« Ready for "Rendez-Vous de Tokyo" Party!!!/準備はいい?ランデヴ・ド・トキオのパーティだ!!! | トップページ | ご報告 »

2010年6月 8日 (火)

Last "Course in Creation" (Vol 6) : About "letting go".../最後の“創造のコース(第6回):手放すこと

Champs_de_riz

This month, we are reaching the last step of the Creation process : letting go...
Before a farmer starts planting, he begins by a vision and a situation.

He starts from the field he have, it's size, the exposition to the sun, the nature of the soil, the objectives he have...

Then he chooses what to plant. He chooses the seeds of what he wishes to harvest and even if seeds look very small and silent, the farmer knows that from inside, very soon, vegetal life will burst by itself...

So, he plants his seeds at the best timing, and water them with love and attention, taking off the pests and weeds as much as possible...

All farmers also know that at some point letting go and trust Mother Nature is important,...

This means letting the seeds do their part : the soil will bring the minerals, the rain will do its part, the wind will blow, the moon and the stars will also do something, the sun,etc... all those partnerships will affect the result,...

Farmers know that they are not alone, they know they are part of a huge process of inter creation they will never understand.They know that it is better to learn how to cooperate with Mother Nature than to try to understand her secrets...

We are all farmers. Our seeds are our inspirations, and the process is the same...Planting, caring, cleaning around, giving love, and at some point, LETTING GO! This process is what this Course in Creation is about...It is a real time process following the cycle of the seasons.

We are reaching now June, the 6th step...Letting go! Now, the farmer does a last check in his fields, checking and cleaning negative ideas as much as possible.  He knows that it is time to let nature do the rest until the Harvest in September...That is why The 7th day of the weeks is Sunday and the 7th month of the Year Summer...The number 7 means relax and let go... The lesson 6 is the preparation to this step.

In the process of any creation at some point letting happen is more important than doing...

And to apply this principle, this session will be the last lesson of this Course in Creation...

Note : It will not be on the last Sunday of the month as usual but on the 20th of June...An interesting timing because it will be just on the day before the Summer Solstice...a day with an particular energy celebrated since the oldest times in a lot of cultures...

"Letting Go".

Sunday June 20, 2010

Second floor of the Boat House just in front of the Station of Senzoku Ike (Ikegami line).

From 13:30 to 16:30
Participation fee : ¥5000

Reservations & informations : bureau@patricejulien.com
(At the beginning of each session we make a complete recapitulation of the preceding steps so new students will be able to catch on with the class)

今月、いよいよ創造の課程の最終回に到達します。手放すこと。
農夫は種を植える前に、ビジョンと状況を見極めることから始めます。

自分の持っているフィールドを見ます。畑の大きさ、日当り、土壌、目的など。

そしてなにを植えるか選びます。どんなものを収穫したいかによって種を選ぶのです。たとえそのタネが小さく、無言であっても、農夫は知っています。内側からすぐに野菜の生命が自分の力で弾け出すことを。

だから、農夫は植えるべき最適の時期にタネを植えます。愛をこめ手入れをしながら水をやります。できるだけ害虫や雑草を取り除きます。

すべての農夫たちは知っています。ある時点で手放し、母なる大自然を信じることが大切だと。

それはタネの持つ力に任せるということ。土はミネラルを運び、雨は雨のパートを行い、風は吹き、月と星もまた何かを行い、太陽も…すべてのものがパートナーシップを組み結果をもたらせます。

農夫たちは知っています。彼らは決して一人ではなく、彼ら自身が、これからも知ることのないであろう内なる創造の大きな課程の一部であることを。そして、母なる大自然の秘密を探るより、いかに協力し合うかを学ぶ方がよりよいのだということも知っています。

僕たちはみんな農夫なんだ。僕たちのタネはインスピレーション、その課程も同じ。タネを植え、世話をし、回りを浄化し、愛を注ぎ、そしてある時期がきたら、手放す。この課程こそが、創造のコースの内容です。季節のサイクルに従って、リアルタイムでやってきました。

今は6月。第6回。手放す。今、農夫は畑の最終チェックを行っています。ネガティブな考えをできるだけ浄化しています。後は9月の収穫まで、自然にまかせればいいことを知っているのです。
週の7日目が日曜日で、年の7か月目が夏なのは、そのため。数字の7はリラックスし、まかせるということ。レッスン6は、このステップの準備です。

どんな創造の課程においても、ある時点であるがままに任せることは、なにかをするよりも大切なのです。

この命題を応用するために、今回のセッションが創造のコースの最終レッスンになるでしょう。

今月は最終日曜日ではなく、6月20日に行われます。不思議なタイミングですね。夏至のちょうど前日。多くの文化の中で昔からあるエネルギーをお祝いしていた日、その前日です。

東京都大田区洗足池駅(東急池上線)真向かいボートハウス2階

時間:受付開始13:00 開始13:30 〜 16:30
講 師:パトリス・ジュリアン(日本語で行われます)
参加費: ¥5000


ご予約とお問い合わせ : bureau@patricejulien.com

毎回セッションの始めに、前回までのまとめとおさらいを行いますので、初めての方も予備知識なしで受講することができます。

|

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入