« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

Meeting your "Inner child"/“インナーチャイルド”との出会い


What we call the "inner child" is a very neglected part of us and this tends to create a lot of difficulties in our life...
Why?
Our "Child" is in charge of all the database of our life, all the process of cause and effect and all our value system is stored within it. Any idea we think or have tought at any time of our story is part of our child. This "child" is the symbol of our "subconscious mind".
Our conscious Self, the logical side we tend to use to solve "problems" is totally unable to access the Universe by itself, it is very limited in it's capacity, so it needs to have the support of the "Child" to access the inspiration...

In general we do not acknowledge the work the child does and we tend to use it as the trashbox of our life, we feed him with our limitations, our fears, our sadness. Our inner child is supposed to be our "magical" side because it is connected with the creativity of the Universe but because of our ignorance of it's role we tend to abuse and over control him.

To get things flowing harmoniously in all the aspects of our daily life we need to establish a loving relation with this part.

The next session of the PJ Creator's Dojo will be about this important question of the "Inner child" under 3 aspects : 
- How does the inner child work and think?
- How to get in touch with him (or her)?
- How to collaborate with him (or her) on a daily basis?

Next Creators Workshop :  Sunday 29 of November 2009 (Normal Session)

"Meeting your Inner Child."
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

"インナーチャイルド”というのは、僕たちの中でけっこう放っておかれている部分で、それが人生において多くの困難を生み出していると言っていいと思う。なぜかって?それはね、僕たちの“チャイルド”は、人生のデータベースのすべてに関わっていて、因果関係ぜんぶのプロセスや価値観がそこに保存されているからなんだ。

自分の物語のいつどんな時も、自分が考えたり、あるいは考えてきたりしたことというのは、このチャイルドの一部なんだよ。つまりチャイルドは、潜在意識のシンボルってわけだ。

自意識、“問題”を解決する時に使おうとする論理的側面のことだけど、その自意識は宇宙とつながることはもう絶対的に不可能。受け入れ容量がすごく限られているからね。だから、インスピレーションとつながるためには、“チャイルド”の手助けが必要なんだ。

一般的に、僕たちはこのチャイルドの働きを知らないもんだから、彼をまるで人生のゴミ箱みたいに使ってしまったりするんだ。自分の限界、恐れ、悲しみをそこに投げ込んじゃう。インナーチャイルドは、宇宙の創造力とつながっているので、本来は僕たちの“マジカル”な側面であるはずなんだけど、僕たちがその役割を知らないがために、彼を傷つけ、服従させようとしてしまうんだ。

日常生活のあらゆる面で、調和を保ち、すべてがうまく流れるようにするためには、僕たちはこの部分とラブラブな関係を築く必要がある。

次回のPJクリエイター道場では、“インナーチャイルド”に関する3つの重要な質問に答えていきます。
ーインナーチャイルドはどんな風に働き、どんな風に考えるのか?
ーどうやったら彼(彼女)とつながることができるのか?
ー日常生活において彼(彼女)とどうやってコラボしていくか?

次回クリエイター・ワークショップ(ノーマル・セッション)
11月29日(日)
インナーチャイルドとの出会い
洗足池(池上線)駅前のボートハウス2階
午後1:30-4:30
参加費:5000円
お問い合わせ、ご予約は、こちらへ

| | コメント (5)

2009年10月16日 (金)

I AM WHAT I AM/私は私

Every single day, every single minute talks to us if we listen.
Today morning I got a mail from a friend with a link to a Youtube video clip she likes. I jumped there and on the sidebar, on the right of the screen, where related videos appear,I saw the title of a song by Gloria Gaynor : "I AM WHAT I AM".

You know that I am just now creating an accessory called "I AM" and synchronistically, exactly today morning! 15 minutes before discovering the Gloria Gaynor song a takkyubin brought me the final prototype of the "I AM" accessory...(Isn't it amazing...?)

Img_5969_4

(To see a bigger image, click on the picture.)

When I heard and read the words of the song I found that it says exactly what I had in mind when I thought about the concept of my new product...

Isn't it funny?

So remember...When you stay open to all the details of Life they all hold a message for you...

I AM

OPEN TO THE VOICE

OF LIFE

LIFE IS A FRIEND

TALKING TO ME,

LIFE SAYS

"I AM

WHAT I AM"

THROUGH ALL OF US...

WE ARE ALL UNIQUE

AND BELOVED!

歌詞を知りたい方は、続きを読んでね。

耳を澄ましてさえいれば、どんな日も、どんな時もメッセージは送られてきているんだ。今朝受け取った友人からのメールに、彼女の好きなYoutubeのビデオクリップが貼られていたんだ。僕はそこで飛び上がった。サイドバーにある、そのスクリーンの右側の、ほら、関連ビデオが出てくるところ、そこにグロリア・ゲイナーの歌のタイトル "I AM WHAT I AM" を見つけたから。

ご存知の通り、僕は"I AM"アクセサリーを制作中で、なんと、まったく今朝!このグロリア・ゲイナーの歌を見つける15分前に、宅急便で"I AM"アクセサリーの最終プロットタイプを受け取ったところだった。

この歌を聞いて、歌詞を読んだ時、まさしく僕の頭の中にあった新製品のコンセプトへの思いがそこにあることを発見したんだ。

不思議だと思わない?

ね、覚えておいて。ライフのすべてのどんな小さなことにも心を開いていれば、そこにはメッセージがあるってことを…。

私は

ライフの声に心を開くよ

ライフは友

私に話しかけている

ライフはこう言っているんだ

私は

私である、と

すべての人たちを通してね

私たちはみんなユニークで

愛されているから

"I am what I am" by グロリア・ゲイナー

I am what I am 私は私
I am my own special creation 私って私特製なの
So come take a look こっちへ来て見て
Give me the hook クビにするか
Or the ovation  喝采をちょうだい
It's my world これが私の世界
That I want to have a little pride ちょっと誇りを持ちたい
My world  私の世界
And it's not a place I have to hide in 隠れなきゃいけない場所じゃない
Life's not worth a dam 人生にはなんの価値もないよ
Till I can say 私がこう言えるまでね
I am what I am 私は私

I am what I am 私は私
I don't want praise I don't want pity 賞賛も憐れみもいらない
I bang my own drum 自分自身のドラムを鳴らしている
Some think it's noise I think it's pretty うるさいって思う人もいるけど私は素敵と思っている
And so what if I love each sparkle and each bangle それぞれの輝き、それぞれの飾りが好きならどうだというの
Why not see things from a different angle 違った角度から見ればいい
Your life is a shame 恥ずかしい人生
Till you can shout out I am what I am 私は私、とあなたが大声で叫ぶまではね

I am what I am 私は私
And what I am needs no excuses 私であることに言い訳なんていらない
I deal my own deck 自分の札は自分で切る
Sometimes the aces sometimes the deuces 時にはエース、時にはデュース
It's one life and there's no return and no deposit たった一度の人生 戻ることも預けることもできない
One life so it's time to open up your closet たった一度の人生 クロゼットの扉を開ける時
Life's not worth a dam till you can shout out あなたが叫ぶまで人生はなんの価値もない
I am what I am 私は私、と

I am what I am 私は私

I am what I am 私は私
And what I am needs no excuses 私でいることに言い訳なんていらない
I deal my own deck sometimes the aces sometimes the deuces 自分の札は自分で切る 時にはエース、時にはデュース
It's one life and there's no return and no deposit たった一度の人生 戻ることも預けることもできない
One life so it's time to open up your closet たった一度の人生、クロゼットの扉をあける時
Life's not worth a dam till you can shout out あなたが叫ぶまで人生はなんの価値もない
I am what I am 私は私

I am I am I am good 私って私っていい感じ
I am I am I am strong 私って私って強いの
I am I am I am worthy 私って私って価値があるでしょ
I am I am I belong 私って私って私のもの

I am 私は

I am 私は

Who whoooo etc.
I am 私は

I am I am I am useful 私って私って役にたつ
I am I am I am true 私って私ってホンモノ
I am I am somebody 私って私って誰か
I am as good as you 私ってあなたと同じくらいいい感じ

Yes I am 本当に、私って

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

Kawaï!

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

| | コメント (3)

Silence.../沈黙…

3082565101_86e92c2aee

Dear Friends,
A visitor recently asked if I was "Ok"...
I presume that she was asking this question because this blog have been so quiet recently.

In fact I spent almost one month in France and came back only yesterday evening. The main purpose of my visit to France was to coordinate an Ho'oponopono workshop with Dr Hew Len and Mary Koehler in Paris on the 25, 26 and 27 of September.

The class was a success.
We had participants from France, but also from several other countries like the US, Canada, Romania, Italy, South Africa, Great Britain, Belgium, Holland, Turkey,...

With all those nationalities meeting in this special city called "Paris" I felt something very particular happened during those 3 days. It was like all the participants also came with the intuition that something important was going to happen.

It is difficult to explain or describe this Paris event because it was an "experience" and an "experience" is something every person feels on a personal and unique way. The only thing I can say to express my global impression is : "I wish you were there..."

After the class I spent some time in the South of France enjoying the warm days of the beginning of autumn with a temperature between 20 and 26º and a sunny weather...

Here I am. Back in Tokyo, with a lot of images, tastes, atmospheres and feelings to digest,...

Today, I worked all day in the garden. One month without me, the plants were in need of love and attention...

To the plants and to all the readers of this blog I say
I am Back,
I love you!
Thank you for being part of my experience.

親愛なる友たちへ

大丈夫?って最近ある人から聞かれました。ここのブログがずっと静かだったから、そう聞いてくれたんだと思う。

実は、一ヶ月ほどフランスにいて、昨日の夜帰ってきたばかりのところです。フランスに行ったのは、主に、9月25、26、27日にパリで行われたヒューレン博士とメアリー・コーレン氏のホ・オポノポノのワークショップをコーディネイトするためでした。

クラスは大成功。参加者は、フランスからだけでなく、アメリカ、カナダ、ルーマニア、イタリア、南アフリカ、イギリス、ベルギー、オランダ、トルコ…とあちこちから来ていました。

パリと呼ばれる特別な街で、これらの様々な国籍の人たちと出会い、この3日の間にすごく重要ななにかが起きたことを僕は感じたんだ。それは、すべての参加者たちが、なにか重要なことが起こるだろうという直感を持ってやってきたような感じ。

う〜ん、このパリでの出来事を説明したり、解説するのは難しいなあ。これは経験だから。経験って言うのは、それぞれの人たちが、それぞれ個人的な感覚で感じるものだからね。僕の全体的な感想を言うとすれば、あなたがここにいたら良かったのに、ってことだけ。

クラスが終わった後、僕は南フランスで何日か過ごし、20度〜26度のポカポカ陽気の秋の始まりを楽しんできました。

そして、さあ、東京。消化するべきたくさんのイメージ、味わい、雰囲気、感覚を持って戻ってきました。

今日は一日庭仕事でした。僕のいない一ヶ月で、植物たちは、愛とお世話が必要みたい。

植物と、このブログのすべての読者に言います。ただいま。アイラブユー。僕の経験の一部であることにありがとう。

| | コメント (7)