« I AM WHAT I AM/私は私 | トップページ | A taste of autumn.../秋の味… »

2009年10月29日 (木)

Meeting your "Inner child"/“インナーチャイルド”との出会い


What we call the "inner child" is a very neglected part of us and this tends to create a lot of difficulties in our life...
Why?
Our "Child" is in charge of all the database of our life, all the process of cause and effect and all our value system is stored within it. Any idea we think or have tought at any time of our story is part of our child. This "child" is the symbol of our "subconscious mind".
Our conscious Self, the logical side we tend to use to solve "problems" is totally unable to access the Universe by itself, it is very limited in it's capacity, so it needs to have the support of the "Child" to access the inspiration...

In general we do not acknowledge the work the child does and we tend to use it as the trashbox of our life, we feed him with our limitations, our fears, our sadness. Our inner child is supposed to be our "magical" side because it is connected with the creativity of the Universe but because of our ignorance of it's role we tend to abuse and over control him.

To get things flowing harmoniously in all the aspects of our daily life we need to establish a loving relation with this part.

The next session of the PJ Creator's Dojo will be about this important question of the "Inner child" under 3 aspects : 
- How does the inner child work and think?
- How to get in touch with him (or her)?
- How to collaborate with him (or her) on a daily basis?

Next Creators Workshop :  Sunday 29 of November 2009 (Normal Session)

"Meeting your Inner Child."
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).


From 13:30 to 16:30


Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

"インナーチャイルド”というのは、僕たちの中でけっこう放っておかれている部分で、それが人生において多くの困難を生み出していると言っていいと思う。なぜかって?それはね、僕たちの“チャイルド”は、人生のデータベースのすべてに関わっていて、因果関係ぜんぶのプロセスや価値観がそこに保存されているからなんだ。

自分の物語のいつどんな時も、自分が考えたり、あるいは考えてきたりしたことというのは、このチャイルドの一部なんだよ。つまりチャイルドは、潜在意識のシンボルってわけだ。

自意識、“問題”を解決する時に使おうとする論理的側面のことだけど、その自意識は宇宙とつながることはもう絶対的に不可能。受け入れ容量がすごく限られているからね。だから、インスピレーションとつながるためには、“チャイルド”の手助けが必要なんだ。

一般的に、僕たちはこのチャイルドの働きを知らないもんだから、彼をまるで人生のゴミ箱みたいに使ってしまったりするんだ。自分の限界、恐れ、悲しみをそこに投げ込んじゃう。インナーチャイルドは、宇宙の創造力とつながっているので、本来は僕たちの“マジカル”な側面であるはずなんだけど、僕たちがその役割を知らないがために、彼を傷つけ、服従させようとしてしまうんだ。

日常生活のあらゆる面で、調和を保ち、すべてがうまく流れるようにするためには、僕たちはこの部分とラブラブな関係を築く必要がある。

次回のPJクリエイター道場では、“インナーチャイルド”に関する3つの重要な質問に答えていきます。
ーインナーチャイルドはどんな風に働き、どんな風に考えるのか?
ーどうやったら彼(彼女)とつながることができるのか?
ー日常生活において彼(彼女)とどうやってコラボしていくか?

次回クリエイター・ワークショップ(ノーマル・セッション)
11月29日(日)
インナーチャイルドとの出会い
洗足池(池上線)駅前のボートハウス2階
午後1:30-4:30
参加費:5000円
お問い合わせ、ご予約は、こちらへ

|

コメント

Patrice先生、台湾のAmberです。
最近、私は何かしなくてはいけない気持ちで生活がハラハラでした。(一応、Cleaningしましたけど)

突然、先生の本を読みたくなりますわ。
(私のInner Childから勧めかも。)

本を買いましたわ。
(ゆたかにいきる、生活のアート、Be lazy Be happy)

ありがとう、Patrice先生。

投稿: Amber | 2009年10月29日 (木) 18時32分

Dear Patrice

Thank you for sharing your inspiration.

I'm very interested in your workshop!

Please come to Okinawa, too.

Thank you.(^^)

投稿: ameen | 2009年10月31日 (土) 12時45分

Yuri and I love Okinawa...Hope to have an occasion of a 2 days workshop there...

投稿: Patrice | 2009年10月31日 (土) 14時57分

I got your " I AM ".
I feel it is like "お地蔵さん".
I like it and the image I got.
Thank you.

This lesson sounds very interesting.
But, only in Tokyo....weep

投稿: OSAKA | 2009年11月 1日 (日) 09時47分

Thank you. May your "I AM" accessory remind you that the Great "I AM" is always with you, loving you and protecting you unconditionally wherever you go...

Peace Infinite

Patrice

投稿: Patrice | 2009年11月 1日 (日) 10時33分

コメントを書く





絵文字を挿入