« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

Surprise Valentine lesson.../びっくりバレンタイン・レッスン…

Valentine

This morning, while writing the recipe of my chocolate truffles I thought that it is difficult to explain the technical points about the right texture of the chocolate. Also I know that some readers sometimes try the recipes and because they do not respect some basic cooking rules they do not succeed and feel frustrated and they hate me... It is why I am always a bit worried about publishing recipes here...

In fact, the best way would be to show how I do...
So, I suddenly thought that maybe some readers of this blog would like to have a chance to participate in a Valentine atelier in our kitchen to assist at a demonstration of 2 of my choco recipes : the "Tea flavored truffles" and the "Hazelnut-choco brownie" requested by several members of the PJ Dojo (Anyway I will publish the recipe here very soon).

The basic teaching of the PJ Dojo is that from thought to reality there is just one step, so if  you are interested in learning and tasting those 2 recipes with a tea at our place, you will have a chance to participate at this "surprise desert session" Sunday 8 of February from 2:30 to 6PM. It will be at our house in Senzoku Ike. The participation will be ¥ 7.500.

You can book for this event by clicking here
Hope to see you then.

今朝チョコレート・トリュフのレシピを書きながら、チョコレートをちょうどいい感じに仕上げるテクニックポイントを説明するのはムズカシイなあ、と思いました。それに、何人かの読者の人たちは私のレシピを試してみてくれているんですが、いくつかの料理の基本ルールを無視しちゃっているために成功しなくて、不満がたまって、私のことを嫌いになる…ってことも知っています。だからいつも私はここでレシピを紹介するのを心配しているんです…。

実際のところ、私がどのようにするかを見せることが最良の方法…。それで突然思い立ちました。このブログの読者の何人かは、私たちのキッチンにあるバレンタインのアトリエに参加してみたいかも。私のチョコ・レシピの中から2つ“紅茶風味のトリュフ”“ヘーゼルナッツ・チョコブラウニー”のデモンストレーションを手伝いたいと思っているかも。と。これらのレシピは、PJ道場のメンバーからリクエストがあったものです。(どちらにしても、近いうちに、ここでレシピをお教えしましょう。)

PJ道場の基本の教えは、思いから実現までは一歩あるのみ。だから、もし私たちのところで、お茶をしながらこの2つのレシピを味わいたい、習いたいと心動かされるなら、この“びっくりデザートセッション”に参加できるチャンスです。2月8日日曜日 2:30~6:00pm。場所は、洗足池の私たちの家です。参加費は7500円。

このイベントのご予約はこちらをクリックしてください。お会いできるといいですね。

In Love and beauty.

Patrice

| | コメント (0)

How to use egg whites./卵白の使い方

When I prepare mayonnaise or puddings or quiches I use the egg yolks but I keep the whites refrigerated in a Tupperware. Yesterday I noticed I had about 300g of white waiting for me so I decided to make big meringues like the ones we used to sell in my Bakery shop in Shirokanedai. The delicious point is to keep the texture soft at the center and crisp around. The hint is just to adjust the temperature of the oven very low, about 120º during 2 hours and let the meringues in the oven until totally cooled.
Here is the result.

マヨネーズやプディング、キッシュを作る時、私は黄身だけを使うので、卵白はタッパーに入れて冷蔵庫で保存しています。昨日300gほどの卵白が私を待っていることに気づいて、大きなメレンゲを作ろうと決めました。白金台のベーカリーでかつて私たちが売っていたあのメレンゲです。これの美味しさのポイントは、まん中がフンワリ、まわりはカリッとしているところ。秘訣は、2時間オーブンの温度を約120度の低温に合わせておくだけ。そして完璧に冷めるまでオーブンの中に入れておくことです。ほら、このとおり。

Img_5261

| | コメント (0)

How to make Truffes au Chocolat/チョコレート・トリュフの作り方

In the middle of every PJ Dojo we always have a tea time pause with every time a different seasonal tea, paired with an original sweet by PJ.  St Valentine being near, last Sunday we had Darjelling tea flavored black chocolate truffles. The recipe is adapted from my desert book.

PJ道場では、合間にいつもティータイムの小休止があります。そこで、毎回違う季節のお茶、それに合わせたPJ特製のお菓子を出しています。バレンタインが近いので、先週の日曜日には、ダージリンティ風味のブラックチョコレート・トリュフを出しました。このレシピは、私のデザート本の中のものをアレンジしたものです。

51zbg7j08hl_ss500_

The original recipe is made with raisins but here is the tea version.
For about 20 to 25 truffles
(Do not worry about the quantity, they will not last long)
Black chocolate (70~72% cacao) 185 g
Butter 15 g
Fresh cream 200cc
Darjelling tea or any tea you like (Earl Grey is great) 10 g
Cacao powder 100g

オリジナルレシピではレーズンで作っていますが、こちらは紅茶バージョン。

20~25個のトリュフ用(数が多いって心配しないで。すぐになくなっちゃいますから。)

ブラック・チョコレート(70~72%ココア)185g

バター15g

生クリーム200cc

ダージリンティか別の紅茶(アールグレーもいいですよ)10g

ココアパウダー100g

Img_5255

1) Chop the chocolate and put it in a bowl with the butter cut in small cubes.
2) Bring the fresh cream to a boil, add the tea. Cover and let infuse 15 minutes. Bring again to boiling point.
3) Strain on the chocolate (with a tea strainer and press well on the tea leafs to get all the flavor out). Let the chocolate melt for a while. When it softens, mix with a spatula (from the middle of the mass, like for a mayonnaise) until you get a shiny cream.
4) Put the bowl in the fridge and let harden. It may take 1 hour to 2 hours depending of the temperature around. The mass should not be too hard or it will be hard to shape the truffles.
5) Use two tea spoons to shape the truffles, it should not be perfectly round because real truffles are not.
6) Roll evenly in cacao.
7) Keep refrigerated in a Tuperware until ready to eat. Take the truffles out of the refrigerator 10 minutes before eating them to let the texture soften. Serve with the tea used to flavor

1)チョコレートを刻み、小さな四角に切ったバターと一緒にボールに入れます。

2)生クリームを沸騰させ、紅茶を加え、フタをして15分ほど煎じます。再び沸騰させます。

3)2のクリームをチョコレートの上に注ぎます。(紅茶ストレイナーを使って、すべての香りが出るよう、よく紅茶の葉を押してください。)しばらくの間チョコレートを溶かしておきます。

柔らかくなったら、ツヤツヤのクリームになるまでヘラでかき混ぜます。(マヨネーズを作る要領で塊の真ん中からね。)

4)ボールを冷蔵庫に入れ固めます。回りの温度にもよりますが、大体1~2時間です。塊が固くなりすぎると、トリュフの形を作るのが難しくなるから気をつけて。

5)トリュフの形を作るために2つのスプーンを使います。完璧なマルにしないでね、だって本物のトリュフはそうじゃないから。

6)ココアが均等につくよう転がします。

7)食べる時まで、タッパーにいれ冷蔵庫に保存します。食感を柔らかくするために、食べる10分前には冷蔵庫から取り出してください。香り出しに使ったものと同じ紅茶と一緒に出しましょう。

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

Dream large.../大きく夢見る

Dream_large

夢とは、現実になるのを待っているインスピレーション以外のなにものでもない。

私は私の夢に従う:

私は大きく夢見て

大きく生きる。

| | コメント (4)

2009年1月24日 (土)

Ready for Valentine day!/さあ、バレンタインの準備だ!

It is always funny to see that in Tokyo shops are always in advance of a celebration. When I went to at the "Daiso" of Nagahara, near our house, on the 3rd of January, they were already preparing the display for Valentine day! Amazing! No dead time for celebration! Now, if you visit Parco or Tokyu hands in Shibuya you will see that nobody wants to get late for the Valentine Day...

What I noticed is that the trend "Do it yourself Valentine" is really growing. It looks like everybody wants to customize his love message...For lazy lovers, I want to suggest a very easy chocolate dessert you could try once before the "Great Day" to evaluate if it would be a good choice for your loved one.

"Salty caramel choco cream"
heart02For twoheart02

東京のお店ではいつだってお祝いごとが早くから始まりますよね。それを見ると、いつもおもしろいなと思います。1月3日に、家の近所の長原のダイソーに行った時、もうすでにバレンタインデーのディスプレイの準備をしていました!もうびっくり。うかうかしていられません!今、渋谷のパルコか東急ハンズへ行けば、バレンタインに出遅れないぞ、と思っている人たちを見ることでしょう。

私、気がついたんですが、「自分で作るバレンタイン」の傾向が高まっているようですね。まるで、みんなが愛のメッセージを特注したいって感じ。そこで、めんどくさがり屋の恋人たちのために、カンタンに作れるチョコレート・デザートをご提案しましょう。“大切な日”の前に一度試して、あなたの愛する人にふさわしいチョイスかどうか見てみてください。

“ソルティー・カラメル・チョコ・クリーム”

heart02二人分 heart02

Img_5232

The basic idea for this recipe is to work with ingredients you will find in all convenience stores:
1 pack Crunky choco
1 pack Ghana choco
200 milk
30 g sugar
10 g salted butter
a pinch of salt or two.
6 g corn starch
10 g cacao Van Houten non sweet
Flowers to decorate

このレシピの基本アイディアは、すべての材料がコンビニで揃うってこと:

クランキーチョコ 1パック

ガーナチョコ 1パック

牛乳 200ml

砂糖 30g

有塩バター 10g

塩 ひとつまみ

コーンスターチ 6g

ヴァンホーテン(無糖)のココア 10g

飾り用のお花

1. Dissolve the corn starch in milk and bring to a boil stiring regularly for a few minutes (until the milk thickens a bit). Keep warm in a bowl. and immediately clean the pan.

2. Put the sugar in the pan with a teaspoon of water. Cook a caramel on medium fire. Do not let darken too much - the taste should be mild- . Take out of the fire and pour the milk mixture a little bit at a time (be careful, it may jump...). Back to the fire, stir for a while until all caramel is dissolved. Add butter and salt str well. Keep apart 1/4 of this sauce.

3. To the remaining 3/4 add the cacao and stir on low fire  until well dissolved. Cut the fire and add the whole pack of Ghana and half of the pack of Crunky cut in very small pieces, stir until you get a nice shiny cream. Put in 2 glass ramequins and refrigerate one night. Also refrigerate the caramel cream.
When you are ready to serve. Top your chocolate cream with the caramel sauce. Decorate with some of the remaining Crunky thinly sliced with a vegetable peeler. A flower will give the last touch. Enjoy!

You can pair this dessert with a miniature bottle of Port or a Madeira wine, it is very cute and perfect to balance the sweetness of the cream, an espresso is also a good match.

1.コーンスターチをお鍋の牛乳の中に入れ溶かし、火にかけ数分かき混ぜ、沸騰させます(牛乳が少しトロッとしてくるまで。)できたら、ボールの中に入れて温めておき、お鍋をすぐに洗います。

2.お鍋の中に小さじ一杯の水と一緒に砂糖を入れます。中火でカラメルを作ります。焦がさないようにね。味はマイルドがいいので。お鍋を火からおろし、1の牛乳を一度に少しずつ注ぎます。(気をつけて、飛び散るかも・・・)火に戻し、カラメルが完全に溶けるまでしばらくかき混ぜます。バターと塩を加え、よく混ぜます。このソースの1/4は別にしておきましょう。

3. 残りの3/4にココアを加え、溶けるまで弱火でかき混ぜます。火を止め、ガーナチョコを1パック全部と、クランキーチョコの半パックを小さく切って加え、つやつやになるまでよくかき混ぜます。2つのラメキン・グラスに入れ、一晩冷蔵庫で冷やします。先ほどのカラメル・クリームも冷やしておきます。

準備ができたら、チョコレートクリームの上にカラメルソースを入れます。残りのクランキーチョコを野菜ピーラーで薄くスライスして飾ります。お花を最後ののせて。召し上がれ!

ポートワインか、マデラワインのミニチュア・ボトルをこのデザートと一緒に出すこともできます。すごくカワイイし、クリームの甘さと絶妙なバランスですよ。エスプレッソも、素晴らしく合います。

Img_5241

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

How to create a winter resort for birds./小鳥たちのウィンター・リゾートを作る方法

We do not have a TV at home but we have a small garden with lots of birds coming, we feel it is much more rewarding than a continuous source of sad informations...

Birds do not talk about the warming of Earth, the CO2, the financial situation,...They just act everyday the same way. When it rains they do not play around, when the sun is shining, like today, our garden becomes a birds playground.

We spend hours watching them while sipping a cup of tea or expresso. Birds bring us everyday a message about lightness and immediate reaction. They do not worry about tomorrow...
They live just in the NOW.

But they are also like us, they do not come to a garden because they think owners are nice people, they come because they find what they need to be happy : food,freedom and security.

What are the elements of birds happiness in winter?

One thing they enjoy is the birds pool I found at a home center near our house. When I bought it I never thought birds would use it, I just felt it would be decorative in the garden. In fact birds love it so much that we have to refill it with water every two days.

私たちの家にはテレビがありません。でも、小さな庭にたくさんの小鳥たちが来てくれることの方が、果てしなく送られてくる悲しい情報よりずっとずっとご褒美だと思います。

小鳥たちは地球温暖化や、CO2や、経済状況について話しません。ただ毎日同じように行動するだけです。雨がふれば遊びまわらない。今日みたいにお陽さまが輝やけば、私たちの庭が小鳥の遊び場になるのです。

私たちはお茶やエスプレッソをすすりながら、何時間も小鳥たちを眺めています。彼らは毎日、軽快さやすぐさまの反応についてメッセージを送っています。彼らは明日のことなど心配しません・・・ただ、今を生きています。

彼らがここへ来るのは、庭のオーナーがいい人たちだからじゃないです。私たちと同じように、自分たちが幸せになるために必要なものを見つけにここへ来ています。食べ物、自由、安全。

冬に小鳥たちを幸せにするものってなんでしょう?

彼らの楽しみのひとつはバード・プールです。コレ、家の近くのホームセンターで見つけたもの。買ってきたときは、小鳥たちが使うなんて思ってもいませんでした。ただ、庭の飾りにいいなと思っただけ。実際のところ、小鳥たちはコレがすごく好きで、2日おきに水を満たしてあげなくちゃいけないほどです。

Img_5086

The most busy season for our pool is now, because it is winter time. In summer birds almost never bath because for them, bathing is not for cleaning nor for refreshing. On the contrary it is to keep their body warm. Humidity gives their feather a protective warming coating, something like a scuba diving wet suit.

Another thing birds love in winter is fruits. Mainly from the citrus family : oranges, grapefruits, etc. They also like kiwis. They eat apples but it is not their favorites. If you know a friendly fruit shop, ask for fruits they are not able to sell anymore. Birds will not complain about your oranges being too ripe...

The favorite of the birds in winter is "margarine and seeds ball" because birds look for calories and minerals to resist the cold.

プールのハイ・シーズンは冬の今。小鳥たちは、夏に水浴びをすることはほとんどありません。彼らにとって水浴びはキレイになるためのものでも、リフレッシュするためのものでもないのです。それとは逆に、体を温かくしておくためのもの。湿気が寒さから守るために羽をコーティングします。スキューバ・ダイビングのウェットスーツのようなものですね。

冬の別の楽しみはフルーツです。主に、柑橘系:オレンジ、グレープフルーツなど。キィウィも好きですね。リンゴも食べますけど、お気に入りってほどじゃないみたい。もし、親しい果物屋さんがいるなら、売れ残った果物があるか聞いてみてください。小鳥たちは、オレンジが熟しすぎているからって文句を言わないでしょう。

彼らの冬の大好物といえば、“マーガリンとタネのボール”。彼らは冬対策で、カロリーやミネラルを探していますから。

Img_5205

Looks delicious isn't it?

Those "energy balls" are easy to make and you will be rewarded because they will put you on the top of the list of the Yearly Birds Edition of the Michelin.

Here is a 3 feathers recipe :

Buy a pack of hard type margarine non salted if possible (About 300g) and let it soften at room temperature in a big bowl. Add 800g of seeds mix for birds (the small type or medium type with some sunflower seeds inside).

Mix well with a silicon spatula then shape with your hands (very good for dry hands)into a 6 to 7cm balls (You will get about 12 to 14 balls). Let harden in the fridge or in the freezer. When hardened, roll them one by one in non stick paper or baking sheet, keep in the freezer for use when needed.

To serve the balls to your guests, re-use plastic nets  (the ones for oranges or vegetables). It is said that our winged friends prefer green nets. I am using orange ones and until now no bird complained...

Tie the net up with a string and hang it in a place where cats will not be a danger for your customers. Also I suggest that you avoid places where crows have easy access. If they find your energy balls they will gulp them down instantly like chocolate truffles...

As you see on the next picture, I use a terracotta "birds open house" as a "safety" restaurant building.

ね、美味しそうじゃない?

この簡単な“エナジーボール”を作ってあげれば、あなたがミシュランの鳥バージョン年鑑のトップに載ること間違いなし。

では、レシピ:

ハードタイプのマーガリン(できれば無塩)約300g、大きなボールの中に入れ、室温で柔らかくします。800gの鳥用シードミックス(ひまわりのタネがいくつか入った小~中くらいのタイプ)を加えます。

シリコンのヘラでよく混ぜ、手で(乾燥した手にいいですよ)6~7cmのボールに形を作ります(14~16個のボールができます)。冷蔵庫か冷凍庫の中に入れ固めます。固くなったら一個ずつノンスティックペーパーの中で丸め、必要になるまで冷凍庫の中に入れておきます。

ボールをお客様にお出しする時は、プラスティックの網(みかんや野菜が入っている網)をリユースしましょう。ツバサちゃんたちは緑色の網が好きと言われていますが、私はオレンジのを使っています。今のところ苦情はありません…。

網をヒモを使って上でしばり吊るします。ネコたちがお客様を怖い目にあわさない場所がいいですね。それから、カラスが簡単に来れる場所も避けた方がいいでしょう。彼らがあなたのエナジーボールを見つけたら、チョコレートトリュフみたいに一気に飲み込んじゃうでしょうからね。

次の写真でおわかりのように、私はテラコッタの“鳥のオープンハウス”を“安全なレストランの建物として使っています。

Img_5184

Look well, a customer is waiting for a table at the Left entrance.

よく見て、左の入口でお客様がテーブルをお待ちです。

Img_5202

And this one is eating on the terrace...

Wish you will enjoy playing with our winged friends, it is one of the joys of winter. But be careful, if you start feeding them, be regular until spring because they will rely on your generosity for survival...

Do not continue feeding your birds when spring come, it will then be time for your guests to work for you in the garden eating insects and parasites...

そしてこっちは、テラスでお食事中。

私たちのツバサちゃんたちと一緒にお楽しみいただけたでしょうか。これは冬の楽しみのひとつです。だけど気をつけて。もしエサを与え始めたら、春まではちゃんと続けてくださいね。彼らはあなたの寛大なおもてなしを生きていくためにあてにするでしょうからね。

春が来たら、エサをあげるのはやめましょう。今度はあなたのお客様たちが、あなたのために仕事をする番なのです。庭の虫や寄生虫を食べてくれるというね。

In Love and Beauty

| | コメント (5)

2009年1月18日 (日)

Funny Gummy Bear Song/おもろいグミベアの歌

If you feel cold and want to warm your heart let me share with you a very cute commercial.

Please first click here to watch the original version of the CM. .

寒くて、ハートを暖めたいって思うなら、すごくかわいいコマーシャルをおしえてあげるから見てみて。まずはここをクリックして、CMのオリジナル・バージョンを見てください。

Did you like it?

And now try this remixed version with Crazy Frog, it is a little bit harder but I like it too.

どう?気に入った?

じゃ、今度はクレイジーケロちゃんのリミックス・バージョンをご覧ください。ちょっとハードだけど、僕はこっちも好き。

| | コメント (2)

2009年1月 8日 (木)

Next PJ Creator's Workshop : The 7 principles of Aloha Lifestyle/次回のPJクリエイターワークショップ:アロハ・ライフスタイル7つの基本

Img_4308_2

Recently "Ho'oponopono" is getting really popular in Japan and around the world. The book of Joe Vitale "Zero Limit" and the successful experience of Doctor Hew Len with criminally insane patients at the Hawaï State Hospital have brought the focus on the importance of the "cleaning of the memories" or "erasing the data" stored in the subconscious.

As Dr Hew Len says in all his workshops, Ho'oponopono do not teach something new. It is already what Buddha and all real Spiritual Masters came to teach : "We should look for our True Face". What does that mean? That we should throw away all the memories, all what we have learned, all what we believe in. We should keep nothing even our wish for success, for love, for money,...nothing!

It does not mean that we have to stop living in society, on the contrary. It means that we become able to live from our true SELF and not from our illusory EGO. Our Ego is only knowledge and it is limited but our real SELF is INFINITE so why continue to imagine we are a small pond of stagnant water when we are living in reality in the middle of the infinite ever new flow of Life?

Ho'oponopono is part of the Hawaïan Shamanic tradition called "Huna". It is an important part of it but it is not all of this tradition. It is only the "cleaning" part used when things get dysfunctional, when the state of ALOHA is broken.

"Huna" is the whole practice and it is about cultivating "ALOHA". The Huna System is based on 7 basic principles which are full of practical wisdom :

IKE - The World is What You Think It Is.
KALA- There Are No Limits.
MAKIA- Energy Flows Where Attention Goes.
MANAWA - Now Is The Moment Of Power.
ALOHA - To Love Is To Be Happy With.
MANA - All Power Comes From Within.
PONO - Effectiveness Is the Measure of Truth.

In the next session of the PJ Creator's Workshop I will present those 7 principles, explain the way I use them in my everyday life and show the participants the way they can use them with success to create the "reality" they wish.

Next PJ Creator's Workshop:

"The 7 Principles of Aloha "

Sunday January 25th

As usually, second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).
From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000
reservations & informations
: bureau@patricejulien.com

最近“ホ オポノポノ”が日本で、世界のあちこちで、すごい人気になっていますね。ジョー・ヴィターレの著書"Zero Limit"や、ドクター・ヒューレンがハワイの州立病院で触法精神障害者を癒した成功例が、潜在意識にとどまっている「記憶の浄化」あるいは「データの消去」がいかに大切かを明確にしています。

ドクター・ヒューレンがワークショップで言っているように、ホ オポノポノは新しい教えじゃありません。すでにブッダやあらゆるスピリチュアルの偉大な師たちが教えてきたものです:自己を探さなければならない。

これってどういう意味でしょう?それは、私たちの記憶のすべて、学んだことすべて、信じていることすべてを捨てるということ。私たちは、成功や愛やお金といった願いさえも…すべてなにもかも、持ち続けるべきではないのです。

社会生活をやめなければならないってわけじゃないですよ。反対に、幻想のエゴとしてではなく、自己として生きることができるようになるのです。私たちのエゴは単に知識です。限界があります。でも自己とは無限なのです。なのになぜ私たちは、自分が澱んだ水の小さな池であると思い続けているのでしょう?本当は無限にいつも新しく流れるライフのど真ん中で生きているっていうのに。

ホ オポノポノは、“フナ”と呼ばれるハワイ古来の叡智の一部です。とても重要なパートですが、すべてではありません。物事がうまく機能しなくなったり、アロハ(調和)が壊されている時に使う“浄化”のパートなのです。

“フナ”は全修練であり、調和を育成すること。フナ・システムは7つの基礎となる役立つ叡智が基本となっています。

イケ  世界はあなたがそうだと思っているもの

カラ  限界はない

マキア エネルギーは注意をひいている方へ流れる

マナワ 今こそがパワーの時

アロハ 愛することは、一緒で幸せということ

マナ  すべてのパワーは内からやってくる

ポノ  機能的であることは、真理のものさしである

次回のPJクリエイターワークショップでは、これらの7つの基本についてお話します。私が日常生活でこれらをどのように取り入れているかを説明し、参加者の方たちには、それを使って自分が望む“現実”をうまく作りだす方法をご覧にいれます。

次回 PJクリエイター・ワークショップ: 

アロハ7つの基本

1月25日 日曜日 

いつもどおり池上線 洗足池駅前のボートハウスの2階 13:30-16:30

参加費:5000円

予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

| | コメント (4)

2009年1月 5日 (月)

2009, New Year, New site.../2009年、新年、新サイト...

Paj_081116invert

In 2009, "Patrice Julien Lifestyle Design" Office becomes "PAJÜ Lifestyle Design" and get a new identity on the net with a dynamic new website created by the "Internet wizard" Peter Brune from [piichi.com].
Thank you so much Peter!

Welcome to our New Homepage.

2009年、“パトリス・ジュリアン・ライフスタイル・デザイン”オフィスは、"PAJÜ Lifestyle Design"となり、新しいアイデンティティをネット上で発表しています。この斬新なウェブサイトを制作してくれたのは、インターネットの魔法使い [piichi.com].のピーター・ブルーン。本当にありがと、ピーター!

私たちの新しいホームページへ、さあどうぞ。

| | コメント (0)