« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月28日 (土)

Spring!

Untitled

Recettes de Vie at Libro Hanakoganei, Tsutaya Midtown and Kinokunya Shinjuku

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

PJ Talk Show 2015年4月17日(金) 19:00〜21:00(開場18:30)

10647066_448836365272425_5500412534

『ライフレシピ』パトリス・ジュリアン著
講談社より発売とトークショー&サイン会のご案内です。

刊行記念パトリス・ジュリアントークショー&サイン会
「喜びをつかむためのヒント」
2015年4月17日(金)
19:00〜21:00(開場18:30)
場所:マルノウチ リーディングスタイルCAFÉ
東京駅となり JPタワーKITTE 4階
内容:第1部:トークショー 第2部 : サイン会(希望者)
パトリスがこのイベントのためにオリジナルのドリンク&スナックを用意しています。
入場料:1500円
定員:先着60名
参加方法:メールまたは店頭にてご予約ください。
メールにお名前、電話番号、および「パトリス・ジュリアンさんトークショー参加希望」と明記ください。
eventrs01@gmail.com
トークショー終了後サイン会あり、ご希望の方は書籍をお持ちください。当日会場販売もあります。

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

ライフスタイル・デザイン Qu'est-ce que le Lifestyle Design?

Img_2810


90年代、「ライフスタイル・デザイン」という言葉をいち早く使い始めたうちの一人は僕だと思う。そして今なお僕は人からそれが何なのかとたずねられる。なので今日はそれについて少しお話ししよう。まず、文化が進化する過程においては3つの段階があると思う。ライフ、スタイル、そしてデザイン。

「ライフ」、日本語だと生命とも生活ともとれるこの段階では、人間にとっていちばん大切なのは生きること、その命を永らえること。人はそのための糧を確保しなければならないというプレッシャーを常に抱えながら日々を過ごしていたはずだ。このストレスを取り除くために考え出されたのが、貯蔵や生産といったシステム。これによって人間の精神は解放される。

「生命維持」への強迫観念から自由になると、人の心には自然と別の欲求が生まれる。「プラスアルファ」の何かが欲しくなる。それは物質的なものであると同時にそうではない何か。衣服をまとう方法だったり、どういう風に食事をとるかだったり、住む場所の作り方だったり。これが「スタイル」の誕生。「スタイル」とはもともと「形」を意味する言葉。第1のライフの段階では、物それ自体が何より大事だったけれど、第2の段階になると人は「形」に喜びを感じ始める。芸術やアール・ド・ヴィーヴル(生活のアート)はそうして生まれた。

「形の喜び」を見い出したおかげで、人間の精神はさらに先の段階へと発展を遂げる。世界の大都市に見られるもっとも進んだ文化の状態がこれに相当するだろう。第2段階ではスタイルと僕たち自身の間にはまだかなりの距離があった。たとえて言うなら美術館みたいなもの。芸術作品があって、それを観賞する人がいる。芸術家がいて、ちょっと離れてふつうの人々がいた。

「ライフスタイル」の段階は、その距離がなくなった状態。僕たちの暮らしは、それぞれが美術館であり、物語であり、アート作品。つまりひとりひとりの生活はひとつの創造であることに、人々はもう気づいている状態だ。そしてこの段階になると、すでに内面と外面の隔たりさえなくなっている。想像することと創造すること、それだけでいい。それだけでもう、僕たちはみんな立派な「ライフスタイル・デザイナー」だ。

1990年にフランスで「物語の主人公になる方法」という最初の本を出して以来、僕は料理やエッセイなどあらゆる作品を通して、「意識を持つこと」の大切さを伝えてきた。

なぜなら「ライフスタイル」の鍵を握るのは「意識」そのものだから。「今を生きる」といった言葉をよく耳にするけど、それって曖昧で意味がない。いちばん大切なのは、「意識を持って生きる」こと。意識を持って選び、意識して食べ、意識して…という風になんでも。なぜ意識を持つことが意識を持たないより大切かって? 恋人たちの最初のデートのシーンを思い浮かべてみれば簡単だ。そわそわ、ドキドキ、幸せな気持ちは時間さえ超えている。まるで「天国」にいるみたい。そんなとき、人は全身全霊で「意識」を研ぎ澄ませている。

初デートでドキドキだったカップルが、10年後に同じ場所に居たとしよう。何が変わったと思う?変わったのは二人ではなく、その意識。感度100%で臨んだ最初のデートから比べて、今ではどれだけの意識が残っているだろう。まあそれはカップルによるだろうけど、100%の意識を持ったカップルとそうでないカップルの違いを想像してみれば、違い歴然だよね。全てはこれと同じ。

意識を持って生きること。自分で選び、イマジネーションを働かせ、自身の人生を創り出すこと。これは3月25日に講談社から出版される僕の新しい本のテーマでもある。意識を持った暮らしのための30のレシピを紹介したこの本は、ある意味、僕のライフスタイルのバイブルと言えるだろう。

4月17日にマルノウチリーディングスタイルで催される出版記念のトーク&サイン会では、ライフスタイルに関する重要な鍵を、さらに5つほどお話しする予定。身体と心の健康も含み僕たちの生活のあらゆる側面において、「ライフスタイル」がどれほど重要な役割を果たしているか、みんなに知ってもらうための機会になればと楽しみにしている。

Translation thanks to Yoko Usui...Merci!

J’ai été un des premiers à utiliser le mot « Lifestyle design » dans les années 90 et on continue aujourd’hui à me demander ce que c’est. En fait, dans l’évolution des cultures, pour moi il y a trois phases : Life, Style et Lifestyle.

« Life » c’est l’étape où la principale préoccupation des humains c’est de survivre, d’assurer leur subsistance. Les journées se succèdent avec cette pression en tête. Pour se libérer de ce stress, les hommes ont imaginé des systèmes de stockage, de production qui permettent de libérer l’esprit.

Lorsque l’esprit est libéré de l’idée de « survie » une aspiration émerge naturellement, une envie de « quelque chose de plus ». Ce quelque chose est à la fois matériel et immatériel. Il peut s’agir d’une manière de s’habiller, d’organiser les repas, de construire l’habitat,… C’est la naissance du « style ». A l’origine, le mot « style » signifie « forme ». Au cours de la première étape c’est surtout la matière qui importait. Lors de cette seconde étape on commence à éprouver du plaisir grâce aux formes, c’est la naissance de l’Art et de l’Art de Vivre.

Grâce au « plaisir de la forme », spontanément, l’esprit atteint une nouvelle étape de son développement. Cela correspond à l’état des cultures les plus avancées que l’on trouve dans les grandes métropoles internationales. Lors de l’étape 2, il y a encore une certaine distance entre le style et nous. C’est un peu comme dans un musée. Il y a les oeuvres et il y a ceux qui les admirent. Il y a les artistes et le public.

A l’étape « Lifestyle » il n’y a plus de distance, on réalise que chaque vie individuelle est une création, un musée, un roman, une oeuvre d’art. En fait, à ce stade il n’y a plus de distance entre l’intérieur et l’extérieur. On découvre qu’il suffit d’imaginer et de créer. Nous sommes tous en fait des « lifestyle designers ».

Depuis mon premier livre « Cette Vie dont vous êtes le Héros » publié en France en 1990 et à travers tous mes autres ouvrages dans le domaine de la cuisine ou de l’art de vivre je souhaite faire « Prendre conscience ».

Parce que la clé du « Lifestyle » c’est la « prise de conscience ». On parle de « vivre dans le présent » mais c’est une sorte de « tarte à la crème » , le plus important pour nous c’est de « vivre consciemment », de choisir consciemment, de manger consciemment, etc. Pourquoi est-il important d’être plutôt « conscient » qu’inconscient? Il suffit de prendre une situation classique, un premier rendez-vous amoureux. Il y a l’impatience, le coeur battant, le bien être, le sentiment d’être hors du temps. On peut dire que c’est en quelque sorte un moment de « Paradis ». Dans un tel moment, on est pleinement conscient.

Prenons le même couple 10 ans plus tard, au même endroit. Qu’est-ce qui a changé? Pas le couple. La conscience. De l’expérience première qui avait été vécue à 100% que reste t’il? Ca dépend des couples. Maintenant imaginez que notre couple soit capable de vivre l’expérience avec 100% de conscience…vous voyez la différence? C’est pareil pour tout.

Vivre consciemment, choisir, imaginer, créer sa vie,... c’est le thème de mon nouveau livre publié par Kodansha qui sort le 25 mars prochain, il s’agit de 30 recettes pratiques pour une vie consciente, c’est en quelque sorte ma « Bible du Lifestyle. »

Le 17 avril au cours d’un « talk-show signature » à Marunouchi Reading Style j’ajouterai 5 clés importantes qui permettront de mieux comprendre pourquoi notre « lifestyle » influence tous les secteurs de notre vie, y compris notre santé physique et morale.

Img_2804

| | コメント (3)

2015年3月14日 (土)

My new essay on sale 24 of March

11010557_441797772642951_5437703286

新刊『ライフレシピ』(講談社より3月24日発売)
表紙があがってまいりました!
パトリスさんの写真は幅広の帯になっています。
すでに書店・ネット書店でも予約受付はじまっています。
只今出版社主催の発売イベントの打ち合わせ中、また決まり次第ご案内いたします。
詳細もろもろ楽しみにお待ちください。

This is the cover of my new book on sale on March 24. It s an essay called "Life Recipes". In this book I share 30 of my proved principles for a creative and exciting life.

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

もう歳だから、なんて言わせない - Jamais trop vieux.

Img_0556_4


神さまのことなら、みんながみんな信じてるわけじゃないけど、老いのこととなると、みんな当然のことのように信じて疑わない...だけどどうして世の中には、人より早く老けてしまう人と、そうでない人がいるんだろう?若いうちから消耗して、年齢っていう病を背負って生きてるような人がいる一方、歳を重ねても溌剌としたままの人がいるのはなぜ?

年齢とは現実、誰もがそう思ってる。時間というのは科学的に実存しないことは理解できても、年齢は存在するという考えからは離れることができないんだ。だけど現実の中には、「物事をじっくり考えさせてくれる現実」というのもある。たとえば1750年のフランスの平均余命、何歳だと思う?

男性27歳、女性28歳。それが現在のフランスでは、男性は78歳、女性は85歳にまで延びている。ほとんど3倍というから驚きでしょ?こんなに劇的な変化は、人間以外の生物には存在しない。

何が原因で人は老いるのか、その答えは人々が発する言葉に耳を傾ければ見えてくる。年齢や老いのことなど決して口にしない人がいると思えば、いつだって年数を数えて自分が歳をとるのを嘆いてばかりの人もいる。老いて行くのに応じた人生のプランニングに精を出すなんて人も。彼らにとって冒険はだいたい60代でおしまいで、あとは引退。しかも仕事のではなく、人生からの引退だ。大きな夢を描くことはもうしない、未来にはもっと素晴らしいことが待ってるなんて考えも、どこかに消えちゃった。彼らにとって最高の時間や物事はぜんぶ、過ぎ去った日々のもの...

ところが、人生は常に前進するもの。脳細胞を健康な状態に保つには常に新しい情報が必要だという研究報告もある。つまり僕たちの体の中のものは全て、情報から栄養を得てるんだ。期限切れの情報は体に毒だし、新鮮な情報はエネルギーシステムにきれいな酸素を運んでくれる。だから何か新しいことを見つけたりチャレンジするのをやめてしまったとき、僕たちの体は自家中毒みたいな不調に陥ってしまう。

それと、老いの要因の中で最も決定的なのが、肉体と魅力に関連した事柄だ。自分の魅力で誰かを惹きつける喜びを失ってしまったら、男性にとっても女性にとっても危険信号。分別がついたなんて自分に言い訳はできるけど、それは違って、単なる妥協。そうした状態から、ホルモンは身体の意識の中で、男あるいは女であるという感覚をだんだん薄めてニュートラルなものにしてしまう。中性化という現象だ。

この中性化に伴って引き起こされるのが、身体的な触れ合いの欠如という問題。いわゆる「歳をとった」人々の多くが、そうした接触を持たないまま人生を終えてしまう。だからこそ治療にマッサージを採り入れる医師もいる。だけどプロが行うマッサージも「愛による」マッサージの代わりにはならない。

ここで考えなくちゃいけなのは、年齢というこの問題、もっぱら頭の中で起きているわけで、宿命などではないということ。だったらもっとクリエイティブなやり方で、年齢のことをあれこれ考えることだってできるはずだ。みんなが信じてることだからって右へ倣えする必要はない。逆に僕たちひとりひとりが生きる実験室となって、いろんな経験を生み出せばいい。平均余命が300年でこれほどまでに延びたとすれば、いちばん大きな進化は過去100年の間に起きている。進化の勢いは今も続いているわけで、僕たちはその恩恵をありがたく頂戴すればいい。そのためにはまず知っておこう。人は長く生きれば生きるほど、経験も情報も豊かになるっていうことを…いちばん大切なのは、このデータベースを上手に活用して、あらゆる観点から見て、より生き生きとした、より豊かな人間になることなんだ。

Translation Yoko Usui

Tout le monde ne croit pas en Dieu mais pratiquement tout le monde est d’accord pour croire à la vieillesse…Et pourtant…Pourquoi y a t’il des gens qui vieillissent plus vite que d’autres? Pourquoi certains vont-ils jusqu’à un âge avancé tout en restant en pleine forme alors que d’autres meurent plus jeunes et semblent accumuler les maladies de l’âge.

En fait tout le monde pense que l’âge est une réalité. On a beau savoir que scientifiquement le temps n’existe pas, on s’obstine à croire que l’âge existe. Il y a pourtant des « réalités qui devraient nous faire réfléchir ». Savez-vous quelle était l’espérance de vie moyenne en France en 1750?

27 ans pour les hommes et 28 ans pour les femmes. Alors qu’aujourd’hui, dans ce même pays elle est de 78 ans pour les hommes et 85 ans pour les femmes. N’est-ce pas surprenant? Presque trois fois plus. C’est une évolution qui n’existe chez aucune autre espèce vivante.

Pour découvrir ce qui fait vieillir il suffit d’écouter les paroles des gens. Certains ne parlent jamais de l’âge et du vieillissement et certains autres passent leur temps à compter les années et à se plaindre de vieillir. Certains passent aussi leur temps à planifier leur vie en fonction de la vieillesse. Pour eux, vers la soixantaine l’aventure est terminée. Ils prennent leur retraite. Pas la retraite du travail, la retraite de la vie. Ils cessent de faire de grands rêves, d’imaginer que l’avenir leur réserve encore le meilleur. Pour eux, le meilleur est derrière…

Or, la vie va toujours de l’avant et des études ont montré que les cellules du cerveau ont toujours besoin d’informations nouvelles pour rester en bonne santé. Tout dans notre corps se nourrit d’information. Une information périmée est toxique. L’information nouvelle c’est l’oxygène de notre système énergétique. Donc lorsqu’on cesse de se fixer des challenges, lorsqu’on cesse de découvrir des choses nouvelles, notre organisme s’intoxique.

Et parmi les facteurs de vieillissement, il y en a un qui est déterminant, c’est le rapport au corps et à la séduction. Lorsqu’on perd le plaisir de séduire, que l’on soit un homme ou une femme, on est mal parti. On peut se consoler en disant que c’est l’arrivée de la sagesse. En fait non, c’est de la capitulation. A partir de là, le système hormonal neutralise dans la conscience du corps le sentiment d’être un homme ou une femme. C’est la neutralité.

Ce qui accompagne cette neutralité c’est l’absence de contact physique. Beaucoup de personnes dites « âgées » finissent leur vie sans contacts physiques. c’est la raison pour laquelle certains médecins prescrivent des massages. Mais les massages professionnels ne remplacent pas les massages « affectifs ».

En fait, ce qu’il faut voir, c’est que cette question d’âge se passe surtout dans la tête et que ce n’est pas une fatalité. On peut imaginer l’âge de beaucoup d’autres manières bien plus créatives. On n’est pas obligé de s’aligner sur les croyances collectives, au contraire, chacun d’entre-nous est une expérience, un laboratoire vivant. Si l’espérance de vie a pu enregistrer une telle évolution en 300 ans il faut voir que le plus grand progrès a été fait au cours des 100 dernières années. Or comme l’évolution s’accélère, autant en profiter en commençant par réaliser que plus on vit et plus on possède d’expériences et d’informations…Le tout c’est de réussir à utiliser toute cette base de données pour devenir encore plus vivant et plus riche à tous les points de vue.

| | コメント (0)