so it's like the education of a kid, you have to be very receptive.

ドゥがよい感じに仕上がったら 小麦粉をまぶしてオリーブ・オイル少々を塗ったボウルに入れます。 ビニールを被せて乾かないようにします (市販のゴミ袋がちょうどよかったりします)。 そして2倍の大きさになるまで寝かせます。 時間はあなたのルヴァンのコンディションと、 お家の温度によりますね。 たぶん2時間からまる一日くらい… 定期的にチェックしてベストなタイミングを見きわめて。 パンは生き物なので、 子供のめんどうをみるみたいにね、よく見て。

Img_2022

After it doubles. Flatten with your hands and fold from top to bottom, like this :

膨らんだら上から下に折り曲げて平らにします、このように:

Img_2024

Invert the position and fold the other parts like this

逆さまにしてこのように折り曲げます。

Img_2025

Now, roll the dough on the table to get this kind of shape if you want a long bread, do a circular motion if you want a round bread

もし長いかたちのパンがよかったらこのようにドゥをまとめます、 もし丸いパンがよかったら丸めて。

Img_2026

Then use a bread basket (Selling at Cuoca Shop on the net or at Kappabashi if you live in Tokyo). I have round ones and long ones, for this demonstration I used the long ones). Using baskets help to shape the breads. Let rest. The time is also very variable here like when you did the step one. It may take a little shorter.

そしてパンかごを使います(インターネットのCuocaショップや、 東京だったらかっぱ橋に売っています。私は丸いものと長いものを 持っているのですが、今回は長いもので)。 バスケットを使うことによって形成できます。 それから休ませます。その時間はステップ1 でのようにまちまちです。 たぶんもう少し短くてよいでしょう。

Img_2030

When the dough have the right volume. Use your finger to check. It should spring back very slowly  (you should feel your dough is now full of air).

Have your oven warmed at 250º. Put a metallic pan inside and let it warm. When you are ready to bake pour water in the warmed pan to steam your oven.

Invert the bread from the basket to a floured baking sheet. Cut the top with a sharp nife and put it in the oven. Set the temperature at 220º and let bake 30 minutes. Turn the pan back to front after 30 minutes and continue to bake until it gets a nice color (about more 30 minutes). Let cool on a wire.

ドゥの大きさがちょうどよくなったら、指でチェック。 ゆっくりと押し返してくるようでなければいけません。 (ドゥが空気で満たされてると感じるはず)

オーブンを250℃に温めます。 金属の鍋を中に入れて温めます。 焼く準備が整ったら鍋に水を入れてオーブンをスチームします。

バスケット裏返してパンを小麦粉をふった ベーキングシートの上に置きます。 ナイフで表面に模様をつけてオーブンに入れます。 温度を220℃に下げて、30分焼きます。 その後パンを裏返しにしてよい焼き色がつくまで焼き続けます。 (たぶんさらに30分)。 焼けたら網棚の上で冷まします。

Img_2236

As I used twice the proportions of this recipe I got two big breads.If you do not eat all the bread the first two days, slice it all and keep the slices in the freezer packed in a plastic bag. This way you can warm slices one by one.

For the levain, keep 50g, add 50g flour and 50cc water, mix with a wooden spoon. Let bubble and then keep in the refrigerator for up to 1 week. If you do not make bread every week you better feed your levain every week after throwing 100cc of it and following the same procedure.

When you plan to make bread, follow the same procedure as for feeding and let bubble one night then use like instructed in this recipe. Always remember to keep 50g levain for the next time.

Wish you lots of joys and discoveries!


このレシピは2倍の容量のものですから、2つの大きなパンができました。 もしその日か次の日に全部食べてしまうのでなければ、 スライスしてビニール袋に入れて冷凍庫へ。 これなら一枚ずつ焼けばよいですよね。

ルヴァンは50gとっておいて、 小麦粉50gと50ccの水を加えて木のスプーンで混ぜます。 泡立ったら冷蔵庫に入れますが1週間までです。 もし毎週パンを焼くのでなかったら100cc流したあとに ルヴァンに毎週ごはんを同じようにあげてください。

もしあなたがパン作りをしようとするなら、 ルヴァンにごはんをあげて、1晩泡立たせて それからこのレシピ通りに作ってください。 いつも次回のために50gのルヴァンはとっておくこと。

たくさんのお楽しみと発見を!

| | コメント (1)

2007年10月16日 (火)

Early Christmas! / ひと足お先に、クリスマス!

Today, shooting of the winter edition  of the free magazine of Ebisu Garden Place "Yebisu style". We are in mid-October but the theme for today is "Winter Celebration" which means something related with Christmas Season...

今日は、エビス・ガーデンプレイスのフリーペーパー ”YEBISU STYLE”冬号の撮影しました、 まだ10月も半ばですけど。 本日のお題は”クリスマスのお祝い” クリスマスに何か関連して…

Img_2462

1. Before the shooting,I check the setting

Isn't it funny to imagine a mood of XMas when we are still in the beginning of Autumn and shops all around are selling Halloween items. Several years of work with the media, playing with such gaps in seasons gave me a different vision on celebration time. It's how I felt how much we are free to celebrate whenever we wish to, just a question of choosing it.

1 撮影の前に、セットをチェック

初秋にクリスマスのムードなんて
まだ街ではハロウィーン・グッズを売っているというのに。
数年にわたるメディア関連での仕事の経験で、
こんな季節感のギャップはお祝いごとの時期に対して
ちょっと違った考え方を抱くようになりました。
お祝いしたい時にお祝いするからこそ、自由を感じられるのです。
問題はその時期のチョイス。

Img_2495

2.Simple food but the originality of the presentation is important

The theme of my pages in this 2007 series of Yebisu Style is "Wa style café time". "Café time" express in words the idea of an instantaneous celebration. What we need is just a simple layout, it illustrates what I always repeat in this blog and in my books: "just do it now!". A few things, a table, a drink, something to eat and you are ready to share a moment of pleasure.
Enjoying life is as simple as this. It's a kind of "lifestyle jogging". If you practice regularly you build the right muscles.

2 シンプルなフードで、でもお披露目にはオリジナリティが大切

YEBISU STYLEの私のコーナーの2007年のテーマは
”和スタイルのカフェ・タイム”でした。
”カフェ・タイム”という言葉には
思い立ったらすぐのお祝いという意味もあります。
必要なのはシンプルなレイアウト、
いつもこのブログと私の本の中で描いてきたこと:
”ジャスト・ドゥ・イット、ナウ!”
それからテーブルや、ドリンクやちょっとした食べ物
これであなたは喜びの時を分かち合う準備万端です。
生活をシンプルなありのままに楽しんで。
それは一種の”ライフスタイル・ジョギング”です。
繰り返し練習するなら、相応の筋肉がつくというものです。

Img_2511

3. For the table cloth, just golden paper. Gold and Silver, image of the sun and the moon are used for all the setting.

So, for this  celebration season no  classic red and green XMas colors. A fusion atmosphere and 3 types of easy finger food, a situation easy to build even if you work on XMAS eve. No more excuse. This year do not say "I have no time", I made it easy. And remember if you don't catch an occasion right now, it is lost : "Ichi-go ichi-e desho?"

3 テーブル・クロスにはゴールドのペーパーを。ゴールドかシルバー 太陽と月のイメージで。すべてのセットに使う。

この季節のお祝いには古典的なレッド&グリーンのクリスマス・カラーは使いません。フュージョンされた雰囲気と3種の簡単なフィンガー・フード
もしあなたがクリスマス・イブに仕事しなきゃでも
手を煩らわせることなく再現できます。
言い訳する必要はありません。
今年は”時間がなかった”と言うのはやめて。
この機会を逃す手はありません:
”一期一会”、ね?

Img_2512

4. Checking the lighting and the best shooting angle on the computer.

4 照明をチェックしてよいアングルをコンピューターでチェック

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

After PJ Café / PJカフェ、その後

Good news for the readers of the Blog of Mamagon "Art of Life Café"...The story of the café ended but the real story of the Magician Mamagon started and it is really getting exciting...Very soon you will be able to discover how she applies the lessons of PJ to the Roller Coaster of life. Check the blog from time to time and you will discover what happens!

We also found this old picture that may be a proof that PJ's Café really existed...

Pjs200_2

ママゴンのブログ、"Art of Life Café"の読者さんに朗報…
カフェのお話は終わりましたが
魔法使いママゴンの本当のお話ははじまって
とてもエキサイティングなことに…
きっとすぐにわかると思います
彼女がPJのレッスンを
いかにそのジェット・コースター・ライフ
に生かしたか。
まめにブログをチェックして、いったい何が起こっているのか
みて!

そして、たまたま古いこの写真を見つけたんだけれど、やっぱりPJカフェってあったんじゃないかな…?

| | コメント (2)

2007年10月14日 (日)

My new style... / マイ・ニュー・スタイル…

Img_2713_2

Hello!
Only one month and half since my book came out and my fur is getting longer. It's really a good thing because the temperature dropped seriously. It's getting just perfect now. Here is my autumn fashion style, looks very comfortable isn't it?

And thank you for all your reactions about my book. I know many readers decided to adopt a cat after reading the book...Hope you enjoy and honor you new friends. Remember, we are near you to remind you a lot of things about yourself...

Sorede Jyyyaaaa....niyaaaaataa....!

アロー!
私の本が出てから1カ月半ばかり
そして私のヘアも伸びてきて。
急に寒くなってきたからありがたいけど。
もう少しでパーフェクト。
これがこの秋のスタイル
いいでしょ?

それから私の本への感想をメルシー!
これを読んで、ネコを飼おうと決めた人が多いって…
あなたの新しいお友達 と仲良くね、そして大切に。
私たちはいつもそばにいて
あなたにたくさんのことを気付かせるお手伝いを
しているってこと忘れないでね…

それで じゃゃゃぁぁぁぁ…にぃぁぁぁぁぁっぁぁ!

| | コメント (1)

2007年10月12日 (金)

Cannelés : from dream to reality  カヌレ:夢を現実に

A hint about how to enjoy the "present"?
Now, right "now" what do I dream?
It does not need to be very complicated like : "Happiness" or "success" or "this" or "that"...No, something to enjoy just now, a little pleasure for you...Something you can create by yourself right now...

See, today I felt like I wanted to eat good cannelés,
freshly baked. How is it possible?
And a voice inside me said : "Just do it!"
Yes, as says a famous shoes maker...

And luckily I had all the ingredients ready at home and even the cannelés molds for mini cakes that spent almost 5 years sleeping on their shelf because I always feel those delicious cakes are difficult to bake.

”現在”を楽しむヒントって?
それはまさに”今”何を夢見るか?
これは”幸福”や”成功”やら”これ”や”あれ”いたいに難しくありません…
今を楽しむ何か、ちょっとした楽しみ…今すぐあなたが自分で作れる何か…

たとえば、今日私はおいしいカヌレが食べたくなり
焼き立てホヤホヤの。でもどうすれば?
私の内なる声が言いました:”ジャスト・ドゥ・イット!”
そう、まるであの有名なシューズ・ブランドの…

ラッキーなことに家には必要なものがすべてありました
このおいしいケーキ、
カヌレを焼くのはたいへんと思っていたので
5年間使わないでいたミニ・カヌレの型さえ棚にありました。

 

Img_2737


Difficult or not,
today I "do it!"
Action!

500cc milk, real vanilla beans 1/2, I bring to a boil, cover and let cool.
Meanwhile I mix in a bowl 250 g sugar with 2 whole eggs + 2 yolk, two pinch of salt, 30cc rhum, 50g melted butter cooled then 100 flour. I do it delicately then I pour the milk slowly, mixing with a whisk until I get a liquid dough without limps. That's all.

I let rest in the fridge for 2 hours minimum (one night is better).
I prepare the molds with melter butter or non stick spray. Then warm my oven at 200º .

I fill the molds to 2/3 and bake until the cakes are dark brown on top (It may take 1h15 for mini cannelés and about1h30 for normal size. But anyway once it's dark brown, check one cake, it should be evenly colored). Take the cakes out of the molds and let cool on a rack.
By cooling the caramelized sugar gives the crisp crust.
If you do not eat all within the day, the texture will be lost.

And here is the result!

難しいにせよ、そうでないにせよ
今日私は”ドゥー・イット”
やるのです!

500ccのミルクとバニラビーンズ1/2を沸かし、 覆いをして冷まします。
そのあいだボウルに250gの砂糖と卵を2コとさらに卵黄2コ
塩2つまみ、ラム酒30cc、冷ました溶かしバターを50g、
そして小麦粉100gを混ぜます。
慎重に丁寧にまぜて、それからミルクをゆっくり入れ
ウィスキちょっぴりと混ぜます
サラサラの液状ドゥになるまで。

それから少なくても2時間、冷蔵庫で休ませます(一晩休ませるのがベター)
型に溶かしバターを塗るかスプレーします。
オーブンは200℃まで温めておきます。

型の2/3ほど生地を入れ、頭が焦げ茶色になるまで焼きます
(ミニカヌレには1時間15分、ノーマルサイズだったら1時間30分。焦げ茶色になったらよく気をつけて。焦げやすいので)
焼けたら型から外して、ラックの上で冷ましましょう。

冷める間に、キャラメル化したお砂糖がカリカリになります。
できたその日に食べないと、せっかくの生地の食感は失われてしまいます。

そしてこれがその結果!

Img_2740

Amazing no?
That's the Present...That's the gift we can do to ourselves.
And because real cannelés molds are really expensive you can use the ones in silicone...

Good gift to yourself and to your family!

(Recipe for 40 to 50 mini cannelés and about 15 normal size. The dough can be kept in the refrigerator up to 4 or 5 days so you can bake a dream everyday...)

31f8x48j16l_ss500_

いいでしょう?
これが今、というプレゼント…自分でできちゃう贈り物ですね。
本物のカヌレの型は高いので、シリコンのものでも代用できます…

あなた自身、そしてご家族にもよいプレゼントになりますよ!

(ミニカヌレ40〜50コ分のレシピはノーマルサイズの約15コ分。 ドゥは冷蔵庫の中で4〜5日はもちます、 そう、その間は毎日夢を焼き上げられるというわけです…)

| | コメント (1)

The free flow diary.../あるがままの日記

Img_2766

Do you write a diary?
Do you report your days in a chosen notebook?
Here are some advices to help you use your journal as a magic mirror :

日記をつけている?自分が選んだノートに、今日のレポートを書いている?魔法の鏡として、自分の日記を使えるよう、ちょっとアドバイスをしましょう。

Let your feelings flow freely and watch.
Surrender and just take note in yourself,
you get upset, excited, sad, happy, you feel you want to eat something sweet, you feel sleepy,  etc...
just notice, observe,
without any idea about it
and without any fear of the opinions of other people,
even your family, even the one you like.
You are YOU, just YOU,
and nobody else can be in that place isn't it...

さあ、自分の気持ちを自由にして。そして見て。そのままを、ただノートにとって。がっかりした、わくわくした、悲しかった、さびしかった、幸せだった、なにか甘いものを食べたい、眠い・・・なんでも、気がついたら、観察してみて、なにも考えずに。他の人の意見なんて怖がらずに。そう、あなたの家族や、あなたが好きな人の意見でさえね。あなたは、あなた。ただ、あなたです。他の誰も、あなたという場所に居座ることはできないでしょう?

So let it flow through you!
Just for YOU
It's not for money, for success, for love, for getting accepted
it's for yourself!

そう、自分を通して流れるように。自分のために。お金のためじゃなく、成功のためじゃなく、認めてもらうためじゃなく、ただ自分のために!

You do not need to conclude "this is right or wrong", "good or bad".
Just receive and report the feeling,
the excitement and even when you feel sad or lost
or neutral, write it on your diary, AS IT FEELS...be sincere

“これは正しい、間違っている”、“いい、悪い”で終わる必要はない。ただ気持ちを受け止め、レポートする。わくわくしたり、さびしいなと感じたり、わからないと思ったり、ニュートラルでいるときでさえ、日記に書いてみて。感じるままに、心のままに。

It's like a map of your heart.
Then after a few days, read again
and eventually write a comment.

それは、あなたの心の地図のようなものです。何日かたって、読み返してみて。そしてコメントを少しずつ書く。

The more you are free from all expectations
the more you access your Heart
which is the magician in you.

すべての期待から解放されればされるほど、自分の心にどんどん入り込んでいきます。これは、あなたの中にいる魔法使いの仕業。

A magician is not "a good student"
it's not even a student anymore
it's somebody who feels freely.
He or she accepts fully to become a responsible creator
choosing and creating every minute of his/her reality
and somebody who understand reality is a mirror of self...
It's why looking at any problem the magician asks :
"What does this teach me?
What do I want to teach to myself through this experience?"

魔法使いというのは、“いい生徒”じゃない。というより、もうすでに生徒じゃないです。自由に感じることができる人。彼、あるいは彼女は、自分の現実の一瞬一瞬を、選び、作り出している責任あるクリエイターになることを、まるごと受け入れます。現実を理解する誰かは、鏡に映った自分。だからどんな問題もしっかり見ています。魔法使いは、こう聞きますね:「このことからなにを学ぶ?この経験から、自分に教えたいことはなに?」

Feel free, write everyday even shortly.
Write even "Today nothing to write"
and keep flowing in your reality.

気持ちを自由にさせて、毎日書いてみて。短くていい。「今日はなにも書くことない」でもいい。現実の中で流れつづけてみて。

Keep flowing, keep flowing, dance your life without freezing any frame
because every frame of your life is totally new,
freezing is an illusion that appear when you choose to repeat the same pattern because of fear.

流れ続けて、流れ続けて、どんな枠も凍らせることなく、自分の人生を踊って。なぜなら、自分の人生のどの枠も、完璧に新しいものだから。凍りつくことは、幻です。恐怖のために、同じパターンを繰り返すことを選んでしまう時に現れる幻。

Feel the flow of life through your body...
because it is the place from where you feel and expand...

自分の体を通してライフの流れを感じて。そこは、あなたが感じ、広がっていく場所・・・。

Img_2761_2


And know that through what you call your heart the wisdom of life is always guiding you...Listen to it...

あなたが心と呼んでいるものを通して、ライフの知恵は、いつもあなたを導いてくれるということを知ってください。心の声を聞いて・・・。

After a few months, read your journal and you will be amazed!

数ヶ月後、日記を読み返してみて、きっとあなたは驚くでしょう!

| | コメント (2)

2007年10月 7日 (日)

PJ Dojo in Tsukuba / PJ道場in筑波

The warm atmosphere created by Sayaka-san and her Husband in their "Dan's Table" near Tsukuba was the perfect stage for the PJ Imagination dojo. We use to hold the monthly sessions in a very nice space we rent in front of Senzoku Ike but doing the same thing in a place filled with love like Dan's Table  is really much more powerful. Participants who use to attend the Tokyo sessions noticed the big difference...

Dscn0538

This experience gave me the strong desire that our activities can finally be held in a permanent location, in Tokyo, a place where we can have our own energy. It's the next dream we have with Yuri, create this kind of comfortable healing space with aromatherapy, sound and crystal therapy, imagination workshops etc...
Our imagination is working on it...

Many thanks to Dan's Table, let's do it again!

サヤカさんと旦那さまのおかげで 筑波近郊”ダンズ・テーブル”はとってもなごやかな雰囲気 PJイマジネーション道場にとって完璧な会場でした。 洗足池の目の前のとてもステキなスペースで、毎月定例セッションを行っていますが、ダンズテーブルのように心あふれる場所でのセッションはよりパワフルに。 東京でもセッションに参加したことのある人はその大きな違いに気がつかれたのでは…

この経験を通して私は強く感じたのです
東京でも、ある一定の場所で
私たちの持てるべきエネルギーを持てる場所で
定例セッションを行いたいと。
これは私たちの次の夢です
アロマテラビー、サウンド&クリスタル・セラピー、イマジネーション・ワークショップetc.…のある快適なヒーリング・スペースのようなものをつくってみたいのです。
イマジネーションを使って…

メルシー! ダンズ・テーブル
ぜひ、また。

| | コメント (2)

Snow White and the Red Dwarf / しらゆき姫と1人のこびと

Dscn05331_2

Very funny mushrooms in the garden of Dan's Table in Tsukuba, we couldn't resist. We had to make those two shots illustrating a famous story...
The dwarf is a bit over sized to be a real one but Snow White is perfect, isn't it?

Dscn05361




筑波のダンズ・テーブルのお庭に
とっても変ったマッシュルーム
がまんできませんでした
あの有名なお話のような
この写真をとらないわけには…
こびとのほうはちょっとサイズオーバーですけど
しらゆき姫のほうは完璧でしょう?

| | コメント (2)

2007年10月 5日 (金)

Masako-san et Ayano-san / マサコさんとアヤノさん

Today we had lunch at our house in Senzoku Ike with my former very cute staff Ayano San. She have been working in Australia in a winery, traveling around Europe, Working in Nagoya and now works for the Conran Café in Roppongi and is on her way to her Sommelier licence...What a long way! She was 20 when she started working with me at CFA and meeting her after many years was like having the visit of a long time absent daughter.

今日は洗足池の我が家で、以前スタッフだったアヤノさんとランチ。
彼女はオーストラリアのワイナリーで働いて、ヨーロッパを旅行してまわっていたのです。名古屋のあと、現在六本木のコンランカフェで働いていてソムリエの資格試験の準備中…なんと長い道のり!
CFA(サントル・フランセ・デ・ザール)で彼女が私と一緒に働き始めた時は20歳でした。
まるで長い間会ってなかった娘と会うようなものです。

Mobile2007_086

The other guest of the lunch was a great fan of our Shirokanedai restaurant, the model Masako san I didn't met since I left the CFA in 2003.

(Masako san's blog)

もうひとりのお客さまは私たちの白金台のお店CFAのファンでモデルのマサコさん。私がCFAを去った2003年からずっとお会いしてなかったんですね。

Mobile2007_081_2

The weather was so fine on our terrace, it was like being somewhere in Provence or in the south of Europe. Great moment. Long time friends are such a gift in our life!

Thank you Ayano san and Masako san for this nice moment.

天気よくて我が家のテラスは最高、まるでプロバンスか南欧みたい。
素晴らしいひととき。人生における長年の友とはまるでステキなプレゼントです。

アヤノさんとマサコさん、すばらしいひとときに感謝。

| | コメント (0)

Good Design Award for +do / +doにグッド・デザイン賞

Good news,
the new gas table I produced in collaboration with Tokyo Gas, Harman and Waterdesign Studio got a Good Design Award!

The revolutionary point of this Gas table is the use of the Dutch Oven  in the grill space. Now, using the fish grill, with this original Dutch Oven you can bake breads, cakes, scones and also make delicious stews...

You know I was the first to introduce Le Creuset in Japan with my book "O nabe de France Ryori" in 1993 and now, with the same idea of cast iron I created the concept of this +Do with this new way to use the fish grill...

Imgp6107

(During the Press Launching of +Do last September at the Discothèque Velours in Omotesando)

Congratulations to all the team of the project for this distinction : Chisako Mizuno formerly Tokyo Gas member who started this project and asked me to imagine a new concept, Tetsuya Tsujimura who created the interface from my "concept board" and the design team of Harman who did the adaptations.

This product is now so popular in Japan that other brands are creating products from the same concept...

You see why I am teaching "Imagination" ...and also why I like to use "Shizen kobo"(levain)to make bread at home...It's because as a conceptor, when I work on a new project, I do my best to expand the impact of the product the same way shizen kobo does to expand the size of the bread to make it tasty and appealing...

よいお知らせです、
東京ガス、ハーマン&ウォーターデザイン・スタジオとのコラボレーションで私がプロデュースした新しいガス・テーブル、+do(プラス・ドゥ)がグッド・デザイン賞!

を受賞しました!

このガス・テーブルの革新的な点はダッチ・オーブンをグリルの中に使ったところ。
オリジナルのダッチ・オーブンのお魚のグリルのところで、パンやケーキ、スコーンが焼けて、おいしいシチューもできます…

1993年 拙著『お鍋でフランス料理』で、日本ではじめてル・クルーゼを紹介したました。この鋳鉄のお鍋のアイディアを、+doでのフィッシュ・グリルの新しい使い方に適用したのです…

(写真は昨年9月の+doローンチング・パーティat表参道 ヴェロア)

この栄誉を受けたプロジェクト・チームのみなさん、おめでとう:
このプロジェクトをスタートさせた元東京ガスのメンバーで、新しいコンセプトの創造を私に依頼してきたミズノチサトさん、私の”コンセプト・ボード”からインターフェースを造ったツジムラテツヤさん、そしてそれを現実の形あるものにしたハーマンのチームのみなさん。

今やこの製品はかなり人気で、他のメーカーも同様なコンセプトのプロダクトを作っています…

どうして私が”イマジネーション”を教えるのか、もうおわかりでしょう…。

| | コメント (4)

This Sunday : PJ Dojo in Tsukuba / 今度の日曜日:筑波PJ道場

Kicx3519

This week-end, on Sunday 7th of October, I will have a special "Imagination Dojo" in Tsukuba, in the newly open café of Shirokanedai CFA former staff Sayaka-San. The place is called "Dan's table" (Informations and reservations here). This place in itself is the result of the imagination of Sayaka-san and her husband Dan...so what a perfect place to hold my first Dojo outside of Tokyo isn't it...

If you live near Tsukuba catch this occasion to participate...Call Dan's Table to check...

A chance to discover practical ways to make a better use of your  imagination in your life.

今週末の10/7日曜日、筑波にて”イマジネーション道場”開催します
白金台のCFA(サントル・フランセ・デ・ザール)のスタッフだったサヤカさんがやっている”ダンズ・テーブル”(インフォメーションと予約はこちら)というカフェにて。ここはサヤカさんとだんなさんのダンさんのイマジネーションのたまものなのです…東京を飛び出すはじめての道場としてぴったりではないですか…

筑波の近くにお住まいでしたら、この機会にぜひ…ダンス・テーブルに連絡してみてね…

あなたの暮しの中でイマジネーションをよりよく役立たせる実践的な方法を発見するチャンスです。

| | コメント (0)

How to make your levain (Step 2)/ルヴァンの作り方(ステップ2)

So, did you try to make your starter base for levain bread?
Today let's go to the step 2.
You have your mixture bubbling now...It means that a lot of hungry "levain babies are swimming and waiting for more good food to eat. The first apple mix was their baby food...Now they expect some adult food.

ルヴァンのスターター作ってみましたか?
今日はステップ2に進みましょう。
泡立った状態になっていると思います…これはルヴァンの酵母ベイビーたちが生まれて「お腹すいたよ」という意味、食べ物を心待ちにしています。最初のリンゴペーストはこのベイビーたちのごはんだったんです…今、彼らはもっと大人のごはんを欲しがっています。

Img_1886

Now you filter this bubbling juice to take off all solid parts. Use the paste to enrich the soil of your planters. Mix 50 cc of the liquid filtered starter with 50 g bread flour and a pinch of salt (Give the remaining starter juice to a friend with the address of this blog). Wash well your pot, cover with a piece of fabric and let your new mixture rest until it bubbles again (It may take 1 day to 1 week depending on the temperature or the room).

泡立った液体を濾して固形物を取り除きます。 そのカスはあなたの植木の土にやって下さい。 50ccの濾したスターターにパン用小麦粉50g、 塩ひとつまみを加えてよく混ぜます。 (残った汁は興味のあるお友達にでもあげてください。 このブログのアドレスも添えてね) よく洗ったポットに入れて布で覆います、 そしてまた泡立つまで1週間休ませます。 (泡立つには1日〜1週間。お部屋や温度によります)。

Img_2001

When the bubbling become strong enough, which means that the levain bacterias are feeling happy in your house and that for this reason they make lots of babies, it's time to feed them again. If you do not plan to open a bakery you will have to keep only 50g of the mixture and throw the rest...That's a pity but if you don't do so you will end swimming with your pets all around. Then add 50g bread flour, a pinch of salt and 50cc water...Now you have 150 g levain in your pot and you let it bubble again. It looks like this after a few days.

泡がリッパになってきたら、 これはルヴァンのバクテリアがあなたのお家でハッピー、 だからたくさん子供を造ったという意味なんですね、 さあもういちどごはんをあげましょう。 もしあなたがパン屋さんを開くつもりでなかったら 50gだけ使ってあとは流してしまいます… もったいないけど、そうじゃないと あなたはルヴァンのプールで泳ぐことになってしまいますよ。 50gのパン用小麦粉、塩ひとつまみと50ccの水を合わせます… ポットには150gのルヴァンがあるはずです、 そしてさらに泡立たせます、 数日後には以下のようになっているはずです。

Img_1885

It takes a long time but now you are almost done...And your new invisible friends are now ready to be with you for a lifetime...
Go ahead! Within a few days I'll be back with the step 3...Next time you will learn how to form and bake delicious breads...

ちょっと時間がかかりますけど、 もうほとんど準備出来ています… そして、あなたの見えないお友達は これからずっと一緒にいられます…
さあ、つづけましょう!
数日でステップ3に… 次回は形成とおいしいパンを焼く方法です…

| | コメント (0)

2007年10月 3日 (水)

Happy Birthday U-Chan

Today is the Birthday of the translator of our blog U-Chan...
Thanks to her I am able to share my ideas with you.
She works for us as a volunteer even when she is busy
so BIG THANKS to her
a lot of CHU & LOVE!
Thank you U-Chan
we wish you a great new birth...

Untitled

| | コメント (4)