« Music suggestion for the "Hanabira short story"/“花びらの短編”にぴったりの曲 | トップページ | The energy of passion.../情熱のエナジー »

2010年4月 9日 (金)

"Is that so?"/ああ、そうか

Hakuin_432


The Zen Master Hakuin (1686-1769) travelled extensively to learn from other masters. When he was 32 years old, he returned to the Shoin-ji, the temple in his home town of Hara, in present-day Shizuoka Prefecture. Here he devoted himself to teaching a growing number of disciples. Hakuin was praised by his neighbors as a teacher living an exemplary life.
A beautiful Japanese girl whose parents owned a food store lived near him. One day without warning, her parents discovered that she was pregnant.
This made her parents angry. The girl would not confess who the man was, but after much harassment, she named Hakuin as the father.
In great anger the parents went to the Zen Master and scolded him in front of all his students. All Hakuin would say was “Is that so?”
After the baby boy was born, it was entrusted to Hakuin's care. By this time he had lost his reputation. His disciples have left him. However Hakuin was not disturbed, and enjoyed taking care of the little boy. He obtained milk and other essentials the boy needed from his neighbors.
A year later, the girl-mother couldn't stand it any longer. She confessed the truth to her parents— that the real father of the boy was not Hakuin but a young man working in the local fishmarket.
The father and mother of the girl went to Hakuin at once. They asked his forgiveness and apologized profusely to get the boy back.
Although Hakuin loved the child as his own, he was willing. In giving up the boy, all he said was: “Is that so?”

— Edited from Paul Reps, Zen Flesh, Zen Bones (1957), p. 22

白隠禅師(1686-1769)は、他の師匠さんたちから学ぶためずっと旅をしていたそうな。32歳の時、彼の故郷である、現在の静岡県原町にある松蔭寺へ戻りました。そこで多くの弟子たちを育て、教えることに専念し、白隠は理想の師として近所の人たちから崇められました。

彼のご近所に、食料品店を営む両親の美しい娘が住んでおりました。ある日、彼女の両親は娘が妊娠していることに気づき、たいそう腹をたてました。娘は誰が父親か口を閉ざしておりましたが、さんざん追いつめられ、ついに白隠が父親だと申したのです。

怒った両親は、禅師のところへ行き、たくさんの弟子の前で怒鳴りつけたました。しかし白隠が申しましたのは、ただ「ああ、そうか」

男の赤ちゃんが生まれた後、白隠が面倒をみることになりました。彼はすっかり評判を落とし、弟子達はみんな去って行きました。しかし白隠はそんなことに気を留める風でもなく、小さな男の子を楽しそうに育てました。ミルクは必要なものは近所から調達しました。

1年後、男の子の母親である少女は耐えきれなくなり、両親に本当のことを打ち明けました。本当の父親は白隠ではなく、地元の魚市場で働く少年だと。

少女の両親は再び白隠を訪れ、許しを乞い、男の子を返してもらえるよう心から謝りました。白隠はその子を自分の子として大切にしていましたが、喜んで、赤ちゃんを手放したのです。彼が申しましたのは、ただ「ああ、そうか」

ーZen Flesh, Zen Bones (1957)より抜粋

|

コメント

こんな風に、ものごとを受け入れ、
かつ、自分のこととして自然に
尽くせたらいいですね

きっとほんとうは、
シンプルなことなのかも

投稿: RUNA | 2010年4月17日 (土) 07時30分

コメントを書く





絵文字を挿入