« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

Legendary Biru and legendary Japan/伝説のビール、伝説の日本

To enjoy this CM look at it full screen... このCM、フルスクリーンで見てね

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

Thanksgiving Day/サンクスギビング

Patochien


Like Japan, several countries have a "Thanksgiving Day"...
In the US, the "Thanksgiving menu" with the emblematic Turkey is at the image of the abundance...we thank for... From where does this abundance come from? We tend to think that it's from logical sources like work, salary, etc...but in fact Thanksgiving goes beyond all the logical, it goes as far as the Source of life itself, abundance is not only money, it's about the heart beating, rivers flowing, stars shining, people meeting us, exchanging a smile, all, all that is...

Thanksgiving is more than "thanks giving"it is LIFE itself expressing as love, as consciously saying I am part of it all...There is nobody to whom we should say "thank you" particularly, nor a God, nor a being human or not, nor an idol,...We are all different and also at the same time we are all dependent on everything an everyone as much as everything and everyone needs us...as we are...

Thanksgiving is another explicit chance to realize particularly the perfect wholeness, interdependance and harmony of all...It includes every insect, particle of dust, atom and molecule. When we Thank you! It includes all and express the knowingness that all is fine because everyone is doing what he should do when it should be done...

Dear Friends, I enjoyed being in Japan since September 1987 to July 2010...Grace to the country of Japan and all of you , I had the chance to somehow being reborn...I still very often dream in Japanese...and I enjoy it, it sounds like I am home.

I feel that I have in some way been"called" to Japan to do a job about contributing to an expansion in the field of lifestyle consciousness...After 23 years, in 2010 I felt that I had to leave, like the hero of my book "Patochien" left on a balloon at the end of the story...I did not really choose to leave, it happened the same way I was invited to come: mysterious GO EN...Maybe will I be called back some day...I am always open to anything coming from Life... I always do my best to be as SUNAO (meek) as possible because non resistance is where waters can flow...

Today, from the South of France where Japan is represented through my Dear Wife Yuri, I write these words to say "Thank you" to all of you friends of Japan. Please know that all the experiences shared with you, even if sometimes "difficult" are always in my Heart like a rainbow of love...

You all taught me a lot,
and even if I did not have the patience to learn "Karate"during my stay I am still working everyday on this idea of keeping my "hands as EMPTY as possible" so that the universe can always fill them with fresh blessings and gifts to enjoy and share...

May my gratitude reach you and bless you even if you do not read these words...
Know that I did the best I could to give what I had to share, as everyone does...

Thank you!
I love you!
Goodlife to all!
Thank you!

Patrice

日本を含めいろいろな国にサンクスギビングの日がある。アメリカのサンクスギビングのメニューは、七面鳥に象徴するように、豊かさのイメージを表している。私たちは感謝します…さて、この豊かさはどこから来ているのだろう?頭で考えると、仕事とか給料ってことになりがちだけど、実際には、サンクスギビングは、すべての論理性を飛び超え、遠くライフの源へまで到達する。豊かさはお金じゃない。心臓の鼓動、川の流れ、星の輝き、出会い、交わす笑顔、すべて、すべてが豊かさ…

サンクスギビングは“感謝を捧げる”以上のもの、愛の表現としてのライフ、すべての一部であることの意識的な表現としてのライフのこと。特別に感謝を捧げる人など誰もいない。神様でも、人でも、偶像者でもない。私たちはみんな違い、誰もが私たちを必要としているんだ…そのままの私たちを。

サンクスギビングは、虫や塵、原子、分子にいたるすべてのものと、完璧に一体であること、互いに依存し合っていること、すべてが調和していること…にはっきりと気づくまたとないチャンスでもある。私たちが感謝をする時、それはすべてを含み、すべてがうまく行っている事を知っていると表現することなんだ。するべき時にするべき事を誰もがしているんだ。

親愛なる友人のみなさん、僕は1987年の9月から2010年の7月まで日本での生活を楽しみました。日本という国に、すべてのみなさんに特別な思いを持っています。そして私は生まれ変わる機会に恵まれました。僕は未だに日本語で夢をよく見るのですが、それはまるで家に戻ったような響きで嬉しい。

今になって当時を思い返せば、なんだか日本に“呼ばれている”ような気がしたのです。ライフスタイルの分野を広げるような仕事をするために。そして23年後、2010年、僕の物語の主人公 "Patochien"が物語の最後にバルーンに乗って旅立ったように、僕も去らなければいけないと感じました。本当のところ、僕が旅立つことを決めたわけじゃなく、来るように導かれた時と同じ感じでただそういうことになったわけです。神秘的なご縁ですね。。。いつの日か再び呼ばれるかもしれない。僕はライフからやってくるどんなことにもいつもオープンです。できるだけ素直でいようといつも思っています。無抵抗こそが水が流れる場所だから。

今日南フランスから、僕の愛する奥さんユリを通して感じる日本に、”ありがとう”というために書いています。日本のすべての友人である皆さんに。あなたと分かち合う経験のすべては、それがたとえ“困難”であろうと、僕の胸の中では愛の虹のようです。

みなさんは、たくさんのことを僕に教えてくれました。日本にいた時は“空手”を習う忍耐がなかったのに、できるだけ両手を空っぽにしておくというアイディアは、今も毎日やっています。そうすれば宇宙はいつも分かち合える新しい祈りと贈り物で満たしてくれるのですから。

僕の感謝があなたに届き、祝福されますように。たとえこれをあなたが読まなくても。どうぞ覚えておいてください。僕は分かち合わなければならないことを分かち合えるよう最善を尽くしてきたということを。みなさんがそうしているように。

ありがとう!愛しています!みなさんにグッドライフを!ありがとう!

パトリス

| | コメント (7)

2011年11月23日 (水)

Message about worries.../不安に関するメッセージ

Fullmoon_2

"Do not worry, you are at the right place to be now for you and for the Universe,
Stop judging yourself, Life is about Buoyancy and buoyancy is about letting things happen naturally, without resistance...

Things may look difficult around. Thinking about the future may worry you...You already know that what we call "future" does not exist...Time is an illusion and what we consider as"now" is the only reality...It can be only experienced through BEING FULLY in whatevever situation we are in and keeping FAITH in the perfect wisdom of the FLOW.

The period we are in now on this planet  is about letting go of all, what is expressed as "I die daily"...
the busses of the Universe are waiting for entire nations to find the way back home...Beyond tsunamis, tornadoes, worries and economic concerns...
Don't loose time worrying more,
step in the bus of the NOW, the driver is waiting...

We can take this "dying" as a painful process if we keep holding to our attachments
or we can experience it as a liberation if we accept the freedom of total detachment...

Our everyday life with the apparent challenges appearing on our way constitute the only place where we are supposed to be,...There is no escape and no use to look for shortcuts.
Challenges are the gift of our true presence.As a loving Teacher, Life sends us exactly the situations we need, the people we need,...when we exactly need it...
It is called "Timing"...
We should stay open to it and receptive even if it looks like obstacles, enemies or frustrations...

When we stay open, we see through appearances,
we directly reach the beauty and the truth of the permanence of the deep ocean
under the waves of our journey...

We are not supposed to fight, resist or worry
saying "yes" and "Thank you" to all that is
will help us keep in mind
that anyway,
making it difficult or not,
we are safe.
Because there is no "outside" the ONE...

心配しないで。あなたが今立っている所は、あなたにとっても宇宙にとっても正しい場所なんだ。自分に評価を与えるのはやめよう。ライフは上昇中。自然のなすがまま、何も抵抗しないでいればいい。世の中は小難しく見えるかもしれない。未来を考えると心配になるかもしれないね。だけど知っているよね?僕たちが未来と呼んでいるものはここには存在しない。時間は幻であり、”今”と見なされているものだけが現実なんだよ。僕たちがどんな状況にいようと、精一杯生きることによってのみ経験できる現実。フローの完璧なる智慧の中に、真理を持ち続けよう。
僕たちのいるこの惑星は今、すべてを手放す時期にある。”僕は毎日死んでいる”とでも言おうかな。宇宙のバスは、家に帰る道を見つけるために世界中の国々を待っているんだ。津波や竜巻、不安や経済状況を飛び越えよう。これ以上心配に時間を費やすのはやめて、"今”のバスに乗ろう。運転手は待っている。
もしすべてをずっと持ち続けるのなら、この"死”を苦しみのプロセスとしてとらえることになる。僕たちが離れて行く自由を受け入れるなら、解放となる。
行く手にせまる困難を抱えた毎日は、想定されたものなんだ。逃げ場はない、近道の方法もない。困難とは、本来の僕たちの存在への贈りもの。慈愛ある先生として、ライフは僕たちに今必要な状況や人をきっちりと送っているんだ。”タイミング”というのは、それがちょうど必要な時ってことを言うんだよ。
僕たちは心を開き、敵に見えようと、障害に思えようと、フラストレーションに感じようと、それを受け入れよう。
心を開いていれば、外観に現れるものを超え、旅路の波の下に存在する深海の永遠の美しさと真実に、直に到達するだろう。

| | コメント (5)

2011年11月22日 (火)

期待をしない

期待はどれも夢から出てくるもの

幻想とさまよいに

わたしたちを縛りつける

期待を持たずに生きれば

世界の構想が

自然に広がる

リズムにのって動き出す

わたしたちの仕事はただ

あらゆる行為を通して、生を流れさせること

完璧な公正さの中から生まれ出るものを

ただ見守ること...

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

Beaujolais Nouveau 2011/ボジョレーヌーボー2011

A few shots of our Beaujolais Nouveau Night

僕たちのボジョレーヌーボーの夜の写真をいくつか

Pb170011_2

Beaujolais-Villages Nouveau Domaine de Vavril selected by our favorite wine shop in Pézenas.

ペゼナスにある僕たちのお気に入りのワインショップのセレクション、ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー、ドメーヌ・ド・ヴァブリール

Simple tapas for two : homemade eggplant paste, dry tomato paste with green olive tapenade.

二人用のシンプルなタパス。自家製茄子のペーストと、グリーンオリーブのタプナード入りトマトのペース

Pb170017_2

Magret de canard slices sauteed with pink garlic from Lautrec.

ロートレック産ピンクガーリックでソテーしたマグレ・ド・カナールのスライス

Pb170024_2

And candles...
そしてキャンドル…

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

人の神殿

起きているものが

空と大地をつなぎます

アイデアと材料が結びついて、形が生まれます

“材料”と呼ばれるものは“母、おかあさん”

それは物質、実体を支えるもの

感動の可能性

もう一方の存在は父、おとうさん

インスピレーション、ひらめきです

父はその愛で母を導き

そっとつぶやきます

父から母へのささやき、それは:私の夢に形を与えておくれ

そしてそれを大切に見守っておくれ...



二元性も、対立も

支配もありません

ただ命が生まれるためになくてはならない

補い合う関係だけがあるのです

父も母も独りでは生めません

“天が結ばせしものは引き離すことはできません”

“家族が分裂した家はすべて滅びるでしょう”



起きているもの

あるいは起きている“それ”は“神殿の場”

婚姻の寝室です

精神と実体が出会い

清らかさと“純潔”の中に

“子”を産む場所...



人はあまりに材料を軽んじて

そこに“欲望”と称するものを投げかけます

そろそろ理解しなければなりません

それがどれほど崇高かを

それが一つの恵みであることを

“実体”の

感覚のギフトであることを

またそれは異なるものでも

切り離されたものでもないことを...父という存在と...



量子物理学は

“天上のカップル”を見極めるためのメタファーを示し

人はそれを日々、表現するのです...

| | コメント (1)

2011年11月14日 (月)

"Opening" of the third eye 第三の眼の開眼

Hitotsume_kozo_pocket_by_verreaux

What we call "opening of the third eye"

is not the creation of a new type of vision

it is only the remembering of our original style of VISION :

only one world, one reality, no left eye, no right eye,

no eye, no body,...only one experience conscious of itself... .

The Bible says:

"If thine eye be single, thy whole body shall be full of light.

But if thine eye be double,   thy whole body shall be full of darkness."

第三の眼を開けるというのは

新しいタイプの視野を作り出すことではなく

ヴィジョンの元々のスタイルを思い出すことに他ならない。

つまり、ひとつの世界、一つの現実、左目もない、右目もない、

目はない、体もない。。。ただひとつそれ自体の経験としての意識…

聖書の中でも言っている:

汝の目ひとつであれば、体は光で満ちあふれるだろう。

汝の目ふたつであれば、体は闇に支配されるだろう。

| | コメント (2)

2011年11月 9日 (水)

Colors in November

Around our village colors are amazing...

Img_0003

Img_0007_2

Img_0010

| | コメント (1)

2011年11月 1日 (火)

Halloween kitten?/ハロウィーンにゃんこ?

We had the visit of this little creature this afternoon...
Yuri thinks she is a bat,
I think she is a kitten...
We did not have time to ask her...
she got her sweets and left for another door...
What do you think? Bat or Kitten...?

Img_0001

今日の午後、ウチにこんな小さな生物がやってきた。ユリはコウモリだって。僕はネコちゃんだと思う。。。。女の子には聞く暇がなかったんだ、お菓子をもらったらすぐに隣の家へ行ってしまったからね。ね、どう思う?コウモリかな、ネコちゃんかな?

| | コメント (1)