« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

Thanks for the love / 愛に感謝

Yuri and I want to thank all of you for this great year. Thanks to all the creative people who worked with us, all the friends who shared good moments with us, everybody we met. We have been in touch with so many of you this year and received so much love from you. From the bottom of our heart we wish you fully happy in this end of 2007, We wish you to throw away any remaining shadow, let all go and just hug the person near you, simply, any person present,  hug that person with love. And if nobody is there hug yourself and think "I LOVE YOU", feel it, feel the love. You gave us so much of it this year, we felt it, we felt that Heat from your heart. Thank you for warming our world. In 2008 keep warming, we will too...

"Thank you" again we love you too. Let us share this beautiful video with you.

Loving 2008.

Click here for the video

Patrice and Yuri

Img_2793



この素晴らしい年
ユリと私から すべてのみなさんに 感謝します。
ともに動いてくださった すべてのクリエイティブなみなさん
ともに よい時間をシェアしたお友達のみなさん
出会ったみなさん。
その中から今も連絡をとり合い、たくさんの愛をいただきました。
心よりハッピーな2007の終わりを願います、
残る陰はすべて捨てて、すべて流れに任せて
そばにいる人をハグしてください、シンプルに。
いっしょにいる誰でも
ただハグ 愛を込めてね
もし誰もいなかったら あなた自身をハグ
そして”アイラブユー”って考えて
ただそれを感じて、愛を感じてください。
あなたは今年 実に多くを私たちに与えてくださいました。
私たちは それを感じます
あなたの心の熱さを感じます。
私たちの世界を温かくしてくれて ありがとう。
2008年も 温かさを忘れないで。
私たちも

もういちど ”ありがとう” みなさんにアイ・ラブ・ユー。
この素晴らしいビデオをみなさんとともに。

2008年

ここをクリック


パトリスとユリ

| | コメント (3)

2007年12月29日 (土)

How to recycle orange peel / オレンジの皮の再利用方法

Winter is a good period to drink fresh orange juice. I say "fresh" because otherwise you better drink water...canned orange juice is not orange juice anymore, it's a different drink even if vitamins are added to give the illusion of the original fruit...
Yuri and I use to drink fresh orange juice in the morning, before breakfast and I was wondering if there was no way to recycle the peel...I found a delicious way to do it, let me share it with you.

冬はフレッシュ・オレンジ・ジュースの季節。
”フレッシュ”と私がいうのは、
”フレッシュ”でなければ
水を飲んだ方がよいからね。
缶のオレンジ・ジュースは
オレンジ・ジュースではないです
果汁に似せたビタミンが加えられていても
それはもう違う飲み物。
ユリと私は 毎朝 フレッシュ・オレンジ・ジュースを、
朝食の前に飲むことにしていますが
オレンジの皮の再利用の方法に悩んでいました…
ついにおいしいリサイクルの方法を見つけたので、
紹介させてくださいね。

Img_2788

First wash well your oranges with hot water (not too hot you do not want to cook the juice) and some salt to take off the protective wax. Then press your fruits and enjoy your healthy juice, then reserve the skins in a freezer bag in your freezer until you get 1kg of it.
When you get about 1 kg of orange skins, prepare some glass jars with lids (I get mine from ¥100 shop), Let your frozen orange skins melt a bit, only enough to allow you thinly cut them with a sharp knife. In a stainless or a cast iron pan make a very heavy syrup with 900g sugar and 800cc water. Let boil to reduce until it forms a small drop sticking to your spoon but do not let the syrup color. Add the sliced orange skins and stir, let boil on medium fire stirring gently from time to time. Never let color. After about 20 to 30 minutes when you get a good sticky texture. Stop the fire. Let cool and rest during half a day in the pan with the surface covered with wax paper. Then take off wax paper and bring your jam to a boil again on low fire. Let bubble 5 minutes. Important point: stay around and stir often. I once went to check my mails during this process and forgot my jam...You can imagine the result! So please keep watching!
Option: If you have some Whisky or Bourbon add 20cc of it before starting the last step, it will give a great taste to your marmalade.

Pour the bubling jam in your jars and immediately tightly close the lid. This will kill any remaining bacteria. Let rest a few days to mature and enjoy your "recycle jam" with yoghurts, bread, waffles, crêpes,...And if your production exceeds your needs share the love with family and friends. With a cute label it makes a lovely and delicious gift.

まず、オレンジを温かいお湯でよく洗います
(熱すぎてはダメ、ジュースの煮込みはイヤでしょう)、
それからちょっとのお塩で
表面を保護しているワックスを取るために洗います。
果実を絞ってヘルシーなジュースを味わったら
皮はフリーザー・バッグに入れて冷凍庫で保存します、
1kg分くらいたまるまで。
1kgくらいになったら蓋付きのガラスの瓶を用意します
(私は100円ショップで手に入れました)
冷凍されたオレンジの皮を尖ったナイフで細く切れるようになるまで
解凍します。ステンレスか鋳鉄の平なべに900gの砂糖と800ccの水で、
ドロッとしたシロップを作ります。
スプーンに小さな滴がつくようになるまで煮詰めますが、
色づかせてはいけません。
そしてオレンジの皮を加えて混ぜます、
中火でやさしくかき混ぜながら煮込みます。
くれぐれも色がつかないように。
20〜30分後にはドロリとした感じになります。
そしたら火を止めて。
鍋の中で冷やし、表面をワックス・ペーパーで覆って半日休ませます。
そしてワックスペーパーを外し、再びとろ火であなたのジャムを温めます。
5分間煮立たせます。
大切なポイントは:そばにいてたびたびかき混ぜてあげること。
このプロセスの間私はメールのチェックに行って、かわいそうにジャムのことを忘れてしまった…結果はわかるでしょう! 
だからどうぞずっと見ていてあげて!
オプション:もしあるなら、最後のステップの前に
ウィスキーかバーボン20ccを加えてみて。
あなたのマーマレード・ジャムにすばらしい風味が加わるでしょう。

煮立ったマーマレード・ジャムを瓶に入れてすぐにぴっちりと蓋をします。
これが残っているバクテリアを殺します。
熟成のため数日間休ませて、あなたの”リサイクル・ジャム”を
ヨーグルトやパン、ワッフル、クレープなんかと楽しんで…
もしたくさんできすぎたら家族やお友達とこの愛の産物を分かち合いましょう。
かわいいラベルなんかつけたりするとラブリーでおいしい贈り物になります。

| | コメント (2)

2007年12月25日 (火)

An evening with Patrice / パトリスとの夕べ

101

The 28th of December at Kunitachi will be the last event of the year with Patrice,
A chance to participate in a very practical session about how to increase your awareness and how to feel the energy inside you and around you, how to open yourself to the flow of life and communicate more deeply with others and the world...

A good way to tune up your heart before 2008 starts...
Informations


12月28日 国立にて 今年最後のイベントwithパトリス
あなたの意識を高める方法
あなたの内部、まわりのエネルギーを感じる方法
生命の潮流に自身を開く方法
ほかの人、そして世界といっそう深くコミュニケーションする方法
についての実践的なセッションに参加できます。

2008年が始まる前に心をチューン・アップするのによい方法です。
インフォメーション


| | コメント (0)

Joyeux Noel Kisses. / クリスマス・キッス。

Img_3313_2

Finally Santa went back to the North pole
he worked hard again
hope you had lots of presents
and lots of fun...

Loving thoughts to all from Yuri and Me.
Be ready for New Year Now...

Img_3346

サンタさんは ついに北極にお帰り
今年もまたまた大活躍でした
みなさん たくさんのプレゼントもらって
愉快に過ごされましたように…

みなさんへ ユリと私から たくさんの愛を
さあお次はニュー・イヤーの準備にかかりましょう…

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

Funny Christmas song for you / 愉快なクリスマス・ソングをあなたに

The countdown runs so fast...
to continue warm up your heart
a funny song from our
"deer friends".

To view the animation, click here.
Funny deer song

Istockphoto_336346_christmas_rudolp

カウントダウン 近づくのが早いこと
あなたのハートを暖かくする
愉快な歌をわれらが
”トナカイ・フレンズ”から。
ごらんになるにはここをクリックしてね。

愉快なトナカイの歌

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

Inner Child and Christmas / インナーチャイルドとクリスマス

Do you know the relation between Christmas and your "Inner Child"?
This video will give you an answer.
Video


Marynjesus


クリスマスと”インナーチャイルド”の関係って知ってる?
このビデオが答え。
ビデオ



| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

Ready for Christmas (Part 2) / クリスマスの準備(パート2)

Img_3231

We found this very nice candles stand for the decoration of our Christmas Table at "Style France" an interior boutique in the building of Marina de Bourbon in Shirokanedai (platina Street).
As you can see it looks like a gorgeous piece of antiques but because it is a little bit gura-gura...it's price is incredibly low (To give you a hint, let say the 5 golden candles made in France are more expensive than the stand...).

When we bought ours on Monday there was only 3 pieces left...So if you feel interested, run and try to get one... But anyway, "Style France" have a lot of other nice things at a very friendly price. I think it is a good place to look for details for your Christmas night and for your presents...

”スティルフランス”クリスマスの食卓用に
このとっても素敵なキャンドル•スタンド
白金台の「マリナ・デ・ブルボン」で見つけました
(プラチナ通りです)。
ごらんのように素晴らしくゴージャスなアンティークさながら
にもかかわらずプライスは信じられないくらいお手頃。
(ヒント、上に載せたフランス製の金のキャンドル5個のほうがこのスタンドより値が張ります…)。

月曜日に買いに行ったときすでに、残りはたったの3脚…
もしあなたが面白いと感じたら、獲得すべく走るのみ…
でも”スティルフランス”のものは
他にもたくさんあって、しかも親しみやすいプライス。

あなたの聖夜を彩る品々
プレゼントを探すのにとってもよいお店ですよ…

| | コメント (3)

Ready for Christmas (Part 1) / クリスマスの準備(パート1)

Christmas is very close now,
are you ready?
Did you get our menu in the last issue of one+one

Img_3146

クリスマスはもうすぐそこ、
準備は万端?
one+one

最新号の私たちのメニュー
手に入れました?

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

Meeting our Inner Child / インナーチャイルドに会う

Yesterday was the last 2007 meeting of the "Imagination Dojo" also called the "PJ Dojo". Beautiful weather around us, very relaxed and loving atmosphere in the group, a lot of participants are regular members and they come every month because they see a lot of changes happening in their life. They usually attended the dojo for the first time because they felt stuck and then from session to session they discovered  how much their imagination can become their "magical friend". So, for them, every meeting in a chance to deepen this experience. Some members of the group are able open their heart easily and so they get access to their imagination very fast, others, because of a strong self protections feel difficulties in really opening up. One of the reasons of this is that they almost completely lost the contact with what is called their "INNER CHILD".

As the name says this "Child" is not something outside of ourselves, it is the most basic part of our personality, the part which is playful, free, likes to dream,... somehow it is us when we came in this life at the beginning in a state of perfect innocence.

昨日、通称「PJ道場」と呼ばれている「イマジネーション道場」2007年最後のセッションが終わりました。素晴らしいお天気の中、リラックスしたいい雰囲気でした。参加者の多くは常連さんたちで、毎月来てくれています。彼らは、自分たちの人生の中に変化を見つけています。

最初に道場に来た時は、行き詰っていると感じていた彼らですが、回を追うごとに発見したのです。イマジネーションがどれだけ自分の“魔法の友”になれるかということを。今や、彼らにとってセッションは、この経験を掘り下げていく絶好の機会となっています。

グループの中の何人かは、簡単に自分自身をオープンにすることができるので、素早くイマジネーションへアクセスできます。別の何人かは、自分を守る力が強すぎて、オープンでいるということが本当にむずかしいようです。僕たちが“インナーチャイルド”と呼ぶものと交信することが、ほとんど、まったくできないというのが、その理由のひとつです。

“チャイルド”と名前が表しているように、それは自分の外側にあるなにかではありません。自分の人格のもっとも基本的なもの。遊び好きで、自由で、夢見がちで、なんていうか、完璧なる無垢の状態でこのライフに来た時の自分なのです。

Kokopelli_b051248

But  our  Inner Child had to face  the education process, to accept the ideas of the society, parents, teachers, etc... and for him was very often a painful experience because he has to let go of his spontaneous  feelings to match the expectations of the people around . "Do not do this, do not do that, do this, do that,you are good, you are bad,..." And as a result the child is accumulating frustrations and wounds to succeed in becoming a "good adult". It is the way most of us became serious adults and it is how we forgot how to play, how to dream, how to imagine. Even when we try to "imagine" we do it "seriously", and we feel that something is lacking.

でも、インナーチャイルドは、教育というプロセスを受けなくてはなりません。社会や親や先生たちの考えを受け入れなくてはならないのです。インナーチャイルドにとっては、それは苦痛でしょう。だって周りの人の期待にこたえるために、のびのびとした考えを捨てなくてはならないから。“これをやっちゃダメ。あれもダメ。コレをしなさい。いい子。悪い子・・・”結果として、“いい大人”になるためにフラストレーションを募らせ、傷を負うのです。

ほとんどの人がまじめな大人になります。教育の結果、私たちは遊び方を忘れ、夢の見方を忘れ、想像の仕方を忘れてしまいます。そう、想像しようとする時にさえ、すごくマジメにやっちゃいますね。そして“なにかが欠けているぞ”と感じるのです。

Child

Then, what can we do to free our imaginative power?
We have to look back and meet our "Inner child" this part of us we rejected. It is buried in our subconscious with all it's dreams and joys and pains. Meeting the inner child in us and healing him through our love is an important step if we want to recover the magic our imagination.

じゃあ、イマジネーション・パワーを自由にするために、私たちはなにができる?そう、振り返って、自分の“インナーチャイルド”に会わなきゃ。インナーチャイルドは、私たちが置き去りにしてしまった部分。私たちが拒否し、無意識の中に、夢や喜びや苦痛とともに埋めてしまったものです。愛をもって、自分の中のインナーチャイルドに会い、癒すことが、自分のイマジネーションの魔法を復元させる重要なステップです。

The Dojo started in spring as a first step to help people understand the vital importance of their imagination. From this month we decided to move further and started the step 2 about the healing of the "Inner Child". We will continue next year to deepen this process of "giving love to our Inner Child". As usual the sessions will be held at the Boat House just in front of Senzoku Ike Station (Ikegami sen) on every last Sunday of the month from 13h30 to 16h30.

道場は、今年の春、最初のステップとして、イマジネーションの重要性を皆さんに理解してもらうためにスタートしました。今月から、“インナーチャイルド” を癒すステップ2が始まりました。私たちは、来年も引き続き“インナーチャイルドに愛を与える”というプロセスを掘り下げていきます。いつもどおり、セッションは洗足池駅(池上線)の目の前にあるボートハウスで、毎月最後の日曜日に、13:30-16:30まで行われます。

Sicopt

Here is a very beautiful sample of music asking to our "Inner child" to return again.

「returnagain.ram」をダウンロード

これは、私たちの“インナーチャイルド”に戻ってくるようお願いする美しい音楽サンプル。

During every meeting of the Dojo we provide a treat for the Inner Child : a good tea and homemade cookies. Yesterday we had a Christmas Tea (Present of Nao San) and PJ peanut butter,choco chips and oat mill cookies.

セッションの合間には、インナーチャイルドへのごちそうとして、私たちはいつも美味しいお茶とホームメイドのクッキーを楽しみます。昨日は、クリスマス・ティー(naoさんからのプレゼント)と、PJピーナッツバター・チョコチップ・オートミールクッキーでした。

Img_3212

If you missed the Dojo, we remind you that you still have a chance to attend the 28th event with Patrice at Agréable Musée in Kunitachi.

道場に来れなかった貴方に、お知らせです。28日、国立のAgreable Museeで行われるパトリスとのイベントに参加するチャンス、まだありますよ。

Informations

| | コメント (5)

2007年12月13日 (木)

The sun playing in the trees / お日さま、木々と遊び

Around Senzoku Ike
near our house
when the sun plays with the trees
things look like this.

洗足池あたり 我が家の近く お日さまが木々と遊ぶと こんな風。

Img_3127

Img_3131

Img_3103

Img_3142




| | コメント (3)

December in our garden / 12月のわが家の庭

Every season have a charm

いずれの季節にも魅きつけるものが

Img_3072

Clématis blooming in December

12月に花咲くクレマチス

Img_3079

The last leafs of the cherry trees

サクラの木の最後の葉っぱ

Img_3087

Nuances...

微妙なニュアンス…

Img_3089

Taking time to look at it... to discover that
they are not dead leafs but life under a different color...

眺めながら時を過ごしていたら… 死んだ葉っぱではなくて、異なる色のもとの命であると気づきました…


| | コメント (1)

2007年12月12日 (水)

UFOs?

Img_3097

| | コメント (4)

2007年12月 7日 (金)

Always New... / いつも新たな…

Img_3074

This morning I read a text written by Haruchika Noguchi the founder of "Katsugen Undo" movement and it says :
"Towards any new thing, in whatever age, and whatever that thing may be, there is resistance put up by what is old. Things that have power to stand up this resistance and to grow open up a way. Things that do not have this power wither and cease to exist, however good or correct they may be."
I am always impressed by the modernity of the ideas of Noguchi Sensei. Even today we all face this challenge in our lives. The purpose of the "Imagination Dojo" I created this year is about the same idea. Every second we have the choice between accepting to be "NEW" or to use "outdated" ideas. In fact, with every instant, with every breath, we are reborn but we do not notice it and we lose chances to discover new ways to live and act. Also when we face a challenge, when we loose something or somebody we almost always tend to stick to old ideas and old habits and we rarely see those experience as a chance to let the flow of life show us new answers.
I call this flow of life "Imagination" because I need to use a word to explain it  but in fact what I teach is about this "unknown", this "source" of inspiration that comes from the center of our being.
Think about it...when your body heals itself, from where does the healing come? When you look from a solution to a problem, from where does the answer come? Not from old ideas, always from that impulse from your heart. It's what I call "imagination"...Let me say that want it or not we cannot live without it because it's like the blood in our veins...With old blood running in our bodies we would die within a few minutes...With old ideas our heart always becomes dry and sad...Look at young kids, they are always playing new games, they cannot repeat or concentrate on the same things for more than a few minutes...It's because they are pure creativity. This creative spirit is still within us but we are afraid of it.

I created the "PJ Dojo" to show my students they can easily meet again with this part of themselves, if they accept to!
And if they accept to listen to their imagination a creative lifestyle  start flowing through them spontaneously.

Ask yourself those two questions :
1) In your work and in your private life what is the part you give to your imagination?
2)What is the part of old ideas and habits?

So? What is your answer?

Information about the PJ Dojo :
For 2007, the last session of the Dojo is Sunday 16th of December from 13h30 to 16h30 at the Boat House just in front of Senzoku Ike station (second floor). The fee is ¥5000. For more information and registration contact us at info@patricejulien.com

今朝、”活源運動”の創始者 野口晴哉さんによる文章を読みました
それにはこうあります:
”新しいものというのは、どんな時代でもどんなものでも受入れられないことがある。古いものによる抵抗があるから。この抵抗に耐えられる力のあるものは道を開く。その力がないものは萎れて存在するのをやめる、それがよいこと、正しきことであっても。”

私はいつも野口先生のモダンな考えに感銘を受けます。
私たちは人生で、このチャレンジにいつも直面しています。
今年私が作った”イマジネーション道場”の目的はほとんど同じ考え。
いつの瞬間も私たちは”新しい”ものと期限切れの”古い”アイディアを使うかどちらかのチョイスをしています。実際どの瞬間も、呼吸するごとに私たちは新たに生まれかわっていますが、それに気がつきません、そして新しい生き方や行動の道を失っているのです。このチャレンジに直面した時、何か もしくは誰かを失ったとき、たいがい私たちは古い考えやくせにしがみついてしまいます。そしてライフの流れが、私たちに新たなる答えを示しているのを見逃してしまうのです。

このライフの流れを私は”イマジネーション”と呼んでいます、
なぜならこれを説明する言葉が必要だから。でも実際私が教えていることはこの”未知なる”、私たちの生命の中心から沸くインスピレーションの”泉”についてです。
考えてみてください…体が自然に癒される時、この癒しはどこから来るのか? 
問題の解決法を探す時、答えはどこから出てくるのか? 
古い考えからではなく、あなたの心の声からです。
これが私の言う”イマジネーション”…
それを望んでも望まなくても、それなしには生きることはできません、
これは血管の中の血のようなもだから
…もし私たちの体の中を古い血が巡っていたら、私たちはすぐに死んでしまうでしょう…
古い考えとともにあると私たちは乾いて、寂しくなります…
子供を見てください、彼らはいつも新しいゲームで遊んいます、
同じことをくり返したり、長くそれにこだわることはありません…
それは彼らがピュアなクリエイティビティだからです、
この創造のスピリットは私たちの中にもあるのですが、
私たちはそれを不安なものとして恐れています。

私は生徒さんに、自身のこの力に簡単に再び出会えることをご覧いただくために”PJ道場”を作りました、それを受入れるならですが!
もしイマジネーションを受入れるなら、クリエイティブなライフスタイルは自然に流れはじめるでしょう。

次のふたつの質問に答えてみてください:
1)仕事、プライベートであなたのイマジネーションの割合はどれくらい?
2)古い考え、くせはどれくらい?

どうですか? あなたの答えは?
PJ道場インフォメーション:
2007年最後の道場は16日の日曜日
13:30〜16:30、洗足池駅の目の前ボートハウスにて(2階)。
料金は5000円。詳しい情報と申し込みは
info@patricejulien.comまで。

| | コメント (2)

2007年12月 6日 (木)

Gas Table + DO a best seller / ベストセラーの+DOガステーブル

In september 2006 was the press launching of the revolutionary gas table + DO at the  Discothèque Velours in Aoyama. As a gas user I was very proud to cooperate with Tokyo Gas as the producer of  of this new model.
To see the CM click here
During 2007 +Do has really became a best seller and what makes me feel happy is that it changes the attitudes many people about cooking.  It is a good illustration of my idea that creative cooking tools give us chances to explore our creativity.
As you know this is an important point of my philosophy of the "Art of life" :  Not only life as it is but also by taking time to increase the joy of every moment. How can we do that, just  by giving our attention to all details of our lifestyle. Choosing carefully the tools we use is an important part of this process...+Do web page

Yesterday we had a party with all the team involved in the creation of this successful product. In 2008 I wish I will be given many chances to apply my ideas to create new concepts contributing to bring joy and creativity in our everyday lifestyles.

2006年秋、革命的なガステーブル+DO(プラスドゥ)の
プレス発表会を青山のクラブ ベロワで開催しました、
ガスの利用者ですから、このニューモデルのプロデューサーとして参加、東京ガスと協力したことを誇りに思います。
CMはこちらをクリック。
2007年、+DOはベストセラーになり多くの人びとのクッキングに対する姿勢を変革したことを嬉しく思います。これはクリエイティブなクッキング用品は私たちの創造性を伸ばすという私のアイディアのよい実例です。
ご存知のように、これは私の哲学”アート・オブ・ライフ”(生活の中のアート)の重要なポイントです:生活だけでなく、瞬間瞬間の悦びの時間を増やすこと。
それは私たちのライフスタイルの全ての些細なことに注意をはらうことで実現できるのです。用いる道具を慎重に選ぶことは、このプロセスの重要な要素です…
+DOウェブページ

昨日はこの栄えあるプロダクトの開発に参加したチームみんなでパーティ。2008年も私たちの毎日の生活に悦びと創造性を与えるお手伝いをする、新しい私のコンセプトを実現できるチャンスが多くあらんことを願います。

 

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

The colors of Autumn / 秋色

Colors of a late Autumn in the park near our house.

Img_3068

我が家近くの公園の 秋の色

| | コメント (4)

2007年12月 2日 (日)

Cooking Workshop / クッキング・ワークショップ

Today for our last cooking workshop of 2007 at the Kitchen Land of Yokosuka we introduced a Provence Style Xmas lunch. This time it was not for couples. Only one man attended the class with his wife. It was fun but frankly speaking, Yuri and I prefer when half men and half women participate, we feel it's much more natural than having only women taking care of the food. So next time, come with your husband or your boyfriend...it's a good chance to have your man involved in the kitchen too...; )

Img_3042

So, no more cooking class this year but for next year we have some ideas about something related to the use of herbs and spices...
Also this month we will have the session of the "PJ Imagination Dojo" on the 16th of December at the Boat House of Senzoku Ike, just in front of the lake. As usual it is from 13h30 to 16h30. You still can book by sending us a mail at info@patricejulien.com.
Also, because December is a celebration month, to prepare our hearts for 2008 I will give a special session  about  "feeling Oneness" on the 28th at Kunitachi.

Yoshi

For Informations and booking click Here

今日は横須賀キッチンランドにて
2007年最後のクッキング・ワークショップ
プロバンス・スタイルのクリスマス・ランチを紹介しました。
男性の参加者はたったひとり、奥様とともにやってきた方。
それは愉快だったのですが、ざっくばらんに言うと
ユリと私としては男性と女性半々の参加者が好ましいです
女性だけに食事のケアをさせるのより、そちらの方が自然でしょう。
次回はぜひ旦那様もしくはボーイフレンドと来てくださいね…
男性をキッチンに立たせるよいチャンスにもなります…

ということで今年のクッキングクラスはこれまでです、
来年もハーブとスパイスに関したこと考えてます。
そして今月の”PJイマジネーション道場”は16日、
洗足池の目の前 ボートハウスにて。
いつものように13:30〜16:30まで。
info@patricejulien.com
にメールで予約できます。
さらに12月はお祝いの月、2008年に向けて心の準備として
”フィーリング・ワンネス”(ひとつになることを感じる)
のスペシャル・セッションを
28日に国立にて開催します。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

Light!Light! / 光よ! 光!

Img_3027

Today we went to the opening party of the exhibition of Candles of our friend Junko Kozakai at the Park Hotel near Shiba Koen.

今日は芝公園ちかくパークホテルにて お友達の小坂井順子さんのキャンドル展のオープニング・パーティ。


Img_3010

After the party we went to a Chinese restaurant near Yurakucho with Yuri and a friend and on our way to the station we walked through very nice illuminations.

パーティーのあとはユリとお友達と 有楽町近くのチャイニーズ・レストランへ。 それから駅まですばらしいイルミネーションの道を抜けて。

Img_3034


This made me think of the importance of light in our life. It is not only something useful because it helps us see in the dark, it's also something our heart needs. Why? I don't know. But I'm sure that everybody can feel the same thing looking at the flame of a candle or at the illuminations.

そして考えさせられました、私たちの暮らしにとっての光の大切さを。
暗い中を照らして見えるようにしてくれる便利なものというだけじゃなくて
私たちの心が必要としているなにか。
どうしてでしょう? うーん。
でも確かに思うのです、
みなさんがキャンドルの炎を、イルミネーションを見つめる時
同じものを感じていることを。


| | コメント (1)