« A Spring present for Yuri / ユリに春のプレゼント | トップページ | Synchronicity and the Law of attraction/シンクロニシティと惹きつけの法則 »

2009年3月23日 (月)

Sardines and Self Love / イワシ君と自己愛

Dsc04302

This question of Self Love cannot be "understood" with our "head". It is not just like saying "OK, I love myself", it is something we have to feel, it is a kind of "Satori".

"Once, there was a young sardine who asked his Father : "Daddy, I heard that there is an ecstatic place on this planet called The Sea, is it true?

Father sardine said : "Mmm...some of our people say so but for me It is a fantasy, I do not believe such a place can logically exist, we would know it. For me, the only thing which is true is this reality around us..."

Hearing those bad news from the mouth of his Father, young sardine felt really depressed..."If this marvellous place called "sea" is just a dream what is the meaning of my existence? Do I really have to give up that dream like my Dad or should I continue to look for it until I discover where it is? "

How would you help young sardine realize that he is already in the Sea?

Buddha did his best to reveal the Truth, Jesus did his best to reveal the same Truth, a lot of spiritual masters still do their best to awaken their disciples to this too evident evidence but still a majority of the sardines think that the Sea do not exist and some of them who call themselves "spiritual seekers" are doing their best to jump out of the water expecting to find this "Promised Sea" somewhere outside...

My imagination game in one of my previous post was not just a game, it was a training exercise to help you experience from inside how it feels to be swimming in a sea of love. I will continue to provide more training hints...

Aloha!

自己愛についての問題は“頭”で“理解”することはできない。ただ“オーケー、自分のことを愛するよ”というようなことじゃないんだ。感じなきゃいけないもの、ある種の“悟り”なんだ。

昔、イワシの少年がお父さんにこう尋ねた。
「父ちゃん、この惑星には天にも昇るような“海”っていう素晴らしい場所があるって聞いたんだけど、それって本当なの?」

父さんイワシはこう答える。
「ム~…そういうことを言っている者たちもいるようだけれど、父さんはそれは空想の世界だと思うぞ。父さんたちが知る限りでは、そんな場所が論理的に存在するなんてありえないからな。まわりにあるこの現実だけが真実だよ。」

父さんの口からバッド・ニュースを知らされて、イワシ君は本当にがっかりした。
「もし“海”という素晴らしい場所が単なる夢だとすると、僕の存在意義はなんだろう?父さんのように、僕も本当に夢をあきらめなくちゃいけないのかな?それとも、どこにそれがあるのか探し続けるべき?」

あなたは、キミはもうすでに海の中にいるんだよってことを、どうやってこのイワシ君に気がつかせてあげることができるだろう?

ブッダはこの真理を証明しようと最善を尽くした。ジーザスも同じ真理を証明しようと最善を尽くした。多くのスピリチュアルの先生たちは、今なお、この明白なる証を弟子たちに気づかせようと最善を尽くしている。けれど大多数のイワシたちは、海は存在していないと思い、“精神の探求者”と自らを呼ぶものたちは“約束された海”を、どこか外に探し求めて、海から飛び出そうとベストを尽くしている。

前回投稿した僕のイマジネーション・ゲームは、単なるゲームじゃない。愛という海を泳いでいる感覚を内側から経験するためのトレーニングなんだ。もっとたくさんのトレーニングのヒントを提供し続けようと思う。

アロハ!

|

コメント

こんにちは、パトリスさん。
本当に連日すてきな記事をありがとう。

ここしばらくself loveについて考えすぎて、頭が熱くなってしまいました!
ですが、考えた後に自分の周りを見渡すと、
春の日差し、たくさんの花、愛する夫に猫、
完璧な世界は目の前にあるじゃないか!と
目からうろこが落ちました。
ネガティブなことは人の頭の中にしかないのかもしれない、と思った瞬間でした。

だとすると、一見マイナスのできごとさえ、
落ち込むためでなく学ぶためにあるのかもしれないのですね。
マイナスのできごとから学んでポジティブに変えるか、
過剰に反応してマイナスの連鎖を生むかは、
その人の捉え方次第なんだと。

そうそう、私が世界の完璧な美しさを知る
大きなきっかけになったのが、
あなたの提案するライフスタイルでした。
暮らしを心地よく楽しむ、そんなシンプルな原則で
目の前の現実をパラダイスに変えることができる、
それを初めて教えてくれたのがあなただったのです。

素敵な魔法使いパトリスさんに愛をこめて♪

投稿: acco | 2009年3月23日 (月) 14時48分

 恐れていることがあると(自分を愛していないと)そのことを学ぶために幾度となく同じことが起こるのかなぁ??と最近感じています。
 
 いまがイワシくんのいう「海」のなかだとしたら、わたしたちはすいすいと泳ぐしかない。
 それも気持ちよさそうに!
 だけど、人間だからなかなか「!」と悟るまでにいかなくて、頭で考えてしまうことも多いけれどできるだけカラダを動かして一生懸命悟りのシナプスにつなげようとしています。 
 うーん!でもまだ!
 ここは海!(といいきかせる・・・)
 

投稿: まゆち | 2009年3月25日 (水) 03時55分

コメントを書く





絵文字を挿入