« Happy massage to you!/あなたに、ハッピーマッサージ! | トップページ | Birthday present from Yuri/ユリからの誕生日プレゼント »

2009年6月29日 (月)

PJ Dojo report Part 1 : "Channeling" and "Inspiration"/PJ道場レポートパート1:“チャネリング”と“インスピレーション”

Np199t3p898

Yesterday's Dojo was a "channelling" about the "Law of attraction". Because the informations can be interesting for all the readers I decided to publish in this blog a detailed report about the main points that came out.

At the beginning of the session, to introduce this idea of "channelling", I first presented the difference between what I call "Inspiration" and "Channelling". Here is my personal experience of this difference :

In fact we are all "channeling" life naturally because we are part of the "whole" universe and we are in a large part "remote controlled" by an unknown principle of Life. Why do our heart beat? How do our liver work? How does the breath come in and out? From where do our ideas come from? We try to explain it but we do not know and will never know because it is not useful... To know why the wind happens is certainly less important than knowing how to use it for a better life. Don't you think so? Better to have food to eat than to know where does the food originate ultimately...

So we channel 24h a day. But those "hints" we receive from the Infinite are filtered by our tendency to try to control everything about the world, separating what we judge "good" or "bad" for ourselves. The  information we get trough channeling has no words on it, we do not get its meaning by our "brain" but through our whole being.

To feel those first level of informations we have to be very receptive, very open to everything. It is why a majority of people do not notice this continuous flow. They are too busy thinking! They do not notice it in the first stages (non verbal stages) they notice it only when it comes through the filters of their knowledge, this second stage is what I call "Inspiration".

To give an example, yesterday, during the channeled part, I was answering the question of a participant about how to overcome some apparent obstacles in her way. Suddenly, listening to her words with my  eyes closed I felt a baby playing around her. So without any filter I could say directly : "I see a baby!" and the person incredibly amazed says "Yes! Yes! This is part of the actual situation!".

If I had thought, "mmm...this baby is just an illusion, it may have no relation with the question"  I would maybe have not reported my feeling. I would maybe have tried to find answers inside my "own ideas". It still could have some relationship with the original energy, but remixed with some of my knowledge.

During a "channeling" we just have to let the ideas flow like a download in a computer without being critical about the contents, we just have to let it come out like a TV program on a screen, without expectations.

But very often we do not accept this flow as it is, we more or less unconsciously do a selection and give it a "nice" shape, it becomes what I call "Inspirations", a transformed pattern looking almost logical for us.

During a session of the Dojo since a few months ago, I started to feel the difference between the two types of informations. Now it is generally clearly stated in my blogs as "Channeled session" when I decide to channel. When it is a "normal session" or "inspired" session I write nothing or mention "Normal session".

For example, this Sunday's session was "channeled" but the next one, on Sunday July 26 will be a "normal" class about Lifestyle Design on the subject : "How can we design a lifestyle?".

To be sincere, I must say that I personally feel "channeling" much more enjoyable, relaxing and powerful than "inspiration" talk. I feel it like letting a child express freely and I am very often amazed by what come out. Even for me channeling is like listening to the words of somebody else and learning something new every time...

(Part 2 coming soon : "The Zero point")

昨日の道場は、引き寄せの法則についての“チャネリング”セッションでした。ブログの読者もきっと興味あると思うので、そこで出てきたいくつかの点について詳細にリポートしよう。


セッションのはじめに、まずは“チャネリング”の観念を示すため、“インスピレーション(ひらめき/霊感)”と“チャネリング(霊界との交信)の違いについて話した。僕の個人的な説明はこんな感じ。


実のところ、僕たちはみんな生まれながらの“チャネリング”ライフ。なぜなら僕たちは、宇宙“全体”の一部であり、“遠隔からコントロールされた”大きなところにいるのだからね。
なぜ僕たちの心臓は動いているの?どうやって僕たちの肝臓はこんな働きをしているの?どこから僕たちの考えは湧いてくるの?説明しようと思ってもわからない。だけど、これを知って役に立つのかな。風がどうやって起こるかを知るより、よりよいライフのために風をどう使うかを知る方が重要じゃない?

そう、僕たちは一日24時間チャネリングしている。だけど、“いいこと”、“悪いこと”の自分が作り上げた世界の知識で、神様から受け取っているアイディアをフィルターにかけているんだ。僕たちが得ている情報自体に言葉はないでしょう。脳によって意味がもたらされているわけでもない。僕たちの全存在を通して僕たちは意味を知るんだ。


これを得るために、僕たち心をうんと大きく開き、すべてを受け入れなければならない。だからね、最初の段階(言葉のない段階)では、ほとんどの人が気づかないんだ。彼らは、アイディアが知識のフィルターを通ってやってきた時だけ気づく。この第2段階を、僕は“インスピレーション”と呼んでいる。


例として昨日の話をしよう。チャネルをしている間、ある人の将来についての質問に答えていた。目を閉じ彼女が見えていない状態の時、突然、周りで赤ちゃんが遊んでいるのを感じたんだよ。フィルターなしでね。だからそのまま答えた。“赤ちゃんが見える”って。その人はまるで信じられないというようなびっくりした様子でこう言った。“そうなんです、そうなんです!それは私の疑問の一つなの!


もし僕が“う〜ん、この赤ちゃんはただの幻。質問には関係ないぞ。”と思ったら、おそらく伝えなかったと思う。“僕のアイディア“の中に答えを見いだそうと試みただろうね。それでも最初のエナジーとなんらかの関係のあるものになるだろうけど、それは僕の知識とのリミックス。


“チャネリング”の間、僕たちはただアイディアを流しっぱなしにしておいた。コンテンツについて批評したりしないでダウンロードするみたいに。テレビのスクリーンに番組が流れるみたいに、そのまま。多くの場合、僕たちはこのすべての流れを受けいれないので、意識的に選択し、形を与えているに他ならないんだ。これが“インスピレーション”と呼ばれるものになる。
数ヶ月前から、僕の道場では2つのタイプの情報を提供してきた。僕がチャネルしようと決めた時は、普通明快に“チャネリングセッション”と謳う。普通のセッションあるいは“ひらめきからくる”セッションの時は、なにも書かないか“普通のセッション”と謳う。


例えば、7月26日日曜日に行われる 今度のセッションは、“ライフスタイルデザイン”についての“普通の“クラスです:“ライフスタイルをどのようにデザインするか?”


だけど正直に言ってしまうと、僕個人としては“チャネリング”の方がずっと楽しめて、よりリラックスし、もっとパワーを感じるんだ。ちょうど子供に自由に表現させている感じかな。そして僕は、出てきたものにたびたび感動する。だって、それはまるで、誰かのひらめきの言葉を聞いているようなものなんだから。 


(パート2もこの後すぐ:“ゼロポイント”)

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入