« インスピレーションの謎 | トップページ | Yabai PJ!/やばいPJ! »

2008年10月29日 (水)

PJ Dojo and Pumpkin cake./PJ道場とかぼちゃのケーキ

Funny title isn't it...

That is the paradox of my idea of "Lifestyle Design" : we need a "large vision" to give value to simple things of life but we also need the simple things of life to express our "large vision"... Good Life, Good Design, Good taste, Good Time,... all is an expression of what we consider as a "GOOD" life...

You know that my Dojo is about the "large vision" but I also always bake specially for the session a cake that expresses my feeling of "Good" for that day.

It is a way for me to share that feeling of my "good" with the participants. During Tea Time they eat the cake and with their body and their mind they understand without words the love I have put in the cake I have baked for them .

Halloween being close, for this last Sunday, I have created a  "Whisky and orange flavored Pumpkin pound cake". It was so delicious that the participants asked for the recipe, here it is :

Step 1 : The pumpkin Jam.
The process is quite long because all starts from a pumpkin jam. You have to begin one day before by seeding, peeling and cutting 1kg of pumpkin in cubes of 2x2cm. Put those cubes in a bowl. Then add 2 oranges cut in 5mmx5mm cubes (do not peel the orange). Add 750g brown sugar (clear color, not the dark one) 50cc Whisky, Bourbon or Rhum.  If you can, add a vanilla pod (it tastes great). and 1/2 litter of mineral water. Mix with a wooden spoon cover with wrap and let rest 3 hours, mixing from time to time to blend tastes.

Put in a thick pan, add 1/2 teaspoon of nutmeg and cook covered on low fire until the pumpkin is just done 15 to 20 minutes ? (mix from time to time because it will thicken). Cover the surface with baking paper and let stand one night in the pan. Next morning, do not worry there is almost no more liquid in your pan. Anyway warm on low fire, bring to boiling temperature and cook 5 minutes more. Put immediately in jars and close the lid. Your jam is ready.

It's a lot of jam but I am sure you will enjoy having it in your fridge when you need some sweet comfort food, it is absolutely delicious!
Then when your jam is finished, before you sleep, put 30 g dry raisins in 30cc of the same alcohol you used for the jam. Let marinate overnight.

変なタイトルでしょう。

これは、私の“ライフスタイル・デザイン”に関する考えのパラドックスと言いましょうか。

私たちは、ライフにおけるシンプルなことに価値を与えるため“大きなビジョン”が必要です。でも一方で、“大きなビジョン”を表現するためにはそのシンプルなことが必要なんです・・・素晴らしいライフ、素晴らしいデザイン、素晴らしい味、素晴らしい時間…このすべてが、“素晴らしい”ライフと私たちが考えるものの表現なのです。

ご存じのとおり、道場では“大きなビジョン”についてのセッションが行われていますが。私はこのためにいつも特別にケーキを焼きます。私のその日の“素晴らしい”気分を表現するためにね。

これが参加者の皆さんに私の“素晴らしい”気分をシェアする方法です。お茶の時間になると、皆さんはそれを食べます。体を使って、心を使って、私が焼く時に込めた愛を、言葉がなくても理解します。

ハロウィーンが近いので、先週の日曜日、私は“ウィスキー&オレンジ風味のかぼちゃのパウンドケーキ”を焼きました。すごく美味しくて、参加者の方からレシピを聞かれましたので、ここにご紹介しましょう。

ステップ1:かぼちゃのジャム

長い作業になりますよ。なにせ、すべてはかぼちゃのジャムから始まりますから。一日前から始めてください。1キロほどのかぼちゃからタネをとり、皮をむき、2x2cm角に切ります。それをボールに入れ、5x5mm角に切ったオレンジを加えます(オレンジの皮はむかないでね)。750gのブラウン・シュガー(透明のものです、濃い色のじゃなくて)と、ウィスキーかバーボン、またはラムを加えます。できればバニラをひと振り(いい味になるからね)。そして半カップのミネラル・ウォーターを入れ、木のスプーンでかきまぜたら、ラップをかけ3時間ほど休ませてください。味をなじませるため、時々かき混ぜてください。

それを厚手の鍋に入れ、小さじ1/2のナツメグを加え、フタをして弱火で15~20分、かぼちゃがいい具合になるまで煮ます(煮詰まってきますから、時々かき混ぜてね)。

出来ましたら表面をベーキングペーパーでカバーをし、お鍋の中に一晩おきます。次の朝、水分がほとんどなくなっていても心配しないで。とにかく弱火であたため、グツグツ言い始めたら5分ちょっとそのまま火にかけておきます。そしてすぐに容器の中に入れ、フタをしてください。出来上がりです!

けっこうな量ができますけど、他のジャム同様、なにか甘い美味しいものがほしいなと思った時に冷蔵庫の中にあるとうれしいものです。

Img_4893

Step 2 : Next day, the cake...

Sift 150g cake flour with 6 g baking powder. Reserve. Then beat 100g salted butter (at room temperature) until creamy. Add 80g brown sugar and beat again until creamy (A mixer like a Kitchen Aid makes the job easier but you can use a manual whisk). Then add one whole L size Egg and 2tbsp of the flour mix. Mix well. Then add again 2tbsp flour and 1 more egg. Then add 200g pumpkin jam, mix gently with a silicon spatula then add the remaining flour in four steps. Add the raisins without liquid and if you can get it 50 g of roast pumpkin seeds. Set aside some seeds for topping. If you do not find pumpkin seeds, use walnuts or sliced almonds, grilled.

ステップ2:次の日、さあ、ケーキを作りましょう。

150gの薄力粉を6gのベーキングパウダーと一緒にふるっておきます。塩バター(室温)100gをドロッとするまで泡だて器で混ぜます。80gのブラウンシュガーを加え、また混ぜます(キッチンエイドのようなミキサーがあれば簡単ですが、泡だて器でできます)。そこへLサイズの卵1個と、大さじ1のさきほどの粉を加え、さらにかぼちゃのジャム200gを加え、シリコンのヘラでそっとかき混ぜます。続けて残りの粉を4回にわけて入れてください。それからレーズン、手に入るならローストされたかぼちゃのタネ50gも入れます。タネはトッピング用に少し残しておいてね。もし、かぼちゃのタネが見つからなかったら、グリルされたくるみかスライスアーモンドを使うといいでしょう。

Img_4905

Warm your oven at 250º prepare a 17x7x7cm pound cake mold with baking paper, pour the batter, equalize the top with the back of a spoon then put in the middle of the oven. Immediately turn down the heat at 180º and bake 30 minutes. Grease a knife generously with salad oil and cut in the middle of the cake from side to side to help it expand well. Bake for around 30 minutes more. Check with a knife in the middle.

Let in the pan 15 minutes then unmold and let cool on a grid. Eat next day if possible...but,....will you be able to wait that long? I suggest serving with some of the pumpkin jam and a bit of whipped cream.

To check the proportions of my recipe for one cake I baked a cake again today. I used almonds instead of pumpkin seeds. It looks great isn't it?

オーブンを250度に温めておきます。ベーキングペーパーを敷いた17x7x7cmのパウンドケーキの型に流し、スプーンの裏で平らにしてください。オーブンの真ん中の段に入れます。入れたらすぐ温度を180度に落とし、30分ほど焼きます。サラダオイルを全体に塗ったナイフで、ケーキの真ん中を端から端まで切ります。これはケーキをゆったり膨張させるためです。さらに30分焼きます。真ん中にナイフを入れて確認してくださいね。

オーブンから出して15分後、型から出し、網の上において冷まします。できれば次の日に食べてください・・・でも、そんなに長く待てるかな?かぼちゃのジャムと少量のホイップクリームを添えるといいですよ。

このレシピの分量を確認するために、今日も焼いてみました。かぼちゃのタネの代わりにアーモンドを使いましたけど、どう?いい感じじゃない?

Img_4934

Happy Halloween!

Next PJ Dojo : Monday 24 of November

I don't know yet what will be my "vision cake" for the next Dojo but I inform you that exceptionally in November it will not be on Sunday but on Monday the 24th (It is holiday) from 13h30 to 16h30 at the second floor of the Boat House of Senzoku Ike, just in front of the train Station.

The theme will be about "How to better understand Masculine energy and Feminine energy in your everyday life". Particularly for the realization of your dearest projects and in the relations with your partner.

Informations : here

ハッピーハロウィーン!

次のPJ道場:11月24日月曜日

次の道場で、どんな“ヴィジョン・ケーキ”を用意するかまだわかりませんけど、11月は例外的に日曜日ではなく24日月曜日(休日)に行うことをお知らせします。130430 洗足池ボートハウス2階。駅のすぐ目の前です。

次のテーマはこれ。“毎日の生活の中で、男性エネルギー、女性エネルギーをよりよく理解し、いかに活用するか”。これは、最愛なる自分自身の気づきのために、そしてパートナーとの関係においても、とても重要なテーマです。

インフォメーションは こちら

|

コメント

はじめまして。
「生活はアート」読みました!
今日ジュリアンさんのレシピでカレーを作りました!
おいしかった!

投稿: aco | 2008年10月30日 (木) 00時16分

Boujourパトリス。

様々な生活を歩んできて、
(もしかしたら、その様々はパトリスにとっては一貫性があるものかもしれないけど)

例えばそれは数式と旋律が似ているみたいな。

一見まったく別のものだと思うようなものでも行程は何事でも変わりない、というような。

自身の数式を見出し、ちゃんと自分の中でルールを作れる。そのルールの見つけかた。をレクチャーしてくれるパトリスの本は、朝ヨガをするみたいな感じで、辛いときにすごく私の心のストレッチをさせてくれる。

そう、negativeから解放されるバイブルのようなものになっています。

ありがとう。

人間が想像できるものは、形にできる。といった誰かの言葉のような、

それを個人宛に筆したパトリスの言葉は、すごく元気を与えてくれる。

そう、私の望む未来は、私が叶えることができる。みたいな感じに。。。

作家レベルというよりは、出会えてよかったmessangerです。ありがとう。

パトリスにひとつ質問があります。

たとえばだけど、私はモンブランのボルドー色のインクが大好きで、(私が使っているのは、私の手にしっくりくるパーカーのソネットという万年筆なんだけど)
でももし、ボルドーを作り出す何か、大切な要素がこの世からなくなってしまって、
それは望んでも作り出すことができなくて、
過去を懐かしむことしか出来ずに、同じものをまた手に入れたいと思っても、まったくそれと同じものを誰の手を借りてでも手に入れることができないと感じた時、パトリスならどうしますか?

同じくらい愛せるものを探す?
若しくは、もった愛情を失わせずに、過去に綴った文字をいつまでも読む?

たとえば、それが自分の瞳のようなもので、それをなくしたら、自分でなくなっちゃう。というようなものだったら、パトリスならどうする?

投稿: maasa | 2008年11月 2日 (日) 22時28分

messaさんの質問、とても興味深く、早くPJの返事を読みたいですね。

でも、ベートーベンは瞳をなくしても、ベートーベンであることに変わりなく、それ以上にベートーベンになれたのではないかと思うと、私たちはきっとなにも失うものなどないのではないかと思う。ただ与えられるのみなのかな、と。

ところで、私からはとても実用的な質問です。
レシピでシリコンのヘラとか木のスプーンと素材にこだわっているのはなぜですか?味に影響があるのかな?

投稿: Jeannie | 2008年11月 3日 (月) 05時35分

すみません、ベートーベンが失ったのは視覚じゃなくて聴覚でしたねcoldsweats01あ~カッコワルイ!

投稿: Jeannie | 2008年11月 4日 (火) 16時57分

fufufu...

投稿: Patrice | 2008年11月 4日 (火) 17時08分

コメントを書く





絵文字を挿入