« Last episode of PJ's Café... / PJ Café 最後のエピソード | トップページ | Tomorrow (Monday 15th) is full moon / 明日は(15日、月曜日)はフルムーン 満月です。 »

2008年9月11日 (木)

Interview with Patrice Julien about the "Private sessions"  / インタビュー・ウィズ・パトリス・ジュリアン

Untitled


Qu : Patrice, can you explain us a bit what are the "private sessions" you give in parallel with the PJ Dojo.

PJ : I started those sessions in 2004 after the publication of the new edition of my book "You are the Hero of your life" ("Monogatari no shujinko ni naru hoho" ) because I met many readers that moved quite well trough the process described in the book but they still felt a resistance and could not take the "final decisions" about moving.

Qu : Final decisions?

PJ : Yes, we have key moments in our life, situations related with choosing a job or changing a job, others related with relationships with friends, partner, family (parents or kids), other issues are about self-expression,... During those periods it is important to make energy move, to take decisions. But we sometimes feel that those decisions will be so important, that it will change our life so drastically that it blocks us. This choice about changing or staying is what I call "final decisions".

Qu : So how do you help people taking those decisions?

PJ : When we are in those situations, very often, we are so concerned by our emotions that we do not see the potentials we have. We see all through fear, anger or guilt and we feel there is no way out. It is very depressing. In fact, in life, there is always a way out but to find it we have to change the way we look at the situation. We have to "go neutral".

Qu : Go neutral?

PJ : Yes for example if a talented person starts not like the job she does for living and she feels she should change, what will happen? Fear! She will start to feel afraid of many things like being unable to find a new job corresponding to her desires.

This is only an "emotional idea" inspired by fear. If you go neutral you see that the problem is not about job, it is about self confidence. So the question becomes first : "How do I accept to see that I am really a talented person?"

When you get in touch with your talent it is easier to find the job that corresponds isn't it? And you know that in a city like Tokyo there is a lot of employers looking for talented people in all fields of activities.

You see what is the real problem? Self confidence!

Qu : Is what you do like a kind of therapy?

PJ : No. It is not therapeutic. Therapies suppose that you are "sick". What I do is more like coaching an "athlete" or producing a "star". Basically everybody is a "star seed". Too many people think they are just "normal", that they are a "nothing special person".

But one day when they start to feel : "I do not enjoy my life!" and think "Oh...Maybe I am getting sick, I feel depressed" what does that mean? Why does this happen?

It means that the "star seed" is awakening in their heart and says "you can do better".

Qu : So...you think that this doubt is positive?

PJ : Yes, because it is the voice of your heart trying to push you to move, to expand, to experience what you really are.

But society do not like this so much. In those moments, people tend to feel lost and "strange". In my sessions, I help them to look at the fact that in any society, every person is different and that being unique is a precious thing for everybody. Once you see and accept this potential you are almost "saved".

Qu : How long is a session?

PJ : About two hours. We talk, do some breathing, some relaxation exercises to help energy flow, it is really a very relaxing and comforting experience.

Qu : How many sessions are needed?

PJ : Some people make a big jump in only one session. Some others start a long process taking several years like a divorce or building a new professional project. In this case it is really a coaching process. We meet every time the person feels she needs a "push". It can be every 3 months or 6 months. In some difficult cases a session every week during the first month or first two months helps "cleaning" a "messy situation"...(smile) but it is rare...

Qu : Thank You Patrice. So if I want to ask for a session, what shall I do?

PJ : You send a mail to my office if you need more practical informations and you make your reservation. Easy!
Thank you!







Q パトリス、あなたがPJ道場と平行してやっている”プライベート・セッション”について教えてくださらない?

PJ このセッションはですね、2004年に私が『物語の主人公になる方法』の改訂版の出版したあとに始めました。本に書かれていたプロセスに感動した、でも『最後の決断』を下せないでいる人が多くいたからね。

Q 「最後の決断」って?

PJ  日常生活においてとっても重要な瞬間、キー・モーメントというのがありますね。仕事に関して、友人や恋人、家族との関係、自己表現に関して、とか。その決断を下すのにはたいへんなエネルギーが必要だったりします。それによって生活が劇的に変わってしまう、だからあまりにも決断が重大過ぎてできない、ということがあるでしょう。変革か停滞か? これが私の呼ぶ「最後の決断」

Q ふーん。じゃあ人々が決断を下す場合、あなたは何をお手伝いするの?

PJ  そういう決断の時、人は感情に流されがちでしょ。感情的になって自分の持てる可能性が見えなくなってしまう。怖いとか、怒ってるとか罪の意識を感じるとか。まるで袋小路に追いつめられたみたいにね。くらーい気分。でも本当は人生には出口がある。でもそれを見つけるには、その状況の見方を変える必要がありますよね。そこで「ニュートラルで行こう」なんです。

Q ニュートラルで行こう?

PJ そう、たとえば非常に才能のある人が仕事のためでなく、生きるために何かを変えなきゃといけないと感じたとすると、何が起こると思う? 恐れです。いろんなことが怖くなっちゃう。新しい仕事が見つからなかったらどうしようとか。

でもこれはただ怖くて「感情的な考え」に流されているだけ。ニュートラルで行こう、の考え方によれば、問題は仕事のことじゃなくて自分をどれくらい信じているかどうかの問題だ、とわかる。この場合、大切なのは仕事のことじゃなくて「私は本当に才能がある人間かどうどうかじっと観察、見極める。そしてそれを自分がどう受け入れるか?」です。

自分の才能について触れられるようになると、もっと自分に合った仕事が簡単に見つかるはずでしょ?この東京のような大都会では、すべてのジャンルで才能ある人はいつでもどこでも求められているし。

なにが本当の問題か? 自分を信用することだよ!

Q このセッションであなたがやっていることはセラピーなの?

PJ いや、セラピーではないね。セラピーは「病気」とする人を見るものでしょう。私のセッションは、コーチングに近いかな。「アスリート」や「スター」になるためのコーチング。みんな誰でも「スターの種」なんです。自分は「普通」と考える人が多すぎますね、で、自分のことを「何も特別なことがないつまんない人」と思っちゃう。

でもある日「私は本当に人生を楽しんでいない! ちっとも楽しくない!」と感じて「ああ、きっとあたしはビョーキ、鬱病なんだわ。」と思い始める。これってどういうこと? いったい何が彼女に起こったのか?

それはこの未確認憂鬱人の彼女の中の「スターの種」が目覚めて言っているんですね。「できる、きっとよくなる」と言っているんです。

Q ということは、それはポジティブな悩みだと、あなたは考えるのね?

PJ そうです、心の声が、思い悩むあなたを動かそう、成長させようとしている、本当のあなたにふさわしい経験をさせようとしているということです。

でも社会では、なかなか理解されません。迷いを感じたりや「変だ」と感じたり。私のセッションでは人々はみんなちがっていて、ユニークであることはすばらしいことである、ということを理解するサポートをします。いちどそれがわかると、もうあなたは「助かった」も同然ですよ。

Q セッションにはいったいどれくらいの時間がかかる?

PJ 約2時間です。話して、呼吸とエネルギーの流れをつくるリラックゼーション・エクササイズをします。気持ちがゆったりして、いやされますよ。

Q セッションは何回くらい受ければいいのかしら?

PJ 人それぞれ。ある人は1回のセッションでも大躍進しちゃうし。またある人は何年も時間をかけて。まるで離婚調停や大事業みたいにね。この場合はまったくコーチングみたい。受けたい人が「プッシュ」を必要とする時にはいつも会います。3ヶ月ごと、もしくは6ヶ月ごと。ちょっと難しいケースでは最初の1、2ヶ月は毎週会って「ごちゃごちゃの状況」を「クリーニング」します。(笑)でもそれはちょっと珍しいケース。

Q ありがとうパトリス。じゃあ、もし私がセッションを受けたくなったら、どうしたらいいのかしら?

PJ メールください、 PJオフィスに。もっと知りたい人や、予約の人もね。簡単。メルシー。


イラスト/おさないまこと 『物語の主人公になる方法』より 

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入