« PJ Creator's Workshop : The basic rules of Lifestyle design/PJクリエイターズ・ワークショップ | トップページ | Bisou's summer story.../ビズの夏物語 »

2009年7月20日 (月)

Little Press Fair 2009.../2009リトルプレスフェア…

If you read my books, you know that I am always carrying with me an old model of a notebook looking like  the now famous Moleskine. The one I am still using was a very basic model popular amongst French carpenters in the old times.

Unfortunately this model was made by hand and it was becoming too expensive to craft so it is not sold anymore...Compared with the Moleskine, this model have the advantage to be able to hold a small pencil or pen and this aspect is very practical because you always have your writing tool and the notebook together...

Img_5846

A few weeks ago I was checking my old notebooks collected since 1992 and I found a little illustrated story I wrote some day in 2001 during a trip in the subway. I found that the story was cute and I thought that It would be nice to have a chance to be able to share it with the public...

Then... a synchronistic thing happened. I got a phone call from Cowbooks, a very trendy Alternative Bookshop in Aoyama. They asked me if I would like to participate to their annual very popular event : "The Little Press Fair".

Every year, they ask artists and writers to create a very special editorial item to be sold during the event. Wow! What a chance to share my story! So, from the originals of my notebook I created a "cards book" with one illustration per page and I came out with 29 pages, a nice cover and a back page which makes all together 31 pages...

Cowbooks_0

Then, to make it fun I looked for ideas of a cover...I finally camme out with 2 Real leather covers (Bright pink and bright blue), 2 Cute fabric covers, and 10 basic enveloppe covers. All together a limited edition of 14 books.

Cowbooks_3

The story is about the question "Who is sad?" when we think that we are sad...Do not worry, it is not a sad story, on the contrary, it is a very Zen story showing that when we think that we "feel" sad in fact  there is nobody to be sad in us...

Cowbooks_1

The little press Fair will be from August 1rst to 23.

Informations at : www.cowbooks.jp

 

僕の本を読んだことがある人なら知っていると思うけど、僕はいつもノートを持ち歩いているんだ。今ではすっかり有名になったモレスキンの古い型のようなノートでね。昔フランスの大工さんたちの間でとっても人気だった基本型のものを、僕は今でも使っている。

残念ながら、この型は職人による手作りだったから、高くなりすぎちゃって、生産できなくなってしまったんだ。モレスキンが参考にして作ったというこのモデルには、小さな鉛筆やペンをつけられるという良さがある。これはすごく便利だよ。だって書く道具とノートをいつも一緒に持ち歩けるんだから。

何週間か前、1992年以来ずっととっておいてある僕の古いノートをチェックしていた。そこで2001年のいつだったかなあ、移動中の地下鉄の中で書いた、イラスト入りの簡単なお話を見つけたんだ。そのお話が可愛くてね、これをみんなとシェアする機会があったらいいのにな…と思っていたら…

これはシンクロニシティだね。今はやりのオルタナティブ本屋さん、カウブックスから電話があったんだよ。彼らの人気イベント、リトルプレスフェアに参加しませんかって。

彼らは、毎年、アーティストや作家たちに特別エディションのものを作ってくれるように頼み、そのイベントで販売している。ワオッ、僕のお話をシェアするチャンス!それで僕は、このノートを参考に、カードブックを作った。一ページにひとつのイラスト、全部で29ページものなんだ。それに表紙と裏表紙を合わせて合計31ページ。

もっとおもしろくするために、僕は表紙のアイディアを探していたんだ。やっと出てきたその案とは、ホンモノの革のカバー2冊(明るいピンクとブルー)、可愛い布のカバー2冊、基本の折りたたみ式のカバー10冊。計14冊の特別エディション。

お話はね、僕たちがさびしいと思う時「さびしいのは、だれ?」という質問についてなんだ。あ、心配しないで。さびしいお話じゃないよ。それどころか、どちらかというと、禅のお話。僕たちがさびしいと思う時、実際にはだれも自分の中でさびしいわけじゃないっていうお話なんだよ。

リトルプレスフェアは8月1日から
カウブックスの情報はこちらでね。http://www.cowbooks.jp/

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入