« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

Next PJ Creator's Workshop : The art of "letting go"/次のPJクリエイターズ・ワークショップ:“まかせる”アート

Look at the flowers, do they make physical efforts to display beautiful faces?
Look at big felines like lions, tigers or even cats, don't you feel the power in their relaxed states?
Think even of a little drop of rain, does it need to make efforts to reach the ground faster?

Pp30271tigermothersloveposters

Now, I suggest an experience to see how this works in us. It is a kind of meditation you can do when you feel stressed. First read it then take about 5 minutes to do it, relax, close your eyes and experience. Be back to this text after, to read the following part.

Here is what I suggest. It is like a cooking recipe. Just do it. Don't think about it, DO IT.

Recipe :
Relax, close your eyes and focus on your breast in the middle of your chest. Breathe with the image that the air is coming from the outside trough your heart, inside your body, up and down at the same time. Keep the air inside 2 or 3 heartbeats then let the air go out trough your heart again, still counting your heartbeats. This time, just check how many counts it take you to breathe out, let it free. When all the air is out. Count 3 beats before breathing in again, always through the heart. Count how many beats it takes but let it free. The importance is to keep focused on your heart beats. Do not strain. Breath in a relaxed way, do not force the air in nor out. Let it come and go between the pauses.Continue this process during 5 minutes then be back to this reading.
Ready. Ok,now, let's do it!

Clock


Welcome back. How was it?You noticed that this heart is doing his important work silently but regularly,isn't it? Do you know who does the job? No. Nobody knows. What we can feel is that our heart  is the most evident part of the presence of the Intelligence of Life within us. If we let it do its work peacefully it is working perfectly. Now, why do some people get heart problems. It you investigate a bit in their life you will always see that they are "out of rhythm" because they think they have to control everything in this world. They do not know how to "let go".

Do we have to do something special to keep our heart beating?Do we have to pump our blood in our veins? Do we have to count our cells every night before sleep to see if all is OK? No, we have to trust nature fully, we have to relax in this trust.Look when we feel afraid, what happens to our heart...

And what about our life? About our work. Notice, when we do something we really like we generally feel much more relaxed than when we do something we do not. Remember, when you spend good moments you do not feel the time going, when you feel excited by a project everything goes smoothly...

This is the hint!This is the entrance door of the art of "letting go"!

But it does not mean that we have to live like a plant, waiting on a chair and letting our life go, no...it is why it is called "THE ART OF LETTING GO", it is an Art,maybe one of the simplest and most difficult ones. If you are interested in learning more about it I will teach you the way I practice it so you will be able to start creating your life effortlessly.

Next Creators Workshop,
Sunday 29 of March 2009

The "Art of Letting go"
How to manifest effortlessly.

As usually, second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).
From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000
reservations & informations : bureau@patricejulien.com

花は自分たちが美しく咲くために肉体を鍛えているのかな?

ライオンやトラ、ネコちゃんといったネコ科の動物たちを見てみて。彼らがくつろぎの状態でいる時、なんらかのパワーを感じる?

雨の小さなしずくについてでもいい、考えてみて。地面にもっと早く落ちようと努力している?

 

こういったことが私たちの中ではどのように起きているのか。それを知るために、ちょっとした体験をしてみよう。これは、ストレスを感じた時にできるメディテーションの一種といってもいい。

まずこれを読んで、5分ほど時間を作って。リラックスし、目を閉じ、やってみる。そのあとまたここに戻って続きを読んでね。

 

これが私の提案するもの。お料理のレシピのようなものです。ただやるだけ。考えないで、さあ始めよう。

 

レシピ

リラックス、目を閉じる。胸の真ん中にある胸部に意識を集中させる。

イメージをもって呼吸をする。イメージとは、空気がハートを通して外側から体の内側に、上下同時に入ってくる感じ。

空気を体の中で2~3心拍数止める。

空気をまたハートを通して外側に送りだす。続けて心拍数を数える。

今度は吐き出すのに何拍かかるか数える。気楽に。

空気が全部出たら、3拍数止める。また吸い込む。

いつもハートを通します。

吸い込むのに何拍かかるか数える。でも気楽に。

重要なのは、心拍に集中し続けること。ピリピリしないで。

心静かに呼吸、無理やり吐いたり吸ったりしない。小休止の合間に吸って吐く。

この手順で5分間繰り返す。そしてここに戻って続きを読む。

準備はいい?OK、さあやるよ。

 

おかえり!どうだった?ハートは静かに、規則正しく、自分の仕事をこなしていたことに気づいたでしょう?この仕事をしたのは誰だか知っている?わからないよね。誰もわからない。

私たちが感じることができるものは、つまりこういうこと。ハートは内に存在するライフの知的存在の一部だってこと。私たちが、この働きを心安らかにやらせてあげることができるなら、完璧に働いてくれるということなんだ。

じゃあ、どうして心臓に問題のある人がいるんだろう?彼らのライフをちょっと捜査してみればわかると思うけど、彼らはこの世の中のことはすべて自分でコントロールしなくちゃ、と思っているせいで、“リズム離れ状態”でいる。彼らは、どうやって“解放”したらいいかわからないんだ。

 

私たちは、ハートが規則正しく鼓動するためになにか特別なことをしなくちゃいけない?血管に血を送りこまなきゃいけない?夜寝る前に、細胞が大丈夫かどうか数えなきゃいけない?ノー、私たちは自然の力を信じきって、その中でリラックスすればいい。ほらね、恐れを感じた時って、心臓になにが起こるかわかるでしょ?

 

ライフはどう?仕事は?私たちがやりたくてやりたくて仕方がないことをしている時というのは、そうでもない時に比べると、普通はずっとリラックスしているものでしょう?

思い出して。楽しい時を過ごしていると、時間がたつのを忘れています。プロジェクトに夢中になっている時は、すべてがスムースに運ばれていきます。

 

これがヒント。これが“まかせる”アートへの入口。

 

だからと言って、椅子に座ったままライフを過ごす植物のように生きるべきだって言っているわけじゃない。だから「まかせるアート」と呼んでいるんだ。アート。たぶんこの世でもっとも単純で難しいと思われがちなアートのひとつだと思う。

これについてもっと学びたいと思う人に、練習の方法を教えましょう。そうすれば、あなたは自分のライフをがんばらずに作り始めることができるから。

 

次のクリエターズ・ワークショップ

2009年3月29日 日曜日

まかせるアート

がんばらずに表現する方法

 

いつものように、洗足池(池上線)駅目の前のボートハウス2階で。

13:30-16:30 参加費 5000

ご予約、お問い合わせは bureau@patricejulien.com

 

 

| | コメント (2)

2009年2月24日 (火)

A Beautiful Healing song/美しき癒しの歌

Let me share with you this song about Ho'oponopono

このホ・オポノポノの歌をぜひ聞いてください。

| | コメント (2)

2009年2月22日 (日)

To A STRANGER by Walt Whitman (1819-1892)/見知らぬ人へ ウォルト・ホイットマン

Slide001

PASSING stranger! you do not know how longingly I look upon you,
You must be he I was seeking, or she I was seeking, (it comes to me as of a dream,)
I have somewhere surely lived a life of joy with you,
All is recall'd as we flit by each other, fluid, affectionate, chaste, matured,
You grew up with me, were a boy with me or a girl with me,
I ate with you and slept with you, your body has become not yours only nor left my body mine only,
You give me the pleasure of your eyes, face, flesh, as we pass, you take of my beard, breast, hands, in return,
I am not to speak to you, I am to think of you when I sit alone or wake at night alone,
I am to wait, I do not doubt I am to meet you again,
I am to see to it that I do not lose you.

通り過ぎる見知らぬ人よ。僕がどんな熱い思いであなたを見ているか、あなたは知るまい。
あなたは僕が求めていた彼、あるいは彼女に違いないのだ。(夢の中で現れる)
僕は確かにどこかであなたと喜びにあふれた人生を送っている。
お互いがすれちがう時、伸びやかさ、愛情深さ、純粋さ、成熟さといったすべてのことが蘇ってくる。
あなたは僕とともに成長した。僕とともにいた少年だった、あるいは少女だった。
僕はあなたと食べ、あなたと眠った。あなたの体はあなたのものだけではなくなり、僕の体もまた僕のものだけではない。
あなたは、あなたの瞳、顔、肉体の喜びを私に与え、すれ違い様、あなたは僕のひげ、胸、手から喜びを得ていく。
僕はあなたに話すことはできない。孤独に座っている時、あるいは夜中に一人目が覚めた時、あなたを思うのだ。
僕は待たなければならない、必ず会える運命を疑わず。
あなたを失わないように、気をつけなくては。

| | コメント (4)

2009年2月13日 (金)

Choco song in French with the Gummi Bear/フランス語でグミ・ベアと一緒にチョコの歌

For Isa and all the fans of the cute Gummi Bear here is a rare version of a chocolate song in French!
Enjoy it with your Valentine chocos!

イサと、すべてのかわいいグミベアファンのために、珍しいバージョンをお届けしましょう、フランス語のチョコの歌です!

あなたのバレンタイン・チョコと一緒に楽しんでね!

| | コメント (2)

2009年2月12日 (木)

My sweet Valentine.../マイ・スウィート・バレンタイン

For a sweet Valentine at home, a very easy recipe using Ghana Choco...
http://celeb.cocolog-nifty.com/

Have a look...
And as a present for eveybody, a free trip to Ghana...

おうちでのスウィートバレンタインのために、ガーナチョコを使ったとってもカンタンなレシピ…http://celeb.cocolog-nifty.com/

見てください…皆さんに、ガーナへ無料の旅をプレゼント…

| | コメント (2)

2009年2月10日 (火)

The "Hang", a very interesting new instrument./“ハング” とってもおもしろい新楽器

Do you know this instrument?

この楽器知っていますか?

| | コメント (3)

A special Valentine Story/とっておきのバレンタイン物語

Img_5274

A man walks in the desert.
He is feeling really thirsty,
He looks desperately
for water .
A voice in his heart says :
"Do not look around
look in yourself,
you are the Source,
In you is the oasis.

But the man does not listen
and exhausts himself looking
for water.
He finally reaches an oasis,
drinks plenty of water
and continues his trip.

After a little while,
he finds himself thirsty again
and starts looking for water.
This time it looks to him
more difficult
than the time before.

He feels fearful :
what will happen
if I don't find an oasis?
And his situation become more
and more critical.
But the voice in his heart
is shouting :
"Look in yourself Man!
You are the Source.
Turn to it
and you will never more
need to look for an oasis."

...

A man walks alone in a city.
He is feeling lonely,
He looks for Love around
A voice in his heart says
"Do not look around
look in yourself you are the Source of Love.
In you, flows all the Love
you will ever need.
You have enough of it
to share with the whole universe.

This time,
the man remembers
his experience in the desert.
He listens to the voice,
he discovers from where it comes.
Yes, this voice is the Source!
He feels it.
Love starts flowing so strongly,
the man is submerged,
overwhelmed.
He starts sobbing
tears of Love.

He falls on his knees
because it is too strong,
he cannot walk.
he starts shouting :
I AM LOVE!

The whole Universe Vibrates,
Awakens,
to this Truth :
ALL IS LOVE!

人が砂漠を歩いている

喉はカラカラで絶望的

すると、心の声がこう言う

「回りを見るな、自分自身を見るんだ。

おまえがすべての源、おまえの中にオアシスがある」

けれど人は聞かずに、水を求めて疲れ果てる

ついにオアシスにつき、山ほど水を飲み

そして旅を続けた

しばらくすると人はまた喉がカラカラ

水を探し求めた

今度は前回よりももっと困難に思える

彼(彼女)は恐ろしくなる

もしオアシスが見つからなかったらどうなるんだろう?

状況はどんどん深刻になる

だけど心の声はこう叫ぶ

「自分をみるんだ

おまえがすべての源

それに頼るんだ

そうすればオアシスを探す必要は二度となくなるだろう」

人は都会を一人で歩いている

孤独で、愛を探していた

すると心の声がこう言う

「回りを見るな

自分を見るんだ。おまえが愛の源

これから必要となるすべての愛が

おまえの中に流れている

全宇宙と分かちあえる愛を

おまえは十分に持っているのだ」

今度は

人は覚えていた

砂漠での出来事を

だから声を聞き

それがどこから来たのかわかったのだ

そう、この声はすべての源!

彼(彼女)は感じたのだ

愛が力強く流れ始め

彼(彼女)はどっぷりと浸り、圧倒される

彼(彼女)は愛の涙に

泣き濡れる

彼(彼女)はひざまづく

愛があまりに強くて

歩くことができないのだ

彼(彼女)は叫び始める

私が愛だ!

全宇宙が鼓動し

この真理に

気づく

すべてが愛だ!

| | コメント (1)

2009年2月 8日 (日)

Today's Valentine Cooking Atelier/本日のバレンタイン料理教室

Today Yuri and I had a very joyful cooking atelier at our place.

本日、ユリと私の家で、喜びに満ち溢れた料理教室が行われました。

Img_5296

Thanks to everybody this Valentine cooking Atelier have been a precious experience for us. Yuri and I wish you a very special Valentine...

このバレンタイン料理教室に来てくれたみなさん、ありがとう。私たちにとってかけがえのない経験となりました。みなさんに、とっておきのバレンタインが訪れますように!

Cooking

All participants cooked and prepared their "original gift of Love"

参加者全員が“愛のオリジナルギフト”を作り、準備しました。

Img_5287

Like this one made by Akiko...

In the box : Earl-Grey truffles, Rum-raisin truffles and choco hazelnuts brownie.

Lots of Love for everybody...

アキコが作ったコレみたいにね…。

箱の中:アールグレイ・トリュフ、ラムレーズン・トリュフそしてヘーゼルナッツ・ブラウニー。

すべての人に、愛をいっぱい…

| | コメント (3)

2009年2月 6日 (金)

When Angels play piano.../ 天使たちがピアノを弾いている…

| | コメント (1)

2009年2月 3日 (火)

PJ Creator's Workshop : "LOVE is always the answer"/PJクリエイターズ・ワークショップ”いつだって愛こそが答え”

Everybody knows the famous song of the Beatles : "All you need is love":

みなさん、ビートルズのこの有名な歌を知っているでしょう:愛こそすべて



Let's look closer at the words of this song, they are pretty simple but quite "magical" :

この歌の詩をよく見て。とても単純なことだけど、すごく“マジカル”でしょう。

All you need is love               
                  

Love, Love, Love.
Love, Love, Love.
Love, Love, Love.

There's nothing you can do that can't be done.
Nothing you can sing that can't be sung.
Nothing you can say but you can learn how to play the game.
It's easy.

Nothing you can make that can't be made.
No one you can save that can't be saved.
Nothing you can do but you can learn how to be you in time.
It's easy.

All you need is love.
All you need is love.
All you need is love, love.
Love is all you need.

All you need is love.
All you need is love.
All you need is love, love.
Love is all you need.

Nothing you can know that isn't known.
Nothing you can see that isn't shown.
Nowhere you can be that isn't where you're meant to be.
It's easy.

All you need is love.
All you need is love.
All you need is love, love.
Love is all you need.

All you need is love (All together, now!)
All you need is love. (Everybody!)
All you need is love, love.
Love is all you need (love is all you need).

愛こそすべて

ラブ、ラブ、ラブ

愛、愛、愛

愛、愛、愛

できないことなんて何もないよ、キミはなんでもできる

歌えない歌なんてないよ、キミはなんだって歌えるんだ

たとえ今なにかを言うことはできなくても、このゲームの仕方を学ぶことはできるよ

カンタンだよ

成し遂げられないことなんて何もないのさ、キミはなんでもやれるよ

救われない人なんていない、キミは誰かを救うことができる

たとえ今できることがなくても、時がくれば自分でいられる方法を学ぶことはできるさ

カンタンなんだ

キミに必要なものは愛

キミが必要としているものは愛

キミが必要なのは愛だよ、愛、愛、愛

愛こそ、キミが必要としているすべてなんだ

知りえないものなんてなにもない、キミはなんでも知ることができる

見えないものなんてなにもない、キミは何でも見ることができるよ

いられない場所なんてないさ、どこでもそこがキミの場所

カンタンだろう

キミに必要なものは愛

キミが必要としているものは愛

キミが必要なのは愛だよ、愛、愛、愛

愛こそ、キミが必要としているすべてなんだ

キミに必要なものは愛

キミが必要としているものは愛

キミが必要なのは愛だよ、愛、愛、愛

愛こそ、キミが必要としているすべてなんだ

Yes, we feel it so strongly when we think that we need love from others...But what we often do not notice is that when we think that "we need" love from others, it is the proof that we believe that we have lost it.

When we look for it outside of us it is because for some reasons our eyes are blind to the fact that we think :  "I lost my confidence in my Self, I do not feel love for myself". It is the proof of our fear and fear always have to do with the idea of punishment and guilt... This brings up two questions :

- Of what do I try to punish myself?

- Of what do I feel guilty?

The Beatles are not talking about "romantic love" they are talking about the "vital love", the Life Force itself, the support we all get from our Source.

In the last Creator's Workshop we worked with the "Principles of Aloha". All participants have felt during the exercises that Love is the state of Aloha itself. We are all supposed to be naturally living in a state of perfect love but because of some beliefs we have, we forget this feeling.

Love is the Absolute answer to all because problems, even work and money difficulties have their roots in a belief in an absence of Love.

The next Creators Workshop, on Sunday 22 of February will be about

"Freedom from anger and guilt :

retrieving the energies of Love and Self Love"

As usually, second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).
From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000
reservations & informations
: bureau@patricejulien.com

ね、他の人からの愛がほしいと思っている時、私たちは、そう強く感じるよね。だけど、気付かずにいる場合が多いのだけれど、他の人からの愛が“私は必要”と思っている時って、自分には愛がないって信じていることの表れなんだ。

愛を自分の外に探そうとしている時というのは、なんらかの理由で:“自分の中に自信がない。自分の中には愛を感じない”という真実に目をつぶっている時。それは恐れの証し。恐れというのは、いつも罪と罰があるという考えからおきるものです。

じゃあ、ここで2つの質問:

ー私は自分のどの部分に罰を与えようとしているの?

ー私はなにに罪を感じているの?

ビートルズは“ロマンティクな愛”について話しているわけじゃない。“欠かすことのできない力強い愛”についてなんだ、ライフの力そのもの。大いなる源から私たちすべてがもらっているサポートのことなんだ。

前回のクリエイターズ・ワークショップでは“アロハの基本”を学びました。参加者全員が、このエクソザイズの間、愛はアロハ(調和)そのものである、と感じたのです。私たちは完璧な愛の形で自然に生きているはずなのに、自分が信じているものによって、その感覚を忘れてしまうのです。

愛はすべての問題に対する究極の答えです。なぜならすべての問題、仕事の問題、お金の問題ですら、愛がないと信じていることから始まっているから。

次のクリエイティブワークショップは、2月22日日曜日

“怒りと罪からの解放。愛と自己愛のエネルギーを取り戻そう”

いつもどおり、洗足池駅(東急池上線)目の前のボートハウスの2階にて。

13:30~16:30

参加費:5000円

ご予約とお問い合わせはこちらへ: bureau@patricejulien.com

| | コメント (2)

2009年2月 2日 (月)

Great Chocolate brownie for Valentine/ バンレンタインのための美味しいチョコレートブラウニー

A few months ago I baked a chocolate and hazelnuts brownie for the PJ Dojo and I had several requests for the recipe. I promised but...I forgot...(I am sorry, forgive me,...) and during the last PJ Dojo I had again new requests about this same recipe!!!...(It was so good!!!!) So I promised again and this time I did not forget, so here is the recipe.

数か月前、PJ道場のためにチョコレートとヘーゼルナッツのブラウニーを焼いたんです。その時、たくさんのご要望にお応えして、レシピを教える約束をしていたのに…忘れていました(ごめんなさい、許して)。そしてこの間のPJ道場でまた、新たにこのレシピのリクエストがありました(すごく美味しかったから!!!)。それでまた約束したんです。今度は忘れなかったでしょう。さあ、レシピです。

Chocolateyhazelnuts

You will need a brownie pan of about 20cm x 20 cm. If you do not have one you can use a gratin pan but it have to be at least 4cm high because the secret of a good brownies is in its thickness.

20cm x 20cmのブラウニー用の型が必要ですが、なければグラタン皿でも大丈夫。でも深さは少なくとも4cmはほしいですね。美味しいブラウニーの秘密は、厚さにありますからね。

Brownies1

For 16 pieces of 5x5 cm brownies
250g black chocolate (minimum 70% cacao)
100g hazelnuts grilled in a dry fry pan until fragrant and roughly chopped
150g sugar (granuto)
125 salted butter (softened at room temperature)
60 g cake flour
40 g corn starch
2 eggs
8 g baking powder
15 drops of vanilla extract
First preheat your oven at about 180º  then coat your pan with oven sheet so your brownie can be unmolded easily.

5x5cmのブラウニー16個分

ブラックチョコレート(70%カカオ以上) 250g

ヘーゼルナッツ 100g 香りがでるまで乾いたフライパンで煎り、粗く刻みます

グラニュー糖 150g

有塩バター 125g (室温でやわらかくしておく)

薄力粉 60g

コーンスターチ 40g

卵2個 

ベーキングパウダー 8g 

バニラエッセンス 15滴

オーブンを180度に温めておきます。ブラウニーの型にオーブンシートを敷いておくと、取り出すときに簡単です。

1) Melt the chocolate (not too hot)  until you get a shiny paste.

2) In a bowl beat the sugar and the softened butter until creamy. Add the eggs one by one and beat well. Add the vanilla essence, then the flour, baking powder and starch mixture sifted. Do not beat, just mix gently.

3) Add the melted chocolate then 70 g of the chopped hazelnuts. Mix gently again...Remember that the love you feel during the process is an energy and that any energy will contribute to the final taste of your cake.

4) Pour the mixture evenly in the brownie pan, tap the bottom of the pan on your table to avoid bubbles in the mass, then decorate the surface with remaining hazelnuts.

5) Put in the middle of the oven and let cook about 20 minutes. When you take it out of the oven the center will still look a bit creamy. Do not worry, it will be set when cooled. My suggestion is to let your brownie rest one night in your kitchen (Not in the refrigerator) and cut it in 16 squares the following day.

I will be also demonstrating this Brownie recipe during my next cooking atelier on Sunday 8th.

1)チョコレートがつやつやのペースト状になるまで溶かします(熱くしすぎないでね)。

2)ボールにお砂糖と柔らかくなったバターを入れ、とろりとするまで泡立てます。卵を一つずつ加え、よく泡立てます。バニラエッセンスを加えた後、よくふるった薄力粉、ベーキングパウダー、コーンスターチを混ぜます。泡立てずに、やさしく混ぜてください。

3)1の溶かしたチョコレートを加え、70gのヘーゼルナッツも加えます。またやさしく混ぜます。お料理をしながらあなたが感じるloveがエネルギーであり、それが、ケーキの仕上がりの味に影響するってことを忘れないでね。

4)生地をブラウニーの型に均等になるように流し込みます。表面に泡ができないよう、テーブルの上に、型を軽く落としトントンと叩きます。残りのヘーゼルナッツを上にのせ飾ります。

5)オーブンの中段に入れ、20分焼きます。オーブンから取り出した時、まん中がちょっとまだクリーミーという状態です。冷めた時に落ち着きますから、心配しないで。そして、あなたのブラウニーを(冷蔵庫じゃなく)キッチンに一晩置き、次の日に16等分に切ることをオススメします。

このブラウニーのレシピは、8日の日曜日の次のクッキング・アトリエでもご紹介します。

| | コメント (1)