« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月20日 (月)

Simple joys.../素朴な喜び

A flower in a vase

花瓶の花

Img_5424

A simple salad

シンプルなサラダ

Img_5410_2

A silent garden in the evening...

夜の静かな庭…

Img_0880

Every instant is a simple joy...

どの瞬間も素朴な喜び…

| | コメント (3)

2009年4月17日 (金)

Saturday night.../ 土曜の夜…

Saturday night event is full, sorry...
Thank's to all of you!
Wish you a great Week End.

土曜の夜のイベントは完売となりました。ごめんなさい。

すべてのみなさんに感謝します、ありがとう。

素敵な週末を。

Love
P & Y

Untitled

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

Channeling and imagination./チャネリングとイマジネーション

How do we get radio stations access our mind?
How do we catch television programs in our houses?
More and more people have internet reaching their computers without any need for a physical line,
We are all using mobile phones on an everyday basis...
this communication without any need for physical lines is increasing in our everyday life, even remote controllers work the same way...Do anybody think it is weird?

But back in 1893 when a genius called Nicolas Tesla did his first demonstration of radio wireless communication at St Louis, Missouri many people around him thought he was a "mad scientist".

Today, who knows his name? Who knows that our actual communication world was being birthed then in the imagination of this Serbian immigrant.

We are now 24h a day living in what the Universe inspired to Tesla. He felt that we are all bathed in an information world we do not see. Today, more than 100 years after this date, people use mobile phones around us and we do not feel it is strange. We see them and hear them speaking but do not realize that all those "ideas" and "words" are always flying in the air around us, available to us  24 hours a day. If we have a radio or a TV receiver we can also get programs of sports, music, news,...

Ntesla

All this is traveling in the air at any moment and any place and we do not see it. We see the color red and the color violet but what about the colors we cannot see? Does that mean that what we cannot see does not exist? Does that mean that what we cannot hear do not exist?

Imagine a man who does not know anything about a TV or a radio. If he did not know how to use his receiver, if he did not know how to tune to a particular station what would happen? Nothing...

It is the same with our minds...We accept our communication machines like scientific and technical evidences but what would have it been if we were born 500 years ago...those ideas would have been judged crazy...There is no magic as a trick, all is about opening our imaginations to the LAWS OF LIFE.

What happens today when we hear the world "channeling"? Many people think it is "strange" or "weird" or "occult"... They do not see that it is an application of absolutely the same rule that they are already using with their TV... Except the fact that for "channeling" the only machine you need is your own mind...

But now it is time to start training ourselves for our next technological revolution...We are already doing it everyday but we still do not accept it fully. What is inspiration? What is intuition? What is an invention? What is a creation?

All this is "channeling" or "wireless communication" with the mind of the Universe. Laboratory research is not research, it is just a tuning procedure, working trough trial and error. It is the same thing we are doing when we use a radio and tune in a particular frequency until we get a clear reception of the program.

Channelers are not special people, they are just people who accept the strangeness of this tuning and the risk to have other people say that they are "crazy" or "fake".

It is now time to open ourselves to the truth of our real potential and learn how to "tap in" the mind of the Universe. It is time for everyone to start using the free "wireless communication system of the Universe". It is not difficult, the first step is to stop thinking that it is weird.

Everybody have this "build in capacity" from the beginning of times. No man has a particular gift that would allow him to say he is a reincarnation of a special entity. All spiritual Masters are just people who took the risk to be judged "weird". What they found is in now the "public domain" of the Universe. It is available at every moment. Everybody is able to access this "database".

Our technology is just a symbol, a proof that it works : "If you can hear the voice of a distant friend in the speaker of your mobile phone it means that you are a channeler and you can also choose to access any mind in the past or the future..."

What about so called "guides" or channeling big names like Buddha, Jesus or even God? Sounds weird isn't it... but is it really? Does the "energy" associated with those names belong to the past or is it still available now to us...?

Why do people meditate? Why do they do Zazen? What are they trying to reach?...Where are the solutions of the actual so called "Economical problems"...? From where will answers emerge for our future about new energies, anti pollution devices, social and economic innovations?

From laboratories? From banks? From geniuses? From astrology? From new prophets or special people...or more simply from each one of us if we finally accept that we are not only a fragile assemblage of cells suspended in time from birth to death...

When will we start to understand the unlimited potential in us?...

Next Saturday 18th session will be about this. I will share with you what is coming through me about how to start channeling your solutions. Remember, in 1992, I did it through a cooking book : "France Ryori ABC". I was not a Chef, just a person like everybody and this simple 98 pages book had an unexpected influence on so many people, it was not only a cooking book, it was about joy and potential... Synchronistically, a few weeks ago after being republished regularly during 17 years, "France Ryori ABC" retired, "Otsukaresama!..." This means for me that my next step is starting. After a kind of "food revolution" with this book, a "Lifestyle revolution" with "Sekatsu wa art", now I am glad to start contributing to what is happening now on this Planet : "The mind revolution..."

Do not be impressed by words like "Channeling" or "Guides", it is the same thing as "Guérande salt" or "Olive oil", just ingredients to cook a "Good Life". You already did learn how to cook good food, how to cook nice lifestyles, now let's start cooking with our minds...

6c9f46020ea04569ed909110l_aa240_

See you saturday for a great evening! O tanoshimi"

I Love you!

Patrice


どうやってラジオ番組を心に入り込ませる?どうやってテレビ番組を家で受信する?どんどん多くの人が、インターネットを無線でコンピュータ上につなげているよね。日常的に、すべての人がケイタイ電話を使っているし・・・。物理的につなげるものなど必要なく、こういった通信が毎日の生活の中で増えている。リモコンも然り。誰か、これを変だと思う?

だけど1893年まで遡ると、ニコラス・テスラと呼ばれる一人の天才が、ミズーリ州のセントルイスでワイヤレスのラジオ通信を初めて行った時、多くの人たちは彼のことを“気違い科学者”だと思っていた。

今日、誰か彼の名前を知っている?僕たちの実際の通信世界は、かつて、このセルビアからの移民のイマジネーションの中で生まれたんだってこと、誰か知っている?

僕たちは今、一日24時間、宇宙がテスラに息吹を吹き込んだものの中で生きている。彼は僕たちが目に見えない情報世界に浸されていると感じていたんだ。あれから100年以上たった今日、僕たちの回りの人々はケイタイ電話を使っているけど、変だなんて感じてない。それらを見、それらが話すのを聞いているけど、こういった“アイディア”や“言葉”が空中を常に飛んでいて、一日24時間それを手に入れることが可能だってことには気がついていないんだ。もしラジオやテレビの受信機を持っているなら、スポーツ番組、音楽番組、ニュース番組なんかも手に入れることができる。

これらすべては、どんな時でもどんな場所でも空中を行き来しているけど、僕たちには見えない。赤や紫といった色は見ているのに、見ることができない色はどうなっているんだろう?見えないってことは存在してないってこと?聞こえないものは存在してないってことになるのかな?

想像してみて。ラジオのこともテレビのことも知らない人のことを。もしその人が受信機の使い方を知らなければ、あるいは特定の局にチューンを合わせる方法を知らなければ、いったいどうなる?なにも起こらないよね…

同じことが僕たちの心にも言えるんだ。僕たちは、科学技術の証明のような通信機械は認めているけど、もし500年前に生まれていたらどうだっただろう?そんな考えは、気違いじみていると判断されただろう。手品の魔法じゃない。すべてはライフの法則に僕たちのイマジネーションを開くこと。

“チャネリング”の世界と聞くと、なにが起こる?多くの人は“変”だとか“奇妙”だとか“オカルト”だって思っている。彼らにはわからないんだよ。それが、彼らがすでに使っているテレビと同じ法則の応用だってことがね。“チャネリング”に必要な機械はただひとつ、自分の心だってことを除けばと言うことだけど。

だけど今こそ、次の技術革命のために僕たちはトレーニングを始める時なんだよ。僕たちはすでに毎日行っているけど、それを丸ごとはまだ受けれいていない。霊感ってなんだろう?直感ってなに?発明は?創造は?

これらすべては、“チャネリング”あるいは宇宙の心との“無線通信”だ。研究所の研究は研究じゃない。単なるチューニングの過程、試行錯誤を繰り返しの仕事なんだ。これはラジオのお気に入りの局にチューニングを合わせる作業と同じ。番組がはっきり聞こえるまでやるよね。

チャネラーは特別な人じゃない。彼らはこのチューニングの奇妙さや、他の人から“気違い”“ニセモノ”と言われるリスクを受け入れている人たちなんだ。

さあ、僕たちも真の可能性へ心を開き、宇宙の頭脳へノックする仕方を学ぶ時だ。みんなが無料の“宇宙の無線通信システム”を使い始める時だ。難しくない。最初の一歩は、それを怪しいと思うのをやめること。

この世が始まった時から、誰もが“埋め込み式才能”を持っている。誰も自分は特別な存在の生まれ変わりだと言うことが許される特殊な贈り物を持っていない。すべてのスピリチュアルの師は、“変わりもの”と思われるリスクを取っているただの人だ。彼らが見つけたものは、宇宙の“公けのドメイン”の中にある。それらはいつでも手に入り、誰もがこの“データベース”にアクセスすることができるんだ。

僕たちの技術は、それがうまくいっている証明のシンボルにすぎない。”ケイタイ電話のスピーカーから遠く離れた友達の声を聞くことができるなら、あなたはチャネラーだし、過去や未来の精神にアクセスすることもできる。

ブッダやキリスト、神様いうようなビッグネームのチャネリングやガイドと呼ばれるものはどう?奇妙な感じだね。だけど本当に?そう?これらの名前に関連した“エネルギー”は過去のもの?それとも今でも手に入る?

なぜ人は瞑想するの?なぜ彼らは座禅を組むの?なにに到達しようとしている?“経済問題”と呼ばれる実際の問題の解決策はどこにある?新しいエネルギーや無公害器、社会的経済的発明など未来への答えはどこから湧いてくる?

研究室から?銀行から?天才?星占い?新しい預言者か特別な人たちから?それとも・・・・ついに自分たちは誕生から死までの間の単なる壊れそうな細胞の集まりじゃないと認めるなら、もっとシンプルに僕たちの中の一人から?

いつ自分の中にある無限の可能性を理解し始めましょうか?

今度の18日土曜日のセッションは、これについてです。あなたの解決策にチャネリングする方法について私を通してでてきたものをシェアします。覚えている?1992年僕はお料理の本を通して行ったんだ:フランス料理のABC。僕はシェフじゃなかった。他の人と同じただの人だった。このシンプルな98ページの本は多くの人たちに期待以上の影響力を持った。これは単なるお料理の本じゃなかったんだ。これは喜びと可能性についての本。

偶然にも、数週間前、17年間にわたって定期的に増刷されていた“フランス料理ABC”が引退した。“お疲れ様でした”。僕にとって、これは新しいステップのスタートを意味している。この本にあったある種の“食の革命”、「生活はアート」にあった“ライフスタイルの革命”を経て、今僕はこの惑星で起こっていること“精神革命”に携われて、うれしい。

“チャネリング”とか“ガイド”といった言葉に惑わされないで。ゲランドの塩やオリーブオイルと同じなんだ。“素晴らしいライフ”を料理するのに必要な素材。美味しい食べ物を料理する方法をあなたはすでに学んだでしょう。素敵なライフスタイルを料理する方法もね。さあ今こそ心の料理を始めましょう…

では、土曜日の素晴らしい夜に会いましょう!お楽しみ。

I love you

パトリス

| | コメント (1)

2009年4月13日 (月)

Our house on cover.../我が家が表紙に

Click on cover to get it big size.

On sale 4/21

拡大するには表紙をクリックしてね。

4月21日発売です。

Sumai_2

| | コメント (1)

2009年4月 9日 (木)

Sakura in the evening/夕方の桜

| | コメント (3)

Sakura in the morning/朝方の桜

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

18 April : A surprise event by Patrice & Yuri/4月18日:パトリスとユリによるサプライズ・イベント

Img_0524

This month, Yuri and I participating again in an Hooponopono workshop with Dr Hew Len there will not be a regular PJ Dojo this month. The next one will be on May 31 and it will be about a very interesting topic : using the different "Aspects of yourself". I will introduce this concept of "aspects" more in details in one of my next posts.

For this month I got suddenly the inspiration to hold a surprise event in substitution to the PJ Dojo. On Saturday 18 of April from 6:00PM to 10:00PM. Yuri and I will organize a limited Evening at our home with a light buffet dinner and after the dinner a channeled free Q & A session. The spring energy flowing around us and in us is a perfect timing to move on new horizons in our life, deepen perspectives, focus on ourselves and on our dreams. The Q & A session will be a chance to ask freely to Patrice's Channeled Guides about anything you want to get clear about.

Program of the evening :
6:00 registration
6:30 start of dinner
8:00~ Start of Q & A
10:00 end

Participation fee all included : ¥13.000

Informations and reservations at : bureau@patricejulien.com

今月は、ユリと私がヒューレン博士のホオポノポノ・ワークショップに再び参加するため、通常のPJ道場は行いません。次回は5月31日、とても面白いトピックになりますよ:“自分の中にある様々な側面”を使う。この後の投稿の中で、この“側面”のコンセプトについてもっと深く掘り下げていくつもりです。

さて、今月のPJ道場の代わりに、サプライズのイベントをやろうというインスピレーションが突然湧いてきました。4月18日土曜日、午後6時から10時まで。ユリと私が、私たちの家で軽いビュッフェスタイルの食事とともに特別な夜を準備します。ディナーの後は、チャネルフリーのQ&A(質疑応答)セッションです。私たちの回りに、内に、春のエネルギーが流れる今こそ、ライフの新しい展望へと移行し、視野を深め、自分自身に、自分の夢に焦点を合わせる絶好のタイミングと言えるでしょう。Q&Aセッションでは、あなたが明解にしたいと思っていることについて、パトリスのチャネルガイドに自由に尋ねることができます。

夜のプログラム:
6:00 受付
6:30 ディナー
8:00 Q&A セッション
10:00 終了

参加費(すべて込):\13,000
お問い合わせと予約:bureau@patricejulien.com

| | コメント (4)

2009年4月 2日 (木)

Why about a beer?/ビールはいかが?

I love this funny CM for beer, and you? It's so dynamic and fun.

このビールのCM、面白くて大好き。あなたはどう?大胆で楽しいよ。

| | コメント (3)