« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

"I AM" Accessory on eBay/eBayにて"I AM"アクセサリー


Img_6137


The new PJ "I AM" pendant can be ordered at bureau@patricejulien.com

Two versions are available :

Bronze and Silver "I AM";  35.000¥ + postage

18K Gold and Silver "I AM";  65.000¥ + postage

PJの"I AM"ペンダント。 bureau@patricejulien.comから直接オーダーしていただくことが可能です。
"I AM"ブロンズxシルバー 35,000円+郵送料
"I AM"18Kxシルバー 65.000円+郵送料

 

Img_6153

It takes about 2 weeks after order for delivery but for Christmas we have already prepared a few items ready for shipping...don't miss the chance...

Love.

Patrice

 


通常、オーダーいただいてからお届けまでには約2週間かかりますが、クリスマス用に数点こちらで確保してあります。お見逃しなく!

愛をこめて
パトリス

| | コメント (6)

2009年11月29日 (日)

PJ Creator's Workshop/PJ クリエイター・ワークショップ

I want to thank all the participants for allowing today's session to happen.
But  keep in mind that today's lesson is not only something to understand. Power only comes with practice, practice and practice...

Be confident, the Universe is a free solutions tank and our Inner Child is always looking inside it on our behalf to find the answers best adapted to what we express by our words and ideas...

Now, as you know how to use the system to your advantage, use it well, it is your best partner.

And remember, eating a soup we like is always more enjoyable than eating a soup we don't...
so always ask your Inner Child for the "best", you are worth it!

Love

今日のすべての参加者のみなさんに感謝します。セッションを持たせてくれてありがとう。だけど覚えておいてね。今日のレッスンはわかればいいというだけじゃダメなんだ。パワーは練習を積み重ねてこそやってくるってこと。練習、練習…

自信をもちなさい。宇宙は無料の問題解決タンク。インナーチャイルドは、僕たちに代わっていつも内側でそれを見ています。僕たちが言葉にしたものやアイディアを形にする最善の方法を探しています。

さあ、もうあなたは自分のためにこのシステムをどう使ったらいいか知っています。上手に使ってね、それがあなたの最高のパートナーですよ。

好きなスープを飲むほうが、好きじゃないスープを飲むよりずっと楽しいってこと、知っているでしょう。だからインナーチャイルドに“最高のもの”をいつもお願いしなさい。あなたにはその価値があるのだから。

愛を込めて

| | コメント (1)

2009年11月27日 (金)

"Be Nouveau" party for the Dreamia Club Anniversary./ドリーミア・クラブ記念パーティ“Be Nouveau”

I share with you some views of our "Be nouveau Party" at Cleanup Shinjuku Showroom on November 25.

Be "Nouveau" means to be NEW.

Staying always new, without outdated ideas is one of the keys of an exciting life. Because life is by nature always New, never repetitive, living "ad lib" keeps us in the flow. When we stay like a transparent glass, the changing colors of life can play trough us freely... To express this idea, as a symbol, for this party, I chose to display all the food of the buffet in transparent cups.

As you can imagine it requires a very delicate work of preparation because you have to stay very concentrated to fill the cups without spoiling the transparency of the container...It took from 10:30 to 5:00PM to fill artistically the700 cups...

11月25日、クリナップ新宿ショールームにて行われた“Be Nouveau/ビー・ヌーヴォー・パーティ"の様子を見てください。

Be "Nouveau"は、新しくなるという意味です。

時代遅れの考えをおいておいて、いつも新しくい続けることは、ワクワクする人生を送るコツのひとつです。人生というのは、放っておいてもいつも新しいのだから。同じ繰り返しは絶対ない、“アドリブ”で生きることで僕たちは流れの中にい続けられる。自分自身が透明のグラスのようだったら、人生の色の移り変わりを、僕たちの体を通して自由自在に楽しめるね。このアイディアを表現するために、シンボルとして、僕は透明のカップの中にすべてのバッフェ形式のお料理を入れて見せることにしました。

ご想像のとおり、準備はとても繊細な仕事。透明な容器を汚さずお料理を入れていくには、ものすごい集中力を持続させなければならないのです。芸術的な700個のカップを仕上げるのに、朝10時半から夕方の5時までかかりました。

 

A lot of work as you can see...
ご覧のとおり、たくさんの仕事が…

Dscf0437

But the result looks quite nice.

だけど。その結果、素晴らしい出来映えでしょう。

Dscf0472_3

The menu :

Served in cups:

Mini hamburgers with chick peas and white sesame paste
Eggplants and cheese millefeuilles
Curried couscous with lemon sardines
Carrot salad with cumin sauce Morocco style
Shrimp crispy roll Thai style
Cold coconut and pumpkin soup
Silky Tofu with cucumber salad
Apple compote, yuzu taste, with honey almond cream
Belgian speculoos cookies tiramisu
Dried plum in red wine with grapefruits peel in syrup.

メニュー:
カップの中に盛られたもの:
ミニハンバーガー w ひよこ豆と白ごまペースト/ 茄子とチーズのミルフィーユ、レモンサーディンを添えたカレークスクス/モロッコ風クミンソースの人参サラダ/タイ風エビのパリパリロール/ココナッツとカボチャの冷製スープ/キュウリサラダと絹ごし豆腐/リンゴのコンポート柚子風味 蜂蜜アーモンドクリームがけ/ベルギー産スペクルースクッキーのティラミス/ドライプラムの赤ワイン漬け w グレープグルーツの皮のシロップ漬け

 

Dscf0441

Curried couscous

カレークスクス

Dscf0442

Carrots Morocco style

モロッコ風人参

Dscf0467

The bar corner

バーコーナー

Dscf0429

And the Tajine corner with an original "Sweet potatoes and Chicken tajine" perfect for the season.

この季節にぴったりの“スウィートポテトとチキンタジン"タジンコーナー

 

The preparation is finished Yuri is getting ready for our talk show.

Thanks to all the Cleanup and Dreamia Club Team for their very precious help and thanks to all the Guests for the loving time spent together...

With Love of Patrice and Yuri to everyone

クリナップとドリーミア・クラブチームの皆さん、貴重なヘルプをありがとうございました。そして参加者の皆さん、愛ある時を一緒に過ごしてくれてありがとう…

| | コメント (3)

2009年11月23日 (月)

Hara Takahiro's Pictures Exhibition/原隆宏 写真展

Yesterday Yuri and I visited the new exhibition of our friend the cameraman Hara Takahiro held in a very nice Asian Furniture shop in Aobadai. The very high ceiling of the place and the atmosphere of the furnitures displayed in the shop match perfectly with the panel size pictures printed in a near to sepia color.

Dscf0398


This exhibition called "Universe" is a new step in the dimensions Hara san likes to explore. His first concept was about "Couples". During years, he travelled around Japan to take couples pictures. He was exploring through the objective of his camera the mystery of Human Love  trying to answer visually to the question : what makes a particular man and a particular woman decide to become the doorway of the flow of life?

About the concept of this new series called "Universe", it is you and me, everyone of us, any grain of sand, a flower, a speck of dust, an empty pet bottle, everything is an unique "Universe". We tend to imagine ourselves in the limits of our ideas about ourselves and the world  but  when we let go all the frontiers between "inside" and "outside" what happens?

Impossible to answer with words it is why Hara-san does it visually.

The exhibition is not limited to pictures of humans, beautiful framed pictures of the Universe of "Objects" are also on sale making a very soulful decoration for all kind of interiors.

Informations about the exhibition CLICK HERE

僕たちの友人で、カメラマンの原隆宏氏の写真展が、青葉台の素敵なアジア家具ショップで開催されているので、昨日ユリと一緒に行ってきました。ショップの高い天井、ディスプレイされている家具の雰囲気に、セピア色にプリントされたパネルサイズの写真が見事にマッチしていましたよ。

“ユニバース”と名付けられたこの写真展は、原さんが探し求めたい世界への新しいステップ。彼の最初のコンセプトは“カップル”でした。何年もの間、カップルの写真を撮るために日本中を旅し、カメラのレンズを通して人類の愛の神秘を探ってきたのです。この女性とこの男性に、人生の流れの入り口となることを決心させたものはなんだろう?この疑問にビジュアルで答えようとして。

“ユニバース”という新シリーズのコンセプトは言ってみれば、私とあなた、私たちみんな、砂の粒、花、埃のかけら、カラのペットボトル。そう、すべてはユニークで全宇宙ということ。僕たちは、自分と世界は違うものだと考えがちだけれど、“内側”と“外側”の境界線をすべて取り払ったら、なにが起きる?

言葉にするのは不可能だから、原さんはビジュアルで訴えている。

写真展は、人間の写真だけでなく、様々なインテリアに合う、魂を揺さぶるようなデコレーションとして“物体”の宇宙を美しくフレームした写真も販売しています。

写真展の詳しい情報はこちらをクリック

| | コメント (2)

2009年11月22日 (日)

November 22 11月22日

Look at the calendar,
today is November 22... 1-1-2-2...
and this is not the Maya code but the Ii fufu no hi...The couple celebration day in Japan.

This year, It's a Sunday and tomorrow is holliday too, what's a chance!
The "couple's day"! It is a good occasion to celebrate, to refresh our spiritual, emotional and physical bonds. An occasion to say or think "I love you!" without reason, to say "Thank you" for the sharing of  this experience of life on Earth, and also to say or think, I'm sorry, forgive my moments of inattention, excuse me for the misunderstandings, for the words I sometimes

Un_homme_et_une_femmelelouche

said without knowing that they were hurting you.

From a man to a woman, from  woman to a man, today is the occasion to remember why we decide to live together, why on this big planet where live millions of people we were united with precisely THIS PERSON...

1-1-2-2... To all couples best wishes!
Have a great couples day, and not only today but every day,
in consciousness

カレンダーを見て。今日は11月22日1-1-2-2 マヤの記号じゃなく、いいふうふ の日。日本ではカップルのお祝いの日です。

今年は日曜日、そして次の日も祝日。なんというチャンス!“カップルの日”私たちの魂の、心の、体の絆をリフレッシュさせるため、お祝いする絶好のチャンスでしょう。“愛してる、アイラブユー”と言ったり、思ったりする、理由なしにね。“ありがとう、サンキュー”地球上のこの人生で経験を分かち合えることに、そう言おう。そして“ごめんね、ちゃんと心が向かなかった時のことを許して。誤解したことをカンニンね。あなたを傷つけると知らずに言ってしまった私の言葉を許してね。”

男性から女性へ、女性から男性へ。今日は、なぜ自分たちは一緒にいることを決めたのかを思い出すいい機会です。何億と住むこの大きな惑星で、きっちり“この人”と一緒になると決めたのはなぜ?

1-1-2-2...すべてのカップルに幸あれ。素晴らしきカップルの日を。今日だけじゃなく、毎日。意識を持って。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

More about the "Inner child"/“インナーチャイルド”についてもう少しだけ

If we observe how our everyday life works we see that the conscious part of our mind has very limited capacities. It does not mean that it does not play an important role. To use a simple image, let say that it works like the driver of a car.

It selects destinations, looks at the road and do it's best to drive the vehicle trough space without problems. As driver it does not have to think about how gasoline is pumped by the carburator, how air is mixed with the combustible, how the engine makes it explode and how the movement transmitted to the tires makes the car move. Everything about this is left to the "wisdom" of the car and to the engineers who built it...

Some cars are also equipped with a "navi". This device also takes care of a big part of the responsibility of the drivers. We just have to input the destination where we want to go and the navi does the work. Even if it is a complicated trip, even if we go to the place for the first time, the navi system researches and finds the best answers for us.

All this work happening without our conscious participation is called "Sub-conscious" work. This means that it is happening "beyond" the level of our consciousness. It does not mean that we are not aware of it but just that we do not need to focus on it because it is useless to be concerned by what is not our business.

This do not only happen with cars, it happens with ALL the functions of our body and with ALL our actions. When I think : "Let drink a glass of water" I go, take a glass, pour water,drink and water reaches deep in my cells. But in fact what does allow this apparently simple process? Inside me, millions of informations an processes have been exchanged through my sub-conscious self to allow this to happen harmoniously.

What do my conscious self have to do? Just decide to drink and let the "inner system" do the job. If I try to control I create troubles...

This marvelous partner within us, our subconscious mind is also what we call "Inner child". It is built within us since the beginning of time as a part of the NAVI of Life. As babies, before we got "educated" this part was already operating in us perfectly. It was keeping us alive even when our conscious self was not able to talk or walk.

With our "education" we little by little lost contact with this important part of ourselves. The result is that we finally came to imagine that our conscious self was the "controller" of everything and that it knew all...

Then we got in trouble.

Why?Because the business of the Conscious Mind is totally different from the one of our"Subconscious Mind". Because they are complementary, we need the wisdom of our Inner Child as much as our Inner Child needs the cooperation of it's Conscious friend...Without team work things get impossible to handle.

A lot of people imagine that the "Inner Child" is a wounded and frustrated part of ourselves, a kind of nostalgic and fragile piece we lost somewhere in the past. It is true that almost all adults do not think of the important part the "Child" takes in their life, but what is important is not only to consider our inner child a "poor child" but also to realize that it  is is the key of the unknown, the "magical part" of  our personality  because it is always directly connected with the mystery of Life. Our Inner Child is the doorway to all wisdom and inspiration.

The most important thing for us is then to realize this and learn how we can make our "Conscious Self" and our "Sub-conscious Self" work together lovingly. This good communication will allow our global Being find harmony, health, success and love.

This inner "communication" will be the subject of the PJ Creator's workshop on next Sunday 29 (Informations and reservations).

Some subjects addressed during the session : How to make a better use of our "Inner Child"? How to ask our child to find suggestions and inspirations about our life, about our work, about our happiness?... How we can cooperate with him for health, loosing weight, changing even our physical aspect, etc.

毎日の生活がどのようにして動いているかをみれば、顕在意識には限界があるということに気づくでしょう。ううん、重要な役割を果たしていないと言っているわけじゃない。わかりやすくするために、こう言ってみようか。顕在意識は車の運転手のような働きをしている。とね。

行き先を決め、道を見て、問題のない間隔で、最善の運転をする。カーボレータによってガソリンがどんな風に送り込まれるかとか、タイヤへ送り込まれる動きがどういう風に車を動かしているのか、運転手は考える必要ないでしょう。こういうことはすべて、車の“知恵”やこれを作ったエンジニアにおまかせすればいい。

車によっては“ナビ”もついているよね。この機器は、運転手の責任の重要な部分をも面倒見てくれるんだ。ただ行き先をインプットさえすれば、あとはナビがやってくれる。わかりにくい場所だろうが、初めて行く場所だろうが、ナビシステムはそれを見つけ出し、僕たちに最高の答えを示してくれる。

顕在意識の出番がないままに行われているこういった一連の仕事は、潜在意識の仕事ということになる。僕たちの意識のレベルを超えて起こっていることだからね。それは、自分で気づいていないということじゃなくて、意識を集中する必要がないっていうただそれだけのことなんだ。自分に関係ないことに関心を持つ必要はないんだから。

こういうことは車にだけ起こるわけじゃなく、僕たちの体のすべての機能やすべての行動についても同じこと。「水を飲もう」と僕は思う。僕は移動し、グラスをとり、水を注ぎ、飲み、水は僕の体の細胞の奥にまで到達する。だけど一体、このシンプルなプロセスを起こしているものはなんだろう?僕の中の、何億という情報とプロセスが潜在意識を通して交換し合い、実にうまい具合に起こっている。

顕在意識はなにをしなくちゃいけない?ただ飲むことを決め、“インナーシステム”にその仕事を任せるだけだね。もしそれをコントロールしようとすれば、うまくいかないだろう。

僕たちの中にいるこの素晴らしいパートナー、潜在意識は“インナーチャイルド"と呼ばれることもある。人生の“ナビ”として、この時が始まった時から備え付けられているものだ。赤ちゃんである“教育”を受ける前から、この部分はすでに完璧に働いているんだ。顕在意識がしゃべったり、歩いたりできない時でさえ、それは僕たちを生かし続けてくれているでしょう。

“教育”を受けることによって、次第に僕たちはこの大切な部分とのコンタクトを失っていく。結果として、顕在意識こそがすべての“コントローラー”であり、それがすべてを知っていると考えるようになってしまうんだね。

そして、みんな行き詰まる。

なぜかって?顕在意識の仕事は、潜在意識の仕事とまるっきり違うからなんだよ。潜在意識はもう[込み]のものだから、インナーチャイルドの知恵は必要だけど、それと同時に、インナーチャイルドが顕在意識という友人と協力しあうことも必要なんだ。チームワークなしに、ことはうまく進まない。

“インナーチャイルド”は傷つき、フラストレーションを抱えた自分の一部なのだと、多くの人は思っている。過去に忘れ去られた、ある種、郷愁的で壊れやすいものだとね。それはそうなんだ。ほとんどの大人はこの“チャイルド”が人生において重要な役割を果たしていると思っていない。だけど、大切なのは、インナーチャイルドを“かわいそうな子”と思うだけじゃなく、自分の存在の中でまだ知られていない“魔法のような部分”への鍵だと気づくことなんだよ。それは、いつも人生の神秘と直接結びついているものだから。僕たちのインナーチャイルドは、すべての知恵と直観への入り口なんだ。

僕たちにとっては、このことに気づくこと、“顕在意識”と“潜在意識”を仲良く働かせるにはどうしたらよいのかを学ぶことがもっとも重要なことだと思う。この素晴らしいコミュニケーションが、地球の存在に調和と、健康と、成功と、愛をもたらすでしょう。

この内なる“コミュニケーション”が、次の日曜日29日、PJクリエイターズ・ワークショップの主題になります。(予約とお問い合わせ

セッションの中の主題:“インナーチャイルド”をよりよく使うにはどうすればいいか?/人生、仕事、幸福についてのアドバイスや直観を、どうやって自分のチャイルドにお願いすればいいか?/健康のことや、体重を落としたり、外見を変えるといったことのために、どうやって協力を得ればいいか?などなど

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

Beaujolais Nouveau 2009/ボジョレーヌーボー2009

Today was a rainy day and in some ways not a very easy day...
Did you notice that some days seem to resist us...What we have planned do not go really the way we want and we tend to be frustrated...
That's the perfect day to make our magic work!
"How can I make a "good" day from an apparently frustrating one?"

Today, the answer was "Beaujolais"...
Back from a work meeting with Yuri around 6PM we reached Ookayama by Namboku Line, just one station from our house. We called a friend : "What do you do tonight for the Beaujolais?". He answered that he had to stay at his office for work...So, tonight, just the two of us...Ad lib...

Went out at Ookayama, visit at the bakery Himmel for a good old style baguette, at a nearby supermarket selected tsubugai, king salmon, chicken liver,...enough for a good bistro romantic dinner. I looked at the "Nouveau"sold near the cashier place...mmmm? I did not feel very inspired..., near ou house, the Natural Lawson may have a better one than this almighty brand that everyone knows...

And yes, the inspiration was good! This Year, Natural Lawson did a perfect choice...The price was quite high but the label was cute, the wine from organic grapes and non filtered...

Dscf0315

Back home, a very simple menu made in minutes :
Just warming the tsubugaï in salted hot water, served with aïoli (Mayonnaise with garlic) as appetizer,
King salmon cut in cubes and wrapped in bacon slices with a negi sauté topping (delicious)
then, main dish : chicken liver persillade with homemade mashed potatoes...

And Wow! This Nouveau was all you expect from a "Nouveau": A very sexy "joshikosei" able to hold a fascinating conversation at an adult level...Fresh but with the perfect amount of depth...Maybe one of the best Beaujolais Nouveau I had.

Congratulations to Isabelle et Bruno Perraud who created this wine and to the buyer of Natural Lawson who had the idea to select it... Thank you for making our day!

今日は雨、なにかとうまくいかない…そういう日って僕たちにまるで抵抗しているような気がしない?計画していたことが思い通りに進まずに、イライラさせられたり。でも、そういう日こそ、僕たちの魔法を使うのに最適なんだ。どうやって、いわゆるうまくいかない日を“いい日”に仕立てようか?

今日の答えはこれ、ボジョレーヌーボー。夕方6時頃、ユリと一緒にビジネスミーティングを終えて、南北線の大岡山駅に着いた。そして友達に電話をしたんだ「今晩、ボジョレーのためになにかする?」彼の返事は、仕事があってオフィスに残らなきゃならない、だった。っていうことは、今晩は僕たち二人だけ・・・アドリブでやるしかない。

大岡山を出て、パン屋さんのヒメルに行き、オールドスタイルのバゲットを買い、近くのスーパーでツブ貝、キングサーモン、チキンレバーを仕入れる…う〜ん、素敵なビストロのロマンティックディナーに十分だね。そして、僕はレジのそばに売られていたヌーボーを見た。ん?なんにも感じるものがない。家の近所のナチュラル・ローソンの方が、良く知られている大手ブランドのものよりいいものを置いてあるかも…

イエス!ピンポン大当たり!今年のナチュラル・ローソンのチョイスは完璧!値段は高いけど、ラベルがかわいい。オーガニックのぶどうでフィルターをかけていないワインなんだ。

家に帰って、数分でシンプルなメニュー作り。アペタイザー:塩の入った熱湯でツブ貝を温め、アイオリソース(マヨネーズのガーリック風味)を添える。キングサーモンは角切り、ベーコンスライスで巻き、ネギのソテー(美味しいよ)をトッピング。それからメインディッシュ:チキンレバー・ペルシヤード、自家製マッシュドポテト添え。

ワオッこのヌーボーは、ヌーボーに期待されるすべてを持ち合わせていました。すごくセクシーな女子高生なのに、大人レベルの魅惑的な会話が出来る…みたいな。フレッシュだけど適度な深みがある…おそらく、僕が今まで飲んだボジョレーの中でも最高のひとつ。

おめでとう、このワインを作ったイザベル&ブルーノ・ペロー!そして、このワインをセレクトしたナチュラル・ローソンのバイヤー!素晴らしい日にしてくれてありがとう!

| | コメント (2)

2009年11月17日 (火)

Ichi go ichi e / 一期一会

November 2007

2007年11月

Img_2634

November 2009

2009年11月

Img_9890

| | コメント (1)

2009年11月15日 (日)

Divine/ディヴァイン

His, Her name was "Divine".
This song was her hit during the 80ies...Looking at the lyrics shows the real depth of the energy this singer was channeling on the planet.

The departure of Michael Jackson reminds us that "stars" burn for us to remember that light is our essence and that we are all born to enlighten the world because enlightment is what we are...

Buddha did it is way, Jesus also,...Marylin Monroe, Jame Dean, Jimmy Hendricks, Divine, Michael,...many to come, and everyone of us too...we all have our stage to let our passion lighten the world...

"You think you are a man
but you are only a boy"

Through the voice of an outrageous Drag Queen the message of the Feminine to the Masculine, of Eve to Adam :

"You weren't man enough to satisfy me.
Shut the door
take a look around and tell me
what you find.
Shut the door
take a giant step for you and all mankind."

Here as the complete lyrics. Wish all men will take a look around...

You Think You're A Man lyrics

Turn around
stand up like a man and look me in the eye.
Turn around
take one final look at what you've left behind.
Then walk away from the greatest lover you have ever known.
yes
walk away
you're telling me
that you can make it on your own

By yourself all alone without my help
mister
you just made a big mistake.
You think you're a man
but you're only a boy

You think you're a man
you are only a toy.
you think you're a man
but you just couldn't see

You weren't man enough to satisfy me.
Shut the door
take a look around and tell me
waht you find.
Shut the door
take a giant step for you and all mankind.
Then don't come back
I always gave you so much more than you deserve(
Now don't come back
'cause no one makes a fool of me

You've got a nerve to walk away
mark the words I'm gonna say

Mister
you just made a big mistake:
You think you're a man
but you're only a boy
. . .
You think you're a man
but you're only a boy
. . .
You think you're a man
but you're only a boy
. . .

You think you're a man
but you're only a boy

彼、いや彼女の名前はディヴァイン。この歌は80年代の彼女のヒット曲なんだ。歌詞をよく見て、エネルギーの真の深さを表現している。この歌手は、地球とチャネリングしていたんだ。

光は僕たちに欠かせないものであり、僕たちはみんな世界を照らすために生まれてきた。なぜって僕たちこそが光輝くものだから。そういうこと忘れないように、スターは僕たちのために燃え尽きる。マイケル・ジャクソンの旅立ちは、僕たちにそれを思い出させてくれたね。

仏陀もそう行った。ジーザスも、マリリン・モンローも、ジェームス・ディーンも、ジミヘンも、ディヴァインも、マイケルも、もっともっといる…そう僕たちを含むみんなもだね。僕たちはみんな、情熱で世界を輝かせる自分の舞台がある、

“You think you are a man but you are only a boy(自分は男のつもりでも、アンタはただの洟垂れ小僧)"

これは、おっかないドラァグクィーンの声を通して、女から男への、イブからアダムへのメッセージ:
"アンタは男なんかじゃない あたしをろくすっぽ満足させられやしなかった 
ドアをしめて 回りを見て 
私に言ってよ なにを見つけたか 
ドアをしめて デッカい一歩を踏んでみな 
自分のため 人類のために”

これが、全歌詞です。全ての男たちが回りを見ることを祈って…
You Think You're A Man の歌詞

振り向いて
男のように立って
その目であたしを見てよ

振り向いて
アンタが置いて行ったものを最後に見てよ
そして立ち去れ
これまでの最高の恋人から

そうよ 立ち去れ
アンタ自分でできるって言ってんの
自分で
一人で
あたしの助けもなしで
ミスター
アンタは大バカ

自分は男のつもりでも
アンタはただの洟垂れ小僧
自分は男のつもり
ちゃちなやつ
自分は男のつもり
だけどなにもわかっちゃいない
アンタは男なんかじゃない
あたしをろくすっぽ満足させられやしなかった

ドアをしめて
回りを見て
あたしに言ってよ
なにを見つけたか

ドアをしめて
デッカい一歩を踏み出しな
自分のため
人類のために

そして戻ってこないで
アンタの価値よりもっとたくさんのものを
あたしはいつもあげてきた

さあ戻ってこないで
誰もあたしをバカにできない
立ち去る度胸をもって
今から言うことを
胸に刻みなよ

ミスター
アンタは大バカ
自分は男のつもりでも
アンタはただの洟垂れ小僧

自分は男のつもりでも
アンタはただの洟垂れ小僧

自分は男のつもりでも
アンタはただの洟垂れ小僧

| | コメント (1)

2009年11月10日 (火)

Mini Burgers Tapas/ミニバーガー・タパス

Slices of baguette
Some roughly chopped oignon fried as topping
Salad leaf
Tomato slices confit
Ground beef with garlic and oignon chopped...
It is all you need for those delicious and cute "Tapas"...

Perfect with a full body red wine...

バゲットの薄切り
トッピングに、粗くみじん切りしたオニオンフライ
サラダ菜
トマト薄切りコンフィ
ニンニクと玉ねぎのみじん切り入り牛ひき肉
美味しくて可愛い"タパス"に必要なのは、これだけ。

フルボディの赤ワインと、どうぞ。

Mini_burger

| | コメント (1)

2009年11月 8日 (日)

Faces of November in Senzoku/11月の顔 洗足池にて

Looking at a simple day
small messages,
seasons, colors, shapes,
beyond words
the harmony of Life.

シンプルな一日をご覧なさい
数々の小さなメッセージ
季節、色、形、
言葉を超えて
ライフのハーモニー


Dscf0136

Dscf0128_2

Dscf0150_2

Dscf0176



| | コメント (2)

2009年11月 2日 (月)

PJ Cooking Atelier :"Tapas Ideas for a Nouveau Party"/PJクッキング・アトリエ:ヌーボーパーティのための、タパスのアイディア

Beaujolais

Let's celebrate the "Nouveau 2009" with creativity...

Why not make it "trendy tapas"...
Tapas is a "style" inspired from the spanish bars but those "finger foods" have left their original country to travel around the world almost in all "Hip" parties and bars. During my last trip in Paris in September I visited the Bar of the Park Hyatt Paris-Vendôme and experienced their "Haute couture style Tapas"... It was delicious and impressive...

What is the reason of this success? It fits perfectly well our actual lifestyles. Fun, easy to eat, beautiful like small jewels, light...

Beaujolais Nouveau being a "fun" wine and part of one of the big trends of our societies I think that it goes perfectly well with the "tapas spirit"...

The important points of a "Tapas" party is imagination and "design. To teach some of the keys of a Beaujolais Tapas Party, I will give a special cooking atelier on Saturday 14 of November on the theme "Tapas Ideas for a Nouveau Party".

During this atelier, I will work with the participants to the creation of an "all tapas buffet". After setting the buffet we will enjoy the Party with some wines from the Beaujolais region (Those will not be "Nouveau" because the official day is only on the 19th...).

Details :

Saturday 14 of November 2009

From 15h00 to around 18h00 - Lesson/preparation

From around 18h00 to 20:30 - Party

Reservation : bureau@patricejulien.com

Participation ¥12.500

さあ、2009年のヌーボー、創造力を活用してお祝いしましょう!

人気のタパスを作るっていうのはどうかな?タパスはスペインのバーから生まれたものですけど、このフィンガーフードは、今やオリジナルの国を離れ、世界中の“ヒップな”パーティやバーを旅していますね。9月にパリを訪れた時、僕はパークハイアット・ヴァンドームへ行き、そこのオートクチュールスタイルのタパスを経験してきました。それは、もう美味しくて感動的…

この成功の理由はなんでしょう?カンペキなまでに、僕たちのライフスタイルに合っている、楽しい、食べるもカンタン、小さな宝石のように美しい、軽い…

ボジョレーヌーボーも“楽しい"ワインとして、社会の大きなトレンドのひとつを担っているわけで、それが、タパス精神にうまく合ったってことじゃないかと僕は思う。

タパス・パーティの大切なポイントは“想像力とデザイン”。と、言うことで、ボジョレー・タパス・パーティを成功させるためのいくつかのポイントをお教えします。11月14日(土)特別クッキング・アトリエを開催。テーマは、ヌーボーパーティのための、タパスのアイディア

11月14日(土)
15:00~18:00 :クッキングクラスと準備
18:00~20:30 :パーティー
ご予約はこちら:bureau@patricejulien.com
参加費:12,500円

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

A taste of autumn.../秋の味…

During the day the temperature is still very fair but in the evening yes, it's autumn...Every season brings it's pleasures. Today, as a dinner, Yuri and I had one of my "one dish salads". The customers of the former CFA in Shirokanedai remember those "Ichi-go-ichi-e" (One life-one time) salads I created with the ingredients of the day...For me it is like a poem written with flavors, colors, textures and shapes...

Dscf0011

This is for one person. Use any kind of salad (sunny lettuce is nice and crisp and sarada na have a soft round shape), chicken liver (2 livers by person), cubes of bacon,red cheddar, wallnuts, shimeji and apple.

Sauté the bacon until colored, add a bit of oil and cook the shimeji, on the side of the pan cook the liver. When done but stil soft, discard in a dish, sauté the wallnuts and the apple. Add salt and peper to taste.

Prepare dressing with
1/2 Tbspoon red wine vinegar (or any vinegar)
1/2  Tbsp Shoyu
2 Tbsp salad oil

Display all beautifully on a plate add dressing on top. You can buy hanjuku tamago in a convenience store and top the salad with it...

A bit of black peper and Go for it ... BON APPÉTIT!

With a full body red wine... (We had a Sicily wne with it and it fitted perfectly...)

昼間はまだ暖かいけれど、夜には、そう、秋。どの季節も、喜びを運んできます。今日、ユリと僕は“一皿サラダ”のひとつを夕食に食べました。白金台のCFAの昔のお客さんたちは、“一期一会サラダ”を覚えているかな。その日にある材料で僕が作るというものでしたね。これは、僕にとって香り、色、感触、形を使って作り上げるポエムのようなもの。

材料:葉野菜なんでも(サニーレタスはパリッとしていいですね。サラダ菜は柔らかく丸いカタチ。)、チキンレバー(一人につきレバーを2つ)、角切りしたベーコン、レッドチェダーチーズ、くるみ、しめじ、そしてリンゴ。

作り方:色が変わるまでベーコンを炒め、ちょっとだけ油を足し、しめじを加えます。フライパンのはじっこで、レバーを焼きます。まだちょっと柔らかい感じで出来上がりです。それをお皿にとり、くるみとリンゴを炒め、最後に塩・こしょうで味付けをしてください。

ドレッシング:大さじ1/2の赤ワインビネガー(他のお酢でも大丈夫)、大さじ1/2のしょうゆ、大さじ2のサラダオイル

すべてを美しくお皿に盛り、上からドレッシングを加えます。コンビニで半熟卵を買えるので、それをサラダの上にのせてもいいですよ。

そして、ちょっと黒こしょう。さあ、どうぞ召し上がれ、ボナペティ!

フルボディの赤ワインとご一緒に(僕たちはシシリーのワインで。パーフェクトでしたよ…)

| | コメント (0)