« My new essay on sale 24 of March | トップページ | PJ Talk Show 2015年4月17日(金) 19:00〜21:00(開場18:30) »

2015年3月17日 (火)

ライフスタイル・デザイン Qu'est-ce que le Lifestyle Design?

Img_2810


90年代、「ライフスタイル・デザイン」という言葉をいち早く使い始めたうちの一人は僕だと思う。そして今なお僕は人からそれが何なのかとたずねられる。なので今日はそれについて少しお話ししよう。まず、文化が進化する過程においては3つの段階があると思う。ライフ、スタイル、そしてデザイン。

「ライフ」、日本語だと生命とも生活ともとれるこの段階では、人間にとっていちばん大切なのは生きること、その命を永らえること。人はそのための糧を確保しなければならないというプレッシャーを常に抱えながら日々を過ごしていたはずだ。このストレスを取り除くために考え出されたのが、貯蔵や生産といったシステム。これによって人間の精神は解放される。

「生命維持」への強迫観念から自由になると、人の心には自然と別の欲求が生まれる。「プラスアルファ」の何かが欲しくなる。それは物質的なものであると同時にそうではない何か。衣服をまとう方法だったり、どういう風に食事をとるかだったり、住む場所の作り方だったり。これが「スタイル」の誕生。「スタイル」とはもともと「形」を意味する言葉。第1のライフの段階では、物それ自体が何より大事だったけれど、第2の段階になると人は「形」に喜びを感じ始める。芸術やアール・ド・ヴィーヴル(生活のアート)はそうして生まれた。

「形の喜び」を見い出したおかげで、人間の精神はさらに先の段階へと発展を遂げる。世界の大都市に見られるもっとも進んだ文化の状態がこれに相当するだろう。第2段階ではスタイルと僕たち自身の間にはまだかなりの距離があった。たとえて言うなら美術館みたいなもの。芸術作品があって、それを観賞する人がいる。芸術家がいて、ちょっと離れてふつうの人々がいた。

「ライフスタイル」の段階は、その距離がなくなった状態。僕たちの暮らしは、それぞれが美術館であり、物語であり、アート作品。つまりひとりひとりの生活はひとつの創造であることに、人々はもう気づいている状態だ。そしてこの段階になると、すでに内面と外面の隔たりさえなくなっている。想像することと創造すること、それだけでいい。それだけでもう、僕たちはみんな立派な「ライフスタイル・デザイナー」だ。

1990年にフランスで「物語の主人公になる方法」という最初の本を出して以来、僕は料理やエッセイなどあらゆる作品を通して、「意識を持つこと」の大切さを伝えてきた。

なぜなら「ライフスタイル」の鍵を握るのは「意識」そのものだから。「今を生きる」といった言葉をよく耳にするけど、それって曖昧で意味がない。いちばん大切なのは、「意識を持って生きる」こと。意識を持って選び、意識して食べ、意識して…という風になんでも。なぜ意識を持つことが意識を持たないより大切かって? 恋人たちの最初のデートのシーンを思い浮かべてみれば簡単だ。そわそわ、ドキドキ、幸せな気持ちは時間さえ超えている。まるで「天国」にいるみたい。そんなとき、人は全身全霊で「意識」を研ぎ澄ませている。

初デートでドキドキだったカップルが、10年後に同じ場所に居たとしよう。何が変わったと思う?変わったのは二人ではなく、その意識。感度100%で臨んだ最初のデートから比べて、今ではどれだけの意識が残っているだろう。まあそれはカップルによるだろうけど、100%の意識を持ったカップルとそうでないカップルの違いを想像してみれば、違い歴然だよね。全てはこれと同じ。

意識を持って生きること。自分で選び、イマジネーションを働かせ、自身の人生を創り出すこと。これは3月25日に講談社から出版される僕の新しい本のテーマでもある。意識を持った暮らしのための30のレシピを紹介したこの本は、ある意味、僕のライフスタイルのバイブルと言えるだろう。

4月17日にマルノウチリーディングスタイルで催される出版記念のトーク&サイン会では、ライフスタイルに関する重要な鍵を、さらに5つほどお話しする予定。身体と心の健康も含み僕たちの生活のあらゆる側面において、「ライフスタイル」がどれほど重要な役割を果たしているか、みんなに知ってもらうための機会になればと楽しみにしている。

Translation thanks to Yoko Usui...Merci!

J’ai été un des premiers à utiliser le mot « Lifestyle design » dans les années 90 et on continue aujourd’hui à me demander ce que c’est. En fait, dans l’évolution des cultures, pour moi il y a trois phases : Life, Style et Lifestyle.

« Life » c’est l’étape où la principale préoccupation des humains c’est de survivre, d’assurer leur subsistance. Les journées se succèdent avec cette pression en tête. Pour se libérer de ce stress, les hommes ont imaginé des systèmes de stockage, de production qui permettent de libérer l’esprit.

Lorsque l’esprit est libéré de l’idée de « survie » une aspiration émerge naturellement, une envie de « quelque chose de plus ». Ce quelque chose est à la fois matériel et immatériel. Il peut s’agir d’une manière de s’habiller, d’organiser les repas, de construire l’habitat,… C’est la naissance du « style ». A l’origine, le mot « style » signifie « forme ». Au cours de la première étape c’est surtout la matière qui importait. Lors de cette seconde étape on commence à éprouver du plaisir grâce aux formes, c’est la naissance de l’Art et de l’Art de Vivre.

Grâce au « plaisir de la forme », spontanément, l’esprit atteint une nouvelle étape de son développement. Cela correspond à l’état des cultures les plus avancées que l’on trouve dans les grandes métropoles internationales. Lors de l’étape 2, il y a encore une certaine distance entre le style et nous. C’est un peu comme dans un musée. Il y a les oeuvres et il y a ceux qui les admirent. Il y a les artistes et le public.

A l’étape « Lifestyle » il n’y a plus de distance, on réalise que chaque vie individuelle est une création, un musée, un roman, une oeuvre d’art. En fait, à ce stade il n’y a plus de distance entre l’intérieur et l’extérieur. On découvre qu’il suffit d’imaginer et de créer. Nous sommes tous en fait des « lifestyle designers ».

Depuis mon premier livre « Cette Vie dont vous êtes le Héros » publié en France en 1990 et à travers tous mes autres ouvrages dans le domaine de la cuisine ou de l’art de vivre je souhaite faire « Prendre conscience ».

Parce que la clé du « Lifestyle » c’est la « prise de conscience ». On parle de « vivre dans le présent » mais c’est une sorte de « tarte à la crème » , le plus important pour nous c’est de « vivre consciemment », de choisir consciemment, de manger consciemment, etc. Pourquoi est-il important d’être plutôt « conscient » qu’inconscient? Il suffit de prendre une situation classique, un premier rendez-vous amoureux. Il y a l’impatience, le coeur battant, le bien être, le sentiment d’être hors du temps. On peut dire que c’est en quelque sorte un moment de « Paradis ». Dans un tel moment, on est pleinement conscient.

Prenons le même couple 10 ans plus tard, au même endroit. Qu’est-ce qui a changé? Pas le couple. La conscience. De l’expérience première qui avait été vécue à 100% que reste t’il? Ca dépend des couples. Maintenant imaginez que notre couple soit capable de vivre l’expérience avec 100% de conscience…vous voyez la différence? C’est pareil pour tout.

Vivre consciemment, choisir, imaginer, créer sa vie,... c’est le thème de mon nouveau livre publié par Kodansha qui sort le 25 mars prochain, il s’agit de 30 recettes pratiques pour une vie consciente, c’est en quelque sorte ma « Bible du Lifestyle. »

Le 17 avril au cours d’un « talk-show signature » à Marunouchi Reading Style j’ajouterai 5 clés importantes qui permettront de mieux comprendre pourquoi notre « lifestyle » influence tous les secteurs de notre vie, y compris notre santé physique et morale.

Img_2804

|

コメント

Cherpatrice!
Bonjour de Shizuoka!
Joli blog!
Amities,
Robert-Gilles

投稿: Martineau Robert-Gilles | 2015年3月18日 (水) 10時02分

ジュリアンさんこんにちは。
私は15年くらい前に「生活はアート」を読んでジュリアンさんのことを知り、
白金台にあったシャルトルフランセデザールで1度だけ食事をさせて頂いた者です。

自分の人生にやや閉塞感を感じていたところ・・・
10年ぶりくらいでしょうか、先ほど
ふとジュリアンさんのことを思い出して検索したら
このブログに行き着きました。

当時、「こんなカッコイイすてきな生き方してるフランス人が日本におるんやぁ~」って
びっくり歓喜したものでしたが、
ジュリアンさんは今でも変わらず、ステキな生き方をされていますね。

15年前、シャルトルフランセデザールで
世界最小のパスタを食べてるときに、長身の大男であるジュリアンさんに
話しかけられたのをたいへん懐かしく思います。

また「生活はアート」を読んでみたくなったので、
図書館に行こうと思います。ステキな時間ありがとうございました。

投稿: にっし~ | 2015年3月24日 (火) 20時24分

Merci beaucoup. Atarashii hon mo mitte kudasai...Power Up desu

投稿: Patrice Julien | 2015年3月26日 (木) 11時09分

コメントを書く





絵文字を挿入