« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

To the Power of our Dreams / 夢のパワー

I want to thank all the participants of the "PJ Dojo" for the great time we had together this afternoon. I wish that this session about how to welcome the power of the dreams will bring to all participants a flow of new inspiration. Let me share with you a short poem that came to me this evening after dinner.

Dear Dreams,
you emerge from a place nobody knows,
you fly through my mind
and expand your wings in my consciousness,...

Dear Dreams,
free  shapes dancing in the substance
of my imagination,
come, play with me...

Img_4368

Dear Dreams,
I welcome you,
I hug you,
thank you for the freedom you bring in my life!

Dear Dreams,
thank you for the joy you give me now
and for every creation you inspire,
thank you for keeping me alive and excited

Dear Dreams,
I know that you are the voice of the Source
and the fire of the true Life
burning in our hearts...

Thank you!



本日の午後"PJ道場”
素晴らしいひとときをともにした参加者のみなさんに感謝。
夢のパワーを受け入れる方法についてのセッションが
みなさんの新しいインスピレーションの潮流をもたらしますように。
ディナーのあと浮かんだ
ショート・ポエム、紹介させてください。


夢よ、
だれも知らないところからやってきて
心の中、翼を広げて駆け巡り…

夢よ、
自由自在変幻自在
イマジネーションの中、
おいで、私と遊んでよ…

夢よ、
いらっしゃい
ハグハグ、あなたを抱きしめる
私のライフの中、
自由をもたらしてくれてありがとう!

夢よ、
いまの幸せを ありがとう
あなたがインスパイアしてくれる
すべてのクリエーション
ありがとう、
いつもイキイキ、ワクワクさせてくれて。

夢よ、
知ってるよ、あなたが
すべての源の声だってこと
そして本当のライフの炎なんだって。
心の中
燃え続ける…

ありがとう!

| | コメント (4)

2008年7月22日 (火)

Feeling vs Thinking / 感じることvs考えること

I think that the experience with the flowers have given you a direct experience about how much our feelings are blocked by our thoughts.

(この前の)お花のエクササイズは
いかに感じることが、
考えにブロックされるか
よくわかったと思います。

Img_9589

Asking you a question about your feelings with each flower was just a way to help you notice how much "thinking" interferes with our direct experiences. In fact, even asking and answering questions about feeling is an interference with the experience...

A real experience is wordless and without any idea ; energy flows in all directions and we are completely "melted" in it, like in a bath tub.
In the world of feeling, entering a crowded train and walking in a deep forest can be felt on a similar way but our ideas come in the way...Let's take an example : If you see people of a very crowded train in the news on TV and it's about a terrible accident, you will think and feel : "Oh! Poor people, that is so terrible!" but if you try to get in this same train and try to push the people to get in because you want to get at work in time and you are almost late you will maybe hate all those people , you will push hard  without feeling anything except your panic and anger and think "why do they not let me in, and this guy in my back, I don't like him..."and so and so...

It is why all our problems come from thinking and not from feeling.


それぞれのお花について感じることを質問すると
”考えること”がいかに生の経験に干渉しているか
わかるでしょう。
実際、感じていることについて質問したり
答えたりすること自体、経験への干渉となります。

真の経験は言葉にできません、
考えさえありません;
エネルギーがあらゆる方向へ流れ、
私たちは完全にその中に溶けてしまうのです、
バスタブの中にいるように。

感じることの世界では、
満員電車に乗り込んだり
深い森へ入っていったり
することに似ています
しかし考え、というものが入り込んで…
たとえば:
テレビのニュースで満員電車に乗った人びとを見る
それはひどい電車事故の話。
あなたは感じます
”ああ、なんて可愛そうな人たち! これはひどい!”
でも同じ電車に
仕事の時間に間に合うよう自分が乗り込むために、中の人びとを
おしくらまんじゅう
でも間に合いそうになかったら、
中の人みんなが嫌いになるでしょう
あなたはパニックになって、怒り心頭、
”なんでみんな私を乗せてくれないの、
この後にいるヤツ、うざい…”なんて…
これが私たちの問題すべては
感じることからでなく考えることから来る
っていう理由です。

| | コメント (2)

2008年7月19日 (土)

Feeling the flowers / 花を感じる

Today I want to teach you a very simple exercise to help you focus on the difference between "feeling" and "thinking".
To do the whole exercice you will need 10 to 15 minutes alone with nothing disturbing you around.
When you are ready, read the instructions and go ahead :

Here is a bouquet

今日は”感じること”と”考えること”の違いに
焦点を当てた簡単なエクササイズをご紹介しましょう。
エクササイズすべてをやるには10〜15分、ひとりでいること。
準備ができたら、説明を読んでいざ:

ここに花束があります

Img_4281

Sit comfortably. Double click on the picture, then relax your body and your eyes. Do not focus on the flowers, just let the energy of your being feel open receive the image just like letting water flow from outside to inside your heart .

Do not think, do not analyse, just receive. Do this from 3 to 5 minutes.What did you feel?

Now, do the same thing with this second flower.

ゆるりと座って。写真をダブルクリック、
体と眼をリラックスさせて。
花に焦点を絞って、見つめるのではなく、
あなたの生命エネルギーを開放しよう、
花のイメージを受け入れて
水の流れを外から心の中に注ぎ入れるように。

考えないで、分析しないで、ただ受け入れる。
これを3〜5分続けて。
何を感じた?

さあ、同じことを2番目の花でやってみて。

Img_4308

Could you feel the difference?
Now let's try another one.

違いを感じた? じゃあ、次はまた違うお花で。

Img_4310


I would be glad to read your comments about the differences you felt between the 3 flowers.

3つのお花での違い、
ぜひコメントしてね。



| | コメント (13)

2008年7月16日 (水)

Thanksgiving to the Dreamers / ドリーマーズにありがとう

I  give thanks
to the first humans who discovered the use of fire
to cook food,
and all the others who improved
that technique through the time,

I give thanks to the first house builders,
to those who imagined heaters and coolers
to make our life more pleasant,
and to all the ones who continue
and always do their best to create better conditions for us to live in.

I give thanks to the first ones who made clothes
to protect the human body
and to all the ones
who add to our pleasure
by inventing new fashions.

I give thanks
to all the ones who crossed the level of strict vital stage
to express beauty through art
be it graphic, plastic, architectural, in the field of flower arrangement, interior, food, writing,...
for anything that nurtures our heart
thank you!

To all those who imagined we could fly like birds,
swim like fishes,
run like the fastest animals...
Thank you.

Thanks to you dreamers.
Thank you for having found the courage
to cross the threshold of the common opinion.
Thank you for having believed it could be done.
Thank you
for having shown to us that our potential is really infinite.

Dreamers of the past,
from the beginnings of time
you shaped our reality
Thank you!

We are what we are
because you have opened the way.
Graces to you
we know that each of our dreams
is already giving shape to the reality of our successors.

Thank You!

ありがとう
料理に火を使うことを発見した
最初の人類よ。
そして時代とともに
その技術を発展させたすべての人びとよ。

ありがとう
家を建てた
最初の人類よ、
暖房や冷房が私たちの暮らしを
より心地よいものにすると考えた人びと、
そしていつもよりよい暮らしの環境を作り出すことに
ベストを尽くす人びとよ。

ありがとう
体を守る服を作った
最初の人類、
そしてニューファッションを繰り出し
楽しみを増やしてくれる人びと。

ありがとう
きびしい人生の局面を越えて
アートとして美を表現するすべての人びとよ、
グラフィックであれ、樹脂であれ、建築であれ、
フラワーアレンジであれ、インテリアであれ、文筆であれ
あらゆる分野のアート…
私たちの心を豊かにしてくれる
ありがとう!

鳥のように飛べると、
魚のように泳げると、
なによりも早く駆ける動物のように走れると
想像した人びとに…
ありがとう。

ありがとう、夢見る人類。
常識の扉を開く勇気に、感謝。
夢は実現できると信じ続けてくれてありがとう。
私たちの潜在能力は実に無限であることを
明かしてくれてありがとう。
昔むかし、夢見る人類であったドリーマーズ、
時が生まれたその時から
あなたたちが私たちの住む世界を創ったのです、
ありがとう!

私たちは私たち
ここにあり
あなたたちが道を切り開いてくれたから。
幸多かれ、
私たちそれぞれの夢も
形になりつつあるのです、
次の世代の子供たちのために。

ありがとう!

| | コメント (0)

2008年7月11日 (金)

Funny (Part 2) / おもしろ(パート2)

Also, they do not use the same telephone ...

Ericsson

もちろん、彼女たちが同じ電話器を使っていたわけはなく…

| | コメント (0)

Funny...isn't it? / おもしろ…きかな?

Sometimes it's good to look back at our taboos and think...
The second picture is about 1990...and now it's already 2008...!!!

1890s1

たまには過去に思いを馳せ、人類のタブーというものを省みて考えるのもいい…
2枚目の写真は1990年くらいのもの…そして今、もう2008年…!!!

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

Patrice Julien kitchen project for FP / PJのキッチンプロジェクトfor FPグループ

This slideshow was created during the shooting for the promotion of a Kitchen I produced for a project (FP Group in collaboration with Greengables) in 2005. Why do I post this old document? In fact, my Daughter who lives in Paris asked me recently for ideas to reform the kitchen of her appartment. Better than a long mail with an explanation, I thought that this clip would give her some ideas. It is also an occasion to share with you a different side of my creations and maybe give you some hints.

このスライドショーは、2005年に私が手がけたあるキッチン・プロジェクト、そのプロモーションの撮影の間に作ったものです。(グリーンゲーブルズとFPグループのコラボでした)。なぜこの古いファイルをupするのかって?

実をいうとパリに住む私の娘が最近、彼女のアパートメントのキッチンのリフォームについて意見を求めてきたからなんですけどね。ながながとメールで説明するより、このムービークリップ、よいヒントになると思ったんです。

PJクリエーションの違った側面をみなさんにご紹介できるとも思いますし、もしかしたらみなさんの何かのヒントになるかもね。

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

Do you like? / お気に召して?

Img_4257

I really enjoy my new summer cut.
Do you like it?

この夏のニュー・カット、とってもいいの。
お気に召して?

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

Summer!Summer!  / サマー! サマー!

Img_4247

Summer is in the air,
tonight a feeling for spices and a very cold beer,
perfect relaxing time on our terrace,
just the two of us in front of the silent garden.


夏来りなば
今宵はスパイシーな料理
そして冷え冷えのビールっていう気分
我が家のテラスでパーフェクトなリラックス・タイム
音のない庭の前
ふたりだけ

| | コメント (2)

PJ about New Style Mansions / PJのニュースタイル・マンション論

Today, I got a mail from a reader of this blog who lives in the Us and work in the Real Estate business. She asked me :
"I am very interested to know what your thoughts are regarding
"innovative real estate companies interested in a real humanistic revolution in the housing business".

Because I felt this question is of common interest I choose to answer on this blog.

Dear Friend, I don't know the state of the American Market but here in Japan I feel that Real Estate companies build mansions only oriented by a very neutral and "average" vision of housing. What they offer is more about "showing" than about really trying to relate with the Ideal lifestyle of the people who will invest  a lot of money to access to "THEIR PERSONAL UNIVERSE". They invest in design, in details expressing luxury or trend but it is just packaging, inside the box it is all the same...

For me, in Japan even expensive mansions are still only places to rest and not places to really live in. Recently there is a trend called "Designer's Mansion" but it does not mean "Mansions for designers..." it just mean that you buy a label to show your friends how much you are a trendy person...

For me a real "Designer's Mansion" would be a place where designers choose to live.Creating places to live in suppose that at the start of a project you already  have in mind an answer to the question "What is the lifestyle facilitated by such a space ?" (This is what I call the "Lifestyle design procedure")

For example, if as a mansion developer you think that living is mainly about working all day outside to get a salary you will create an housing concept reflecting that vision.
If you think that Life is about staying connected with nature and the universe, you will create another housing concept totally different.
If you think that Life is about cooking and enjoying Home parties, you will make a mansion  concept reflecting this vision : pro like kitchen, in house refrigerator and wine cellar, attractive indoor and outdoor dinner space connected with the kitchen, etc...
And those aspects should not be considered only as sales arguments but more like a kind of "lifstyle blueprint" of the appartment.
You start from the energy of a vision, what is called "THE CHI" and you move to denser planes of the project...When you look at the final product it may not look special but when you start living inside, all the place starts relating to you naturally.

What  I call "lifestyle design" is about starting from such a vision.
It is what I do at the initial step of any concept work : I do suggest an emotional representation of the "Lifestyle Blueprint" of the project. All the team involved in the project get attuned  around this  platform and then discussion can start.

When you start from a vision of life for any concept  you are able to create products and shape that are able to correspond to deep individual choices. By the power of your conceptual blueprint you may even help people understand better why they live. They visit your model room and think "Wow! This kind of life is possible! I always had the dream of such a lifestyle and  thought it was impossible but now I see it is not.
Isn't it a good way to work on evolution of humanity?...

Almost all housing projects give customers a chance to customize slightly the place they plan to buy but it's too often about choosing the wallpaper and the flooring and it is not what I talk about.

I think you understand that what I have in mind is deeper and not difficult to do, it just requires from the start a real humanistic perspective (and I am convinced it is perfectly compatible with good business results).

Thank you for asking.

Joyful Life!

今日、このブログの読者のひとりで
アメリカで不動産ビジネスに従事する方から
メールを受け取りました、
彼女はその中でこう尋ねるのです、
”あなたのご意見をぜひおうかがいしたいのです”
”ハウジング産業において
真の人間革命に興味のある
革新的な不動産会社について”

この質問って、みなさん興味あることではないかと思うので
ブログに書きますね。

親愛なるコパン
アメリカのマーケットのことについては存じ上げませんが
日本では
不動産会社はニュートラルで”平均的”な
住居に対するビジョンによってのみマンションを建てていると感じます。
”マイ・パーソナル・ユニバース”のために大金を費やす人びとのために
理想的なライフスタイルを追求するよりも
”展示”に重きを置くのです。

大金を費やす彼らはデザイン、
ラグジュアリー感やトレンド感を表すディティール
にお金をかけます
でもそれはパッケージされていて
そのパッケージの箱の中身はすべて同じなのです…

私にとって
日本においては
高価なマンションでさえ、
暮らしの場ではないと思えるのです、
ちょっと休憩の場、といったもので。

このところ”デザイナーズ・マンション”が流行っています、
でも、この”デザイナーズ・マンション”は、
”デザイナーのためのマンション”
ではないのです、
友達に、自分はこんなにトレンディなんだ
と誇示するために、
デザイナーのラベルを買っているようなもの…

私に言わせるなら
”デザイナーズ・マンション”は
デザイナー自身が住みたいところであるべき。
真の暮らしの場をクリエイトするということは
そのプロジェクトがスタートのその時から
”生活とは何か?”という問いに対する答えが
あなたの心の中にはすでにある
ということを意味します。
(これが”ライフデザイン・プロデュースです)

たとえば、
マンションの開発業者であるあなたが
暮らしの中のもっとも重要な要素は給料のために毎日外で働くこと
そう考えるなら、あなたはそれを反映した住宅コンセプトを打ち出すでしょう。
もしあなたが暮らしとは、自然や宇宙とつながりながらともにあること
と考えるなら、まったく異なる住居コンセプトを立てるでしょう。
そしてもしあなたが、暮らしとは料理をしてホームパーティを楽しむこと
と考えるなら、あなたはこの考えを映し出したマンション・コンセプトをたてるでしょう:プロ仕様のキッチン、備え付けの冷蔵庫とワインセラー、
そしてキッチンとつながる素敵なインドア、アウトドアのディナー・スペースなどなど……を備えたお家。

そしてこれはセールスポイントであるだけじゃなく
ある種の”スピリチャル・ブループリント(精神の青写真)”なのです。

"気”のビジョンのエネルギーからはじめて
より密度の濃い計画へ…
あなたがその作品の完成形を目にする時、
それは特に変わったものではないでしょう
でもあなたがその中で暮しはじめると、すべての場は
あなたと関わるようになります。

私が”ライフスタイルデザイン”と呼ぶものは
いつもこのようなビジョンからはじまります。
それは私がプロダクト・コンセプトの仕事の
最初のステップで、私がやることです:
プロジェクトの”ソウル(魂)”のエモーショナルな部分を提案するのです、
プロジェクトに関わるメンバーはこのプラットフォームに周波数を合わせ
ディスカッションがはじまるのです。

どんなコンセプトも、あなたが人生のビジョンから始めるなら
あなたは製品を創り出すことができ、
個人の深い要望に沿えるものを形づくることができるでしょう。
あなたのコンセプトの青写真により
あなたは人がなぜ生きるか、理解を深めるのを助けることができるでしょう。
彼らはあなたのモデルルームを訪れ、思うのです
”ワゥ! こんな生活ができるなんて”! いつも私はこんな暮しを思い描いてきた、そしてずっとそんなのムリとおもってきた、でも今そうじゃないってわかった。
これって人類の進化に寄与する素晴らしい仕事と思わない?

ほとんどすべての住居プロジェクトは、
カスタマーに彼らが買おうとする物件をカスタマイズするチャンスを
与えます、でも壁紙を選んだり、フローリングの板を選んだりできることは稀
そしてそれは私が言いたいことではありません。

おそらくあなたは、私が心考えているのは
もっと深いことで、実現するのは難しいことではない
とわかってくれると思います。
それはスタートの時点から、
本当に人間な展望なのです(それはビジネスとしてもよい結果を出すと確信しています)

お問い合わせありがとう。
楽しい生活を!

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

What is the engine of our life? / 人生のエンジンとは?

Scan10003

The 16th of June 1952 my story started in Fez, Morocco
From this day to my 18th anniversary I had some choices but the great lines of my story were in the hands of my parents and my teachers.
Almost all the adults around me thought I would never do anything of my life because they considered I was always "Dreaming". For them "dreaming" was something negative...but I was already feeling that our Dreams are the deepest expression of our truth...

At 18, I did my first decisive adult choice when I left my family and moved from Morocco to study in Paris,
at 19, I married my first wife
at 27, with my 2 years Daughter we left France to work in Afghanistan
the same year we spent several months in India traveling,
at 29, I moved with my family to the Islands of Açores in Portugal teaching at the University and doing TV and Radio programs
at 32, I spent 1 year in Paris working for the communication of the  Ministry of Foreign affairs
at 33, I moved to Bangkok  in Thailand to work at the French Embassy

at 35, I came to Tokyo to work at the French Embassy
at 37, I published my first essay in France : "You are the hero of your life"
at 40, as an impact of my essay I divorced and moved from the Embassy to the Management of the Franco-Japanese Institute in Tokyo. During that period the Institute public grew from 2000 students to more than 4000
at 42, I published my first cooking book : France Ryori ABC and the book became a hit and it is now in its 27th edition
at 43, I published a book to introduce Le Creuset Cast Iron pan in Japan. Before my book the Japanese market has no interest for this French product, le Creuset was already in some shops but selling badly. Immediately the book became a hit and the "Le Creuset Boom" started. Until 2003 I actively supported the public relations of Le Creuset helping the brand to become one of the most famous Symbol of quality of lifestyle.
at 44, I opened my first restaurant in Shirokanedai
at 49, I owned 4 restaurants and a bakery shop in Tokyo and 1 café in Kobe
at 51, I decided to leave all my restaurants to develop a new concept : "The Lifestyle Design"...
at 54, one of my "Lifestyle Design" concepts, the Pipit Konro +DO I produced for Tokyo Gas introduced a revolution in the world of Japanese Gas ranges and got the Good Design Award...
at 56, I am now waiting for innovative real estate companies interested in a real humanistic revolution in the housing business.

I still write a lot, the result is that I have more than 45 books published in Japan and work on new concepts and emotional branding...
I enjoy my life fully...

How did I do all this?
I think that my life has always been activated by a very powerful engine : MY DREAMS!
But do not think that I am a special person, no,
all Humans are exacly like me...
You too...Remember. All what you did in this life until now came from your dreams,
ALL...
even the things you do not like today in your life...

No dream, no life!
That is a truth!
Because dreams are the expression of the power of life and everybody have dreams. The difference is that some people honor their dreams and others do not.

Our dreams are like a source of pure water, if we do not respect them they become polluted and sometimes it looks like they stop flowing...
This is the reason why many people feel bored with their Life...

So,
How can we honor our dreams?
How can we use them to move on in our life?

This will be the theme of the next session of the PJ Dojo, on the 27th of July : "HONOR YOUR DREAMS AND MOVE".

For inscription to the session



1952年6月16日、モロッコのフェズで
私のストーリーははじまりました。
その日から18歳の誕生日まで
少々のチョイスはありましたが
私のストーリーは、
両親と先生の手の中にありました。
周りの大人たちは、私が人生において
何かするなんて思ってませんでした
なぜって彼らは、私のことを
いつも”夢見がち”と見なしていたから。
”夢見がち”って、彼らにとってネガティブな意味です…
でもすでに私は、私たちの夢は
真実のもっとも深い顕れであると考えていました…

18歳のとき、私にとってはじめての大人のチョイスをしました。
モロッコを出て、勉強のためにパリへ行くこと。
19歳ではじめての結婚。
27歳のとき、2歳の娘を連れ仕事のためフランスからアフガニスタンへ向かいました、
そして同じ年、旅行でインドで数カ月過ごしました。
29歳、家族とともにポルトガルのアゾーレス諸島へ。大学で教えるため、そしてテレビ、ラジオ番組のため。
32歳、外務省の仕事でパリで1年過ごしました。
33歳、フランス大使館の仕事でタイのバンコクへ。

35歳、フランス大使館の仕事で東京に。
37歳、フランスではじめてのエッセイ”物語の主人公になる方法”を出版。
40歳、そのエッセイの影響で離婚、大使館員から東京の日仏学院のマネージメントへ転職。その当時、日仏学院の生徒は2000人から4000人へ増えました、
42歳、はじめての料理本”フランス料理ABC”を出版、本はヒット。今や27刷目。
43歳、日本へ”ルクルーゼ”のなべを紹介する本を出版。私のその本が出るまで、日本のマーケットはこのフランス製の鋳鉄なべに興味はありませんでした、当時ルクルーゼはいくつかのショップで販売されてはいましたが、あまりよい売られ方ではありませんでした。本はたちまちヒット、”ルクルーゼ・ブーム”が始まりました。2003年まで私は実質的にルクルーゼのPR活動をサポート、ルクルーゼが上質なライフスタイルのシンボル的なブランドのひとつに成長するお手伝いをしました。
44歳、白金台にはじめてのレストランをオープン。
49歳、東京の4つのレストランとパン屋、神戸のカフェのオーナーに。
51歳、レストランをすべて手放して新コンセプト”ライフスタイルデザイン”を発展させることを決心…
54歳、私の”ライフスタイルデザイン”コンセプトのひとつ、東京ガス「ピピッとコンロ+Do」をプロデュース、日本のガスレンジ界に革命を引き起こし、グッド・デザイン賞を受賞…
56歳、ハウジング産業において真の人間革命に興味のある革新的な不動産会社を探しています。

日本で45冊の書籍を出版していますが、新コンセプトとエモーショナル・ブランディングについても執筆中。
私はじゅうぶんに人生を楽しんでいます。

これらすべてどのように実現したかって?
私の人生はとてもパワフルなエンジンによって
生き生きとしたもに実現させられてきたと考えるんです、
私の夢というエンジン!
私がスペシャルな人だと考えないで、
すべての人は私と同じ…
あなたもです…
人生においてあなたがやってきたことすべては
あなたの夢から生まれてきたこと、忘れないで。
すべて…
今日、あなたの人生で
あなたが好まざることさえも…

ノードリーム、ノーライフ!
夢見ることなしに、人生はないのです!
これ、本当!
なぜなら夢は人生のパワーであり
人はみな夢見るから。
ちがいは夢を大切にする人と
そうでない人。

私たちの夢は、ピュアな泉のよう
もし私たちがそれをリスペクトしないなら
それは汚れて流れを止めてしまう…
どうして多くの人がその人生に飽きてしまうのか?
これがその理由です。

だから
どうしたら私たちは夢を重んじることができるか?
どのように夢を利用することができるか? 人生を進んで行くために。

これが次回、7/27(日)PJ道場のテーマ
”夢を大切にして、進め!”

お申し込みはこちら

| | コメント (6)