« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

Yabai PJ!/やばいPJ!

What do you think of this picture taken during Halloween Night at Zest Ebisu?
Wow! Why do they love the Halloween PJ!

ハロウィーンの夜、Zest恵比寿で撮ったこの写真、どう思う?ワオッ! どうしてみんなハロウィーンPJが大好きなの?

Dh000070

Because he is a very bad boy!

それは、彼がとっても悪いバッドボーイだからですね!

Dh000064

A very bad boy!

ほんと、悪いバッドボーイ!

Dh000079

Abunaï yo!

アブナイよ!

| | コメント (3)

2008年10月29日 (水)

PJ Dojo and Pumpkin cake./PJ道場とかぼちゃのケーキ

Funny title isn't it...

That is the paradox of my idea of "Lifestyle Design" : we need a "large vision" to give value to simple things of life but we also need the simple things of life to express our "large vision"... Good Life, Good Design, Good taste, Good Time,... all is an expression of what we consider as a "GOOD" life...

You know that my Dojo is about the "large vision" but I also always bake specially for the session a cake that expresses my feeling of "Good" for that day.

It is a way for me to share that feeling of my "good" with the participants. During Tea Time they eat the cake and with their body and their mind they understand without words the love I have put in the cake I have baked for them .

Halloween being close, for this last Sunday, I have created a  "Whisky and orange flavored Pumpkin pound cake". It was so delicious that the participants asked for the recipe, here it is :

Step 1 : The pumpkin Jam.
The process is quite long because all starts from a pumpkin jam. You have to begin one day before by seeding, peeling and cutting 1kg of pumpkin in cubes of 2x2cm. Put those cubes in a bowl. Then add 2 oranges cut in 5mmx5mm cubes (do not peel the orange). Add 750g brown sugar (clear color, not the dark one) 50cc Whisky, Bourbon or Rhum.  If you can, add a vanilla pod (it tastes great). and 1/2 litter of mineral water. Mix with a wooden spoon cover with wrap and let rest 3 hours, mixing from time to time to blend tastes.

Put in a thick pan, add 1/2 teaspoon of nutmeg and cook covered on low fire until the pumpkin is just done 15 to 20 minutes ? (mix from time to time because it will thicken). Cover the surface with baking paper and let stand one night in the pan. Next morning, do not worry there is almost no more liquid in your pan. Anyway warm on low fire, bring to boiling temperature and cook 5 minutes more. Put immediately in jars and close the lid. Your jam is ready.

It's a lot of jam but I am sure you will enjoy having it in your fridge when you need some sweet comfort food, it is absolutely delicious!
Then when your jam is finished, before you sleep, put 30 g dry raisins in 30cc of the same alcohol you used for the jam. Let marinate overnight.

変なタイトルでしょう。

これは、私の“ライフスタイル・デザイン”に関する考えのパラドックスと言いましょうか。

私たちは、ライフにおけるシンプルなことに価値を与えるため“大きなビジョン”が必要です。でも一方で、“大きなビジョン”を表現するためにはそのシンプルなことが必要なんです・・・素晴らしいライフ、素晴らしいデザイン、素晴らしい味、素晴らしい時間…このすべてが、“素晴らしい”ライフと私たちが考えるものの表現なのです。

ご存じのとおり、道場では“大きなビジョン”についてのセッションが行われていますが。私はこのためにいつも特別にケーキを焼きます。私のその日の“素晴らしい”気分を表現するためにね。

これが参加者の皆さんに私の“素晴らしい”気分をシェアする方法です。お茶の時間になると、皆さんはそれを食べます。体を使って、心を使って、私が焼く時に込めた愛を、言葉がなくても理解します。

ハロウィーンが近いので、先週の日曜日、私は“ウィスキー&オレンジ風味のかぼちゃのパウンドケーキ”を焼きました。すごく美味しくて、参加者の方からレシピを聞かれましたので、ここにご紹介しましょう。

ステップ1:かぼちゃのジャム

長い作業になりますよ。なにせ、すべてはかぼちゃのジャムから始まりますから。一日前から始めてください。1キロほどのかぼちゃからタネをとり、皮をむき、2x2cm角に切ります。それをボールに入れ、5x5mm角に切ったオレンジを加えます(オレンジの皮はむかないでね)。750gのブラウン・シュガー(透明のものです、濃い色のじゃなくて)と、ウィスキーかバーボン、またはラムを加えます。できればバニラをひと振り(いい味になるからね)。そして半カップのミネラル・ウォーターを入れ、木のスプーンでかきまぜたら、ラップをかけ3時間ほど休ませてください。味をなじませるため、時々かき混ぜてください。

それを厚手の鍋に入れ、小さじ1/2のナツメグを加え、フタをして弱火で15~20分、かぼちゃがいい具合になるまで煮ます(煮詰まってきますから、時々かき混ぜてね)。

出来ましたら表面をベーキングペーパーでカバーをし、お鍋の中に一晩おきます。次の朝、水分がほとんどなくなっていても心配しないで。とにかく弱火であたため、グツグツ言い始めたら5分ちょっとそのまま火にかけておきます。そしてすぐに容器の中に入れ、フタをしてください。出来上がりです!

けっこうな量ができますけど、他のジャム同様、なにか甘い美味しいものがほしいなと思った時に冷蔵庫の中にあるとうれしいものです。

Img_4893

Step 2 : Next day, the cake...

Sift 150g cake flour with 6 g baking powder. Reserve. Then beat 100g salted butter (at room temperature) until creamy. Add 80g brown sugar and beat again until creamy (A mixer like a Kitchen Aid makes the job easier but you can use a manual whisk). Then add one whole L size Egg and 2tbsp of the flour mix. Mix well. Then add again 2tbsp flour and 1 more egg. Then add 200g pumpkin jam, mix gently with a silicon spatula then add the remaining flour in four steps. Add the raisins without liquid and if you can get it 50 g of roast pumpkin seeds. Set aside some seeds for topping. If you do not find pumpkin seeds, use walnuts or sliced almonds, grilled.

ステップ2:次の日、さあ、ケーキを作りましょう。

150gの薄力粉を6gのベーキングパウダーと一緒にふるっておきます。塩バター(室温)100gをドロッとするまで泡だて器で混ぜます。80gのブラウンシュガーを加え、また混ぜます(キッチンエイドのようなミキサーがあれば簡単ですが、泡だて器でできます)。そこへLサイズの卵1個と、大さじ1のさきほどの粉を加え、さらにかぼちゃのジャム200gを加え、シリコンのヘラでそっとかき混ぜます。続けて残りの粉を4回にわけて入れてください。それからレーズン、手に入るならローストされたかぼちゃのタネ50gも入れます。タネはトッピング用に少し残しておいてね。もし、かぼちゃのタネが見つからなかったら、グリルされたくるみかスライスアーモンドを使うといいでしょう。

Img_4905

Warm your oven at 250º prepare a 17x7x7cm pound cake mold with baking paper, pour the batter, equalize the top with the back of a spoon then put in the middle of the oven. Immediately turn down the heat at 180º and bake 30 minutes. Grease a knife generously with salad oil and cut in the middle of the cake from side to side to help it expand well. Bake for around 30 minutes more. Check with a knife in the middle.

Let in the pan 15 minutes then unmold and let cool on a grid. Eat next day if possible...but,....will you be able to wait that long? I suggest serving with some of the pumpkin jam and a bit of whipped cream.

To check the proportions of my recipe for one cake I baked a cake again today. I used almonds instead of pumpkin seeds. It looks great isn't it?

オーブンを250度に温めておきます。ベーキングペーパーを敷いた17x7x7cmのパウンドケーキの型に流し、スプーンの裏で平らにしてください。オーブンの真ん中の段に入れます。入れたらすぐ温度を180度に落とし、30分ほど焼きます。サラダオイルを全体に塗ったナイフで、ケーキの真ん中を端から端まで切ります。これはケーキをゆったり膨張させるためです。さらに30分焼きます。真ん中にナイフを入れて確認してくださいね。

オーブンから出して15分後、型から出し、網の上において冷まします。できれば次の日に食べてください・・・でも、そんなに長く待てるかな?かぼちゃのジャムと少量のホイップクリームを添えるといいですよ。

このレシピの分量を確認するために、今日も焼いてみました。かぼちゃのタネの代わりにアーモンドを使いましたけど、どう?いい感じじゃない?

Img_4934

Happy Halloween!

Next PJ Dojo : Monday 24 of November

I don't know yet what will be my "vision cake" for the next Dojo but I inform you that exceptionally in November it will not be on Sunday but on Monday the 24th (It is holiday) from 13h30 to 16h30 at the second floor of the Boat House of Senzoku Ike, just in front of the train Station.

The theme will be about "How to better understand Masculine energy and Feminine energy in your everyday life". Particularly for the realization of your dearest projects and in the relations with your partner.

Informations : here

ハッピーハロウィーン!

次のPJ道場:11月24日月曜日

次の道場で、どんな“ヴィジョン・ケーキ”を用意するかまだわかりませんけど、11月は例外的に日曜日ではなく24日月曜日(休日)に行うことをお知らせします。130430 洗足池ボートハウス2階。駅のすぐ目の前です。

次のテーマはこれ。“毎日の生活の中で、男性エネルギー、女性エネルギーをよりよく理解し、いかに活用するか”。これは、最愛なる自分自身の気づきのために、そしてパートナーとの関係においても、とても重要なテーマです。

インフォメーションは こちら

| | コメント (5)

2008年10月23日 (木)

インスピレーションの謎

Choices

次回のPJイマジネーション道場は10月26日日曜日。
とてもミステリアスで大切なテーマです。
それは、インスピレーション(直感)。
日々何事かを選ぶとき、インスピレーションから決めています。
迷ったときはいつもインスピレーションの問題です。

「解決したいとき、どうやって決めるのか?」
「新しい方向を探しているときどうしたらいいのか?」
「アイデアはどこにあるのか?」
「自分の過去から?それともまだ見ぬアイデアから?」
「新しい自分に向かっているのか、古い自分にか?」

今回の道場では実際にその過程を追いながらこの質問に答えます。

詳細とお申し込み

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

First lesson in "urban shamanism"/“都会のシャーマニズム”レッスン1

"Organic" is one of the new magic word with "supplements", "vitamins", and other trendy outside "fast fix"...Eat  a "soja bar" and you will feel good! Have a boost to your mood with CoQ10! And if you add an organic salad after your "dynamic chakra balancing yoga class" wow! you will become a perfect "Lohas" patented human being...

If you continue this lifestyle for a while  with a  "real shojin ryori bento" once a month, do you really believe that one day Buddha will wait for you at the doors of your yoga class, wearing a White Zen Tshirt with written "I feel Zen". Can you imagine he will make a wink and say to you "Hey babee, what about a ride on Mount Sumeru on my brand new Hannya Chyngyo bike?"

No, I am sure you do not believe this will happen even if you feed yourself with "organic brown rice" all day long...
So? What are you really waiting for?
Peace? Harmony? Happiness?
A perfect mate? A great Job? A lot of money?
Is it a deal like "Oh God, if I eat lots of brown rice and wear 3 power stones bracelets will I discover the paradise?".
Can the harmony in the universe really be based on consumption of organic food?Will we have to live spending money for special skin care creams to keep our face beautiful? Really do we have such a lack of confidence in the inner natural power of Life that we think we have to use outside "supplements" to save ourselves?

The first lesson for the Urban shaman is based on one idea : "Nothing comes from outside". No Buddhas, no Gods, no health, nothing, all comes from inside, all is an EX-PRESSION of YOU...This was the theme of my book "Yutaka ni ikiru" : "YOU ARE 100% responsible". It is the most basic teaching of all religions, it is the starting point of a SHIFT. Brown rice and Fast food hamburgers are the same thing if you are able to live in a state of oneness. What is important is your attitude!

So if you want to see a change in your life and in the world, remember this simple idea: "NOTHING COMES FROM OUTSIDE". This is the very important awakening the whole universe is waiting for. How to apply it? How can we make it practical? I will explain it more in details in my next post.

I love you!

“オーガニック”は、“サプリメント”とか“ビタミン”といった“すぐに効く”トレンドものと同じように、新しい魔法の言葉のひとつになっていますね。“プロテインバー”を食べると、たちまち元気になる、みたいな。CoQ10で気分は上々!そして“ダイナミック・チャクラのバランス・ヨガ”のクラスをとった後、オーガニック・サラダを食べるなら、ワオッ、もうあなたは、人間の特許である“ロハス”に完璧になれるでしょう!

こういうライフスタイルをしばらく続けて、“本物の精進料理弁当”を一カ月に一度食べていれば、ある日“I feel ZEN”と書かれた白いTシャツのブッダが、ヨガクラスの前であなたを待っているなんて信じる?

彼があなたにウィンクして、「ヘイ、ベイビー、スメル山までオレの最新のハンニャシンギョ・バイクで行かないか?」って言われると思う?

私は確信を持って言うけど、そんなこと誰も信じてないよね。たとえあなたが毎日“オーガニックの玄米”を食べていたとしても。そう、それで、あなたは何を期待しているの?

平和?調和?幸福?完璧な相手?素晴らしい仕事?大金?

これって取引でしょうか?「神様、私、たくさんの玄米を食べます。3パワーストーンのブレスレットもつけます。そうすれば、パラダイスは見つかりますか?」

宇宙の調和は、本当にオーガニックフードを食べることで成り立っているんでしょうか?美しいお肌を保つため、特別なスキンケアクリームに本当にそんなにたくさんのお金をつぎこまなくちゃいけないんでしょうか?

本当に、自分たちを守るためにはサプリメントを外からとらなくちゃ、って思うほどライフの内なるパワーに自信がもてない?

都会のシャーマンのための最初のレッスンでは、基本はひとつです。“外からなにもやってこない”。

ブッダもない、神様もない、健康もなにもない。すべては内からやってきます。すべては、あなたの表現。これは私の本“豊かに生きる”のテーマでした。“あなたは100%自分に責任がある”。すべての宗教の基本はこれです。変わる時、転換期のスターティング・ポイントですね。

もしあなたがワンネスの状態で生きることができるなら、玄米とファストフードのハンバーガーは同じです。大切なのは、あなたの態度なんです!

だから、もし自分のライフの中で、世界で、変化を見たいなら、覚えておいてください。“外からはなにもやってこない”ということ。これは宇宙が待ち望んでいる、とても重要な気づきです。じゃ、どうやって実用するか?次回に詳しく説明しましょう。

アイラブユー

Imgp6129

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

About "positive eco" /“ポジティブなエコ”について

How do we know about the ecological problems of the world?
Mainly through the media.

There was a time, in the past, when humans were glancing through their windows to see how the world was looking.

Now where do we look? What are our new windows?

Our new windows are not analog ones anymore. They are electronic and digital. In big cities in front of our real windows we only see another building. So, we learn about what we do not see from our TV or through the internet. This is our new "reality"...

When our ancestors were looking at the sky they thought by themselves : "oh, there is some wind coming from the south so maybe will it rain soon..."

But in our "electronic reality" how can we check?In fact, now we even do not have to think, the media give us the questions and the answers. And it looks so natural to us that we agree without any doubt : it will rain, the economy is bad, the situation is critical, the warming is dramatic,...

The new "religion" is mediatic. People do not trust gods anymore, they trust the media because they think they show the "TRUE" reality...

Now, if you want to know about the future this new religion is building, look at the so called "information" they give and try to answer this question : what is the percentage of positive news in any standard information program?

If you do not know exactly just check by yourself. Here is how you can proceeed :  take a notebook and sit in front of a TV during the main information program in the evening, the one people look at when they are back home to relax after a full day of hard work. Write a + mark for  "good" news and a - for "bad" news. At the end, compare...

I do not have a TV but I can guess the answer...Very depressing isn't it?...

It is the way almost all inhabitants of developed countries agree about the fact that the ecological situation of the planet is critical...And then people start to feel bad and this problem comes in addition to the problems they already have...

Here, I want you to notice something very interesting, why do most of people feel bad about the ecological situation of the planet? Not really for the planet but for themselves. They think "if there is a real CO2 problem it can affect me". They do not think "Oh, my small life is not a problem but I am worrying about our poor planet".
See what I mean...

It is important to see how media are manipulating our brains, they stimulate our egoistic fears : MY life, MY family, MY house, MY security...

I do not want to say that thinking about our limited family is "bad", I just want to say that a real "ecology" philosophy is wider. Ecology is the positive feeling that all this universe from microscopic bacterias to huge galaxies is ONE family totally interdependent, it is a sense of "belonging" and responsibility. 

So when we understand this ONENESS what can we do to move from an egoistic "negative ecology attitude" to a global "positive ecology practice"?

I will answer this question in my next post about "How can we become Urban shamans? "

PS: Here is a link to a website where I am explaining some of my ideas about this "positive éco" : "Café écolo"

Img_3544

世界の環境問題について、私たちはどうやって知るのでしょう?

主にはメディアを通して、じゃない?

かつて私たち人間は、自分たちの窓を通して、世界の様子を見てきました。現在はどう?私たちはどこを通して見ている?新しい窓はなに?

私たちの窓はもはやアナログではなく、電子化、デジタル化されています。多くの大都市では、現実の窓から見えるものと言ったら別のビルくらい。だから、自分たちの窓から見えないものは、テレビやインターネットを通して学んでいるんです。これが私たちの新しい“現実”。

私たちの祖先は空を見上げ、自分たちで考えていました。「う~ん、風が南から吹いてきたぞ。雨になるにちがいない」ってね。だけど“電子製の現実”の中で、どうやってチェックすることができる?

実際、私たちは考えることするしなくていい。メディアが質問をくれ、答えを与えてくれますからね。それがあまりに普通になってしまって、私たちはなんの疑問ももたなくなった。

「雨が降るでしょう。経済は悪くなるでしょう。状況は深刻です。温暖化は顕著です。」

人々はもう神様を信用していない。メディアを信頼していますね。だって、それが“本当の”現実だと思っているから。

この新しい宗教が作り上げている未来について知りたい?それじゃあ、いわゆる“情報”と呼ばれるメディアを見て、この質問に答えてみて。どんな情報番組でもいいんだけど、その中でポジティブなニュースってどのくらいの割合であると思う?

もしはっきりわからなかったら自分でやってみてよ。ノートを手に、夜の情報番組をやっているテレビの前に座って。一日くたくたになって働いて帰宅し、家でくつろぐ時にね。いいニュースには+、悪いニュースにはーってつけてみて。そして最後に比べてみて。

ウチにはテレビはないので想像ですけど、落ち込むでしょうね。お先まっくら。

で、ほとんどすべての先進国の人たちが、この惑星の環境を取り巻く状況は深刻だという事実を認めているわけです。そして人々はマズイぞって気分になりはじめ、自分たちの問題に加えてこの問題を抱えることになります。

さて、ここでみなさんに面白いことをお知らせしましょう。

どうして、ほとんどの人は、この星の環境問題について、マズイって感じているんでしょう?本当のところは、惑星にじゃないです、自分たちになんです。

「もし本当にCO2の問題があるなら、それって私に影響があるってことよね」と考えています。「私の小さなライフには問題ないけど、このかわいそうな惑星のことが心配」とは考えていないと思う。わかる?

私たちの脳はメディアによって操作されているってことを知るべきです。メディアはジコチューな恐れを喚起しているんです。私のライフ、私の家族、私の家、私の安全…

家族に限定して考えることが“悪い”とは言いませんよ。本当のエコの哲学はもっと大きなものだって言いたいだけです。エコとはポジティブな感覚です。小さな小さな微生物から巨大な銀河までこの宇宙はひとつのファミリー、完全につながっています。これは“属している”って感覚であり、責任なんです。

このワンネスについて理解した時、ジコチューな“ネガティブなエコに対する態度”からもっと大きな視点の“ポジティブなエコに対する行動”へ移行するために、私たちはなにができる?

これについては、次回の“どうやって都会のシャーマンになるか”の中で答えましょう。

PS

“ポジティブなエコ”についての私の考えを少し説明しているウェブサイトにリンクしておきますね。カフェエコロ

| | コメント (1)

2008年10月15日 (水)

Eco or not eco... / エコか、エコでないか…

I don't know if you noticed that I added a category about "eco" in my blog. Why? Because I feel that "eco" is becoming a "trend" like "slow food" and "lohas" were trends...

Everybody now is using the word "eco" as a sales "keyword" and a lot of people do not see that it is the tree that hides the forest...
In fact from where does this world "ecology" comes? It was created in 1866 by a German Biologist and Philosopher called Haeckel and the German word "ökologie" was a combination of two greek words "Oikos" meaning "house" and "logos" meaning "science" or "discourse about"... So "ecology" is the study of the relationships between us and the place we live in. More largely it means the relationships between all that is, because all is living energy around us.

This idea is very important because it does not concern only nature and us but everything in nature including us...and the relationship between us...
Why are all big companies making advertisings about "eco" since the "Summit"? Does it mean that they did not do "eco" before? Does it mean that they only awaken now naively to the fact that eco is good? If so, what did they do before? Did they violate the laws of nature? And why?

Before, I almost never wrote about "eco" because for me it is an evidence...I always considered that If I live in harmony in my house, if I do my best to contribute to the beauty of the world, there is no need to talk about eco...I feel that "eco" is one more word used to hypnotise people, so from now in this blog, I will write more about this question because I am so often surprised by the way some parts of the ecology are still so neglected.

Thank you!

Img_7597


このブログに”エコ”のカテゴリーできたの気がつきました?
なぜって? ”エコ”は今や”トレンド”になりつつあるでしょ。
”スローフード”や”ロハス”がそうであったように。

みんなが”エコ”という言葉を濫用してますけど、この言葉の裏には深淵な森があるっていうの、気がついてないですよね…それはそうと、いったいこの”エコロジー”っていう言葉はどこから来たのか。

そもそもこの言葉は、1866年ドイツの哲学者で生物学者のヘッケルという人によって生み出されたもの。ドイツ語の”オ(オとエの間の発音でオ)コロジー”っていうのはギリシャ語で家を意味する”Okios(オキオス)”、それから科学や討論するという意味の"Logos(ロゴス)"という2つの言葉のコンビネーション…だから”エコロジー”は私たちとその暮している場所の関係について研究すること、なんですね。広くはすべてのものの関係についてという意味。私たちのまわり生きとし生けるエネルギーすべて。

この考え方ってすごく大切、なぜって自然と私たちの関係だけでなく、私たちを含む自然全体について考えるものだからね…人間関係も含んで。

なぜ大企業がサミットの後、”エコ“についての広告を出すのか? 以前彼らは”エコ“してなかった? エコっていいねって気付かせただけ? 彼らは自然の法則を壊した?

これまで私PJはほとんど”エコ“について書いたことなかったんですけど…だって常に家族の調和や世界の美について考えていたので、エコについて語る必要はなかったんですね。エコってこれからこのブログで”エコ“について書きますよ、というのもエコロジーについての一部はまだまだ認知されてないと思うから。

というわけでよろしく!

| | コメント (2)

2008年10月10日 (金)

Love, only love... / ラブ、オンリーラブ…

Img_2883_2


 

Recently, I notice something more and more alarming. In everyday life, in the train, in the streets, in shops,... almost in all public spaces, people are getting more and more easily upset. There is a kind of "hypersensitivity" growing everywhere and mainly it looks that it affects particularly women and mainly young women...

You involuntary touch them in a crowded supermarket with a corner of your bag and you get an angry reaction, you enter by mistake in a "lady's only" wagon in the train and no woman in that wagon will forgive you. If they could, they would even ask some "controller" to put you in jail...Where is the time when people were smiling and saying "That's OK, no problem..."?

Actually people are thinking "Eco", Earth friendly, CO2 etc.  and they think they do their best to save the planet...Then what about street relations and human communication? Does it happen outside of the planet? Is it without effect on the global harmony?

I am sorry to say that in Japan this situation gets on my point of view very CRITICAL and I see women at the center of the problem. Why is there so much anger in the heart of Japanese women actually? For sure it is the result of a very long state of fact, Women feel that they have to fight to survive. Sexual harassment, abuse, submission,...so many old unconscious memories to release from the body of our planet (and not only in Japan). Feminine energy for sure needs a balancing but is a war a solution to do this balancing?

Because If you look well at the situation I describe you will se that it is an invisible war. It is affecting the society, the economy, the family system, everything... This is the more damaging pollution but it is invisible. If nobody notice it, if women do not start noticing the energy they radiate, the Earth will remind everybody how much all this human anger affects her. If we do not make peace in our heart be ready for more tornadoes, typhoons, earthquakes, wars...wars not here, but somewhere else, in a country far from Japan because what happens in our heart affects the whole and particularly the most fragile countries...

Shall we continue to close our eyes and let this hypersensitivity become a non ending cycle or shall we start now taking care of what happens in our heart : cleaning our anger, starting now, right NOW and this job is not only for women, all of us, men and woment, should do a deep heart cleaning : cleaning, cleaning, cleaning,... It is not a 10 minutes work, think about Daruma sitting several years in front of a wall, it was not only for himself but also for all the suffering of the creation...

So, what shall we do? I think that one of the most healing word in this world is "I LOVE YOU!". See, when you say "I love you", nobody will complain. If you are able to say this sincerely in the middle of a fight with somebody you will stop the fight instantly...

Yes, it may look very simple but why not give it a try. Every time you feel anger surging in you, just do your best to replace that feeling with the thought : "I love you"...

Do it ceaselessly during one day, two days, a week, a month and more...then it will become a very useful habit for you and for the whole Universe...

Just try and you will see your reality changing...

Why not start immediately ?

"- I love you!"lovely

Patrice


このところ気になる由々しき事態。日ごろ電車で、街で、お店で…公共の場で人びとは簡単にイラつくような。”ハイパーセンシティブ”=超過敏症が、特に若い女性の間で増殖している模様…。

混雑したスーパーで、ちょっとバッグぶつかっただけで怒りの形相、”女性専用車両”に間違って乗っり込もうものならそこに許しはなく、にっこり微笑んで”OK、いいですよ”なんて言ってくれる女性は絶滅したというか…。

今、人びとは”エコ”とか、地球にやさしくしようとか、CO2を減らそうとか、自分たちの惑星を救うためにがんばろうとか考えているのに、街でのこのていらたくはいったい何なのでしょう? ホントにこの惑星で起っていることなのでしょうか? 地球規模の調和はどこへいったのやら。

申しわけないですけれども、私PJ、こんな日本の状況についてそうとう批判的、そしてこの問題の中心は女性たちだと思います。どうして現在、日本の女性たちの心の中にはそんなイライラ、怒りがあるのでしょう? 間違いなくこれはある実態の結果と言えます。女性たちは生き残るために闘わねばと感じているのです、セクハラ、いやがらせ、抑圧…古い地球の無意識の記憶(日本だけではないですけど)の表出です。女性のエネルギーはバランスが必要、でもそのバランスのために争いが必要なんでしょうか?

この状況、よく観察すると、これは見えない戦争だってわかります、社会にも、経済にも、家族にも、いろいろなことに影響を及ぼしています。紛れもなく悪害なのですが、目には見えない。だれも気がつかなかったら、もし女性たちが根付いたエネルギーに気がつかないとしたら、地球はみんなにこの人類の怒りがこの星にどんな影響を与えているか警告するでしょう、もし私たちが心に調和を持たなかったら、トルネードや、台風、地震、戦争になります…この国の戦争でなくて、日本から遠く離れたいずれかの場所で。なぜなら私たちの心で起ることは全体に影響をおよぼし、特にもっとも壊れやすい国に影響するからです…

目を閉じて、この超過敏症を収めて、私たちの心の中に何が起っているか注意を向けましょう、怒りをはらって、今の今、女性たちだけじゃなく、私たちみんな男性も女性も、すっかり心のクリーニングをしましょう:クリーニング、クリーニング、クリーニング…10分間仕事するのではなく、壁の前に座って何年も坐禅を組んだ達磨大師のことを考えましょう、彼は自分のためだけにそうしたのではありませんでした、宇宙に悩むみんなのため…

何が私たちにできるか? 世界でいちばん癒しの言葉のひとつに”アイラブユー”というのがあると思います。”アイラブユー”と口にする時、文句言う人はありません。もし争いの最中にこの言葉を口にるなら、すぐに争いは終わるでしょう…

そうそれはとってもシンプル、やってみて。怒りを感じて苦しいとき、その気持ちを”アイラブユー”に置き換えてみて…

一日、二日、一週間、ひと月そしてもっと続けると…習慣になってあなただけでなく世界にとってよいことに…

ジャスト・トライ、そしてあなたのリアルが変化していくのを感じて…
すぐにはじめるんですよ。

”アイラブユー”

パトリス

lovely

| | コメント (7)

2008年10月 2日 (木)

PJ Imagination Dojo October : How to catch inspiration? / 10月のPJイマジネーション道場 インスピレーションを得るには?

詳細はこちらをクリック

300pxthe_inspiration_of_saint_matth

How did all great inventions happen?
From where did human beings create planes, boats, telephones, radios,...? Those mobile phones, computers, Internet,...from where did they come? And your actual life? The next minutes, the following seconds after you read this? The next meal you will eat? The next word coming out from your mouth?

All comes from inspiration. We all live by inspiration but we do not always notice it...When we see this evidence we become able to start using it better, we start cooperating consciously with it to create our everyday life...

The October session of the PJ Dojo will be as usual on the last Sunday of the month, the 26th from 1h30 to 4h30 PM and it will be about the first rule of creation : "From Inspiration to Choice".

Senzoku Ike Boat House , just in front of the Senzoku Ike station (Ikegami sen).

Map


Participation fee: ¥ 5000


For contact and reservation :  bureau@patricejulien.com 


どのようにして全ての偉大なる発明は生まれたのでしょう?
飛行機や船、電話やラジオをいったいどうやって作り出したの…?
携帯電話やコンピューター、インターネットっていったいどこから…?
そしてあなたの生活は?
この文章を読んだ直後から?
あなたが次に食べるものは何?
あなたの口から出る次の言葉は?

すべてはインスピレーションから来ます。
インスピレーションによって暮しているのですが、
それをいつも意識しているわけではありません…
この事実を目の当たりにした時
インスピレーションをよりよく使うことが
できるようになります
インスピレーションを意識して、協力することによって
毎日の暮らしをクリエイトできます…

10月のPJ道場は、いつも通り最終週の日曜日
26日の午後1:30〜4:30まで
クリエーションの第一のルール
”インスピレーションから選択まで”

詳細はこちらをクリック
洗足池ボートハウスは洗足池駅(東急池上線)の目の前です。 地図
参加費用:5,000円 予約とお問い合わせ:bureau@patricejulien.com 

| | コメント (0)

Old ryokan wanted... / 古い旅館探しています…

Img_3400

Yuri and I have the idea of a relaxation center and restaurant in Tokyo or near Tokyo and we think that the best place to do it would be an old ryokan or an old "sento" in Tokyo or near Tokyo.
Recently those kind of ryokans tend to close and disappear because the owners are too old and the places are getting outdated...so if you hear of such a place and feel it could be adapted to our wishes, let us know... here

ユリとPJには、東京もしくは東京近郊でリラクゼーション・センターとレストランを作ろうっていうアイディアがあります。古い旅館や銭湯に作るのがいいかなと。

でも最近では旅館は持ち主の高齢化と古くささから
クローズしてしまったり無くなってしまったりが多いみたい…
もしみなさん、私たちのアイディアにぴったりの場所があったら
ぜひ教えてください…
こちら までメールしてね。

| | コメント (3)

Salade d'endives au Roquefort.

In French, we call it "endives", in Japan it is called "Chicory"...why, I don't know...because the name have a French origin and in France Endives are made by growing a bitter salad called Chicorée in sand without any exposure to the light. In the North of France and in Belgium people grow their own "endives" in the basement of their house...

Anyway today for lunch I made a very famous "bistro style" salad : "Salade d'endives au Roquefort". It's so simple, delicious and Yuri love it.


フランス語ではアンディーブと呼びますが、日本ではチコリと呼ばれています
なぜだがわかりませんが…
フランス起源の名前で
フランスのアンディーブは、苦いサラダに使われるシコレーを光に当てることなしに砂の中で育てたものです。
北フランスとベルギー人は
地下室で自家製の”アンディーブ”を栽培します…

いずれにしても今日はランチに有名な
”ビストロスタイル”のサラダを作ったんです
”ロックフォールのエンダイブ・サラダ”です、
とっても簡単、
おいしいのでユリのお気に入りです。

Img_4846_2

If you want to try here is the recipe for 2 : 1 endive (Chicory) 30g blue cheese, 20g walnuts (optional but good), 1 teaspoon vinegar mixed with 1/2 teaspoon honey, 1 tablespoon salad oil or hazelnuts oil, salt and pepper...

That's all! Hope you enjoy it!


ふたり分のレシピです:
チコリ1つ、ブルーチーズ30g、ウォルナッツ(オプションです、でもおいしいです)20g
お酢小さじ1杯、はちみつ小さじ1/2杯、サラダオイル(もしくはヘーゼルナッツオイル)小さじ一杯
塩、コショウ…
これだけ!
エンジョイ!

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

The smell of bread / パンの香り

Today I baked bread at home. I started the process a day before by making an Italian style starter called "biga". I make the "biga" by mixing some yeast (3 g of dry yeast) with 300g of bread flour, a teaspoon of honey and 300cc of tepid water. Left to ferment in a bowl protected by a plastic bag (not plastic wrap) the very wet dough will start bubbling. After 2 hours outside mix again the biga with a wooden spoon to make it fall down a bit, wrap in the bag and leave it in the fridge until the next day.

本日は我が家にてパンを焼きました。
前日にイタリア風のスタータ”ビガ”を作って準備
イースト(ドライイースト3g)をパン用小麦粉300g
ハチミツ小さじ1杯
ぬるま湯300g
と混ぜ合わせます。

ボウルにビニール袋(ラップじゃないよ)をかけて発酵させます、
ベタベタなドゥから泡が出始めます、
2時間後
外にとり出してビガをもう一度木さじでかき混ぜて
翌日まで冷蔵庫で寝かせます。


Img_4264

The next day when you are ready, in a bowl, mix your biga with 600g bread flour, 18 g salt, 6 g dry yeast, 50cc olive oil and around 420-450cc warm water (around 35ºC). This makes a very sticky dough. Cover the bowl with plastic bag and let the dough double in volume. Then without punching it flatten in a 5cm thick square and cut in pieces (use flour to handle). Put the pieces on an oven pan with enough space in between because it will grow in size and let rise around 40 minutes before baking in a hot oven (around 240º) during 1 hour.

During the baking process you will enjoy the great smell of bread in your home. For me it is really one of the best aromatherapy session you can give to yourself...

次の日、ボウルに
小麦粉600g、塩18g、ドライイースト6g、オリーブオイル50cc
ぬるま湯(35℃くらい)420-450ccを加えます。
ビニール袋でボウルを覆って2倍の大きさまで膨らませます。
あまり叩いたりしないで
5cmの厚さまで伸ばして、正方形に切ります。
スペースをじゅんぶんとってオーブン板に載せます、
焼く前に約40分間そのままで膨らませます
それから約240℃に温めた熱いオーブンで
約1時間焼きます。

焼いている間、お家の中はすばらしいパンの香りで
満たされますよ。私にとっては自家製アロマテラピー
のベストのうちのひとつです…

| | コメント (0)