« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

Winter coming./ほら冬が

As you can see, our cat Bisou is now ready for Winter.

ご覧のとおり、私たちのネコちゃんビズは、もう冬支度が整いました。

Img_4358

Days are now getting very short but did you notice how Autumn light is beautiful?

昼がだんだん短くなってきましたけど、秋の日差しの美しさに、気がつきました?

Img_4349

| | コメント (0)

How to be "Always Nouveau"? /“いつもヌーボー”でいられる方法?

The Beaujolais Nouveau is a nice occasion to celebrate something in November, somehow it is a rehearsal before Christmas. In fact if we look closer at the dates we see that it is a kind of French "Thanksgiving" (Thanksgiving is the fourth Thursday of November and the BN the third one).

11月になにかをお祝いしたいな、と思ったら、ボジョレーヌーボーはどんぴしゃりの素敵なチャンス。なんかクリスマスのリハーサルみたいですね。実際、カレンダーをよく見てみると、これって、言ってみればフランスの“サンクスギビング”なんです。(サンクスギビングは11月の第4週の木曜日、ボジョレーヌーボーは第3週)

Inviting friends at home, cooking for them, having fun, and partaking of a symbolic gift from Mother Earth is a good way to share the love and give thanks. This Year with 10 friends, we shared the Beaujolais from a small barrel, it is  a very fun way to enjoy the "Nouveau".

家に友人を招き、料理をし、楽しむ、そして母なる大地からの象徴的な贈り物を祝うことは、愛と感謝を分かちあう素晴らしい方法ですね。今年、私たちは、10人の友人たちと小さな樽からボジョレーを分かち合いました。“ヌーボー”の楽しい味わい方です。

Img_4366

This idea of "NOUVEAU" is such a good concept that this simple word have a new dimension around the world. Other French regions also are now releasing their "Nouveau". In a supermarket in Futago Tamagawa, I found a very interesting bottle released by a winery of Côtes Catalanes, a region in the South of France near Spain.

“ヌーボー”の考えは実に面白いコンセプトなので、このシンプルな言葉は世界中に広がりつつあります。今は、他のフランスの地域でも、独自の“ヌーボー”を解禁していますね。私は二子玉川のスーパーで、おもしろいボトルを発見しました。スペインよりの南フランスにある地域で、コート・カタランヌのワイナリーから出ているものでした。

Vdp_cotes_catalanes

The label shows a sentence attributed to Pablo Picasso : "On met longtemps à devenir jeune" which means "It takes long time to become young"...Great message isn't it? Isn't it better to focus on becoming everyday "New" than to imagine that we age everyday. In 2000, when I started to practice Zen I decided to start a count down with my age, I was 48, I am now 40...What will happen when I succeed in being 100% Nouveau...?

REBIRTH! wine

ラベルにはパブロ・ピカソの言葉があります。"On met longtemps à devenir jeune" これは“若くなるのに長い年月を要した”という意味。素晴らしいメッセージじゃない?毎日歳をとっていると思うより、毎日”新しく”なっていると思ったほうがいいと思わない?2000年に私は禅の修行を始めました。その時、私は自分の年齢をカウントダウンしていこうと決めたのです。あの時私は48歳でした。だから今は40歳…100%完璧にヌーボーになったら、どうなるかな?

再生に!wine

Img_4361_2

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

Café Ecolo nº3 is online/カフェエコロ vol.3 オンラインで

Untitled


To see my new contribution to the homepage of Mitsui "Café Ecolo" click here

三井の“カフェエコロ”のホームページで、私、更新しました。ここをクリックして見てね。

| | コメント (3)

2008年11月15日 (土)

Monday 24 th PJ Dojo : Feminine & Masculine energies/24日月曜日のPJ道場:女性のエネルギー、男性のエネルギー

To create any living thing nature needs the collaboration of two energies, what is called "male energy" and "female energy". Flowers, trees, animals, humans,...no exception.

If you look at magnets you will see the same principle at work. The flow of energy goes from positive to negative

どんな生物を生みだすためにも、自然界はふたつのエネルギーの協力を必要とします。それは、男性のエネルギー、女性のエネルギーと呼ばれるもの。

磁石を見てみて。同様の基本となる力、プラスからマイナスにエネルギーが流れていることに気づくでしょう。

Sunspot_horseshoe_magnet_big

Even our planet Earth is affected by this double principle

私たちの惑星であるこの地球ですら、この二つの基本となるエネルギーが影響しています。

Magnet1

On the two pictures you can observe how an harmony is present in this double polarity. It creates movement in unity, apparently different directions become part of a a whole picture. We can see that Harmony and oneness is the basic rule of the whole system.

上の二つの写真で、二極の中に調和の存在を見つけることができると思います。一体となる流れを生み出しているのです。違った方向が全体の一部となっていることがおわかりでしょう。調和(ハーモニー)と一体(ワンネス)は、全システムの基本となるルールなのです。

This "magnetic" energy affects everything from atoms and cells to galaxies so it also affects us. Humans are so busy in their heads that they tend to get "out of rythm"

この“磁力”と呼ばれるエネルギーは、分子や細胞から銀河に至るすべてのもの、もちろん私たち人間にも影響を及ぼしています。人間は、頭を使いすぎて、“リズム切れ”状態に陥る傾向にあります。

Magneticfield

This month during the PJ dojo we will consider practically 3 directions :

- How can we feel those two energies within ourselves?

- How can we be back in rhythm?

- How can we use those two energies in our relations and in our creations?

Monday 24th of November  (It is holiday) from 13h30 to 16h30

Second floor of the "Boat House" of Senzoku Ike ( just in front of the Station).

Informations : here

今月のPJ道場では、3つの方向性から実践的に使える方法を学びます。

―自分たちの中にあるこれら二つのエネルギーをどのように感じることができるか

―どのようにしてリズムをとりもどせるか

―人間関係や創造において、この二つのエネルギーをどのように使うか

11月24日月曜日(祝日)1:30-4:30

洗足池“ボートハウス”2階(駅の目の前です)

詳しい情報はこちら

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

Honeybee's visit.../ミツバチの訪問

A few weeks ago Yuri and I were having our breakfast in our garden, the weather was very nice and sunny, suddenly we had the visit of a bee...Every morning, to sweeten my expresso I use honey instead of sugar. The jar was open on the table. The bee flew around thinking -maybee-(joke may-bee fu-fufu): "Wow!  A lot of our honey here, no need to work today, let's carry some of it back home..." I must confess it was a good pure Japanese Honey and not a cheap imported one mixed with glucose sirup (mizu ame)...I started to communicate with the visitor. "Hey, what do you want?"...The answer was clear "I want to try this honey". I said "Ok, go ahead!" so she entered the jar for a tasting. In fact she felt a bit insecure being in the jar so I said "OK, let put some on a spoon". She answered "Great idea!" and so we became friends. I then said, "Ok, now we are friends so I will give you some honey on my finger" and she said " Wow, you trust me so I trust you and this is what happened.

数週間前、ユリと私が庭で朝食をとっていた時のこと。お天気も素晴らしく晴れ渡っていました。そこへ突然ハチがやってきました。私は、毎朝エスプレッソに、お砂糖ではなく蜂蜜を入れているんですが、その容器がテーブルの上であけっぱなしになっていました。ハチはそのまわりを飛び考えていました。たぶんこんな風にメイビー(コレ、ハチのビーとメイビーのビーとのダジャレジョークですよ!フフフ)“ワオッ、ここにたくさんのハチミツがあるぞ。今日はもう働かなくてもいいや。少し家に持ってかえろうっと…”

実は私のハチミツは上等で純粋な日本製のもの。安い水あめと混ぜ合わせた輸入ものとは違うんです。そこで、私はこの訪問者とコミュニケーションを始めました。「ねえ、なにがほしいの?」と聞くと、答えは明快に返ってきました。「このハチミツがほしい」って。それで私は「どうぞ、いいですよ」と言いました。そして彼女は味見をするために容器の中に入りました。でもなんだか不安そう。だからね、こう言ったんです。「わかったよ、じゃ、スプーンに少しとってあげましょう」と。

彼女は“素晴らしいアイディアだわ”と応え、そうこうしているうちに私たちは友達になりました。「私の指にハチミツをつけてあげるよ」と私が言うと、彼女はこう言ったのです。「ワオッ私をそんなに信用してくれるの?私もあなたを信じるわ。」ほらね、ご覧のとおり!

Photo

Love
Patrice

| | コメント (3)

2008年11月 9日 (日)

Mint-choco/ミントチョコ

Pj_selection

I found this "choco-mint by Morinaga and I really like it. I must confess that I saw it on sale in very few convenience stores. If you like the combination of bitter black choco and mint you will enjoy this "Morinaga" creation (for adults only...).

森永から出ているこの“チョコミント”を発掘しました、すごく美味しいです。告白しちゃうと、いくつかのコンビニで売っているのを見かけたってことなんですけどね。もしほろ苦いブラックチョコとミントのコンビネーションがお好きでしたら、きっとこの“森永”の創造物をお楽しみいただけるでしょう(アダルト向け…)

Img_4970

| | コメント (4)

2008年11月 4日 (火)

"Waters of Life always flowing"/ライフの水はいつも流れている

Img_4967


Two comments on this blog have allowed me to write an answer I want to share with all my readers. Here it is :

Dear Maasa san, Dear Jeannie,
Thank you for your comment...
First, about the question of Maasa, I will answer by a question to myself : "What would I do if suddenly I become blind?"

Would I stay prostrated and wait for death to come remembering with regrets the time when I could see? Would I move ahead and discover the "gift" in this apparently "negative" happening?

Many people have expanded their "Inner Force" trough this kind of experiences. Life always have a message : "Move on! and love what happens!

"Always say "Yes", Move on." That is the message of Life, rivers never flow back and if they stop flowing they become dry...Water teach us great lessons isn't it?

"I AM" is not a bank, it is not a stock of memories of the past," I AM" is Life always expressing itself through BEING in the PRESENT (The GIFT of NOW).

Memories are like phantoms. In us there is a lot of lovely and lovable phantoms but phantoms are Earthbound spirits, we have to let them fly to the light, we have to let them free and not stuck in our hearts. So when the color Bordeaux disappear if you listen to life, you will discover a new experience corresponding to your new level of awareness. Nobody stays forever in the first class of a kindergarden so our toys have to change as we evolute.

And here comes my answer to Dear Jeannie (How was the Marathon?")wooden spoons and silicone spatulas are toys for me and I discovered that "for me" they constitute the best interface in this situation.

For example when I massage the breast of my wife, I can choose between using just my hands, I can use almond oil, coconut oil, olive oil, or talc powder... I am sure you will agree that choosing one of them will give a "different feeling" to the whole experience for her and for me.

Using a wooden spoon at some steps makes the same difference for the cake and for me. Both the cake I am creating and myself like it better this way, so the result is that the taste is affected by this "loving communication" between us : cake, wooden spoon, silicone spatula and me.

It's a teamwork.

I once looked at a video on the net of a man using a metal spatula to put the chocolate mousse he just made in small glass ramequins. And the bowl was saying "Klang!Klang!Klang!" because it was a metal bowl too...And I was feeling really bad in my heart during the whole process because chocolate mousse is so soft, this "Klan!Klang!Klang!" of metal on metal was like the bowl and the mousse saying "It hurts!It Hurts! "

In this case I would personally have chosen one of my dear silicone spatulas. And to be more precise in this case I would choose a particular shape that allows me to clean the bowl perfectly so I would not throw away any gram of this precious mousse.

But What If I do not have a silicone spatula at home dear Maasa san? Hahaha. I cannot answer because I have several of them at home. I know by experience that I always prefer this accessory when I cook...

It is what I call "lifestyle design" getting what I need to make my life enjoyable...But what if silicone spatula did not exist?
Hahaha...

It may be the reason why somebody had the idea to create them...

He moved on, made money and helped humans get a very precious tool,...
So Maasa san...when something disappear it is  a chance to help the world, as an example of it you may have heard of Helen Keller. Her life better than my words is a living answer to your question...

Love

Dsc00673

日本語は、下の“続きを読む”にあります。クリックして読んでね。

前回の記事に寄せられた2つのコメントに返事を書いたのですが、読者のみなさんともシェアしたくてここに載せることにしました。

新愛なるmaasaさん、そしてジーニー

コメントをありがとう。
まずはmaasaさんの質問から。私は自問自答してみることにしよう。「もし突然目が見えなくなったら、どうする?」

私なら、落ち込んだまま、目が見えた時のことを悔しく思い出しながら死を待つだろうか?それとも前へ進み、この一見「ネガティブ」な出来事の中に“贈り物”を発見するだろうか?

多くの人は、このような出来事を経験することで“内なる力”を広げるのです。ライフはいつもメッセージを送っています。「進みなさい、起きた出来事を愛しなさい」と。

「いつもイエスと言って進みなさい」これがライフのメッセージです。川は決して逆に流れない。もし川が流れを止めれば干上がってしまいます。水からの素晴らしい教えだと思いませんか。

“現在形の私”を貯めることはできません。自分は、過去の思い出のストックではないのです。“現在形の私”とは、いつも現在(今の贈り物)の中で表現しているライフ。

思い出は、オバケのようなものです。私たちの中には、たくさんの素敵な愛すべきオバケがいます。でも、オバケは地球を離れられないスピリットでしょう。私たちはそれらを光へ向かって解き放してあげなくてはいけないのです。自由にしてあげましょう。私たちのハートに閉じ込めてはいけないものです。
もしボルドーの色がなくなってしまったら、ライフに聞いてみてください。新しいレベルの気づきに反応し、新しい経験を発見するでしょう。誰も幼稚園の年少さんに永遠にとどまることはできないのだから、進化とともにオモチャも変わらないとね。

さてと、今度は親愛なるジーニー(マラソンはどうでした?)への答え。木のスプーンやシリコンのヘラは私にとってはオモチャなんです。この状況において“私にとっては”最高に調和するものだということを発見したのです。

たとえば妻の胸をマッサージする時ですが、私の両手だけを使うか。あるいはアーモンドオイルやココナッツオイル、オリーブオイル、タルカムパウダーを使うか。これらのひとつを選ぶことで、私にも、彼女にも、全体の経験がまるで“違う気分”になるだろうことは皆さんにも納得いただけるかと。

いくつかのステップで木のスプーンを使うことにより、同じような“違い”が私にもケーキにも表れます。私が作っているケーキもこの私も、その道具をより好んでいるので、私たち、つまりケーキ、シリコンのヘラ、木のスプーン、私、の間に生まれた“愛のコミュニケーション”によって味に影響が出るのです。

それはチームワーク。

以前ネット上のビデオで見たんですが、できたてのチョコレートムースを小さなガラスのラミキン皿に入れるのに、金属のヘラを使っていました。すると、ボールも金属製だったために、カンカンカンと音をたてたのです。私はこの全体の工程を見ながら本当に胸が痛みました。チョコレートムースは柔らかいものなのに…。メタルにメタルで打ち付けたこの“カンカンカン”は、まるでチョコレートムースとボールが“痛い痛い”と叫んでいるようだったのです。

この場合、私なら私の愛するシリコンのヘラのひとつを使うでしょうね。もう少し正確に言うと、形もそれにふさわしいものを選ぶでしょう。そうすれば大切なムースを一つ残らず捨てずに済みます。

だけど、新愛なるMaasaさん、もし家にシリコンのヘラがなかったら?ハハハ。私はこれには答えられないな。だって、経験上、料理をする時にはいつも私はこのアクセサリーが必要だってわかっているので、いくつも持っているんです。

自分のライフを楽しくするために必要なものを得ること、これを私は“ライフスタイル・デザイン”と呼んでいます。じゃあ、シリコンのヘラがこの世に存在しなかったらどうかって?ハハハ…

それが、人がなにかを作ろうとするアイディアをもつ理由です。

彼は前進しました。そしてお金を稼ぎ、人類に貴重な道具を与える手助けをしました。

さあ、Maasaさん、なにかを失った時は世界を助けるチャンスなのです。そのいい例としては、ヘレンケラー。あなたの質問に対して、彼女のライフは、私の言葉よりもずっと生きた答えとなるでしょう。

愛をこめて

| | コメント (1)

2008年11月 3日 (月)

Impact of the PJ Dojo. PJ道場の効果

Today I want to share with you an interesting result of the PJ Dojo and the funny way the Universe is working.
One of our Students had the dream to become a Leather Artisan. He started to attend the Dojo about one year ago and step by step his Dream became a reality. A few weeks ago everything took shape and he started his atelier called:
"Iron
"

今日はみなさんに、PJ道場の影響で生まれた興味深い出来事と、宇宙のおもしろい法則についてお知らせしたいと思います。

この道場に通う生徒さんの一人は、革職人になるのが夢でした。彼は一年ほど前から道場に通いはじめ、少しずつ夢を現実のものにしてきたのです。数週間前、すべてが形になり、自分のアトリエをスタートさせました。名前は“アイロン”

Img_4962

When I asked him "Which kind of leather work do you do?" he shown me his wallet and his watch. When I saw the belt of his watch I remembered that my favorite watch (It is a watch I designed in 1997) needed a new belt... I asked him, can you create a belt for this watch? He said yes and took note of my ideas. After one week I got my watch back with a great hand made belt.

「どんな種類のレザーを作りますか?」と聞くと、彼はお財布と時計を見せてくれました。彼の時計のベルトを見た時、私は自分のお気に入りの時計(1997年に私がデザインしたもの)が新しいベルトを必要としていることを思い出したんです…それで、この時計のベルトを作ることができる?って聞いてみました。彼は、ハイと言って私のアイディアをノートに取りました。それから1週間後、素晴らしいハンドメイドのベルトがついた私の時計が戻ってきました。

Img_4959

Do you see what I mean? My dream is to make people Dreams come true. So the Dojo gave him hints to move in the direction of his dreams. Then as a reward I could become one of his first customers and have my beloved watch get a perfect belt...So magical isn't it?
So, if you dream of a leather bag or wallet or slipper or accessory have a look at Iron brand new website, Takumi san will help you make your dream become a reality.
Iron website

Love

わかりますか?私の夢は、みなさんに夢をかなえさせてあげることです。それで、道場では、彼が自分の夢に向かっていくようヒントをあげました。そしたら、ご褒美として、私は彼の最初のお客さんになることができたのです。その上、私の愛する時計はカンペキなベルトを得ることができました…なんという魔法でしょう?

もしあなたがレザーのバッグかお財布かスリッパあるいはアクセサリーを夢みているなら、アイロンの真新しいウェブサイトを見てみてください。タクミさんが、あなたの夢を現実のものとしてくれるでしょう。

アイロンのウェブサイト

ラブ

| | コメント (2)