« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

Thank you!/ありがとう!

Img_0668

I want to thank all the participants of the PJ Dojo for the chance they have given me to share with them today's very special experience.

All the questions, all the doubts, the fears you had in your heart allowed answers to come through. Thank you! Thank you! The real point is not to ask from where the answers really came from. The real point is if you got a hint through the words coming out of my mouth, if my words provided some vitamins for your soul and for you life. If even ONE idea is able to make your tomorrow more joyful, I will be thankful!

The message was simple. It is always the same : Be yourself, do not try to shape your life to please the world around you. Do not try to prove something. You are the most beautiful when you are really doing what you enjoy to do, which means when you do what you are born to do...for your self and not for others...BE YOUR SELF!

What happened today was my first experience in public. Until now it always happened only inside me. What came through during our session was an energy so powerful that I felt my body and my voice had difficulties adapting. Thanks to your love and your opening the flow could become more and more smooth. Thank you so much for helping this opening to happen.

I hope that the energy shared today with you brought in your heart the confidence in the fact that you do not have to worry. The only thing you have to do is moment by moment stay true to your inspiration, listen to the voice inside you and act in confidence. We are one with the Universe and Life is supporting us all unconditionally...

According to this law when you face a problem, any problem, it always reflects to you the fact that at  that moment you do not really have confidence in this Oneness...It shows you your doubt.

What to do then?

Just hold in mind like a mantra  a simple idea :

"I AM ONE WITH UNIVERSE, LIFE SUPPORTS ME AND SUPPORTS ALL OF US WITHOUT CONDITION."

Think a bit about it. The fact that we are one with the Universe is an evidence isn't it? Who can say the contrary? Who can affirm "I am not part of the Universe?"

And in Life and Nature all being perfectly organized why should there be reason for our personal  life not to be part of this perfect organization?

Who can say : Life do not support me...? Life let me alone...?

If you really accept this simple truth that you are One with the Universe, that  Life supports you without condition and if you keep this in mind as 100% true you will discover that day by day it becomes part of your way of thinking, of your way of living. Your life will change, your body will change, your eyes will change, all will change for the best automatically and you will discover that you are becoming  able to do incredible things...without strain...

Practice full confidence and you will see that a cherry tree do not have to worry, it just have to be what it is : a cherry tree. Spring will always bring flowers naturally, spontaneously...

Do not ask why? How? Just trust it and enjoy your life like a hanami!

Kampai!

今日というとても特別な経験を分かち合う機会を与えてくれた皆さん、PJ道場に参加してくれたすべての人に感謝します。

自分の心の中にあったすべての問題、疑問、恐れが答えを出してくれました。ありがとう。ありがとう!本当に重要なことは、答えはどこからくるのかを尋ねることではない。もし、僕の口から出た言葉であなたがなにかヒントを得られたのなら。もし、僕の言葉があなたの魂やあなたのライフにビタミンを与えたのなら。もし、たったひとつのアイディアでも、あなたの明日をもっとスバラシーものにすることができたのなら、僕は感謝する。そのことの方がはよっぽど重要です。

メッセージはシンプルでした。いつも同じ:自分自身でいなさい。回りの世界を喜ばせるために自分のライフを形作ろうとしないで。心からなにか楽しんでやっている時、つまりそうするために生まれてきたことをやっている時、あなたは最高に美しい…あなた自身のために、誰かのためじゃなく…自分自身でいなさい!

今日のこと、公衆の面前で起きたのは僕にとっても初体験。今までは、自分の中だけで起きていました。セッションの中で出てきたものは、ものすごく力強いエネルギーだったので、体も声も適応するのがむずかしかった。あなたの愛と開放が流れをもっともっとスムースにさせてくれました。ありがとう。このオープニングが起こるのを手助けしてくれてありがとう。

今日分かち合ったエネルギーが、あなたの心の中に自信をもたらしてくれることを僕は願っている。実際のところ、心配することなどないのだけれど。やらなきゃいけないことは、一瞬一瞬、自分のインスピレーションに正直で居続けることのみ。自分の内なる声に耳を傾け、自信をもって行動するのみ。僕たちは宇宙とともにいて、ライフは無条件にすべてを支えてくれている。

この法則によれば、問題に向き合った時、どんな問題であろうと、いつだって真実を照らしているんだ。このワンネスに心から自信を持っていない時に、あなたの疑いを見せる。

じゃ、次にすることはなに?

マントラのようにシンプルな思いを心にとめておいて。

「私は宇宙とともにある。ライフは私を支え、私たちすべてを支えている、無条件に。」

ちょっと考えてみて。宇宙とともにあるっている事実は明らかでしょう?誰が反対意見を言える?誰が「私は宇宙の一部じゃない」などと断言できるだろう?

ライフと自然の中で、すべての存在は完璧に体系づけられているというのに、なぜ、僕たち個人のライフがこの完璧な体系の一部じゃない理由があるんだろう?

誰が言える?:ライフは私を支えない、ライフは私をひとりぼっちにさせる…?

もしあなたがこのシンプルな真実、自分は宇宙とひとつという真実を受け入れるなら、ライフは無条件にあなたを支えるだろう。もしあなたがこのことを100%の真実として心にとどめるなら、それが少しずつ自分の考え方、生き方の一部になること発見するだろう。あなたのライフは変化し、あなたの体は変化し、あなたの目は変化し、すべてのことが自動的に最善へと変化する。そしてあなたは…なんの努力もせずに信じられないようなことができるようになるのを発見するだろう。

完璧なる自信の訓練をしよう。桜の木が心配することなく、あるべき姿にただなっていくのを見るでしょう。桜の木。春はいつも自然に、自発的に、花をさかせてくれる…。

なぜ?どうやって?と聞かないで。ただ信じ、花見のように自分のライフを楽しんで。

乾杯! 

| | コメント (3)

2009年3月26日 (木)

One world one love /ひとつの世界ひとつの愛

The world is changing.
I got this beautiful video in my mail this morning. I share it with you, I'm sure you will love it:

世界は変化している。
今朝メールに美しいビデオが届いたので、皆さんとシェアしたいと思います。きっと気にいってくれると思う。

| | コメント (1)

2009年3月24日 (火)

Synchronicity and the Law of attraction/シンクロニシティと惹きつけの法則

Img_0845

Recently all the inspiration coming to me is about this question of self-love and a very strongly related idea : JOY.
I am more and more convinced that Joy is the only expression of life if we accept to let it happen...It does not mean that we will never have to face challenging moments, it just means that we can always answer to any situation in a spirit of Joy...
Joy means self respect, joy always means life continues and it is worth living...Babylonian civilization, Egyptian civilization, Greeks, Romans and many others have declined and disappeared but Joy is still on Earth...
Joy is the expression of our vitality...
Let me tell you about some synchronicities I experienced around this theme. A few years ago, when our Californian friend Mamagon of PJ café (today known as "Jeannie") visited us in Tokyo, she brought us a very cute present, a metallic mobile written "Joy". This mobile (see picture) is dancing in our Garden since that day and we have it in front of us at any time we look outside...
Yesterday I went to Nishino Breath School and at the start of the lesson we heard that Nishino Sensei has a special speech for us. All the students assembled to hear him say : Self love is not a romantic idea like hugging yourself and saying "I love you" when you feel sad and alone, it's keeping your cells alive and excited, hungry for life! Yes that's self love : experiencing as much as we can the Joy of being alive...
And this morning, opening my mails I found this message of Rhonda Byrne the Author of the International success movie "The Secret", I share it with you :

A Secret Scrolls message from Rhonda Byrne
Creator of The movie "The Secret"

Be in Joy now and everything will change

In the moment that I discovered The Secret I realized that I had been living my entire life backwards. If things were good in my life, I was happy. If things were difficult in my life and everything was going wrong, I was stressed and miserable. In my ignorance, I had been misusing the law of attraction all of my life. But all of that changed when I had the knowledge of The Secret.

To live in accordance with The Secret and the most powerful law in the Universe, we must be in Joy first - and then everything will change. To live our lives by emotionally reacting to what is happening outside of us is misusing the law! As we react with negative emotion to any difficulties, we attract more negativity into our lives. We cannot defy the law of attraction, which operates on the most microscopic levels of vibration, and with absolute exactitude.

You must be in Joy first. And then your life will change into Joy.

Difficult times are the greatest opportunities in disguise. When we face difficult times we have to put in determined work to get ourselves into Joy. But let me tell you, when you can get yourself into Joy despite what is happening around you, your life must change - it's the law!

In addition, as you become Joy in difficult times you are becoming the master of your emotions, the master of your life, and the master of the law of attraction. Difficult times are your greatest opportunity to practice yourself into Joy.

Of course if your life is going along swimmingly then it is very easy to be in Joy. During those times your Joy is most likely a reaction to the good times. But the magnificence and the power that you really have within you will be seen when you can be in Joy during difficult times. It is then that you will see the true power that you have within you, because as you hold to Joy, you will shift all the energies of the Universe, and your life and your world will change.

The cause of everything is within you, and the effect is what you experience in your life. You have the power within you to change everything by putting yourself in Joy. You can change everything so easily by becoming Joy first! And nothing can change until you get yourself in Joy, because that is the law of attraction. Like attracts like! The energy of Joy attracts energy of Joy!

Do whatever it takes to find your Joy, and then keep yourself in it no matter what. Keep ramping up your level of Joy every day. There is no limit to the levels of Joy you can reach. You will see change to the degree of Joy that you can attain and maintain. The higher the Joy you can create within you, the more spectacular the change, and the higher the Joy, the faster the change. Once you get yourself in Joy it is easy to maintain it, because your emanation of Joy attracts more Joy. The law of attraction will continually send you more feelings of Joy.

You cannot criticize or blame or complain when you are in Joy. You cannot be afraid when you are in Joy. You cannot speak negatively when you are in Joy. You cannot harm another when you are in Joy. Negativity cannot reach you when you are in Joy.

When you are in Joy you are compassionate. When you are in Joy you are considerate and caring. When you are in Joy you love others. When you are in Joy you appreciate everything. When you are in Joy you are in love with the world, and the Universe is in love with you.

Be in Joy. Seek it with all of your heart, and you will find it.

May the Joy be with you,


Rhonda Byrne
The Secret... bringing Joy to billions


I also have a message of Joy for some readers of this Blog who do not like what I write and think that I am a crazy Idealist.

Please Dear Friends, make me a favor and do yourself a favor, here is my suggestion : If you do not find inspiration here PLEASE do not loose your time reading me... Read the newspapers, read what you like, read the ideas you believe in, do not force yourself to read messages that upset you...

I never read blogs that upset me, I do not look anymore for situations that upset me...

You are free to think that life have to be hard, you are free to live the way you enjoy it even if your way to enjoy is to think that true life is not enjoying!

This blog and everything I write and teach is what I believe and experience since my birth 57 years ago, this message is just my example, it have inspired and healed thousands of people of all ages who are getting more from their life . Those people come to me freely and they leave me freely...The good news is that we are all free, totally free to think and believe in any idea, even the idea that our life have to be painful.

I personally believe in Joy,

it is for me synonym of DIVINITY

it is my religion...

If each one of us could bring everyday some joy to one creature on this planet, be it an animal, a bird, a Child or an adult, this Earth would become a paradise!

Infinite Joy!
it's my dream for All of us
because I believe it is the Dream of the whole Universe!

Aloha

最近、僕に湧いてくるインスピレーションはすべて、この自己愛の問題について、そしてそれに強く関係しているJOY/喜びという概念についてなんだ。
喜びは、自分がそれを受け入れる時におこる、ライフならではの表現。これは難しい問題に直面する必要はない、と言うことではなく。僕たちは喜びのスピリットをもって、どんな状況にもいつも答えることができる、という意味なんだ。
喜びは自己の尊重であり、ライフは続き生きるに価するものだということ。パビロニア文明、エジプト文明、ギリシャ、ローマなどなど多くの文明は衰退し消えていったけれど、喜びは今だこの地球上にある
喜びは僕たち活力の表現なんだ

このテーマに関して最近経験したいくつかのシンクロニシティについて書こうと思う。数年前、僕たちのカリフォルニアの友人、PJカフェでおなじみのママゴ ン(今ではジーニー)が東京に来た時、僕達にとてもかわいいプレゼントを持ってきてくれたんだ。JOYと書かれた金属のモビール。このモビール (写真を参照)はあの日からずっと僕たちの庭で踊り続けている。僕たちが外を見るたびに、これが目の前にあるんだ。

昨日、西野(流呼吸)塾へ行くと、クラスが始まる前に先生からお話があった。集まった生徒全員に、先生はこう言った。
自己愛とは、自分が寂しい時、ひとりぼっちの時に、自分自身を抱きしめるとか愛しているよというようなロマンティックなことではありません。それは、 細胞を生かし続けること、ライフに刺激を求め、渇望し続けることです。そう、自己愛とは:活きている喜びをできるだけたくさん経験すること

そして今朝メールをあけると、世界的に大成功をおさめた映画シークレットの作者ロンダ・バーンのメッセージを見つけた。これを紹介しよう。

シークレットが、映画“シークレット”の製作者であるロンダ・バーンからのメッセージをスクロールします。

今喜びの中にいれば、すべては変わるでしょう

シークレットを 発見した時、私はそれまでずっと逆さにライフを生きてきたことに気がつきました。もし私の人生の中で事がうまくいっていれば私は幸せ。もし事が困難な状況 であれば、すべては悪い方向へ行く。私はストレスを抱え、みじめでした。自分の無知から、ライフの惹きつけの法則を誤用していたのです。けれど、このシー クレットを知ったとたん、すべては変わりました。

宇宙における もっともパワフルな法則、シークレットに従って生きるために、まず私たちは喜びの中にいなくてはいけませんーそうすればすべては変わるのです。外側で起き ることに感情的に反応して生きることは、法則をまちがって使っています。どんな状況に対してもネガティブな感情で反応していると、私たちはより多くのネガ ティブな要素を生活の中に引き寄せてしまうのです。私たちはこの惹きつけの法則に逆らうことはできません。これは完璧なる正確さを持って、最微小の波動の レベルで起こります。

まず喜びの中にいなくてはなりません。そうすればあなたのライフは喜びへと変わるでしょう。

困難な時は、逆 にいえば最高の機会なのです。困難に直面したら、自分自身に喜びをもたらせるために、決然と身を捧げなくてはなりません。けれど言っておきますが、どんな ことが回りで起ころうとあなたが喜びの中にいられるようになれば、ライフは必然と変わります―それが法則です。

加えて、困難な時に自分自身が喜びとなるなら、あなたは感情の主人であり、ライフの主人であり、惹きつけの法則の主人になっているのです。困難な時は、自分自身を喜びに導く練習の最高の機会です。

もちろん、あな たのライフがスイスイと進んでいるなら、喜びの中にいることはとても簡単です。こういう時、喜びというのは大概いい時に対して反応しています。けれど、あ なたの内なる大きさ、力は、困難な時こそ発揮するのです。つまり内なる本当の力を見るのです。なぜなら喜びを手にすることで、全宇宙のエネルギーをあなた が変えているからです。すると、あなたのライフも、あなたの世界も変わっていきます。

すべての原因は あなたの内側にあります。あなたがライフの中で経験していることは、その結果なのです。自分自身を喜びに置くことによってすべてを変えるという力が、あな たにはあります。まず自分が喜びになることで、こんなに簡単にすべてを変えられるのです。あなた自身が喜びになるまでは、なにも変わりません。なぜなら、 それが惹きつけの法則だからです。好きは好きを呼びます。喜びのエネルギーは喜びのエネルギーを惹きつけます!

喜びを見つける ためなら何でもしなさい。それがなんであれ、それを続けなさい。毎日喜びのレベルを上昇させ続けなさい。到達する喜びのレベルに限界はありません。到達し 持ち続けることができる喜びの度合が変化するのを、あなたは発見するでしょう。自分の内側に創り出す喜びが高くなればなるほど、変化は壮大になり、喜びが 高くなればなるほど、変化は早くなります。一度、自分を喜びに置くことができれば、あとは簡単、なぜならあなたの喜びの放射がもっとたくさんの喜びを引き 寄せるから。惹きつけの法則は絶え間なくより多くの喜びの感覚を送ってきます。

喜びの中にいる 時、批判したり、責めたり、不平を言ったりすることはありません。喜びの中にいる時、怖がることはできません。喜びの中にいる時、否定的なことを言うこと はできません。喜びの中にいる時、人を傷つけることはできません。喜びの中にいる時、否定的な事柄はあなたに到達することができません。

喜びの中にいる時、あなたは慈悲深く、喜びの中にいる時、あなたは思いやりがあり、気づかいます。喜びの中にいる時、あなたは他人を愛します。喜びの中にいる時、あなたは世界を愛し、宇宙はあなたを愛します。

喜びの中にいなさい。全霊をかけてそれを探しなさい。そうすればかならず見つかるでしょう。

喜びをあなた共に。

ロンダ・バーン

シークット…無数の人々に喜びをもたらしている

 

僕からも喜びのメッセージがあります。僕の書いていることや考えていることが嫌いで、僕のことをおかしな理想主義者だと思っているこのブログの何人かの読者に。

新愛なる友人たちよ、僕のためにも、あなたのためにもお願い。これが僕の提案です:

ここでなにもインスピレーションを見つけることができないなら、どうぞこれを読むために時間を無駄にしないで。新聞を読んで、あなたの好きなものを読んで、あなたが信じるものを読んでください。自分をイライラさせるようなメッセージを無理やり読まないでください。

僕は自分がいやな気分になるようなブログは読まない。自分がいやな気分になる状況はもう探さない。

ライフは大変なものだと信じることは、あなたの自由。あなたが楽しむ方法で生きるのはあなたの自由です。たとえあなたが楽しいと思う方法が、本当のライフは楽しいものじゃないと思うことだとしても!

このブログ、僕が書き、教えているすべてのことは、57年 前に生を受けてから僕が信じ、経験していること。このメッセージは単なる私の例なんだ。自分のライフからもっとたくさんのものを得ている何千人というあら ゆる世代の人々に感動を送り、癒している。これらの人たちは自由に訪れ、自由に離れていく。グッドニュースは、僕たちはみんな自由だということ。なにを考 え、信じようと全く自由。ライフはつらいものでなければならないという考えであろうとね。

僕は個人的にJOY/喜びを信じている。

僕にとって、これは神と同義語だ。

これは僕の宗教…

もしそれぞれが、この惑星に住む生き物に、それは動物か鳥か子どもか大人かなんでも、ちょっとした喜びを毎日もたらすことができたなら、この地球は楽園になるだろう!

無限の喜び!

これがすべての人々に対する私の夢だ。

なぜなら、これが全宇宙の夢だと僕は信じているから。

アロハ

| | コメント (11)

2009年3月23日 (月)

Sardines and Self Love / イワシ君と自己愛

Dsc04302

This question of Self Love cannot be "understood" with our "head". It is not just like saying "OK, I love myself", it is something we have to feel, it is a kind of "Satori".

"Once, there was a young sardine who asked his Father : "Daddy, I heard that there is an ecstatic place on this planet called The Sea, is it true?

Father sardine said : "Mmm...some of our people say so but for me It is a fantasy, I do not believe such a place can logically exist, we would know it. For me, the only thing which is true is this reality around us..."

Hearing those bad news from the mouth of his Father, young sardine felt really depressed..."If this marvellous place called "sea" is just a dream what is the meaning of my existence? Do I really have to give up that dream like my Dad or should I continue to look for it until I discover where it is? "

How would you help young sardine realize that he is already in the Sea?

Buddha did his best to reveal the Truth, Jesus did his best to reveal the same Truth, a lot of spiritual masters still do their best to awaken their disciples to this too evident evidence but still a majority of the sardines think that the Sea do not exist and some of them who call themselves "spiritual seekers" are doing their best to jump out of the water expecting to find this "Promised Sea" somewhere outside...

My imagination game in one of my previous post was not just a game, it was a training exercise to help you experience from inside how it feels to be swimming in a sea of love. I will continue to provide more training hints...

Aloha!

自己愛についての問題は“頭”で“理解”することはできない。ただ“オーケー、自分のことを愛するよ”というようなことじゃないんだ。感じなきゃいけないもの、ある種の“悟り”なんだ。

昔、イワシの少年がお父さんにこう尋ねた。
「父ちゃん、この惑星には天にも昇るような“海”っていう素晴らしい場所があるって聞いたんだけど、それって本当なの?」

父さんイワシはこう答える。
「ム~…そういうことを言っている者たちもいるようだけれど、父さんはそれは空想の世界だと思うぞ。父さんたちが知る限りでは、そんな場所が論理的に存在するなんてありえないからな。まわりにあるこの現実だけが真実だよ。」

父さんの口からバッド・ニュースを知らされて、イワシ君は本当にがっかりした。
「もし“海”という素晴らしい場所が単なる夢だとすると、僕の存在意義はなんだろう?父さんのように、僕も本当に夢をあきらめなくちゃいけないのかな?それとも、どこにそれがあるのか探し続けるべき?」

あなたは、キミはもうすでに海の中にいるんだよってことを、どうやってこのイワシ君に気がつかせてあげることができるだろう?

ブッダはこの真理を証明しようと最善を尽くした。ジーザスも同じ真理を証明しようと最善を尽くした。多くのスピリチュアルの先生たちは、今なお、この明白なる証を弟子たちに気づかせようと最善を尽くしている。けれど大多数のイワシたちは、海は存在していないと思い、“精神の探求者”と自らを呼ぶものたちは“約束された海”を、どこか外に探し求めて、海から飛び出そうとベストを尽くしている。

前回投稿した僕のイマジネーション・ゲームは、単なるゲームじゃない。愛という海を泳いでいる感覚を内側から経験するためのトレーニングなんだ。もっとたくさんのトレーニングのヒントを提供し続けようと思う。

アロハ!

| | コメント (2)

2009年3月21日 (土)

A Spring present for Yuri / ユリに春のプレゼント

In front of our windows the Sakuras are holding their breath before the great Hanami Show.

盛大なるお花見ショーの前に、僕たちの窓の外では桜が息をひそめています。

Img_5385

But just in front of Yuri's Aroma room, the premium flowers as a present for her!

だけどユリのアロマルームの前だけ、彼女へのプレゼントとしてプレミアムフラワーが!

Img_5379

Thank you dear sakuras
for your loving gift.
We wish you a great flowering
and a very long life...
We Love you Sakura trees!

愛に満ちたギフトをありがとう

親愛なる桜ちゃんたち

どうぞ素晴らしい開花を、そして末長いライフを…

桜の木が僕たちは大好き!

| | コメント (0)

Yes we can! /イエス、できるさ!

Yeswecan

I suggest you an imagination game.
Imagine that you are the Universal Creative Principle of the Universe. There is only you. Only your Infinite mind. Your infinite imagination. You are the Creator. You are the dreamer of the worlds.
Can you imagine this?
Just you.
Infinite.
Now!
All the power, All the Dreams, all the potentials in your Spirit. How is that feeling?Anything possible! Your Spirit is the Infinite Spirit of the world. You can create A-NY-THING! Without limit...
Play with this. See what your creator's imagination can express. See that all the possible things are already in your mind ready to be manifested. You have just to access this area, this reality. See, visualize a green animal 20m long with a pink skin without hair and green dots about 26,5 cms, a yellow head with blue eyes round, 33 pairs of legs about 22cms long,...can you see this in your mind? Can you see that you are able to play with it, isn't it free and enjoyable to do this freely. Can you see that this Creator's Game is unlimited, can you see that If I suggest you anything you can see it in your mind? It is Un-li-mi-ted!

Why are you able to see anything in your mind?
Because you are a Creator and your mind contains potentially ALL the ideas that can be thought. Think of a 3 meters wide round bread with a red crust and an inside like a pink grapefruit texture but tasting like blue cheese and smelling like a violet..
Do not say that you cannot do it!
You can!
I am not sure this is the bread I would like to eat for breakfast but at least it can be imagined and if I or you took enough time we could create it, It would not be impossible.
Why?

Because anything a creator Imagine  can be manifested with a bit of of consistence...
It is why Walt Disney, said "If you can Dream it, you can do it"...Disney understood that the imagination of men is unlimited. He knew that our Power is unlimited. Hitler also did so! Jesus Christ and Buddha also did so! Napoleon did so!Obama also thinks so. And you also deep inside you think so!

We all use the same mind, what come out is just a different dream manifested and shared with others. Because of the choices we make : round?square?triangle? big?How big? Which colour?Which smell?Which texture?Which feeling? Cute?Frightening?Gentle? etc...that's it!

 

Let's be back to our game now.

There is only you.
Free! Unlimited in space or time, no limit, all potentials. You are God, you think that you want to play a game, you want to create an brand new Universe. A brand new You-niverse. Now...imagine how would be the World you would choose to create if you were the first Creator.

Be free, enjoy, play with this idea, meditate on it, live in it and watch not to put any limit on yourself, realize it is a fully open infinite potential...Experience it...
and share your ideas with me...

 

I love you!

イマジネーション・ゲームをやってみましょう。
あなたは宇宙の創造主。そこには、あなたひとりだけです。あなたの無限の精神だけ。無限の想像力です。あなたが唯一の創造者です。あなたが世界の夢を作る人です。
想像できた?
自分だけ。
無限。
さあ!
すべてのパワー、すべての夢、あなたのスピリットの中にあるすべての可能性、あなたはそういったす・べ・てを創ることができる。無限にね…
じゃ、遊んでみましょう。創造主たるあなたの想像はなにを表しているか見て。心の中ですでに実現されるのを待っている可能な限りすべてのことを見て。この領域、この現実にただアクセスしなくてはいけません。ビジュアルとして見てみてね。20mの大きさの緑色の動物、ピンクの肌をして、毛はなくて、26.5㎝の水玉模様があって、黄色の頭に、まん丸の青い目がついていて、約22㎝の長さの足が33ペアあって…どう、心の中で見ることができた?そうやって遊ぶことができることがわかったでしょう?自由でしょ?こうやって自由にやることって楽しくない?この創造ゲームは無限だってわかる?もし僕が、あなたの心の中で見えるなにかを見てみてと言えば、見ることができるよね?ム・ゲ・ンなんだ!

どうして心の中でなんでも見ることができるんだろう?
それは、あなたが創造主だからだ、あなたの心には考えられるすべてのアイディアが潜在的に備わっているんだ。赤いクラストで覆われた3メートルの長さのまあるいパンを考えて。中はピンク・グレープフルーツのような風合いなのに、味はブルーチースのようで、スミレのような香りがするんだ。
できない!なんて言わないで。
できるよ!
僕もこのパンを朝食に食べたいかどうかは定かじゃないけど、少なくとも想像することはできる。もし、僕かあなたか十分な時間があれば作ることもできるだろう。不可能なことじゃない。なぜ?

創造主が想像することはちょっとした一貫性さえあれば実現可能だってことなんだ。これが「夢を見ることができるなら、あなたにはできるということだ」とウォルト・ディズニーが言った理由でもある。ディズニーは、人間の想像力は無限だということを理解していたんだ。僕たちの力は無限だと知っていたんだ。ヒトラーも同じ!ジーザス・クライストも、ブッダも同じ!ナポレオンもだ!オバマもそう思っている。あなたも心の奥底ではそう思っている!

僕たちはみんな同じ心を使っています。他の人と分かち合い、実現した、違う夢が出てきただけ。丸いか、四角いか、三角か、大きいか?どのくらい大きい?どんな色?どんな匂い?どんな風合い?どんな感情?カワイイ?コワイ?優しい?などなど、そういったことの選択だからね。ただそれだけ。

さあ、ゲームに戻りましょう。

あなただけしかいません。
自由!空間、時間もない。無限です。すべて実現可能。あなたは神、ゲームをしたいと思っている。真新しい宇宙を作りたい。真新しいジブンウチュウ。さあ、あなたが選ぶ世界はどんなものになるか想像して。あなたが最初の創造主だとしたらと想像して。

自由に楽しんで、このアイディアで遊んで、瞑想して、その中に生きる。自分にどんな制限も与えていないか確認し、それが完璧に開かれた無限の可能性だということに気づいて、経験すべし。
そして、あなたのアイディアを私と分かちあってください。

| | コメント (1)

2009年3月17日 (火)

More about Self love.../自己愛についてもう少し

Self_love_l

Why do I insist so much about self love recently. Because I feel more and more that It is a key point in the life of almost all human beings. Why do some persons succeed and others fail. Why do some are rich and other poor? Why some happy and other unhappy?...

The answer is "self love"...Self love does not mean egoism, it means Self Identity and Self Identity means to be exactly what we are supposed to be at every moment of our life. It is our Self pilot acting from inside. Every "Self" is unique, every person is original, so all people on this planet have a particular "mission". But to accomplish this mission as it should  supposes we have full Self Love.

All the people I see In my workshops and seminars, all those who come to private sessions with me have the same problem : self love.  I used to have the same problem it is why I am now teaching others how they can come out of this limitation.

In fact, as humans, we are not supposed to be limited, we are not supposed to fail, we are not supposed to stay married with somebody we do not love, we are not supposed to do a job we do not like, live in a place we do not like, eat things we do not like, ...

But why do so many people do it?...
Why?

Because they have no confidence, because they are afraid of failure, because they think they have no dreams, because they think they are not intelligent enough or not talented enough to live by themselves and succeed...

They think they will always have to depend on parents, husband, company, or something else to continue to survive on this planet. Don't you know such people around you?

Why do they think so? From where did this idea come?
Think a little bit and tell me what is your answer.
I will continue next time on this topic.

自己愛についてどうして最近僕がこんなに言い続けているかって?それは、ほとんど全員といっていいほどの人類のライフにおいて、とても重要な事柄だということを切に感じているからなんだ。なんで成功する人がいて、失敗する人がいるんだろう?どうして金持ちの人がいて、貧乏な人がいる?なぜ幸せな人がいて、不幸な人がいるんだろう?

答えは・・・「自己愛」・・・自己愛とはエゴイズム(自己中心)じゃなく、セルフアイデンティティ(自己同一性)という意味なんだ。この世の一瞬一瞬に自分があるべき存在と全く同じ存在でいること。自分の内側から行動している自己操縦士のことだよ。どの“自己”もふたつと同じものはなく、どの人も独創的なんだ。だからこの惑星のすべての人はそれぞれ特別な使命を持っているんだ。そしてこの使命を全うするために完全なる自己愛を僕たちはもっている。

僕のワークショップやセミナー、あるいはプライベート・セッションを受けにくるすべての人たちは同じ問題を抱えている:自己愛。僕もかつて同じ問題を抱えていた。だからこそ今、こうして僕は教えているんだ。どうやってこの限界から抜け出すことができるか。

事実、僕たち人間に制限されることなんてなにもない。失敗することにはなってないし、愛していない人と結婚生活を続けることにはなっていないし、嫌いな仕事をしたり、嫌いな場所に住んだり、嫌いなものを食べたりすることにはなっていないんだ。

なのにどうして多くの人はしちゃうんだろう?
なぜ?

自信がない。失敗がコワイ。夢がないと思っている。自分で生き、成功するのに十分な頭脳もなければ才能もないと思っている。だからだ。

親や夫や会社、あるいはこの惑星で生き抜くためのなにかに頼らなければいけないといつも思っている。そんな人、回りにいない?

なんで彼らはそう考えるんだろう?そんな考えはどこから湧いてくるのかな?
ちょっと考えてみて。そしてあなたの答えを私に聞かせてください。
このトピックで次回も続けようと思う。

| | コメント (11)

2009年3月14日 (土)

Native wisdom/ネイティブ・アメリカンの教え

| | コメント (0)

Life is Love/ライフは愛なんだ

Npads140208x09genlovebir

We, Humans tend to believe that we need love and attention...
Look at almost all our motivations, at everything we do, and see behind the need to know that we are loved. The clothes we choose, our make up, what we want to become, everything is like the feathers of a bird looking for mating : " Look! I exist!Tell me that I exist! Please! Tell me how much I am beautiful!"

That's the best case...But very often humans even do not get to this point. From the beginning some people think that anyway, from start, they cannot be loved, they will not be loved...They believe from the start that nobody will tell them that they exist, they imagine their life like something useless...Those persons are easy to notice because it's  so evident to see that they do everything not to be noticed...

But in fact, both cases are based on the childish misunderstanding of a basic principle : we are not on Earth to be loved...We are on Earth to Love!

Children need support, warmth and attention to adapt to the environment of this Earth until they get all their faculties operating. All animals including humans have the same need but once they become adults they are fully independant and they do not need care anymore, they are supposed to start to care. And this is where many humans do not see the point and get stuck in childish behaviors.

Adults do not need to be accepted anymore. They are! And it is all what is needed! It is a self demonstration. Being who we are is the only reason why we are here and it is obvious...Once we get to this point we start automatically to discover what we have to do...It unfolds from the Center of our Self! (Or the Universe if you prefer)

  But we have to stop looking for the love and acceptation of others because it is what do not allow us to discover what we are here for...

  We look like somebody enrolled for a mission in a company who will spend his time asking : "Do you love me?" instead of doing his job...See what I mean? This person will never learn the job expected...

And it is what happens!

Everybody is spending so much time asking "Do you love me?" that in fact the job of Earth do not progress. And this cause is behind all problems from divorces to wars...

So what is the job?...It is to love and not to be loved.
Look! Rivers flow one way, not both. They are not like trains with the return ticket. To be is to let love flow from your heart without expecting the river to be back to the Source. It is that evident...Do anything you do with love! As love expression. That's the definition of our position in the game!

See, we do it on the wrong way, we are rewinding the video and looking at the movie backwards... we call this rewinding "Our life"... It is why it becomes a life of fear because our need for love can never be answered...The machine is not built to operate in reverse mode!

But, imagine a minute what happens when we understand the user's manual...

Love starts flowing from everybody! It is everywhere in the streets, in the shops, everybody works in love,...

See the result?

No need to look for love anymore because then, truly : LIFE IS LOVE! LOVE IS IN THE AIR!

僕たち人間っていうのは、愛されなきゃとか、かまってもらうわなきゃと思う傾向にある。なにかをやる時の動機を見てみて。愛されていることを知る必要性の裏側を見て。僕たちが選ぶ服やお化粧、なりたい自分・・・それはすべて相手を探している鳥の羽根みたいなもの:「ねえ、見てみて、私、ここにいるよ!私がここにいるって言って!お願い、どんなに私が綺麗か言って!」

これは最もわかりやすい場合だけど…しばし人間はこのことを理解さえしていない。最初から、どうしたって自分は愛されるわけがないし、これからも愛されないだろうと信じている人たちがいる。最初から自分の存在には誰も気づかないだろうし、自分のライフは無意味だって思っているんだ。そういう人たちっていうのはすぐわかるよ。だって気付かれないようにすべてをやっているからね。

けれど実際のところ、どちらの場合も基本的には基礎的な主題についての子供じみた誤解なんだ:私たちはこの世で愛されない運命なんだ。私たちは絶対愛されるはずだ!

子どもたちというのは、この地球環境に適応するために、自分たちの能力がちゃんと機能するまで、支えてもらったり、温かく見守ってもらう必要がある。人間を含むすべての動物たちは同じだけど、彼らは一度大人になると完璧に独立し、面倒をみてもらう必要がなくなり、今度は面倒を見る側になることを期待される。ここのところでで多く人間たちが理解できず、子供じみた態度に陥るところなんだ。

大人は、もう受け入られる必要がないと思っている。だけど、そんなことはない!それこそが必要なこと。自作自演!自分自身でいることだけが、僕たちがここに存在する理由。明らかだよ。僕たちはしなくちゃいけないことを、自動的にみつけ始めた時点で、自分自身の真ん中(あるいはお好みで宇宙と言ってもいいんだけど)から展開していく。

だけど僕たちは、愛を探したり、他人から認められようとすることをやめないといけない。なぜなら、僕たちがここにいる理由をみつけることは、認められていないからだ。

そういう人たちは、仕事をする代わりに、会社の中で「私のことが好きですか?」と聞くことに時間を費やす人のようなもの。こういった人は決して期待された仕事を学ぶことはできない。

そうして、こういうことが起こる。

みんなが「私のこと好き?」と聞くことに多くの時間を費やし、地球上の仕事はまったく進まなくなる。これが、離婚から戦争まですべての問題の裏側にある原因です。

じゃあ、仕事はなに?それは愛され、愛すること。
見て!川は一方方向に流れている。双方じゃない。往復チケットがある電車とは違うんだ。存在するということは、川が源に戻ることを期待せずに流れるように、心から愛を流すこと。はっきりとわかるでしょう。どんなことも愛を持って!愛の表現として。それがゲームにおける僕たちのポジションの定義。

わかる?僕たちは間違った方向でやっている、ビデオを巻きもどしている、映画を終わりから見ている…僕たちはこの巻き戻しを「僕たちのライフ」と呼んでいる。愛を求めても、答えは決して得られないのだから、それは恐れのライフになる。機械は、逆戻りモードで動くように設定されていないからね。

でも、僕たちが取扱い説明書を理解した時になにが起こるかちょっと想像してみて。

愛はみんなから流れ始める。通りに、お店に、あらゆるところに・・・みんなは愛を持って働く。

結果はどう?

もう愛を探す必要はないでしょう。なぜって、本当に:ライフこそが愛!愛はあちこち漂っているのだから!


| | コメント (1)

2009年3月10日 (火)

Haruchika Noguchi and Self Love/野口晴哉と自己愛

Noguchi01

By an interesting synchronicity I read this morning an article written by the Founder of the Katsugen Undo, Noguchi Haruchika. In this article he writes :
"when parents define a child as being naughty and scold it for its mischief, the child comes to think nothing of behaving naughtily.
It is natural that a naughty child should do naughty things.
just as a good child behaves well, so a naughty child behaves badly.
But as to whether there actually are such creatures as "good children" and "bad children" the answer is "Emphatically not". As they are defined, so they come to be...
People become what they are recognized as being. Both adults and children become what they are recognized as being."

I think that this text will give you a good understanding of the meaning of "not judging others". If I judge that my child is "bad" it means that I create an idea of "bad" and apply it to my child. It is a way to say to him that I do not accept him as Good. I refuse to welcome his originality.I think he have to think like me, be like me etc...To be good. But he will never be like me because we are two different persons.This creates a vicious circle and frustrations for everybody!

When I am able to see only the Good In my child even if he is very different than me, I love my child as myself. Because I would not like anybody to impose me his vision by force I do not do it to my child...

It is why unconditional love of others is self love. It means "Accept others as you accept yourself"

不思議なシンクロニシティが起こり、今朝、活元運動の創始者である野口晴哉さんによって書かれた記事を読んだ。こう書いてあった:

両親が子供をいたずらっ子とみなし、迷惑なことだと怒っても、その子はいたずらをしようとは考えていないものだ。いたずらっ子がいたずらをするのは当然だからだ。良い子が良いことをするのと同じで、いたずらっ子はいたずらをする。
しかし、“いい子”や“悪い子”といった生物が実際にいるかどうかだが、答えは“断固としていない”のである。
彼らが定義されたとおり彼らはそのように存在している…人々は存在として認識されたようになるのだ。大人も子供も、存在として認識されているものになっている。

このテキストは“他人を裁かない”という意味を理解するのに役立つと思う。もし私が自分の子供を“悪い”と判断するなら、私は“悪い”という考えを作りだし、それを子どもに適用しているということだ。それは、良い子として彼を受け入れないよと言うメッセージなんだ。私は彼の独創性を歓迎しない。彼は私と同じように考えるべきだと思っている…そう、良い子でいるためにね。だけど、彼と私は違う人間だから、彼は決して私のようにはならない。これがたちの悪い循環を生み出し、全員にフラストレーションを与えるんだ!

もし私の子供が私とすごく違ったとしても、彼の中に素晴らしいものをだけ見ることができた時、私は自分と同じように彼を大切にする。だって誰にも自分のことでとやかく言われたくないから、自分の子供にもしない。

これが、他人に対する無条件の愛は自己愛であるという理由。“他人を受け入れよう、自分自身を受け入れるようにね”という意味なんだよ。

| | コメント (12)

2009年3月 9日 (月)

We are so Beautiful!/私たちはこんなに美しい!

200w_math_p_gsbf2

I want to consider the comment of Hannah on my last post about "frustration" because I think that it is a very fundamental issue that may be addressed.

I believe that there is no thing called "big mistake" or "fault" in this world. For the Universe, there is always a reason for something and this judgment do not belong to us. If we do not imagine that we are an Ego separate from the world, who is responsible? In front of  Who?

Even if for our so called "ego" something looks "Bad" there is no such thing as "Bad" in this Universe, this Universe has no capacity to judge us, it is unconditional. The only thing there is is Love (life) in expression...Even a serial killer, even Hitler or other so called "Bad entities" were not an expression of "Evil" but only an expression of distorted "Love".

What was the motivation of the terrorists of the Twin Towers in New York? Do you think it was evil? No. It was the same motivations as the Japanese Kamikaze rushing on Us Boats during the war. Where did those young Japanese boys get their resolution to do this?In some devilish places? No. They got their benedictions in Shinto Shrines, in Buddhist temples...Can you see a difference between them and the terrorists of the twin towers? I cannot. It is the same pattern. The terrorists and the Kamikaze did not act in the name of "evil" they acted in the name of a "Principle" they loved more than their own life and they gave themselves to it!

So, where is the responsibility? From where come the problem?
Who killed the Kamikaze? Who killed their so called "enemies"? Who killed so many people in the twin towers?

God?

Men?

No...Behind, between God an man, some teachings of religions are distorting the true flow because some of their teachers do not grasp the point. They do not act to harm people, they are just not enough awakened to accept the absolute freedom that religions are supposed to bring. They have no confidence in the beauty of Humanity. 

As a proof of this negative effect of a false religious idea of God and men see how Europa spent hundreds of years in "religious wars". Look in the history of the world. Religions killed more people than any other beliefs on this planet. Always in the name of a false "Good"vs"Bad" distinction. Only this idea of "good" and "bad" creates all problems in our life, even if we have no direct religious beliefs...It is part of the dream of the planet. Who is good and who is bad? Look at any problem, even in a couple. Who can decide? Why did it start?How can it end?

Only by accepting that there is no "good" nor "bad" in the absolute

It is why Jesus Christ who was a man like Buddha came after Buddha to announce the "good news" :  LIFE IS ABSOLUTE FREEDOM AND LOVE and that THERE IS NO SIN. His whole Philosophy can be resumed in two phrases:
1) Do not judge others because you will be judged by yourself with the same rules that you use for others.
2) Love your Brother like yourself.

This means that your Brother is also in you because there is no separation in your world. This means let's accept your Life in all it's manifestations, Stop destroying your beauty and the beauty of others in you.
See how ALL, including us, is so beautiful!
Accept it!

Accept it as yourself.

この間の投稿“フラストレーション”に書いてくれたハンナのコメントについて考えたい。これは、なんとかしなくちゃいけない基礎的な問題だからね。

この世に“大きな間違い”や“失敗”は存在しないと私は信じている。宇宙にはどんなことにもいつも理由があるんだ。だからこういった判断を私たちはしちゃいけないんだよ。自分が世界と区別された自己(エゴ)でないなら、誰に責任がある?誰の前において?

たとえいわゆる“エゴ”が“悪い”顔をしていても、宇宙の中では、それは“悪い”わけじゃない。宇宙は私たちを裁く力を持ち合わせていない、無条件にね。そこにあるのは表現としての愛(ライフ)だけ。連続殺人鬼や、ヒトラーや、“悪者”と呼ばれる人たちですら、“悪魔”の表現ではなく、歪んだ“愛”の表現なんだ。

ニューヨークのツインタワーを破壊したテロリストたちの動機はなんだろう?悪魔の仕業だと思う?いや、日本が戦争時、アメリカの軍艦に突撃したカミカゼと同じ動機だよ。年若き日本の少年たちが、こうした行動をする決意はどこから来たんだろう?彼らは、神社で、お寺で、祝福をもらったんだ。彼らとテロリストの間に違いがあるだろうか?私にはそうは思えない。同じ構図なんだ。テロリストもカミカゼも“悪魔”の名の元に行ったんじゃない。“信条”に基づいた行動だった。彼らは自分のライフよりもっと愛した信条に身を捧げたんだ!

じゃ、責任はどこにある?問題はどこから来た?カミカゼを殺したのは誰?彼らが“敵”と呼んだ人たちを殺したのは誰?誰が一体ツインタワーの、あんなにも多くの人を殺したんだろう?

神様?

人間?

いえ、神と人間の間にある見えない…宗教の教えが、本来の流れを歪めてしまっているんだ。幾人かの指導者は、ちゃんとわかっていないからね。宗教は人を傷つける行いはしないものだ。宗教が伝えようとしている完璧なる自由を受け入れることに、彼らがちゃんと気づいていないだけなんだ。彼らは人類の美しさに自信が持てないでいるんだ。

神と人間に対する間違った宗教的考えのネガティブ効果の結果、ヨーロッパの“宗教戦争”は何百年も続いた。世界の歴史を見てみて。宗教が、この惑星のいかなる信仰よりも多くの人間を殺してきた。それは、いつも“善”“悪”の間違った区別の元に起きている。私たちのライフにおいて、“いい”と“悪い”がすべての問題を引き起こしているんだ。たとえはっきりとした宗教的な信念がないとしてもね。それは、惑星の夢の一部。誰がいいか誰が悪いか。どんな問題でもいいから見てみて。カップルの問題でもいい。誰が決定するの?誰がそれを始める?どうやって終わらせることができる?

絶対的なものの中では、“善”も“悪”もないということを認めることによってのみ、終わらせることができるんだ。

それが、仏のような人間であったイエス・キリストが、“いいニュース”を知らせに、ブッダのあとに現れた理由だ:ライフは絶対なる自由であり愛である。そしてそこに罪悪はない。
彼の全哲学は、二つのフレーズに要約される。
1)他人を裁いてはならない。でなければ、その同じルールで自分自身を裁くであろう。
2)自分のように兄弟(人類)を愛せよ。

これはあなたの兄弟は自分の中にいることを意味している。なぜならあなたの世界の中では区別される存在でないからだ。さあ、すべての表現であるあなたのライフを受け入れよう。あなたの美しさ、あなたの中にいる美しさを壊さないで。
ね、わかるでしょう?すべて、自分を含めたすべては、こんなにも美しい!
それを受け入れよう!

自分のものとして受け入れよう。

| | コメント (7)

2009年3月 6日 (金)

How to use frustrations?/フラストレーションの使い方

N1482001590_3590

Gobert is my friend. I used to talk with him when I was a child but everybody was laughing. "Gobert, what a strange name, where did our son find it..." And because no adult was able to see Gobert anywere I started to believe that he had no existence, and I forgot him.

Recently, I don't now why, I was thinking of him...Today, he said : "Do you remember me?"
I was just getting out of a relaxing Patchouli scented hot bath. I felt, "go to your computer and write!". Here is the writing :

"Do not try to escape your frustrations
Do not ignore them,
Do not try to "be positive"
before you acknowledge
all the negativity
trying to move out.

Your frustrations are your friends,
they show you the root
of what limits you.
They always say :
do not stay trapped
throw away this burden
and move on.

Do not move to the positive first
go to the weeds before planting
anything,
clean the place first.
You do not need a therapy
you are not sick,
just look.

Nature gave you great tool :
FRUSTRATION!
This is a perfect feedback signal,
it says : beware,beware, you are sitting on your energy...
So you have to ask yourself :
What does frustrate me?
What in this situation makes me feel bad?
It shows you the first step of the process.
Then you can ask
"What would be the situation I am expected
to live in the case of a perfect scenario?"

And know that this scenario is the one
the Universe already have in stock for you.
It is why you feel frustrated,
because frustration is one of the ways
the Universe uses to tap on your shoulder and say :
"Are you sure you really don't prefer my scenario?"

Thank you Gobert.
Please visit again...

ゴバートは僕の友達。子供の頃は彼とよく話したものだ。だけどみんなは笑ってた。「ゴバートだって?なんて変な名前なんだ。私の息子はどこからそんなものを見つけてきたんだ」とかね…。大人にはゴバートがどこにも見えなかったから、僕も本当は彼は存在していないんじゃないかと信じはじめ、そしていつの間にか彼のことを忘れてしまった。

なのに最近、どういうわけか彼のことを考えている。今日、彼はこう言ったんだ。
「僕を覚えている?」
ちょうどパチュリーの香りの気持ちいいお風呂から出てくる時だった。
「コンピュータへ行き、書くんだ!」という声を感じた。これがそれ。

フラストレーションから逃げようとしないで
無視しないで
“前向きに”なろうとしないで
すべてのネガティブなことがらが
出ていこうとしていることを
確認するまではね。

キミのフラストレーションは、キミの友達だよ
なにがキミを封じ込めているのか
その根っこのところを教えてくれているんだ。
彼らはいつもこう言っているんだよ:
罠にかかったままでいないで
こんな苦しみは投げ捨て
そして動きだそう

まず前向きに進まないで
雑草を抜くんだ、なにかを植える前にね
最初にそこをキレイにしなくちゃ。
セラピーに行く必要なんてないよ
キミは病気じゃない
ただ見るだけでいい

自然はキミにすばらしい道具をくれたんだ:
フラストレーション!
これこそ完璧なるフィードバック信号
「警戒せよ、警戒せよ、キミはエネルギーの上に座っているよ・・・」と言っている。
だから自分に聞いてみなくちゃ
「なにが僕をダメにしているんだ?」
「どんな状況が僕を落ち込ませるんだ?」
これがプロセスの第一段階。
そして今度はこう聞いてみて
「素晴らしいシナリオの場合だったら、
僕は生きるためにどんな状況が期待されているんだろう?」

このシナリオは宇宙がキミのためにもうすでに
準備してあるものだってことを知って。
キミがフラストレーションを感じている原因はこれなんだ
フラストレーションとは、
宇宙がキミの肩をポンと叩いて、こう言うために
使う手段のひとつなんだよ
「あなたは私のシナリオが本当に気にいらない?」

ありがとう、ゴバート。
また来てね。



| | コメント (1)