« What is the engine of our life? / 人生のエンジンとは? | トップページ | Summer!Summer!  / サマー! サマー! »

2008年7月 4日 (金)

PJ about New Style Mansions / PJのニュースタイル・マンション論

Today, I got a mail from a reader of this blog who lives in the Us and work in the Real Estate business. She asked me :
"I am very interested to know what your thoughts are regarding
"innovative real estate companies interested in a real humanistic revolution in the housing business".

Because I felt this question is of common interest I choose to answer on this blog.

Dear Friend, I don't know the state of the American Market but here in Japan I feel that Real Estate companies build mansions only oriented by a very neutral and "average" vision of housing. What they offer is more about "showing" than about really trying to relate with the Ideal lifestyle of the people who will invest  a lot of money to access to "THEIR PERSONAL UNIVERSE". They invest in design, in details expressing luxury or trend but it is just packaging, inside the box it is all the same...

For me, in Japan even expensive mansions are still only places to rest and not places to really live in. Recently there is a trend called "Designer's Mansion" but it does not mean "Mansions for designers..." it just mean that you buy a label to show your friends how much you are a trendy person...

For me a real "Designer's Mansion" would be a place where designers choose to live.Creating places to live in suppose that at the start of a project you already  have in mind an answer to the question "What is the lifestyle facilitated by such a space ?" (This is what I call the "Lifestyle design procedure")

For example, if as a mansion developer you think that living is mainly about working all day outside to get a salary you will create an housing concept reflecting that vision.
If you think that Life is about staying connected with nature and the universe, you will create another housing concept totally different.
If you think that Life is about cooking and enjoying Home parties, you will make a mansion  concept reflecting this vision : pro like kitchen, in house refrigerator and wine cellar, attractive indoor and outdoor dinner space connected with the kitchen, etc...
And those aspects should not be considered only as sales arguments but more like a kind of "lifstyle blueprint" of the appartment.
You start from the energy of a vision, what is called "THE CHI" and you move to denser planes of the project...When you look at the final product it may not look special but when you start living inside, all the place starts relating to you naturally.

What  I call "lifestyle design" is about starting from such a vision.
It is what I do at the initial step of any concept work : I do suggest an emotional representation of the "Lifestyle Blueprint" of the project. All the team involved in the project get attuned  around this  platform and then discussion can start.

When you start from a vision of life for any concept  you are able to create products and shape that are able to correspond to deep individual choices. By the power of your conceptual blueprint you may even help people understand better why they live. They visit your model room and think "Wow! This kind of life is possible! I always had the dream of such a lifestyle and  thought it was impossible but now I see it is not.
Isn't it a good way to work on evolution of humanity?...

Almost all housing projects give customers a chance to customize slightly the place they plan to buy but it's too often about choosing the wallpaper and the flooring and it is not what I talk about.

I think you understand that what I have in mind is deeper and not difficult to do, it just requires from the start a real humanistic perspective (and I am convinced it is perfectly compatible with good business results).

Thank you for asking.

Joyful Life!

今日、このブログの読者のひとりで
アメリカで不動産ビジネスに従事する方から
メールを受け取りました、
彼女はその中でこう尋ねるのです、
”あなたのご意見をぜひおうかがいしたいのです”
”ハウジング産業において
真の人間革命に興味のある
革新的な不動産会社について”

この質問って、みなさん興味あることではないかと思うので
ブログに書きますね。

親愛なるコパン
アメリカのマーケットのことについては存じ上げませんが
日本では
不動産会社はニュートラルで”平均的”な
住居に対するビジョンによってのみマンションを建てていると感じます。
”マイ・パーソナル・ユニバース”のために大金を費やす人びとのために
理想的なライフスタイルを追求するよりも
”展示”に重きを置くのです。

大金を費やす彼らはデザイン、
ラグジュアリー感やトレンド感を表すディティール
にお金をかけます
でもそれはパッケージされていて
そのパッケージの箱の中身はすべて同じなのです…

私にとって
日本においては
高価なマンションでさえ、
暮らしの場ではないと思えるのです、
ちょっと休憩の場、といったもので。

このところ”デザイナーズ・マンション”が流行っています、
でも、この”デザイナーズ・マンション”は、
”デザイナーのためのマンション”
ではないのです、
友達に、自分はこんなにトレンディなんだ
と誇示するために、
デザイナーのラベルを買っているようなもの…

私に言わせるなら
”デザイナーズ・マンション”は
デザイナー自身が住みたいところであるべき。
真の暮らしの場をクリエイトするということは
そのプロジェクトがスタートのその時から
”生活とは何か?”という問いに対する答えが
あなたの心の中にはすでにある
ということを意味します。
(これが”ライフデザイン・プロデュースです)

たとえば、
マンションの開発業者であるあなたが
暮らしの中のもっとも重要な要素は給料のために毎日外で働くこと
そう考えるなら、あなたはそれを反映した住宅コンセプトを打ち出すでしょう。
もしあなたが暮らしとは、自然や宇宙とつながりながらともにあること
と考えるなら、まったく異なる住居コンセプトを立てるでしょう。
そしてもしあなたが、暮らしとは料理をしてホームパーティを楽しむこと
と考えるなら、あなたはこの考えを映し出したマンション・コンセプトをたてるでしょう:プロ仕様のキッチン、備え付けの冷蔵庫とワインセラー、
そしてキッチンとつながる素敵なインドア、アウトドアのディナー・スペースなどなど……を備えたお家。

そしてこれはセールスポイントであるだけじゃなく
ある種の”スピリチャル・ブループリント(精神の青写真)”なのです。

"気”のビジョンのエネルギーからはじめて
より密度の濃い計画へ…
あなたがその作品の完成形を目にする時、
それは特に変わったものではないでしょう
でもあなたがその中で暮しはじめると、すべての場は
あなたと関わるようになります。

私が”ライフスタイルデザイン”と呼ぶものは
いつもこのようなビジョンからはじまります。
それは私がプロダクト・コンセプトの仕事の
最初のステップで、私がやることです:
プロジェクトの”ソウル(魂)”のエモーショナルな部分を提案するのです、
プロジェクトに関わるメンバーはこのプラットフォームに周波数を合わせ
ディスカッションがはじまるのです。

どんなコンセプトも、あなたが人生のビジョンから始めるなら
あなたは製品を創り出すことができ、
個人の深い要望に沿えるものを形づくることができるでしょう。
あなたのコンセプトの青写真により
あなたは人がなぜ生きるか、理解を深めるのを助けることができるでしょう。
彼らはあなたのモデルルームを訪れ、思うのです
”ワゥ! こんな生活ができるなんて”! いつも私はこんな暮しを思い描いてきた、そしてずっとそんなのムリとおもってきた、でも今そうじゃないってわかった。
これって人類の進化に寄与する素晴らしい仕事と思わない?

ほとんどすべての住居プロジェクトは、
カスタマーに彼らが買おうとする物件をカスタマイズするチャンスを
与えます、でも壁紙を選んだり、フローリングの板を選んだりできることは稀
そしてそれは私が言いたいことではありません。

おそらくあなたは、私が心考えているのは
もっと深いことで、実現するのは難しいことではない
とわかってくれると思います。
それはスタートの時点から、
本当に人間な展望なのです(それはビジネスとしてもよい結果を出すと確信しています)

お問い合わせありがとう。
楽しい生活を!

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入