« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月27日 (金)

How do I look at "reality"?/“現実”をどう見るか?

Moving from a familiar place to explore the unknown is exciting but also sometimes stressful. When we moved at Senzoku Ike in 2003, our cat Bisou felt really stressed. During one week she walked around like if everything was dangerous but every day she became more and more confident. When she left us in 2009 the whole area around our house was her territory,...

The objective reality did not change but Bisou's inner reality changed...
The same happen with us.
Look at the following picture

未知の世界を探検しようと、住み慣れた場所を離れることは、なかなか刺激的ではあるけれど、それは多少ストレスでもある。2003年に洗足池へ超して来た時、僕たちのネコ、ビズはすごくストレスを感じてしまっていてね。1週間、彼女はまるですべてのものが危険であるかのように歩き回っていた。だけど毎日少しずつ自信をつけて、2009年に彼女が僕たちの元を去った時には、あの家の回りすべての場所が彼女のテリトリーになっていたんだ。

実在している現実は変わっていないけれど、ビズの内側の現実が変わったんだ…同じ事が僕たちにも起きている。次の写真を見てみて。

Rorschach0002

In itself it has no particular meaning but every person looking at it will feel something different and give a particular interpretation to this "shape"...

Situations, places and people appearing in our everyday life are like this "ink spot"... We shape the world through our interpretations...The world around is always our interpretation. It is good to know it.

"Hell" or "Paradise" are our interpretations, our creations. Some people are able to see beauty, love and abundance in any situation, some feel something is lacking even when there is no real problem around...

In Hamlet, Shakespeare gives very simply the basic rule of this creative process :
"There is nothing either good or bad, but thinking makes it so"

コレ自体にはなんの意味もない。だけどコレを見た人はそれぞれに違った感じ方をして、この"形”にある解釈を与えようとするだろう。

日常に現れる状況、場所、人は、このインク染みのようなものなんだ。自分の解釈を通して、僕たちは世界を形作っている。世の中は、いつだって僕たちの解釈。それを覚えておこう。

"地獄”か"楽園”かは僕たちの解釈、僕たちの創造物。ある人は、どんな状況でも美や愛や富を見い出す事ができるし、ある人はなんの問題もない時でさえ、なにかが足りないと感じている。

ハムレットの中で、シェイクスピアはこの創造のプロセスの基本的なルールを端的に伝えているね。
"世の中にいいも悪いもない。考え方ひとつである”

| | コメント (5)

2010年8月26日 (木)

What is a "Hang"?/“ハング”ってなに?

Do you remember the videos I posted in this blog about a very special instrument created by Felix Rohner et Sabina Schärer in Bern Swizerland in 2000. It is called "Hang" . The hang looks like an UFO and sounds a bit like a mixture of a steel drum and an Indonesian Gamelan.

以前このブログに載せたビデオのことを覚えている?2000年にスイスのベルンで、フェリックス・ローネルとザビーナ・シェレールによって作られたあの変わった楽器のことだよ。“ハング”って呼ばれているんだ。UFOみたいな姿で、スティールドラムとインドネシアのガムランを混ぜ合わせたような音がするんだ。

The sound of this "new" instrument, result of ethnic traditions and modern accoustic researches have a very unique "HADO" (energy) supposed to open the connection with other "galaxies" and because it is only made manually and sold by its creators it is still quite rare...

この"新しい"楽器の音は、少数民族の伝統と現代音響の研究の結果、他の銀河系との交信ができるようになるとてもユニークな“波動(エネルギー)”を持っていることがわかった。この楽器はすべて手作りだし、製作者によって販売されるだけだから、いまでもなかなか手に入らない。

Dsc00042

So, what was my surprise today to hear the sound of a hang  at the corner of a street of Montpellier...!!

The artist, Alexandre Bockstael (on the picture) was playing in front of a shoes shop...

I bought the CD he was selling, it is called "Sounds of the Inner Journey", I am listening to it while writing...very inspiring...

I checked on his name trough the net, unfortunately he looks like not being in Youtube, only in Facebook. I hope to create a chance to work with him some day in the future...

His Facebook address is : Alexandre Bockstael

それが驚いたことに、今日、そのハングの音を聞いたんだ、モンペリエの街角でね…!!!

アレキサンダー・ボクスタエル(写真の人)というアーティストが、靴屋の前で演奏していた…

“内なる旅の音”という彼が売っていたCDを買い、これを書きながら聞いているんだけど…すごくグッとくる…

ネットで彼の名前をチェックしてみたら、残念なことにYouTubeにはいないみたい、フェイスブックだけ。将来、いつか彼と一緒に仕事ができるチャンスをつくりたいな。

彼のフェイスブック:Alexandre Bockstael

| | コメント (2)

2010年8月24日 (火)

Full moon in Montpellier.../モンペリエの満月

A few pictures taken with my IPhone...

僕のiphoneで撮ったいくつかの写真です

Img_0004

The main street in the center of the City on our way back to our hotel.
Bright moon in front of us...

僕たちのホテルの裏側にある、町の中心のメイン通り。目の前に輝く月…

Img_0011

Bamboo leafs in the night

真夜中の竹の葉

Img_0019

The moon playing "hide-and-seek" in the narrow streets of the historical part of the city...

この町の歴史保存区域である細長い通りで、お月様がかくれんぼ

| | コメント (2)

2010年8月22日 (日)

Answering comments in our blogs.../このブログのコメントへの返答

Dear Friends I want to let you know that it is not possible for us to answer your comments directly on our blogs. Cocolog have a protection against junk messages from outside Japan so our computers do not have access to the comments. Sorry for this...

親愛なる友人である皆さまへお知らせです。僕たちは、このブログの皆さんからのコメントに直接コメントすることができないでいます。ココログが海外からのジャンクメールに対して防御しているため、僕たちのコンピュータからコメントにアクセスできないようなのです。すみませんね…

Arcady31100700034

| | コメント (2)

Accents of the South.../南仏のアクセント

Today is the 22 of August...One month before we were leaving our house in Senzoku Ike after 7 years of a delightful stay...Since then a lot of new experiences, almost all is new...

The region where we are now is called "Hérault" from the name of the main river flowing through. It is part of a wider territory famous for its wines, the "Languedoc-Roussillon"...

We have been exploring many places to find a location with the right "feeling" for our installation. During one of our visits we went to Sète, a Small Port nearby Montpellier and spent some time at the very typical market...

今日は8月22日…7年間過ごした心地よい洗足池の家を発ってから一ヶ月…あれからたくさんの新しい経験、いや、ほとんど全てが新しい経験です。

僕たちが今いるところはエローという地域なんですが、ここを流れる主流の川から名づけられています。ここは、ラングドック・ルシヨンという有名な広大なワインの産地なんですよ。

僕たちの落ち着き先にぴったりの“フィーリング”を持った場所を見つけようと、随分たくさんのところを探しています。そのうちのひとつ、モンペリエのそばの小さな漁港、セットというところへ行き、たまに、すごくそれっぽいマーケットで時間を過ごします。

Img_0003

Inside the market there is a small bar and this restaurant offering regional food. We did not try it because it was only 11:00 in the morning but we enjoyed a selection of seafood at one of the Fish Shops (Poissonnerie) with a glass of regional chilled white wine...

マーケットの中には、小さなバーと地元の料理を出すレストランがあります。まだ午前11時だったので僕たちは食べなかったけれど、この地方の冷えたグラス白ワインとともに、魚屋さん(ポワソネリー)の魚介類の品揃えを楽しみました。

Img_0008_2

Inside the market, a sign with a French "Maguro Man".

店内にあったフランス“まぐろ男”の看板

Img_0006_2

Img_0005_2

As you can see, summer is colorful in the South...

ご覧のとおり、南仏の夏はカラフル

A few days after Sète we visited a place in a little village near the city of Pézenas

セットでの数日後、僕たちはペゼナスという町の近くの小さなビレッジを訪れました。

On the main place of the village we had the "Menu du jour" (Menu of the day) at "l'Escampette", one of the two restaurants of Neffiès, for 12 Euros (About 1300Yen we had :

Pissaladière with tomatoes from the garden

Moussaka

Nougat glacé with red fruits coulis...

このビレッジの中心地、ヌフィェスの二つのレストランのひとつレスカンペットで、本日の料理を食べました。12ユーロ、(1300円くらい)で
ガーデンからのトマトを使ったピサラディエール
ムサカ
ヌガーグラッセ、赤い果物のクリス(ピュレ)

Very tasty but portions are BIG...When we saw the size of the pissaladière for one person we asked the Chef for only one Moussaka...And we were right...it was more than enough...Average French people have a bigger stomach than us...

すごく美味しいんですが、量が多い…一人分のピサラディエールのサイズを見て、シェフにムサカは一人分だけでいいですとお願いしました…これは正解、もう十分すぎるくらい…フランス人はどうやら僕たちより大きな胃袋を持っているらしい。

Img_00011

Pissaladière with vegetables and fruits from the garden...

ベジタブルを使ったピサラディエールとガーデンからの果物…

| | コメント (3)

2010年8月10日 (火)

Skating dogs.../スケートをする犬たち

A few days ago in Montpellier I watched a very cute scene. Let me share it with you...

Step 1 :
Look at this man in his striped TShirt...He arrives with his two dogs...In his right hand he holds a skate board...What will he do? The two dogs are waiting for something fun to happen...Look at the one in the back...

この間、モンペリエでとってもかわいいシーンを見たんだ。あなたも見てみてね。


ステップ1:
しましま模様のTシャツを着たこの男の人を見て。2匹の犬を連れてやってきたんだ。右手にスケートボードを抱えてね。なにをするんだろう?2匹の犬はなにかおもしろそうなことを待っているみたいで、後ろにあるものを見ている…

Img_0064

Step 2 :
The man walks along a slope and one of the dogs follow him while the other one is resting...Notice the excitement of the animal...

ステップ2: 男の人はスロープを歩いて行き、1匹が待っている間、もう一匹は付いて行ったんだ。このワンコの嬉しそうなこと!

Img_0065


Step 3 :

Now look...

ステップ3: さあ、見て…

Img_0067

Step 4 :

High speed...

ステップ4: 速っ

Img_0068

Step 5 :

No comment...

ステップ5: ノーコメント…

Img_0054

Step 6 :

Then the dog keeps the skate moving by kicking with his legs...and he tries to go up the slope again...

ステップ6: なんとこのワンコ、後ろ足で蹴りながらスケートを動かし…またスロープを上がろうとしている…

Img_0075



| | コメント (4)

2010年8月 8日 (日)

Postcards from Montpellier/モンペリエからの絵はがき

To look for our new place in Montpellier we have settled for a few days at the Pullman Hotel in the area of Antigone which is the new part of the city, at 2 or 3 minutes of the old center.

The designer of all the area is the famous architect Ricardo Bofill.
Here are a few images I took this afternoon near the hotel.

モンペリエに新居を探すつもりで、僕たちはプルマンホテルにここ数日滞在しています。このホテルは、旧市街から2、3分のところにあるアンティゴンという新しい地域にあります。

この地域全部をデザインしているのは、有名な建築家リカルド・ボフィル氏。ここにあるのは、今日の午後、僕がホテル近くで撮ったイメージです。

Img_0022

Img_0040_2

Img_0035

As you can see the inspiration of Antigone fits with the naming of the area, it is all Neo-Antique. And in the afternoon the children enjoy to play with the fountain of Posseidon the God of the sea.

ね、アンティゴンというこの地域のネーミングにぴったりな感じでしょう?ネオ・アンティーク、新しい古典って意味なんだ。午後には、子ども達が海の神様ポセイドンの噴水で楽しく遊んでいた。

Img_00171



| | コメント (1)

2010年8月 2日 (月)

From Brussels with love.../ブリュッセルより愛をこめて

Dear Friends,

Sorry for this long silence... We have been very busy travelling and starting our new life. This Week Yuri and I are in Brussels where I taught an Ho'oponopono workshop. It ended today...so I now find a bit of time to post a few pictures on this blog.

親愛なる友人たちへ

ご無沙汰しちゃってすみません。旅行をしたり、新しい生活を始めるのに僕たちは忙しくしています。今週ユリと僕は、僕が教えるホオポノポノ・ワークショップのためにブリュッセルにきています。それが今日終わりました。と、いうわけで、このブログにいくつかの写真を載せる時間がちょっとできました…

Img_00042

Choc...oh la-la!

チョ…コ あらら!

Img_0009_2

What do they do?

何をしているんだろ?

Img_0013_2

From the window of our Hotel...

僕たちのホテルの窓から見える景色…

Love.

Patrice & Yuri

愛を込めて
パトリス&ユリ

| | コメント (3)