« Monday feb 18th dinner/2月18日月曜日のディナー | トップページ | Pictures of our house in Béziers/ベジエの我が家から見えるもの »

2013年2月20日 (水)

パッションかミッションか

八百屋の主人が店先に商品を並べる様子を見てたんだ。まるで食べられるインスタレーションアート、まさに芸術そのもの。全てが美しく、おいしそうで、幸せの香りがする。彼はいかにも果物や野菜が大好きで、その愛情をどうぞってみんなにも分けてくれている。そんな光景だ。

数日前には新しい眼鏡を作ろうと眼鏡屋を訪れた。お店の人がこれまた熱いハートを持ったプロフェッショナル。僕の視線が動く幅から、遠くを見るときの頭の位置、近くを見るときの位置と、何から何までチェックして調節してくれた。結局僕は1時間も店にいたんだけど、その間ずっと、すごく幸せな気分だった。

パッション(情熱)を持った人との出会いは喜びで、受け手のこちらまで豊かになる。真のセラピストとは、きっとそういう人たちのことなんだ。クロワッサンを売っていても、道路を掃除していても、彼らは人生のいちばん美しいもの、つまり彼らの愛そのものを表現してる。彼らは自分のしていることが大好きで、その愛を言葉や思想を超えた形でまわりに伝える。僕が幸福を感じる大切な時間の一つが、朝のカフェで、お店の人がおいしいコーヒーとサクサクのクロワッサンを心のこもった明るい声と一緒に運んできてくれるとき。歌う前にちょっと喉鳴らしするみたいに、幸福な一日に調子よくエンジンがかかる。だからパッションを持った人たちには感謝、ありがとう、メルシー!

スピリチュアルな世界では、ミッション(使命)という言葉がよく使われる。助けたい、変えたい、働きかけたい、治したい・・・どれも他者のために、というミッション。そのために自分自身を犠牲にする人までいる。パッションはこれとは違う。もっと自由な心から生まれる、ミッションを超えたスーパーミッションとでも呼べるもの。それをするのは他者のため、ではなく何よりもまず自分のため・・・そうなるともう、人生に“精神性”みたいなものは必要でさえなくなってくるのかも。神さまも悪魔も信じなくていい、ただ世界一おいしいパンを焼くことにだけ専念できる。そうしてできたパンは、それを食べた人にまるで天国にいるような幸せを届けることになるだろう。食べた人は細胞から脳まで、全身全霊で喜びを感じる。それとは知らないうちに最高のパンを、神さまのパンを食べさせてもらってるんだ。

僕たちは誰だってみんな、本当はそうしたパッションを抱いて、この世界に生まれてきている。なのにいつの間にか、親や学校、世間からの「生きるためには努力が必要」みたいな考えを聞かされるうちに、そのパッションと離れ離れになってしまっているのかもしれない。だけどあるとき、僕たちはまたそれを思い出すだろう。パッションがにっこり笑って戻ってきてくれるんだ。それは“ミッション”みたいにきちんとしたものではなく、もっと激しくて、無謀とさえ感じられるこもある。だけど僕たちは今度こそ、それを追いかける勇気を持たなくちゃいけないんだ。危険を冒す勇気を。そもそも危険って、いったいなんの?死の危険?だったら、平気だね。いずれはみんな、そこにたどり着くんだから。とにかく、進むべき道はひとつ。愛する舞台の上で死ぬことを選んだモリエールと同じように、僕たちは自分の道を進むしかない。
これぞまさに人生!
どうかみんなが、それぞれのパッションを全うできますように!
たとえ今あなたが、自分にはパッションなんてないと思えたとしても、それはちゃんとそこにあって、あなたのことをきっと待ってる。あなたの心と体に再び火をつけることのできる情熱が、どこかでちゃんと燃えてるはず。大切なのはパッション、ミッションじゃないんだ。あなたが自分のためにすることが、必ずこの世界全てのためになるんだから。

翻訳:碓井洋子

|

コメント

碓井洋子さんは長年パトリス・ジュリアンの多くの著書を手掛けてきた翻訳家さんです。
パトリスとの付き合いも私よりずっと長く、2人の間には私などが到底はいって行けそうも無い確固たる何か…信頼関係?世界観?うまく表現できないステキなもの!で結ばれていて、彼女がパトリスのミューズのひとりであることは疑いようがありません。
今回の記事はパトリスがフランス語圏の人々に向けて発信しているブログからの記事です。
文章をすらすら読みやすく変身させてくれる碓井魔法使いの腕にありがとうwine

投稿: ユリ・ジュリアン | 2013年2月20日 (水) 07時08分

碓井さん、ありがとうございます。碓井さんの名前を拝見して「やっぱり!!」と思いました。碓井さんのおかげでたくさんのパトリスさんの言葉を心に蓄えてきました。感謝しています。

投稿: Yuka | 2013年2月20日 (水) 08時13分

自分のパッションを信じて、気づいて、燃やして
仕事を通して、自分も周りも幸せないい気分になれたら、、、と思います。

いや、仕事だけでなく、プライベートも全てね☆

ありがとうございます。

投稿: kou | 2013年2月20日 (水) 15時37分

パッション、ミッション
パトリスさんを
こうしてブログで感じられて、
うれしいです☆
繰り返し読みたい!

すばらしい訳も、
ありがとうございます!

投稿: emiko | 2013年2月20日 (水) 16時41分

Thank you , patrice-san,
I read it just now.
Its very nice and lovely,
My passion is raising now, i dont know what kind of passion .
But i am waiting with joy.
And i love your passion.

投稿: Junko | 2013年2月21日 (木) 10時13分

素晴らしい!パトリスさんがずっと伝え続けているメッセージですが、あらためて心に響きました。1番大切なことをどうもありがとう!

merci beaucoup Patrice!

投稿: あゆみ | 2013年2月21日 (木) 15時47分

碓井さんの翻訳は心にすぅーっと届きます!碓井さん、素晴らしい言葉を、いつもありがとうございます!

投稿: あゆみ | 2013年2月21日 (木) 18時42分

号泣してしまいました
パトリスさん、ありがとうございます

投稿: barairotomidori | 2013年2月28日 (木) 09時02分

コメントを書く





絵文字を挿入