« Haruchika Noguchi and Self Love/野口晴哉と自己愛 | トップページ | Native wisdom/ネイティブ・アメリカンの教え »

2009年3月14日 (土)

Life is Love/ライフは愛なんだ

Npads140208x09genlovebir

We, Humans tend to believe that we need love and attention...
Look at almost all our motivations, at everything we do, and see behind the need to know that we are loved. The clothes we choose, our make up, what we want to become, everything is like the feathers of a bird looking for mating : " Look! I exist!Tell me that I exist! Please! Tell me how much I am beautiful!"

That's the best case...But very often humans even do not get to this point. From the beginning some people think that anyway, from start, they cannot be loved, they will not be loved...They believe from the start that nobody will tell them that they exist, they imagine their life like something useless...Those persons are easy to notice because it's  so evident to see that they do everything not to be noticed...

But in fact, both cases are based on the childish misunderstanding of a basic principle : we are not on Earth to be loved...We are on Earth to Love!

Children need support, warmth and attention to adapt to the environment of this Earth until they get all their faculties operating. All animals including humans have the same need but once they become adults they are fully independant and they do not need care anymore, they are supposed to start to care. And this is where many humans do not see the point and get stuck in childish behaviors.

Adults do not need to be accepted anymore. They are! And it is all what is needed! It is a self demonstration. Being who we are is the only reason why we are here and it is obvious...Once we get to this point we start automatically to discover what we have to do...It unfolds from the Center of our Self! (Or the Universe if you prefer)

  But we have to stop looking for the love and acceptation of others because it is what do not allow us to discover what we are here for...

  We look like somebody enrolled for a mission in a company who will spend his time asking : "Do you love me?" instead of doing his job...See what I mean? This person will never learn the job expected...

And it is what happens!

Everybody is spending so much time asking "Do you love me?" that in fact the job of Earth do not progress. And this cause is behind all problems from divorces to wars...

So what is the job?...It is to love and not to be loved.
Look! Rivers flow one way, not both. They are not like trains with the return ticket. To be is to let love flow from your heart without expecting the river to be back to the Source. It is that evident...Do anything you do with love! As love expression. That's the definition of our position in the game!

See, we do it on the wrong way, we are rewinding the video and looking at the movie backwards... we call this rewinding "Our life"... It is why it becomes a life of fear because our need for love can never be answered...The machine is not built to operate in reverse mode!

But, imagine a minute what happens when we understand the user's manual...

Love starts flowing from everybody! It is everywhere in the streets, in the shops, everybody works in love,...

See the result?

No need to look for love anymore because then, truly : LIFE IS LOVE! LOVE IS IN THE AIR!

僕たち人間っていうのは、愛されなきゃとか、かまってもらうわなきゃと思う傾向にある。なにかをやる時の動機を見てみて。愛されていることを知る必要性の裏側を見て。僕たちが選ぶ服やお化粧、なりたい自分・・・それはすべて相手を探している鳥の羽根みたいなもの:「ねえ、見てみて、私、ここにいるよ!私がここにいるって言って!お願い、どんなに私が綺麗か言って!」

これは最もわかりやすい場合だけど…しばし人間はこのことを理解さえしていない。最初から、どうしたって自分は愛されるわけがないし、これからも愛されないだろうと信じている人たちがいる。最初から自分の存在には誰も気づかないだろうし、自分のライフは無意味だって思っているんだ。そういう人たちっていうのはすぐわかるよ。だって気付かれないようにすべてをやっているからね。

けれど実際のところ、どちらの場合も基本的には基礎的な主題についての子供じみた誤解なんだ:私たちはこの世で愛されない運命なんだ。私たちは絶対愛されるはずだ!

子どもたちというのは、この地球環境に適応するために、自分たちの能力がちゃんと機能するまで、支えてもらったり、温かく見守ってもらう必要がある。人間を含むすべての動物たちは同じだけど、彼らは一度大人になると完璧に独立し、面倒をみてもらう必要がなくなり、今度は面倒を見る側になることを期待される。ここのところでで多く人間たちが理解できず、子供じみた態度に陥るところなんだ。

大人は、もう受け入られる必要がないと思っている。だけど、そんなことはない!それこそが必要なこと。自作自演!自分自身でいることだけが、僕たちがここに存在する理由。明らかだよ。僕たちはしなくちゃいけないことを、自動的にみつけ始めた時点で、自分自身の真ん中(あるいはお好みで宇宙と言ってもいいんだけど)から展開していく。

だけど僕たちは、愛を探したり、他人から認められようとすることをやめないといけない。なぜなら、僕たちがここにいる理由をみつけることは、認められていないからだ。

そういう人たちは、仕事をする代わりに、会社の中で「私のことが好きですか?」と聞くことに時間を費やす人のようなもの。こういった人は決して期待された仕事を学ぶことはできない。

そうして、こういうことが起こる。

みんなが「私のこと好き?」と聞くことに多くの時間を費やし、地球上の仕事はまったく進まなくなる。これが、離婚から戦争まですべての問題の裏側にある原因です。

じゃあ、仕事はなに?それは愛され、愛すること。
見て!川は一方方向に流れている。双方じゃない。往復チケットがある電車とは違うんだ。存在するということは、川が源に戻ることを期待せずに流れるように、心から愛を流すこと。はっきりとわかるでしょう。どんなことも愛を持って!愛の表現として。それがゲームにおける僕たちのポジションの定義。

わかる?僕たちは間違った方向でやっている、ビデオを巻きもどしている、映画を終わりから見ている…僕たちはこの巻き戻しを「僕たちのライフ」と呼んでいる。愛を求めても、答えは決して得られないのだから、それは恐れのライフになる。機械は、逆戻りモードで動くように設定されていないからね。

でも、僕たちが取扱い説明書を理解した時になにが起こるかちょっと想像してみて。

愛はみんなから流れ始める。通りに、お店に、あらゆるところに・・・みんなは愛を持って働く。

結果はどう?

もう愛を探す必要はないでしょう。なぜって、本当に:ライフこそが愛!愛はあちこち漂っているのだから!


|

コメント

ありがとうございます。
いつも読ませていただいています。読んで、心がほんわか温まります。ステキなことに気がつく。いつもそんな気持ちになります。そして、今日も。
パトリスさんのように想い、お料理をして、人と接して・・・そう想っているうちにどんどんそうなっていきます。とてもうれしいです!!

投稿: k | 2009年3月17日 (火) 16時40分

コメントを書く





絵文字を挿入