« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月25日 (日)

Alula plant.../アルラ植物

We get everyday a lot of advertising in our material mail box, I usually go through it very fast and trash it so it does not accumulate in the house. Last week in the middle of offers from supermarkets and home centers there was a catalog for gardening and plants. As you know I like gardening so I went through the pictures and descriptions. All the products presented were quite classic but one of them attracted particularly my attention, it looked like this :

毎日、郵便受けにたくさんの広告が入っていて、普通はさっと見てゴミ箱行きになるので家にたまることはないんだ。だけど先週のスーパーマーケットとホームセンターの広告の間にガーデンニング用品と植物のカタログのが入っていた。ご存知のように、僕はガーデニング好きなもので、ひとつひとつ写真やキャプションを見ていった。そこにあった商品はほとんどすべてクラシックなものだったけれど、ひとつだけドキッとさせられた。それがこれ。

Brighamia91

In French it is called "Palmier Hawaïen" which means "Hawaiian palm tree"...

フランス語でパルミエ・ハワイアン。ハワイのヤシの木という意味なんだ。

The scientific name for it is "Brighamia Insignis". Internet being a marvelous Q&A platform, I immediately found the strange story of this plant which is not a Palm tree but a variety of what is called "succulent plants" a specie like the aloe, growing on arid lands and able to store water within their body.

学術的な名前は、ブライガミア・インシグニス。Q&Aにうってつけのインターネットで僕はすぐにこの植物の奇妙なストーリーを見つけた。つまり、これはヤシの木じゃなく多肉植物と呼ばれる種類らしいんだ。アロエの仲間みたいなもので、乾燥地帯で育ち、体内に水を蓄えておくことができる。

On Wikipedia I discovered that this Hawaiian plant have almost completely disappeared because the specific insect in charge of its pollination have totally been extincted...No pollination means no more seeds and no more seeds means that when the older specimens are gone the plant will be gone too...

ウィキペディアによれば、このハワイアン植物はほぼ消滅しかかっているっていうんだ。受粉に関わる虫が絶滅してしまったせいでね。受粉しないってことは、タネもないってこと。タネがないってことは、今ある種が終わってしまったら、この植物がなくなってしまうってこと。

The story becomes quite fascinating when we discover that the last specimens of this plant live on spots very difficult to reach as you will see on this video. And also to see that the only way to save them being human pollination the procedure is quite risky...The video being quite long, take your time, relax and enjoy this trip to the depth of Hawaiian nature... :

この植物の最後の種が、手の届かないような場所に生息しているってことをビデオの中で発見した時、ストーリーにどんどん引き込まれてしまう。助ける唯一の道が人間による受粉で、その過程といったらなんとリスキーなことか。ビデオはちょっと長いので、時間のある時に、リラックスしてハワイの奥深い自然への旅を楽しんで。

The incredible beauty of this story and the passion it shows is part of the reason why the Alula or Olulu is getting an increasing number of fans in all Europe... And the good side effect of this interest for the "Hawaiian Palm tree" is that  every time somebody is buying one of those plants a percentage of the amount goes to support the preservation program...


このストーリーの信じられないほどの美しさや情熱、これがアルラ、あるいはオルルがヨーロッパ全域でファンの数を増やしている理由のひとつだと思う。ハワイアン・パームツリーにみんなの興味がいくいいことと言えば、誰かがこれらの植物を買うたびに、何パーセントががこの保護プログラム支援にいくってこと。

It's how and why the "Hawaiian palm tree" seeds travel the world, linking our interiors, our minds and our hearts with the sacred land of Hawaii...

ハワイアン・パームツリーのタネがなぜ、どんな風に世界中を旅しているかがわかるでしょう。僕たちの家の中や、思想や、心にハワイの神聖なる大地がつながっているんだ・・・・・

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

Postcards from Brussels/ブリュッセルより、絵はがき

A few days in Brussels with Yuri. Beautiful weather here, we really enjoyed being in the city again. I share with you a few shots.

ユリと一緒に過ごしたブリュッセルでの数日。素晴らしいお天気で、僕たちは再びこの町を存分に楽しんできた。いくつかの写真を見せましょう。

Img_0391

Horses and cart for the Parade of the September beer festival...

9月のビール祭のパレードのための馬と馬車。

Img_0395

Hot chocolate with Chili and Lemongrass at the Frédéric Blondeel chocolate shop. Very good!

フレデリック・ブロンデールの、チリペッパーとレモングラス入りのホットチョコレート。とっても美味しい。

Img_0404

And a cute picture of "Dodoos", little pieces of soft clothes babies like to sleep with. There was a corner full of them in a big toy shop in the middle of the city near the grand place.

そして、眠る時に使うような柔らかい布のベイビー、ドドゥースのカワイイ写真。町のど真ん中にある大きなおもちゃ屋さんの片隅はこれでいっぱい。

Img_0400

| | コメント (0)