« Tourou nagashi in Senzoku Ike/洗足池の灯籠流し | トップページ | Little Press Fair 2009.../2009リトルプレスフェア… »

2009年7月19日 (日)

PJ Creator's Workshop : The basic rules of Lifestyle design/PJクリエイターズ・ワークショップ

Summer time is a great time to pause and reflect about new projects in life...Cooling down, relaxing help to welcome new ideas and new dreams...

If we look at a few rules of "product design" we see that it can be a good way to stimulate the research of practical solutions.

Bstorm

Let's have a look together at some of them to see how they can also apply to any change in life :

1) The decision to innovate :
Product:All new design starts from a decision to create a new product.It is not only a "dream", it is a project.
Life:A lot of people have a vague dream to change something in their life but they never make it a decision. A decision is a commitment, it is almost a contract with yourself  it says : " I decide 100% to create a new life".

2) A project has a deadline :
Product:The company have always a time schedule to release the new product.
Life:How many people have a time schedule to make a change in their reality?   

3) A clear motivation and a clear objective :
Product : Why a "new design"?
Sometimes, it is because the old one have been frustrating and did not give full satisfaction to the customers or on the sales aspect.
Sometimes it is because the policy of the company is to always keep innovating.
The analysis of the motivations is very important because it starts from making a listing of the strong points and the weak points of the product.

Life : This step looks evident but it is very helpful...
For example a Mother who works at home for her family wants to start working outside...
Why?
Which innovation would this "new life" bring to her family?

4) Precise specifications :
Product : The analysis on step 3 helps to create the specifications of the new product.Very precise specifications are necessary because they are the guideline for the new product during all the stages until the product is released.

Life : Too often, new life projects result in frustrating situations because the specifications stay very imprecise and they are not clearly written, sometimes they change in the course of the process.

5) The constraints :
All product is designed within some constraints.
Practical constraints : for example, a chair needs at least 3 legs to support the weight of a body...

In life also we also should think about practical constrains : what are they?

Financial constraints : the product should not exceed a certain cost.

That is a very common issue when somebody decides a new life. It should always be considered realistically but creatively.

Technical constraints : in the actual state of the equipment of the factory some designs cannot be executed.

Every person, every family have also a state of the equipments...Looking precisely at this aspect will help define the next step...

6) Negotiable and non negotiable constraints :
Products : Are the constraints negotiable or non negotiable?

This is a very important aspect because very often, poor designs result from a bad management of constraints...

For example if when a car is designed "Must be fun" is a negotiable constraint the car may become a boring practical car... If it is non negotiable, designers absolutely have to find fun ideas or the new design will not be approved.

In a new life, what are the negotiable and non negotiable constraints?We have to decide it.

7) Consensus :
At every one of the 6 steps described it is very important to have a consensus between all the sections of the company so the whole team can start with a clear concept supported by every one. This is the key of harmony.

Life : I noticed that a lot of people forget this step. They start the "design" process without the necessary communication and they get oppositions...

Usually, in a company, the person in charge of the "innovation section" starts from a presentation showing to all the other departments how the "new product" can bring "good" consequences for everyone...

I am sure that you see how those very simple "design steps" can be useful to help come out with creative solutions. During the next Creator's workshop I will show you how you can apply them to your own situation to help you "release" new and exciting "products" in a near future...

Next Creators Workshop :  Sunday 26 of July 2009 (Normal Session)

"How rules for "product design" can also apply to "lifestyle design""
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

夏はちょっと立ち止まって、人生の新しいプロジェクトを考える絶好の時。落ち着いて、リラックスすれば、新しいアイディアや夢がやってくる。

プロダクト・デザインの法則は、実践的な問題解決のやり方をリサーチするいい方法じゃないかな。
それらのいくつかを一緒にみてみよう。それをどうやったら、人生における変化にも適応できるかをね。

革新のための決断
プロダクト:すべての新しいデザインは、新しい製品を作ろうという決断から始まっている。夢だけじゃない、プロジェクトだ。
ライフ:多くの人たちは自分の人生を変えたいという曖昧な夢をもちながら、決断をしようとしない。決断とは責任なんだ。どちらかというと、自分自身との契約だね。“私は、新しい人生を作ると100%決めた”というもの。

プロジェクトには締め切りがある
プロダクト:企業は、新製品を発表するタイムスケジュールを常に持っている。
ライフ:現実を変えようとするためのタイムスケジュールを持っている人は一体どのくらいいる?

明確な動機と明確な目的
プロダクト:なぜ、新しいデザイン?古いものではうまくいかなくなり、お客様とか、営業面で十分な満足を与えられない、ということだったり。企業の方針として、常に改革していく、ということだったり。動機の分析はとても重要なので、製品の長所、短所のリストを作るところから始めます。
ライフ:そんなの当たり前と思っても、明確しておくと役立ちます。たとえば、家族のために家で働いていたお母さんが外で働きたい。なぜでしょう?どんな革新が、彼女の家族に"新しい人生”をもたらすのだろう。

正確な具体性
プロダクト:新製品の具体性を生み出すために、ステップ3の分析は役立ちます。その分析は、製品が発売されるまで、すべての行程でこの新製品のためのガイドラインになるので、正確な具体性が必要なのです。
ライフ:新しい人生のプロジェクトは、フラストレーションを感じる結果になることがしばしば。この具体性が正確でなく、ちゃんと書かれていないからです。そのために、進めていく方法を変えてしまうことがある。

制約
プロダクト:すべてのデザインはいくつかの条件や制約の中で行われている。たとえば、いすは体の重さを支えるのに、少なくとも3本の脚が必要とかね。
ライフ:人生にも、実際的な制約について考えるべきじゃないかな?どんなものだろう?

お金の制約ー製品はある一定のコストを超すべきじゃないよね。
これは、新しい人生を決めていく時だって、共通なんだ。いつも現実的に考えなくちゃいけない、でもクリエイティビティをもってだよ。

技術の制約ー工場の実際の設備の状況を無視して、デザインを進めることはできない。
だれにでも、どんな家族にも設備を持っている。この側面をよく見ると、次のステップを明解にするのに役立つだろう。

交渉可能か否かの制約
プロダクト;これはすごく重要なこと。デザインの失敗というのは、制約の使い方をまちがっている時にしばしば起きるからね。たとえば、車のデザインで、「楽しい車」というコンセプトが交渉可能なものだったら、きっと退屈で機能的な車ができるだろうね。もしそれが交渉不可能なものなら、デザイナーは、もう絶対的に楽しいアイディアを見つけなくちゃならない。そうでなければ新しいデザインにOKはでないだろう。
ライフ:新しい人生に、なにが交渉可能でなにが不可能か?自分たちで決めなくちゃね。

合意
プロダクト:いままで書かれた6つのステップはどれも、企業内のすべてのセクションで合意がとれていることが重要だ。そうすれば、チーム全体がみんなからサポートされた明解なコンセプトをもって始めることができるからね。これが、ハーモニーの鍵だ。
ライフ:多くの人がこのステップを忘れているような気がする。必要なコミュニケーションを十分にとらずにこのデザインのプロセスを初めてしまうと、反対されることになるんだ。
普通、企業では、新製品開発の責任者は、すべての課の人たちに、新製品はいかに素晴らしく、みんなにとってもよい結果をもたらすかということをプレゼンテーションすることから始める。

ね、もうわかったでしょう?このシンプルな“デザインの過程”がクリエイティブな解決法を生み出すのに、どんなに役立つか。次のクリエイターズ・ワークショップでは、これを自分たちの状況に当てはめてみたいと思う。あなたが近い将来“ワクワクする新製品”を生み出すのに、きっと役立つよ。

次回のクリエイターズ・ワークショップ
“プロダクト・デザイン”のルールをいかに“ライフスタイル・デザイン”に応用することができるか

2009年7月26日日曜日(普通のセッション)

東京都大田区 洗足池駅(池上線)の前のボートハウス2階
13:30~16:30
参加費:5000円
ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

 

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入