« Beaujolais Nouveau 2009/ボジョレーヌーボー2009 | トップページ | November 22 11月22日 »

2009年11月21日 (土)

More about the "Inner child"/“インナーチャイルド”についてもう少しだけ

If we observe how our everyday life works we see that the conscious part of our mind has very limited capacities. It does not mean that it does not play an important role. To use a simple image, let say that it works like the driver of a car.

It selects destinations, looks at the road and do it's best to drive the vehicle trough space without problems. As driver it does not have to think about how gasoline is pumped by the carburator, how air is mixed with the combustible, how the engine makes it explode and how the movement transmitted to the tires makes the car move. Everything about this is left to the "wisdom" of the car and to the engineers who built it...

Some cars are also equipped with a "navi". This device also takes care of a big part of the responsibility of the drivers. We just have to input the destination where we want to go and the navi does the work. Even if it is a complicated trip, even if we go to the place for the first time, the navi system researches and finds the best answers for us.

All this work happening without our conscious participation is called "Sub-conscious" work. This means that it is happening "beyond" the level of our consciousness. It does not mean that we are not aware of it but just that we do not need to focus on it because it is useless to be concerned by what is not our business.

This do not only happen with cars, it happens with ALL the functions of our body and with ALL our actions. When I think : "Let drink a glass of water" I go, take a glass, pour water,drink and water reaches deep in my cells. But in fact what does allow this apparently simple process? Inside me, millions of informations an processes have been exchanged through my sub-conscious self to allow this to happen harmoniously.

What do my conscious self have to do? Just decide to drink and let the "inner system" do the job. If I try to control I create troubles...

This marvelous partner within us, our subconscious mind is also what we call "Inner child". It is built within us since the beginning of time as a part of the NAVI of Life. As babies, before we got "educated" this part was already operating in us perfectly. It was keeping us alive even when our conscious self was not able to talk or walk.

With our "education" we little by little lost contact with this important part of ourselves. The result is that we finally came to imagine that our conscious self was the "controller" of everything and that it knew all...

Then we got in trouble.

Why?Because the business of the Conscious Mind is totally different from the one of our"Subconscious Mind". Because they are complementary, we need the wisdom of our Inner Child as much as our Inner Child needs the cooperation of it's Conscious friend...Without team work things get impossible to handle.

A lot of people imagine that the "Inner Child" is a wounded and frustrated part of ourselves, a kind of nostalgic and fragile piece we lost somewhere in the past. It is true that almost all adults do not think of the important part the "Child" takes in their life, but what is important is not only to consider our inner child a "poor child" but also to realize that it  is is the key of the unknown, the "magical part" of  our personality  because it is always directly connected with the mystery of Life. Our Inner Child is the doorway to all wisdom and inspiration.

The most important thing for us is then to realize this and learn how we can make our "Conscious Self" and our "Sub-conscious Self" work together lovingly. This good communication will allow our global Being find harmony, health, success and love.

This inner "communication" will be the subject of the PJ Creator's workshop on next Sunday 29 (Informations and reservations).

Some subjects addressed during the session : How to make a better use of our "Inner Child"? How to ask our child to find suggestions and inspirations about our life, about our work, about our happiness?... How we can cooperate with him for health, loosing weight, changing even our physical aspect, etc.

毎日の生活がどのようにして動いているかをみれば、顕在意識には限界があるということに気づくでしょう。ううん、重要な役割を果たしていないと言っているわけじゃない。わかりやすくするために、こう言ってみようか。顕在意識は車の運転手のような働きをしている。とね。

行き先を決め、道を見て、問題のない間隔で、最善の運転をする。カーボレータによってガソリンがどんな風に送り込まれるかとか、タイヤへ送り込まれる動きがどういう風に車を動かしているのか、運転手は考える必要ないでしょう。こういうことはすべて、車の“知恵”やこれを作ったエンジニアにおまかせすればいい。

車によっては“ナビ”もついているよね。この機器は、運転手の責任の重要な部分をも面倒見てくれるんだ。ただ行き先をインプットさえすれば、あとはナビがやってくれる。わかりにくい場所だろうが、初めて行く場所だろうが、ナビシステムはそれを見つけ出し、僕たちに最高の答えを示してくれる。

顕在意識の出番がないままに行われているこういった一連の仕事は、潜在意識の仕事ということになる。僕たちの意識のレベルを超えて起こっていることだからね。それは、自分で気づいていないということじゃなくて、意識を集中する必要がないっていうただそれだけのことなんだ。自分に関係ないことに関心を持つ必要はないんだから。

こういうことは車にだけ起こるわけじゃなく、僕たちの体のすべての機能やすべての行動についても同じこと。「水を飲もう」と僕は思う。僕は移動し、グラスをとり、水を注ぎ、飲み、水は僕の体の細胞の奥にまで到達する。だけど一体、このシンプルなプロセスを起こしているものはなんだろう?僕の中の、何億という情報とプロセスが潜在意識を通して交換し合い、実にうまい具合に起こっている。

顕在意識はなにをしなくちゃいけない?ただ飲むことを決め、“インナーシステム”にその仕事を任せるだけだね。もしそれをコントロールしようとすれば、うまくいかないだろう。

僕たちの中にいるこの素晴らしいパートナー、潜在意識は“インナーチャイルド"と呼ばれることもある。人生の“ナビ”として、この時が始まった時から備え付けられているものだ。赤ちゃんである“教育”を受ける前から、この部分はすでに完璧に働いているんだ。顕在意識がしゃべったり、歩いたりできない時でさえ、それは僕たちを生かし続けてくれているでしょう。

“教育”を受けることによって、次第に僕たちはこの大切な部分とのコンタクトを失っていく。結果として、顕在意識こそがすべての“コントローラー”であり、それがすべてを知っていると考えるようになってしまうんだね。

そして、みんな行き詰まる。

なぜかって?顕在意識の仕事は、潜在意識の仕事とまるっきり違うからなんだよ。潜在意識はもう[込み]のものだから、インナーチャイルドの知恵は必要だけど、それと同時に、インナーチャイルドが顕在意識という友人と協力しあうことも必要なんだ。チームワークなしに、ことはうまく進まない。

“インナーチャイルド”は傷つき、フラストレーションを抱えた自分の一部なのだと、多くの人は思っている。過去に忘れ去られた、ある種、郷愁的で壊れやすいものだとね。それはそうなんだ。ほとんどの大人はこの“チャイルド”が人生において重要な役割を果たしていると思っていない。だけど、大切なのは、インナーチャイルドを“かわいそうな子”と思うだけじゃなく、自分の存在の中でまだ知られていない“魔法のような部分”への鍵だと気づくことなんだよ。それは、いつも人生の神秘と直接結びついているものだから。僕たちのインナーチャイルドは、すべての知恵と直観への入り口なんだ。

僕たちにとっては、このことに気づくこと、“顕在意識”と“潜在意識”を仲良く働かせるにはどうしたらよいのかを学ぶことがもっとも重要なことだと思う。この素晴らしいコミュニケーションが、地球の存在に調和と、健康と、成功と、愛をもたらすでしょう。

この内なる“コミュニケーション”が、次の日曜日29日、PJクリエイターズ・ワークショップの主題になります。(予約とお問い合わせ

セッションの中の主題:“インナーチャイルド”をよりよく使うにはどうすればいいか?/人生、仕事、幸福についてのアドバイスや直観を、どうやって自分のチャイルドにお願いすればいいか?/健康のことや、体重を落としたり、外見を変えるといったことのために、どうやって協力を得ればいいか?などなど

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入