« "Course in creation", second session : the message of a Red Tsubaki/創造のコース 第2回:赤い椿からのメッセージ | トップページ | Each one reflects the whole.../ひとつひとつが全体をもたらす »

2010年2月20日 (土)

"Organic" or not "Organic"/オーガニックかオーガニックじゃないか

I_want_my_organic_coke_by_koert_van

Organic or not organic? That is the question...

Recently the "organic trend" is getting very popular... many people are translating "because it is said -organic- it is "safe" and "good" for my body". Some go further and think : "It tastes so good because it is organic..." Restaurants serving boiled or steamed vegetables with little salt or a few drops of organic olive oil are proliferating...Some are cooking without oil, without flour, without butter,..."Without" looks like the new motto... the new Paradise...

If "organic" means more respectful, more conscious, more responsible, more aware of our choices, more loving...  I think it goes with our actual evolution and our growth. If it means a new religion with it's "DO" and "DO NOT" that's just one more dogma and a new way to limit human freedom.

Human beings have been evolving during millions of years, they have created new ways of enjoyment, always expanding their possibilities of creation. This also applies to food and gastronomy. For me a bakery with thousands of kinds of breads is more fun than a bakery cooking one kind of organic bread on stones warmed in the sun without leaven or yeast...

In my opinion, so called "organic restaurants" are just something comparable to "maid kissas" or "cat cafés", just a variety of enjoyment, one of the actual trends, a way for some people to feel secure and happy within their "beliefs system".

Once we understand this it will allow us to realize that all our life is ruled only by our beliefs. Even our food and our reactions to food. When I remember my childhood I know that I had periods when I couldn't eat some vegetables like spinaches because of their aspect or some ideas I had about them... It was like an "allergy" but now I realize those aversions were just born from "ideas".

If we look around us we see that the variety of allergies is increasing. Why? What is the reason of this increase? It looks like humans are getting weaker and weaker. We can notice that the answer to allergies is almost always to identify the cause "outside", almost never "Inside". Doctors think it comes from pollution, from pollens, from chemicals, from cats, from insects,... People stop eating flour, gluten, wear masks, eat and drink medicines,... Almost always, answers come from outside... This is the only weakness we have to fear : the so called "Outside word" is becoming the new "God", the new "devil"... Men seem powerless, even Doctors often cannot answer about the real causes. When you look for the answers and causes "OUTSIDE" it is like locking your car with the keys inside...

Feeling more "spiritual" does not mean being "good" by not "killing" animals. It has no relation with special diets or giving your seat to old people in the train, it just means "understanding" how "Spirit works".

We cannot become more "spiritual" because we ARE "Spirit" itself.
Spirit is like a knife, we can use it to cook or to kill ourselves or others. It is the reason why we need to learn how to use the knife of our thoughts in a responsible way. That is true freedom! Shakespeare wrote : "There is no good or bad but thinking make it so".

As a Father what I want to transmit to my child is Freedom and Responsibility. I want to show to the kid that all the power is in his mind and in his choices, nothing is really outside : all creation happens from inside out.

To realize the "Truth" we need to let go of all beliefs and see the world and ourselves like a white sheet of paper where each of our steps reflects a choice coming from inside and creates a new design... Walking in respect and responsibility is the only thing ...Each one of our steps generates the manifested Universe.

In the film Avatar, the people of Pandora pray when they kill an animal, they excuse themselves and give thank from a deep state of of compassion, it is because they also accept fully the fact that their bodies and souls will also be given back to nature according to a natural cycle...

All "primitive" cultures had this attitude of respect and gratitude. That is the part we need to reconnect with. Not by limiting our diet to cereals and vegetables for the reason that cereals and vegetables do not cry loudly when you cut them or boil them...

Our next challenge is here : in the understanding of how as belonging to the global Spirit we are responsible of the part we play on the stage of life. The world we create around us is the answer. We are Alchemists, able to transform anything in Gold or in Poison. It is the way we can make everything on this planet "Organic" just by blessing it...

オーガニックかオーガニックじゃないか、それが問題だ…

最近、オーガニックの流行はどんどん広がっているね。多くの人たちが“体に安全でいい”から、オーガニックと言われているからという理由で、そっち方向に移行している。もっと熱狂的な人になると“オーガニックだから美味しい”と思っているようだ。レストランで出される蒸し野菜や茹で野菜にちょびっと入れる塩やオリーブオイルにまでオーガニックは蔓延している。オイルなし、小麦粉なし、バターなしの料理というのもあるね。この“ナシ”というのも、新天地のモットーのようだ。

もし僕たちが“オーガニック”にもっと敬意を払い、意識を持ち、責任を持ち、それを選択のひとつとして捉え、愛すべきものだと思うなら、僕たちは本当に進化し、成長していくだろう。もしこれが“する”“しない”という新しい宗教であるなら、これは単なる教義に過ぎず、人間の自由を束縛する新しい手法になる。

人間は何百万年もの間、進化し続けている。新しい楽しみの方法を作り続けている。いつも創造の可能性を広げているんだ。このことは食べ物や、ガストロノミーにも当てはまる。僕にとっては、何千種類もあるパンを作るパン屋さんの方が、たった一つのオーガニック・ブレッドを作るパン屋さんより楽しいと思う。それが、たとえルヴァンやイースト無しで太陽に温められた石の上で作られたものだとしても。

いわゆる“オーガニックレストラン”って、僕にはなんだか"メイド喫茶”や“猫カフェ”と同列のように感じるんだ。お楽しみのひとつ、流行のひとつ、ある人たちにとっては、それを信じることで安心や幸福を感じる方法。

これをいったん理解すると、自分が信じているものによって僕たちのライフは支配されている、ということに気がつく。食べ物や、食べ物に対する僕たちのリアクションでさえそうだ。僕は小さい頃、ほうれん草のような野菜が食べられない時期があった。野菜の見た目や偏見がそうさせたのだろう。それはまるでアレルギーだったね。今ならわかるよ、僕のあの嫌悪感は“アイディア”から生まれたものだったんだ。

今、僕たちの回りにはいろいろなアレルギーが増えている。なぜだろう?なぜ増えているんだろう?人間がどんどん弱っているみたい。アレルギーに対する答えを探そうとすると、ほとんどの場合、外側に原因を探る。内側ってことはまずないね。ドクターは、汚染からとか、花粉からとか、化学物質からとか、猫や虫から起こっていると考える。それで人は小麦やグルテンを食べるのをやめたり、マスクをしたり、薬を飲んだりする。ね、いつだって外側に答えを探している。これは僕たちの恐れからくる単なる弱さなんだ。所謂“外側の世界”と言われるものが新しい“神”と“悪魔”になりつつある。
「人間は非力だ。ドクターでさえほとんどの場合、本当の原因を見つけ出すことができないのだあ。」と。
答えや原因を外側で探しているというのは、まるで自分の車を内側からロックしているようなもの。

スピリチュアルなものをもっと感じることは、“動物を殺さない”という意味じゃない。それは、特別な食事とか、電車の中で老人に席を譲ることともなんの関係もない。それは、ただ、スピリット自身が働くことを理解することなんだ。

僕たちはもっとスピリチュアルにはなれない。なぜなら僕たちはスピリットそのものだから。スピリットはナイフのよう。それを料理に使うことも自分自身や他人を殺すのにも使うことができる。だからこそ、僕たちは責任を持って自分たちの考えのナイフをどう使うかを学ぶ必要があるんだ。それは本物の自由。シェイクスピアはこう書いたね。「いいも悪いもない、ただ考えがそれを作るのだ。」

父として僕は我が子孫に、自由と責任を伝えたい。すべての力は彼の中にあり、彼の選択の中にある、外側にはなにもない、と示したい。すべての創造は内側から出てくるものだ。

この真理に気づくためには、僕たちが信じていることをすべて手放し、世界や自分たちを白紙として見ることだ。そこに僕たちの一歩一歩が内側からやってくる選択を映し出し、新しいデザインを作っていく。敬意と責任をもって歩くこととは、たったこれだけ。僕たちの一歩一歩が明解な宇宙を作っていく。

映画アバターの中で、パンドラの人々は動物を殺した時に祈りを捧げていた。深い慈しみの心から、許しを乞い、感謝をする。彼らの体も魂もまた自然のサイクルに従い、自然の中に戻っていくという事実を彼らは受け入れているからだ。

原始的な文化の中においてはすべて、敬意と感謝をこういった態度で表す。これこそ、僕たちがつながらなくてはならない部分なんだ。シリアルや野菜は、切られたり茹でられても大声で泣かないからと、僕たちの食事をシリアルや野菜にしてしまわない方がいい。

僕たちの次の挑戦はここにある。地球のスピリットに属する僕たちは、ライフのステージで僕たちが演じるパートにどのように責任をもつかを理解することだ。自分の回りに作る世界が答え。僕たちは錬金術師、どんなものも金や毒に変えることができるんだ。この星のすべてのものを“オーガニック”にする方法だよ、ただ祈りを捧げることによってね。

|

コメント

this is exactly what I feeling while I cleaning windows listening to radio.
everyone now so crazy for pollen!
so in love, so in hay fever ...

now I'm so in love with yotsuba butter!
yammy!

投稿: sanae | 2010年2月20日 (土) 22時32分

notesCleaning my windows, ow,ow,ow,notes air is transparentnotesair is spiritnotesoh I am transparent like a windownotesI'm the Universe, no hay fever, I love butter...notesmusic

投稿: Patrice | 2010年2月20日 (土) 22時48分

日本語訳、待ってます。お願い致します。

投稿: 芙美 | 2010年2月23日 (火) 14時33分

長らくお待たせしました。
ふ〜大作でしたsmoking
多少の誤訳には目をつぶってねcatface

よし、送信!
きゃああ〜パトリスさんっ次々と書きますねえ・・・
いえ、嬉しい悲鳴ですよsweat01

投稿: jeannie | 2010年2月24日 (水) 16時36分

コメントを書く





絵文字を挿入