« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

All you need is Love..../愛こそすべて

Yes, as Pepin wrote on my last entry, love is very effective, after almost one month of our new friendship,  as you can see, Mr Bouboule have already changed a lot, he feels more and more confident with us. Now at night it looks like he does not want to go back to his owner's house...

そう、この間の投稿にペパンがコメントを書いてくれたように、ラブの効果はテキメン。僕たちの新しい友情が始まって1ヶ月、ご覧のとおり、ブブール君はすでにとっても変わってきている。僕たちと一緒にいることがどんどん自信につながっているようなんだ。夜も、もう自分のオーナーのところへ帰りたくなさそう…

Img_00073


| | コメント (3)

2010年9月27日 (月)

Short story.../短編

This scene happens every morning...

毎朝、この景色…


Img_0006

I am waiting...Not yet?Not yet?

もういいかい?…まだ?まだ?

Img_00072

Mmmm...What can I do?

う〜ん、どないしょ?

Img_0008

Oh! Finally...Somebody...

あ〜やっと…誰かきた…

| | コメント (3)

2010年9月26日 (日)

Sharing/分かち合い

Sharing with you a picture of our new friend, a sexy pink orchid...

(PS : Mr Bouboule the Cat continues to visit us everyday. He spends more and more time in our house... )

With Love

P & Y

僕たちの新しい友人で、セクシーなピンクの蘭の写真を見てください。
(追記:ネコのブブール君は、毎日ずっと僕たちのところへ来ています。どんどんウチにいる時間が長くなっているよ。)

愛をこめて
PとYより

Img_00071

| | コメント (2)

2010年9月22日 (水)

Do flowers diet?/花はダイエットする?

In my last post I gave a recipe using eggplants. As you noticed, I cooked them almost without oil as I always try to do...
I don't do so because I am "health conscious" but  just because I am "food conscious"...Every single ingredient have a personality and requires special ways to express it best. Being "food conscious" is for me the capacity to find the right "balance" of this combination of personality and expression...Too much oil will spoil the pleasure of an eggplant the same way too much batter will destroy the charm of a "tempura" or too much rice or fish the harmony of a "sushi"...

Img_0002

It is all about harmony, proportions and balance...

That is the reason why I do not really enjoy cooking for people who say they are on diet, or only eat organic or vegetarian, profess any strict food regulation lifestyle or have particular aversions... It is not because I don't respect their beliefs or tastes, it is just because it does not inspire me to limit the potential of expression life offers me when I cook...

Using butter for a tart dough is for me the best way to make it...butter is an unique ingredient present in human cultures since the beginning of time... But I also know that too much butter will spoil the job...not enough will not give good results either. It is like in music, harmony is harmony...

I sometimes use olive oil in a dessert, but not to replace another product, only because I feel the need of this "personality" in a combination...For example, if I bake "Provence style fig tarts with honey and rosemary glaze" I will use a bit of olive oil and salt to "spice" the topping. It will add something unique to this desert...

For me, cooking is a symbol of the way I look at life...cooking free, cooking open, cooking balanced is the best way to loosen up my "life recipe"...So, why limit?

By experience I know that what we call diets do not really last long. People give up dieting and take generally all the kilos back. Diet systems also give up,... so many of them passed away after a short boom :... with eggs, without eggs, with milk or only with milk, without this or only this,...Come on!... we all know the reason why it does not really work... The answer is within the question : "Do flowers diet?"


前回の投稿で茄子を使ったレシピを紹介しました。お気づきのとおり、いつものように僕はほとんどオイルを使わないで料理している。それは僕が“健康オタク”だからじゃなく、“食べ物オタク”だから。どんな素材にも個性があって、その個性を最大限に活かすためには特別な方法が必要なんだ。
僕にとって“食べ物オタク”の役割というのは、個性と表現の組み合わせのちょうどいい“バランス”を見つけること。
油ギトギトでは茄子の美味しさを台無しにしてしまう。衣つけすぎの“天ぷら”や、多過ぎのシャリや大き過ぎのネタが寿司のハーモニーを壊してしまうようにね。

これはすべて、ハーモニー、プロポーション、バランスのこと。

ダイエット中の人やオーガニックしか食べない人、あるいはベジタリアンの人、食事制限をしている人、好き嫌いの多い人のために料理をするのが僕は好きじゃない。その理由はそこなんだ。それはね、彼らの考え方や嗜好に感心できないからじゃなくて、料理をしている時、ライフが僕に与えてくれる表現の可能性を制限してしまって、ちっともドキドキしないからなんだ。

タルトの生地を作る時にバターを使うのはそれがベストだから。バターは太古の時代から人間の文化の中に存在したユニークな素材なんだ。だけど、バターは入れ過ぎでもダメだし、ちょっと足りないというのもうまくいかない。音楽のようにハーモニーって調和。

時々僕はデザートにオリーブオイルを使う。他のものの代わりとしてでなく、組み合わせの中でこの“個性”が必要だから使うんだ。たとえば、"プロヴァンス風イチジクのタルト、ハチミツとローズマリがけ”を焼く時、少しのオリーブオイルと塩と"スパイス”をトッピングとして使う。このデザートにちょっとユニークな味わいを加えたいからね。

僕にとって料理はライフに対する姿勢のシンボル。自由に、心を開いてクッキング。バランスのとれた料理こそ、僕の“ライフレシピ”に遊びをもたせてくれる方法なんだ。じゃ、なんで制限するんだろう?

経験からみんながダイエットと呼んでるものって、ほんと長続きしないでしょう。ダイエットをやめたとたん、リバウンドしてしまうのが普通だよね。ダイエット法も消えてしまう。いくつものダイエット法が短いブームの後なくなっている。卵あり、卵なし、ミルクあり、ミルクなし、これなし、これあり…カモン!僕たちはみんな、なんでうまくいかないか知っているじゃないか!…こたえは、この質問の中にある:
“花はダイエットする?”

| | コメント (6)

2010年9月21日 (火)

Simple and delicious.../シンプルで美味しい

What is it possible to cook with 1 pack mozzarella di buffala, 5 mini tomatoes, one big eggplant, a few fresh basil leafs, salt and a few ccs of olive oil?

モッツアレーラ・ディ・ブファーラ1パックと、ミニトマト5個、大きな茄子1個、バジルの葉を数枚、塩とオリーブオイルを少々で、さて、なにができるでしょう?

Img_00012


1) Heat in a dry frypan a few pinches of salt. When it is really hot, add the 1cm thick eggplant slices, let take a nice colour on one side then turn. When both sides look well browned, stop the fire and sprinkle a bit of olive oil (About 1 tablespoon. Coat the slices lightly and display on the plates).

2) Slice the mozzarella. Chop the mini tomatoes and add on top, add salt and a few drops olive oil on the cheese, decorate with the Basil leafs, that' IT... Enjoy...

It is a nice variation of the famous caprese salad...mozarella di buffala and grilled eggplants match perfectly....

Bon appétit!

1)フライパンにひとつまみの塩を入れて熱します。
熱々になったら1cmの厚さに切った茄子を入れます。
いい色になってきたら裏返します。
両サイドがこんがりしたら、火をとめてオリーブオイルを少々ふりかけます。(大体大さじ1杯。軽く表面についたら、お皿にのせます。)

2)モッツアレーラをスライスします。ミニトマトを切ってチーズにのせ、上から塩とオリーブオイルをかけます。バジルの葉っぱをかざって、さあできたよ…召し上がれ。

これはかの有名なカプレーゼサラダのバリエーション。モッツアレーラ・ディ・ブファーラと焼き茄子は最高の組み合わせなんだ…

ボナペティ!

| | コメント (5)

2010年9月20日 (月)

Love from nature/自然からのラブ

Today I was thinking of an idea of picture for this blog and as I found nothing really corresponding to my feeling I decided not to write something today...
The time to prepare ou dinner came. I decided to cook a country style salad with new potatoes (Shin jaga) and one of the potatoes that came out from the 5kg bag was this one...

今日ブログに載せる写真のことを考えていたんだけど、フィーリングにぴったりくるものが全然なくて。今日は書くのをやめようと思っていたんだ。でね、夕食の準備の時間になった。新じゃがを使ってカントリースタイルのポテトサラダを作ろうと、5キロバッグの中から出したじゃがいもの一つがこれだった。

Img_00031

A perfect love potato...

I wish you the best for the week starting today!

Patrice

パーフェクトなラブポテト…

みなさんに、今日が最高の一週間の始まりでありますように!

パトリス

| | コメント (6)

2010年9月16日 (木)

Our life in Neffiès...The "Convenience store"./ネフィエスでの生活…“コンビニ”

Today is our second week in Neffiès...
So funny... One month ago Yuri and I did not even know the name of this village...And here we are, discovering how it is to live here...

In a big City like Tokyo things are moving so big that it is impossible to notice everything...In a small place like this it is like listening the heart of the village beating...

Here is one of the 4 shops of Neffiès, the "Convenience store"... Here it is really a "convenience" because they sell almost everything...(But they close at 7h30 PM...not open 24h a day...)...

今日でネフィエスに来て2週間め…とっても不思議な感じ…一ヶ月前、ユリと僕はこのヴィレッジの名前すら知らなかったのに、今はほらね、ここでどう生活していくかを学びつつある。

東京のような大都市では物事の動きが大きいから、すべてのことに気づくなんて不可能だけど、ここみたいな小さな場所だと、ヴィレッジのハートの鼓動を聞いているようなんだ。

ネフィエスにある4つのお店のうちのひとつがこれ“コンビニ”。ここでは本当に“コンビニエンス(便利)”。だってほとんどなんだって売っているんだから(24時間年中無休じゃなくて、7時半には閉まってしまうんだけどね。)

Dsc00082


In another post I will introduce other shops...Let's take our time...

別の機会に他のお店も紹介しましょう。待っててね。

| | コメント (3)

2010年9月12日 (日)

The flow of the river.../川の流れ

Sharing music I like with you. Relax and enjoy. 僕の好きな曲をみなさんにも聞いてもらいたい。リラックスして、楽しんでね。


| | コメント (2)

2010年9月 9日 (木)

At home.../我が家

First week in Neffiès today...As you can see, our first visitor, Mr Bouboule feels really at home with us... He spends long moments on the pink sofa of our main room...We enjoy his visits. Cats have a really very healing energy...

今日でネフィエス1週間目。ご覧のとおり、最初のお客であるブブール君は、僕たちと一緒に実に寛いだ様子。メインルームのピンクのソファで長いことゴロゴロしているんだ。彼が来てくれると楽しい。ネコって、本当に癒しのエネルギーを持っているね。


Dsc001211

| | コメント (3)

2010年9月 7日 (火)

New house

Let me share with you two views of our new place.

Dsc00048

The living

Dsc00051

Kitchen and dining...


| | コメント (5)

2010年9月 6日 (月)

Bouboule.../ブブール

Yes, in fact Dear readers you are realistic but you are right... Our first visitor was Mr "Bouboule" the cat of the owner of the house we rent...

そう!親愛なる読者のみなさん、実はあなた方は現実的で当たり!最初の訪問者は、ブブール君。僕たちが借りている家のオーナーのネコ君なんだ。

Dsc00117


"Bouboule" means "Dango-chan"...He is a male and such a fighter that he has a lot of marks on the face... The last one, still very fresh was from a fight with a dog...You can see the lines on the right side of his face,  his right eye also is still a bit different than the other one...

But even if Bouboule is a fighter he is incredibly tender. He loves us and visit us several time a day. Every morning he is the first one to welcome us.

Having a loving cat in house is so nice... We are grateful!

ブブールというのは“団子ちゃん”って意味。男の子でケンカ好きらしく、顔には傷跡がいっぱいある。最後の傷は、犬とケンカした時のものでまだナマナマしいね。顔の右側にある傷、見えるでしょ?右目もちょっと違うよね。

そんなケンカ好きのブブールだけど、すごく優しいんだ。僕たちのことを気に入ってくれたらしく、一日に何度も来てくれる。毎朝僕たちを迎えてくれる最初の子なんだ。

家に素晴らしいネコといるのは素敵なこと…僕たちはすごく嬉しい!

| | コメント (3)

2010年9月 4日 (土)

Very realistic readers.../すごく現実的な読者さんたちですね…

And if I said to you that our visitor looked a little bit like this, would you be surprised?

Et

...and holding a bottle of Red Wine from the area...
more surprising desho...???

そのお客はちょっとこんな感じ、と言ったら驚くでしょ?
その上、この辺りから赤ワインを持ってきたとなれば、もっと驚くでしょ?

| | コメント (3)

Our first visitor.../最初のお客…

When we reached our new place, the village of Neffiès, last Wednesday, the 1rst of September, it was around 6 PM. After just a few minutes in the place we had our first visitor...

Can you guess who was this first friend?

僕たちがネフィエというビレッジの新居に着いたのは、先週の水曜日、9月1日。夕方6時頃だった。そのあとすぐ、最初のお客さんがきた。

この新しい友人、誰だかわかる?

| | コメント (4)

2010年9月 3日 (金)

New place.../新しい場所…

I was looking at the picture gallery of this last month on my computer, starting with the shot I did of the Tokyo tower during our last evening in Japan...It's amazing...Almost too amazing to be really true...but in fact what is true?...

Yesterday afternoon, to get a few basic items like a fry pan, a broom and bed sheets,... Yuri and I drove from the very small village we moved in on Wednesday... It was around 4PM. Around our car the whole area was covered with vineyards (Côteaux du Languedoc).

コンピュータにある先月のピクチャーギャラリーを見ていたんだけどね、日本での最後の夜に僕が撮った東京タワーの写真から始まるんだ…なんだか不思議な気分。もうすごく不思議過ぎて、本当のことだなんて思えないくらい…だけど、なにが本当なんだろう?

昨日の午後、フライパンとか、ほうきとか、ベッドシーツとか基本的なものを買いに、ユリと僕は水曜日に引っ越したとっても小さな村をドライブした。午後4時くらいだったかな。僕たちの車の回り全部がぶどう畑だった(コート・デュ・ラングドック)。

Dsc00070

We stopped the car to look at the grapes. As you can see they are almost ready to be harvested.

ぶどうを見ようと、車を停めてみた。ご覧のとおり、もう収穫を待つばかりだね。

Dsc00068

And today morning,  for breakfast, I went to the Boulangerie of the Village. As you can see we are lucky, it is really good  (The only shops of the village are a bakery, a café-bistrot, a restaurant and a grocery shop...)...Far from Tokyo desho?

今朝、朝食を買いに僕は村のブランジェリーに行った。幸運なことに、とっても美味しかった。(村にあるのは、一軒のパン屋さんと、一軒のカフェビストロ、一軒のレストラン、一軒の食料品店のみ)…なんて東京から遠い、でしょう?

Dsc00076


| | コメント (2)