« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月28日 (火)

PJ Creator's Muffins/PJクリエイターズ・マフィン

My original muffins for last Sunday's PJ workshop : Sicily orange confit, salty choco, rosemary and olive oil muffins with cinnamon crumble topping...

Img_1295_2

Because August is a symbol of "Summer recharge" there will be no Workshop but Yuri and I plan to have two Cooking events in our house in Senzoku Ike.

The first one  :
"An evening in Bangkok"
Enjoying Thaï cooking
on Saturday August 15th
from 3PM to 8PM .
Schedule :
from 3 to 6 PM preparation
from 6 to 8 PM home party together

The second one will be
"Saveurs de Nice"

A discovery of Provence Gastronomy
on Saturday August 29th
from 3PM to 8PM .
Same schedule

The fee will be  ¥10.000 including all costs.
For more details and reservations : bureau@patricejulien.com

A more detailed information about menu and details will be posted soon in this blog but the registration is already open....If you feel interested, it is better to reserve in advance, because each class is limited to 12 persons.

Img_1297_2


先週の日曜日のPJワークショップで出したオリジナル・マフィン:シシリーオレンジ・コンフィ、ソルティーチョコ、ローズマリー、オリーブオイルで作られたマフィンの上には、シナモンのつぶつぶトッピング。

8月は、“夏の充電”を表現する月なので、ワークショップはお休みします。でも、洗足池の僕たちの家でお料理を中心としたイベントを2回行おうか、とユリと一緒に考えているところです。

第1回:バンコクの夕べ
タイ料理を楽しみましょう。
8月15日 土曜日 3時〜8時
スケジュール:3〜6時 準備/6〜8時 みんなでホームパーティ

第2回:サヴール・ド・ニース
発見、美食のプロバンス
8月29日 土曜日 3時〜8時
スケジュール:3〜6時 準備/6〜8時 みんなでホームパーティ

会費:10,000円(全て込み)
お問い合わせとご予約:
bureau@patricejulien.com

メニューなどの詳細はまたこのブログでお知らせします。でも申し込みはすでに始まっていますから、興味がある人は、お早めに予約をしてくださいね。定員はどちらも12名のみ。


| | コメント (2)

2009年7月22日 (水)

Watching the Solar eclipse/ 日食を見る

Today, we are watching the solar eclipse from Ishigakijima.

今日、僕たちは石垣島から日食を見ている。

Img_1244

This is the view from the window of our hotel room...

これ、ホテルの部屋の窓から見える景色

Img_1247


| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

Bisou's summer story.../ビズの夏物語

Double click on the picture to get full size.

写真をダブルクリックすれば、フルサイズで見れますヨ。

Bisou_manga

| | コメント (0)

Little Press Fair 2009.../2009リトルプレスフェア…

If you read my books, you know that I am always carrying with me an old model of a notebook looking like  the now famous Moleskine. The one I am still using was a very basic model popular amongst French carpenters in the old times.

Unfortunately this model was made by hand and it was becoming too expensive to craft so it is not sold anymore...Compared with the Moleskine, this model have the advantage to be able to hold a small pencil or pen and this aspect is very practical because you always have your writing tool and the notebook together...

Img_5846

A few weeks ago I was checking my old notebooks collected since 1992 and I found a little illustrated story I wrote some day in 2001 during a trip in the subway. I found that the story was cute and I thought that It would be nice to have a chance to be able to share it with the public...

Then... a synchronistic thing happened. I got a phone call from Cowbooks, a very trendy Alternative Bookshop in Aoyama. They asked me if I would like to participate to their annual very popular event : "The Little Press Fair".

Every year, they ask artists and writers to create a very special editorial item to be sold during the event. Wow! What a chance to share my story! So, from the originals of my notebook I created a "cards book" with one illustration per page and I came out with 29 pages, a nice cover and a back page which makes all together 31 pages...

Cowbooks_0

Then, to make it fun I looked for ideas of a cover...I finally camme out with 2 Real leather covers (Bright pink and bright blue), 2 Cute fabric covers, and 10 basic enveloppe covers. All together a limited edition of 14 books.

Cowbooks_3

The story is about the question "Who is sad?" when we think that we are sad...Do not worry, it is not a sad story, on the contrary, it is a very Zen story showing that when we think that we "feel" sad in fact  there is nobody to be sad in us...

Cowbooks_1

The little press Fair will be from August 1rst to 23.

Informations at : www.cowbooks.jp

 

僕の本を読んだことがある人なら知っていると思うけど、僕はいつもノートを持ち歩いているんだ。今ではすっかり有名になったモレスキンの古い型のようなノートでね。昔フランスの大工さんたちの間でとっても人気だった基本型のものを、僕は今でも使っている。

残念ながら、この型は職人による手作りだったから、高くなりすぎちゃって、生産できなくなってしまったんだ。モレスキンが参考にして作ったというこのモデルには、小さな鉛筆やペンをつけられるという良さがある。これはすごく便利だよ。だって書く道具とノートをいつも一緒に持ち歩けるんだから。

何週間か前、1992年以来ずっととっておいてある僕の古いノートをチェックしていた。そこで2001年のいつだったかなあ、移動中の地下鉄の中で書いた、イラスト入りの簡単なお話を見つけたんだ。そのお話が可愛くてね、これをみんなとシェアする機会があったらいいのにな…と思っていたら…

これはシンクロニシティだね。今はやりのオルタナティブ本屋さん、カウブックスから電話があったんだよ。彼らの人気イベント、リトルプレスフェアに参加しませんかって。

彼らは、毎年、アーティストや作家たちに特別エディションのものを作ってくれるように頼み、そのイベントで販売している。ワオッ、僕のお話をシェアするチャンス!それで僕は、このノートを参考に、カードブックを作った。一ページにひとつのイラスト、全部で29ページものなんだ。それに表紙と裏表紙を合わせて合計31ページ。

もっとおもしろくするために、僕は表紙のアイディアを探していたんだ。やっと出てきたその案とは、ホンモノの革のカバー2冊(明るいピンクとブルー)、可愛い布のカバー2冊、基本の折りたたみ式のカバー10冊。計14冊の特別エディション。

お話はね、僕たちがさびしいと思う時「さびしいのは、だれ?」という質問についてなんだ。あ、心配しないで。さびしいお話じゃないよ。それどころか、どちらかというと、禅のお話。僕たちがさびしいと思う時、実際にはだれも自分の中でさびしいわけじゃないっていうお話なんだよ。

リトルプレスフェアは8月1日から
カウブックスの情報はこちらでね。http://www.cowbooks.jp/

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

PJ Creator's Workshop : The basic rules of Lifestyle design/PJクリエイターズ・ワークショップ

Summer time is a great time to pause and reflect about new projects in life...Cooling down, relaxing help to welcome new ideas and new dreams...

If we look at a few rules of "product design" we see that it can be a good way to stimulate the research of practical solutions.

Bstorm

Let's have a look together at some of them to see how they can also apply to any change in life :

1) The decision to innovate :
Product:All new design starts from a decision to create a new product.It is not only a "dream", it is a project.
Life:A lot of people have a vague dream to change something in their life but they never make it a decision. A decision is a commitment, it is almost a contract with yourself  it says : " I decide 100% to create a new life".

2) A project has a deadline :
Product:The company have always a time schedule to release the new product.
Life:How many people have a time schedule to make a change in their reality?   

3) A clear motivation and a clear objective :
Product : Why a "new design"?
Sometimes, it is because the old one have been frustrating and did not give full satisfaction to the customers or on the sales aspect.
Sometimes it is because the policy of the company is to always keep innovating.
The analysis of the motivations is very important because it starts from making a listing of the strong points and the weak points of the product.

Life : This step looks evident but it is very helpful...
For example a Mother who works at home for her family wants to start working outside...
Why?
Which innovation would this "new life" bring to her family?

4) Precise specifications :
Product : The analysis on step 3 helps to create the specifications of the new product.Very precise specifications are necessary because they are the guideline for the new product during all the stages until the product is released.

Life : Too often, new life projects result in frustrating situations because the specifications stay very imprecise and they are not clearly written, sometimes they change in the course of the process.

5) The constraints :
All product is designed within some constraints.
Practical constraints : for example, a chair needs at least 3 legs to support the weight of a body...

In life also we also should think about practical constrains : what are they?

Financial constraints : the product should not exceed a certain cost.

That is a very common issue when somebody decides a new life. It should always be considered realistically but creatively.

Technical constraints : in the actual state of the equipment of the factory some designs cannot be executed.

Every person, every family have also a state of the equipments...Looking precisely at this aspect will help define the next step...

6) Negotiable and non negotiable constraints :
Products : Are the constraints negotiable or non negotiable?

This is a very important aspect because very often, poor designs result from a bad management of constraints...

For example if when a car is designed "Must be fun" is a negotiable constraint the car may become a boring practical car... If it is non negotiable, designers absolutely have to find fun ideas or the new design will not be approved.

In a new life, what are the negotiable and non negotiable constraints?We have to decide it.

7) Consensus :
At every one of the 6 steps described it is very important to have a consensus between all the sections of the company so the whole team can start with a clear concept supported by every one. This is the key of harmony.

Life : I noticed that a lot of people forget this step. They start the "design" process without the necessary communication and they get oppositions...

Usually, in a company, the person in charge of the "innovation section" starts from a presentation showing to all the other departments how the "new product" can bring "good" consequences for everyone...

I am sure that you see how those very simple "design steps" can be useful to help come out with creative solutions. During the next Creator's workshop I will show you how you can apply them to your own situation to help you "release" new and exciting "products" in a near future...

Next Creators Workshop :  Sunday 26 of July 2009 (Normal Session)

"How rules for "product design" can also apply to "lifestyle design""
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

夏はちょっと立ち止まって、人生の新しいプロジェクトを考える絶好の時。落ち着いて、リラックスすれば、新しいアイディアや夢がやってくる。

プロダクト・デザインの法則は、実践的な問題解決のやり方をリサーチするいい方法じゃないかな。
それらのいくつかを一緒にみてみよう。それをどうやったら、人生における変化にも適応できるかをね。

革新のための決断
プロダクト:すべての新しいデザインは、新しい製品を作ろうという決断から始まっている。夢だけじゃない、プロジェクトだ。
ライフ:多くの人たちは自分の人生を変えたいという曖昧な夢をもちながら、決断をしようとしない。決断とは責任なんだ。どちらかというと、自分自身との契約だね。“私は、新しい人生を作ると100%決めた”というもの。

プロジェクトには締め切りがある
プロダクト:企業は、新製品を発表するタイムスケジュールを常に持っている。
ライフ:現実を変えようとするためのタイムスケジュールを持っている人は一体どのくらいいる?

明確な動機と明確な目的
プロダクト:なぜ、新しいデザイン?古いものではうまくいかなくなり、お客様とか、営業面で十分な満足を与えられない、ということだったり。企業の方針として、常に改革していく、ということだったり。動機の分析はとても重要なので、製品の長所、短所のリストを作るところから始めます。
ライフ:そんなの当たり前と思っても、明確しておくと役立ちます。たとえば、家族のために家で働いていたお母さんが外で働きたい。なぜでしょう?どんな革新が、彼女の家族に"新しい人生”をもたらすのだろう。

正確な具体性
プロダクト:新製品の具体性を生み出すために、ステップ3の分析は役立ちます。その分析は、製品が発売されるまで、すべての行程でこの新製品のためのガイドラインになるので、正確な具体性が必要なのです。
ライフ:新しい人生のプロジェクトは、フラストレーションを感じる結果になることがしばしば。この具体性が正確でなく、ちゃんと書かれていないからです。そのために、進めていく方法を変えてしまうことがある。

制約
プロダクト:すべてのデザインはいくつかの条件や制約の中で行われている。たとえば、いすは体の重さを支えるのに、少なくとも3本の脚が必要とかね。
ライフ:人生にも、実際的な制約について考えるべきじゃないかな?どんなものだろう?

お金の制約ー製品はある一定のコストを超すべきじゃないよね。
これは、新しい人生を決めていく時だって、共通なんだ。いつも現実的に考えなくちゃいけない、でもクリエイティビティをもってだよ。

技術の制約ー工場の実際の設備の状況を無視して、デザインを進めることはできない。
だれにでも、どんな家族にも設備を持っている。この側面をよく見ると、次のステップを明解にするのに役立つだろう。

交渉可能か否かの制約
プロダクト;これはすごく重要なこと。デザインの失敗というのは、制約の使い方をまちがっている時にしばしば起きるからね。たとえば、車のデザインで、「楽しい車」というコンセプトが交渉可能なものだったら、きっと退屈で機能的な車ができるだろうね。もしそれが交渉不可能なものなら、デザイナーは、もう絶対的に楽しいアイディアを見つけなくちゃならない。そうでなければ新しいデザインにOKはでないだろう。
ライフ:新しい人生に、なにが交渉可能でなにが不可能か?自分たちで決めなくちゃね。

合意
プロダクト:いままで書かれた6つのステップはどれも、企業内のすべてのセクションで合意がとれていることが重要だ。そうすれば、チーム全体がみんなからサポートされた明解なコンセプトをもって始めることができるからね。これが、ハーモニーの鍵だ。
ライフ:多くの人がこのステップを忘れているような気がする。必要なコミュニケーションを十分にとらずにこのデザインのプロセスを初めてしまうと、反対されることになるんだ。
普通、企業では、新製品開発の責任者は、すべての課の人たちに、新製品はいかに素晴らしく、みんなにとってもよい結果をもたらすかということをプレゼンテーションすることから始める。

ね、もうわかったでしょう?このシンプルな“デザインの過程”がクリエイティブな解決法を生み出すのに、どんなに役立つか。次のクリエイターズ・ワークショップでは、これを自分たちの状況に当てはめてみたいと思う。あなたが近い将来“ワクワクする新製品”を生み出すのに、きっと役立つよ。

次回のクリエイターズ・ワークショップ
“プロダクト・デザイン”のルールをいかに“ライフスタイル・デザイン”に応用することができるか

2009年7月26日日曜日(普通のセッション)

東京都大田区 洗足池駅(池上線)の前のボートハウス2階
13:30~16:30
参加費:5000円
ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

 

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

Tourou nagashi in Senzoku Ike/洗足池の灯籠流し

Yesterday, July 16th, as every year at the Nishiren Temple near Senzoku Ike, was performed the impressive ceremony called "Tourou nagashi". Looking at the pictures of this event I am sure that you will feel how much the preservation of such beautiful traditions even in our modern world is a benediction.

洗足池の御松庵妙福寺で毎年行われている感動的な儀式、灯籠流しが、昨日7月16日に行われました。この行事を見れば、現代にこんな美しい伝統を維持できるなんて喜ばしいことだって思うでしょう。

Img_5669_2

19:00 At the entrance of the Temple

お寺の入り口にて

Img_5676_2

Preparation

準備

Img_5694_2

Ready to go on the boats

さあ、出発

Img_5701_2

Waters waiting...

水は待っている

Img_5717

Ready for "nagashi"...

“流し”準備完了

Img_5726

In the Background, monks are chanting sutras to bless the departed souls...

バックグランドでは、僧侶たちが魂の旅立ちを祝い、お経を唱えている

Img_5732

The last travellers are ready 最後の旅人がいく

Img_5753

19:30 free...

旅立ち

Img_5779

After some time, patterns emerge like this, 2 travellers together

しばらくして、いくつかのパターンがつくられる。2人が一緒に。

Img_5786

A solitary one

たった一人で

Img_5816

4 on a perfect line 素晴らしい線を描く4人

Img_5817

A group of them having a conversation

おしゃべりをするグループ

Hope you liked it. お楽しみいただけましたか

Blessings to All, both sides of the Veil...

ベールの両側すべてに、祝福あれ

Explanations on "Tourou nagasi" from wikipedia : Tōrō nagashi is a Japanese ceremony in which participants float paper lanterns (chōchin) down a river. This is primarily done on the last evening of the Buddhist Obon festival as a way to supposedly guide the spirits of the departed back to the other world.
The ceremony may be done on some other days of the year, for similar reasons, such as to commemorate those lost in the bombing of Hiroshima and those who died on Japan Airlines Flight 123; or in other areas of the world, such as Hawaii, to commemorate the end of World War II. Obon takes place on the thirteenth to sixteenth of August or July, depending on the calendar you go by. The white lanterns are for those who have died in the past year. Some Japanese believe that we come from water, so the lanterns represent our bodies returning to water (the sea).

 







| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

Summer's healing prayer/夏の癒しの祈り

Img_11801

(Double click on the picture for bigger image)
(拡大するには、写真をダブルクリックしてね)

May this Summer
dry your tears,
and warm your soul,
enlighten your dreams,
and dispel your worries.

May your dreams
Fly like a kite
in the summer breeze,
May your joy burst around
sparkling fireworks of Grace
in a cloudless sky.

May your face
eyes closed in ecstasy
receive all the love
of Father Sun
blessing your cells
and your soul.

On behalf of all Humans
I Thanks Life
for the ephemeral wink
of the sunflowers...
and for the blessing
of the chance to look at them
together...

この夏が
キミの涙を乾かし
キミの魂を暖め
キミの夢を照らし
キミの心配を追い払ってくれよう

キミの夢が
夏のそよ風にのって
凧のように泳ごう
キミの喜びは
優雅な花火のきらめきとともに
解き放たれよう
曇り空に

恍惚に閉じた瞳は
父である太陽の
ありったけの愛を
受け取ろう
キミの細胞、キミの魂への
祈りとともに

すべての人間にかわって
僕はライフに感謝する
ひまわりの
はかないウィンクのために
これらをともに見るチャンスへの
祝福のために

| | コメント (2)

2009年7月10日 (金)

Living Sun Catcher/生きてるサン・キャッチャー

A "sun catcher" is a kind of mirror ball made of a faceted crystal. When a sun ray meets the "catcher", it is transformed in a flash of rainbow colors and sent all around in dots inside the house.

We bought this one a few years ago and since then it is always hanging on the terrace of our garden. I share with you this picture of a very nice "synchronicity".

Let keep our heart open to the small miracles of life like this one...If you want a bigger view of the picture, double-click on it.

Img_5624_2

"サン・キャッチャー”とは、多面体のクリスタルで出来ているミラーボールのようなもの。太陽の光がキャッチャーに届くと、それが虹色の輝きに変わり、家中にぴかぴか光を送り込んでくれます。

数年前に購入してからずっと、僕たちの庭のテラスにつるしてあります。この素敵なシンクロニシティの写真を皆さんにお届けしましょう。

このような小さな奇跡にも心を開き続けよう。拡大して見るには、写真をダブルクリックしてね。

| | コメント (1)

2009年7月 6日 (月)

Bisou-Chan's Summer cushion/ビズちゃんの夏用クッション

Yesterday, Yuri and I brought Bisou-Chan to her Beauty Salon, "Veronique" at Ebisu.This year it looks like Bisou wants to keep her gorgeous summer fur so for the first time in 2009, no summer cut...

昨日ユリと一緒にビズちゃんを恵比寿にあるビューティサロンベロニカへ連れて行きました。今年のビズはゴージャスな夏仕様の毛皮のままでいきたそうなので、2009年、初めて、サマーカットなしです・・・。


Back home, I went shopping at the Daiso in Nagahara and found a perfect summer cushion for our cat!

家に帰りがてら、長原のダイソーへ寄り、そこで僕たちのネコちゃんにぴったりの夏用クッションを見つけました。

Yuri introduced my "present" to our cat explaining her that I bought it specially. Then she left it a nice spot near a window where a soft summer breeze blows...

ユリは、我が家のネコちゃんに“僕からのプレゼント”を見せながら、これは僕が特別に買ったものだということを説明し、夏のやわらかなそよ風が流れる、窓のそばの特等席にそれを置きました。

Since then, what happened with the cushion?
Here are some shots...

それからそのクッションとの間になにが起きたと思う?いくつかのショットです・・・。

Img_4643

10:00 AM

10時

Img_4645

11:00AM So relaxing!

11時 すごくリラックス!

Img_4646

13:00 I am still here. I just changed side.

13時 私まだここにいるよ。ちょっと向きを変えただけ。

Img_4649

14:00 I really like this new cushion! And you?

14時 このおニューのクッションすごく気に入ったわ。あなたはどう?

Img_4655

15:00 Siesta...

15時 お昼寝

Img_4651

15:30 Some fur cleaning...

15時30分 少し毛皮のお手入れ

Img_4661

Very nice!

なんて素敵なの!

Img_4663

Merci Daiso!
メルシー、ダイソー!








 

| | コメント (3)

2009年7月 5日 (日)

Interesting Quote/面白い引用文

Today I got an interesting quote in my mails, I share it with you  :

今日、メールに面白い引用文が届いたので、紹介しましょう。


"Freedom is actually a bigger game than power. Power is about what you can control. Freedom is about what you can unleash."


自由でいることは、力を持とうとするより、実際のところ、強い。
なぜなら、力とは、状況を支配しようとすることであり
自由とは、自分自身でいることの表現だから。


-- Harriet Rubin Author of "The Princessa ; Machiavelli for women"--


Thunder


| | コメント (0)

July's PJ Creators workshop : From product design to "lifestyle" design/7月のワークショップ:プロダクト・デザインから“ライフスタイル”デサインまで

Gaskigu_c3wf2kjtkst

Until now, during this workshop, I have mainly taught "non logic approaches" to answer the question "How to design your lifestyle?". "Inspiration" and "Channeling" are very important aspects because they allow new ideas to emerge but if we stay on a level of ideas the risk is to go nowhere.

A dream is not a design, it is just the starting point of the design process. For any "bright idea" to be useful we need to move on the next step of the process : the "design" step.

"Design" is a general word to describe the planning of any object or system. Product designers work on the "imagination" level and at the same time on what is called the "constraints" level, this is the only way to give birth to a NEW product.

1206384262_29

(Double click to enlarge)

Designing a new product, a new fashion, a new brand, a new house or a new "lifestyle" requires a similar approach, it is the reason why we can learn a lot from the philosophy of famous product designers to also create a lifestyle.

During the workshop, in july, I will introduce important "rules" and "philosophies" in the field of "product" and "fashion" design and show how they can easily be applied also to any kind of "lifestyle".

Next Creators Workshop :  Sunday 26 of July 2009 (Normal Session)

"How rules for "product design" can also apply to "lifestyle design""
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

今までこのワークショップで、僕は「いかにして自分のライフをデザインするか」という問いに対する答えとして理論的でないアプローチを皆さんに教えてきました。"インスピレーション"と"チャネリング"は新しいアイディアを生み出すのに、重要な役割を果たします。だけど、もし僕たちがこの段階にとどまるなら、可能性はどこにも広がりません。

夢はデザインじゃない。デザインの過程においての出発点にすぎないのです。どんな素晴らしいアイディアも役立たせるためには、次の段階に移行しないとね:デザインの過程へ。

デザインというのは、一般的に目的やシステムの計画を表すための言葉です。プロダクト・デザイナーは想像の段階で、同時に“制約”と呼ばれるものとも働きます。これが新しいプロダクトを生み出す唯一の方法なのです。

新しい製品、新しいファッション、新しい家、あるいは新しい“ライフスタイル”をデザインすることは、みんな似たようなアプローチです。だからライフスタイルを作ろうとするなら、有名なプロダクト・デザイナーの哲学からたくさんのことを学ぶことができるでしょう。

7月のワークショップでは、プロダクトとファッションデザインにおいての重要な"ルール”と“哲学”を紹介し、それをどのように“ライフスタイル”に簡単に応用していくかをお見せしましょう。

次のクリエイターズ・ワークショップは2009年7月26日日曜日

次回ワークショップ:2009年7月26日日曜日(普通のセッション)

 

“プロダクト・デザイン”のルールをいかに“ライフスタイル・デザイン”に応用することができるか

洗足池駅(池上線)の前のボートハウス2階

13:30~16:30

参加費:5000円

ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

 

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

PJ Dojo (part 2) Dogs and the "Law of attraction"./PJ道場(パート2)犬と“引き寄せの法則”

After presenting the difference between "Inspiration" and "Channelling", I sat, closed my eyes and the process started...I must confess that I was very curious about the way the talk would start because so many things have been written about this topic of "Law of attraction"...Really was it possible to have something new coming out?...

Then the "voice" came out. (It is still difficult for me to get that "other" energy adjust to my body''s usual feeling so in the beginning, the voice flows with some difficulty....)

It started slowly with a kind of meditation. Participants were asked to close their eyes, relax and concentrate on the space appearing in their "inner field of vision", then to just let things happen and look at the space inside like at a TV screen.

Then they were invited to see if they could see something about their "everyday identity" on this "inner screen". For example with my eyes closed it is evident that in my field of vision there was no more Patrice Julien, no more French, no more "born in Morocco", no more age,... just nothing.

This "neutral" state is our basic state, just I AM... Not Patrice but just something in me that is an I-dentity, a state of being...We do not have to think it, just to feel it...

From there, the voice asked : now imagine you are a dog. More precisely a French Bulldog (was it a joke about me being French I don't know. Why not a Shiba Ken?). Participants were invited to get the feeling of being this dog from the top of their head to the tip of their feet, something like "I AM 100% A FRENCH BULLDOG...)

Then, they were invited to feel about how the "Law of attraction" would work for a French Bulldog. For sure not about attracting BMW cars and High Brand bags, for sure much more oriented around some good dog food, a nice place to run, other dogs to play with, a nice owner, etc...

Through this example, the "voice" was showing that "attraction" always depend on what you feel you already are. To be a "French Bulldog" is like to be a "rich person" or a "poor person"...It is just a "state of mind". The reason why "poor" people tend to attract more lack and "rich" people more money...is just the same thing as dogs attracting dog food and cats cat food...

The difference between the example of the animals and us is that we, humans, have the possibility to change our ideas about ourselves. The theory of "Mind only" in Buddha's teaching teaches that " Both delusion and Enlightenment originate within the mind, and every existence or phenomenon  arises from the functions of the mind, just as different things appear from the sleeves of a magician."

Which means that the "Law of attraction" will attract to us according to what we feel we ALREADY ARE and not what we feel we NEED to get or become...

Then, practically, how can we do that?
I will post the answer given during the session in my next post.

“インスピレーション”と“チャネリング”の違いについて話した後、僕は座って目をつぶり、プロセスが始まった。正直言って、僕はどんな話になるかすごく興味があった。なにしろ“引き寄せの法則”のトピックについてはたくさんのことがもう既に語られているからね。なにか新しいことが出てくるなんて本当にあり得るだろうか?

すると“声"がやってきた。(他のエネルギーを普段の自分の感覚に合わせるのは、まだ難しいんでね、はじめの方は、声が簡単には流れてこない。)

瞑想のような感じで、ゆっくりと出てきた。参加者は目を閉じ、リラックスし、“内なる視界”に現れる空間に集中するようにと言われた。そしてコトが起こり、テレビ画面のように、内側にある空間を見つめた。

この“内なる画面”に自分の“日常のアイデンティティ”のようなものが現れたら見るようにと促される。たとえば僕の閉じた目の中の視界にはっきりとあるのは、パトリス・ジュリアンではなく、フランス人でもなく、“モロッコ生まれの”人でもなく、年齢もなく・・・ただなにもない。

この“ニュートラル”な状態が僕たちの基本の状態なんだ。ただの自分・・・パトリスじゃなく、僕の中にあるなにか・・・それが 自己アイ・デンティティ、存在の状態・・・考える必要はない、ただ感じるだけ。

そこから、声はこう言った:自分は犬だと思いなさい。もっと正確に言うと、フレンチ・ブルドッグだな(これってフランス人である僕へのジョーク?なんで柴犬じゃなく、フレンチ・ブルドッグ?)
そして、参加者は、頭からつま先までこの犬になる感覚、自分は100%フレンチ・ブルドッグだというような感覚を得るようにと促される。

次に、参加者は、"引き寄せの法則”がこのフレンチ・ブルドッグにどのように働きかけるかを感じるように促される。
BMWやブランドのバッグを引き寄せるんじゃないことは確かだよね。美味しいドッグフードとか、走り回れる場所とか、一緒に遊べる犬仲間とか、いい飼い主とか・・・に関連するようなことでしょう。

この例から“声”は、自分がすでになっていると感じている存在によって“引き寄せる”ものが決まってくるのだということを示している。“フレンチ・ブルドッグ”になることは、“金持ち”になったり、“貧乏人”になるのと同じ...単なる“意識の状態”。だから、貧乏な人は、どんどん足りない状態を引き寄せ、金持ちの人はもっとお金を引き寄せるんだ。犬がドッグフードを、ネコがキャットフードを引き寄せるのと同じこと。

この例の動物と僕たちの違いは、僕たち人間は、自分たちについての考えを変える可能性を持っているということだ。仏教の教えの“意識のみ”のセオリーは 「妄想、悟りとも意識の中で生まれ、存在あるいは現象は、意識の働きから起こる。マジシャンの袖から出てくるようなものとは違うのだ」と言っている。

“引き寄せの法則”は、自分がすでになっていると感じている存在によって引き寄せ、自分がなりたいものや、得る必要があると感じているものに引き寄せるのではないってことだ。

じゃ、実際にはどうすればいいか。
セッションで出した答えを、次回、投稿しましょう。


| | コメント (1)

2009年7月 1日 (水)

Birthday present from Yuri/ユリからの誕生日プレゼント

Today I received by takkyubin a very awaited present  ordered by Yuri a few weeks ago for my Birthday . It is a specially made African instrument called Kalimba made by "BUN", a Japanese artist and musician who just released a CD with Sandy (His Site)
For the sound I prefer to wait a little bit of training before giving you a sample but here is how my new Kalimba looks :

今日待ちに待ったプレゼントが宅急便で届いた。ユリが数週間前に僕の誕生祝いにオーダーしてくれたんだ。カリンバと呼ばれるアフリカの楽器で、つい最近サンディと一緒にCD を発売した日本人アーティスト&ミュージシャンによって特別に作られたもの。(彼のサイト)

音をお聞かせする前に、ちょっと練習が必要かと。でもね、僕のおニューのカリンバのルックスはこんな感じ:

Img_5532

And I found a very nice African song with a Kalimba, I share it with you...

それから、カリンバを使ったアフリカの素敵な歌を見つけたんで、皆さんと分かち合いましょう...

| | コメント (5)