« Lovely Hannya Shingyo! / ラブリィ 般若心経! | トップページ | Last Sakura flowers / 最後のさくらの花 »

2008年4月11日 (金)

Patrice Julien meets sushi... / PJ meets 寿司…

My sister Nathalie sent me a mail a few months ago because she was planning to enroll in a workshop to learn how to make sushis.

A workshop about sushi in the South of France! I immediately answered, please STOP! I must confess that I would never eat sushis in another country than Japan! I said to Nathalie OK, I will set up a sushi workshop for you when you come in Japan.

It is the reason why I created the sushi workshop on the 29th of this month. I have been a great fan of "Sushi Koshiki" in Takanawadai (Near my former restaurant CFA) so I asked Mr Matsumoto the Sous-Chef of Sushi Koshiki to teach us the basics of traditional sushi...My Sister Nathalie will be the guest student...(But she does not speak Japanese at all)


数カ月前、妹のナタリーがe-mailで、
お寿司の作り方を習うワークショップに参加するつもりだと知らせて来ました。

南仏で寿司のワークショップだって!
すぐに私はやめて!と返信、
実は私、日本以外でお寿司食べたことないんですけど!
私はナタリーに言いました、
OK ナタリー、日本に来るならお寿司のワークショップ、準備するからって。

今月の29日にお寿司のワークショップを開催するのはそんないきさつからなんです。
私はかねてから高輪台の"鮨 子史貴(すし こしき)"(かつての私のレストランCFAの近く)の大ファンですので、その副料理長 ミスター松本に、伝統的なお寿司の基礎を教えてくださいとお願いしたのです…妹のナタリーはゲスト・スチューデントね…(彼女、日本語ぜんぜん話しませんけど)



After Mr Matsumoto presents the basics of sushi I will challenge the tradition with some creative variations of sushis like duck breast and yuzukosho mayonnaise temaki sushi, smoke salmon, tomburi and mascarpone oshizushi, foie gras aburi gunkan maki and desserts sushis like mango coconut sushi and fresh fruits and dry fruits chirashizushi...

If you want to see and experience the meeting of tradition and challenge, do not miss this session!

Program of the session of 29/4 (10h to 15h) :
Step 1 : Tradition, the basics of sushi by Mr Matsumoto
Step 2 : Practical training (students make different types of sushis)
Step 3 : Mr Matsumoto and Patrice Julien create New Sushi together
Step 4 : Lunch of all the participants with Nathalie as a guest.

informations : bureau@patricejulien.com

ミスター松本のお寿司の基礎講座のあと、
私もちょっとバリエをつけた伝統的なスタイルに挑戦、たとえば鴨の胸肉と柚子胡椒マヨネーズの手巻き寿司、スモークサーモンととんぶりとマスカルポーネチーズの押し寿司、炙りファアグラの軍艦巻き、そしてマンゴー&ココナッツ寿司、フレッシュ・フルーツとドライ・フルーツのちらし寿司なんていうデザートお寿司…

伝統と新たなる挑戦の出会いを見て、やってみたいという方はこの機会を逃すことなかれ!

4月29日のプログラム(10:00〜15:00)
Step 1:伝統 ミスター松本によるお寿司基礎講座
Step 2:実践 (生徒さんがさまざまな種類のお寿司を作ります)
Step 3:ミスター松本& PJ のお寿司ニュー・スタイル
Step4:ランチ ゲストのナタリーを囲み参加者のみなさんで

インフォメーション:bureau@patricejulien.com

|

コメント

ドイツにいたとき、ドイツ人の友人がこのビデオを見つけてきて、みんなで大笑いしてみました。ドイツ人でも、初めての人だと本気にするので、これは冗談も含んでいると伝えましたよ。
 
 私はドイツに行ってから、フィリピン人のコックに寿司を習いました。魚さばきも教えてもらったんですが、途中でギブアップでした。フィリピン人コックの寿司はアドガドはもちろんですが、マンゴーが入ったりしてトロピカルでした。

投稿: junko | 2008年4月12日 (土) 09時41分

コメントを書く





絵文字を挿入