« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

Course in creation 5 : Harmony with the Subconscious Mind.../創造のコース第5回:潜在意識とのハーモニー

Iceberg


I would like you to try a little test. After reading the description, give it a try and come back to your screen to read the rest.

Here is the test:

After reading this description, stand in front of a mirror. Look at yourself in the eyes and say :

- "I cannot do it!".
At the same time I want you to try to feel

- "I can do it!".

I know that it is a contradiction but I want you to try, to feel how your whole body reacts when you do this. I also want you to try with your strength to win against the "I cannot..." Use your body, your muscles,etc. see how it feels. Try! Repeat the test 5 times :

Each time
- Voice "I cannot do it!"
- At the same time think "I can do it!", use your strength and try to win...
Go and try!

Welcome back... Sorry it  may look like a ridiculous test...But it was just to show you something very simple but very interesting :

Imagine that you want to consciously change something in your life and you have read something about being positive. You think "YOOOOSHHH! I FEEL STRONG!" At the same time you do not hear it but in your Subconscious another voice says : "That is not the truth! You feel weak...that is the reality...remember, you always fail ..."

You do not hear this but your body hears it, your brain hears it. It is exactly like the voice in the test that says : "I cannot do it"... In front of the mirrror, remember what happened when you tried hard? You created tension. You had a fight inside yourself. I am sure that you did not feel good. You tried to make the positive voice win but you did not succeed in feeling the thrill of life. It was just like a block between you and you...

This happens everyday in our life. It is the main cause behind stress. The Sun do not have stress, the planets do not too, even if they work 24 hours a day... They are moved by a one way force, a one way voice saying : "I can do it!"...

Life always says "I Can do it!" and the same power flows within us. Unfortunately through our personal story we have stored on the hard disk of our mind a lot of messages saying disempowering things about us. We are conscious of some of them but the majority are unconscious, they work like Viruses in the computer. Often, the more we think "I am strong!" and the more we feel stressed and powerless...

The test showed the evidence of how this works...
But in fact, our Subconscious is supposed to be our best friend...It is provided by Life to simplify our life and bring us all the success we dream of. We just need to understand how this part of our Mind "thinks". For this, we need to notice a few things:

1)Notice how our Subconscious affects every detail of our everyday life 24 hours a day...

2) Watch how our thoughts reflect the way our subconscious is Programmed.

2)Understand how to talk with this part of our Mind.

3) Erase our old unwanted programs and install new ones corresponding to our actual objectives.

Remember, our subconscious is the Automatic Pilot of our plane...A good communication is the secret of a pleasant flight.

During the session 5 of the "Course in Creation" we will learn practically how to become good friends with our subconscious .

Bring your old limiting "programs" (Ideas) with you. Let's have fun upgrading our Dear Subconscious!

Learning how to communicate harmoniously

with the Subconscious.

Sunday May 30, 2010

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).

From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000

Reservations & informations : bureau@patricejulien.com
(At the beginning of each session we make a complete recapitulation of the preceding steps so new students will be able to catch on with the class).

ちょっとしたテストをやってみてくれませんか。『やり方』を読んだ後にやってみて、それから画面に戻り、残りを読んでください。

じゃ、いいかな。

この『やり方』を読んだ後、鏡の前に立ちます。しっかりと自分を見て、こう言ってください。
「できない!」
同時に「できる!」と心の中で感じてみて。

そう、正反対のこと。これをやってみてほしいんだ。これをやった時、自分の体がどんな反応をするか感じてほしい。
それから、自分の力を使って「できない!」に勝とうと努力してみてほしい。自分の体、筋肉を使ってね。どんな風に感じるだろう。やってみて。このテストを5回繰り返してね。

毎回、声に出して「できない」と言う。同時に「できる」と心の中で思う。力を使って、勝とうとしてみて。

さあ、どうぞ、やってください。

お帰りなさい!ごめんね、ちょっと馬鹿げたテストみたいだよね。だけど、これはね、とってもシンプルだけど、面白いことをあなたに見せてくれているんだ。

想像してみて。意識的にあなたの人生で何かを変えたいと思っていて、なにかポシティブになることについて読んでいる。その時、あなたは「よ〜し、力が湧いて来た!」と思うでしょ。聞こえないけど、無意識の中で別の声がこう言っている:「気のせいだよ。キミは弱いんだ。それが現実。覚えてないの?キミはいつも失敗してきたじゃない…」

この声は聞こえないけど、あなたの体はそれを聞いている。脳も聞いている。これは、まさにテストの中で「できない」と言っていた声。鏡の前で、あなたが一生懸命やっていた時なにが起きたか覚えている?不安を生み出したんだ。内なる自分との戦いだったでしょう。いい気分じゃなかったと思う。ポジティブな声を勝たせようとがんばった。でもライフのスリルを感じることはできなかった。それはただ、自分自身の葛藤を閉ざしただけ。

こういうことは、僕たちのライフの中で日常的に起こっている。これがストレスの主な原因なんだ。太陽はストレスがない。惑星にも。一日24時間働いているっていうのに。彼らは一方向の力によってのみ動いている。「できる」という一方向の声によってのみ動いているからだ。

ライフはいつも「できる」と言っている。同じパワーが私たちの中に流れています。でも残念ながら、個人のストーリーを通して、力が奪われてしまうようなたくさんのメッセージが、僕たちの心の中のハードディスクに溜め込まれている。
そのいくつかに、僕たちは気づいている。だけどほとんどは潜在意識の中にあって、まるでコンピュータのウィルスみたいに働いているんだ。
「私は強い」と思えば思うほど、ストレスを感じ、無力だと思うでしょ。

このテストは、それがどんな風に働くかという証拠を示したね…だけど、実のところ、潜在意識というのは自分の親友であるべきなんだ。僕たちのライフをシンプルにするために与えられたもの、夢みる成功をもたらすためにライフから与えられたものなんだ。僕たちはただ、自分の頭のこの部分がどんな風に‘考える’のかを理解する必要がある。そのためには、いくつかのことに気がつかないといけない。

1 一日24時間の日常生活の細々としたことに、自分の潜在意識はどんな影響を与えているのか知ろう
2 自分の思いがプログラムされた潜在意識にどのように影響するかを見てみよう
3 心の中のこの部分でどんな風に話されるか理解しよう
4  いらない古いプログラムを消し、自分の目的に合わせた新しいプログラムをインストールしよう

覚えておいて。潜在意識というのは、自分の飛行機の自動操縦士。コミュニケーションをうまくとることが、たのしい旅をする秘訣なんだよ。

創造のコース第5回では、自分の潜在意識と親友になる方法を実践的に学んでいきます。
あなたに限界を作っている古いプログラム(思考)をお持ちください。親愛なる潜在意識を楽しいバージョンにアップグレードしましょう。

潜在意識と調和のあるコミュニケ―ションをとる方法

2010年5月30日(日)

洗足池駅(池上線)前ボートハウス2階

13:30 〜 16:30
参加費: ¥5000

ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com
(毎回セッションの始めに、前回までのまとめとおさらいを行いますので、初めての方も予備知識なしで受講することができます。)


| | コメント (0)

2010年4月29日 (木)

Let Go!

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

Unconditional Love/無条件の愛

Img_6515

All living thing long for Love.
Love affects deeply objects, stones, plants, children, everything,...
Experiences have been done showing that love can change the shape and size of flowers or fruits, facilitate the harmonious growth of babies, bring back bodies to harmony,...

By looking more deeply into this idea of LOVE we can see that it can be considered like the most basic energy of LIFE. It is behind every thing, even behind Money when we see that this media allows to build comfortable cities, hospitals, parks, permit the creation and the circulation of beautiful art pieces, allow education and progress, permit gifts, etc. Yes, as the song of the Beatles states, all what the World need is to realize the power of Love.

To get the right perspective we should avoid to limit ourselves to a restrictive vision of Love. Sometimes what we call "Love" is related not with this Big Flow of Life energy in us but with "survival"... In this frame of mind we "love" people when they serve our needs for gratification but we stop to love them when we feel they act against our interests. This so called "Love" is a pale shadow of the true one.

In fact we do not need to look for love, we cannot create it, we do not have to Be Good or special to reach it.
True love is in us, it is what we are already by essence. It is us, NOW, like the blood in our veins, it is present everywhere, even in the stones and in the dust. It is the most basic frequency of Life, the MU, BUDDHA, TAO, CHRIST, INFINITE. It is the most basic force, omnipresent in the universe that is sometimes able to bring enemies to help each others in time of war, it is behind our most non logic reactions.

LOVE IS and because there is an IS which is us, there is LOVE...

Stop and feel, LOVE IS NOW want it or not. No need to create it. Breathe it!
Nobody can ever take LOVE away from us because it is like the canvas supporting the painting. We tend to look for Love but in fact it can become the best way to look away from it...

Standing in love, staying in the frequency of IT allows us to attract the perfect people and perfect conditions like a magnet. If we feel I AM LOVE, I BREATHE LOVE we radiate it naturally. We do not have to try do "good" to get love. LOVE is, it is spontaneous, it is spontaneity itself.It is like a newborn baby, flashing through our eyes when we let go our fears and protections...

Even our craving for love, our looking for perfect partnership, is one of the ways our True Self uses to attract our attention to what lies forever and ever in us. To this tremendous energy stored in our hearts, like the nucleus of the SUN, always burning, always shining.

WE ARE BORN OF IT, WE ARE IT...LIFE IS LOVE IN EXPRESSION...


生きとし生けるもの、みんな愛を求めている。愛は深く物体や石、植物、子ども、なんにでも及んでいる。愛が花やフルーツの形や大きさを変えたり、赤ちゃんの健やかな成長を促したり、調和を体にもたらしたりということで、それは証明済みだよね。

愛についてもっと深く考えてみると、これってライフの根源にあるエナジーだと思わない?すべてのことの裏側に存在している、お金の裏側にさえもね。このお金というメディアは居心地のいい都市、病院、公園を作っている。素晴らしいアート作品を創作させたり、それを流通させたりするのもお金というメディアだ。教育や進化などもそう。贈り物とか、いろいろ。ビートルズの歌が言っているように、世界に必要なのは、愛の力に気づくことだけ。

物事を正しくみるためには、限定された愛の形で自分たちに限界をもうけないようにしなくちゃ。時々、ライフのエナジーの大きな流れとうまくやっていくのは、“愛”と呼ぶものじゃく、“生き残り”だったりする。頭の中に作られたこういった枠の中では、僕たちは満足が与えてもらった場合のみ、その人々を“愛する”。だけど、相手が自分の意にそぐわないことをすると、とたんに愛するのをやめてしまうことになる。こういう“愛”は、本物の愛に似た弱い影。

事実、僕たちは愛を探す必要なんてないんだ。それを作ることもできない。それに到達するためにいい子でいたり、スペシャルでいる必要もない。本当の愛は、自分たちの中にある。僕たちの属性なんだ。つまり僕たちそのものだ。今、血管を通っている血液のようなもの。どこにでもある。石にも、埃にさえもね。ライフの、無や仏教の、道教、キリスト教、神のもっとも基本的な周波。宇宙のどこにでも存在する基本的な力。それは戦果の中、敵同士を助け合わせることもできる。まったく理にかなわない行動の裏側に存在するんだ。

愛がある、私たちである存在があるのだから、愛がある。

立ち止まって、感じよう。愛は今。望もうが望むまいが。作る必要はない。愛を吸い込もう。誰も僕たちからをとりあげることはできない。それは絵が描かれたキャンパスのよう。僕たちは愛を探そうとしがちだけど、実際のところ、遠く離れた所から見ることが、最適の方法なんだ。

愛の中に立ち、その周波の中にとどまることで、完璧な人々、完璧な状況を磁石のようい引き寄せる。もし、僕たちが自分は愛だ、愛を吸い込むと感じるなら、それはもう自然に広がっていくものなんだ。愛を得るために“いいこと”をしようとがんばる必要なんかない。は、のびのびと自生しているからね。ちょうど生まれたての赤ちゃんみたい。恐れを手放し、自分を守ることをやめれば、僕たちの目から光を放つんだ。

愛を渇望し、最高のパートナーを探そうとすることは、自分の中に永久に横たわっているものを惹き付けようと、本来の自分が使う方法の一つなんだ。僕たちの中に秘められた膨大なエナジーは、太陽の核のように、いつも光輝いている。

僕たちは生まれながらにして愛。僕たちが愛。ライフは愛の表現…

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

Next class is April 25/次のクラスは4月25日

I confirm that the next session of the "Course in Creation"will be this month, Sunday 25th of April...

先日の英文に誤りがありました。
次回の[創造のコース]は、今月です。4月25日日曜日に!

| | コメント (0)

2010年4月12日 (月)

More about the "I AM".../ "I AM"についてもう少し…

Ph_cockpit_lrg

In relation to my last post about the next workshop I would like to add a few words about the "I AM"in us.

"I AM" is like the eyes behind our eyes, the ears behind our ears, the feeling behind our feeling,... and it is not separated like this, it is a global pure presence, multi-sensorial, omni-dimensional, infinite, beyond time and space, always active even when we sleep...

Through this "Presence" Life unfolds in the NOW...Always NOW...The Present and the Presence, a source surging from the ground, a movie on a screen playing image after image.

Then what creates what we call "problems"?

It is all the "ideas" we receive about what "I AM" is... It says things like this : I am sick, I am Great, I am this, I am that,... And we believe those ideas  without noticing that they are all changing ideas or states of Mind. We worry today about one thing and tomorrow about another and forget that the Presence is always perfectly pure...

But we do not notice the pure presence because almost all the time, it is cluttered with ideas about what we are or what we want to be or not to be... Our beliefs hijack the "Presence" and they try to pilot the plane...But because it is not their job, the flight sometimes gets uncomfortable for the passengers...

Letting go all beliefs, staying still and listening helps to live in "the Presence"...

(More about this during April workshop)

次回のワークショップに関する前回の投稿に加えて、"I AM"についてもうちょっと話させて。

"I AM"は、自分の目の裏側にある目、耳の奥にある耳、感情の向こうに隠されている感情…とでも言ったらいいかな。それは別々のモノじゃなく。それは純粋なる全存在、数えきれない知覚、ありとあらゆる次元、無限であり、時間も空間も越え、眠っている時でさえ絶えず活動しているもの。

この“プレゼンス(存在)”を通して、ライフは今(プレゼント)…そう、いつも今、を開いている。プレゼントとプレゼンス、大地から湧き出た泉、次から次へと画面に映し出されるイメージの映画。

じゃ、僕たちが"問題”と呼ぶものを創りだしているのはなんだろう?

それは、すべて僕たちが受け取った"I AM"(私はxxxである)の認識なんだ。たとえばこんな風に言うよね:私は病気だ。私はすごい。私はこうだ、ああだ。そして僕たちはこういった認識を信じている、頭の中で認識や概念を変えていることに気づかずにね。今日ひとつのことを心配し、明日は別のことを心配し、自分の存在がいつも完璧なまでに純粋であることを忘れている。

そうなんだ。自分が何者であるか、何になりたいか、あるいはなりたくないかということばかりに気を取られて、今ある完璧な存在に気がつかない。自分が信じていること(ビリーフ)に“存在”がハイジャックされているんだ。ビリーフが飛行機を操縦しようとしている。だけどそんなことは本来の仕事じゃないから、乗客は時々とっても居心地が悪くなる。

すべてのビリーフ、自分が信じている事を手放そう。静まり、救いの声に耳を澄まそう、“存在”の中に生きるために。

(詳しくは 4月のワークショップでね。)


| | コメント (2)

2010年4月11日 (日)

Course in Creation IV : Beyond the "Law of Attraction"?/創造のコース第4回:“引き寄せの法則”を越えて?

Img_0736 

Photo by PJ

I suggest that you imagine a child, a very young Child at a zero state, coming to life without any specific idea about life...

Imagine that some day, this child wants to help his mother by holding a big pile of plates...It's too heavy, the plates fall, almost all is broken,...

Let's say that the instinctive reaction of the mother is to get upset. She it too busy in her head to feel the love the Child behind the accident and she just says : "How clumsy!", and she lets her anger flow...

To your opinion, what is the feeling of the child in front of this reaction?

Now imagine that next time the Child wants to help the Mother says : "No, don't do it, you remember last time, you broke everything!"

What is the pattern reinforced in the mind of the child?
Then imagine that this idea : "You are clumsy" is repeated day by day...
What will be the experiences "attracted"(created) by this idea in the life of this child when he becomes an adult?

If the situation had been different, if the reaction of the mother had been more supporting, more loving, If she were able to feel the love of the child the first time and meet it with love and support like :
- That's Okay! Thank you for trying to help me! There is no problem! Thank you! Than you!  I love you!...

Do you think that those two types of reactions can bring a difference in the future of those 2 children?

If you feel so you will be able to see how the so called "Law of attraction" works. It does not work from outside but from inside. It is a law of Identity, it brings into creation automatically the answer to the question : "Who do I feel I Am?..."

My I AM is my seed...

From what is called a "margaret" seed, only "margaret" flowers can unfold. Giving love, care and attention is needed. Listening to reactions, knowing when to water, when to give support is  important but nobody will succeed in forcing a margaret seed to create roses...

We are all different and we have all an unique "Inner seed"... To discover the "will" of our "inner seed"and cooperate with love is true achievement. It is why more than the "law of attraction" we may think of a LAW OF EXPRESSION and learn to use it.

How does this Law of expression work? How can we get in touch with it's principles? How can we support it?

It will be the theme of the session IV of the "Course in Creation" :

"Beyond the Law of Attraction?"
(Exploring the "Law of Expression")

Sunday April 25, 2010

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).

From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000

Reservations & informations : bureau@patricejulien.com
(At the beginning of each session we make a complete recapitulation of the preceding steps so new students will be able to catch on with the class).

自分を子どもだと想像してみてください。ライフについてなんの偏見も意見も持たない、無の状態のとても小さな子ども。

この子が、ある日お母さんを手伝おうとして山積みのお皿を持ち上げているところを想像してね。ウウ…とっても重い。お皿が落ち、ほとんど全部割れてしまいました…。

さあ、お母さんがカッとなってとても怒ったことにしましょう。お母さんは、このアクシデントの陰に隠れた子どもの愛情を感じ取るには、忙しすぎたのです。それでこう言ってしまいます。「なんて不器用なの!」と怒りのままにね。

あなただったら、この対応に直面した子どもの気持ち、どう思う?

さて今度はこう想像してみて。次にまたお手伝いをしようとした子どもにお母さんはこう言います。「ダメよ、やらなくていいわ。覚えているでしょう?この間あなたはみんな壊しちゃったじゃないの!」と。

この子の心に埋め込まれたパターンはどんなものでしょう?さて、「あなたは不器用」という考えが毎日毎日繰り返されていると想像してみてください。この子が大人になる時、この考えによって引き寄せられる経験とはどんなもの?

もしこの状況が違っていたら、もしお母さんの反応がもっと子どもの気持ちを支え、愛情豊かなものだったら、もしお母さんが最初に子どもの愛情を感じることができ、愛情を持って見守ることができたら…たとえばこんな風に「大丈夫よ、手伝ってくれようとしたのね、ありがとう。気にしないで。ありがとう、ありがとう、アイラブユー」と言ってあげられたら。

この2つの反応の違いが、この子の将来に違いをもたらすことができると思う?

もしそう思うなら、あなたは“引き寄せの法則”と呼ばれるものがどう働くかわかるでしょう。それは外側からの働きではなく、内側からの働きです。それは、アイデンティティの法則なのです。「自分が何者であるかをどう感じているか」ということに対する答えが自動的にやってきます。

私のI AM が私のタネ(根源)なのです。

“マーガレット”と呼ばれるタネから生まれるものは、“マーガレット”の花だけ、開花することができます。必要なのは、愛情を注ぎ、面倒を見て、見守ること。反応に耳を澄まし、水がいつ必要かを知り、サポートの必要な時を知る、それが重要なことです。だけど、誰も、マーガレットの花を薔薇の花に無理矢理することはできないでしょう。

僕たちはみんな違います。みんなユニークな“内なるタネ”を持っています。愛情ある行動が真の達成を導きます。これが“引き寄せの法則”を越えたものだという理由。表現の法則について考えたり、その使い方も学ぶかもしれません。

この表現の法則はどんな風に働くでしょう?こういったことを、どのようにしたら保ち続けることができるでしょう?僕たちはどのようにそれをサポートすることができるでしょう?

これが『創造のコース第4回』セッションのテーマです。

"引き寄せの法則を越えて?"
( "表現の法則"についても触れていきます)

2010年 4月25日日曜日

洗足池駅(池上線)前ボートハウス2階

13:30 〜 16:30
参加費: ¥5000

ご予約とお問い合わせ: bureau@patricejulien.com
(毎回セッションの始めに、前回までのまとめとおさらいを行いますので、初めての方も予備知識なしで受講することができます。)

| | コメント (5)

2010年4月 9日 (金)

The energy of passion.../情熱のエナジー

Impossible to explain the big difference "Passion" brings in any domain be it cooking, teaching, rising children or doing any kind of activity. I found this video yesterday and I felt it is a perfect example of what "Passion" is about. A very famous piece of music of Eric Satie, brought to one of the highest level...

料理をすること、教えること、子どもを育てることなど、どんな種類のアクティビティであろうと、そこに“情熱”があるかないかで大きな違いがある。でも、そのことを説明するのは不可能ですね。昨日、このビデオを見つけた時、これこそ“情熱”とはなにかを伝える素晴らしいサンプルだと思いました。エリック・サティのとても有名な曲ですが、最高レベルにまで達した演奏…

| | コメント (2)

"Is that so?"/ああ、そうか

Hakuin_432


The Zen Master Hakuin (1686-1769) travelled extensively to learn from other masters. When he was 32 years old, he returned to the Shoin-ji, the temple in his home town of Hara, in present-day Shizuoka Prefecture. Here he devoted himself to teaching a growing number of disciples. Hakuin was praised by his neighbors as a teacher living an exemplary life.
A beautiful Japanese girl whose parents owned a food store lived near him. One day without warning, her parents discovered that she was pregnant.
This made her parents angry. The girl would not confess who the man was, but after much harassment, she named Hakuin as the father.
In great anger the parents went to the Zen Master and scolded him in front of all his students. All Hakuin would say was “Is that so?”
After the baby boy was born, it was entrusted to Hakuin's care. By this time he had lost his reputation. His disciples have left him. However Hakuin was not disturbed, and enjoyed taking care of the little boy. He obtained milk and other essentials the boy needed from his neighbors.
A year later, the girl-mother couldn't stand it any longer. She confessed the truth to her parents— that the real father of the boy was not Hakuin but a young man working in the local fishmarket.
The father and mother of the girl went to Hakuin at once. They asked his forgiveness and apologized profusely to get the boy back.
Although Hakuin loved the child as his own, he was willing. In giving up the boy, all he said was: “Is that so?”

— Edited from Paul Reps, Zen Flesh, Zen Bones (1957), p. 22

白隠禅師(1686-1769)は、他の師匠さんたちから学ぶためずっと旅をしていたそうな。32歳の時、彼の故郷である、現在の静岡県原町にある松蔭寺へ戻りました。そこで多くの弟子たちを育て、教えることに専念し、白隠は理想の師として近所の人たちから崇められました。

彼のご近所に、食料品店を営む両親の美しい娘が住んでおりました。ある日、彼女の両親は娘が妊娠していることに気づき、たいそう腹をたてました。娘は誰が父親か口を閉ざしておりましたが、さんざん追いつめられ、ついに白隠が父親だと申したのです。

怒った両親は、禅師のところへ行き、たくさんの弟子の前で怒鳴りつけたました。しかし白隠が申しましたのは、ただ「ああ、そうか」

男の赤ちゃんが生まれた後、白隠が面倒をみることになりました。彼はすっかり評判を落とし、弟子達はみんな去って行きました。しかし白隠はそんなことに気を留める風でもなく、小さな男の子を楽しそうに育てました。ミルクは必要なものは近所から調達しました。

1年後、男の子の母親である少女は耐えきれなくなり、両親に本当のことを打ち明けました。本当の父親は白隠ではなく、地元の魚市場で働く少年だと。

少女の両親は再び白隠を訪れ、許しを乞い、男の子を返してもらえるよう心から謝りました。白隠はその子を自分の子として大切にしていましたが、喜んで、赤ちゃんを手放したのです。彼が申しましたのは、ただ「ああ、そうか」

ーZen Flesh, Zen Bones (1957)より抜粋

| | コメント (1)

2010年4月 8日 (木)

Music suggestion for the "Hanabira short story"/“花びらの短編”にぴったりの曲

Kazuhiro-san suggested "All you need is love" for the "Hanabira short story", here is another suggestion, a nice Valtz by Eric Satie, very romantic :

“花びらの短編”に、カズヒロさんのオススメは”愛こそすべて”。もうひとつのオススメはこちら。エリック・サティの素敵なワルツ、とってもロマンティックでしょう。

| | コメント (1)

Hold no opinions/異議を唱えない

Sengtsan2a


"If you want to know the truth,
then hold to no opinions for or against anything.
To set up what you like against what you dislike
is the disease of the mind"

Master Sosan

「真理を知りたいなら、どんなことにも異議を唱えないことだ。気に食わないことを自分の思い通りにしようとすること、それは心の病気なのだ。」

鑑智僧燦

| | コメント (1)

2010年4月 6日 (火)

Short story.../短編

Let me share this short story with you.
I did not make it. It happened as it is...
Hope you like it.

この短編小説をご覧ください。僕が作ったわけではありません。自然とできました…気に入ってもらえるといいのですが。

Step 1

第1章

Img_6448

Step 2

第2章

Img_6465

Step 3

第3章

Img_6469

Step 4

第4章

Img_6470



| | コメント (6)