« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

A grain of sand... / ひと粒の砂

Mineralsand

picture from A grain of sand picture gallery by Dr. Gary Greenberg, Author of A Grain of Sand

写真は、“ひと粒の砂”の作者、ゲリー・グリーンバーグ博士による'ひと粒の砂'ギャラリーから。

" To see a world in a grain of sand
    And heaven in a wild flower
    Hold infinity in the palm of your hand
    And eternity in an hour."

William blake

ひと粒の砂に世界を見

野に咲く花に天国を見るためには

自分の手のひらに無限を握り

一瞬のうちに永遠をもて


ウィリアム・ブレイカー

| | コメント (2)

2010年2月24日 (水)

Spring Bread. Letting happen. 春のパンよ、さあどうぞ

Img_0017_2

Eyes watching, hands moving, mixing, feeling textures,...
Attention to the smell,
Becoming Bread,
The whole World becoming one bread
Letting rest,
letting happen.

目は見ている、手は動き、混ぜ、テクスチャーを感じている。 匂いに気をつけて パンになる 全世界が一つのパンになる 休ませて さあどうぞ

Img_0025_2

Who is acting in the bread?
what is acting?
I don't know,
but now is time to bake...
Who says so?
I don't know...

パンの中で働いているのは誰? なにが起きている? わからない だけど、さ、焼く時間 誰がそう言ってる? わからない…

Img_6360

Hands move,
fire burns in the oven.
Letting happen,
letting happen
Now! Just the right color.
Who knows about it?
I don't know.

Who knows?

手が動いている
火がオーブンの中で燃えている
さあどうぞ
さあどうぞ
ほら、ちょうどいい色
誰がそんなことを知ってるの?
わからない

誰が知っているの?

| | コメント (0)

Welcome Spring!/ようこそ春ちゃん!

Img_6380

Today the air feel lighter, birds getting busy, plants getting busy,
not really busy,
not like us getting busy,
they just open to the energy of life,
not doing,
just opening.

今日の空気は軽く、鳥達のさえずりも賑やか、植物もぐんぐんと忙しい。 いや、本当に忙しいわけじゃなく 僕たちが忙しくなるような感じじゃなく ただライフのエネルギーに向かって開いている。 なにもせず ただ開いている。

Img_0034

Something in the very Center of Life
gave the start and Joy flows
everywhere.
In our blood too,
in our mind,
in our heart,
if we just take time to open and listen...
Thank you Life!
Welcome Spring!

ライフのど真ん中にあるなにかが 始まりのキューを出し、喜びが流れ出す あちこちに ちょっと立ち止まって心を開き、耳を傾けるなら、 僕たちの血の中にも 僕たちの心の中にも、 ね。 ありがとうライフ。 ようこそ春ちゃん!

Img_6377

| | コメント (2)

2010年2月21日 (日)

A trip through the Infinite / 無限の旅

| | コメント (5)

Each one reflects the whole.../ひとつひとつが全体をもたらす

Yesterday evening I bought a kind of cauliflower originary from Italia called by the sweet name "Veronica Romanesco" or lime green Cauliflower.

Apart the fact that this variety is getting very popular around the world for it's shape, color and taste  it shows a very interesting geometrical pattern called "fractal" which illustrate quite well the idea in the background of my last post about individual responsibility and the blessing of the "whole".

When you look at this cauliflower you see that it shows a perfect spiral shape expanding from the inside-out. Let see this as one "Universe"expanding from an idea or a "seed" called by humans : "Veronica Romanesco".

Img_6331

Now look closer and you will notice that this expansion is made of a lot of similar universes expanding according to the same pattern.

Img_6346

If we could look deeper and deeper we can suppose that we would find an infinity of smaller universes in universes, something like the Matryoshka dolls. It shows how each one of our thoughts of acceptation or rejection can affect the whole Universe in deepth... It shows also how all sickness are generated...

Russiannestingdolls



昨晩、ライムグリーン・カリフラワー、またの名を“ベロニカ・ロマネスコ”なんていうかわいらしい名前のイタリア原産のカリフラワーを買った。

この種がその形や色、味で今世界中でとても注目されているということは、おいておくとして。このフラクタル(次元分裂図形)と呼ばれる幾何学的なパターンがすごくおもしろい。個々の責任とそれが及ぼす全体への影響というような、前回の投稿で僕が書いたことのアイディアが、まるでここに表されているんだ。

このカリフラワーをよく見ると、内側から外側に向かって完璧なまでにどんどん螺旋状に広がっているのがわかるでしょう。これをひとつの宇宙として見て。人間たちから“ベロニカ・ロマネスコ”と呼ばれたひとつのアイディア、ひとつの種から広がっている宇宙。

さあ、もっと近づいて見て。この広がりは、同じパターンに従って作られたたくさんの似たような宇宙でできていることに気がつくでしょう。

もっと深く深く見ることができるなら、それぞれの宇宙に小さな宇宙、その小さな宇宙にはさらに小さな宇宙…と限りなく続いていることを見つけることができるでしょう。まるでマトリョーシュカ人形みたい。僕たちがいいなと思ったり、嫌だなという思いひとつひとつが、深く宇宙全体にどう影響を及ぼすのかを表しています。また、すべての病気がどのように受け継がれていくかということも。

| | コメント (1)

2010年2月20日 (土)

"Organic" or not "Organic"/オーガニックかオーガニックじゃないか

I_want_my_organic_coke_by_koert_van

Organic or not organic? That is the question...

Recently the "organic trend" is getting very popular... many people are translating "because it is said -organic- it is "safe" and "good" for my body". Some go further and think : "It tastes so good because it is organic..." Restaurants serving boiled or steamed vegetables with little salt or a few drops of organic olive oil are proliferating...Some are cooking without oil, without flour, without butter,..."Without" looks like the new motto... the new Paradise...

If "organic" means more respectful, more conscious, more responsible, more aware of our choices, more loving...  I think it goes with our actual evolution and our growth. If it means a new religion with it's "DO" and "DO NOT" that's just one more dogma and a new way to limit human freedom.

Human beings have been evolving during millions of years, they have created new ways of enjoyment, always expanding their possibilities of creation. This also applies to food and gastronomy. For me a bakery with thousands of kinds of breads is more fun than a bakery cooking one kind of organic bread on stones warmed in the sun without leaven or yeast...

In my opinion, so called "organic restaurants" are just something comparable to "maid kissas" or "cat cafés", just a variety of enjoyment, one of the actual trends, a way for some people to feel secure and happy within their "beliefs system".

Once we understand this it will allow us to realize that all our life is ruled only by our beliefs. Even our food and our reactions to food. When I remember my childhood I know that I had periods when I couldn't eat some vegetables like spinaches because of their aspect or some ideas I had about them... It was like an "allergy" but now I realize those aversions were just born from "ideas".

If we look around us we see that the variety of allergies is increasing. Why? What is the reason of this increase? It looks like humans are getting weaker and weaker. We can notice that the answer to allergies is almost always to identify the cause "outside", almost never "Inside". Doctors think it comes from pollution, from pollens, from chemicals, from cats, from insects,... People stop eating flour, gluten, wear masks, eat and drink medicines,... Almost always, answers come from outside... This is the only weakness we have to fear : the so called "Outside word" is becoming the new "God", the new "devil"... Men seem powerless, even Doctors often cannot answer about the real causes. When you look for the answers and causes "OUTSIDE" it is like locking your car with the keys inside...

Feeling more "spiritual" does not mean being "good" by not "killing" animals. It has no relation with special diets or giving your seat to old people in the train, it just means "understanding" how "Spirit works".

We cannot become more "spiritual" because we ARE "Spirit" itself.
Spirit is like a knife, we can use it to cook or to kill ourselves or others. It is the reason why we need to learn how to use the knife of our thoughts in a responsible way. That is true freedom! Shakespeare wrote : "There is no good or bad but thinking make it so".

As a Father what I want to transmit to my child is Freedom and Responsibility. I want to show to the kid that all the power is in his mind and in his choices, nothing is really outside : all creation happens from inside out.

To realize the "Truth" we need to let go of all beliefs and see the world and ourselves like a white sheet of paper where each of our steps reflects a choice coming from inside and creates a new design... Walking in respect and responsibility is the only thing ...Each one of our steps generates the manifested Universe.

In the film Avatar, the people of Pandora pray when they kill an animal, they excuse themselves and give thank from a deep state of of compassion, it is because they also accept fully the fact that their bodies and souls will also be given back to nature according to a natural cycle...

All "primitive" cultures had this attitude of respect and gratitude. That is the part we need to reconnect with. Not by limiting our diet to cereals and vegetables for the reason that cereals and vegetables do not cry loudly when you cut them or boil them...

Our next challenge is here : in the understanding of how as belonging to the global Spirit we are responsible of the part we play on the stage of life. The world we create around us is the answer. We are Alchemists, able to transform anything in Gold or in Poison. It is the way we can make everything on this planet "Organic" just by blessing it...

オーガニックかオーガニックじゃないか、それが問題だ…

最近、オーガニックの流行はどんどん広がっているね。多くの人たちが“体に安全でいい”から、オーガニックと言われているからという理由で、そっち方向に移行している。もっと熱狂的な人になると“オーガニックだから美味しい”と思っているようだ。レストランで出される蒸し野菜や茹で野菜にちょびっと入れる塩やオリーブオイルにまでオーガニックは蔓延している。オイルなし、小麦粉なし、バターなしの料理というのもあるね。この“ナシ”というのも、新天地のモットーのようだ。

もし僕たちが“オーガニック”にもっと敬意を払い、意識を持ち、責任を持ち、それを選択のひとつとして捉え、愛すべきものだと思うなら、僕たちは本当に進化し、成長していくだろう。もしこれが“する”“しない”という新しい宗教であるなら、これは単なる教義に過ぎず、人間の自由を束縛する新しい手法になる。

人間は何百万年もの間、進化し続けている。新しい楽しみの方法を作り続けている。いつも創造の可能性を広げているんだ。このことは食べ物や、ガストロノミーにも当てはまる。僕にとっては、何千種類もあるパンを作るパン屋さんの方が、たった一つのオーガニック・ブレッドを作るパン屋さんより楽しいと思う。それが、たとえルヴァンやイースト無しで太陽に温められた石の上で作られたものだとしても。

いわゆる“オーガニックレストラン”って、僕にはなんだか"メイド喫茶”や“猫カフェ”と同列のように感じるんだ。お楽しみのひとつ、流行のひとつ、ある人たちにとっては、それを信じることで安心や幸福を感じる方法。

これをいったん理解すると、自分が信じているものによって僕たちのライフは支配されている、ということに気がつく。食べ物や、食べ物に対する僕たちのリアクションでさえそうだ。僕は小さい頃、ほうれん草のような野菜が食べられない時期があった。野菜の見た目や偏見がそうさせたのだろう。それはまるでアレルギーだったね。今ならわかるよ、僕のあの嫌悪感は“アイディア”から生まれたものだったんだ。

今、僕たちの回りにはいろいろなアレルギーが増えている。なぜだろう?なぜ増えているんだろう?人間がどんどん弱っているみたい。アレルギーに対する答えを探そうとすると、ほとんどの場合、外側に原因を探る。内側ってことはまずないね。ドクターは、汚染からとか、花粉からとか、化学物質からとか、猫や虫から起こっていると考える。それで人は小麦やグルテンを食べるのをやめたり、マスクをしたり、薬を飲んだりする。ね、いつだって外側に答えを探している。これは僕たちの恐れからくる単なる弱さなんだ。所謂“外側の世界”と言われるものが新しい“神”と“悪魔”になりつつある。
「人間は非力だ。ドクターでさえほとんどの場合、本当の原因を見つけ出すことができないのだあ。」と。
答えや原因を外側で探しているというのは、まるで自分の車を内側からロックしているようなもの。

スピリチュアルなものをもっと感じることは、“動物を殺さない”という意味じゃない。それは、特別な食事とか、電車の中で老人に席を譲ることともなんの関係もない。それは、ただ、スピリット自身が働くことを理解することなんだ。

僕たちはもっとスピリチュアルにはなれない。なぜなら僕たちはスピリットそのものだから。スピリットはナイフのよう。それを料理に使うことも自分自身や他人を殺すのにも使うことができる。だからこそ、僕たちは責任を持って自分たちの考えのナイフをどう使うかを学ぶ必要があるんだ。それは本物の自由。シェイクスピアはこう書いたね。「いいも悪いもない、ただ考えがそれを作るのだ。」

父として僕は我が子孫に、自由と責任を伝えたい。すべての力は彼の中にあり、彼の選択の中にある、外側にはなにもない、と示したい。すべての創造は内側から出てくるものだ。

この真理に気づくためには、僕たちが信じていることをすべて手放し、世界や自分たちを白紙として見ることだ。そこに僕たちの一歩一歩が内側からやってくる選択を映し出し、新しいデザインを作っていく。敬意と責任をもって歩くこととは、たったこれだけ。僕たちの一歩一歩が明解な宇宙を作っていく。

映画アバターの中で、パンドラの人々は動物を殺した時に祈りを捧げていた。深い慈しみの心から、許しを乞い、感謝をする。彼らの体も魂もまた自然のサイクルに従い、自然の中に戻っていくという事実を彼らは受け入れているからだ。

原始的な文化の中においてはすべて、敬意と感謝をこういった態度で表す。これこそ、僕たちがつながらなくてはならない部分なんだ。シリアルや野菜は、切られたり茹でられても大声で泣かないからと、僕たちの食事をシリアルや野菜にしてしまわない方がいい。

僕たちの次の挑戦はここにある。地球のスピリットに属する僕たちは、ライフのステージで僕たちが演じるパートにどのように責任をもつかを理解することだ。自分の回りに作る世界が答え。僕たちは錬金術師、どんなものも金や毒に変えることができるんだ。この星のすべてのものを“オーガニック”にする方法だよ、ただ祈りを捧げることによってね。

| | コメント (4)

2010年2月18日 (木)

"Course in creation", second session : the message of a Red Tsubaki/創造のコース 第2回:赤い椿からのメッセージ

Yesterday, I was thinking in writing the details of the program of the next session of the "Course in Creation" I started in January. In me I felt something saying : "Wait for the message!" so I waited all day but nothing came...

Today, I woke up and discovered through our 2nd floor windows that all was covered with snow around... Have you ever noticed how when all is covered with snow everything looks like a black and white picture?

I then went down to the first floor to open the windows facing the garden. All black and white...and...only a red tiny point flashing from the top of a camelia tree... It would be too long to tell the story of this little tree (I will tell it some day if you like to hear it) but let say it is a very special tree for me...

Img_6327

(Double click on picture for big size)

I thought "Here is the message!" : In a frozen monochrome landscape, the lonely bursting red flower of a Camelia.

If we remember that the camelia was a beloved flower for samurais, tea masters and Japanese poets of the past you can imagine the impact this natural event had in my mind

Now, lets look closer at the image I saw : a white, cold, frozen world reminding me some moments in our life when nothing seems to move ahead. Whatever our efforts, everything seems to resist and we feel like we better give up... But as written yesterday in my story about "spring coming", even in the coldest cold the fire is there,... Even under the snow the heat of life is warming from the inside of the seeds, inside the buds creation operates ceaselessly...When the timing has come, irresistibly, creation manifests...

The message of the Camelia moved me to tears. Strangely, while I was taking pictures, the snow started to melt around the red bud , like the Flower saying "I feel that you see me, I also see you...".

This is exactly the teaching of the next Creation Class : "The obstacles to creation and how to remove them."

Let compare the obstacles to the snow and the creation to the red flower...

This very simple but deep experience made me look at the program of my Course in Creation through a new angle. The synchronicity is amazing because I did not notice it when this idea of new course came to me. If I translate the program into nature's rythm it becomes :

1) January : The key behind Creation. (Full winter. Nature goes back to the roots, to the center)
2) February : The obstacles to creation and how to remove them.(Snow season, cold and the burning of the silent fire inside the seeds)
3) March : How to use "creative seeds"?(The germination and first emerging of the Creation)
4) April : Working with the "Law of attraction"(Attracting what is needed for growth, sun, water, minerals, etc)
5) May : How our subconscious works "for" us or "against" us? (Taking care of weeds and insects and letting grow)
6) June : The meaning of "I AM" and the power of "letting go".(Contemplating our beautiful creation and detaching from it).

It's funny isn't it?

Let's talk about it more in details during the next session of the Creation course...

See you then. All the Good to You!

Course in Creation ; Lesson 2 : Sunday 28 of February 2010

"The obstacles to Creation and how to remove them."

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).

From 13:30 to 16:30

Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

 

1月から始まった創造のコースの次回のプログラムについて詳しく書こうと、昨日考えていた。僕の中でなにかがこう言っていた「メッセージを待って」とね。それで僕は一日中待っていた。なにもやってこなかった。

今朝起きて、2階の窓から景色をみると一面雪で覆われていた。ねえ、知ってた?雪で覆われてしまうとすべてがまるでモノクロ写真の世界になってしまうんだ。

それから僕は下へ行き、庭の窓を開けた。すべてが白黒…ところが、そこに小さな赤いポッチンが椿の木の上で光っていたんだ。この小さな木の話をしようとしたらものすごく長くなりそう(聞きたければ、僕は何日もこの話をしてあげられるよ)だけど、そうだな、これは僕にとってすごく特別な木なんだ、とだけ言っておこう。

これこそメッセージだ!と思った。凍りついたモノクロの世界で、たったひとり椿の赤い花が咲こうとしている。

椿は侍や茶人、歌人たちに愛された花だったということを思い出すなら、僕の心の中に起こったインパクトを想像することができるんじゃないかな。

このイメージをもっと近くで見てみよう。白い、冷たく、凍りついた世界は、まるで前進できないような時のライフを思い起こさせる。どんなにがんばろうと、すべてがうまくいかない、もうやめてしまいたい…だけど、昨日書いた、春が来るというストーリーのように、極寒中の極寒の時でさえ炎はある…雪の下ですら、ライフの熱は種の内側から暖まり、つぼみの内側では止まることなくライフは動いている、時期がくれば、待ちきれずに、それは現れる。

椿のメッセージに、僕は泣きたい気持ちになった。不思議なことにこの写真を撮っている間に、赤い蕾の回りの雪が溶け始めた。まるで花がこう言っているようだった。あなたが私を見ているのを感じています、私もあなたを見ています。とね。

これこそまさに、次の創造のクラスの教えです。
創造の障害とその取り除き方

雪を障害物とし、赤い花を創造として考えてみましょう。

とてもシンプル。でもこの奥深い経験のおかげで、僕は「創造のコース」を別のアングルから見ることができた。シンクロニシティには驚かされる。新しいコースのアイディアが出てきた時は気がつかなかったことだから。もしこのプログラムを自然のリズムに当てはめて言うと、こんな感じ。

1月:創造の裏側にある鍵:真冬 自然は根に戻り、中心へと戻る
2月:創造の障害物とその取り除き方:雪 寒さの中で、種の内側から炎が静かに燃える

3月:“創造の種”の使い方
:創造の発芽 
4月:“引き寄せの法則”を使って
: 成長に必要なもの、太陽、水、ミネラルなどを惹き付ける
5月:潜在意識を味方に取り入れる方法
:雑草や虫とつきあい、成長させる
6月:"I AM"の意味と、”ありのまま”が持つ力について:僕たちの美しい完成品をじっくり楽しみ、それを手放す

おもしろいと思わない?
創造のコースの次回のセッションでもっと詳しく話しましょう。
じゃ、また。素晴らしいすべてが、あなたに訪れるように。

創造のコース 第2回;2010年2月28日日曜日

"創造の障害物とその取り除き方"

洗足池駅(池上線)前のボートハウス2階
13:30から16:30まで

参加費 : 5000円


ご予約とお問い合わせ : bureau@patricejulien.com

 


| | コメント (3)

2010年2月17日 (水)

Flavors of spring.../春風味

Img_6312

Already a scent of spring in the air. Some days like today lfeel grey, cold and rainy but the fire of nature is working silently everywhere. I asked myself : Fire! How can I feel it now? I suddenly remembered one of my favorite sandwiches at Le Jardin de Julien in Yokohama : The shio tara sandwich (Salt cod mariné sandwich).

It's simple but brings the sun of Provence on yout table...
To make it, you need some bread, focaccia type. Spread a bit of olive oil and mayonnaise on both sides, prepare a base of sliced onions sauteed in olive oil with some herbes de Provence.  Lay generously on the bottom part of the sandwich, then grill your slice of fish with some herbs of Provence without any oil (a toaster is OK, a gril on the gas better, a very hot fry pan too). Finally flake the grilled fish on top of the onions, add a pinch of chili or/and some lemon juice, and Enjoy...

もうすでに春の香りが空気の中にちらほら。今日のように暗くて、寒くて、雨が降っているような日でも、自然の炎は静かにあちらこちらで働いているんだ。そこで僕は自分に問いかけてみた:炎!今それをどうしたら感じられるだろう?とね。すると突然、思い出したんだ、横浜のジャルダン・ド・ジュリアンで出していた僕のお気に入りのサンドイッチ:塩タラのサンドイッチ

シンプルだけど、プロバンスの太陽をあなたの食卓に運んでくれるよ。まずはフォカッチャタイプのパンを数枚、用意して。両面にオリーブオイルを少々とマヨネーズを塗る。プロバンズのハーブとオリーブオイルでソテーした玉ねぎを、たっぷりサンドイッチのベースに敷く。スライスした魚にプロバンスのハーブを少々ふり、グリルする。この時、オイルはなし。(トースターでもOKだけど、ガスグリルの方がいい。熱々のフライパンも大丈夫)
最後に、玉ねぎの上で、焼いた魚の身をほぐし、チリかレモンジュースを少々加える。さあ、召し上がれ!

| | コメント (2)

2010年2月13日 (土)

Avatar and us... アバターと僕たち…

For me, some very successful movies are more than entertainment. I think that some creations like AVATAR bring us, through a format easy to feel, the reflect of the consciousness of the global Mind of our planet at a certain "key" moments. Some films not only make us think, they change our emotional states and make our value systems shift radically.

Avatarimax

I Watched Avatar yesterday and was impressed by the making of the movie and the technology behind the 3 D images. I remembered watching the real time landing of humans on the moon in July 69. It was summer holiday and the whole world was watching real time the dream of humanity becoming truth on the small screen of their TV sets :

It was only 41 years in the past... Who then would have imagined that our technology would be some day able to create such a virtual world...? What is quite amazing to notice is that precisely in 1869... just 100years before that event, the French novelist Jules Verne wrote a story called "Around the moon" :

9782253005872fs

What about thinking of Avatar as a movie about Earth? Thinking that the message about looking differently in 3 D at our own planet and noticing that we are in 2010... 1869, 1969, 2009,...2010, our true landing on Earth, in Love and responsibility...Finally loving ourselves as part of the "network" of LIFE.

If we look closely at the lyrics of the "Theme song" of the movie and see more than a love story between a man and a woman we can feel that "I see You" may mean, I feel WHAT is behind LIFE...

Read the lyrics again and "see" if you can "see" THAT SOMETHING...

I see you I see you Walking through a dream

I see you My light in darkness breathing hope of new life

Now I live through you and you through me

Enchanting I pray in my heart that this dream never ends

I see me through your eyes

Living through life flying high

Your life shines the way into paradise

So I offer my life as a sacrifice

I live through your love

You teach me how to see

All that’s beautiful

My senses touch your word I never pictured

Now I give my hope to you

I surrender

I pray in my heart that this world never ends

I see me through your eyes

Living through life

flying high

Your love shines the way into paradise

So I offer my life I offer my love, for you

When my heart was never open

and my spirit never free

To the world that you have shown me

But my eyes could not division

All the colors of love and of life ever more

Evermore

I see me through your eyes

I see me through your eyes

Living through life flying high

Flying high

Your love shines the way into paradise

So I offer my life as a sacrifice

And live through your love

And live through your life

I see you I see you...

Isn't it a beautiful Prayer to the great SOURCE we come from?

僕にとって大成功をおさめている映画というのは、時にエンターテイメント以上の価値がある。アバターのようなクリエイションは、わかりやすいフォーマットを通し、ある確かな"重要な”時に、僕たちの惑星のグローバルマインドな意識を伝えている。いくつかの映画は、僕たちに考えさせるだけでなく、僕たちの感情を変え、価値観までも急激に変えてしまう。

昨日僕はアバターを見て、この映画作り、3Dイメージで使っているテクノロジーに感動したよ。そして69年7月、人類が月面着陸するのを実際に見たときのことを思い出した。あれは夏休みで、世界中の人たちが小さなテレビを見つめ、人類の夢が叶うのを同時に見ていたんだ。

あれからたった41年…僕たちのテクノロジーが、こんなバーチャルな世界をいつの日か創ることができるだろうなんて、誰が想像しただろう?そして面白いことに気づいたんだ。ちょうどこの出来事(月面着陸)の100年前の1869年、フランスの小説家、ジュール・ヴェルンが『月世界へ行く』という本を書いたんだよ。

アバターを地球についての映画だって考えてみたら?僕たちの惑星を3Dで違う方向から見てみたらというメッセージだと考えて。僕たちは2010年にいる、1869年、1969年、2009年…2010年に、愛と責任を持って、地球に今こそ本当に到着したのだ、と気がつく。ついに僕たちは“ライフ”というネットワークの一部として自分自身を愛する。

映画のテーマソングの歌詞をよく見て、男と女のラブストーリー以上のものだと見てみると、"I see YOU"は、ライフの源を感じる、という意味かもしれないと思う。

歌詞をもう一度読んでみて。もしあなたがなにかを“見る”ことができるなら“見て”みて。

アイシーユー
あなたが見える

暗闇の中、私の光は新しいライフに望みを吹き込む

今、私はあなたを通して生きる、あなたは私を通して生きる

ああなんて素晴らしい

心の中で私は祈る、この夢が終わることのないように

あなたの瞳の中に私が見える

ライフを通して生き、高く舞い上がる

あなたのライフは輝き、楽園の中へと導く

だから私は自分のライフを捧げよう

私はあなたの愛の中で生きる

あなたが教えてくれた見方

すべては、その美しさ

今まで見たこともなかったあなたの世界に、私の意識が触れる

さあ、あなたに私の希望を与えましょう

降伏します

心の中で私は祈る、この夢が終わることのないように

あなたの瞳の中に私が見える

ライフを通して生き、高く舞い上がる

あなたのライフは輝き、楽園の中へと導く

だから私は自分のライフを捧げよう
私の愛を、あなたに

あなたが見せてくれた世界に心を開かず

私の魂が自由でなかった時

私の目は決して見ることができなかった

愛の、ライフのすべての色を 

決して

あなたの瞳の中に私が見える

あなたの瞳の中に私が見える

ライフを通して生き、高く舞い上がる

高く舞い上がる

あなたのライフは輝き、楽園の中へと導く

だから私は自分のライフを捧げよう

そしてあなたの愛の中で生きる

あなたのライフを通して生きる

アイシーユー

あなたが見える

ね、僕たちの偉大なる源への、美しい祈りだとは思わない?

| | コメント (2)

2010年2月 8日 (月)

Life Blooming/ライフ 咲く

Img_6271

Flowers,

"It" is Life,

"It" happens,

it is "it"...

Somebody crying,
"It" is Life,
"It" happens,
it is "it"…

Life,
always Life.
"It" happens,
it is "it"...

Say "Yes" or "No"
"it" is "it"…
"It" is "me"…

花たちよ
それが ライフ
それが 起こる
それは それ

誰かが泣いている
それが ライフ
ライフは いつも ライフ
それが 起こる
それは それ

イエスと言うか ノーと言うか
それは それ
それは つまり 私

| | コメント (3)

2010年2月 7日 (日)

Simple and good... シンプルで素晴らしい

Mozarella, tomato, fresh basil, olive oil and salt... very simple isn't it. But for me, the person who had the first time the idea of this combination was a genius. It is tasty, graphic, easy to make, light,... a lot of nice points.

I have the same respect for the creator of the mentaiko spaghetti, the Opinel pocket knife, the Perrier Bottle and the Citroen 2CV : they are all minimal and good!

モッツアレーラ、トマト、フレッシュバジル、オリーブオイル、塩、すごくカンタンだよね。だけど、この組み合わせを初めて考えた人は天才だと思うな。美味しいし、グラフィックだし、カンタンに作れるし、軽いし…いいコトだらけだね。

明太子スパゲッティや、オピネル・ポケットナイフ、ペリエボトル、それからシトロエン2CVを作った人にも、同じ尊敬の念を僕は抱いているんだ。これらはみんなミニマルで素晴らしい。

Img_62501


Anyway simple things always leave us some space for customizing...For example, to let marinate 1 hour a little bit of chopped garlic and 2 crashed anchovies in the olive oil before using it on this "caprese" salad gives it a nice personal twist.

とにかく、シンプルなモノって言うのは、いつも自分仕様に調整できる余裕を持っている。たとえば、ガーリックを少々刻み、2切れつぶしたアンチョビをオリーブオイルに1時間ほど漬けておく。これをこのカプレッセにかけると、自分ならではの素敵な味が作れるというわけ。

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

Suncatcher and espresso machine/サンキャッチャーとエスプレッソマシン

A "sun catcher" playing with my favorite espresso machine...

僕のお気に入りのエスプレッソマシンと遊ぶサンキャッチャー

Img_6238

The sun.

太陽と

Img_0024

And the "rainbow"... そして虹…


| | コメント (0)

O nabe de kokoro atakaku... お鍋で 心 暖まる

This winter, we are big fans of "Tofu & tara nabe", it's very easy, it requires only 1 pack of good tofu, a few cuts of lightly salted Tara (Cod), a few leafs of Hakusai (Chinese cabbage), water and some dry kombu. You just put the Water and the kombu in the nabe, let rest a few hours if you are a patient person, then you put tofu cut in cubes and hakusai  . Let boil until hakusai is cooked and Tofu well warmed, then dip your pieces of tara 2 to 3 minutes in the stock to cook and enjoy.

We use two favorite sauces with this dish :

On the left, the Yuzu pon is perfect for the cod.

The sesame sauce is excellent with tofu and hakusai.

Give it a try! It warms your heart!

Img_0003


この冬、僕たちは豆腐とタラの鍋にはまっている。すごくカンタンなんだ。一丁の豆腐と軽く塩をふったタラを数切れ、それに白菜が何枚かと水と乾燥昆布少々あればいい。

鍋の中に水と昆布をいれて、我慢強く数時間放っておく。そこに角切りした豆腐と白菜を入れる。白菜に火が通り、豆腐が温かくなるまで沸騰させる。その中にタラを入れ、2、3分したら出来上がり。

僕たちは、この料理に2種類のお気に入りソースを使っている。
左にあるのが柚子ポン、タラにぴったり。
胡麻だれは、豆腐と白菜に最高なんだ。
やってみて!あなたの心もポッカポカになるよ!

| | コメント (4)

"Course In Creation" First Session/“創造のコース”最初のセッション

Some images of yesterday's first class of the Course in Creation

昨日の“創造のコース”最初のクラスの風景をいくつか

Img_0002

From the window of the classroom. View of Senzoku Ike.

教室の窓から見える洗足池

Img_6207

2 types of Muffins for tea time...: orange, apricot and honey taste or banana rhum-raisins.

お茶の時間に準備されたマフィン2種類:オレンジとアプリコットと蜂蜜味。バナナ&ラムレーズン。

Img_6246

The tea : bouquet of flowers from Kusmi Tea お茶:クスミ・ティから"花束”

Img_00161

We are all creators. Life creates trough us, every instant in application of the law of causes and effects...

January's class was about :  The key behind Creation.

The next class will be on

February 28
Subject:
" The obstacles to creation
and how to remove them."

Place:
Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).

From 13:30 to 16:30

Participation fee : ¥5000


Reservations & informations : bureau@patricejulien.com

僕たちはみんなクリエイター。原因と結果の法則に従って、ライフが一瞬一瞬を僕たちを通して創っていきます。

1月のクラスは、“創造の裏側にある鍵”がテーマでした。

次回のクラスは

2月28日
テーマ:
" 創造を妨げるもの
それを取り除く方法"

洗足池(池上線)駅前 ボートハウス2階 1時30分〜4時30分 参加費:5000円 ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com

| | コメント (2)