« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月23日 (土)

More about our "inner team"/僕たちの“内なるチーム”についてもう少し

Have you ever tried meditation?
If yes, you know that one of the main obstacles is to "quiet the mind". Usually the more people try to "quiet their mind" the more it becomes difficult to find "peace". It is why so many give up meditating while others try to find a radical technique to allow the mind cool down...

瞑想したことある?

したことがある人なら知っていると思うけど、瞑想の障害のひとつが“精神を穏やかにする”こと。普通は、精神を穏やかにしようと思えば思うほど、“静寂”を見つけるのが困難になるものなんだ。精神を落ち着かせる素晴らしい技術を見つけようと試みる人たちがいる一方で、諦めてしまう人がたくさんいるのは、そういうわけだからだ。

Img_5494

(Idea for original watch オリジナル時計のアイディア)

What is this "noise" in our mind? If we try to listen to it we find that it is like the lobby of a placement office, in our mind we have people of all ages and all educations waiting for a job, we even have creatures from other realms, angels, fairies, souls of the past, at all time our mind is more crowded than a big city main train station at a rush hour...

心の中の“ノイズ”とはなんだろう?もし聞くことができるなら、それはまるで職業斡旋所のロビーみたいじゃないかな。僕たちの心の中には、様々な年齢の、仕事に就けるすべての教育を受けた人々がいる。他の王国からやってきた生き物さえいる。エンジェルとか、妖精とか、過去の魂とか。どんな時も僕たちの心は、ラッシュアワーの大都会の主要駅よりも混雑している。

Our average daily life is the result of this chaotic interaction..
Now imagine if you could make a good placement, if you could find in this inner crowd the right person at the right time to make the job you need to do...And ask that person to work for you...

僕たちの普通の日常生活というのは、この混沌とした相互作用の結果…。ちょっと想像してみて。すごくいい職業を斡旋することができたって。この内なる喧噪の中で、あなたが必要とする仕事をやってくれるのにふさわしい人と時間を見つけることができたって。そして、その人にあなたのために働いてくれるように頼んでみて。

For example, you have an important meeting and you feel nervous, you go "inside" and ask for your inner expert to prepare the meeting with you. With you inner eye you let the dialog go, you listen to it and eventually you keep a notebook near you to write important ideas...

たとえば、あなたは重要な会議があり緊張しているとしよう。さあ“中へ”行き、自分の内なる専門家に一緒に準備をしてくれるように頼んでみるんだ。あなたの内なる目でダイアログを動かし、それを聞いて。そのうちに、重要なアイディアをそばにあるノートに書き続ける。

Img_5499

(Ideas for my book "Patochien" 僕の本“パトシアン”のアイディア)

My readers know how much notebooks are important in my life. It is because I work a lot with my inner partners. If you look at my notes you will be amazed because you will see that almost all my books are already designed there...I myself feel amazed when I look back...

僕のライフの中でどれだけノートが重要かってこと、僕の読者の方たちは知っているよね。それは、内なるパートナーと僕が一緒に働いているからなんだ。ノートを見たら、みんな驚くと思うな。だって僕のほとんどすべての本が、すでにそこでデザインされているんだから。僕自身、読み返してみると、びっくりするよ。

How does that work? It is in fact very simple and pleasant and it is the key of access to creativity, imagination and channeling, it is why I chose this theme for my next Creators Workshop on the 31 of May...

どうやってやるか?実のところ、これはとてもシンプルで楽しい。それが、クリエイティビティやイマジネーション、チャネリングにアクセスする鍵なんだ。次回5月31日のクリエイターズ・ワークショップに…だからこのテーマを選んだんだよ。

| | コメント (3)

2009年5月21日 (木)

How can we change the world? /どうやったら世界を変えることができるかな?

Let's dance our life! And it really happened in a Central railways station in Anvers...

さあライフを踊ろう!これって、アンバーのセントラル駅で本当に起こった出来事なんだ…

| | コメント (10)

Bonjour "Libellule" sama / こんにちはトンボ様

They are good friends with the Fairies, in French they are called "Libellules",
they like to play with the wind.

彼らは妖精と友達でね、フランス語でリベリュールって呼ばれているんだ。風と遊ぶのが好きなんだよ。

Today morning one of those first flying beauties of the season came to say "hello!" during our breakfast. She allowed me to take this picture for you, hope you like our sexy friend...(Click on the picture for big image)

今朝の朝食の間に、今jシーズン初、美しい虫たちの一人が“こんにちは”を言いにやってきた。そして皆さんにお見せするこの写真を撮らせてくれたんだ。皆さんが僕たちのセクシーな友達を気にいってくれるといいな。

Merci Libellule!

ありがとう、トンボさん!

Img_5484_3_3

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

What is real?/なにがホンモノ?

Is our everyday "reality" really "real"?
The artwork of Kitaoka Akiyoshi gives an answer... (Double click to get a bigger image)

日常の“現実”って本当に“ホンモノ”?

北岡明佳さんのアートワークが教えてくれています…(ダブルクリックして、大きなイメージで見てみてね)

Phoenix412396

| | コメント (1)

2009年5月15日 (金)

Have a nice week end! いい週末をね!

Funny song...オモシロイ歌…

I'm a new soul. 私は新しい魂

I came to this strange world この奇妙な世界にやってきた

Hoping I could learn a bit 'bout how to give and take. 与え与えられる方法をちょっとは学べたらいいなと思って
But since I came here, felt the joy and the fear なのに、ここに来てから、喜びや恐れを感じ
Finding myself making every possible mistake. 私ったら、起こるべき失敗という失敗をやっちゃうの

La la la...

I'm a young soul in this very strange world 私はこのとても奇妙な世界に住む若い魂
Hoping I could learn a bit 'bout what is true and fake. なにが本当でなにがウソかをちょっとは学べたらいいなと思って
But why all this hate? だけど、どうしてみんな憎んでいる?
Try to communicate. 理解しようとしたらどう  
Finding trust and love, it's not always easy to make. 信頼と愛を見つけるの、いつも簡単 ってわけじゃないけど

La la la...

This is a happy end, これはハッピーエンド
Cause you don't understand だって自分がしてきたことを
Everything you have done. あなたは理解していないでしょ
Why's everything so wrong?  どうして、すべてがこんなにうまくいかないの?

This is a happy end. これはハッピーエンド
Come and give me your hand ここへきて私に手を貸して
And I'll take your far away... そしたら私はあなたを遠くへ連れていくでしょう

I'm a new soul I came in this strange world 私はこの奇妙な世界にやってきた新しい魂
Hoping I could learn a bit 'bout how to give and take 与え与えられる方法を少しでも学べたらいいなと思って

But since I came here, felt the joy and the fear なのに、ここへ来てから、喜びと恐れを感じ
Finding myself making every possible mistake! 私ったら、起こるべき失敗という失敗をやっちゃうの!

| | コメント (3)

2009年5月10日 (日)

PJ Event in Kiryu / PJイベント in 桐生

"Okafuku" is a "Private Cultural Center" and "Japanese Tea place" in Kiryu. It is located in a beautiful traditional Japanese family house and operates on week ends.
Isao san and Haruyo san (Brother and Sister) do the artistic direction and in the Kitchen, the charming Mother prepares delicious home-style japanese deserts they serve with tea in front of the atmospheric garden (Reservations and informations : O277-43-2525)

“岡福”は桐生にある“個人カルチャーセンター”&“甘味処”。美しい日本家屋の中にあって、週末のみオープンしています。イサオさんとハルヨさん(兄妹)がアートの采配をふるい、お勝手では、可愛らしいお母さんが美味しい自家製の和菓子を作っています。それが趣のあるお庭の前でお茶と一緒に出されるのです。(ご予約とお問い合わせ:0277-43-2525)

Img_0963

Haruyo and Isao invited us this Sunday for a talk show about "Simple Lifestyle Design". A warming experience for us and for all the participants.

ハルヨさんとイサオさんがこの間の日曜日、「シンプル ライフスタイル デザイン」についてのトークショーに僕たちを招待してくれたのです。僕たち、すべての参加者にとって、心温まる経験でした。

Img_1010_21

The house is full...

会場は満席…

Img_1017_21

Before the Talk, a very moody guitar concert by Wakabayashi Shigeru.

トークの前、若林シゲルさんによる、ぐぐっとくるギター演奏。

Img_1025_21

Pj and the noh masks. Funny synchronicity...

PJと能面。おもしろいシンクロニシティでしょ…

Img_1034_21

The party after the talk. Haruyo san presents her

"Kami shibai" a very interesting japanese traditional storytelling technique...

Thank you all for the great time!

トークのあとのパーティ。ハルヨさんが、とても面白い日本の伝統的な話術で“紙芝居”を見せてくれました。

みなさん、素晴らしい時間をありがとう!

| | コメント (1)

2009年5月 7日 (木)

Next Creator's Workshop : How to use your different faces?/次回クリエイターズ・ワークショップ:あなたの様々な顔を使う方法

Uncategorizedchinese_mask2_1

We often try to "change ourselves", to become an image like : a better person, a good Father or Mother, a good child, a good wife, and sometimes "a spiritual person", "a peaceful person",etc. And we fight hard because we think we have to "become ONE PERSON", almost always a "Good" person..., But the result is that we tend to never succeed...
And it is good news.
Why?
Because if we became "One person" we would be the most boring human being in the Universe. Imagine, always the same face...something like a robot...

But, look well, inside of us we have many persons, many faces, it is like a theater Play. For example, a mother can play with her child like a serious adult, she can also be a teacher and also a good child and a bad child, she can be a nice lover for her husband, a fun mother with her kids, ,...so many different combinations are possible. And they are all useful for a well balanced lifestyle.

If a Father uses just his "salaryman" face, his kids may not feel so much love from him. Even if he works hard for his family and thinks it is the best way to love them... Kids need their father to be able to have many faces : the good friend, the loving God, the thunder, the playful child, the magician,... they may also like him to be able to become a fragile human being sometimes and show his heart...

We have so many aspects inside us. If we do not welcome all of them, our life may become monotone, we may feel a lack of excitement and energy. Hopefully, we are not one person, we are millions of persons, some of them look good to us and they are others we do not even want to see. Those one we do not want to see can often become our best friends. We have to find them and talk to them...

To help us make our different faces communicate harmoniously there is a "Director" inside us.  He is like God, he is neutral and knows all our inner actors, he understands all our faces, even some faces we totally ignore. This Director is a very important part of us and very few people know him. You have to know that he is the part who can help us become more relaxed, more open and more creative because he is the one who knows the best how to make our different "faces" work together in peace for the creation of a joyful and exciting life.

To see how it works in your life answer those few questions :
- Do you know your different faces?
- What are the faces missing in your world because you do not let them free?
- What are the faces that would help you in your actual situation?
- Do you sometimes explore your "imaginary faces"?
- Do you know how to use the "Director" in you?

If you want to discover how to practically find and use your different faces join us for our next Creators Workshop:

Next Creators Workshop :  Sunday 31 of May 2009

"How to work with your inner team?"
Communicate with your different faces and enrich your life.

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

僕たちって“自分を変えよう”とよくするよね。よりよい人間になろうとか、いいお父さん、お母さん、いい子ども、いい奥さん、時には“スピリチュアルな人”や“心穏やかな人”のイメージになろうとしてね。そして僕たちは“ひとりの人”…ほとんどの場合が“いい”人なんだけど、それにならなくちゃと思って、すごくがんばる。だけど、成功したためしがない。

それはいいニュース。

なぜかって?

僕たちが“ひとりの人”になったら、この宇宙で最も退屈な存在になるってことだから。想像してみてよ、いつも同じ顔…なんだかロボットみたい。

だけどよく見て。僕たちの中、僕たちはいろいろな人、いろいろな顔を持っている。それは劇場のお芝居のようなものなんだ。たとえば、お母さんはまじめな大人として子どもと遊ぶことができる。先生やいい子や悪い子にさえなれる。それにだんなさんには素敵な恋人、子どもにとってはおもしろいママになることも。こんなにたくさんのいろいろな組み合わせが可能でしょ。そして、それらはみんな、バランスのとれたライフスタイルに役立つものなんだ。

もしお父さんが、ただ“サラリーマン”の顔しか使わなかったら、子どもたちは愛情をあんまり感じないかもしれないね。お父さんは家族のために一生けん命働き、それが家族を愛する最善の方法と思っていても、子どもたちはいろいろな顔を持つことができるお父さんを必要としているんだ:いい友達、愛すべき神様、雷、遊び好きの子ども、魔法使い・・・時には、弱い人間であることができる、心を見せることができる、そんなお父さんも好きかもしれない。

僕たちは自分の中に本当にたくさんの側面を持っている。それら全部を歓迎しないと、人生はモノトーンになり、僕たちはワクワクしたりエネルギーを感じないかも。できたら、一人の人間じゃなく、何百万人もの人になれるといい。そのうちの何人かはいい人で、別の人の時は、自分で見るのもイヤな人間という具合に。この見るのもイヤな人間っていうのは、多くの場合親友なんだ。彼らを見つけて、話さなくちゃ。

この多くの顔たちをうまく交流させるために、自分の中に“ディレクター”がいるんだ。彼は神様のような存在で、ニュートラルで、僕たちの内なる俳優たちを全員知っている。彼らの顔を全部理解している、僕たちが完璧に無視していた顔さえもね。このディレクターはとても重要な役割を担っているんだけど、彼の存在を知っている人はほんの少しだ。彼こそ、あなたをもっとリラックスさせ、もっとオープンでもっとクリエイティブになることを手助けしてくれる役だ。なぜって、彼は、喜びに満ちたワクワクする人生を作るために、どうやったら僕たちの様々な“顔たち”を穏やかに共に働かせるかという最善の方法を知っているから。

あなたの人生で彼がどんな風に働いているか知るために、次の質問に答えてみて。

-自分のいろいろな顔を知っている?

-あなたが解放してあげないせいで、自分の世界に欠けてしまっている顔ってなんだろう?

-実際の場面であなたを助けてくれるだろう顔ってどんな顔?

-時々、自分の“想像の中の顔”を探索してみることはある?

-自分の中の“ディレクター”の使い方を知っている?

実際に見つける方法を発見し、いろいろな顔を使いたい方は、次回のクリエイターズ・ワークショップに、どうぞ参加してください。

次回クリエイターズ・ワークショップ:2009年5月31日(日)

「内なるチームとともに働く方法」

様々な顔を理解し、人生を豊かにする

13:30-16:30

参加費 \5,000

ご予約とお問い合わせはこちら:bureau@patricejulien.com

| | コメント (4)

2009年5月 1日 (金)

Dream travel...夢の旅

Img_0902

Great morning!
Mother Earth is so vast! So many different landscapes to discover, so many people, animals, insects, flowers, stones, spirits ready to meet us...

We took our breakfast in front of our flowering garden, a music playing in the background, an artist from Senegal. We thought of you all and wished you also felt the ecstasy of this morning, wherever you are...

We share with you a bit of this feeling through a Video of the artist who was playing in the back.

素晴らしい朝!

母なる大地はこんなにも雄大!こんなにたくさんの色々な風景が、こんなにたくさんの人、動物、虫、花、石、スピリットが私たちとまさに出会おうとしている。

花が咲き乱れる庭の前で朝食をとりながら、僕たちはバックグラウンドに音楽を鳴らしていた。セネガルから来たアーティストのね。僕たちはあなた達のことを思い、あなたがどこにいようと、今朝のこの天にも昇るようなエクスタシーを同じように感じてほしいと願ったんだ。

バックで演奏しているアーティストのビデオを通して、この気分を分かちあおう。

With Love.

P & Y

| | コメント (4)