« Meeting Fujisan and Yamanakako / 富士山&山中湖も みんなで集合 | トップページ | O Sumo. Just a few seconds. / お相撲。ほんの数秒で »

2008年1月23日 (水)

Snowcat / スノーキャット

Img_34031

Every morning, around 4:00 our cat Bisou ask us to open the door to let her jog outside. When the weather is fine, in summer, she stays longer but in winter after half an hour to an hour she scratches the window of our bedroom to get in. She insists so noisily that there is no way to resist her call.

Today the ritual was the same and because it always happens very early we perform it as usual in an almost somnambulic state . When we open the window, she jumps in, says a short "Nyan..." (we suppose it means "I'm back") and goes to her cat food bowl for a snack while we usually get back straight to the dreams world.

After a while we usually feel Bisou walking on our bed, she then puts her head inside the sheets, between us, she engages half her body and makes a sharp U-turn, walking once out then back inside the way a car enters a garage. Now her body is between Yuri and me lying straight like an human being, her head on our pillow.

This morning, very freezing surprise! It's like if a living piece of sherbet entered our bed.
Instantly I understood it was snowing.

Img_34062

我が家の猫 ビズは
毎朝4時くらいに
外に出してくれとおねだり。
天気がいい夏などは
彼女は長い間 外にいますけど
冬は ものの30分〜1時間で
中へ入れて、と窓をガリガリ。
そのすごい音たるや 、いやはや
無視するわけにもいかず。

本日ももちろん そのお決まりのセレモニーは
つつがなく執り行なわれ
それにしてもまあ いつも
あまりに朝早くに催されるので
私たちは悪夢から覚めるともやらず任務遂行

窓を開けると、ビズは部屋の中へ飛び込んできて
短く”ニャン…”(たぶん”ただいま”という意味)

そしてごはんのお皿に向かいます、
私たちはまた夢うつつの世界に戻りますが。

しばらくすると ビズがベッドのまわりを
歩いているのがわかるのです
頭をずんずん シーツの中に潜り込ませて来て
体半分のところまで前進すると なぜか急にUターン

一度外へ出て 徐行していたかと思うと
またベッドの奥へと リターン・パーキングしてきます。
ビズ号のボディは ユリと私の間に
めでたく収まるというわけ。
その姿はまるで人類、体を伸ばして
もちろん頭は枕の上。

今朝は、まさに身も凍るサプライズ、
生けるシャーベットみたいなのが
ベッドの中に入ってきたのですから。
すぐに 外は雪なんだってわかりました。

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入