« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

Yes, you found it... / そうなんですね…

Img_3179_2

Yes, this Kingfisher is really the King bird of Senzoku Ike,
birdwatchers wait hours to be able to take a picture of him.
He is a star so he keeps them waiting long and sometimes he just falls from a tree like a stone, straight in the water, he gets his food and fly away...

But that day he was very kind and took many poses. And you do not see on this picture the group of around 40 cameramen standing on the other side with huge zoom lens...

はい、その通り かわせみは
キングフィッシャーっていうその名の通り
洗足池のキングなんです
バードウォッチャーたちは、彼の写真を
撮りたくて 何時間もねばります。
スターのキングはというと
彼らを長時間待たせてもへっちゃら
木の上から弾丸のごとく
水めがけて飛び込んできて
獲物を捕まえると飛び去ってしまうだけのこともあります。

でもこの日のキングはとってもやさしくて
いろいろなポーズをとってくれたんですね。
この写真じゃわからないけど
向こう岸には、なんと40人ものカメラマンがいたんです
それも巨大なズームレンズをかまえた…

| | コメント (2)

2008年1月29日 (火)

Do you notice something / 見える?

I took this picture during a walk around the lake of Senzoku, do you see why?

Img_3180

洗足池のお散歩中に撮ったんですが、これ
見える?

| | コメント (4)

2008年1月26日 (土)

All our life comes from ideas / すべてのライフはアイディアから

Dsc_0083

Picture by 新納さん

Did you notice how we create our life?
Only from ideas
our ideas
or other people ideas...
Our everyday life is made of ideas.

We want to drink a tea,
We want to marry,
we want to travel,
anything we want...
all, absolutely all
all comes from our mind...
all is made of ideas
transformed in realities.

And then, from the ideas how do we move on?
How do we get what we want?
Our imagination does the work.
Our imagination creates new ideas we call "solutions.

We do not have to think about it,
we just ask the question and our imagination will find the answer
like a computer finds an answer in a database,
The Universe is a big computer and our imagination knows how to use it.

That's easy, isn't it? The only thing we have to do is to decide what we want and let our imagination work on the solutions.

If it is so easy, why do so many people do not get what they dream?
Why do so many people fight to succeed but do not get successful?
Because they think too much!
Hahahaha...

Because nobody taught them how to cooperate with their imagination.

Do you want to know how this simple process works?
It is the basic teaching of the "Imagination Dojo"?

Why not participate in the next session, tomorrow, Sunday 27th from 13h30 to 16h30 at Senzoku Ike, just in front of the station. January topic will be about "Imagination, dreams and money".
For Information and reservation info@patricejulien.com or 03.3727.1395 

私たちはの生活は どんなふうに形になるのだろう?
それは アイディア
わたしたちの アイディア
または 他のだれかの…
みんなのエブリデイ・ライフはアイディアから。

お茶が飲みたいなあ
結婚したいなあ
旅に出たいなあ
なんていう みんなの願いは
ぜんぶ、ぜんぶ
心からやって来る…
すべてはアイディアから生まれて
リアルなものに変身していくんですね。

アイディアから出発して
そのあと どうすればよいの?
イマジネーションが働けば
イマジネーションは”答え”という
新しいアイディアを作り出してれるんですね。

わたしたちは それについて考えなくてよくて
ただイマジネーションに問うだけ。
イマジネーションは
答えを見つけてくれます。
コンピューターがデータベースから
答えを見つけるように。
宇宙は大きなコンピューターで
わたしたちのイマジネーションは
それ、どんなふうに使ったらよいか
わかっているから。

ほら、かんたんでしょ?
やらなきゃいけないのは
ただ 何がほしいのか
何を願っているのか
イマジネーションを働かせるだけ。

それが そんなにお茶の子さいさい
かんたんだとしたら
どうして多くの人たちは 夢を迷ってしまうのんだろうね?
どうしてうまくやろうとがんばっているのに
成功しないのだろう?
それは考えすぎるからだよ!
ハハハハ…

誰もイマジネーションとの共同作業のやり方を
教えてくれないからね。

明日27日の日曜日 13:30〜16:30まで
洗足池にて 駅のすぐお向かい
イマジネーション道場に来れば
そのやり方 わかっちゃう。

1月のテーマは”イマジネーションと夢、そしてお金”
インフォメーションと予約は
info@patricejulien.com
☎03-3727-1395

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

Angoulême : International "Manga" Festival / アングレム:国際”マンガ”フェスティバル

Angoulême is at 130 km of Bordeaux, very close to the city of Cognac. This small charming city is internationally famous because every year, since 1974, the last week-end of January, it becomes the world's center of the "comics" culture with what is called "Le Festival d'Angoulême".

アングレムはボルドーから130km
コニャック市のすぐ近く。
この小さくてカワイイ街は
世界的に有名なんです。
1974年から毎年1月の最終週のウィークエンドに
”ル・フェスティバル・ダングレーム”が開かれていて
”コミック”カルチャーのメッカになるから。

3014163891199371727

This festival is to the "comics" what Cannes is to the movie industry. In France, Japanese Manga having a huge number of fans, a whole building have been transformed in "Manga Center" with guests like Lady Snowblood (source of the movie Kill Bill) and the group Clamp. (More)

この”コミック”のフェスティバルは
映画界におけるカンヌみたいなもの。
フランスには 日本のマンガファンが
それはそれはたくさんいて、
会場の建物は
修羅雪姫(映画『キルビル』にも出てたね)や
漫画創作集団CLAMPといったゲストで埋め尽くされて
”マンガセンター”になっちゃう。
(More)

Manga

If you are interested in the "comics" culture and live in Tokyo, you  have a chance to participate to one of the events of the Festival because there will be a Visio-conference Tokyo-Angoulême at Nichi Futsu Gakuin (More)

もし”コミック”カルチャーに興味があって
東京に住んでいるなら、このフェスティバルの一環の
イベントに参加できますよ、
日仏学院で東京ーアングレムの
VISIOCONFÉRENCE開催です。(More)

| | コメント (3)

2008年1月23日 (水)

O Sumo. Just a few seconds. / お相撲。ほんの数秒で

2008 will be my 21th year in Japan and I never had a chance to watch sumo "live", today was my first experience.

Outside it was cold and snowing but inside the atmosphere was really "hot". More than on TV I felt the "thrill" of this game that is maybe the shortest one in the world. It takes year of practice and hard training plus a lot of chanko nabe to get ready for this confrontation lasting only a few seconds. Just a blink to decide if you win or loose.

Img_3430

It is very interesting because when you watch live, you can feel the energy of the protagonists and it looks like if, from the start, both of the sumotori knows what the issue will be...Something like facing an important challenge and having in your heart a small voice saying "Yes, I will succeed " or "No, I will not succeed", it decides of it all. That's maybe one of the reasons why the Sumo is such a fascinating sport.

2008年で 日本に住んで21年目になりますが
これまで お相撲を”ライブ”で観るチャンス
ありませんでした、今日はその初体験。

外は寒くて、雪。
でも会場の雰囲気はまさに”ホット”。
テレビより”スリル”感じました
おそらく世界で一番短いゲーム。

きびしい練習と
トレーニング
そして数えきれないほどの
ちゃんこ鍋の日々を重ね
たった数秒の対戦に臨むのです。
まさに瞬く間に 勝負が決まってしまう。

面白いのは
ライブで見ていると
関取たちのエネルギーを直に感じることができる。
そして 東西の力士たちには
どんな土俵になるか
あたかも 最初からわかっているみたいです…

大きな局面を迎えた人が
心の中で
”イエス、私はできる” ”ノー、私はできない”って
小さな声で 言っているみたい。
すべてはそれで決まるのです。

たぶん それが 相撲がこんなに魅惑的なスポーツである
理由のひとつなんじゃないかと思います。

| | コメント (2)

Snowcat / スノーキャット

Img_34031

Every morning, around 4:00 our cat Bisou ask us to open the door to let her jog outside. When the weather is fine, in summer, she stays longer but in winter after half an hour to an hour she scratches the window of our bedroom to get in. She insists so noisily that there is no way to resist her call.

Today the ritual was the same and because it always happens very early we perform it as usual in an almost somnambulic state . When we open the window, she jumps in, says a short "Nyan..." (we suppose it means "I'm back") and goes to her cat food bowl for a snack while we usually get back straight to the dreams world.

After a while we usually feel Bisou walking on our bed, she then puts her head inside the sheets, between us, she engages half her body and makes a sharp U-turn, walking once out then back inside the way a car enters a garage. Now her body is between Yuri and me lying straight like an human being, her head on our pillow.

This morning, very freezing surprise! It's like if a living piece of sherbet entered our bed.
Instantly I understood it was snowing.

Img_34062

我が家の猫 ビズは
毎朝4時くらいに
外に出してくれとおねだり。
天気がいい夏などは
彼女は長い間 外にいますけど
冬は ものの30分〜1時間で
中へ入れて、と窓をガリガリ。
そのすごい音たるや 、いやはや
無視するわけにもいかず。

本日ももちろん そのお決まりのセレモニーは
つつがなく執り行なわれ
それにしてもまあ いつも
あまりに朝早くに催されるので
私たちは悪夢から覚めるともやらず任務遂行

窓を開けると、ビズは部屋の中へ飛び込んできて
短く”ニャン…”(たぶん”ただいま”という意味)

そしてごはんのお皿に向かいます、
私たちはまた夢うつつの世界に戻りますが。

しばらくすると ビズがベッドのまわりを
歩いているのがわかるのです
頭をずんずん シーツの中に潜り込ませて来て
体半分のところまで前進すると なぜか急にUターン

一度外へ出て 徐行していたかと思うと
またベッドの奥へと リターン・パーキングしてきます。
ビズ号のボディは ユリと私の間に
めでたく収まるというわけ。
その姿はまるで人類、体を伸ばして
もちろん頭は枕の上。

今朝は、まさに身も凍るサプライズ、
生けるシャーベットみたいなのが
ベッドの中に入ってきたのですから。
すぐに 外は雪なんだってわかりました。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

Meeting Fujisan and Yamanakako / 富士山&山中湖も みんなで集合

A perfectly visible Fujisan and a blue sky for the start of our workshop organized by Be Good Café on last Saturday.

富士山と真っ青なお空がお目見えする中、 先週の土曜日 ビーグッドカフェによる私たちのワークショップ 開催されました。

Img_3366

Chimney with dancing flames, wooden atmosphere, cushions, nice music, gentle staff, all the conditions were perfect for our two days work on "Bridging dreams and reality".

Already after one hour it was like if the group,  lake Yamanaka and Mount Fuji melted together in a big, soft and loving bubble of energy.

At the end of the first session (2:30 to 6:00 PM) the participants assembled around an extraordinary buffet prepared by the kitchen staff of the Pica Cencer. All participants already feeling like a family having a joyful home party.

Next day at 7:00 in the morning we went to say "Good Morning" to the lake Yamanaka and Mount Fuji, it was very cold but the atmosphere was as you can imagine from those pictures.

炎踊る暖炉、手作りの暖かい雰囲気、
クッション、素敵な音楽、心やさしいスタッフ
2日間のワークショップ”夢とリアリティのかけはし”のための
すべてのコンディションはパーフェクト。

最初のセッションの終わりに(午後2:30〜6:00)
ピカ・センターのキッチン・スタッフさんたちによる
素晴らしいビュッフェを味わいました。
参加者のみなさんは打ち解けて すでにファミリーのような感じ
楽しいホームパーティみたいでした。

次の日の朝7:00、山中湖と富士山に”おはよう”を言いに行きました。
とっても寒かったんです、
その時の雰囲気は
これらの写真からわかると思います。


Img_3379

The temperature is about -9º
気温はなんと−9℃

Img_3381

The two white spots on this picture are real swans
写真の2つの白い点は、本物のスワン


Those one are not...
でもこれはちがいますね…

Img_3367

When the sun came out it looked like this
日の出はごらんのよう

Img_3386

minus 9ºC is quite cold as you can see
−9℃ってこんな感じ

Img_3390

Before our last session Mount Fuji sent us this big smile 最後のセッションの前に、富士山のビッグ・スマイル

Img_3396

When we took the bus back to Tokyo, incredibly the sky was completely cloudy, Mt Fuji invisible and small specks of snow were flying in the air.

Thanks to Yamanakako and Mount Fuji for the great time!

Arigato!

 

信じられないことに 東京へのバスに乗りこむ時にはお空は曇り 富士山は隠れてしまって、粉雪が空に舞うだけ

山中湖&富士山に感謝、すばらしいひとときを
ありがと!

| | コメント (4)

2008年1月16日 (水)

January is blooming / 一月 春たけなわ

Img_2948

2008 starts as an exciting year,
a new book just came out and the reaction is already very good even after only a few days on sale.

Also this week-end Yuri and I will be back to Yamanakako for a very unique 2 days workshop near Mount Fuji. In the beginning of this New Year those two days will give to all participants and even to myself and Yuri a chance to pause, relax and prepare our hearts for the dreams we want to realize in 2008. If you want to join us on this special occasion I think we are able to welcome a few more participants. Check here

2008年のスタートはとってもエキサイティング
新しい本を出したばかり
そして 反響はとってもよいです。

さらに 今週末は富士山.のふもとで
ちょっとユニークな
2daysワークショップを開催します。
参加するみなさんにとっても、
私たちにとっても ちょうどよいブレイク&リラックス
そして2008年
みんなが実現したい夢をみる心の準備に
とってもよいチャンスになると思います。

参加希望者は
ここ

をチェックしてね。

まだもうちょっとだけ 席があります。

 

Img_2939

Photo : The cottages for our stay at Yamanakako.

会場の山中湖のコテージ

A new challenge for Yuri and I this month, we have to finish the manuscript of a new book that will be on sale  in  next March... Still a lot to write...I hope the workshop in Yamanakako will bring us a lot of inspiration...
On the 27th, like every month, Imagination workshop in Senzoku Ike the next session will be about "Dreams, Imagination and Money". For informations and registration send us a (mail)
One more important project under construction : Mamagon and I are now working to have the PJ Café story published as a book in 2008...
And it's just a part of what will be created this year, we also still have a lot of New Year cards to send too...and almost no time for it... as soon as we get clear with all this I will tell you more about other exciting news...

And you?
How does your year 2008 starts?
I'm sure it looks very promising too.
Let's enjoy it and make best use of our imaginations to create a "great vintage" !

今月は私たちにとって
新しいチャレンジ があるんです
3月に出版する新しい本の
書き下ろしを終わらせなきゃ…
まだたくさん書くよ…
山中湖のワークショップが
いっぱい インスピレーション
与えてくれると思ってます…

1月27日は、毎月の
イマジネーション・ワークショップ in洗足池
今回のテーマは”夢、イマジネーション、そしてお金”。
インフォメーションとお申し込みは
メールしてね。

実はもうひとつの大きなプロジェクト進行中。
ママゴンと私のPJ Cafeストーリーの本が出版できるように
原稿の準備を進めています。

これらは私たちのクリエーションの一部だけれど、
まだまだ出していない年賀状もたくさんあります…
他にもエキサイティングなニュースがあればすぐにお知らせしますね…

そして あなたの2008年のスタートは いかがでしょうか?
楽しんで、イマジネーションをフルに使って
”グレート・ヴィンテージ”つくりましょう!

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

New book at Amazon / 新刊 Amazonに

The new book is online at Amazon.

新しい本が Amazonにアップされました。

41jdeeuuajl_ss500_

Many thanks to
- Kawashima san  (The illustrator)
- Usui san (The translator)
- Nakanishi san (The editorial director)
- Hoshikawa san ( The cameraman who took my picture. The same as the one on top of this blog)
- Yuri (For her help and advices during all the steps of the process)
- Bisou ( Our cat, for her love and goro-goro near the place where I work at my computer)

I really love this new book and I am sure you will too...
I wait for your comments on the Amazon Page.
Enjoy your reading!

ありがとう みなさん
-川島さん(イラストレイター)
-碓井さん(翻訳家)
-中西さん(編集者)
-星川さん(私の写真を撮影してくれたカメラマン、このブログのトップ写真も)
-ユリ(すべての行程においてのヘルプとアドバイス)
-ビズ(我が家のネコ、愛とPC執筆中の脇でのゴロゴロ)

私は実にこの本が気に入ってます
みなさんのお気に召しますように…
Amazonページへのコメントも 待っています
お楽しみに!

| | コメント (1)

The old man in Shibuya... / オールドマンin渋谷…

Today, it was very cold. A cloudy winter day with a white light coming from the sky like from a big Neon. I had to go to Tokyu Hands in Shibuya. I parked my car and walked.
As I walked, a few meters ahead an old man was grasping a lighting pole, next to him, a black suitcase. Homeless or not? Looking at him you couldn't say. One hand was grasping the pole, his face was hidden in his coat, his body was folded in the middle and his free hand was pointing back like waiting for somebody to help him. People were giving a look then they passed by. As the man was about to fall dangerously I helped him sit and he said "Than-you!Thank you! I am sorry..." And I asked him, can I do something for you? And he answered no. During our conversation he kept his face hidden inside his coat. I felt he did not want me to stay more, so I arranged his suitcase to prevent him to fall and left.

The story continues because I met the man again when I went back to my car but it would be to long to tell you everything about what happened. To make things short, here we are, in the middle of Shibuya, on a very cold day and this old man is feeling totally lost...he imagines he have no place to go on this planet... When I asked him for the second time "Do you want me to do something for you" he answered "no" and another person joined us and asked "do you want me to call an ambulance" and the man answered "no"... He finally shook my hand and said "thank you! Thank you!
I felt I could not do anything more for him.

What did this old man taught me :
that help may be around us, love may be around us, solutions may be around us, until we say "Yes" nobody can help us.
Until we ask for something nobody can decide for us.

今日は本当に寒かったですね。
まるで大きなネオンみたいな白い光が空から差して。
東急ハンズに行かなきゃだったので車で出かけました。
駐車し、歩いていると
一人のおじいさんが街灯のポールを掴んでいます、
その隣には彼の黒いスーツケース。
ホームレス?

ひとつの手でポールを握り、顔はコートの中に埋もれています、
体を折り曲げ、もう片方の手は
まるで誰かの助けを待っているかのように
後に差し伸べられているのです。

道行く人びとは彼を一瞥すると 通り過ぎて行きます。
倒れちゃいそう、というところで
私は彼に手を差し伸べ 座らせてあげました
彼は言いました
”ありがとう! ありがとう! すいません…”

私は尋ねました、何かあなたのために出来ることありますか?
彼の答えはノー。
話している間中、彼の顔はコートの中に埋もれたまま。
きっともう 私にこの場にいてほしくないのだろうと感じたので
彼が倒れないようにスーツケースを置き、
その場を離れました。

このお話にはつづきがあります
というのも 車に戻る途中 またそのおじいさんに会ったのです
でも そこで起こったすべてをお話しするのは長すぎでしょう…

手短にいうと、私たちは、極寒の日に
渋谷のど真ん中におり、このオールドマン、
おじいさんは完全に 途方にくれていたのです…

この星のどこにも 行き場がないようでした…

ふたたび”何かしてほしいことありませんか?”と言うと
”ない”と答えるのでした。
他の人も加わって 尋ねます
”救急車 呼びましょうか?” 
”いいや”とおじいさんは答えました…

最後には 私の手を握り”ありがとう! ありがとう!”と言うのです。
彼のために何もしてあげられないんだ と私は思いました。

このおじいさんが 私に教えてくれたこと:
救いは たぶん私たちのそばにあって、
愛も おそらく私たちのそばにあり
答えも きっと私たちのそばにあるのに
私たちが”イエス”というまでは
誰も救いの手を差し伸べることはできないのです。
何かを頼まないと 誰も何もしてくれないのです。

 

| | コメント (2)

2008年1月11日 (金)

Next sessions of the imagination dojo / 次回のイマジネーション道場

Img_2584

As I announced during the last session of the Imagination Dojo in 2007 we will continue to meet together this year on the last Sunday of the month from 13h30 to 16h30 at the Boat house just in front of the station of Senzoku Ike.
The charge is ¥5000 per session.
The next two sessions will be

Sunday January 27
Sunday February 24

The dojo shows you that all what you create in your life comes from your imagination and it teaches you the practical tools to help you create a more free and exciting everyday life.

Attending the dojo regularly helps you overcome your limiting beliefs, ask questions about the difficulties you may encounter in your practice and solve them. Slowly by slowly your relation with your imagination getting better and better you experience your everyday life in a state of "creative flow".

For information and registration

2007年最後のイマジネーション道場で
お伝えしたように、
今年も月の最終日曜日13:30〜16:30
洗足池駅の目の前 ボートハウスにて
イマジネーション道場。

料金はひとり5000円。
次は
1月27日(日)
2月24日(日)
です。

道場では あなたの人生の中で あなたが創り出すものは全て
イマジネーションからやってくるということ
そしてより自由に エキサイティングに
日々の暮らしをクリエイトする
実践的なツールを紹介します。

道場にレギュラーで出席することは
思い込みを克服する助けになります
日々の暮らしでぶつかりそうな困難をあげて
それを解決するのに手助けになります。
すこしずつあなたとイマジネーションの関係はよりよいものとなり
”クリエイティブ・フロウ(クリエイティブな流れ)”にある
日々の暮らしをよりよく体感できるようになるでしょう。

インフォメーション&申し込み


| | コメント (0)

Imagination and money... / イマジネーションとお金…

Yen

In my last post I announced the publication of my new book and an anonymous reader wrote an interesting question : "How much does it cost?"
This made me hesitate between laughing and stopping to write books...
Why?

Let me imagine a situation to illustrate :
A person in a state of terminal illness hears about a man who can perform miracles...
Do you think the first question the person will ask is
"How much will he cost me to heal...?"

Do you see what I mean?
Do you want to know from where comes my power in life?
It's HUNGER.
My hunger is a like a terminal step cancer.
It always pushes me ahead!
I am hungry to bring my next dream to completion.
And when I get that dream realized I go to the next one.

I am 55 but I feel my life is just starting today.
I feel I still did not express even the smallest part of my potential.
I still see the sky as an infinite space upon my head with so much unknown things to explore and enjoy.

この前 新刊のお知らせしましたところ
興味深い質問が寄せられました:
”いくら?”
これにはちょっと悩みました。 笑うべきか もう本を書くのを止めちゃおうか…
どうしてか?

たとえばこんなシチュエーション:
救いようのない病に冒された人が 奇跡を起こす男の噂を聞きつけました…
まず最初にどんなことを病の人は 思うでしょう
”彼はいったいいくらで私を治してくれるだろう…?”

意味わかる?
私のライフ・エネルギーがどこから来るのか知りたい?
それは 渇き。
私の渇きは 重度の癌のよう。
いつも私をもっと進行させるんです!
いつも次の夢の実現を渇望しています。
そして夢が現実のものとなった時にはすでに次の夢へと向かっているのです。

私は55歳ですが ライフは今日 始まったばかりのように感じます。
まだ 自分に眠る可能性のこれっぽっちも 表現してないと感じてます。
頭の上の無限の宇宙を見上げているのです。
冒険すべきそして楽しむべき未知のことでいっぱいの空を。

 

Stars_ss_dx_org

It is the reason why I write books.
To help people get hungry.
And also to help them feed themselves.
To help them cure their terminal illnesses.

Do you want to know what is the worst terminal illness?
- Boredom!
For me, being bored is worst than hell...
And so many people today feel bored.

For this lifetime, I chose to be a teacher.
To be a real teacher, I felt I have to find by myself answers that really work.
To be able to teach diving you have to practice yourself first isn't it.

But let me say ;
in all this story there should not be any relation with the "money thing".
When you start thinking about money you limit yourself!
Money follows you naturally,
when you accomplish your dreams,
it never comes first.

If you write a book to make money or to be famous you never get anything good.

To get somewhere,
you need a dream,
you need a vision.
And if a vision can be  asked by "How much?"
it means it is not a real vision,
it is just a fantasy
and it means also that until you accept your vision
without any limitation
you will stay where you are even if you don't like it.

Dreams should never be limited by money factors.
And when they become vision they never can be limited.
So transform your dreams in visions.

For now, my vision is to write books to show
that even terminal illnesses can be cured by the imagination,
to help people be cured from boredom,
to help them trust the power of the imagination.
See that imagination created money
but that money never will be able to create imagination.

Now, let's make a pause,
relax and look at this video : click
Isn't it exciting?

Back to our topic.
Personally, If I believe that there is something I can learn somewhere in the world. I know I will get the money I need to go there and check!
It's my deep faith so on one way or another, it comes
As long as you think "It's too expensive"
it means you are not really committed.

So please, forget all about money,
do not limit your heart,
give a chance to your dream,
transmute it in VISION.
Your dreams are priceless
respect them, thank them.

And before paying for any book or workshop or session
that you think could help you with your dream
ask your heart : "Will this help me?"

If your heart says "Yes",
even if it is expensive.
Go Ahead, pay for it!

I garantee it will help you get there.
Because you heart decided it!

だから 私は本を書くのです、
人がもっと渇望するように。
そして自分で渇きを癒せるように助けます。
彼らの重病を癒す 助けをします。

最悪に重い病 って何だか知りたい?
それは 退屈!
私にとって 退屈は地獄よりもひどいもの…
実に多くの人が 退屈がっている 今日このごろですけど。

この度の人生では、私は先生になることをチョイスしました。
本物の先生になるには 本当にためになる答えを
自分で見つけなければいけないと考えました。
ダイビングを教えるのだったら
まず最初に自分がダイビングを練習しなきゃでしょう。

しかしながら:
これらは”お金”とは なんら関係があってはならないのです。
お金のことを考え始めたとたん、自身を限定してしまう!
お金は 夢を成し遂げた時に
自然にあとから ついてくるもの
決して 最初にはやって来ません。

お金のために あるいは有名になるために
あなたが本を書くのなら
何にもよいことはないでしょう。

どこかに行くためには
夢を見ることが必要で
ビジョンが必要
もしビジョンが”おいくら?”と問われるなら
それは本当のビジョンではありません。
それはただのファンタジー
それは あなたが自身を限定することなく
ビジョンを受入れられるようになるまで
気に入らなくても 今いるところにいる ということです。

夢は お金で限定されるべきではありません。
夢がビジョンになる時に限界はありません。
だからあなたの夢を ビジョンに変えてください。

今 現在、私のビジョンは 重い病だってイマジネーションで癒される
とお伝えするために 本を書くこと。
みなさんを退屈から救うため、
イマジネーションのパワーに頼れるよう。
イマジネーションはお金を生み出しましたが
お金は決してイマジネーションを創り出すことはできないのです。

さてちょっとブレイク。
リラックスしてこのビデオを見て:クリック
エキサイティングじゃない?

さてお話に戻ります。
世界のどこかに私が学ぶ何かがあると信じるなら
そこに行ってチェックするためのお金は手に入るでしょう
私はこれを深く信じます いずれにせよ それはやってくるのです。
あなたが”高すぎる”と思うかぎり
あなたは本当に はまり込んではいないのです。

だから どうぞ、お金のことは忘れて
あなたの心を限定しないで、
あなたの夢に チャンスを与えてあげてください
それをビジョンに変えるのです。
夢に値段はありません
リスペクトして 感謝して。
あなたと あなたの夢の助けになる
本やワークショップ、セッションにお金を支払う前に
ハートに聞いてみて: "これって私を助けてくれる?”

もしあなたのハートが”イエス”って言うんだったら
高くても買って!

きっとあなたの助けになるでしょう
なぜなら あなたのハートが決めたことだから!

| | コメント (3)

2008年1月 9日 (水)

PJ's New Book / 新しいPJの本

New book coming out very soon...I think that you will find it in the bookstores around the 15th of this month.
もうすぐ 新しい本を出します… 今月の15日あたりに店頭に並ぶ予定。

Img_3098


 

14 years after "Sekatsu wa art", for me this is definitely the next step : Beauty, health, aging, cooking, interior,...All my ideas about the link between lifestyle and imagination. A book that explain on a very simple and fun way how to create what I call "the Magic of life"...

”生活はアート”から14年
この本は私にとっても まったく新しいステップ:ビューティ、エイジング、クッキング、インテリア…ライフスタイルとイマジネーションをつなぐリンクについての私のアイディアすべてです。
とてもシンプルに、そして愉快に
”暮らしのマジック”を作り出す方法を紹介しています…

| | コメント (9)

2008年1月 7日 (月)

The gifts of Little Tree / リトルトゥリーの贈り物

We have a small lemon tree in our garden and this year, for the first time we had two lemons. Every morning we looked at them, feeling hard to decide when to cut them...Little Tree looked so proud of his fruits...

我が家の庭の小さなレモンの木が 今年はじめて実をふたつ付けました。 毎朝ながめては いつ収穫しようか迷っていました。なんせリトルトゥリーはその実を それは誇らしげにつけているもので…

Img_3050_2

We also thought that it would be worst to let them decay... So, yesterday I felt that the time was right and I said to the tree "Please allow us to enjoy your fruits"...Little Tree felt a bit sad but he said "OK, go ahead, I will prepare new ones..." I cut the lemons and decided that making a juice would be too sad after a year of efforts of Little Tree. I decided to prepare them  preserved with salt the way they do it in Morocco. 

かといって 腐らせてしまってはいけない ということで昨日 時は来たれり ”どうかその実を味わうことをお許しあれ”と木に請い… リトルトゥリーは少し悲しそうでしたが 言いました ”どうぞ。また新しいのを準備するから…” レモンの実を切ったとしてもリトルトゥリーが1年がかりでつけた実をジュースにして一瞬で飲んでしまうのは悲しすぎる気がして モロッコでやるように塩漬けにすることに決めました。

Img_3066_2

Now we have to wait for a few weeks more until we can use them to flavor Morocco Style Stews called "Tajine". Also, salt preserved lemons can be kept during years, their taste getting better and better.

モロッコスタイルのシチュー”タジン”の味付けに使えるようになるまでは あと数週間しんぼうしなきゃなりません。 レモンの塩漬けはしばらく使えるし 味はどんどんおいしくなるのです。

Img_3081

Thank you little tree. Your gift is so precious that we want to take our time to enjoy it very slowly, bit by bit.

The recipe for preserved lemon and the way to use it is published in my book about Morocco

メルシー 、リトルトゥリー。 君の贈り物はとってもすばらしいから 味わうまで ちょっとずつ ちょっとずつ 時間をかけて じっくりね。 レモンの塩漬けのレシピとその使い方は 私のモロッコの本


にありますよ。

.

| | コメント (0)

Bisou's Winter collection / ビズ ウィンター・コレクション

Img_3082

Hello everybody!
This is my 2007-2008 winter style.
With this fur jacket I can go out and play around during winter cold nights
recently I also found that even when it rains I'm fine...
just that it takes a bit of time to dry...

アロー みなさま!
これが私の2007-208 冬のスタイル
この毛皮のジャケットでお出かけできるし
冬の寒い夜でも遊び廻れるの
雨が降っても だいじょぶ
乾かすのにちょっと時間がかかるけどね…

| | コメント (1)

2008年1月 3日 (木)

Catch your Dreams near Mount Fuji... / 富士山のふもとで… キャッチ・ユア・ドリーム

Img_2851


 

As our first event of the year in January will be a 2 days workshop just in front of the Lake Yamanaka very close to Mount Fuji, we felt that New Year's Eve was a perfect timing to feel the energy of the place where we will have the workshop and to say Hello to Fuji San.

The place for the workshop is a very relaxing small eco resort with cute organic farming installations, charming wooden cottages and a warm café restaurant with a smiling and loving young staff. In the morning of the 1rst we had the chance to participate in the traditional making of "o mochi" (japanese rice cakes), it was my first time and I must say it's an absolutely delicious moment as you can see on this slide show.

Our New Year's day near Mount Fuji

Fujisan and Yamanakako were apparently happy to see us (we had a very nice weather) and they both said they are waiting for our presence.
Wish you will be there for this event that will show you how to "catch your dreams".
Informations here

今年はじめてのイベントは
1月に山中湖の目の前で2日間のワークショップ
大晦日は その会場のエネルギーを感じられる
パーフェクトな機会でした、
そして富士山に ご挨拶してきました。

ワークショップの会場には 小さなエコリゾート
オーガニックの農園、かわいい木造コテージ、
そして いつもスマイル、温かいスタッフのいる
カフェレストランがあります。元旦の朝、私たちは
伝統的な”おもち”つきに参加しました。
私にとっては初めての経験、
まったく素晴らしいひとときで
このスライドショウの通り。

富士山と山中湖のお二方は
私たちの参上にご機嫌の様子。
(お天気も最高だったんです)
お二方とも私たちがやってくるのを待ちかねてます
”自分の夢をキャッチする”方法をご紹介するこのイベント
みなさんもぜひ来てくださいね。
インフォメーションはこちら

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

Happy New Year from Fuji-San / 富士山からハッピー・ニューイヤー

We brought this souvenir for you from our "O Shogatsu" in Yamanakako. I will report soon about this experience but for now I want to share with you this inspiring view of Mount Fuji and wish you a great year 2008.
(If you click on the image you will get it full screen...)

Img_2862


山中湖にての私たちの”お正月”
これはそのおみやげ。
近日中にこのお話をお伝えしたいと思います
今は富士山のこの雄姿を どうぞ
そしてすばらしい2008年を。
(写真をクリックするとフルスクリーンで見ることができます…)

| | コメント (1)