« What is a "Hang"?/“ハング”ってなに? | トップページ | New place.../新しい場所… »

2010年8月27日 (金)

How do I look at "reality"?/“現実”をどう見るか?

Moving from a familiar place to explore the unknown is exciting but also sometimes stressful. When we moved at Senzoku Ike in 2003, our cat Bisou felt really stressed. During one week she walked around like if everything was dangerous but every day she became more and more confident. When she left us in 2009 the whole area around our house was her territory,...

The objective reality did not change but Bisou's inner reality changed...
The same happen with us.
Look at the following picture

未知の世界を探検しようと、住み慣れた場所を離れることは、なかなか刺激的ではあるけれど、それは多少ストレスでもある。2003年に洗足池へ超して来た時、僕たちのネコ、ビズはすごくストレスを感じてしまっていてね。1週間、彼女はまるですべてのものが危険であるかのように歩き回っていた。だけど毎日少しずつ自信をつけて、2009年に彼女が僕たちの元を去った時には、あの家の回りすべての場所が彼女のテリトリーになっていたんだ。

実在している現実は変わっていないけれど、ビズの内側の現実が変わったんだ…同じ事が僕たちにも起きている。次の写真を見てみて。

Rorschach0002

In itself it has no particular meaning but every person looking at it will feel something different and give a particular interpretation to this "shape"...

Situations, places and people appearing in our everyday life are like this "ink spot"... We shape the world through our interpretations...The world around is always our interpretation. It is good to know it.

"Hell" or "Paradise" are our interpretations, our creations. Some people are able to see beauty, love and abundance in any situation, some feel something is lacking even when there is no real problem around...

In Hamlet, Shakespeare gives very simply the basic rule of this creative process :
"There is nothing either good or bad, but thinking makes it so"

コレ自体にはなんの意味もない。だけどコレを見た人はそれぞれに違った感じ方をして、この"形”にある解釈を与えようとするだろう。

日常に現れる状況、場所、人は、このインク染みのようなものなんだ。自分の解釈を通して、僕たちは世界を形作っている。世の中は、いつだって僕たちの解釈。それを覚えておこう。

"地獄”か"楽園”かは僕たちの解釈、僕たちの創造物。ある人は、どんな状況でも美や愛や富を見い出す事ができるし、ある人はなんの問題もない時でさえ、なにかが足りないと感じている。

ハムレットの中で、シェイクスピアはこの創造のプロセスの基本的なルールを端的に伝えているね。
"世の中にいいも悪いもない。考え方ひとつである”

|

コメント

Merciheart04
Patrice san

投稿: eri | 2010年9月 1日 (水) 12時15分

本当にそうなんだなぁと思う事が、最近頻繁にあります。“Is that so?"にしても、わかっているのに、弁解してたり… でも そのたびに見放される事なく何度もその課題を与えてもらってチャレンジしています。これでいいんですよね!

投稿: AKEMI | 2010年9月 2日 (木) 17時15分

Dear Patrice san

Africa kara modori mashita!

Daredesho! ahaha

Africa de fushigi na dream mita.

Patrice san ga nihon no aru ryori wo France de hayaraseru dream.

Teppan, Souce, togarashi, nori ...

Synchro ?

投稿: Kazu | 2010年9月 3日 (金) 03時55分

はじめまして。
こちらにはいつもお邪魔させてもらっています。
素敵なお話ですね。
パトリスさんの言葉をきくと、本当に心が豊かになっていくのを感じます。
パトリスさんに出会えてよかった、とあらためて思っています。
いつもありがとうございますsmile

投稿: miki | 2010年9月 6日 (月) 19時42分

ロールシャッハ・テスト図版でのウェブでの使用について(お願い)

 私どもは、臨床心理学およびロールシャッハ・テストに係る学術団体と臨床心理職の団体です。私どもは、さまざまな臨床心理の現場でロールシャッハ・テストをはじめとする心理テストを対人援助のために使用しております。心理テストは、そのテストを初めて見て行うのと何度も見たり、行ったりした場合では結果が異なってきます。とくに、ロールシャッハ・テストはデリケートであり、その経験の影響を受けます。そのため、私どもは心理テストが本当に必要とする方々に適切かつ有効に用いられるように、心理テストの用具等は、公開しないことを規則とし、厳守してきております。
このたび、こちらのブログの2010年8月27日 (金)の記事において、掲載されている図版は、ロールシャッハ法の図版です。どうぞ私どもの心理テストについての趣旨をご理解くださり、またネットユーザーや一般市民の方々にとって心理テストが適切に行われるために、アップされているロールシャッハ・テスト図版の削除をして頂けますようご協力をお願いいたします。

投稿: 一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人日本臨床心理士会、日本ロールシャッハ学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会 | 2010年10月26日 (火) 17時34分

コメントを書く





絵文字を挿入