« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

PJ Dojo report Part 1 : "Channeling" and "Inspiration"/PJ道場レポートパート1:“チャネリング”と“インスピレーション”

Np199t3p898

Yesterday's Dojo was a "channelling" about the "Law of attraction". Because the informations can be interesting for all the readers I decided to publish in this blog a detailed report about the main points that came out.

At the beginning of the session, to introduce this idea of "channelling", I first presented the difference between what I call "Inspiration" and "Channelling". Here is my personal experience of this difference :

In fact we are all "channeling" life naturally because we are part of the "whole" universe and we are in a large part "remote controlled" by an unknown principle of Life. Why do our heart beat? How do our liver work? How does the breath come in and out? From where do our ideas come from? We try to explain it but we do not know and will never know because it is not useful... To know why the wind happens is certainly less important than knowing how to use it for a better life. Don't you think so? Better to have food to eat than to know where does the food originate ultimately...

So we channel 24h a day. But those "hints" we receive from the Infinite are filtered by our tendency to try to control everything about the world, separating what we judge "good" or "bad" for ourselves. The  information we get trough channeling has no words on it, we do not get its meaning by our "brain" but through our whole being.

To feel those first level of informations we have to be very receptive, very open to everything. It is why a majority of people do not notice this continuous flow. They are too busy thinking! They do not notice it in the first stages (non verbal stages) they notice it only when it comes through the filters of their knowledge, this second stage is what I call "Inspiration".

To give an example, yesterday, during the channeled part, I was answering the question of a participant about how to overcome some apparent obstacles in her way. Suddenly, listening to her words with my  eyes closed I felt a baby playing around her. So without any filter I could say directly : "I see a baby!" and the person incredibly amazed says "Yes! Yes! This is part of the actual situation!".

If I had thought, "mmm...this baby is just an illusion, it may have no relation with the question"  I would maybe have not reported my feeling. I would maybe have tried to find answers inside my "own ideas". It still could have some relationship with the original energy, but remixed with some of my knowledge.

During a "channeling" we just have to let the ideas flow like a download in a computer without being critical about the contents, we just have to let it come out like a TV program on a screen, without expectations.

But very often we do not accept this flow as it is, we more or less unconsciously do a selection and give it a "nice" shape, it becomes what I call "Inspirations", a transformed pattern looking almost logical for us.

During a session of the Dojo since a few months ago, I started to feel the difference between the two types of informations. Now it is generally clearly stated in my blogs as "Channeled session" when I decide to channel. When it is a "normal session" or "inspired" session I write nothing or mention "Normal session".

For example, this Sunday's session was "channeled" but the next one, on Sunday July 26 will be a "normal" class about Lifestyle Design on the subject : "How can we design a lifestyle?".

To be sincere, I must say that I personally feel "channeling" much more enjoyable, relaxing and powerful than "inspiration" talk. I feel it like letting a child express freely and I am very often amazed by what come out. Even for me channeling is like listening to the words of somebody else and learning something new every time...

(Part 2 coming soon : "The Zero point")

昨日の道場は、引き寄せの法則についての“チャネリング”セッションでした。ブログの読者もきっと興味あると思うので、そこで出てきたいくつかの点について詳細にリポートしよう。


セッションのはじめに、まずは“チャネリング”の観念を示すため、“インスピレーション(ひらめき/霊感)”と“チャネリング(霊界との交信)の違いについて話した。僕の個人的な説明はこんな感じ。


実のところ、僕たちはみんな生まれながらの“チャネリング”ライフ。なぜなら僕たちは、宇宙“全体”の一部であり、“遠隔からコントロールされた”大きなところにいるのだからね。
なぜ僕たちの心臓は動いているの?どうやって僕たちの肝臓はこんな働きをしているの?どこから僕たちの考えは湧いてくるの?説明しようと思ってもわからない。だけど、これを知って役に立つのかな。風がどうやって起こるかを知るより、よりよいライフのために風をどう使うかを知る方が重要じゃない?

そう、僕たちは一日24時間チャネリングしている。だけど、“いいこと”、“悪いこと”の自分が作り上げた世界の知識で、神様から受け取っているアイディアをフィルターにかけているんだ。僕たちが得ている情報自体に言葉はないでしょう。脳によって意味がもたらされているわけでもない。僕たちの全存在を通して僕たちは意味を知るんだ。


これを得るために、僕たち心をうんと大きく開き、すべてを受け入れなければならない。だからね、最初の段階(言葉のない段階)では、ほとんどの人が気づかないんだ。彼らは、アイディアが知識のフィルターを通ってやってきた時だけ気づく。この第2段階を、僕は“インスピレーション”と呼んでいる。


例として昨日の話をしよう。チャネルをしている間、ある人の将来についての質問に答えていた。目を閉じ彼女が見えていない状態の時、突然、周りで赤ちゃんが遊んでいるのを感じたんだよ。フィルターなしでね。だからそのまま答えた。“赤ちゃんが見える”って。その人はまるで信じられないというようなびっくりした様子でこう言った。“そうなんです、そうなんです!それは私の疑問の一つなの!


もし僕が“う〜ん、この赤ちゃんはただの幻。質問には関係ないぞ。”と思ったら、おそらく伝えなかったと思う。“僕のアイディア“の中に答えを見いだそうと試みただろうね。それでも最初のエナジーとなんらかの関係のあるものになるだろうけど、それは僕の知識とのリミックス。


“チャネリング”の間、僕たちはただアイディアを流しっぱなしにしておいた。コンテンツについて批評したりしないでダウンロードするみたいに。テレビのスクリーンに番組が流れるみたいに、そのまま。多くの場合、僕たちはこのすべての流れを受けいれないので、意識的に選択し、形を与えているに他ならないんだ。これが“インスピレーション”と呼ばれるものになる。
数ヶ月前から、僕の道場では2つのタイプの情報を提供してきた。僕がチャネルしようと決めた時は、普通明快に“チャネリングセッション”と謳う。普通のセッションあるいは“ひらめきからくる”セッションの時は、なにも書かないか“普通のセッション”と謳う。


例えば、7月26日日曜日に行われる 今度のセッションは、“ライフスタイルデザイン”についての“普通の“クラスです:“ライフスタイルをどのようにデザインするか?”


だけど正直に言ってしまうと、僕個人としては“チャネリング”の方がずっと楽しめて、よりリラックスし、もっとパワーを感じるんだ。ちょうど子供に自由に表現させている感じかな。そして僕は、出てきたものにたびたび感動する。だって、それはまるで、誰かのひらめきの言葉を聞いているようなものなんだから。 


(パート2もこの後すぐ:“ゼロポイント”)

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

Happy massage to you!/あなたに、ハッピーマッサージ!

Pj

Yes, today I am reborn again one more time... A birthday is a new chance to start from zero but also a new year gives us the same chance, a new day also, a new hour, a new second, a new instant...

I got this very lovely and funny artwork from my Dear Jeannie (Translator of this blog, Creator, Mother, Witch and Angel,...) this morning. This cute image teaches me that I must joke even more...Thank you Jeannie for your talent and your love. I promise I'll do my best to improve my Joker's abilities (I'll take some more lessons in "dajare" & "Oyaji gags" ).

One year ago, one of our friends who does healing work with singing bowls gave me an healing session as a Birthday gift. It was my first experience of this kind of "gift in nature" and it was a very delightful experience. Because her birthday is also in June, yesterday I gave her the present of a "Body Tuning" session...

While doing the session" I was feeling so good, connected with her, with the mystery of life and with the Universe, I felt that it would make the world feel so good if many of us started to celebrate  friends birthdays with an "Happy massage to you!"...What do you think of this idea?

And this is not a joke!

そう、今日僕はまた、もう一回再生している。誕生日はゼロから始める新たなチャンス。だけど新年も同じく僕たちにチャンスを与えてくれているよね。新しい一日も、新しい時間も、新しい秒も、新しい一瞬も…同じように。

今朝、このとっても可愛くておもしろいアートワークが、親愛なるジーニー(このブログの翻訳者で、クリエイターで、ママで、魔女で、エンジェル…)から届いた。このキュートなイメージを見て、僕はこれからもっともっとジョークを言わなくちゃ、と思った。ジーニーの才能と愛に感謝するよ、ありがとう。僕は、ジョーカーとして精一杯精進することをここに約束しよう。(“ダジャレ”と“オヤジギャグ”の勉強をもっとします。)

一年前、シンギング・ボウルズでヒーリングワークをしている僕たちの友達が、誕生日のプレゼントにヒーリング・セッションをしてくれたんだ。ああいう“本来のギフト”は、初めての経験で、喜びあふれる経験だった。彼女の誕生日も6月だから、昨日は僕から彼女に“ボディ・チューニング”セッションをプレゼントした。

セッションをしながらこう思った。“すごくいい気持ち、彼女とつながり、ライフの神秘とつながり、そして宇宙とつながっているみたい。もし、多くの人たちが友達の誕生日に“あなたに、ハッピーマッサージ!”でお祝いし始めたら、世界をすごくいい気持ちにさせちゃうんじゃないかなあ”。ねえ、このアイディア、どう思う?

あ、これはジョークじゃないよ!

| | コメント (10)

Birds are artists/鳥はアーティスト

Very charming song...

惚れボレする歌声…

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

Next PJ Creators Workshop : "The Law of Attraction"/次回PJクリエイターズ・ワークショップ:引き寄せの法則

Img_55271

With the hit movie "The Secret " what is called "The Law of Attraction" have become a well known keyword full of promises. And yes, it is the Key of the realization of our dreams and passions.

Because this is an universal law it is supposed to work without errors like any physical law but it still looks like some people have difficulty in getting results...Why?

The "Law of attraction" is not new, it was known since the beginning of times. In the past it was just understood by very few initiates and priests but now more and more people are able to understand it and use it.

Within a few years, this law will be used as easily as the Internet because it is already part of the capacities of our "mind". It is a potentiality of the universal Spirit and it already gives unusual results through what we call "miracles".

In fact, there is nothing "special" in it. You already use it every day. Every time you succeed in doing something , even in cooking pasta, you apply the "Law of Attraction"...

So why do you feel more difficult to use it for the "Big" things than for the small?

Imagine. When you will be able to use it for everything, small or big, you will become able to re-model, to re-design your reality according to your dearest dreams.

The next PJ Creators Workshop will be a Special Channeled Session about "How to use the Law of Attraction" in your everyday life...

Next Creators Workshop :  Sunday 28 of June 2009(Channeled)

"Using the law of Attraction"
In everyday life

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

映画『シークレット』の成功のおかげで、“引き寄せの法則”と呼ばれるものが、約束されたキーワードとして随分知られるようになってきたね。そうなんだ、それこそ、僕たちの夢や情熱を実現させるカギなんだ。

これは宇宙の法則だから、物質的な法則と同じで間違いなく起こるはず。なのに結果が得られない人がいるのはなぜだろう?

“引き寄せの法則”は、別に新しいものじゃない。ずっと前から知られていたんだよ。ただ過去においては、ほんの少しの伝授者や聖職者にしか理解されていなかったというだけ。今ではどんどん多くの人が理解し使うことができるようになってきたけどね。

ここ数年で、この法則はインターネットを使うように簡単になるだろう。だってそれはもう僕たちの“マインド”の一部になっているんだから。それは宇宙の魂の可能性であり、それはすでに“奇跡”と呼ばれるような、いつもと違う結果をもたらしているんだ。

実際のところこれには“タネも仕掛け”もない。あなただって毎日使っているんだ。なにかがうまくいった時、たとえばパスタを料理するような時でさえ、“引き寄せの法則”を利用しているんだよ。

それなのに、なぜ“大きな”ことには難しいって思うんだろう?

想像してみて。自分がこの法則をどんなこと、大きなことにも、小さなことにも、使えるようになれば、自分の最高の夢に向かって、自分の現実をリモデルし、リデザインすることができるようになるよ。

次回のPJクリエイターズ・ワークショップは、スペシャル・チャネル・セッションで、“日常生活で引き寄せの法則を使う方法”について。

次回ワークショップ:2009年6月28日日曜日(チャネル)

日常生活で

“引き寄せの法則を使う”

洗足池駅(池上線)の前のボートハウス2階

13:30~16:30

参加費:5000円

ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

Food and Love/食と愛

Img_4616

June 4 Happy Apéritif.Judge at Bartender Concours

Between green and pink!

6月4日ハッピーアペリティフにて。グリーンとピンク、どっちがいいか

バーテンダー・コンコースで審査中。

Img_4618

Happy Apéritif : Avec Mikuni San!

ハッピーアペリティフ:ミクニさんと

Rimg0020

Sunday 7th Talk Show for the first " Journées du Goût "at the French Institute ("Petite France" à Iidabashi - Nichi Futsu Gakui). My first time back for an event since 1994.Good weather and festive atmosphere all around.Very nostalgic.

7日日曜日、日仏学院(飯田橋にあるプチ・フランス)にて行われた第1回“食の祭典”でトークショウ。1994年以来初めて戻りました。素晴らしいお天気で、あちこちお祭り気分。とっても懐かしかった。

Rimg0032

After the talk, relaxing time with Yuri and Michi san (Former CFA staff) at Crèperie LE BRETAGNE at Kagurazaka.

トークの後、ユリとミチさん(元CFAのスタッフ)と一緒に、神楽坂にあるル・ブルターニュでのんびり。

Dsc_0337

Monday 8. Talk show with Yuri before the screening of the movie Eatrip at Ebisu Garden Place. On the picture : Let's eat a lamune candy together. A symbol of sharing an Love...

8日月曜日、恵比寿ガーデンプレイスにて、映画イートリップの試写会の前に、ユリとトークショウ。写真:ラムネキャンディを一緒に食べよう!愛を分かち合うシンボル…

| | コメント (3)

2009年6月 2日 (火)

The Dream of Ayano san /Ayanoさんの夢

Rendezvous

Ayano san was 19 when she started to work with me at the "legendary" Centre Français des Arts in Shirokanedai. Her dream was already to open some day her own restaurant.

After working in all our shops, she explored other place like "Legato" in Shibuya, worked in wineries in Australia and France. Back to Japan, after a collaboration with Hiramatsu san in New Town and Daikanyama for a while she finally could make her "vision" become a reality. On 2009, May 30th, "Les rendez-vous de Tokyo", her first shop, was born.

"Les rendez-vous..." is a very cute trendy bistro and wine Bar, very well located in Nishi Azabu, at 5 minutes walk from Hiro-o station.

Today,with Yuri, we enjoyed the menu of "Chef Tsuru" (who also used to work with me at Le Jardin de Julien in Ebisu and Yokohama and at Bar Shuen in Nishi Azabu.) We had Bacon maki "amuse-bouche", "Tsuru style" salade niçoise with a delicious fresh basilic dressing, a very tasty Bouillabaisse, a home made confit de canette with beans, and last, for dessert, the very nostalgic Fondant au Chocolat "Patrice" style, a favorite signature dessert in all our shops.

The course was paired with incredibly good Australian wines Ayano san selected for us from the production of the winery where she worked.

Very reasonable prices, great food, good atmosphere, delicious wines,...the Dream of Ayano san looks so nice that I feel that very soon, to be sure to find a table at "Les rendez-vous" it will be better to reserve in advance...

"Great Success to Ayano-San and Chef Tsuru!
Congratulations!
Gochisosama!"

"When you wish upon a star
Makes no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you."

Tel for reservations : 03-5410-8110

白金台にあった“伝説”のサントル・フランセ・デザールで僕と一緒に働き出した時のAyanoさんは19歳。彼女の夢は、その頃からすでに、自分のレストランを持つことでした。

僕たちの全部のお店で働き、その後渋谷にある“レガート”などいくつかのお店を探検し、オーストラリアやフランスのワイナリーで経験を積む。その後日本に戻り、代官山とニュータウンでしばらく平松さんとコラボを行った後、ついに彼女の“ヴィジョン”が現実に。2009年、5月30日、彼女の最初のお店“レ・ランデヴー・ド・トキオ”が誕生しました。

“レ・ランデヴー”はとってもかわいいトレンディなビストロ&ワインバー。西麻布の、広尾駅から歩いて5分という絶好のロケーションです。

今日、ユリと一緒に“シェフ鶴”(彼も、恵比寿と横浜のル・ジャルダン・ド・ジュリアン、西麻布のバー衆縁で、かつて僕と一緒に働きました)のメニューを堪能してきました。アミューズ・ブッシェにベーコン巻。鶴スタイルのニソワーズサラダはフレッシュバジルのドレッシングで。風味豊かなブイヤベース。鴨のコンフィ煮豆添え。そしてお待ちかね最後のデザートは、とっても懐かしいフォンダン・オ・ショコラ“パトリス”スタイル。僕たちのどこのお店でも特別のお気に入りメニューだったものです。

コースは素晴らしく美味しいオーストラリア・ワインとペアリングされていました。Ayanoさんが働いていたワイナリーの製品から彼女がセレクトしたものです。

手頃なお値段、素晴らしい料理、心地良い雰囲気、美味しいワイン・・・Ayanoさんの夢がこんなに素敵に見えるんだから、もうすぐにでも、予約なしでは「レ・ランデヴー」の席がとれなくなるんじゃないかな、と思いました。

“Ayanoさんと鶴シェフに大成功をもたらしたまえ!

おめでとう!

ごちそうさま!”

“星に願いをかけるなら、あなたが誰であろうと、胸の思いはなんであれ、叶うでしょう”

予約の電話は:03-5410-8110

| | コメント (0)

わが家のキッチンから始まった日本の食の変遷;1992-2009

Dimanche 7 Juin 15 h 30 Patrice Julien à l'Institut pour les "Journées du Goût"

Journee_gout

http://www.institut.jp/index.php

1992-2009 ; l'évolution du goût au Japon depuis la fenêtre de ma cuisine.**

Patrice Julien a publié une vingtaine de livres de cuisine au Japon et une trentaine sur "l'Art de Vivre". A travers ses ouvrages,  il a, entre 1992 et 2009, participé à un bon nombre d'évolutions culinaires et en a devancé quelques unes. Qui se souvient aujourd'hui qu'en 1992 alors qu'il y avait encore un monopole d'état sur le sel au Japon, il vantait les joies du "gris" de Guérande , qu'à l'époque où il n'y avait encore aucun café à Tokyo, il définissait les bases de la "culture café" et qu'avant son livre "O nabe de Fransu Ryori" Le Creuset avait un mal fou à séduire le marché japonais...Il proposera de faire un retour sur ces 17 années au cours desquelles le Japon a vécu une évolution gastronomique en accéléré et essaiera d'amorcer une réponse à la question :  "Quelle sera la prochaine étape? "

Pbooks

およそ20冊の料理本と30冊の”アール・ド・ヴィーヴル”に関する書籍を日本で発表してきたパトリス・ジュリアン。1992年から2009年まで、彼はそれらの著作を通して食に関する数多くの変化に関わり、いくつかをリードしてきた。思い返せば、日本では塩の販売がまだ国家による専売とされていた1992年当時、彼はゲランド産の灰色がかった粗塩の美味しさを盛んに紹介し、カフェと呼べる店など東京にひとつも見当たらなかった時代に、”カフェ文化”のなんたるかをはっきりと明示してみせた。また著作の一つである「お鍋でフランス料理」が出版される以前は、ル・クルーゼ社は日本市場においてかなりの苦戦を強いられていたという・・・そんなパトリスによる今回の試みは、食に関して日本が急速な変化を遂げたこの17年間を振り返り、”次のステップは何か”の問いに答えようとするものである。

| | コメント (1)

Good weather / いい天気

Sunny day
after long rains,
the garden also had enough water
roots say "please, no more..."
This morning an old friend sent me this picture.
Who's this man?

晴れたね

たくさんの雨のあと

庭にも水はもう十分

根っこがこう言っていた「お願い、お水はノーモア…」

今朝、古くからの友人がこんな写真を送ってきた

この人ダレ?

U04_023_2

| | コメント (4)