Ecology

2010年3月23日 (火)

Good morning sakuras.../おはよう桜たち

This morning,
from our windows
first bloom...

今朝、窓から見えた最初の花

Img_6417

And much more getting ready...

次々と準備が整って…

Img_6420

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

Welcome Spring!/ようこそ春ちゃん!

Img_6380

Today the air feel lighter, birds getting busy, plants getting busy,
not really busy,
not like us getting busy,
they just open to the energy of life,
not doing,
just opening.

今日の空気は軽く、鳥達のさえずりも賑やか、植物もぐんぐんと忙しい。 いや、本当に忙しいわけじゃなく 僕たちが忙しくなるような感じじゃなく ただライフのエネルギーに向かって開いている。 なにもせず ただ開いている。

Img_0034

Something in the very Center of Life
gave the start and Joy flows
everywhere.
In our blood too,
in our mind,
in our heart,
if we just take time to open and listen...
Thank you Life!
Welcome Spring!

ライフのど真ん中にあるなにかが 始まりのキューを出し、喜びが流れ出す あちこちに ちょっと立ち止まって心を開き、耳を傾けるなら、 僕たちの血の中にも 僕たちの心の中にも、 ね。 ありがとうライフ。 ようこそ春ちゃん!

Img_6377

| | コメント (2)

2010年2月21日 (日)

A trip through the Infinite / 無限の旅

| | コメント (5)

Each one reflects the whole.../ひとつひとつが全体をもたらす

Yesterday evening I bought a kind of cauliflower originary from Italia called by the sweet name "Veronica Romanesco" or lime green Cauliflower.

Apart the fact that this variety is getting very popular around the world for it's shape, color and taste  it shows a very interesting geometrical pattern called "fractal" which illustrate quite well the idea in the background of my last post about individual responsibility and the blessing of the "whole".

When you look at this cauliflower you see that it shows a perfect spiral shape expanding from the inside-out. Let see this as one "Universe"expanding from an idea or a "seed" called by humans : "Veronica Romanesco".

Img_6331

Now look closer and you will notice that this expansion is made of a lot of similar universes expanding according to the same pattern.

Img_6346

If we could look deeper and deeper we can suppose that we would find an infinity of smaller universes in universes, something like the Matryoshka dolls. It shows how each one of our thoughts of acceptation or rejection can affect the whole Universe in deepth... It shows also how all sickness are generated...

Russiannestingdolls



昨晩、ライムグリーン・カリフラワー、またの名を“ベロニカ・ロマネスコ”なんていうかわいらしい名前のイタリア原産のカリフラワーを買った。

この種がその形や色、味で今世界中でとても注目されているということは、おいておくとして。このフラクタル(次元分裂図形)と呼ばれる幾何学的なパターンがすごくおもしろい。個々の責任とそれが及ぼす全体への影響というような、前回の投稿で僕が書いたことのアイディアが、まるでここに表されているんだ。

このカリフラワーをよく見ると、内側から外側に向かって完璧なまでにどんどん螺旋状に広がっているのがわかるでしょう。これをひとつの宇宙として見て。人間たちから“ベロニカ・ロマネスコ”と呼ばれたひとつのアイディア、ひとつの種から広がっている宇宙。

さあ、もっと近づいて見て。この広がりは、同じパターンに従って作られたたくさんの似たような宇宙でできていることに気がつくでしょう。

もっと深く深く見ることができるなら、それぞれの宇宙に小さな宇宙、その小さな宇宙にはさらに小さな宇宙…と限りなく続いていることを見つけることができるでしょう。まるでマトリョーシュカ人形みたい。僕たちがいいなと思ったり、嫌だなという思いひとつひとつが、深く宇宙全体にどう影響を及ぼすのかを表しています。また、すべての病気がどのように受け継がれていくかということも。

| | コメント (1)

2010年2月20日 (土)

"Organic" or not "Organic"/オーガニックかオーガニックじゃないか

I_want_my_organic_coke_by_koert_van

Organic or not organic? That is the question...

Recently the "organic trend" is getting very popular... many people are translating "because it is said -organic- it is "safe" and "good" for my body". Some go further and think : "It tastes so good because it is organic..." Restaurants serving boiled or steamed vegetables with little salt or a few drops of organic olive oil are proliferating...Some are cooking without oil, without flour, without butter,..."Without" looks like the new motto... the new Paradise...

If "organic" means more respectful, more conscious, more responsible, more aware of our choices, more loving...  I think it goes with our actual evolution and our growth. If it means a new religion with it's "DO" and "DO NOT" that's just one more dogma and a new way to limit human freedom.

Human beings have been evolving during millions of years, they have created new ways of enjoyment, always expanding their possibilities of creation. This also applies to food and gastronomy. For me a bakery with thousands of kinds of breads is more fun than a bakery cooking one kind of organic bread on stones warmed in the sun without leaven or yeast...

In my opinion, so called "organic restaurants" are just something comparable to "maid kissas" or "cat cafés", just a variety of enjoyment, one of the actual trends, a way for some people to feel secure and happy within their "beliefs system".

Once we understand this it will allow us to realize that all our life is ruled only by our beliefs. Even our food and our reactions to food. When I remember my childhood I know that I had periods when I couldn't eat some vegetables like spinaches because of their aspect or some ideas I had about them... It was like an "allergy" but now I realize those aversions were just born from "ideas".

If we look around us we see that the variety of allergies is increasing. Why? What is the reason of this increase? It looks like humans are getting weaker and weaker. We can notice that the answer to allergies is almost always to identify the cause "outside", almost never "Inside". Doctors think it comes from pollution, from pollens, from chemicals, from cats, from insects,... People stop eating flour, gluten, wear masks, eat and drink medicines,... Almost always, answers come from outside... This is the only weakness we have to fear : the so called "Outside word" is becoming the new "God", the new "devil"... Men seem powerless, even Doctors often cannot answer about the real causes. When you look for the answers and causes "OUTSIDE" it is like locking your car with the keys inside...

Feeling more "spiritual" does not mean being "good" by not "killing" animals. It has no relation with special diets or giving your seat to old people in the train, it just means "understanding" how "Spirit works".

We cannot become more "spiritual" because we ARE "Spirit" itself.
Spirit is like a knife, we can use it to cook or to kill ourselves or others. It is the reason why we need to learn how to use the knife of our thoughts in a responsible way. That is true freedom! Shakespeare wrote : "There is no good or bad but thinking make it so".

As a Father what I want to transmit to my child is Freedom and Responsibility. I want to show to the kid that all the power is in his mind and in his choices, nothing is really outside : all creation happens from inside out.

To realize the "Truth" we need to let go of all beliefs and see the world and ourselves like a white sheet of paper where each of our steps reflects a choice coming from inside and creates a new design... Walking in respect and responsibility is the only thing ...Each one of our steps generates the manifested Universe.

In the film Avatar, the people of Pandora pray when they kill an animal, they excuse themselves and give thank from a deep state of of compassion, it is because they also accept fully the fact that their bodies and souls will also be given back to nature according to a natural cycle...

All "primitive" cultures had this attitude of respect and gratitude. That is the part we need to reconnect with. Not by limiting our diet to cereals and vegetables for the reason that cereals and vegetables do not cry loudly when you cut them or boil them...

Our next challenge is here : in the understanding of how as belonging to the global Spirit we are responsible of the part we play on the stage of life. The world we create around us is the answer. We are Alchemists, able to transform anything in Gold or in Poison. It is the way we can make everything on this planet "Organic" just by blessing it...

オーガニックかオーガニックじゃないか、それが問題だ…

最近、オーガニックの流行はどんどん広がっているね。多くの人たちが“体に安全でいい”から、オーガニックと言われているからという理由で、そっち方向に移行している。もっと熱狂的な人になると“オーガニックだから美味しい”と思っているようだ。レストランで出される蒸し野菜や茹で野菜にちょびっと入れる塩やオリーブオイルにまでオーガニックは蔓延している。オイルなし、小麦粉なし、バターなしの料理というのもあるね。この“ナシ”というのも、新天地のモットーのようだ。

もし僕たちが“オーガニック”にもっと敬意を払い、意識を持ち、責任を持ち、それを選択のひとつとして捉え、愛すべきものだと思うなら、僕たちは本当に進化し、成長していくだろう。もしこれが“する”“しない”という新しい宗教であるなら、これは単なる教義に過ぎず、人間の自由を束縛する新しい手法になる。

人間は何百万年もの間、進化し続けている。新しい楽しみの方法を作り続けている。いつも創造の可能性を広げているんだ。このことは食べ物や、ガストロノミーにも当てはまる。僕にとっては、何千種類もあるパンを作るパン屋さんの方が、たった一つのオーガニック・ブレッドを作るパン屋さんより楽しいと思う。それが、たとえルヴァンやイースト無しで太陽に温められた石の上で作られたものだとしても。

いわゆる“オーガニックレストラン”って、僕にはなんだか"メイド喫茶”や“猫カフェ”と同列のように感じるんだ。お楽しみのひとつ、流行のひとつ、ある人たちにとっては、それを信じることで安心や幸福を感じる方法。

これをいったん理解すると、自分が信じているものによって僕たちのライフは支配されている、ということに気がつく。食べ物や、食べ物に対する僕たちのリアクションでさえそうだ。僕は小さい頃、ほうれん草のような野菜が食べられない時期があった。野菜の見た目や偏見がそうさせたのだろう。それはまるでアレルギーだったね。今ならわかるよ、僕のあの嫌悪感は“アイディア”から生まれたものだったんだ。

今、僕たちの回りにはいろいろなアレルギーが増えている。なぜだろう?なぜ増えているんだろう?人間がどんどん弱っているみたい。アレルギーに対する答えを探そうとすると、ほとんどの場合、外側に原因を探る。内側ってことはまずないね。ドクターは、汚染からとか、花粉からとか、化学物質からとか、猫や虫から起こっていると考える。それで人は小麦やグルテンを食べるのをやめたり、マスクをしたり、薬を飲んだりする。ね、いつだって外側に答えを探している。これは僕たちの恐れからくる単なる弱さなんだ。所謂“外側の世界”と言われるものが新しい“神”と“悪魔”になりつつある。
「人間は非力だ。ドクターでさえほとんどの場合、本当の原因を見つけ出すことができないのだあ。」と。
答えや原因を外側で探しているというのは、まるで自分の車を内側からロックしているようなもの。

スピリチュアルなものをもっと感じることは、“動物を殺さない”という意味じゃない。それは、特別な食事とか、電車の中で老人に席を譲ることともなんの関係もない。それは、ただ、スピリット自身が働くことを理解することなんだ。

僕たちはもっとスピリチュアルにはなれない。なぜなら僕たちはスピリットそのものだから。スピリットはナイフのよう。それを料理に使うことも自分自身や他人を殺すのにも使うことができる。だからこそ、僕たちは責任を持って自分たちの考えのナイフをどう使うかを学ぶ必要があるんだ。それは本物の自由。シェイクスピアはこう書いたね。「いいも悪いもない、ただ考えがそれを作るのだ。」

父として僕は我が子孫に、自由と責任を伝えたい。すべての力は彼の中にあり、彼の選択の中にある、外側にはなにもない、と示したい。すべての創造は内側から出てくるものだ。

この真理に気づくためには、僕たちが信じていることをすべて手放し、世界や自分たちを白紙として見ることだ。そこに僕たちの一歩一歩が内側からやってくる選択を映し出し、新しいデザインを作っていく。敬意と責任をもって歩くこととは、たったこれだけ。僕たちの一歩一歩が明解な宇宙を作っていく。

映画アバターの中で、パンドラの人々は動物を殺した時に祈りを捧げていた。深い慈しみの心から、許しを乞い、感謝をする。彼らの体も魂もまた自然のサイクルに従い、自然の中に戻っていくという事実を彼らは受け入れているからだ。

原始的な文化の中においてはすべて、敬意と感謝をこういった態度で表す。これこそ、僕たちがつながらなくてはならない部分なんだ。シリアルや野菜は、切られたり茹でられても大声で泣かないからと、僕たちの食事をシリアルや野菜にしてしまわない方がいい。

僕たちの次の挑戦はここにある。地球のスピリットに属する僕たちは、ライフのステージで僕たちが演じるパートにどのように責任をもつかを理解することだ。自分の回りに作る世界が答え。僕たちは錬金術師、どんなものも金や毒に変えることができるんだ。この星のすべてのものを“オーガニック”にする方法だよ、ただ祈りを捧げることによってね。

| | コメント (4)

2010年2月 8日 (月)

Life Blooming/ライフ 咲く

Img_6271

Flowers,

"It" is Life,

"It" happens,

it is "it"...

Somebody crying,
"It" is Life,
"It" happens,
it is "it"…

Life,
always Life.
"It" happens,
it is "it"...

Say "Yes" or "No"
"it" is "it"…
"It" is "me"…

花たちよ
それが ライフ
それが 起こる
それは それ

誰かが泣いている
それが ライフ
ライフは いつも ライフ
それが 起こる
それは それ

イエスと言うか ノーと言うか
それは それ
それは つまり 私

| | コメント (3)

2009年4月15日 (水)

Channeling and imagination./チャネリングとイマジネーション

How do we get radio stations access our mind?
How do we catch television programs in our houses?
More and more people have internet reaching their computers without any need for a physical line,
We are all using mobile phones on an everyday basis...
this communication without any need for physical lines is increasing in our everyday life, even remote controllers work the same way...Do anybody think it is weird?

But back in 1893 when a genius called Nicolas Tesla did his first demonstration of radio wireless communication at St Louis, Missouri many people around him thought he was a "mad scientist".

Today, who knows his name? Who knows that our actual communication world was being birthed then in the imagination of this Serbian immigrant.

We are now 24h a day living in what the Universe inspired to Tesla. He felt that we are all bathed in an information world we do not see. Today, more than 100 years after this date, people use mobile phones around us and we do not feel it is strange. We see them and hear them speaking but do not realize that all those "ideas" and "words" are always flying in the air around us, available to us  24 hours a day. If we have a radio or a TV receiver we can also get programs of sports, music, news,...

Ntesla

All this is traveling in the air at any moment and any place and we do not see it. We see the color red and the color violet but what about the colors we cannot see? Does that mean that what we cannot see does not exist? Does that mean that what we cannot hear do not exist?

Imagine a man who does not know anything about a TV or a radio. If he did not know how to use his receiver, if he did not know how to tune to a particular station what would happen? Nothing...

It is the same with our minds...We accept our communication machines like scientific and technical evidences but what would have it been if we were born 500 years ago...those ideas would have been judged crazy...There is no magic as a trick, all is about opening our imaginations to the LAWS OF LIFE.

What happens today when we hear the world "channeling"? Many people think it is "strange" or "weird" or "occult"... They do not see that it is an application of absolutely the same rule that they are already using with their TV... Except the fact that for "channeling" the only machine you need is your own mind...

But now it is time to start training ourselves for our next technological revolution...We are already doing it everyday but we still do not accept it fully. What is inspiration? What is intuition? What is an invention? What is a creation?

All this is "channeling" or "wireless communication" with the mind of the Universe. Laboratory research is not research, it is just a tuning procedure, working trough trial and error. It is the same thing we are doing when we use a radio and tune in a particular frequency until we get a clear reception of the program.

Channelers are not special people, they are just people who accept the strangeness of this tuning and the risk to have other people say that they are "crazy" or "fake".

It is now time to open ourselves to the truth of our real potential and learn how to "tap in" the mind of the Universe. It is time for everyone to start using the free "wireless communication system of the Universe". It is not difficult, the first step is to stop thinking that it is weird.

Everybody have this "build in capacity" from the beginning of times. No man has a particular gift that would allow him to say he is a reincarnation of a special entity. All spiritual Masters are just people who took the risk to be judged "weird". What they found is in now the "public domain" of the Universe. It is available at every moment. Everybody is able to access this "database".

Our technology is just a symbol, a proof that it works : "If you can hear the voice of a distant friend in the speaker of your mobile phone it means that you are a channeler and you can also choose to access any mind in the past or the future..."

What about so called "guides" or channeling big names like Buddha, Jesus or even God? Sounds weird isn't it... but is it really? Does the "energy" associated with those names belong to the past or is it still available now to us...?

Why do people meditate? Why do they do Zazen? What are they trying to reach?...Where are the solutions of the actual so called "Economical problems"...? From where will answers emerge for our future about new energies, anti pollution devices, social and economic innovations?

From laboratories? From banks? From geniuses? From astrology? From new prophets or special people...or more simply from each one of us if we finally accept that we are not only a fragile assemblage of cells suspended in time from birth to death...

When will we start to understand the unlimited potential in us?...

Next Saturday 18th session will be about this. I will share with you what is coming through me about how to start channeling your solutions. Remember, in 1992, I did it through a cooking book : "France Ryori ABC". I was not a Chef, just a person like everybody and this simple 98 pages book had an unexpected influence on so many people, it was not only a cooking book, it was about joy and potential... Synchronistically, a few weeks ago after being republished regularly during 17 years, "France Ryori ABC" retired, "Otsukaresama!..." This means for me that my next step is starting. After a kind of "food revolution" with this book, a "Lifestyle revolution" with "Sekatsu wa art", now I am glad to start contributing to what is happening now on this Planet : "The mind revolution..."

Do not be impressed by words like "Channeling" or "Guides", it is the same thing as "Guérande salt" or "Olive oil", just ingredients to cook a "Good Life". You already did learn how to cook good food, how to cook nice lifestyles, now let's start cooking with our minds...

6c9f46020ea04569ed909110l_aa240_

See you saturday for a great evening! O tanoshimi"

I Love you!

Patrice


どうやってラジオ番組を心に入り込ませる?どうやってテレビ番組を家で受信する?どんどん多くの人が、インターネットを無線でコンピュータ上につなげているよね。日常的に、すべての人がケイタイ電話を使っているし・・・。物理的につなげるものなど必要なく、こういった通信が毎日の生活の中で増えている。リモコンも然り。誰か、これを変だと思う?

だけど1893年まで遡ると、ニコラス・テスラと呼ばれる一人の天才が、ミズーリ州のセントルイスでワイヤレスのラジオ通信を初めて行った時、多くの人たちは彼のことを“気違い科学者”だと思っていた。

今日、誰か彼の名前を知っている?僕たちの実際の通信世界は、かつて、このセルビアからの移民のイマジネーションの中で生まれたんだってこと、誰か知っている?

僕たちは今、一日24時間、宇宙がテスラに息吹を吹き込んだものの中で生きている。彼は僕たちが目に見えない情報世界に浸されていると感じていたんだ。あれから100年以上たった今日、僕たちの回りの人々はケイタイ電話を使っているけど、変だなんて感じてない。それらを見、それらが話すのを聞いているけど、こういった“アイディア”や“言葉”が空中を常に飛んでいて、一日24時間それを手に入れることが可能だってことには気がついていないんだ。もしラジオやテレビの受信機を持っているなら、スポーツ番組、音楽番組、ニュース番組なんかも手に入れることができる。

これらすべては、どんな時でもどんな場所でも空中を行き来しているけど、僕たちには見えない。赤や紫といった色は見ているのに、見ることができない色はどうなっているんだろう?見えないってことは存在してないってこと?聞こえないものは存在してないってことになるのかな?

想像してみて。ラジオのこともテレビのことも知らない人のことを。もしその人が受信機の使い方を知らなければ、あるいは特定の局にチューンを合わせる方法を知らなければ、いったいどうなる?なにも起こらないよね…

同じことが僕たちの心にも言えるんだ。僕たちは、科学技術の証明のような通信機械は認めているけど、もし500年前に生まれていたらどうだっただろう?そんな考えは、気違いじみていると判断されただろう。手品の魔法じゃない。すべてはライフの法則に僕たちのイマジネーションを開くこと。

“チャネリング”の世界と聞くと、なにが起こる?多くの人は“変”だとか“奇妙”だとか“オカルト”だって思っている。彼らにはわからないんだよ。それが、彼らがすでに使っているテレビと同じ法則の応用だってことがね。“チャネリング”に必要な機械はただひとつ、自分の心だってことを除けばと言うことだけど。

だけど今こそ、次の技術革命のために僕たちはトレーニングを始める時なんだよ。僕たちはすでに毎日行っているけど、それを丸ごとはまだ受けれいていない。霊感ってなんだろう?直感ってなに?発明は?創造は?

これらすべては、“チャネリング”あるいは宇宙の心との“無線通信”だ。研究所の研究は研究じゃない。単なるチューニングの過程、試行錯誤を繰り返しの仕事なんだ。これはラジオのお気に入りの局にチューニングを合わせる作業と同じ。番組がはっきり聞こえるまでやるよね。

チャネラーは特別な人じゃない。彼らはこのチューニングの奇妙さや、他の人から“気違い”“ニセモノ”と言われるリスクを受け入れている人たちなんだ。

さあ、僕たちも真の可能性へ心を開き、宇宙の頭脳へノックする仕方を学ぶ時だ。みんなが無料の“宇宙の無線通信システム”を使い始める時だ。難しくない。最初の一歩は、それを怪しいと思うのをやめること。

この世が始まった時から、誰もが“埋め込み式才能”を持っている。誰も自分は特別な存在の生まれ変わりだと言うことが許される特殊な贈り物を持っていない。すべてのスピリチュアルの師は、“変わりもの”と思われるリスクを取っているただの人だ。彼らが見つけたものは、宇宙の“公けのドメイン”の中にある。それらはいつでも手に入り、誰もがこの“データベース”にアクセスすることができるんだ。

僕たちの技術は、それがうまくいっている証明のシンボルにすぎない。”ケイタイ電話のスピーカーから遠く離れた友達の声を聞くことができるなら、あなたはチャネラーだし、過去や未来の精神にアクセスすることもできる。

ブッダやキリスト、神様いうようなビッグネームのチャネリングやガイドと呼ばれるものはどう?奇妙な感じだね。だけど本当に?そう?これらの名前に関連した“エネルギー”は過去のもの?それとも今でも手に入る?

なぜ人は瞑想するの?なぜ彼らは座禅を組むの?なにに到達しようとしている?“経済問題”と呼ばれる実際の問題の解決策はどこにある?新しいエネルギーや無公害器、社会的経済的発明など未来への答えはどこから湧いてくる?

研究室から?銀行から?天才?星占い?新しい預言者か特別な人たちから?それとも・・・・ついに自分たちは誕生から死までの間の単なる壊れそうな細胞の集まりじゃないと認めるなら、もっとシンプルに僕たちの中の一人から?

いつ自分の中にある無限の可能性を理解し始めましょうか?

今度の18日土曜日のセッションは、これについてです。あなたの解決策にチャネリングする方法について私を通してでてきたものをシェアします。覚えている?1992年僕はお料理の本を通して行ったんだ:フランス料理のABC。僕はシェフじゃなかった。他の人と同じただの人だった。このシンプルな98ページの本は多くの人たちに期待以上の影響力を持った。これは単なるお料理の本じゃなかったんだ。これは喜びと可能性についての本。

偶然にも、数週間前、17年間にわたって定期的に増刷されていた“フランス料理ABC”が引退した。“お疲れ様でした”。僕にとって、これは新しいステップのスタートを意味している。この本にあったある種の“食の革命”、「生活はアート」にあった“ライフスタイルの革命”を経て、今僕はこの惑星で起こっていること“精神革命”に携われて、うれしい。

“チャネリング”とか“ガイド”といった言葉に惑わされないで。ゲランドの塩やオリーブオイルと同じなんだ。“素晴らしいライフ”を料理するのに必要な素材。美味しい食べ物を料理する方法をあなたはすでに学んだでしょう。素敵なライフスタイルを料理する方法もね。さあ今こそ心の料理を始めましょう…

では、土曜日の素晴らしい夜に会いましょう!お楽しみ。

I love you

パトリス

| | コメント (1)

2009年3月24日 (火)

Synchronicity and the Law of attraction/シンクロニシティと惹きつけの法則

Img_0845

Recently all the inspiration coming to me is about this question of self-love and a very strongly related idea : JOY.
I am more and more convinced that Joy is the only expression of life if we accept to let it happen...It does not mean that we will never have to face challenging moments, it just means that we can always answer to any situation in a spirit of Joy...
Joy means self respect, joy always means life continues and it is worth living...Babylonian civilization, Egyptian civilization, Greeks, Romans and many others have declined and disappeared but Joy is still on Earth...
Joy is the expression of our vitality...
Let me tell you about some synchronicities I experienced around this theme. A few years ago, when our Californian friend Mamagon of PJ café (today known as "Jeannie") visited us in Tokyo, she brought us a very cute present, a metallic mobile written "Joy". This mobile (see picture) is dancing in our Garden since that day and we have it in front of us at any time we look outside...
Yesterday I went to Nishino Breath School and at the start of the lesson we heard that Nishino Sensei has a special speech for us. All the students assembled to hear him say : Self love is not a romantic idea like hugging yourself and saying "I love you" when you feel sad and alone, it's keeping your cells alive and excited, hungry for life! Yes that's self love : experiencing as much as we can the Joy of being alive...
And this morning, opening my mails I found this message of Rhonda Byrne the Author of the International success movie "The Secret", I share it with you :

A Secret Scrolls message from Rhonda Byrne
Creator of The movie "The Secret"

Be in Joy now and everything will change

In the moment that I discovered The Secret I realized that I had been living my entire life backwards. If things were good in my life, I was happy. If things were difficult in my life and everything was going wrong, I was stressed and miserable. In my ignorance, I had been misusing the law of attraction all of my life. But all of that changed when I had the knowledge of The Secret.

To live in accordance with The Secret and the most powerful law in the Universe, we must be in Joy first - and then everything will change. To live our lives by emotionally reacting to what is happening outside of us is misusing the law! As we react with negative emotion to any difficulties, we attract more negativity into our lives. We cannot defy the law of attraction, which operates on the most microscopic levels of vibration, and with absolute exactitude.

You must be in Joy first. And then your life will change into Joy.

Difficult times are the greatest opportunities in disguise. When we face difficult times we have to put in determined work to get ourselves into Joy. But let me tell you, when you can get yourself into Joy despite what is happening around you, your life must change - it's the law!

In addition, as you become Joy in difficult times you are becoming the master of your emotions, the master of your life, and the master of the law of attraction. Difficult times are your greatest opportunity to practice yourself into Joy.

Of course if your life is going along swimmingly then it is very easy to be in Joy. During those times your Joy is most likely a reaction to the good times. But the magnificence and the power that you really have within you will be seen when you can be in Joy during difficult times. It is then that you will see the true power that you have within you, because as you hold to Joy, you will shift all the energies of the Universe, and your life and your world will change.

The cause of everything is within you, and the effect is what you experience in your life. You have the power within you to change everything by putting yourself in Joy. You can change everything so easily by becoming Joy first! And nothing can change until you get yourself in Joy, because that is the law of attraction. Like attracts like! The energy of Joy attracts energy of Joy!

Do whatever it takes to find your Joy, and then keep yourself in it no matter what. Keep ramping up your level of Joy every day. There is no limit to the levels of Joy you can reach. You will see change to the degree of Joy that you can attain and maintain. The higher the Joy you can create within you, the more spectacular the change, and the higher the Joy, the faster the change. Once you get yourself in Joy it is easy to maintain it, because your emanation of Joy attracts more Joy. The law of attraction will continually send you more feelings of Joy.

You cannot criticize or blame or complain when you are in Joy. You cannot be afraid when you are in Joy. You cannot speak negatively when you are in Joy. You cannot harm another when you are in Joy. Negativity cannot reach you when you are in Joy.

When you are in Joy you are compassionate. When you are in Joy you are considerate and caring. When you are in Joy you love others. When you are in Joy you appreciate everything. When you are in Joy you are in love with the world, and the Universe is in love with you.

Be in Joy. Seek it with all of your heart, and you will find it.

May the Joy be with you,


Rhonda Byrne
The Secret... bringing Joy to billions


I also have a message of Joy for some readers of this Blog who do not like what I write and think that I am a crazy Idealist.

Please Dear Friends, make me a favor and do yourself a favor, here is my suggestion : If you do not find inspiration here PLEASE do not loose your time reading me... Read the newspapers, read what you like, read the ideas you believe in, do not force yourself to read messages that upset you...

I never read blogs that upset me, I do not look anymore for situations that upset me...

You are free to think that life have to be hard, you are free to live the way you enjoy it even if your way to enjoy is to think that true life is not enjoying!

This blog and everything I write and teach is what I believe and experience since my birth 57 years ago, this message is just my example, it have inspired and healed thousands of people of all ages who are getting more from their life . Those people come to me freely and they leave me freely...The good news is that we are all free, totally free to think and believe in any idea, even the idea that our life have to be painful.

I personally believe in Joy,

it is for me synonym of DIVINITY

it is my religion...

If each one of us could bring everyday some joy to one creature on this planet, be it an animal, a bird, a Child or an adult, this Earth would become a paradise!

Infinite Joy!
it's my dream for All of us
because I believe it is the Dream of the whole Universe!

Aloha

最近、僕に湧いてくるインスピレーションはすべて、この自己愛の問題について、そしてそれに強く関係しているJOY/喜びという概念についてなんだ。
喜びは、自分がそれを受け入れる時におこる、ライフならではの表現。これは難しい問題に直面する必要はない、と言うことではなく。僕たちは喜びのスピリットをもって、どんな状況にもいつも答えることができる、という意味なんだ。
喜びは自己の尊重であり、ライフは続き生きるに価するものだということ。パビロニア文明、エジプト文明、ギリシャ、ローマなどなど多くの文明は衰退し消えていったけれど、喜びは今だこの地球上にある
喜びは僕たち活力の表現なんだ

このテーマに関して最近経験したいくつかのシンクロニシティについて書こうと思う。数年前、僕たちのカリフォルニアの友人、PJカフェでおなじみのママゴ ン(今ではジーニー)が東京に来た時、僕達にとてもかわいいプレゼントを持ってきてくれたんだ。JOYと書かれた金属のモビール。このモビール (写真を参照)はあの日からずっと僕たちの庭で踊り続けている。僕たちが外を見るたびに、これが目の前にあるんだ。

昨日、西野(流呼吸)塾へ行くと、クラスが始まる前に先生からお話があった。集まった生徒全員に、先生はこう言った。
自己愛とは、自分が寂しい時、ひとりぼっちの時に、自分自身を抱きしめるとか愛しているよというようなロマンティックなことではありません。それは、 細胞を生かし続けること、ライフに刺激を求め、渇望し続けることです。そう、自己愛とは:活きている喜びをできるだけたくさん経験すること

そして今朝メールをあけると、世界的に大成功をおさめた映画シークレットの作者ロンダ・バーンのメッセージを見つけた。これを紹介しよう。

シークレットが、映画“シークレット”の製作者であるロンダ・バーンからのメッセージをスクロールします。

今喜びの中にいれば、すべては変わるでしょう

シークレットを 発見した時、私はそれまでずっと逆さにライフを生きてきたことに気がつきました。もし私の人生の中で事がうまくいっていれば私は幸せ。もし事が困難な状況 であれば、すべては悪い方向へ行く。私はストレスを抱え、みじめでした。自分の無知から、ライフの惹きつけの法則を誤用していたのです。けれど、このシー クレットを知ったとたん、すべては変わりました。

宇宙における もっともパワフルな法則、シークレットに従って生きるために、まず私たちは喜びの中にいなくてはいけませんーそうすればすべては変わるのです。外側で起き ることに感情的に反応して生きることは、法則をまちがって使っています。どんな状況に対してもネガティブな感情で反応していると、私たちはより多くのネガ ティブな要素を生活の中に引き寄せてしまうのです。私たちはこの惹きつけの法則に逆らうことはできません。これは完璧なる正確さを持って、最微小の波動の レベルで起こります。

まず喜びの中にいなくてはなりません。そうすればあなたのライフは喜びへと変わるでしょう。

困難な時は、逆 にいえば最高の機会なのです。困難に直面したら、自分自身に喜びをもたらせるために、決然と身を捧げなくてはなりません。けれど言っておきますが、どんな ことが回りで起ころうとあなたが喜びの中にいられるようになれば、ライフは必然と変わります―それが法則です。

加えて、困難な時に自分自身が喜びとなるなら、あなたは感情の主人であり、ライフの主人であり、惹きつけの法則の主人になっているのです。困難な時は、自分自身を喜びに導く練習の最高の機会です。

もちろん、あな たのライフがスイスイと進んでいるなら、喜びの中にいることはとても簡単です。こういう時、喜びというのは大概いい時に対して反応しています。けれど、あ なたの内なる大きさ、力は、困難な時こそ発揮するのです。つまり内なる本当の力を見るのです。なぜなら喜びを手にすることで、全宇宙のエネルギーをあなた が変えているからです。すると、あなたのライフも、あなたの世界も変わっていきます。

すべての原因は あなたの内側にあります。あなたがライフの中で経験していることは、その結果なのです。自分自身を喜びに置くことによってすべてを変えるという力が、あな たにはあります。まず自分が喜びになることで、こんなに簡単にすべてを変えられるのです。あなた自身が喜びになるまでは、なにも変わりません。なぜなら、 それが惹きつけの法則だからです。好きは好きを呼びます。喜びのエネルギーは喜びのエネルギーを惹きつけます!

喜びを見つける ためなら何でもしなさい。それがなんであれ、それを続けなさい。毎日喜びのレベルを上昇させ続けなさい。到達する喜びのレベルに限界はありません。到達し 持ち続けることができる喜びの度合が変化するのを、あなたは発見するでしょう。自分の内側に創り出す喜びが高くなればなるほど、変化は壮大になり、喜びが 高くなればなるほど、変化は早くなります。一度、自分を喜びに置くことができれば、あとは簡単、なぜならあなたの喜びの放射がもっとたくさんの喜びを引き 寄せるから。惹きつけの法則は絶え間なくより多くの喜びの感覚を送ってきます。

喜びの中にいる 時、批判したり、責めたり、不平を言ったりすることはありません。喜びの中にいる時、怖がることはできません。喜びの中にいる時、否定的なことを言うこと はできません。喜びの中にいる時、人を傷つけることはできません。喜びの中にいる時、否定的な事柄はあなたに到達することができません。

喜びの中にいる時、あなたは慈悲深く、喜びの中にいる時、あなたは思いやりがあり、気づかいます。喜びの中にいる時、あなたは他人を愛します。喜びの中にいる時、あなたは世界を愛し、宇宙はあなたを愛します。

喜びの中にいなさい。全霊をかけてそれを探しなさい。そうすればかならず見つかるでしょう。

喜びをあなた共に。

ロンダ・バーン

シークット…無数の人々に喜びをもたらしている

 

僕からも喜びのメッセージがあります。僕の書いていることや考えていることが嫌いで、僕のことをおかしな理想主義者だと思っているこのブログの何人かの読者に。

新愛なる友人たちよ、僕のためにも、あなたのためにもお願い。これが僕の提案です:

ここでなにもインスピレーションを見つけることができないなら、どうぞこれを読むために時間を無駄にしないで。新聞を読んで、あなたの好きなものを読んで、あなたが信じるものを読んでください。自分をイライラさせるようなメッセージを無理やり読まないでください。

僕は自分がいやな気分になるようなブログは読まない。自分がいやな気分になる状況はもう探さない。

ライフは大変なものだと信じることは、あなたの自由。あなたが楽しむ方法で生きるのはあなたの自由です。たとえあなたが楽しいと思う方法が、本当のライフは楽しいものじゃないと思うことだとしても!

このブログ、僕が書き、教えているすべてのことは、57年 前に生を受けてから僕が信じ、経験していること。このメッセージは単なる私の例なんだ。自分のライフからもっとたくさんのものを得ている何千人というあら ゆる世代の人々に感動を送り、癒している。これらの人たちは自由に訪れ、自由に離れていく。グッドニュースは、僕たちはみんな自由だということ。なにを考 え、信じようと全く自由。ライフはつらいものでなければならないという考えであろうとね。

僕は個人的にJOY/喜びを信じている。

僕にとって、これは神と同義語だ。

これは僕の宗教…

もしそれぞれが、この惑星に住む生き物に、それは動物か鳥か子どもか大人かなんでも、ちょっとした喜びを毎日もたらすことができたなら、この地球は楽園になるだろう!

無限の喜び!

これがすべての人々に対する私の夢だ。

なぜなら、これが全宇宙の夢だと僕は信じているから。

アロハ

| | コメント (11)

2009年3月23日 (月)

Sardines and Self Love / イワシ君と自己愛

Dsc04302

This question of Self Love cannot be "understood" with our "head". It is not just like saying "OK, I love myself", it is something we have to feel, it is a kind of "Satori".

"Once, there was a young sardine who asked his Father : "Daddy, I heard that there is an ecstatic place on this planet called The Sea, is it true?

Father sardine said : "Mmm...some of our people say so but for me It is a fantasy, I do not believe such a place can logically exist, we would know it. For me, the only thing which is true is this reality around us..."

Hearing those bad news from the mouth of his Father, young sardine felt really depressed..."If this marvellous place called "sea" is just a dream what is the meaning of my existence? Do I really have to give up that dream like my Dad or should I continue to look for it until I discover where it is? "

How would you help young sardine realize that he is already in the Sea?

Buddha did his best to reveal the Truth, Jesus did his best to reveal the same Truth, a lot of spiritual masters still do their best to awaken their disciples to this too evident evidence but still a majority of the sardines think that the Sea do not exist and some of them who call themselves "spiritual seekers" are doing their best to jump out of the water expecting to find this "Promised Sea" somewhere outside...

My imagination game in one of my previous post was not just a game, it was a training exercise to help you experience from inside how it feels to be swimming in a sea of love. I will continue to provide more training hints...

Aloha!

自己愛についての問題は“頭”で“理解”することはできない。ただ“オーケー、自分のことを愛するよ”というようなことじゃないんだ。感じなきゃいけないもの、ある種の“悟り”なんだ。

昔、イワシの少年がお父さんにこう尋ねた。
「父ちゃん、この惑星には天にも昇るような“海”っていう素晴らしい場所があるって聞いたんだけど、それって本当なの?」

父さんイワシはこう答える。
「ム~…そういうことを言っている者たちもいるようだけれど、父さんはそれは空想の世界だと思うぞ。父さんたちが知る限りでは、そんな場所が論理的に存在するなんてありえないからな。まわりにあるこの現実だけが真実だよ。」

父さんの口からバッド・ニュースを知らされて、イワシ君は本当にがっかりした。
「もし“海”という素晴らしい場所が単なる夢だとすると、僕の存在意義はなんだろう?父さんのように、僕も本当に夢をあきらめなくちゃいけないのかな?それとも、どこにそれがあるのか探し続けるべき?」

あなたは、キミはもうすでに海の中にいるんだよってことを、どうやってこのイワシ君に気がつかせてあげることができるだろう?

ブッダはこの真理を証明しようと最善を尽くした。ジーザスも同じ真理を証明しようと最善を尽くした。多くのスピリチュアルの先生たちは、今なお、この明白なる証を弟子たちに気づかせようと最善を尽くしている。けれど大多数のイワシたちは、海は存在していないと思い、“精神の探求者”と自らを呼ぶものたちは“約束された海”を、どこか外に探し求めて、海から飛び出そうとベストを尽くしている。

前回投稿した僕のイマジネーション・ゲームは、単なるゲームじゃない。愛という海を泳いでいる感覚を内側から経験するためのトレーニングなんだ。もっとたくさんのトレーニングのヒントを提供し続けようと思う。

アロハ!

| | コメント (2)

2009年3月21日 (土)

A Spring present for Yuri / ユリに春のプレゼント

In front of our windows the Sakuras are holding their breath before the great Hanami Show.

盛大なるお花見ショーの前に、僕たちの窓の外では桜が息をひそめています。

Img_5385

But just in front of Yuri's Aroma room, the premium flowers as a present for her!

だけどユリのアロマルームの前だけ、彼女へのプレゼントとしてプレミアムフラワーが!

Img_5379

Thank you dear sakuras
for your loving gift.
We wish you a great flowering
and a very long life...
We Love you Sakura trees!

愛に満ちたギフトをありがとう

親愛なる桜ちゃんたち

どうぞ素晴らしい開花を、そして末長いライフを…

桜の木が僕たちは大好き!

| | コメント (0)

Yes we can! /イエス、できるさ!

Yeswecan

I suggest you an imagination game.
Imagine that you are the Universal Creative Principle of the Universe. There is only you. Only your Infinite mind. Your infinite imagination. You are the Creator. You are the dreamer of the worlds.
Can you imagine this?
Just you.
Infinite.
Now!
All the power, All the Dreams, all the potentials in your Spirit. How is that feeling?Anything possible! Your Spirit is the Infinite Spirit of the world. You can create A-NY-THING! Without limit...
Play with this. See what your creator's imagination can express. See that all the possible things are already in your mind ready to be manifested. You have just to access this area, this reality. See, visualize a green animal 20m long with a pink skin without hair and green dots about 26,5 cms, a yellow head with blue eyes round, 33 pairs of legs about 22cms long,...can you see this in your mind? Can you see that you are able to play with it, isn't it free and enjoyable to do this freely. Can you see that this Creator's Game is unlimited, can you see that If I suggest you anything you can see it in your mind? It is Un-li-mi-ted!

Why are you able to see anything in your mind?
Because you are a Creator and your mind contains potentially ALL the ideas that can be thought. Think of a 3 meters wide round bread with a red crust and an inside like a pink grapefruit texture but tasting like blue cheese and smelling like a violet..
Do not say that you cannot do it!
You can!
I am not sure this is the bread I would like to eat for breakfast but at least it can be imagined and if I or you took enough time we could create it, It would not be impossible.
Why?

Because anything a creator Imagine  can be manifested with a bit of of consistence...
It is why Walt Disney, said "If you can Dream it, you can do it"...Disney understood that the imagination of men is unlimited. He knew that our Power is unlimited. Hitler also did so! Jesus Christ and Buddha also did so! Napoleon did so!Obama also thinks so. And you also deep inside you think so!

We all use the same mind, what come out is just a different dream manifested and shared with others. Because of the choices we make : round?square?triangle? big?How big? Which colour?Which smell?Which texture?Which feeling? Cute?Frightening?Gentle? etc...that's it!

 

Let's be back to our game now.

There is only you.
Free! Unlimited in space or time, no limit, all potentials. You are God, you think that you want to play a game, you want to create an brand new Universe. A brand new You-niverse. Now...imagine how would be the World you would choose to create if you were the first Creator.

Be free, enjoy, play with this idea, meditate on it, live in it and watch not to put any limit on yourself, realize it is a fully open infinite potential...Experience it...
and share your ideas with me...

 

I love you!

イマジネーション・ゲームをやってみましょう。
あなたは宇宙の創造主。そこには、あなたひとりだけです。あなたの無限の精神だけ。無限の想像力です。あなたが唯一の創造者です。あなたが世界の夢を作る人です。
想像できた?
自分だけ。
無限。
さあ!
すべてのパワー、すべての夢、あなたのスピリットの中にあるすべての可能性、あなたはそういったす・べ・てを創ることができる。無限にね…
じゃ、遊んでみましょう。創造主たるあなたの想像はなにを表しているか見て。心の中ですでに実現されるのを待っている可能な限りすべてのことを見て。この領域、この現実にただアクセスしなくてはいけません。ビジュアルとして見てみてね。20mの大きさの緑色の動物、ピンクの肌をして、毛はなくて、26.5㎝の水玉模様があって、黄色の頭に、まん丸の青い目がついていて、約22㎝の長さの足が33ペアあって…どう、心の中で見ることができた?そうやって遊ぶことができることがわかったでしょう?自由でしょ?こうやって自由にやることって楽しくない?この創造ゲームは無限だってわかる?もし僕が、あなたの心の中で見えるなにかを見てみてと言えば、見ることができるよね?ム・ゲ・ンなんだ!

どうして心の中でなんでも見ることができるんだろう?
それは、あなたが創造主だからだ、あなたの心には考えられるすべてのアイディアが潜在的に備わっているんだ。赤いクラストで覆われた3メートルの長さのまあるいパンを考えて。中はピンク・グレープフルーツのような風合いなのに、味はブルーチースのようで、スミレのような香りがするんだ。
できない!なんて言わないで。
できるよ!
僕もこのパンを朝食に食べたいかどうかは定かじゃないけど、少なくとも想像することはできる。もし、僕かあなたか十分な時間があれば作ることもできるだろう。不可能なことじゃない。なぜ?

創造主が想像することはちょっとした一貫性さえあれば実現可能だってことなんだ。これが「夢を見ることができるなら、あなたにはできるということだ」とウォルト・ディズニーが言った理由でもある。ディズニーは、人間の想像力は無限だということを理解していたんだ。僕たちの力は無限だと知っていたんだ。ヒトラーも同じ!ジーザス・クライストも、ブッダも同じ!ナポレオンもだ!オバマもそう思っている。あなたも心の奥底ではそう思っている!

僕たちはみんな同じ心を使っています。他の人と分かち合い、実現した、違う夢が出てきただけ。丸いか、四角いか、三角か、大きいか?どのくらい大きい?どんな色?どんな匂い?どんな風合い?どんな感情?カワイイ?コワイ?優しい?などなど、そういったことの選択だからね。ただそれだけ。

さあ、ゲームに戻りましょう。

あなただけしかいません。
自由!空間、時間もない。無限です。すべて実現可能。あなたは神、ゲームをしたいと思っている。真新しい宇宙を作りたい。真新しいジブンウチュウ。さあ、あなたが選ぶ世界はどんなものになるか想像して。あなたが最初の創造主だとしたらと想像して。

自由に楽しんで、このアイディアで遊んで、瞑想して、その中に生きる。自分にどんな制限も与えていないか確認し、それが完璧に開かれた無限の可能性だということに気づいて、経験すべし。
そして、あなたのアイディアを私と分かちあってください。

| | コメント (1)

2009年3月17日 (火)

More about Self love.../自己愛についてもう少し

Self_love_l

Why do I insist so much about self love recently. Because I feel more and more that It is a key point in the life of almost all human beings. Why do some persons succeed and others fail. Why do some are rich and other poor? Why some happy and other unhappy?...

The answer is "self love"...Self love does not mean egoism, it means Self Identity and Self Identity means to be exactly what we are supposed to be at every moment of our life. It is our Self pilot acting from inside. Every "Self" is unique, every person is original, so all people on this planet have a particular "mission". But to accomplish this mission as it should  supposes we have full Self Love.

All the people I see In my workshops and seminars, all those who come to private sessions with me have the same problem : self love.  I used to have the same problem it is why I am now teaching others how they can come out of this limitation.

In fact, as humans, we are not supposed to be limited, we are not supposed to fail, we are not supposed to stay married with somebody we do not love, we are not supposed to do a job we do not like, live in a place we do not like, eat things we do not like, ...

But why do so many people do it?...
Why?

Because they have no confidence, because they are afraid of failure, because they think they have no dreams, because they think they are not intelligent enough or not talented enough to live by themselves and succeed...

They think they will always have to depend on parents, husband, company, or something else to continue to survive on this planet. Don't you know such people around you?

Why do they think so? From where did this idea come?
Think a little bit and tell me what is your answer.
I will continue next time on this topic.

自己愛についてどうして最近僕がこんなに言い続けているかって?それは、ほとんど全員といっていいほどの人類のライフにおいて、とても重要な事柄だということを切に感じているからなんだ。なんで成功する人がいて、失敗する人がいるんだろう?どうして金持ちの人がいて、貧乏な人がいる?なぜ幸せな人がいて、不幸な人がいるんだろう?

答えは・・・「自己愛」・・・自己愛とはエゴイズム(自己中心)じゃなく、セルフアイデンティティ(自己同一性)という意味なんだ。この世の一瞬一瞬に自分があるべき存在と全く同じ存在でいること。自分の内側から行動している自己操縦士のことだよ。どの“自己”もふたつと同じものはなく、どの人も独創的なんだ。だからこの惑星のすべての人はそれぞれ特別な使命を持っているんだ。そしてこの使命を全うするために完全なる自己愛を僕たちはもっている。

僕のワークショップやセミナー、あるいはプライベート・セッションを受けにくるすべての人たちは同じ問題を抱えている:自己愛。僕もかつて同じ問題を抱えていた。だからこそ今、こうして僕は教えているんだ。どうやってこの限界から抜け出すことができるか。

事実、僕たち人間に制限されることなんてなにもない。失敗することにはなってないし、愛していない人と結婚生活を続けることにはなっていないし、嫌いな仕事をしたり、嫌いな場所に住んだり、嫌いなものを食べたりすることにはなっていないんだ。

なのにどうして多くの人はしちゃうんだろう?
なぜ?

自信がない。失敗がコワイ。夢がないと思っている。自分で生き、成功するのに十分な頭脳もなければ才能もないと思っている。だからだ。

親や夫や会社、あるいはこの惑星で生き抜くためのなにかに頼らなければいけないといつも思っている。そんな人、回りにいない?

なんで彼らはそう考えるんだろう?そんな考えはどこから湧いてくるのかな?
ちょっと考えてみて。そしてあなたの答えを私に聞かせてください。
このトピックで次回も続けようと思う。

| | コメント (11)

2009年3月14日 (土)

Life is Love/ライフは愛なんだ

Npads140208x09genlovebir

We, Humans tend to believe that we need love and attention...
Look at almost all our motivations, at everything we do, and see behind the need to know that we are loved. The clothes we choose, our make up, what we want to become, everything is like the feathers of a bird looking for mating : " Look! I exist!Tell me that I exist! Please! Tell me how much I am beautiful!"

That's the best case...But very often humans even do not get to this point. From the beginning some people think that anyway, from start, they cannot be loved, they will not be loved...They believe from the start that nobody will tell them that they exist, they imagine their life like something useless...Those persons are easy to notice because it's  so evident to see that they do everything not to be noticed...

But in fact, both cases are based on the childish misunderstanding of a basic principle : we are not on Earth to be loved...We are on Earth to Love!

Children need support, warmth and attention to adapt to the environment of this Earth until they get all their faculties operating. All animals including humans have the same need but once they become adults they are fully independant and they do not need care anymore, they are supposed to start to care. And this is where many humans do not see the point and get stuck in childish behaviors.

Adults do not need to be accepted anymore. They are! And it is all what is needed! It is a self demonstration. Being who we are is the only reason why we are here and it is obvious...Once we get to this point we start automatically to discover what we have to do...It unfolds from the Center of our Self! (Or the Universe if you prefer)

  But we have to stop looking for the love and acceptation of others because it is what do not allow us to discover what we are here for...

  We look like somebody enrolled for a mission in a company who will spend his time asking : "Do you love me?" instead of doing his job...See what I mean? This person will never learn the job expected...

And it is what happens!

Everybody is spending so much time asking "Do you love me?" that in fact the job of Earth do not progress. And this cause is behind all problems from divorces to wars...

So what is the job?...It is to love and not to be loved.
Look! Rivers flow one way, not both. They are not like trains with the return ticket. To be is to let love flow from your heart without expecting the river to be back to the Source. It is that evident...Do anything you do with love! As love expression. That's the definition of our position in the game!

See, we do it on the wrong way, we are rewinding the video and looking at the movie backwards... we call this rewinding "Our life"... It is why it becomes a life of fear because our need for love can never be answered...The machine is not built to operate in reverse mode!

But, imagine a minute what happens when we understand the user's manual...

Love starts flowing from everybody! It is everywhere in the streets, in the shops, everybody works in love,...

See the result?

No need to look for love anymore because then, truly : LIFE IS LOVE! LOVE IS IN THE AIR!

僕たち人間っていうのは、愛されなきゃとか、かまってもらうわなきゃと思う傾向にある。なにかをやる時の動機を見てみて。愛されていることを知る必要性の裏側を見て。僕たちが選ぶ服やお化粧、なりたい自分・・・それはすべて相手を探している鳥の羽根みたいなもの:「ねえ、見てみて、私、ここにいるよ!私がここにいるって言って!お願い、どんなに私が綺麗か言って!」

これは最もわかりやすい場合だけど…しばし人間はこのことを理解さえしていない。最初から、どうしたって自分は愛されるわけがないし、これからも愛されないだろうと信じている人たちがいる。最初から自分の存在には誰も気づかないだろうし、自分のライフは無意味だって思っているんだ。そういう人たちっていうのはすぐわかるよ。だって気付かれないようにすべてをやっているからね。

けれど実際のところ、どちらの場合も基本的には基礎的な主題についての子供じみた誤解なんだ:私たちはこの世で愛されない運命なんだ。私たちは絶対愛されるはずだ!

子どもたちというのは、この地球環境に適応するために、自分たちの能力がちゃんと機能するまで、支えてもらったり、温かく見守ってもらう必要がある。人間を含むすべての動物たちは同じだけど、彼らは一度大人になると完璧に独立し、面倒をみてもらう必要がなくなり、今度は面倒を見る側になることを期待される。ここのところでで多く人間たちが理解できず、子供じみた態度に陥るところなんだ。

大人は、もう受け入られる必要がないと思っている。だけど、そんなことはない!それこそが必要なこと。自作自演!自分自身でいることだけが、僕たちがここに存在する理由。明らかだよ。僕たちはしなくちゃいけないことを、自動的にみつけ始めた時点で、自分自身の真ん中(あるいはお好みで宇宙と言ってもいいんだけど)から展開していく。

だけど僕たちは、愛を探したり、他人から認められようとすることをやめないといけない。なぜなら、僕たちがここにいる理由をみつけることは、認められていないからだ。

そういう人たちは、仕事をする代わりに、会社の中で「私のことが好きですか?」と聞くことに時間を費やす人のようなもの。こういった人は決して期待された仕事を学ぶことはできない。

そうして、こういうことが起こる。

みんなが「私のこと好き?」と聞くことに多くの時間を費やし、地球上の仕事はまったく進まなくなる。これが、離婚から戦争まですべての問題の裏側にある原因です。

じゃあ、仕事はなに?それは愛され、愛すること。
見て!川は一方方向に流れている。双方じゃない。往復チケットがある電車とは違うんだ。存在するということは、川が源に戻ることを期待せずに流れるように、心から愛を流すこと。はっきりとわかるでしょう。どんなことも愛を持って!愛の表現として。それがゲームにおける僕たちのポジションの定義。

わかる?僕たちは間違った方向でやっている、ビデオを巻きもどしている、映画を終わりから見ている…僕たちはこの巻き戻しを「僕たちのライフ」と呼んでいる。愛を求めても、答えは決して得られないのだから、それは恐れのライフになる。機械は、逆戻りモードで動くように設定されていないからね。

でも、僕たちが取扱い説明書を理解した時になにが起こるかちょっと想像してみて。

愛はみんなから流れ始める。通りに、お店に、あらゆるところに・・・みんなは愛を持って働く。

結果はどう?

もう愛を探す必要はないでしょう。なぜって、本当に:ライフこそが愛!愛はあちこち漂っているのだから!


| | コメント (1)

2009年3月10日 (火)

Haruchika Noguchi and Self Love/野口晴哉と自己愛

Noguchi01

By an interesting synchronicity I read this morning an article written by the Founder of the Katsugen Undo, Noguchi Haruchika. In this article he writes :
"when parents define a child as being naughty and scold it for its mischief, the child comes to think nothing of behaving naughtily.
It is natural that a naughty child should do naughty things.
just as a good child behaves well, so a naughty child behaves badly.
But as to whether there actually are such creatures as "good children" and "bad children" the answer is "Emphatically not". As they are defined, so they come to be...
People become what they are recognized as being. Both adults and children become what they are recognized as being."

I think that this text will give you a good understanding of the meaning of "not judging others". If I judge that my child is "bad" it means that I create an idea of "bad" and apply it to my child. It is a way to say to him that I do not accept him as Good. I refuse to welcome his originality.I think he have to think like me, be like me etc...To be good. But he will never be like me because we are two different persons.This creates a vicious circle and frustrations for everybody!

When I am able to see only the Good In my child even if he is very different than me, I love my child as myself. Because I would not like anybody to impose me his vision by force I do not do it to my child...

It is why unconditional love of others is self love. It means "Accept others as you accept yourself"

不思議なシンクロニシティが起こり、今朝、活元運動の創始者である野口晴哉さんによって書かれた記事を読んだ。こう書いてあった:

両親が子供をいたずらっ子とみなし、迷惑なことだと怒っても、その子はいたずらをしようとは考えていないものだ。いたずらっ子がいたずらをするのは当然だからだ。良い子が良いことをするのと同じで、いたずらっ子はいたずらをする。
しかし、“いい子”や“悪い子”といった生物が実際にいるかどうかだが、答えは“断固としていない”のである。
彼らが定義されたとおり彼らはそのように存在している…人々は存在として認識されたようになるのだ。大人も子供も、存在として認識されているものになっている。

このテキストは“他人を裁かない”という意味を理解するのに役立つと思う。もし私が自分の子供を“悪い”と判断するなら、私は“悪い”という考えを作りだし、それを子どもに適用しているということだ。それは、良い子として彼を受け入れないよと言うメッセージなんだ。私は彼の独創性を歓迎しない。彼は私と同じように考えるべきだと思っている…そう、良い子でいるためにね。だけど、彼と私は違う人間だから、彼は決して私のようにはならない。これがたちの悪い循環を生み出し、全員にフラストレーションを与えるんだ!

もし私の子供が私とすごく違ったとしても、彼の中に素晴らしいものをだけ見ることができた時、私は自分と同じように彼を大切にする。だって誰にも自分のことでとやかく言われたくないから、自分の子供にもしない。

これが、他人に対する無条件の愛は自己愛であるという理由。“他人を受け入れよう、自分自身を受け入れるようにね”という意味なんだよ。

| | コメント (12)

2009年3月 9日 (月)

We are so Beautiful!/私たちはこんなに美しい!

200w_math_p_gsbf2

I want to consider the comment of Hannah on my last post about "frustration" because I think that it is a very fundamental issue that may be addressed.

I believe that there is no thing called "big mistake" or "fault" in this world. For the Universe, there is always a reason for something and this judgment do not belong to us. If we do not imagine that we are an Ego separate from the world, who is responsible? In front of  Who?

Even if for our so called "ego" something looks "Bad" there is no such thing as "Bad" in this Universe, this Universe has no capacity to judge us, it is unconditional. The only thing there is is Love (life) in expression...Even a serial killer, even Hitler or other so called "Bad entities" were not an expression of "Evil" but only an expression of distorted "Love".

What was the motivation of the terrorists of the Twin Towers in New York? Do you think it was evil? No. It was the same motivations as the Japanese Kamikaze rushing on Us Boats during the war. Where did those young Japanese boys get their resolution to do this?In some devilish places? No. They got their benedictions in Shinto Shrines, in Buddhist temples...Can you see a difference between them and the terrorists of the twin towers? I cannot. It is the same pattern. The terrorists and the Kamikaze did not act in the name of "evil" they acted in the name of a "Principle" they loved more than their own life and they gave themselves to it!

So, where is the responsibility? From where come the problem?
Who killed the Kamikaze? Who killed their so called "enemies"? Who killed so many people in the twin towers?

God?

Men?

No...Behind, between God an man, some teachings of religions are distorting the true flow because some of their teachers do not grasp the point. They do not act to harm people, they are just not enough awakened to accept the absolute freedom that religions are supposed to bring. They have no confidence in the beauty of Humanity. 

As a proof of this negative effect of a false religious idea of God and men see how Europa spent hundreds of years in "religious wars". Look in the history of the world. Religions killed more people than any other beliefs on this planet. Always in the name of a false "Good"vs"Bad" distinction. Only this idea of "good" and "bad" creates all problems in our life, even if we have no direct religious beliefs...It is part of the dream of the planet. Who is good and who is bad? Look at any problem, even in a couple. Who can decide? Why did it start?How can it end?

Only by accepting that there is no "good" nor "bad" in the absolute

It is why Jesus Christ who was a man like Buddha came after Buddha to announce the "good news" :  LIFE IS ABSOLUTE FREEDOM AND LOVE and that THERE IS NO SIN. His whole Philosophy can be resumed in two phrases:
1) Do not judge others because you will be judged by yourself with the same rules that you use for others.
2) Love your Brother like yourself.

This means that your Brother is also in you because there is no separation in your world. This means let's accept your Life in all it's manifestations, Stop destroying your beauty and the beauty of others in you.
See how ALL, including us, is so beautiful!
Accept it!

Accept it as yourself.

この間の投稿“フラストレーション”に書いてくれたハンナのコメントについて考えたい。これは、なんとかしなくちゃいけない基礎的な問題だからね。

この世に“大きな間違い”や“失敗”は存在しないと私は信じている。宇宙にはどんなことにもいつも理由があるんだ。だからこういった判断を私たちはしちゃいけないんだよ。自分が世界と区別された自己(エゴ)でないなら、誰に責任がある?誰の前において?

たとえいわゆる“エゴ”が“悪い”顔をしていても、宇宙の中では、それは“悪い”わけじゃない。宇宙は私たちを裁く力を持ち合わせていない、無条件にね。そこにあるのは表現としての愛(ライフ)だけ。連続殺人鬼や、ヒトラーや、“悪者”と呼ばれる人たちですら、“悪魔”の表現ではなく、歪んだ“愛”の表現なんだ。

ニューヨークのツインタワーを破壊したテロリストたちの動機はなんだろう?悪魔の仕業だと思う?いや、日本が戦争時、アメリカの軍艦に突撃したカミカゼと同じ動機だよ。年若き日本の少年たちが、こうした行動をする決意はどこから来たんだろう?彼らは、神社で、お寺で、祝福をもらったんだ。彼らとテロリストの間に違いがあるだろうか?私にはそうは思えない。同じ構図なんだ。テロリストもカミカゼも“悪魔”の名の元に行ったんじゃない。“信条”に基づいた行動だった。彼らは自分のライフよりもっと愛した信条に身を捧げたんだ!

じゃ、責任はどこにある?問題はどこから来た?カミカゼを殺したのは誰?彼らが“敵”と呼んだ人たちを殺したのは誰?誰が一体ツインタワーの、あんなにも多くの人を殺したんだろう?

神様?

人間?

いえ、神と人間の間にある見えない…宗教の教えが、本来の流れを歪めてしまっているんだ。幾人かの指導者は、ちゃんとわかっていないからね。宗教は人を傷つける行いはしないものだ。宗教が伝えようとしている完璧なる自由を受け入れることに、彼らがちゃんと気づいていないだけなんだ。彼らは人類の美しさに自信が持てないでいるんだ。

神と人間に対する間違った宗教的考えのネガティブ効果の結果、ヨーロッパの“宗教戦争”は何百年も続いた。世界の歴史を見てみて。宗教が、この惑星のいかなる信仰よりも多くの人間を殺してきた。それは、いつも“善”“悪”の間違った区別の元に起きている。私たちのライフにおいて、“いい”と“悪い”がすべての問題を引き起こしているんだ。たとえはっきりとした宗教的な信念がないとしてもね。それは、惑星の夢の一部。誰がいいか誰が悪いか。どんな問題でもいいから見てみて。カップルの問題でもいい。誰が決定するの?誰がそれを始める?どうやって終わらせることができる?

絶対的なものの中では、“善”も“悪”もないということを認めることによってのみ、終わらせることができるんだ。

それが、仏のような人間であったイエス・キリストが、“いいニュース”を知らせに、ブッダのあとに現れた理由だ:ライフは絶対なる自由であり愛である。そしてそこに罪悪はない。
彼の全哲学は、二つのフレーズに要約される。
1)他人を裁いてはならない。でなければ、その同じルールで自分自身を裁くであろう。
2)自分のように兄弟(人類)を愛せよ。

これはあなたの兄弟は自分の中にいることを意味している。なぜならあなたの世界の中では区別される存在でないからだ。さあ、すべての表現であるあなたのライフを受け入れよう。あなたの美しさ、あなたの中にいる美しさを壊さないで。
ね、わかるでしょう?すべて、自分を含めたすべては、こんなにも美しい!
それを受け入れよう!

自分のものとして受け入れよう。

| | コメント (7)

2009年1月19日 (月)

How to create a winter resort for birds./小鳥たちのウィンター・リゾートを作る方法

We do not have a TV at home but we have a small garden with lots of birds coming, we feel it is much more rewarding than a continuous source of sad informations...

Birds do not talk about the warming of Earth, the CO2, the financial situation,...They just act everyday the same way. When it rains they do not play around, when the sun is shining, like today, our garden becomes a birds playground.

We spend hours watching them while sipping a cup of tea or expresso. Birds bring us everyday a message about lightness and immediate reaction. They do not worry about tomorrow...
They live just in the NOW.

But they are also like us, they do not come to a garden because they think owners are nice people, they come because they find what they need to be happy : food,freedom and security.

What are the elements of birds happiness in winter?

One thing they enjoy is the birds pool I found at a home center near our house. When I bought it I never thought birds would use it, I just felt it would be decorative in the garden. In fact birds love it so much that we have to refill it with water every two days.

私たちの家にはテレビがありません。でも、小さな庭にたくさんの小鳥たちが来てくれることの方が、果てしなく送られてくる悲しい情報よりずっとずっとご褒美だと思います。

小鳥たちは地球温暖化や、CO2や、経済状況について話しません。ただ毎日同じように行動するだけです。雨がふれば遊びまわらない。今日みたいにお陽さまが輝やけば、私たちの庭が小鳥の遊び場になるのです。

私たちはお茶やエスプレッソをすすりながら、何時間も小鳥たちを眺めています。彼らは毎日、軽快さやすぐさまの反応についてメッセージを送っています。彼らは明日のことなど心配しません・・・ただ、今を生きています。

彼らがここへ来るのは、庭のオーナーがいい人たちだからじゃないです。私たちと同じように、自分たちが幸せになるために必要なものを見つけにここへ来ています。食べ物、自由、安全。

冬に小鳥たちを幸せにするものってなんでしょう?

彼らの楽しみのひとつはバード・プールです。コレ、家の近くのホームセンターで見つけたもの。買ってきたときは、小鳥たちが使うなんて思ってもいませんでした。ただ、庭の飾りにいいなと思っただけ。実際のところ、小鳥たちはコレがすごく好きで、2日おきに水を満たしてあげなくちゃいけないほどです。

Img_5086

The most busy season for our pool is now, because it is winter time. In summer birds almost never bath because for them, bathing is not for cleaning nor for refreshing. On the contrary it is to keep their body warm. Humidity gives their feather a protective warming coating, something like a scuba diving wet suit.

Another thing birds love in winter is fruits. Mainly from the citrus family : oranges, grapefruits, etc. They also like kiwis. They eat apples but it is not their favorites. If you know a friendly fruit shop, ask for fruits they are not able to sell anymore. Birds will not complain about your oranges being too ripe...

The favorite of the birds in winter is "margarine and seeds ball" because birds look for calories and minerals to resist the cold.

プールのハイ・シーズンは冬の今。小鳥たちは、夏に水浴びをすることはほとんどありません。彼らにとって水浴びはキレイになるためのものでも、リフレッシュするためのものでもないのです。それとは逆に、体を温かくしておくためのもの。湿気が寒さから守るために羽をコーティングします。スキューバ・ダイビングのウェットスーツのようなものですね。

冬の別の楽しみはフルーツです。主に、柑橘系:オレンジ、グレープフルーツなど。キィウィも好きですね。リンゴも食べますけど、お気に入りってほどじゃないみたい。もし、親しい果物屋さんがいるなら、売れ残った果物があるか聞いてみてください。小鳥たちは、オレンジが熟しすぎているからって文句を言わないでしょう。

彼らの冬の大好物といえば、“マーガリンとタネのボール”。彼らは冬対策で、カロリーやミネラルを探していますから。

Img_5205

Looks delicious isn't it?

Those "energy balls" are easy to make and you will be rewarded because they will put you on the top of the list of the Yearly Birds Edition of the Michelin.

Here is a 3 feathers recipe :

Buy a pack of hard type margarine non salted if possible (About 300g) and let it soften at room temperature in a big bowl. Add 800g of seeds mix for birds (the small type or medium type with some sunflower seeds inside).

Mix well with a silicon spatula then shape with your hands (very good for dry hands)into a 6 to 7cm balls (You will get about 12 to 14 balls). Let harden in the fridge or in the freezer. When hardened, roll them one by one in non stick paper or baking sheet, keep in the freezer for use when needed.

To serve the balls to your guests, re-use plastic nets  (the ones for oranges or vegetables). It is said that our winged friends prefer green nets. I am using orange ones and until now no bird complained...

Tie the net up with a string and hang it in a place where cats will not be a danger for your customers. Also I suggest that you avoid places where crows have easy access. If they find your energy balls they will gulp them down instantly like chocolate truffles...

As you see on the next picture, I use a terracotta "birds open house" as a "safety" restaurant building.

ね、美味しそうじゃない?

この簡単な“エナジーボール”を作ってあげれば、あなたがミシュランの鳥バージョン年鑑のトップに載ること間違いなし。

では、レシピ:

ハードタイプのマーガリン(できれば無塩)約300g、大きなボールの中に入れ、室温で柔らかくします。800gの鳥用シードミックス(ひまわりのタネがいくつか入った小~中くらいのタイプ)を加えます。

シリコンのヘラでよく混ぜ、手で(乾燥した手にいいですよ)6~7cmのボールに形を作ります(14~16個のボールができます)。冷蔵庫か冷凍庫の中に入れ固めます。固くなったら一個ずつノンスティックペーパーの中で丸め、必要になるまで冷凍庫の中に入れておきます。

ボールをお客様にお出しする時は、プラスティックの網(みかんや野菜が入っている網)をリユースしましょう。ツバサちゃんたちは緑色の網が好きと言われていますが、私はオレンジのを使っています。今のところ苦情はありません…。

網をヒモを使って上でしばり吊るします。ネコたちがお客様を怖い目にあわさない場所がいいですね。それから、カラスが簡単に来れる場所も避けた方がいいでしょう。彼らがあなたのエナジーボールを見つけたら、チョコレートトリュフみたいに一気に飲み込んじゃうでしょうからね。

次の写真でおわかりのように、私はテラコッタの“鳥のオープンハウス”を“安全なレストランの建物として使っています。

Img_5184

Look well, a customer is waiting for a table at the Left entrance.

よく見て、左の入口でお客様がテーブルをお待ちです。

Img_5202

And this one is eating on the terrace...

Wish you will enjoy playing with our winged friends, it is one of the joys of winter. But be careful, if you start feeding them, be regular until spring because they will rely on your generosity for survival...

Do not continue feeding your birds when spring come, it will then be time for your guests to work for you in the garden eating insects and parasites...

そしてこっちは、テラスでお食事中。

私たちのツバサちゃんたちと一緒にお楽しみいただけたでしょうか。これは冬の楽しみのひとつです。だけど気をつけて。もしエサを与え始めたら、春まではちゃんと続けてくださいね。彼らはあなたの寛大なおもてなしを生きていくためにあてにするでしょうからね。

春が来たら、エサをあげるのはやめましょう。今度はあなたのお客様たちが、あなたのために仕事をする番なのです。庭の虫や寄生虫を食べてくれるというね。

In Love and Beauty

| | コメント (5)

2008年12月15日 (月)

How to heal Workaholism?/ワーカーホリックの癒し方

Istock_000000477761small

I found this very interesting document on the net and because I feel it is very inspiring I share it with you. If you have Workaholics around you please send it to them you will help them change their life :

Affirmations for Workaholics

   1. The less I struggle, the more open I am to inspiration. The more I take it easy, the more I accomplish.
   2. My Higher Power wants me to realize my vision of joyful work and a balanced life and gives me whatever I need to achieve it at the right time.
   3. I do everything easily and effortlessly.
   4. My life is full and underscheduled.
   5. I now receive full assistance and cooperation from all persons necessary for realizing my work vision. I attract only loving people.
   6. The more I risk, the safer I am.
   7. I am more effective by being more selective.
   8. The more I play, the more God works.
   9. I have time to spare and time to share. Time is my friend. When I take time, I make time.
  10. My top priority is doing my being. Before I do anything, I first do nothing.
  11. I draw to myself everything I need for a joyful balanced life.
  12. My doing my right work strengthens all my relationships. My work brings me closer to those I love.
  13. When I take time, I make time. The more I take my time, the more time I have to take. I don't have time not to have time.
  14. I am entitled to my right work and deserve the enjoyment, recognition, and health that right work brings.
  15. I live by divine appointment with broad margins.
  16. I am still in the midst of activity and vibrantly alive in repose. I take an emergency leisurely.
  17. The slower I go, the faster I grow.
  18. Even when offered the best, I say no if I need rest. Rest is the best reward I can give myself.
  19. My body is my friend and my temple. I bless and thank it daily and obey its signals.
  20. Emotions are information. I honor their important messages.
  21. I love myself no matter what. I'm perfect just the way I am. I am enough. I have enough. I do enough.
  22. People bring me important messages (angels in my life) when I listen or meditate carefully.
  23. I work to live, not live to work.

I am sure this text can inspire you even if you do not consider yourself as a workaholic...

And here the address of the site of the Workaholic Anonymous in English :

English W.A.

とても面白い記事をウェブ上で見つけました。心動かされますよ。みなさんも見てみてください。もしあなたの回りにもワーカーホリックがいるようなら、彼らにもこの記事を送ってあげてくださいね。きっと彼らのライフを変えてあげられるから。

ワーカホリックに捧げる肯定文

  1. 苦労が少なければ少ないほど、私はインスピレーションを受けやすくなる。気楽にやればやるほど、私は多くを成し遂げる。
  2. 私の崇高なる力は、私を喜びに満ちた仕事のビジョン、バランスのとれたライフに気づかせ、達成するのに必要なものはなんでも、絶好のタイミングで与えてくれる。
  3. 私はなんでもカンタンに努力なしで行う。
  4. 私のライフは満たされ、予定どおりにすすんでいる。
  5. 私は今、私の仕事のビジョンに気づくために必要なすべての人から、完璧なる助けと協力を得ている。私は愛する人々のみ惹きつける。
  6. リスクを負えば追うほど、私はより安全になる。
  7. やりたいことを選べば、もっと上手になる。
  8. 私が遊べば遊ぶほど、神様はもっと働いてくれる。
  9. 私には余暇があり、分かち合う時間がある。時間は友。時間をかけると、時間は生み出される。
  10. 私の最優先事項は自分自身でいること。なにかをする前に、最初私はなにもしない。
  11. 喜びあふれるバランスのとれたライフのために必要なものはなんでも、私は引き寄せる。
  12. 正しい仕事をすることは、私のすべての交友関係を強力なものにする。私の仕事は、私が愛する人たちとの関係をより親密なものにする。
  13. 私が余裕をもつと、時間も生まれる。余裕を持てば持つほど、自分の時間を持てる。自分の時間がないという時間を持つ時間はない。
  14. 私は正しい仕事をする権利があり、その仕事が運んでくる楽しさ、報酬、健康を受け取るのに値する。
  15. 私は膨大な範囲の中、神聖なる任命を受け生きている。
  16. 私は未だ活躍の途中であり、活きいきとそれに応じて生きている。私はゆったりと緊急に対応している。
  17. ゆっくり行けば行くほど、私は素早く成長する。
  18. 最高のものが差し出された時でさえ、休息が必要な時はノーと言う。休息は私が自分にあげられる最良のご褒美。
  19. 私の体は私の友であり寺院である。体に神のご加護をと祈り、感謝を捧げ、体から発せられるシグナルに従う。
  20. 感情は情報である。それらの重要な情報を謹んで受け入れる。
  21. 自分がなんであれ私は自分を愛する。ありのままの自分で完璧だ。私は十分満たされ、私は十分なものを持ち、十分に行っている。
  22. 注意深く耳を澄まして瞑想すると、人々は私に重要なメッセージ(ライフの天使たち)を運んでくれる。
  23. 私は働くために生きているのではなく、生きる喜びのために働いている。

もし自分はワーカーホリックじゃないと思っているとしても、この文章はあなたの心をきっと動かすでしょう。

こちらにワーカーホリック・アノニマスの英語のサイトがありますよ。

| | コメント (3)

2008年12月11日 (木)

Becoming an Urban Shaman (2)/ 都会のシャーマンになろう(2)

My fourth contribution to the site of Mitsui "Café Ecolo" is online now, if you want to see my monthly inspirational slideshow click here. This month, the theme is about "Heart ecology".

You remember that I started writing here about "Urban Shamanism" a few weeks ago. In our imagination, Shamans are often associated with "Nature", "Natural elements", "Natural Spirits" and we imagine that they are living far from the cities. We think that we have to go to South America or Hawaï, or Okinawa to meet them. Do we really have to? And even if we traveled far to meet such an exceptional being would this experience really empower us? The good news is that we have a perfect shaman living very close to us, he or she is waiting for us to notice. Where is this place? In our heart. Do you want to meet this inspired person and start learning from her? I give you an easy test. Look at this picture. What do you feel when you look at this familiar scene? Do you think it is "shoganai" or do you imagine that something can be done?

85429735_42b208795a

Now, turn to your inner Shaman and ask : "Is there something I can do to improve this situation?"

Wait for the answer. Then when you get it, if you feel that your Inner Shaman is OK for sharing in this blog, tell us about your inspiration.

In Love and Beauty.


三井の"カフェ・エコロ"のウェブ・サイトに、私の4つ目の投稿が載っています。インスピレーションをかきたてるマンスリー・スライドショーをご覧になりたい方は、こちらをどうぞクリック。今月のテーマは、“ハート・エコロジー”です。

覚えていますか?数週間前、私が“都会のシャーマン”についてここで書いたことを。

シャーマンって、よく“全自然”とか“自然を構成する個々のもの”とか“精霊”なんかに関係していると考えられますね。そう、私たちは、シャーマンは町から遠く離れたところに住んでいると思っています。だから南米やハワイ、あるいは沖縄まで会いに行かなくちゃって思うわけです。でも、本当にそうでしょうか?遠くまで出かけていき、そのような特異稀なる存在に会ったとしたら、本当に力を得ることができますか?

グッド・ニュースです、完璧なシャーマンは私たちのすぐそばにいますよ。彼(彼女)は、私たちがそのことに気づくのを待っているのです。どこかって?それは、私たちのハートの中。

この素晴らしい人物に出会って、彼(彼女)から学びたい?じゃ、ここで簡単なテストをしてみてくださいね。

さあ、この写真を見てみて。このよく見なれた風景を見て、どんな風に感じましたか?“しょうがない”と思う?それともなにかできることがあるって思う?

じゃ今度は、内なるシャーマンに向かって聞いてみてください。“この状況を改善するために私はなにかできるでしょうか?”

答えを待ってください。もし答えが出てきて、あなたの内なるシャーマンがOKを出していると感じたら、このブログであなたのインスピレーションを聞かせてください。

In Love and Beauty

| | コメント (10)

2008年11月11日 (火)

Honeybee's visit.../ミツバチの訪問

A few weeks ago Yuri and I were having our breakfast in our garden, the weather was very nice and sunny, suddenly we had the visit of a bee...Every morning, to sweeten my expresso I use honey instead of sugar. The jar was open on the table. The bee flew around thinking -maybee-(joke may-bee fu-fufu): "Wow!  A lot of our honey here, no need to work today, let's carry some of it back home..." I must confess it was a good pure Japanese Honey and not a cheap imported one mixed with glucose sirup (mizu ame)...I started to communicate with the visitor. "Hey, what do you want?"...The answer was clear "I want to try this honey". I said "Ok, go ahead!" so she entered the jar for a tasting. In fact she felt a bit insecure being in the jar so I said "OK, let put some on a spoon". She answered "Great idea!" and so we became friends. I then said, "Ok, now we are friends so I will give you some honey on my finger" and she said " Wow, you trust me so I trust you and this is what happened.

数週間前、ユリと私が庭で朝食をとっていた時のこと。お天気も素晴らしく晴れ渡っていました。そこへ突然ハチがやってきました。私は、毎朝エスプレッソに、お砂糖ではなく蜂蜜を入れているんですが、その容器がテーブルの上であけっぱなしになっていました。ハチはそのまわりを飛び考えていました。たぶんこんな風にメイビー(コレ、ハチのビーとメイビーのビーとのダジャレジョークですよ!フフフ)“ワオッ、ここにたくさんのハチミツがあるぞ。今日はもう働かなくてもいいや。少し家に持ってかえろうっと…”

実は私のハチミツは上等で純粋な日本製のもの。安い水あめと混ぜ合わせた輸入ものとは違うんです。そこで、私はこの訪問者とコミュニケーションを始めました。「ねえ、なにがほしいの?」と聞くと、答えは明快に返ってきました。「このハチミツがほしい」って。それで私は「どうぞ、いいですよ」と言いました。そして彼女は味見をするために容器の中に入りました。でもなんだか不安そう。だからね、こう言ったんです。「わかったよ、じゃ、スプーンに少しとってあげましょう」と。

彼女は“素晴らしいアイディアだわ”と応え、そうこうしているうちに私たちは友達になりました。「私の指にハチミツをつけてあげるよ」と私が言うと、彼女はこう言ったのです。「ワオッ私をそんなに信用してくれるの?私もあなたを信じるわ。」ほらね、ご覧のとおり!

Photo

Love
Patrice

| | コメント (3)

2008年11月 4日 (火)

"Waters of Life always flowing"/ライフの水はいつも流れている

Img_4967


Two comments on this blog have allowed me to write an answer I want to share with all my readers. Here it is :

Dear Maasa san, Dear Jeannie,
Thank you for your comment...
First, about the question of Maasa, I will answer by a question to myself : "What would I do if suddenly I become blind?"

Would I stay prostrated and wait for death to come remembering with regrets the time when I could see? Would I move ahead and discover the "gift" in this apparently "negative" happening?

Many people have expanded their "Inner Force" trough this kind of experiences. Life always have a message : "Move on! and love what happens!

"Always say "Yes", Move on." That is the message of Life, rivers never flow back and if they stop flowing they become dry...Water teach us great lessons isn't it?

"I AM" is not a bank, it is not a stock of memories of the past," I AM" is Life always expressing itself through BEING in the PRESENT (The GIFT of NOW).

Memories are like phantoms. In us there is a lot of lovely and lovable phantoms but phantoms are Earthbound spirits, we have to let them fly to the light, we have to let them free and not stuck in our hearts. So when the color Bordeaux disappear if you listen to life, you will discover a new experience corresponding to your new level of awareness. Nobody stays forever in the first class of a kindergarden so our toys have to change as we evolute.

And here comes my answer to Dear Jeannie (How was the Marathon?")wooden spoons and silicone spatulas are toys for me and I discovered that "for me" they constitute the best interface in this situation.

For example when I massage the breast of my wife, I can choose between using just my hands, I can use almond oil, coconut oil, olive oil, or talc powder... I am sure you will agree that choosing one of them will give a "different feeling" to the whole experience for her and for me.

Using a wooden spoon at some steps makes the same difference for the cake and for me. Both the cake I am creating and myself like it better this way, so the result is that the taste is affected by this "loving communication" between us : cake, wooden spoon, silicone spatula and me.

It's a teamwork.

I once looked at a video on the net of a man using a metal spatula to put the chocolate mousse he just made in small glass ramequins. And the bowl was saying "Klang!Klang!Klang!" because it was a metal bowl too...And I was feeling really bad in my heart during the whole process because chocolate mousse is so soft, this "Klan!Klang!Klang!" of metal on metal was like the bowl and the mousse saying "It hurts!It Hurts! "

In this case I would personally have chosen one of my dear silicone spatulas. And to be more precise in this case I would choose a particular shape that allows me to clean the bowl perfectly so I would not throw away any gram of this precious mousse.

But What If I do not have a silicone spatula at home dear Maasa san? Hahaha. I cannot answer because I have several of them at home. I know by experience that I always prefer this accessory when I cook...

It is what I call "lifestyle design" getting what I need to make my life enjoyable...But what if silicone spatula did not exist?
Hahaha...

It may be the reason why somebody had the idea to create them...

He moved on, made money and helped humans get a very precious tool,...
So Maasa san...when something disappear it is  a chance to help the world, as an example of it you may have heard of Helen Keller. Her life better than my words is a living answer to your question...

Love

Dsc00673

日本語は、下の“続きを読む”にあります。クリックして読んでね。

前回の記事に寄せられた2つのコメントに返事を書いたのですが、読者のみなさんともシェアしたくてここに載せることにしました。

新愛なるmaasaさん、そしてジーニー

コメントをありがとう。
まずはmaasaさんの質問から。私は自問自答してみることにしよう。「もし突然目が見えなくなったら、どうする?」

私なら、落ち込んだまま、目が見えた時のことを悔しく思い出しながら死を待つだろうか?それとも前へ進み、この一見「ネガティブ」な出来事の中に“贈り物”を発見するだろうか?

多くの人は、このような出来事を経験することで“内なる力”を広げるのです。ライフはいつもメッセージを送っています。「進みなさい、起きた出来事を愛しなさい」と。

「いつもイエスと言って進みなさい」これがライフのメッセージです。川は決して逆に流れない。もし川が流れを止めれば干上がってしまいます。水からの素晴らしい教えだと思いませんか。

“現在形の私”を貯めることはできません。自分は、過去の思い出のストックではないのです。“現在形の私”とは、いつも現在(今の贈り物)の中で表現しているライフ。

思い出は、オバケのようなものです。私たちの中には、たくさんの素敵な愛すべきオバケがいます。でも、オバケは地球を離れられないスピリットでしょう。私たちはそれらを光へ向かって解き放してあげなくてはいけないのです。自由にしてあげましょう。私たちのハートに閉じ込めてはいけないものです。
もしボルドーの色がなくなってしまったら、ライフに聞いてみてください。新しいレベルの気づきに反応し、新しい経験を発見するでしょう。誰も幼稚園の年少さんに永遠にとどまることはできないのだから、進化とともにオモチャも変わらないとね。

さてと、今度は親愛なるジーニー(マラソンはどうでした?)への答え。木のスプーンやシリコンのヘラは私にとってはオモチャなんです。この状況において“私にとっては”最高に調和するものだということを発見したのです。

たとえば妻の胸をマッサージする時ですが、私の両手だけを使うか。あるいはアーモンドオイルやココナッツオイル、オリーブオイル、タルカムパウダーを使うか。これらのひとつを選ぶことで、私にも、彼女にも、全体の経験がまるで“違う気分”になるだろうことは皆さんにも納得いただけるかと。

いくつかのステップで木のスプーンを使うことにより、同じような“違い”が私にもケーキにも表れます。私が作っているケーキもこの私も、その道具をより好んでいるので、私たち、つまりケーキ、シリコンのヘラ、木のスプーン、私、の間に生まれた“愛のコミュニケーション”によって味に影響が出るのです。

それはチームワーク。

以前ネット上のビデオで見たんですが、できたてのチョコレートムースを小さなガラスのラミキン皿に入れるのに、金属のヘラを使っていました。すると、ボールも金属製だったために、カンカンカンと音をたてたのです。私はこの全体の工程を見ながら本当に胸が痛みました。チョコレートムースは柔らかいものなのに…。メタルにメタルで打ち付けたこの“カンカンカン”は、まるでチョコレートムースとボールが“痛い痛い”と叫んでいるようだったのです。

この場合、私なら私の愛するシリコンのヘラのひとつを使うでしょうね。もう少し正確に言うと、形もそれにふさわしいものを選ぶでしょう。そうすれば大切なムースを一つ残らず捨てずに済みます。

だけど、新愛なるMaasaさん、もし家にシリコンのヘラがなかったら?ハハハ。私はこれには答えられないな。だって、経験上、料理をする時にはいつも私はこのアクセサリーが必要だってわかっているので、いくつも持っているんです。

自分のライフを楽しくするために必要なものを得ること、これを私は“ライフスタイル・デザイン”と呼んでいます。じゃあ、シリコンのヘラがこの世に存在しなかったらどうかって?ハハハ…

それが、人がなにかを作ろうとするアイディアをもつ理由です。

彼は前進しました。そしてお金を稼ぎ、人類に貴重な道具を与える手助けをしました。

さあ、Maasaさん、なにかを失った時は世界を助けるチャンスなのです。そのいい例としては、ヘレンケラー。あなたの質問に対して、彼女のライフは、私の言葉よりもずっと生きた答えとなるでしょう。

愛をこめて

| | コメント (1)

2008年10月21日 (火)

First lesson in "urban shamanism"/“都会のシャーマニズム”レッスン1

"Organic" is one of the new magic word with "supplements", "vitamins", and other trendy outside "fast fix"...Eat  a "soja bar" and you will feel good! Have a boost to your mood with CoQ10! And if you add an organic salad after your "dynamic chakra balancing yoga class" wow! you will become a perfect "Lohas" patented human being...

If you continue this lifestyle for a while  with a  "real shojin ryori bento" once a month, do you really believe that one day Buddha will wait for you at the doors of your yoga class, wearing a White Zen Tshirt with written "I feel Zen". Can you imagine he will make a wink and say to you "Hey babee, what about a ride on Mount Sumeru on my brand new Hannya Chyngyo bike?"

No, I am sure you do not believe this will happen even if you feed yourself with "organic brown rice" all day long...
So? What are you really waiting for?
Peace? Harmony? Happiness?
A perfect mate? A great Job? A lot of money?
Is it a deal like "Oh God, if I eat lots of brown rice and wear 3 power stones bracelets will I discover the paradise?".
Can the harmony in the universe really be based on consumption of organic food?Will we have to live spending money for special skin care creams to keep our face beautiful? Really do we have such a lack of confidence in the inner natural power of Life that we think we have to use outside "supplements" to save ourselves?

The first lesson for the Urban shaman is based on one idea : "Nothing comes from outside". No Buddhas, no Gods, no health, nothing, all comes from inside, all is an EX-PRESSION of YOU...This was the theme of my book "Yutaka ni ikiru" : "YOU ARE 100% responsible". It is the most basic teaching of all religions, it is the starting point of a SHIFT. Brown rice and Fast food hamburgers are the same thing if you are able to live in a state of oneness. What is important is your attitude!

So if you want to see a change in your life and in the world, remember this simple idea: "NOTHING COMES FROM OUTSIDE". This is the very important awakening the whole universe is waiting for. How to apply it? How can we make it practical? I will explain it more in details in my next post.

I love you!

“オーガニック”は、“サプリメント”とか“ビタミン”といった“すぐに効く”トレンドものと同じように、新しい魔法の言葉のひとつになっていますね。“プロテインバー”を食べると、たちまち元気になる、みたいな。CoQ10で気分は上々!そして“ダイナミック・チャクラのバランス・ヨガ”のクラスをとった後、オーガニック・サラダを食べるなら、ワオッ、もうあなたは、人間の特許である“ロハス”に完璧になれるでしょう!

こういうライフスタイルをしばらく続けて、“本物の精進料理弁当”を一カ月に一度食べていれば、ある日“I feel ZEN”と書かれた白いTシャツのブッダが、ヨガクラスの前であなたを待っているなんて信じる?

彼があなたにウィンクして、「ヘイ、ベイビー、スメル山までオレの最新のハンニャシンギョ・バイクで行かないか?」って言われると思う?

私は確信を持って言うけど、そんなこと誰も信じてないよね。たとえあなたが毎日“オーガニックの玄米”を食べていたとしても。そう、それで、あなたは何を期待しているの?

平和?調和?幸福?完璧な相手?素晴らしい仕事?大金?

これって取引でしょうか?「神様、私、たくさんの玄米を食べます。3パワーストーンのブレスレットもつけます。そうすれば、パラダイスは見つかりますか?」

宇宙の調和は、本当にオーガニックフードを食べることで成り立っているんでしょうか?美しいお肌を保つため、特別なスキンケアクリームに本当にそんなにたくさんのお金をつぎこまなくちゃいけないんでしょうか?

本当に、自分たちを守るためにはサプリメントを外からとらなくちゃ、って思うほどライフの内なるパワーに自信がもてない?

都会のシャーマンのための最初のレッスンでは、基本はひとつです。“外からなにもやってこない”。

ブッダもない、神様もない、健康もなにもない。すべては内からやってきます。すべては、あなたの表現。これは私の本“豊かに生きる”のテーマでした。“あなたは100%自分に責任がある”。すべての宗教の基本はこれです。変わる時、転換期のスターティング・ポイントですね。

もしあなたがワンネスの状態で生きることができるなら、玄米とファストフードのハンバーガーは同じです。大切なのは、あなたの態度なんです!

だから、もし自分のライフの中で、世界で、変化を見たいなら、覚えておいてください。“外からはなにもやってこない”ということ。これは宇宙が待ち望んでいる、とても重要な気づきです。じゃ、どうやって実用するか?次回に詳しく説明しましょう。

アイラブユー

Imgp6129

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

About "positive eco" /“ポジティブなエコ”について

How do we know about the ecological problems of the world?
Mainly through the media.

There was a time, in the past, when humans were glancing through their windows to see how the world was looking.

Now where do we look? What are our new windows?

Our new windows are not analog ones anymore. They are electronic and digital. In big cities in front of our real windows we only see another building. So, we learn about what we do not see from our TV or through the internet. This is our new "reality"...

When our ancestors were looking at the sky they thought by themselves : "oh, there is some wind coming from the south so maybe will it rain soon..."

But in our "electronic reality" how can we check?In fact, now we even do not have to think, the media give us the questions and the answers. And it looks so natural to us that we agree without any doubt : it will rain, the economy is bad, the situation is critical, the warming is dramatic,...

The new "religion" is mediatic. People do not trust gods anymore, they trust the media because they think they show the "TRUE" reality...

Now, if you want to know about the future this new religion is building, look at the so called "information" they give and try to answer this question : what is the percentage of positive news in any standard information program?

If you do not know exactly just check by yourself. Here is how you can proceeed :  take a notebook and sit in front of a TV during the main information program in the evening, the one people look at when they are back home to relax after a full day of hard work. Write a + mark for  "good" news and a - for "bad" news. At the end, compare...

I do not have a TV but I can guess the answer...Very depressing isn't it?...

It is the way almost all inhabitants of developed countries agree about the fact that the ecological situation of the planet is critical...And then people start to feel bad and this problem comes in addition to the problems they already have...

Here, I want you to notice something very interesting, why do most of people feel bad about the ecological situation of the planet? Not really for the planet but for themselves. They think "if there is a real CO2 problem it can affect me". They do not think "Oh, my small life is not a problem but I am worrying about our poor planet".
See what I mean...

It is important to see how media are manipulating our brains, they stimulate our egoistic fears : MY life, MY family, MY house, MY security...

I do not want to say that thinking about our limited family is "bad", I just want to say that a real "ecology" philosophy is wider. Ecology is the positive feeling that all this universe from microscopic bacterias to huge galaxies is ONE family totally interdependent, it is a sense of "belonging" and responsibility. 

So when we understand this ONENESS what can we do to move from an egoistic "negative ecology attitude" to a global "positive ecology practice"?

I will answer this question in my next post about "How can we become Urban shamans? "

PS: Here is a link to a website where I am explaining some of my ideas about this "positive éco" : "Café écolo"

Img_3544

世界の環境問題について、私たちはどうやって知るのでしょう?

主にはメディアを通して、じゃない?

かつて私たち人間は、自分たちの窓を通して、世界の様子を見てきました。現在はどう?私たちはどこを通して見ている?新しい窓はなに?

私たちの窓はもはやアナログではなく、電子化、デジタル化されています。多くの大都市では、現実の窓から見えるものと言ったら別のビルくらい。だから、自分たちの窓から見えないものは、テレビやインターネットを通して学んでいるんです。これが私たちの新しい“現実”。

私たちの祖先は空を見上げ、自分たちで考えていました。「う~ん、風が南から吹いてきたぞ。雨になるにちがいない」ってね。だけど“電子製の現実”の中で、どうやってチェックすることができる?

実際、私たちは考えることするしなくていい。メディアが質問をくれ、答えを与えてくれますからね。それがあまりに普通になってしまって、私たちはなんの疑問ももたなくなった。

「雨が降るでしょう。経済は悪くなるでしょう。状況は深刻です。温暖化は顕著です。」

人々はもう神様を信用していない。メディアを信頼していますね。だって、それが“本当の”現実だと思っているから。

この新しい宗教が作り上げている未来について知りたい?それじゃあ、いわゆる“情報”と呼ばれるメディアを見て、この質問に答えてみて。どんな情報番組でもいいんだけど、その中でポジティブなニュースってどのくらいの割合であると思う?

もしはっきりわからなかったら自分でやってみてよ。ノートを手に、夜の情報番組をやっているテレビの前に座って。一日くたくたになって働いて帰宅し、家でくつろぐ時にね。いいニュースには+、悪いニュースにはーってつけてみて。そして最後に比べてみて。

ウチにはテレビはないので想像ですけど、落ち込むでしょうね。お先まっくら。

で、ほとんどすべての先進国の人たちが、この惑星の環境を取り巻く状況は深刻だという事実を認めているわけです。そして人々はマズイぞって気分になりはじめ、自分たちの問題に加えてこの問題を抱えることになります。

さて、ここでみなさんに面白いことをお知らせしましょう。

どうして、ほとんどの人は、この星の環境問題について、マズイって感じているんでしょう?本当のところは、惑星にじゃないです、自分たちになんです。

「もし本当にCO2の問題があるなら、それって私に影響があるってことよね」と考えています。「私の小さなライフには問題ないけど、このかわいそうな惑星のことが心配」とは考えていないと思う。わかる?

私たちの脳はメディアによって操作されているってことを知るべきです。メディアはジコチューな恐れを喚起しているんです。私のライフ、私の家族、私の家、私の安全…

家族に限定して考えることが“悪い”とは言いませんよ。本当のエコの哲学はもっと大きなものだって言いたいだけです。エコとはポジティブな感覚です。小さな小さな微生物から巨大な銀河までこの宇宙はひとつのファミリー、完全につながっています。これは“属している”って感覚であり、責任なんです。

このワンネスについて理解した時、ジコチューな“ネガティブなエコに対する態度”からもっと大きな視点の“ポジティブなエコに対する行動”へ移行するために、私たちはなにができる?

これについては、次回の“どうやって都会のシャーマンになるか”の中で答えましょう。

PS

“ポジティブなエコ”についての私の考えを少し説明しているウェブサイトにリンクしておきますね。カフェエコロ

| | コメント (1)

2008年10月15日 (水)

Eco or not eco... / エコか、エコでないか…

I don't know if you noticed that I added a category about "eco" in my blog. Why? Because I feel that "eco" is becoming a "trend" like "slow food" and "lohas" were trends...

Everybody now is using the word "eco" as a sales "keyword" and a lot of people do not see that it is the tree that hides the forest...
In fact from where does this world "ecology" comes? It was created in 1866 by a German Biologist and Philosopher called Haeckel and the German word "ökologie" was a combination of two greek words "Oikos" meaning "house" and "logos" meaning "science" or "discourse about"... So "ecology" is the study of the relationships between us and the place we live in. More largely it means the relationships between all that is, because all is living energy around us.

This idea is very important because it does not concern only nature and us but everything in nature including us...and the relationship between us...
Why are all big companies making advertisings about "eco" since the "Summit"? Does it mean that they did not do "eco" before? Does it mean that they only awaken now naively to the fact that eco is good? If so, what did they do before? Did they violate the laws of nature? And why?

Before, I almost never wrote about "eco" because for me it is an evidence...I always considered that If I live in harmony in my house, if I do my best to contribute to the beauty of the world, there is no need to talk about eco...I feel that "eco" is one more word used to hypnotise people, so from now in this blog, I will write more about this question because I am so often surprised by the way some parts of the ecology are still so neglected.

Thank you!

Img_7597


このブログに”エコ”のカテゴリーできたの気がつきました?
なぜって? ”エコ”は今や”トレンド”になりつつあるでしょ。
”スローフード”や”ロハス”がそうであったように。

みんなが”エコ”という言葉を濫用してますけど、この言葉の裏には深淵な森があるっていうの、気がついてないですよね…それはそうと、いったいこの”エコロジー”っていう言葉はどこから来たのか。

そもそもこの言葉は、1866年ドイツの哲学者で生物学者のヘッケルという人によって生み出されたもの。ドイツ語の”オ(オとエの間の発音でオ)コロジー”っていうのはギリシャ語で家を意味する”Okios(オキオス)”、それから科学や討論するという意味の"Logos(ロゴス)"という2つの言葉のコンビネーション…だから”エコロジー”は私たちとその暮している場所の関係について研究すること、なんですね。広くはすべてのものの関係についてという意味。私たちのまわり生きとし生けるエネルギーすべて。

この考え方ってすごく大切、なぜって自然と私たちの関係だけでなく、私たちを含む自然全体について考えるものだからね…人間関係も含んで。

なぜ大企業がサミットの後、”エコ“についての広告を出すのか? 以前彼らは”エコ“してなかった? エコっていいねって気付かせただけ? 彼らは自然の法則を壊した?

これまで私PJはほとんど”エコ“について書いたことなかったんですけど…だって常に家族の調和や世界の美について考えていたので、エコについて語る必要はなかったんですね。エコってこれからこのブログで”エコ“について書きますよ、というのもエコロジーについての一部はまだまだ認知されてないと思うから。

というわけでよろしく!

| | コメント (2)

2008年10月10日 (金)

Love, only love... / ラブ、オンリーラブ…

Img_2883_2


 

Recently, I notice something more and more alarming. In everyday life, in the train, in the streets, in shops,... almost in all public spaces, people are getting more and more easily upset. There is a kind of "hypersensitivity" growing everywhere and mainly it looks that it affects particularly women and mainly young women...

You involuntary touch them in a crowded supermarket with a corner of your bag and you get an angry reaction, you enter by mistake in a "lady's only" wagon in the train and no woman in that wagon will forgive you. If they could, they would even ask some "controller" to put you in jail...Where is the time when people were smiling and saying "That's OK, no problem..."?

Actually people are thinking "Eco", Earth friendly, CO2 etc.  and they think they do their best to save the planet...Then what about street relations and human communication? Does it happen outside of the planet? Is it without effect on the global harmony?

I am sorry to say that in Japan this situation gets on my point of view very CRITICAL and I see women at the center of the problem. Why is there so much anger in the heart of Japanese women actually? For sure it is the result of a very long state of fact, Women feel that they have to fight to survive. Sexual harassment, abuse, submission,...so many old unconscious memories to release from the body of our planet (and not only in Japan). Feminine energy for sure needs a balancing but is a war a solution to do this balancing?

Because If you look well at the situation I describe you will se that it is an invisible war. It is affecting the society, the economy, the family system, everything... This is the more damaging pollution but it is invisible. If nobody notice it, if women do not start noticing the energy they radiate, the Earth will remind everybody how much all this human anger affects her. If we do not make peace in our heart be ready for more tornadoes, typhoons, earthquakes, wars...wars not here, but somewhere else, in a country far from Japan because what happens in our heart affects the whole and particularly the most fragile countries...

Shall we continue to close our eyes and let this hypersensitivity become a non ending cycle or shall we start now taking care of what happens in our heart : cleaning our anger, starting now, right NOW and this job is not only for women, all of us, men and woment, should do a deep heart cleaning : cleaning, cleaning, cleaning,... It is not a 10 minutes work, think about Daruma sitting several years in front of a wall, it was not only for himself but also for all the suffering of the creation...

So, what shall we do? I think that one of the most healing word in this world is "I LOVE YOU!". See, when you say "I love you", nobody will complain. If you are able to say this sincerely in the middle of a fight with somebody you will stop the fight instantly...

Yes, it may look very simple but why not give it a try. Every time you feel anger surging in you, just do your best to replace that feeling with the thought : "I love you"...

Do it ceaselessly during one day, two days, a week, a month and more...then it will become a very useful habit for you and for the whole Universe...

Just try and you will see your reality changing...

Why not start immediately ?

"- I love you!"lovely

Patrice


このところ気になる由々しき事態。日ごろ電車で、街で、お店で…公共の場で人びとは簡単にイラつくような。”ハイパーセンシティブ”=超過敏症が、特に若い女性の間で増殖している模様…。

混雑したスーパーで、ちょっとバッグぶつかっただけで怒りの形相、”女性専用車両”に間違って乗っり込もうものならそこに許しはなく、にっこり微笑んで”OK、いいですよ”なんて言ってくれる女性は絶滅したというか…。

今、人びとは”エコ”とか、地球にやさしくしようとか、CO2を減らそうとか、自分たちの惑星を救うためにがんばろうとか考えているのに、街でのこのていらたくはいったい何なのでしょう? ホントにこの惑星で起っていることなのでしょうか? 地球規模の調和はどこへいったのやら。

申しわけないですけれども、私PJ、こんな日本の状況についてそうとう批判的、そしてこの問題の中心は女性たちだと思います。どうして現在、日本の女性たちの心の中にはそんなイライラ、怒りがあるのでしょう? 間違いなくこれはある実態の結果と言えます。女性たちは生き残るために闘わねばと感じているのです、セクハラ、いやがらせ、抑圧…古い地球の無意識の記憶(日本だけではないですけど)の表出です。女性のエネルギーはバランスが必要、でもそのバランスのために争いが必要なんでしょうか?

この状況、よく観察すると、これは見えない戦争だってわかります、社会にも、経済にも、家族にも、いろいろなことに影響を及ぼしています。紛れもなく悪害なのですが、目には見えない。だれも気がつかなかったら、もし女性たちが根付いたエネルギーに気がつかないとしたら、地球はみんなにこの人類の怒りがこの星にどんな影響を与えているか警告するでしょう、もし私たちが心に調和を持たなかったら、トルネードや、台風、地震、戦争になります…この国の戦争でなくて、日本から遠く離れたいずれかの場所で。なぜなら私たちの心で起ることは全体に影響をおよぼし、特にもっとも壊れやすい国に影響するからです…

目を閉じて、この超過敏症を収めて、私たちの心の中に何が起っているか注意を向けましょう、怒りをはらって、今の今、女性たちだけじゃなく、私たちみんな男性も女性も、すっかり心のクリーニングをしましょう:クリーニング、クリーニング、クリーニング…10分間仕事するのではなく、壁の前に座って何年も坐禅を組んだ達磨大師のことを考えましょう、彼は自分のためだけにそうしたのではありませんでした、宇宙に悩むみんなのため…

何が私たちにできるか? 世界でいちばん癒しの言葉のひとつに”アイラブユー”というのがあると思います。”アイラブユー”と口にする時、文句言う人はありません。もし争いの最中にこの言葉を口にるなら、すぐに争いは終わるでしょう…

そうそれはとってもシンプル、やってみて。怒りを感じて苦しいとき、その気持ちを”アイラブユー”に置き換えてみて…

一日、二日、一週間、ひと月そしてもっと続けると…習慣になってあなただけでなく世界にとってよいことに…

ジャスト・トライ、そしてあなたのリアルが変化していくのを感じて…
すぐにはじめるんですよ。

”アイラブユー”

パトリス

lovely

| | コメント (7)