« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月26日 (水)

Saturday 29/8, cooking atelier : "Saveurs de Nice"8月29日土曜日、料理教室サヴール・ド・ニース

Img_1327

The PJ cooking atelier "Saveurs de Nice", A discovery of Provence Gastronomy will take place on Saturday August 29th from 3PM to 8PM  at our place in Senzoku Ike. For more information, see here.
The menu is :
Entrée : Pissaladière .
A traditional Provence style onion and anchovy tart on an olive oil crispy crust
Soupe : Soupe au Pistou.
The most famous vegetable soup of Provence with it's basilic sauce.
Granité : Granité au melon
An kind of sherbet to be served before the main dish made with honey and melon
Main dish : Poulet aux olives avec riz au safran
A beautiful combination of colors and flavors.
Dessert : Mini crêmes brûlées au citron et au Romarin

A combination of 2 easy to do crême brûlées.

PJ料理教室、サヴール・ド・ニース 南仏プロヴァンス美食の発見が、8月29日土曜日、洗足池の我が家で行われます。詳しくはここを見てね。

アントレ*プロヴァンスの伝統的な一品、オニオンとアンチョビのタルト オリーブオイルでサクサクに作るパイにのせて
スープ*プロヴァンスで最も有名な野菜スープ バジルソース添え
グラニテ*ハチミツとメロンのシャーベット メインディッシュの前のお口直しに
メインディッシュ*カラフルな色と香りのコンビネーション (チキン&サフランライス)
デザート*カンタンに作れる2種類のミニ・クリームブリュレ

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

"I AM" ; a new silver accessory by PJ/"I AM" PJによる新作シルバーアクセサリー

Today I want to introduce one of my new projects. A silver accessory.

During years, I have tried several neck accessories with stones, crystals, silver motifs,... but I never have been really fully satisfied by the feeling I got when wearing them.

As I was wondering if I could find something really adapted to my expectations, synchronistically a proposal came one day asking me to create my original accessory... What a chance!

I was then introduced to a very interesting artisanal silver atelier where we started to work on my ideas.

Img_1321

I called the accessory "I AM" because "I AM" is the base of our experience of life,wherever we go, our I AM goes with us, It expresses Life in us. Don't we say "I AM Happy, I AM eating, I AM walking, etc..." the fact that I AM is the only thing I AM sure of, even if I can define what is exactly this "Isness".


The body of the accessory is in silver because it symbolizes the white light which corresponds to the higher state of consciousness. It have two  different sides : one is the "giving" side and represents the sun.The other is the "receiving side" of us and represents the moon.

We can choose the face we feel inspired to show according to our mood of the day. It is a way to stay conscious of our different modalities of being and express them fully

It is shaped like a stone or like an egg, image of the Zero state, to symbolize all the potential in us, unfolding from Zero.

010

There is also a secret face in this accessory. In the inside are carved two keywords "I Thank you!" and "I Love you".

As you will walk around with your "I AM" accessory it will represent your "inner prayer" repeating inside of you.

020

Here is the prototype of the "I AM accessory" on the "moon side" before final step of setting and polishing.

The final "I AM" product will be shown for the first time during my next talk show on the 26 of August. It will be sold through Internet and in some selected shops. More information will be published here.

I hope "I AM" will become a travelling companion for many,
a portable altar to keep Spirit "on focus"
a remembrance of a state of being beyond memories, a tool for perfect balance between Giving and receiving, lovingness and thankfullness.

さて今日は新しいプロジェクトを紹介しましょう。銀のアクセサリーです。

僕は何年もの間、石やクリスタル、シルバーモチーフのあるネックレスを試してきたけれど、つけてみると、どうもどれもしっくりこなかったんだ。

自分の期待にぴったりと本当にあうものを見つけることができるんだろうかと思い出した頃、それに呼応するように、オリジナルアクセサリーを作りませんかという提案がやってきた。チャンス到来!

それからおもしろいシルバー工芸の工房を紹介され、僕のアイディアをカタチにし始めたんだ。

このアクセサリーを僕は『I AM』と名付けた。I AMは人生の経験のベースになるもの。僕たちがどこへ行こうと、I AMは一緒。だって自分たちの人生を表現する言葉でしょう。ほら、私は(I AM )幸せ、私は(I AM) 食べているよ、私は(I AM)歩いている... って言うよね?事実、"存在していること”の意味をちゃんと表すことができるとするなら、この"I AM"こそが、唯一のものだと僕は確信しているんだ。
デザインするにあたっては、ホ・オポノポノを通して、セルフアイデンティティ(自己同一性)と呼ばれるハワイ方式の修行から主にインスピレーションを得ている。
アクセサリー本体は、銀。より高度な意識を表す白い光をシンボル化している。2つの面があり、ひとつは"与える"もの、太陽を表す。もうひとつは"受け取る"もの、月を表す。

その日の気分によって、どちらの面をつけるか選ぶことができるんだ。これによって、自分の違った面をちゃんと意識し、それを思いっきり表現する方法になる。

石のような、卵のようなカタチ、ゼロの状態のイメージ、ゼロから始まっていく自分たちの中にあるすべての可能性をシンボル化している。

この作品は、次の8月26日のトークショーでデビューする予定です。インターネットと、いくつかのセレクトショップで販売予定。詳細は、ここでまたね。

"I AM"が、魂と心を合わすためのケイタイ祭壇として、記憶の向こうにある存在であることの思い出として、与えることと受け取ること、愛することと感謝することの完璧なるバランスを保つツールとして、多くの人の人生の旅の道連れとなることを、僕は願っている。

| | コメント (4)

2009年8月21日 (金)

Bijin

Img_1540_3_2

| | コメント (3)

2009年8月20日 (木)

Bon voyage Bisou!/ビズ、いい旅を!

51hpkwxvp4l_ss500_

Our Dear Friend Bisou left this dimension this morning 20th of August around 10 AM
She have been one of the big source of joys in this blog.
She taught us a lot and shared a lot of love
We want to thank her
and to thank you for sharing our love for her...
Let's say together :
"Bon voyage Bisou!
Thank you for all you gave us,
Wenever you want,
come and play again with us
We love you!"

今朝8月20日10時頃、僕たちの愛するビズがこの世を去った。 このブログでも、喜びの大きな源であり続けたビズ。 彼女が僕たちに教えてくれたことは、それはもうたくさんで、 愛をいっぱい分けてくれたね…。

みんなでこう言おう。
「いい旅を、ビズ!
ビッちゃんが僕たちにくれた全てのことに感謝するよ。
また僕たちのところへ来て遊びたくなったら、
いつでもいつでもおいで。
大好きだよ We love you,ビズ。」

| | コメント (15)

2009年8月16日 (日)

Thank You!/ありがと!

Img_1317

Perfect Weather for our Thaï night. We thank all the participants for their loving presence. It was a magical moment !

タイの夕べにはもってこいのお天気でしたね。参加者のみなさん、いてくれてありがとう。魔法のような時でした!

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

A "Bangkok Style Night" with Patrice & Yuri/パトリス&ユリと一緒に『バンコクスタイルの夕べ』

From 1985 to 1987, I lived in Bangkok. As you know in Thailand it is always summer...Almost like the month of August in Tokyo, very humid and hot...
This gave me the idea to change the heat of Tokyo through a simple dinner cooked from my memories of the Thai Food I love...

1985年から1987年まで、僕はバンコクで暮らしていました。ご存知の通り、タイは常夏。いつも東京の8月って感じで、蒸し暑い…そこで、思いついたんだ。僕の愛するタイ料理の思い出から作るシンプルなディナーで東京の熱を変えてしまおうと。

Img_4175

On Saturday 15th, it is the peak of Tokyo Summer and for many of us it is a free week-end, isn't it a perfect occasion to experience what I call FOOD ALCHEMY?

15日土曜日、東京の夏は真っ盛りでしょう。何人かの人はのんびりしたウィークエンドなんじゃない?これは、僕が“フード・アルケミー(錬金術)”と呼んでいるものを体験する絶好のチャンス。

Whay is "Food Alchemy"? It is based on the fact that by changing a few details of our ordinary life we can transform any heavy situation in a pleasant one. Food is one of the easiest ways to do this...

アルケミー・フードってなんだろう?普段の生活のちょっとしたことを変えることで、重苦しい状況を楽しいものに変えてしまうことができるよね。一番簡単にできるのが食べ物なんだ。

The time schedule and registration details for this event is published HERE.
The lesson will be a blend of demonstration and collaboration around this menu:

このイベントのタイムスケジュールや応募の詳細はこちら。 レッスンはこんなメニューあたりでデモンストレーションとコラボレーションを混ぜ合わせたものになると思います。

- Thai style minced beef salad.(This was one of the favorites of CFA customers)

タイ風ビーフひき肉のサラダ(CFAのお客様たちの好物のひとつでした。)

Laap

- Fish patties with cucumber sour relish

お魚のパティ、キュウリの酢漬け添え

- Cabbage salad Northern style.

北部風キャベツのサラダ

- Pumpkin and crab red curry soup

カボチャと蟹のレッドカレースープ

Kabocha_soup

- Fried fetuccine with chicken curry (An interesting fusion version of the Thai fried noodles)

焼きフェトチーネ、カレーチキン添え(タイ焼きそばのオモシロバージョン)

- Pandamus leaf granita

パンダマスの葉っぱグラニタ

Granit

- Mango-coconut rice pudding

マンゴ・ココナッツのライスプリン

Served with a choice of Original cocktail, wine and thai Beer...

オリジナルカクテル、ワインやタイビールを選んでサーブする。

If you are interested reserve as soon as possible, just a few spaces are available...

もしご興味がありましたら、できるだけお早めにご連絡ください。ほんの数席のみ空いています。

Reservations here.

予約はこちら

| | コメント (0)

Introducing the "Maldon Salt"/マルドンの塩はいかが

My readers know that I am a big fan of the Salt of "Guérande". I have been using this salt since the beginning of my Chef's years in the 80th...I first introduced "Guérande salt" in my cooking Book "France Ryori ABC" when it was not sold in Japan yet and I had all my French friends bring me  few kilos of "sel gris" in their luggage whenever they visited me in Japan.

Title

(Click on picture for Aquamer Japan)

Guérande salt exists under 3 main aspects
- Gros Sel Gris , Called "arajio" in Japan.I use it mainly for stocks and soups that need long cooking time or to marinate fish or meet.
- Sel fin (Which is the same but ground with natural stone grinders), I use it in all other cooked preparations.
- "Fleur de Sel", called "hanajio" in Japan, is the lighter part of the salt that comes on top of the water. It is very delicate so it should not be cooked but just used as a finishing flavor with salads, grilled fish, grilled meat. Famous pâtissiers like Pierre Hermé use it in cookies, tart crust, caramels, etc. because it does not melt and explode delicately in your mouth with a delicious and crisp salty flavor...which is a kind of extasy...

Maldon_salt_hi

I had the chance to meet another salt very few people know. It is called "Maldon salt", it is made in england through a very traditional, original process and it is unique. What is unique to Maldon Salt is his particular cristal shape, it is "flaky" so when you get it in your mouth the feeling is a very delicate and thin salty layer that do not resist under your teeth.

Salt_hi


This feeling is extraordinary, I wish you have a chance to give it a try with summer foods : steamed or raw vegetables, grilled meats, barbecued foods, yakiniku, fish...Maldon salt, black pepper and a great olive oil make a perfect combination!

(PS : I always buy my Maldon Salt at National Azabu)

僕の読者の人たちは知っていると思うけど、僕はゲランドの塩の熱烈なファンなんだ。80年代にシェフを始めた頃からずっとこの塩を使っている。最初に『フランス料理ABC』の本の中で紹介した時、まだ日本には入っていなかったんだ。だから、僕のフランスの友達が日本に来る時はいつでも、カバンの中に数キロの“セル・グリ”を忍ばせて持ってきてもらっていたんだよ。

ゲランドの塩は大きく分けて3つに分類されている。日本では粗塩と呼ばれているグロ・セル・グリ。僕は主に、調理時間が長いスープやストックとか、魚や肉を漬け込むときに使っているんだ。
セル・フィン、はグロ・セル・グリと同じものだけれど、石挽きで細かくされているもの。これは上記のもの以外の下ごしらえに使う。
水面の上にできる軽い塩のことは、花塩、フルール・ド・セルと呼ぶんだ。とっても繊細だから、調理に使っちゃダメだよ。サラダとか、焼き魚、焼き肉の最後の仕上げに使うものなんだ。
有名なお菓子職人のピエール・エルメは、クッキーやタルトのクラスト、カラメルなんかに使っている。豊かな風味のピリッとした塩味が、溶けずに、ほどよく口の中ではじけて、もうなんて言うか、それはエクスタシーだね。

ところで、ほとんどの人に知られていないもう一つの塩“マルドン”に出会う機会があった。英国のとても伝統的な、昔ながらのやり方で作られていて、ユニークなんだ。なにがユニークかって、それはクリスタルの形状かな。サクサクしていて、口の中に入れると、なんとも言えない繊細な感じなんだ。薄い塩のレイヤーは、あなたの歯の下でしっとり。

この感覚はサイコーだよ。ぜひチャンスを見つけて、夏の料理にトライしてみて。蒸した野菜あるいは生野菜、焼き肉、バーベキューフード、焼き魚、…マルドン塩と黒こしょう、それに美味しいオリーブオイルがあればカンペキ!

(追記:僕はいつもナショナル麻布でマルドンの塩を買っています。)

| | コメント (1)

2009年8月 4日 (火)

Little Press Fair 2009... (Part 2)/リトルプレス・フェア2009(パート2)

Little press fair started Saturday 1rst at Cowbooks Aoyama

リトルプレス・フェアが青山のカウブックスにて、1日土曜日より始まりました。

Little_press

8 copies of my limited edition of "Who is Sad?" have been displayed
2 leather "deluxe" copies (collector item)-down right on the picture-
2 "cutie cover" copies (collector item)-up left on the picture-
4 color "basic" copies -up right and low left-

8冊の" Who is Sad?/ 寂しいのは誰?"限定版が出品されています。

革装丁のデラックス・バージョン(コレクターズアイテム)が2冊 写真右下

キューティーカバー・バージョン(コレクターズアイテム)が2冊 写真左上

カラーの基本バージョンが4冊 写真右上と左下

Img_5828

This little story is now almost sold...so if you are interested only two collectors copies left...

このかわいいお話は今や売り切れ寸前ですから、もしご興味があるようでしたら、残り2冊のコレクターズ・バージョンをお早めに、どうぞ。

Couverture_2_bis_2


| | コメント (2)