« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

O musubi party (Sunday) / おむすびパーティ(日曜日)

Images of 291 style "O musubi party"
3 kinds of o musubi, package and logo produced by PJ

291(フクイ)スタイルの”おむすびパーティ”の写真より。 3種のおむすびパック、パッケージとロゴのプロデュースby PJ。

Img_3998

French  style o musbi course :
entrée : Urchin, and pickled cucumber

フレンチスタイルおむすびコース: アントレ:ウニとキュウリのピクルス

Img_3856

main : spicy mackerel and moromi miso
desert: sakuramochi style walnuts, acacia honey and goat cheese

メイン:スパイス風味のサバともろみ味噌 デセール:ウォルナッツ、アカシアはちみつとヤギのチーズのさくらもちスタイル

Img_4003

Thanks to all participants and staff for the great success of this event...

参加者のみなさんとスタッフのみなさんに感謝。 イベント、大成功でした…

| | コメント (2)

2008年6月28日 (土)

O Musubi party... / おむすびパーティ…

O_musubi_bis

Today and tomorrow,
o musubi party, talk show and signature of my books at the antenna shop 291 (Fukui) at Aoyama from 12 AM...
The party and talk show are fully booked but from 2 AM, if you want to have one of my books signed please come, if you don't know the 291shop it's a chance, they have a lot of great food from Fukui ken : super sweet fruits tomatoes, heshiko, tofu age, and from 2h30 to 7 PM they offer 291 pieces of o musubi...

今日と明日
おむすびパーティとトークショウ、そしてPJの本のサイン会
福井県のアンテナショップ
"ふくい南青山291(フクイ)"で12:00〜…
パーティとトークショウはすでに満席だけど
午後2時から、PJのサイン本が欲しかったら来て
もしまだ291ショップ、ご存知なかったらちょうどよい機会です
そこには福井県のすばらし食材がいっぱいあるんです:
スーパースイートなフルーツトマト、へしこ、豆腐揚げ…
そして午後2:30〜7:00まで291コのおむすび用意します。

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

Kaeru chan???Kaeru chan?? / カエルちゃん???カエルちゃん???

Last time we saw kaeru chan was on my Birthday, the 16th.
Since then, no more song in the back of our house,
every morning I check her favorite place on the ajisai of the garden but
no Kaeru chan...

Kaeru-chan-Kaeru-chan?
Doko ni itta ka?...
We miss you.

最後にカエルちゃんを見たのは、 私の誕生日、16日。 あれから、わが家の裏からあの歌声は消え、 毎朝、お庭、彼女が好きだった 紫陽花の葉っぱの上、 チェックするのですけど ノーモア カエルちゃん…

カエルちゃん???カエルちゃん?? 
どこに行ったか?…
さびしいな。

| | コメント (2)

2008年6月17日 (火)

Pictures of a Birth Day / ある誕生日の肖像

2008, 16 of June...

2008年6月16日…

First picture:
Ohayo Kaeru chan!

最初の写真:
おはよ、カエルちゃん!

Img_0513

Thank you dear Garden for the flowers

愛するガーデン、お花をありがとう

Img_0518

Bi-chan, itsumo dori...

ビっちゃん、いつも通り…

Img_0520

Kappabashi, "291" no event no jyumbi...28-29 o tanoshimi!

河童橋にて、”291(フクイ)”のイベントの準備…28,29日をお楽しみに!

Img_0525

Yoru...L'AUBURU, Restaurant near Kotto Dori, Basque ryori...Buta semmonten...

夜…骨董通り近くのバスク料理レストラン、 ローブリュー…豚専門店…

Img_0529

Saigo ni PJ & Sakurai Chef singing "Happy Birthday" 最後にPJ& 桜井シェフ”ハッピーバースデイ”をシンギング

Img_0545

Minnasan, presento ippai ARIGAT'S!

みなさん、プレゼントいっぱいアリガッツ!

LOVE!

BIG LOVE!

ラブ!

ビッグラブ!

 

 





| | コメント (4)

2008年6月15日 (日)

First Kansaï Workshop / 初の関西ワークショップ

Very fine weather and nicel atmosphere for the first PJ Kansaï workshop.

On our arrival a beautiful basket of "AJISAI" welcomed us, it was a Birthday and welcome present from a  "Fairy" friend of us who lives in Tokyo.

素晴らしいお天気と趣ある会場に恵まれた、関西での初PJワークショップ。

到着するなり美しい”紫陽花”のフラワーバスケットがお出迎え、
というのも私の誕生日だったので、そして歓迎プレゼントということで
東京に住む”妖精”なお友達のひとりが送ってくれたんです。

Img_0480

In the middle of the flowers we found this small decoration reminding us another friend who lives in our garden...

花かごの真ん中に、 我が家のお庭に住むもうひとりのお友達を 思い出させる小さな飾りを発見…

Img_0482

As you can see, the atmosphere of the place was very comfortable.

ごらんのように、会場の雰囲気はとっても快適。

Img_0492

Those two days allowed us to share a very precious information.
I feel that all the participants experienced the "shift in consciousness" leading to the state of "Co- Creatorship".(1)
We wish them all the best...

In the future, we are thinking about having the same kind of sessions in other locations...Next one maybe OKINAWA...

Thanks to the participants, to our sweet Fairy, to the owners of the lovely place that welcomed us and to Kyoto and Kansaï ...Blessings to All.

(1) I will explain this concept of "Co-creatorship" in another post of this blog soon.


この2日間私たちはとっても貴重なインフォメーションを分かち合いました。
参加者のみなさんは"コ・クリエーターシップ(共同クリエーターシップ)(1)”への”意識のシフト”を経験したのではないかと思います。うまくいったとよいのですけど……

そのうち、同じようなセッションを他の地域でもやりたいと思ってます…次はきっと沖繩…

参加者のみなさん、我らがかわいい妖精さん、歓迎してくださった
ステキな会場のオーナーさん、そして京都、関西、ありがとう…
みなさんに幸多かれ。

(1)"コ・クリエーターシップ(共同クリエーターシップ)”についてはこのブログの書き込みで説明しますね。

| | コメント (3)

2008年6月13日 (金)

"Art of Life" 291 style... / "生活はアート”291(フクイ)スタイル

Header_logo

 

This week we explored several very interesting faces of Fukui ken.

Last time we went there 3 years ago it was for a TV shooting about Zen Cooking, it was still winter and it was snowing, it was a very Spartan style visit.

This time we had a very enjoyable visit and we are able to say "No, Fukui Ken is not only a place for shugyo, on the contrary, it is also a place of Art de vivre and pleasure".

In relation with the talk shows and events at "291" in Aoyama Yuri and I decided to experience directly the "slow Life" aspect of the region of Fukui. With a perfect weather we had a chance to take a bath of deep nature. I  took a lot of pictures of this experience to share it with the guests of our party at 291.

If you didn't have a chance to get an entry for this event (I heard that it is already completely full) here are some images of this trip (If you click you can enlarge) :

今週は福井県をちょっと探検してきました。
私たちが最後に福井県を訪れたのは、3年前。
禅の食事についての番組の撮影でした。
季節は冬、雪が降っていて
スパルタ式といった感じに厳しい訪問でした。

今回はとっても楽しげ
”いや、福井県は森奥深くの修業の場っていうだけじゃなく、
快適なアール・ド・ヴィーヴルの場所でもあるんです”
と言えます。

"ふくい南青山291" のトークショウイベントの関係で
ユリとワタシは、福井県の”スローライフ”、
実際に経験することにしたんです。
完璧なお天気に恵まれて、大自然の中のお風呂のような感じでした。
このときの写真をたくさん撮ったので
6/28,29の291のパーティでお見せしますね。

このイベントのエントリーまだしていない方のために
(もういっぱいみたいですけど)
旅行の写真をいくつか紹介します。
(クリックすると大きくなります)

Img_3999

An old lady sells those cute chilis at the famous Ono's street market

おばあちゃんが有名な大野朝市でこのかわいいトウガラシ売ってました。

Img_3979

Very attractive vegetables at the same street market.

とっても魅力的な野菜たち。同じく市場にて。

Img_4062

No this is not the French country side, it is still Fukui ken.

フランスの田園じゃなくって、福井県なんです。

Img_4080

Lovely isn't it?

Thank you Fukui Ken no minnasan for your so kind welcome!

Arigato!

Patrice & Yuri

Img_9662


カワイイでしょ?
福井県のみなさんのやさしさと歓待に感謝。

ありがと!

パトリス&ユリ

| | コメント (5)

2008年6月 9日 (月)

Our new friend / 新しいお友達

Img_3902_2

After more than a week with us, our visitor is now a guest. Every morning, Kaeru-chan arrives around 9 at the same spot on a big leaf in our garden and spend the whole day meditating and looking around. Then, between 4 and 5 PM she disappears. Around 8PM we hear strong love songs in the back of our house. Kaeru chan is very small but her voice is so powerful! Then next morning 9 AM, same place, we say "Good Morning!" and she looks at us. She does not speak back yet but we feel her joy to be in our garden...We are also very happy to see her back every morning.

You may ask me why I say "Her" and use the feminine for Kaeru-chan...I don't know if she is a male or a female (my intuition tells me female) but in French "Kaeru" (frog) is said "Grenouille" and it is a feminine word used for both males and females...


数週間あまりをともに過ごした訪問者は
いまやすっかりわが家のお客さま。
カエルちゃんは毎朝9時ごろ、いつもの大きな葉っぱの
ところに現れて1日中、メディテーション
まわりを見て過ごします、
そして午後4〜5時ごろに姿を消します。
そして午後8時ごろになると
わが家の裏からは熱烈なラブソングが聞こえるのです。
カエルちゃんは小さいのに、彼女の声はとってもパワフルなんです!
そしてあくる朝9時、彼女の定位置で”おはよう!”と声をかけると
彼女は私たちを見やります、答えはしませんが、
彼女はわが家のお庭でうれしそうなのはわかります…
毎朝彼女がやってきてくれて、私たちもとてもうれしいです。

どうして”彼女”で、
女の子ネームの”カエルちゃん”なのって?…
私には男性か女性かはわからないのですが(でも直感では女性)
それにフランス語で”カエル”は”
”グルヌイユ”といって、女性名詞なんですもの。
雌雄にかかわらず…。

| | コメント (2)

2008年6月 8日 (日)

"Learn how to cook your dreams?" in Kyoto/京都で夢の調理法を習いましょう

Kyoto_pano

Kyoto! One of the best places to have the first PJ Creator's workshop in Kansai.

I am amazed to see that after one year of "PJ Imagination Dojo" almost all the participants experience important positive changes in their life. Everybody comes with his own questions, his own problems ; about health, about self expression, about work,...They do not talk about it but things happen naturally. As they apply the technique they learn, their reality changes and improve. For some of them it goes very fast, for others it takes longer but if they believe in what is taught  they always get impressive results!

In fact what I teach it is not something special. It is something I learned  from my experience in cooking food. During my 10 years as a Chef creating everyday a new menu I noticed that there is a process of creation and that it always work.

Here is the process:

Step 1 :

I feel I want to create a chocolate cake. It is just an idea in my mind. I imagine, the color, the taste, the texture, etc. it is my ideal.

Step 2 :

I ask the Universe for the ingredients, I shop what I need, and I do not have to create the sugar, to go in Africa or to south America to get my chocolate.

京都!
関西における最初のPJクリエイターワークショップのベストなロケーションでしょう。
PJイマジネーション道場が始まって1年ちょっと。
多くの参加者がライフスタイルの革命を感じています。
参加者の皆さんそれぞれが心の中で問題点、健康、自己表現、仕事などの疑問を持ち、
道場の場で自分を説明しなくても、習った方法を素直に使えば絶対に周囲の現実が変わります。
人によっては早く進む。
あるいはゆっくり。
どっちにしても結果を見ると、かなり驚くことになります。

教えることは難しくない。
料理するとき習った簡単なプロセス、
毎日違った新しいメニューを考えるという10年間のプロのシェフとしての経験からイマジネーションの働きに気づきました。
結果を出すにはいくつかの簡単なプロセスを踏むだけなんです。

ステップ1
「チョコレートケーキを作りたい」
そのときは単にひとつのアイデアにすぎません。
ディーティールの希望は色、ツヤ、味、食感などなど。
これが私のアイディアルなチョコレートケーキ。

ステップ2
ユニバースに材料を頼みます。
それは買い物に行けば自分で砂糖を作らなくても
アフリカや南米にチョコレートを探しに行かなくても済むのです。

Cacao

I do not have to buy chickens to have eggs,

Chicken_sc3

no, the Universe does it for me. I just have to be clear about what I want and ask for it.
That's all.

ニワトリを育てなくても卵を見つけます。
これら全部ユニバースからやってきます。
自分は選ぶだけ。

Step 3 :

I mix all, my hands move, my eyes look, my heart does the direction, I do nothing! I just watch!...Life works for me.

Then the gas is coming in my oven, I do not know from where I just know that when I turn the knob of my oven it starts warming!

ステップ3
材料を全部一緒に合わせます。
そして手を動かす。
目はじっと見つめて、心はまぜ加減を調整する。
自分では何もしません。
ただ意識をもつだけ。
それでも人生は動いています。
そして、どこから来たのかオーブンにはガスもついている。
ユニバース、ありがとう。

Alaskanpipeline

Thank you Life, Thank you Universe!

Step 4 :

Then I put my dream in the hot oven and...
I wait!
After a while it smells exactly like in my ideal choco cake!
My nose tells me : "It is ready!"

Step 5 :

I look inside the oven and yes, my eyes see that it looks ready.

My mouth moves and call my wife Yuri : "It is ready!"...
We prepare a cup of tea, sit on the terrace in front of our garden :

My dream is now a reality.

It is very easy isn't it?
Just a few steps to follow...
And you know, that is the practical technique for cooking any dream.
Until now, it allowed me to create anything I dreamed in my life!

This process is what I teach in the PJ Dojo :

"HOW TO COOK THE DREAMS"

During the Senzoku Ike Dojo we are limited to 3 hours a month for our practice.
In fact, to really understand and remember the basics of this "Art of cooking dreams" it is better to have a little bit more time. It is why the participants of the Tokyo PJ dojo get better and better results when they come regularly.

It is the reason why I decided to create this Kyoto Workshop. It is a "crash course" to help people learn and remember everything they need to know to start cooking delicious dreams!

Recently readers of our blogs called our office and asked :
- Is it a workshop about cooking?
I laughed and answered
- Yes, it is about cooking a tasty Life "...
This cooking technique is what I call "Lifestyle design".

And I am sure you already know that cooking something good suppose that you start first by trusting we all have a capacity to cook well.
N'est-ce pas ?

Then, if you want to catch this chance to learn more about this cooking technique, why not join us next week-end in Kyoto ?

ステップ4
温かいオーブンに夢の生地を入れます。
そうしたら任せます。
しばらくしたら私のアイディアルなチョコレートケーキのかおりが現実に流れているのです。
私の鼻が「もう出来上がり!」と言っている。

ステップ5
オーブンの中を確認したら…はい、出来上がりました。
口が動いて妻のユリを呼びます。
「もう出来たよ!」
庭に面したテラスで紅茶をのみながら楽しみます。
私の夢はいま現実となりました。

簡単でしょう?
いくつかの簡単なステップのみなんです。
そしておもしろいことに、どういう夢でも調理法は同じということ…
今まで私の夢はすべてそうやって表現してきた。
このプロセスこそ、PJ道場の内容なのです。
夢の調理法。
洗足池の道場は1ヶ月に3時間しかありません。
しかし、本当にこれをマスターするには、もっと時間があるといいんです。
だからこそ日曜日道場のリピーター達はどんどん進んでいます。

そのような理由から京都ワークショップを企画しました。
クラッシュコース的なかんじで、どうやって美味しい夢を調理するかのトレーニングです。

最近ブログの読者から電話がありました。
「これは料理のワークショップですか?」
私は笑いながら「これは美味しい人生の料理教室です」と答えました。
美味しい人生の料理教室で作るのが、私の呼ぶ「ライフスタイル」なのです。

そして、みんな知っていることだけれど、
美味しいものを作る近道は「絶対にそれ出来る」と決めるのは大事なことです。

このチャンスに興味あれば今週のウィークエンド、一緒に夢の調理を京都で習いましょう。
お問い合わせ・詳細はこちら
http://patricejulien.cocolog-nifty.com/pjyurinews/2008/05/pj_ccd5.html

「Kyoto workshop pamplet」をダウンロード

| | コメント (1)

2008年6月 6日 (金)

New potato chips / ポテトチップスの新商品

I found new great potato chips from Calbee in a Seven-Eleven near Senzoku Ike station. Very thick slices fried in olive oil. Try to find it before Calbee stop selling it...By experience I know that they do not keep new series on sale very long...Try and tell me what you think of it...

Img_3782

この素晴らしいカルビーのポテトチップスの新商品
洗足池駅のセブンイレブンで発見。
厚切りスライスで、オリーブオイル揚げ。
販売停止になる前にぜひお試しあれ…
カルビーは、新シリーズの商品を長期間は販売しないって知ってるんですから…
みなさん、ぜひ食べてみて、そして感想、教えてね…

| | コメント (7)

2008年6月 5日 (木)

Happy Apéritif 2008 / アペリティフの日 2008

Apritif_2008

大成功のうちに終了! ブラボー、みなさん!
来る年ごとに、”六本木ヒルズ アペリティフの日"により多くの参加者のみなさんが訪れてくれます。
今年は4364人の来場者が。
また来年もお会いしましょう、お疲れさま!

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

PJ & Y at Hakone / 箱根にて

Today, a shooting in Hakone.
First time for me, I was really impressed by the beauty of nature.

本日は箱根にて撮影。
PJにとっては初の箱根、
自然の美しさにとても感動しました。

Img_39891

Yuri and I are gyoza lovers so what a big chance to have a lunch here.

餃子ラバーなユリとPJ ここでランチできるなんて。

Img_3995

And it was delicious!

Try the "tori kawa de maita gyoza" and the "stamina gyoza" thay are our favorites.

Tako lovers should not miss the "Tako gyoza".


そして、おいしかったよ!

こちらの”鳥皮で巻いた餃子”と”スタミナ餃子”
ぜひお試しあれ。オススメ。

タコ好きさんは”タコ餃子”
食べわすれることなかれ。

| | コメント (3)

Dan's Table : after the session / ダンズ・テーブル:セッションのあと

Dans_2

After Sunday's session, for all participants, a delicious dinner prepared by Sayaka from the recipes of PJ Book "Otoko no Ryori ABC".

Thank you Dan, Sayaka and Erina for this delicious time!


日曜日のセッションのあと、
PJブック"男の料理 ABC".からのレシピにて
サヤカの手料理を囲んで
参加者全員でディナー。

ダン、サヤカ、そしてエリナ
デリシャスな時間を、ありがとう!

| | コメント (0)