Recipes

2010年9月21日 (火)

Simple and delicious.../シンプルで美味しい

What is it possible to cook with 1 pack mozzarella di buffala, 5 mini tomatoes, one big eggplant, a few fresh basil leafs, salt and a few ccs of olive oil?

モッツアレーラ・ディ・ブファーラ1パックと、ミニトマト5個、大きな茄子1個、バジルの葉を数枚、塩とオリーブオイルを少々で、さて、なにができるでしょう?

Img_00012


1) Heat in a dry frypan a few pinches of salt. When it is really hot, add the 1cm thick eggplant slices, let take a nice colour on one side then turn. When both sides look well browned, stop the fire and sprinkle a bit of olive oil (About 1 tablespoon. Coat the slices lightly and display on the plates).

2) Slice the mozzarella. Chop the mini tomatoes and add on top, add salt and a few drops olive oil on the cheese, decorate with the Basil leafs, that' IT... Enjoy...

It is a nice variation of the famous caprese salad...mozarella di buffala and grilled eggplants match perfectly....

Bon appétit!

1)フライパンにひとつまみの塩を入れて熱します。
熱々になったら1cmの厚さに切った茄子を入れます。
いい色になってきたら裏返します。
両サイドがこんがりしたら、火をとめてオリーブオイルを少々ふりかけます。(大体大さじ1杯。軽く表面についたら、お皿にのせます。)

2)モッツアレーラをスライスします。ミニトマトを切ってチーズにのせ、上から塩とオリーブオイルをかけます。バジルの葉っぱをかざって、さあできたよ…召し上がれ。

これはかの有名なカプレーゼサラダのバリエーション。モッツアレーラ・ディ・ブファーラと焼き茄子は最高の組み合わせなんだ…

ボナペティ!

| | コメント (5)

2010年3月 5日 (金)

Peanut butter muffins with Snickers/スニッカーズ入りピーナッツバターマフィン

Today I was looking for a recipe for sweets with peanut butter and I found this funny combination of Peanut butter with Snickers® in a book of Nigella Lawson :

今日、ピーナッツバターを使ったなにか甘い物のレシピを探していたら、こんな面白い組み合わせのものを見つけた。ナイジェラ・ローソンの本の中にあった、スニッカーズとピーナッツバター。

Img_6398

And the result is quite yummy as you can see :

ご覧のとおり、美味しく出来上がりました。

Img_6391

They are easy to do :

In a bowl add 250 flour with 80g brown sugar, 12g baking powder, 160 crunchy peanut butter, 4 g salt and mix with a wooden spoon until you get coarse crumbs. I another bowl, beat 1 large egg with 60g oil and 175cc milk. Mix gently with the dry ingredients. Add 2 bars of Snickers cut into small pieces. Dollop into muffin cases ( fill just a little bit more than half of your cups to prevent overflow). Top with  pieces of the remaining bar of Snickers for visual impact. You may also try with peanuts coated M&MS...

Bake at 200º about 15 minutes. It makes 12 to 14 medium size muffins

 

作り方はカンタン。
①ボールの中に250グラムの小麦粉と80グラムのブラウンシュガー、12gのベーキングパウダー、160グラムのピーナッツバターの固まり、4グラムの塩を入れ、ぱらぱらになるまで木のスプーンで混ぜる。

②別のボールで、大きめの卵1個を60グラムのオイルと175ccの牛乳と一緒に泡立てる。それを①の粉と良く混ぜ合わせる。スニッカーズ2本を小さく刻み、加える。

③マフィンケースにいれる(こぼれないように、カップの半分よりちょっと多めぐらいがちょうどいい)。ビジュアルインパクトをつけるために、残りのスニッカーズのピースを上にのせる。ピーナッツコーティングのM&Mでやってみてもいいかも。

④200度のオーブンで15分焼く。中ぐらいの大きさのマフィンが12〜14個出来上がるよ。

| | コメント (6)

2010年2月17日 (水)

Flavors of spring.../春風味

Img_6312

Already a scent of spring in the air. Some days like today lfeel grey, cold and rainy but the fire of nature is working silently everywhere. I asked myself : Fire! How can I feel it now? I suddenly remembered one of my favorite sandwiches at Le Jardin de Julien in Yokohama : The shio tara sandwich (Salt cod mariné sandwich).

It's simple but brings the sun of Provence on yout table...
To make it, you need some bread, focaccia type. Spread a bit of olive oil and mayonnaise on both sides, prepare a base of sliced onions sauteed in olive oil with some herbes de Provence.  Lay generously on the bottom part of the sandwich, then grill your slice of fish with some herbs of Provence without any oil (a toaster is OK, a gril on the gas better, a very hot fry pan too). Finally flake the grilled fish on top of the onions, add a pinch of chili or/and some lemon juice, and Enjoy...

もうすでに春の香りが空気の中にちらほら。今日のように暗くて、寒くて、雨が降っているような日でも、自然の炎は静かにあちらこちらで働いているんだ。そこで僕は自分に問いかけてみた:炎!今それをどうしたら感じられるだろう?とね。すると突然、思い出したんだ、横浜のジャルダン・ド・ジュリアンで出していた僕のお気に入りのサンドイッチ:塩タラのサンドイッチ

シンプルだけど、プロバンスの太陽をあなたの食卓に運んでくれるよ。まずはフォカッチャタイプのパンを数枚、用意して。両面にオリーブオイルを少々とマヨネーズを塗る。プロバンズのハーブとオリーブオイルでソテーした玉ねぎを、たっぷりサンドイッチのベースに敷く。スライスした魚にプロバンスのハーブを少々ふり、グリルする。この時、オイルはなし。(トースターでもOKだけど、ガスグリルの方がいい。熱々のフライパンも大丈夫)
最後に、玉ねぎの上で、焼いた魚の身をほぐし、チリかレモンジュースを少々加える。さあ、召し上がれ!

| | コメント (2)

2010年2月 7日 (日)

Simple and good... シンプルで素晴らしい

Mozarella, tomato, fresh basil, olive oil and salt... very simple isn't it. But for me, the person who had the first time the idea of this combination was a genius. It is tasty, graphic, easy to make, light,... a lot of nice points.

I have the same respect for the creator of the mentaiko spaghetti, the Opinel pocket knife, the Perrier Bottle and the Citroen 2CV : they are all minimal and good!

モッツアレーラ、トマト、フレッシュバジル、オリーブオイル、塩、すごくカンタンだよね。だけど、この組み合わせを初めて考えた人は天才だと思うな。美味しいし、グラフィックだし、カンタンに作れるし、軽いし…いいコトだらけだね。

明太子スパゲッティや、オピネル・ポケットナイフ、ペリエボトル、それからシトロエン2CVを作った人にも、同じ尊敬の念を僕は抱いているんだ。これらはみんなミニマルで素晴らしい。

Img_62501


Anyway simple things always leave us some space for customizing...For example, to let marinate 1 hour a little bit of chopped garlic and 2 crashed anchovies in the olive oil before using it on this "caprese" salad gives it a nice personal twist.

とにかく、シンプルなモノって言うのは、いつも自分仕様に調整できる余裕を持っている。たとえば、ガーリックを少々刻み、2切れつぶしたアンチョビをオリーブオイルに1時間ほど漬けておく。これをこのカプレッセにかけると、自分ならではの素敵な味が作れるというわけ。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

Great Chocolate brownie for Valentine/ バンレンタインのための美味しいチョコレートブラウニー

A few months ago I baked a chocolate and hazelnuts brownie for the PJ Dojo and I had several requests for the recipe. I promised but...I forgot...(I am sorry, forgive me,...) and during the last PJ Dojo I had again new requests about this same recipe!!!...(It was so good!!!!) So I promised again and this time I did not forget, so here is the recipe.

数か月前、PJ道場のためにチョコレートとヘーゼルナッツのブラウニーを焼いたんです。その時、たくさんのご要望にお応えして、レシピを教える約束をしていたのに…忘れていました(ごめんなさい、許して)。そしてこの間のPJ道場でまた、新たにこのレシピのリクエストがありました(すごく美味しかったから!!!)。それでまた約束したんです。今度は忘れなかったでしょう。さあ、レシピです。

Chocolateyhazelnuts

You will need a brownie pan of about 20cm x 20 cm. If you do not have one you can use a gratin pan but it have to be at least 4cm high because the secret of a good brownies is in its thickness.

20cm x 20cmのブラウニー用の型が必要ですが、なければグラタン皿でも大丈夫。でも深さは少なくとも4cmはほしいですね。美味しいブラウニーの秘密は、厚さにありますからね。

Brownies1

For 16 pieces of 5x5 cm brownies
250g black chocolate (minimum 70% cacao)
100g hazelnuts grilled in a dry fry pan until fragrant and roughly chopped
150g sugar (granuto)
125 salted butter (softened at room temperature)
60 g cake flour
40 g corn starch
2 eggs
8 g baking powder
15 drops of vanilla extract
First preheat your oven at about 180º  then coat your pan with oven sheet so your brownie can be unmolded easily.

5x5cmのブラウニー16個分

ブラックチョコレート(70%カカオ以上) 250g

ヘーゼルナッツ 100g 香りがでるまで乾いたフライパンで煎り、粗く刻みます

グラニュー糖 150g

有塩バター 125g (室温でやわらかくしておく)

薄力粉 60g

コーンスターチ 40g

卵2個 

ベーキングパウダー 8g 

バニラエッセンス 15滴

オーブンを180度に温めておきます。ブラウニーの型にオーブンシートを敷いておくと、取り出すときに簡単です。

1) Melt the chocolate (not too hot)  until you get a shiny paste.

2) In a bowl beat the sugar and the softened butter until creamy. Add the eggs one by one and beat well. Add the vanilla essence, then the flour, baking powder and starch mixture sifted. Do not beat, just mix gently.

3) Add the melted chocolate then 70 g of the chopped hazelnuts. Mix gently again...Remember that the love you feel during the process is an energy and that any energy will contribute to the final taste of your cake.

4) Pour the mixture evenly in the brownie pan, tap the bottom of the pan on your table to avoid bubbles in the mass, then decorate the surface with remaining hazelnuts.

5) Put in the middle of the oven and let cook about 20 minutes. When you take it out of the oven the center will still look a bit creamy. Do not worry, it will be set when cooled. My suggestion is to let your brownie rest one night in your kitchen (Not in the refrigerator) and cut it in 16 squares the following day.

I will be also demonstrating this Brownie recipe during my next cooking atelier on Sunday 8th.

1)チョコレートがつやつやのペースト状になるまで溶かします(熱くしすぎないでね)。

2)ボールにお砂糖と柔らかくなったバターを入れ、とろりとするまで泡立てます。卵を一つずつ加え、よく泡立てます。バニラエッセンスを加えた後、よくふるった薄力粉、ベーキングパウダー、コーンスターチを混ぜます。泡立てずに、やさしく混ぜてください。

3)1の溶かしたチョコレートを加え、70gのヘーゼルナッツも加えます。またやさしく混ぜます。お料理をしながらあなたが感じるloveがエネルギーであり、それが、ケーキの仕上がりの味に影響するってことを忘れないでね。

4)生地をブラウニーの型に均等になるように流し込みます。表面に泡ができないよう、テーブルの上に、型を軽く落としトントンと叩きます。残りのヘーゼルナッツを上にのせ飾ります。

5)オーブンの中段に入れ、20分焼きます。オーブンから取り出した時、まん中がちょっとまだクリーミーという状態です。冷めた時に落ち着きますから、心配しないで。そして、あなたのブラウニーを(冷蔵庫じゃなく)キッチンに一晩置き、次の日に16等分に切ることをオススメします。

このブラウニーのレシピは、8日の日曜日の次のクッキング・アトリエでもご紹介します。

| | コメント (1)

2009年1月30日 (金)

How to use egg whites./卵白の使い方

When I prepare mayonnaise or puddings or quiches I use the egg yolks but I keep the whites refrigerated in a Tupperware. Yesterday I noticed I had about 300g of white waiting for me so I decided to make big meringues like the ones we used to sell in my Bakery shop in Shirokanedai. The delicious point is to keep the texture soft at the center and crisp around. The hint is just to adjust the temperature of the oven very low, about 120º during 2 hours and let the meringues in the oven until totally cooled.
Here is the result.

マヨネーズやプディング、キッシュを作る時、私は黄身だけを使うので、卵白はタッパーに入れて冷蔵庫で保存しています。昨日300gほどの卵白が私を待っていることに気づいて、大きなメレンゲを作ろうと決めました。白金台のベーカリーでかつて私たちが売っていたあのメレンゲです。これの美味しさのポイントは、まん中がフンワリ、まわりはカリッとしているところ。秘訣は、2時間オーブンの温度を約120度の低温に合わせておくだけ。そして完璧に冷めるまでオーブンの中に入れておくことです。ほら、このとおり。

Img_5261

| | コメント (0)

How to make Truffes au Chocolat/チョコレート・トリュフの作り方

In the middle of every PJ Dojo we always have a tea time pause with every time a different seasonal tea, paired with an original sweet by PJ.  St Valentine being near, last Sunday we had Darjelling tea flavored black chocolate truffles. The recipe is adapted from my desert book.

PJ道場では、合間にいつもティータイムの小休止があります。そこで、毎回違う季節のお茶、それに合わせたPJ特製のお菓子を出しています。バレンタインが近いので、先週の日曜日には、ダージリンティ風味のブラックチョコレート・トリュフを出しました。このレシピは、私のデザート本の中のものをアレンジしたものです。

51zbg7j08hl_ss500_

The original recipe is made with raisins but here is the tea version.
For about 20 to 25 truffles
(Do not worry about the quantity, they will not last long)
Black chocolate (70~72% cacao) 185 g
Butter 15 g
Fresh cream 200cc
Darjelling tea or any tea you like (Earl Grey is great) 10 g
Cacao powder 100g

オリジナルレシピではレーズンで作っていますが、こちらは紅茶バージョン。

20~25個のトリュフ用(数が多いって心配しないで。すぐになくなっちゃいますから。)

ブラック・チョコレート(70~72%ココア)185g

バター15g

生クリーム200cc

ダージリンティか別の紅茶(アールグレーもいいですよ)10g

ココアパウダー100g

Img_5255

1) Chop the chocolate and put it in a bowl with the butter cut in small cubes.
2) Bring the fresh cream to a boil, add the tea. Cover and let infuse 15 minutes. Bring again to boiling point.
3) Strain on the chocolate (with a tea strainer and press well on the tea leafs to get all the flavor out). Let the chocolate melt for a while. When it softens, mix with a spatula (from the middle of the mass, like for a mayonnaise) until you get a shiny cream.
4) Put the bowl in the fridge and let harden. It may take 1 hour to 2 hours depending of the temperature around. The mass should not be too hard or it will be hard to shape the truffles.
5) Use two tea spoons to shape the truffles, it should not be perfectly round because real truffles are not.
6) Roll evenly in cacao.
7) Keep refrigerated in a Tuperware until ready to eat. Take the truffles out of the refrigerator 10 minutes before eating them to let the texture soften. Serve with the tea used to flavor

1)チョコレートを刻み、小さな四角に切ったバターと一緒にボールに入れます。

2)生クリームを沸騰させ、紅茶を加え、フタをして15分ほど煎じます。再び沸騰させます。

3)2のクリームをチョコレートの上に注ぎます。(紅茶ストレイナーを使って、すべての香りが出るよう、よく紅茶の葉を押してください。)しばらくの間チョコレートを溶かしておきます。

柔らかくなったら、ツヤツヤのクリームになるまでヘラでかき混ぜます。(マヨネーズを作る要領で塊の真ん中からね。)

4)ボールを冷蔵庫に入れ固めます。回りの温度にもよりますが、大体1~2時間です。塊が固くなりすぎると、トリュフの形を作るのが難しくなるから気をつけて。

5)トリュフの形を作るために2つのスプーンを使います。完璧なマルにしないでね、だって本物のトリュフはそうじゃないから。

6)ココアが均等につくよう転がします。

7)食べる時まで、タッパーにいれ冷蔵庫に保存します。食感を柔らかくするために、食べる10分前には冷蔵庫から取り出してください。香り出しに使ったものと同じ紅茶と一緒に出しましょう。

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

Ready for Valentine day!/さあ、バレンタインの準備だ!

It is always funny to see that in Tokyo shops are always in advance of a celebration. When I went to at the "Daiso" of Nagahara, near our house, on the 3rd of January, they were already preparing the display for Valentine day! Amazing! No dead time for celebration! Now, if you visit Parco or Tokyu hands in Shibuya you will see that nobody wants to get late for the Valentine Day...

What I noticed is that the trend "Do it yourself Valentine" is really growing. It looks like everybody wants to customize his love message...For lazy lovers, I want to suggest a very easy chocolate dessert you could try once before the "Great Day" to evaluate if it would be a good choice for your loved one.

"Salty caramel choco cream"
heart02For twoheart02

東京のお店ではいつだってお祝いごとが早くから始まりますよね。それを見ると、いつもおもしろいなと思います。1月3日に、家の近所の長原のダイソーに行った時、もうすでにバレンタインデーのディスプレイの準備をしていました!もうびっくり。うかうかしていられません!今、渋谷のパルコか東急ハンズへ行けば、バレンタインに出遅れないぞ、と思っている人たちを見ることでしょう。

私、気がついたんですが、「自分で作るバレンタイン」の傾向が高まっているようですね。まるで、みんなが愛のメッセージを特注したいって感じ。そこで、めんどくさがり屋の恋人たちのために、カンタンに作れるチョコレート・デザートをご提案しましょう。“大切な日”の前に一度試して、あなたの愛する人にふさわしいチョイスかどうか見てみてください。

“ソルティー・カラメル・チョコ・クリーム”

heart02二人分 heart02

Img_5232

The basic idea for this recipe is to work with ingredients you will find in all convenience stores:
1 pack Crunky choco
1 pack Ghana choco
200 milk
30 g sugar
10 g salted butter
a pinch of salt or two.
6 g corn starch
10 g cacao Van Houten non sweet
Flowers to decorate

このレシピの基本アイディアは、すべての材料がコンビニで揃うってこと:

クランキーチョコ 1パック

ガーナチョコ 1パック

牛乳 200ml

砂糖 30g

有塩バター 10g

塩 ひとつまみ

コーンスターチ 6g

ヴァンホーテン(無糖)のココア 10g

飾り用のお花

1. Dissolve the corn starch in milk and bring to a boil stiring regularly for a few minutes (until the milk thickens a bit). Keep warm in a bowl. and immediately clean the pan.

2. Put the sugar in the pan with a teaspoon of water. Cook a caramel on medium fire. Do not let darken too much - the taste should be mild- . Take out of the fire and pour the milk mixture a little bit at a time (be careful, it may jump...). Back to the fire, stir for a while until all caramel is dissolved. Add butter and salt str well. Keep apart 1/4 of this sauce.

3. To the remaining 3/4 add the cacao and stir on low fire  until well dissolved. Cut the fire and add the whole pack of Ghana and half of the pack of Crunky cut in very small pieces, stir until you get a nice shiny cream. Put in 2 glass ramequins and refrigerate one night. Also refrigerate the caramel cream.
When you are ready to serve. Top your chocolate cream with the caramel sauce. Decorate with some of the remaining Crunky thinly sliced with a vegetable peeler. A flower will give the last touch. Enjoy!

You can pair this dessert with a miniature bottle of Port or a Madeira wine, it is very cute and perfect to balance the sweetness of the cream, an espresso is also a good match.

1.コーンスターチをお鍋の牛乳の中に入れ溶かし、火にかけ数分かき混ぜ、沸騰させます(牛乳が少しトロッとしてくるまで。)できたら、ボールの中に入れて温めておき、お鍋をすぐに洗います。

2.お鍋の中に小さじ一杯の水と一緒に砂糖を入れます。中火でカラメルを作ります。焦がさないようにね。味はマイルドがいいので。お鍋を火からおろし、1の牛乳を一度に少しずつ注ぎます。(気をつけて、飛び散るかも・・・)火に戻し、カラメルが完全に溶けるまでしばらくかき混ぜます。バターと塩を加え、よく混ぜます。このソースの1/4は別にしておきましょう。

3. 残りの3/4にココアを加え、溶けるまで弱火でかき混ぜます。火を止め、ガーナチョコを1パック全部と、クランキーチョコの半パックを小さく切って加え、つやつやになるまでよくかき混ぜます。2つのラメキン・グラスに入れ、一晩冷蔵庫で冷やします。先ほどのカラメル・クリームも冷やしておきます。

準備ができたら、チョコレートクリームの上にカラメルソースを入れます。残りのクランキーチョコを野菜ピーラーで薄くスライスして飾ります。お花を最後ののせて。召し上がれ!

ポートワインか、マデラワインのミニチュア・ボトルをこのデザートと一緒に出すこともできます。すごくカワイイし、クリームの甘さと絶妙なバランスですよ。エスプレッソも、素晴らしく合います。

Img_5241

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

Salade d'endives au Roquefort.

In French, we call it "endives", in Japan it is called "Chicory"...why, I don't know...because the name have a French origin and in France Endives are made by growing a bitter salad called Chicorée in sand without any exposure to the light. In the North of France and in Belgium people grow their own "endives" in the basement of their house...

Anyway today for lunch I made a very famous "bistro style" salad : "Salade d'endives au Roquefort". It's so simple, delicious and Yuri love it.


フランス語ではアンディーブと呼びますが、日本ではチコリと呼ばれています
なぜだがわかりませんが…
フランス起源の名前で
フランスのアンディーブは、苦いサラダに使われるシコレーを光に当てることなしに砂の中で育てたものです。
北フランスとベルギー人は
地下室で自家製の”アンディーブ”を栽培します…

いずれにしても今日はランチに有名な
”ビストロスタイル”のサラダを作ったんです
”ロックフォールのエンダイブ・サラダ”です、
とっても簡単、
おいしいのでユリのお気に入りです。

Img_4846_2

If you want to try here is the recipe for 2 : 1 endive (Chicory) 30g blue cheese, 20g walnuts (optional but good), 1 teaspoon vinegar mixed with 1/2 teaspoon honey, 1 tablespoon salad oil or hazelnuts oil, salt and pepper...

That's all! Hope you enjoy it!


ふたり分のレシピです:
チコリ1つ、ブルーチーズ30g、ウォルナッツ(オプションです、でもおいしいです)20g
お酢小さじ1杯、はちみつ小さじ1/2杯、サラダオイル(もしくはヘーゼルナッツオイル)小さじ一杯
塩、コショウ…
これだけ!
エンジョイ!

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

The smell of bread / パンの香り

Today I baked bread at home. I started the process a day before by making an Italian style starter called "biga". I make the "biga" by mixing some yeast (3 g of dry yeast) with 300g of bread flour, a teaspoon of honey and 300cc of tepid water. Left to ferment in a bowl protected by a plastic bag (not plastic wrap) the very wet dough will start bubbling. After 2 hours outside mix again the biga with a wooden spoon to make it fall down a bit, wrap in the bag and leave it in the fridge until the next day.

本日は我が家にてパンを焼きました。
前日にイタリア風のスタータ”ビガ”を作って準備
イースト(ドライイースト3g)をパン用小麦粉300g
ハチミツ小さじ1杯
ぬるま湯300g
と混ぜ合わせます。

ボウルにビニール袋(ラップじゃないよ)をかけて発酵させます、
ベタベタなドゥから泡が出始めます、
2時間後
外にとり出してビガをもう一度木さじでかき混ぜて
翌日まで冷蔵庫で寝かせます。


Img_4264

The next day when you are ready, in a bowl, mix your biga with 600g bread flour, 18 g salt, 6 g dry yeast, 50cc olive oil and around 420-450cc warm water (around 35ºC). This makes a very sticky dough. Cover the bowl with plastic bag and let the dough double in volume. Then without punching it flatten in a 5cm thick square and cut in pieces (use flour to handle). Put the pieces on an oven pan with enough space in between because it will grow in size and let rise around 40 minutes before baking in a hot oven (around 240º) during 1 hour.

During the baking process you will enjoy the great smell of bread in your home. For me it is really one of the best aromatherapy session you can give to yourself...

次の日、ボウルに
小麦粉600g、塩18g、ドライイースト6g、オリーブオイル50cc
ぬるま湯(35℃くらい)420-450ccを加えます。
ビニール袋でボウルを覆って2倍の大きさまで膨らませます。
あまり叩いたりしないで
5cmの厚さまで伸ばして、正方形に切ります。
スペースをじゅんぶんとってオーブン板に載せます、
焼く前に約40分間そのままで膨らませます
それから約240℃に温めた熱いオーブンで
約1時間焼きます。

焼いている間、お家の中はすばらしいパンの香りで
満たされますよ。私にとっては自家製アロマテラピー
のベストのうちのひとつです…

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

My Special Hamburger for Visa Card / スペシャル・ハンバーガーfor VISAカード

Img_3628

Today, shooting for Visa Card members magazine coming out mid-April. 2 pages with a recipe for my "Favorite Hamburger".

For me, the hamburger is an interesting dish because it is very versatile : add some cumin powder to the meat and use some mint leafs as a topping and you have a Moroccan feeling, go for a green curry mayonnaise and fresh coriander and you have a thai burger...Isn't it fun?

For today's shooting, because the theme of this issue of the magazine was "Bread", I started by making Hamburger buns from scratch and as you can see the result was quite good (it was not the sweet type they use in fast foods but something more close to a French "pain brioché" (butter bread).

With a very thick hamburger, avocado, tomato cubes and sweet and spicy onion topping it looks like this :

今日は、4月半ばに発行の
VISAカード メンバーシップ・マガジンの撮影。
私の”フェイバリット・ハンバーガー”
2ページにわたり、レシピとともに紹介する、というもの。

私にとって、ハンバーガーってとても面白い料理。
なんでもアリだからね。
クミン・パウダーを肉にふって、ミントの葉をトッピングに
すればモロッコ・スタイルだし、
グリーン・カレー・マヨネーズと香菜を合わせると
タイ・バーガーになる…でしょ?

今日の撮影は、
掲載号が”パン”特集だということで
バンズ作りから始めたんです、
ごらんの通り結果はかなりのもの
(ファストフード店で使用しているようなスウィートタイプじゃなく
どちらかというとフランスの”パン・ブリオッシュ”(バターパン)
に近いものね)

厚い厚いハンバーガーと、アボガド、トマトの角切り、
甘くてスパイシーなタマネギのトッピング
するとこんなになります:

Img_3635

I wish you are a Visa Card member...
to get the recipes...

みなさんがVISAカードのメンバーたらんことを願って…
レシピ、ゲットしてね…

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

"Imagination tea cake" / イマジネーション・ティー・ケーキ

Img_3312

Very good weather for a fully booked PJ Dojo this Sunday.
As usual the "tea time" is an important part of the event because the teaching of the Dojo is about "enjoying" every moment of our life.
And don't you think like me that a good tea and a good cake are great ways to bridge imagination and reality? Personally I think that baking a cake is one of the simplest way to study the "creation process". See how easy it is: you start  from an idea, then mix flour, sugar, eggs, add different ingredients. The result is a piece of immediate happiness for yourself and others.

Today's tea was the famous "Marco Polo" from Mariage Frères, a delicious black tea flavored with Chinese and Tibetan fruits and flowers. To match with this very particular taste I decided to create a "Dry red fruits Marco Polo tea cake". The name is long but it tasted so good that several participants asked for the recipe.
Here it is

First, brew 200cc of strong Marco Polo tea (Use 15 g of tea and let infuse 6 minutes). If you do not find Marco Polo tea use Earl-Grey tea or Jasmine tea.
1) Soak 150 g dry red fruits mix during at least 1 hour(cranberries, strawberries, blueberries, cassis, etc). Cranberries and blueberries mix is OK.
2)Cream 230g soft butter with 200g caster sugar until they become pale. Add 4 eggs one at a time. Add 250 g flour mixed with 1tablespoon of baking powder, half tablespoon of baking soda and 4 pinches of salt. Finally incorporate the drained fruits (keep the tea for the icing).
3) Pour evenly in a 23x23x5 cm brownie tin lined with baking paper and bake 45 minutes at 180º (It should be well coloured on top and set in the middle. Check with a knife. Let cool in the tin.
4) Meanwhile mix 300g icing sugar (do not worry it sounds too much but it's OK...) with 30g melted butter, incorporate progressively the tea until you get a paste looking like soft cream cheese, add a teaspoon of dry tea for decoration and warm until it melts. Drizzle over the cake and leave to set. Cut in squares (6x6 = 36 squares). You can keep it in an airtight container during one week.
Hope you will enjoy your "imagination cake"!
And the dojo being fully booked quite fast, if you want to attend next session, make your reservation as soon as  possible.
The next  meeting will be on March 30 and it will be about the creative power of thoughts and ideas.
Informations.
Reservations.

お天気に恵まれて満席御礼。
大盛況だった先週のPJ道場。
”ティータイム”は道場の重要なパートです。
というのも道場で教えていることは
暮らしのどんな場面でも”エンジョイすること”だから
美味しいお茶とケーキは、イマジネーションと現実をつなぐ
掛け橋だと思わない?
私にとってケーキを焼くということは、”クリエーションのプロセス”
を勉強する、簡単な方法のひとつだと思っています。
とっても簡単なんです:アイディアからはじめて、
小麦粉、砂糖、卵そのほかの材料をを混ぜます。
その結果はみなさんをはじめ、まわりの人びとをも
たちまちハッピーにすることに。

当日の紅茶は有名な”マルコ・ポーロ”、マリアージュ・フレールのものです。
中国とチベットのフルーツとお花風味の
とってもおいしい黒いお茶。
この特別な味わいに合わせて私は
”赤いドライ・フルーツのマルコ・ポーロ・ティー・ケーキ”
を作ることにしたんです。
名前は長いけど、とってもおいしくって、
道場の数人のみなさんからレシピを尋ねられましたので
こちらをどうぞ。

まずマルコ・ポーロ・ティーを200cc淹れます(15gの茶葉で6分おいて)
マルコポーロがなかったらアールグレイかジャスミンティーを使って。
1)赤いドライフルーツ150gを少なくとも1時間 マルコ・ポーロ・ティーに浸けてもどします
(クランベリー、ストロベリー、ブルーベリー、カシスなど)
クランベリーとブルーベリーのミックスでもいいね。
2)バター230gとグラニュー糖200gを柔らかい白っぽいクリーム状になるまで
泡立てます。4つの卵を溶いて加えます。
小麦粉250g、ベーキングパウダー小さじ1杯を加え、
さらに重曹大さじ半杯、塩4つまみ、
それからもどしたドライフルーツといっしょにします。
(濾して残ったマルコ・ポーロ・ティーはアイシングのために取っておきます)
3)ベーキング・ペーパーを敷いた、23×23×5cm大の
ブラウニーの焼き型に流し込み、180℃で45分間焼きます。
(表面がほどよく色づいて、中がしまるまで。中はナイフでチェック。焼き型の中で冷まします)
4)300gのアイシングシュガー(粉砂糖のこと。ええ、多すぎじゃない?と思わないでOK…)と、
溶かしバター30g、マルコ・ポーロ・ティーを少しずつ足して柔らかいクリーム・チーズみたいになるまで混ぜます。デコレーション用に濾した茶葉を加え温めて溶かし、ケーキにかけて、固まるまでおきます。完全に冷めたら正方形に切って(6×6の36ピースに)。タッパーに入れれば1週間はもちます。
どうぞあなたの”イマジネーション・ケーキ”をエンジョイして!

道場はすぐいっぱいになっちゃうので
次のセッションご希望の方は、予約をお早めに。
次の回は3月30日、言葉とアイディアのクリエイティブ・パワーについて。

インフォメーション
予約.

| | コメント (10)

2008年2月 2日 (土)

Homemade marshmallow-nougat / ホームメイド マシュマロ・ヌガー

I imagine that all people living in Tokyo know "HANAMASA" a very unexpensive meat and grocery chain of stores open 24h a day. Last time when I went to the one near Toritsu Daigaku Station I bought two giant packs of mini marshmallows (500g) -you can figure out that I like marshmallows...-.

東京にお住まいのみなさんは ”ハナマサ” たぶん知っているでしょ ?24時間営業のチェーン店で かなりお安く肉や野菜を売っている。

このあいだ都立大学駅近くのハナマサで
ミニ・マシュマロ(500g)の
ジャンボパックを2つ買いました。
(こんなに買うなんて、私がマシュマロ・ラバーだってわかるでしょ?)

Img_3214

Back home, when I opened the pack, on the back , under the list of the ingredients and the chemical analysis of the content my eyes noticed the text of a very short recipe. Hmmm?? How does it taste? I am very curious so I tried once exactly like said on the package. The recipe suggested using granola and melted  marshmallows, the result tasted very good, just like a granola bar. Today, as I had some sliced almonds left I decided to try an almond version. Here is the recipe:

家に着いてパックを空けて見ると
原料と成分表示の下に
小さいレシピが載っているのを発見。
ムムム? これってどんな味なんだろう?
とっても興味深かったので、
そのパッケージに掲載されている通りに
やってみました、

結果はというと、とってもおいしい
グラノーラのバーみたい。
今日はちょうどスライス・アーモンドが残っていたので
アーモンド・バージョンやってみることに。
これがレシピね:

Img_3449

First let melt 20g butter or margarine in a pan on a low fire, add 300 g mini marshmallows and let melt, stirring gently from time to time. When you get a paste, add 120g grilled sliced almonds and stir well. Once well mixed, pour evenly on a non stick baking sheet. Form a square shape of about 1cm thickness. Let cool completely then cut in 3x3 cm squares. Keep in an airtight container with a sheet of baking paper between layers to prevent sticking. It will keep for 2 weeks but I am sure you will never let it wait that long.

まずバターもしくはマーガリン20gを
弱火のお鍋に入れて
300gのミニ・マシュマロを加えて
溶かします。ペースト状になったら
120gのローストしたスライス・アーモンドを加えて
よく混ぜ込みます。


ベーキング・シートの上に広げます。

よく冷めたら3cm角の正方形に切り分けて出来上がり。

密閉容器で保存します。

そのときは、くっつかないように重ねる前にはベーキング・シートを敷いて。


2週間くらい日持ちしますけど、
そんなに長い時間、容器の中に残ってるなんてことは
ないんじゃないかな。

| | コメント (1)

Nathalie's Bacon-Onion Roll breads / ナタリーのベーコン&オニオンロールパン

Img_3238

My Sister Nathalie is a great cook. Even if she works all day, have 4 young children and a husband, when she finishes working and helping her kids with their homework, she cooks. Not by obligation, she does it by pleasure (her pleasure and the pleasure of her family).

She have such a passion for cooking that she always take pictures of her creations to update a very successful blog where she shares her recipes(Blog of Nathalie). A few days ago when I visited her blog I saw pictures of breads that looked so good that I decided to try her recipe. I share it with you :

Set your oven at 220º C.
Make the dough by mixing together 500 bread flour, 10 grams dry yeast, 5 grams sugar, 320 cc lukewarm water, 30 cc olive oil and 10 g salt. Knead well then let rest in a bowl covered with a plastic bag in a warm place during about 1 hour.

During this resting time chop 1/4 onion and 50g bacon, sauté lightly in 20 cc olive oil in a fry pan,add salt and pepper then let cool.

When the dough is ready (it should be at least double of the original size) flatten in a square shape 1,5 to 2 cm thick and cover the square with the bacon-onion mixture. Roll tightly so that you get the paste inside (like a roll cake). Cut in 1,5 cm slices and put the slices on a well floured oven pan. Cover with plastic and let rest 45 minutes.
Insert in the oven and bake until colored (50 to 60 minutes).

I let the breads cool a bit then I put them in a ziploc in our freezer to keep their taste fresh.We tried them this morning for breakfast after heating them crispy in the oven. They taste great. Thank you Nathalie!

私の妹ナタリーは、すばらしいシェフ。
彼女は一日中働いているのですが、
幼い子供が4人と旦那さんがいて、
毎日仕事が終わると
子供たちの宿題のめんどうを見て、お料理。

義務だからっていうわけではなく、
彼女は喜んでそれをこなしているんです。
(彼女自身とそれから家族も喜んでいます)

彼女は料理がだーい好き。
いつも作った料理の写真を撮って
レシピを自分のブログにアップしています。
けっこう人気があるんですよ。
(ナタリーのブログ)

数日前、彼女のブログに行ってみると
とってもおいしそうなパンの写真を
見つけたので、
私は彼女のレシピを試してみることに。
ちょっと紹介させてくださいね。

オーブンを220℃に温めます。
パン用小麦粉500g、ドライイースト10g、砂糖5g、
ぬるま湯320cc、オリーブオイル30ccと塩10g
混ぜ合わせて生地を作ります。
よく捏ねたらボールに入れ、
ビニール袋で覆って
約1時間休ませます。

この間にタマネギ1/4コとベーコン50gをみじん切りにして
オリーブオイル20ccで軽くソテー、
塩こしょうをして冷ましておきます。

生地ができたら(少なくても元の2倍くらいに膨らませてね)
1.5〜2cmの厚さの正方形になるまで伸ばして、
上にベーコンとタマネギソテーを載せます。
しっかり巻き込むとベーコンタマネギソースが
中にきます(ロールケーキみたいに)。

1.5cmづつスライスしたものを
小麦粉を敷いたオーブンの鉄板に載せます。
ビニール袋で覆って45分間休ませましょう。
それからオーブンに入れて色づくまで(50〜60分)
よく焼きます。

私はこのパンをジップロックに入れて
フレッシュなまま冷凍しました。
今朝はオーブンでカリカリになるまで焼き上げて
朝食に。とってもおいしかった
ありがとう、ナタリー。

| | コメント (5)

2008年2月 1日 (金)

30 pun de dekiru shiawase / 30分でできる幸せ

Img_3213

Here we are, it's already February, days are getting longer , more sunny but when the sun comes down it's still very cold. Heater warm the body but a good earthy soup warms the heart. Today I remembered a classic French recipe called "Poule au pot"... Pot have the same meaning in French and in English, it's a cooking pot and "poule" means Chicken. Which altogether means "Chicken in a pot"...
The recipe is quite easy, for two to four person put in a pot 4 chicken drums, 4 wings, 15g salt, 1/2 spoonful white pepper whole, 2 laurel leafs, 4 cloves of garlic, 1/2 naganegi cut in 4 pieces, 1 big carrot in 4 slices, 1 or two potatoes cut in 4, the 1/6 of a cabbage, 1 tablespoon of white vinegar (all except red wine vinegar) add 1 litter of water cover and cook on a low fire during 30 minutes...That's it!
Enjoy your "poule au pot".

あっと言う間に もう2月
日は長く暖かくなり
でもお日さまが隠れてしまうと
まだまだ寒いですね。
暖房はカラダを暖めてくれますけど
ココロを温めてくれるのは
暖かい 素朴なスープ。
今日ふと思い出した
フランスの”プール・オ・ポ”
というレシピ…

ポ(ポット)っていうのは 英語と同じ意味
深鍋です、プールっていうのはチキン。
鶏の深鍋っていったところでしょうか…
レシピはとってもカンタン

2〜4人用
手羽元と手羽先を各4つ
塩15g、スプーン半分の白胡椒粒、
ローリエの葉2枚、ニンニク4かけ、
長ねぎ半分を4つに切ったもの、
大きなニンジンを4枚にスライスしたもの、
4つ切りにしたジャガイモ1〜2コ、
キャベツ1/6コ、ホワイトビネガー大さじ1杯
(レッドワインビネガーは避けて)
をお水1ℓに入れて、弱火でコトコト30分煮ます…

それだけ!
プール・オ・ポ をどうぞ楽しんでね。

| | コメント (5)

2007年12月29日 (土)

How to recycle orange peel / オレンジの皮の再利用方法

Winter is a good period to drink fresh orange juice. I say "fresh" because otherwise you better drink water...canned orange juice is not orange juice anymore, it's a different drink even if vitamins are added to give the illusion of the original fruit...
Yuri and I use to drink fresh orange juice in the morning, before breakfast and I was wondering if there was no way to recycle the peel...I found a delicious way to do it, let me share it with you.

冬はフレッシュ・オレンジ・ジュースの季節。
”フレッシュ”と私がいうのは、
”フレッシュ”でなければ
水を飲んだ方がよいからね。
缶のオレンジ・ジュースは
オレンジ・ジュースではないです
果汁に似せたビタミンが加えられていても
それはもう違う飲み物。
ユリと私は 毎朝 フレッシュ・オレンジ・ジュースを、
朝食の前に飲むことにしていますが
オレンジの皮の再利用の方法に悩んでいました…
ついにおいしいリサイクルの方法を見つけたので、
紹介させてくださいね。

Img_2788

First wash well your oranges with hot water (not too hot you do not want to cook the juice) and some salt to take off the protective wax. Then press your fruits and enjoy your healthy juice, then reserve the skins in a freezer bag in your freezer until you get 1kg of it.
When you get about 1 kg of orange skins, prepare some glass jars with lids (I get mine from ¥100 shop), Let your frozen orange skins melt a bit, only enough to allow you thinly cut them with a sharp knife. In a stainless or a cast iron pan make a very heavy syrup with 900g sugar and 800cc water. Let boil to reduce until it forms a small drop sticking to your spoon but do not let the syrup color. Add the sliced orange skins and stir, let boil on medium fire stirring gently from time to time. Never let color. After about 20 to 30 minutes when you get a good sticky texture. Stop the fire. Let cool and rest during half a day in the pan with the surface covered with wax paper. Then take off wax paper and bring your jam to a boil again on low fire. Let bubble 5 minutes. Important point: stay around and stir often. I once went to check my mails during this process and forgot my jam...You can imagine the result! So please keep watching!
Option: If you have some Whisky or Bourbon add 20cc of it before starting the last step, it will give a great taste to your marmalade.

Pour the bubling jam in your jars and immediately tightly close the lid. This will kill any remaining bacteria. Let rest a few days to mature and enjoy your "recycle jam" with yoghurts, bread, waffles, crêpes,...And if your production exceeds your needs share the love with family and friends. With a cute label it makes a lovely and delicious gift.

まず、オレンジを温かいお湯でよく洗います
(熱すぎてはダメ、ジュースの煮込みはイヤでしょう)、
それからちょっとのお塩で
表面を保護しているワックスを取るために洗います。
果実を絞ってヘルシーなジュースを味わったら
皮はフリーザー・バッグに入れて冷凍庫で保存します、
1kg分くらいたまるまで。
1kgくらいになったら蓋付きのガラスの瓶を用意します
(私は100円ショップで手に入れました)
冷凍されたオレンジの皮を尖ったナイフで細く切れるようになるまで
解凍します。ステンレスか鋳鉄の平なべに900gの砂糖と800ccの水で、
ドロッとしたシロップを作ります。
スプーンに小さな滴がつくようになるまで煮詰めますが、
色づかせてはいけません。
そしてオレンジの皮を加えて混ぜます、
中火でやさしくかき混ぜながら煮込みます。
くれぐれも色がつかないように。
20〜30分後にはドロリとした感じになります。
そしたら火を止めて。
鍋の中で冷やし、表面をワックス・ペーパーで覆って半日休ませます。
そしてワックスペーパーを外し、再びとろ火であなたのジャムを温めます。
5分間煮立たせます。
大切なポイントは:そばにいてたびたびかき混ぜてあげること。
このプロセスの間私はメールのチェックに行って、かわいそうにジャムのことを忘れてしまった…結果はわかるでしょう! 
だからどうぞずっと見ていてあげて!
オプション:もしあるなら、最後のステップの前に
ウィスキーかバーボン20ccを加えてみて。
あなたのマーマレード・ジャムにすばらしい風味が加わるでしょう。

煮立ったマーマレード・ジャムを瓶に入れてすぐにぴっちりと蓋をします。
これが残っているバクテリアを殺します。
熟成のため数日間休ませて、あなたの”リサイクル・ジャム”を
ヨーグルトやパン、ワッフル、クレープなんかと楽しんで…
もしたくさんできすぎたら家族やお友達とこの愛の産物を分かち合いましょう。
かわいいラベルなんかつけたりするとラブリーでおいしい贈り物になります。

| | コメント (2)

2007年11月20日 (火)

Provence style pizza (pissaladière) / プロヴァンス・スタイルのピザ(ピサラディエール)

Let me share with you an idea I had a few days ago for our dinner.

In our refrigerator I found1/2 onion, a pack of mini tomatoes and a few leafs of basil... enough to create a simple and tasty Provence style pizza called "pissaladière".

Img_2602

As we always have bread and cake flour at home I mixed 80g bread flour with 20g cake flour (for a crisp texture), added 5g dry yeast, 3 g salt 20 cc olive oil, 40-50cc lukewarm water. I let the dough rest for 1h and flattened it in a very thin flat disk (about 30cm) on a floured baking plate.

I then sprinkled this crust evenly with 2 spoonfuls olive oil and covered with thinly sliced onion and raw mini tomatoes cut in 4. We also had a few anchovies so I used them. A bit of salt , pepper and chili and the whole thing ready to go in the warmed oven (set to the maximum).  After 15 minutes the crust was crisp and colored. I topped the pissaladière with shredded basil and some more olive oil ...
... in the twinkling of an eye nothing was left...
Did we really eat it or dream it?
The picture I took tends to prove it was real, but who knows? Maybe that picture is also part of the dream...

数日前のディナーのアイディアなのですが。

冷蔵庫でタマネギ1/2、ミニトマトのパック、バジルの葉を発見…
プロバンス・スタイルのピザ ピサラディエールを作るのに充分。

我が家にはパンやケーキ用の小麦粉が常備してあるので
パン用小麦粉(強力粉)80gとケーキ用(薄力粉)20g (カリカリな仕上がりにするためネ)を混ぜて、 ドライイースト5g、塩3gとオリーブオイル20㏄、 ぬるま湯40-50㏄を加えました。この生地を1時間休ませたあと、 小麦粉をふったお皿の上で薄く平らな円形に伸ばします(直径30cm)

この生地にスプーン2杯のオリーブオイルをふって、 薄くスライスしたタマネギ、 ミニトマトを4つにカットして載せます。 アンチョビもあったので使いました。 塩、コショウと唐辛子少々もかけて準備OK、 温めたオーブンへ。(温度は最高温度にセットして)。 15分後、生地がカリカリになってよい色づいてきます。 このピサラディエールの上に細長く刻んだバジルとオリーブオイルをもう少しかけて…

…まばたきしている間に無くなっちゃった…

夢かうつつか?

写真からすると現実であったようです、でもねえ?

写真も夢の一部なのかも…

| | コメント (2)

2007年10月18日 (木)

Levain bread part 3 / ルヴァン パート3

Sorry, I am a little bit late with the follow up of our "levain adventure". Now if everything was done as suggested you are supposed to have 150 g of creamy levain and if your preparation look really alive and bubbling you are ready for your first bread. If not, throw away 100cc of the mixture, add 50g bread flour and 50cc water and let it in a warm spot until it bubbles well.

To bake my first bread I mix together 350g bread flour, 50 g rye flour, 80 to 100 g of my levain, a teaspoon of honey, 2 tablespoons extra virgin olive oil, 9 g salt (I use Guerande salt because of it's mild taste), I add progressively 200-250 cc water at 30º until I get a supple dough (not too sticky and not too dry. Use more water if necessary) and I knead until I get a good elasticity when I push one finger in.

ゴメンね ”ルヴァンの冒険” ちょっと間が空いてしまって。 さあすべてができたら、 クリーミーなルヴァン150gがお手元にあるはずです イキイキして泡だっていたらもう最初のパンのための 準備はOK。もしそうじゃなかったらできたものの 100ccは流して50gの小麦粉、50ccの水を加えて 泡立つまで温かいところに置きます。

はじめてのパンにはパン用小麦粉350g、 ライ麦粉50g、80〜100gのルヴァン、 ハチミツを小さじ1杯、 エクストラ・バージンオリーブオイルを大さじ2杯、 塩9g、(マイルド味のゲランドの塩を使いました) を混ぜ合わせます。
それから30℃のぬるま湯200〜250cc、 ドゥ(生地)がしなやかになるように加えます。
(ベタベタでもいけないですし、パサパサでもダメ。 もし必要だったらもうちょっと加えて) 指で押さえて心地よい弾力を感じるまでこねます。

Img_2006

Advice :To make my bread I use a big wooden bowl I bought in Marrakech. People in Morocco use it for several purposes like making dough for bread and cakes or soaking couscous. In Japan you can find something similar if you look for a wooden bowl for making soba or udon dough, but choose one without lacker.

アドバイス:パン作りにマラケシュで買った 木製のボールを使っています。モロッコの人びとは これをパンやケーキのドゥ作りや クスクスをもどすのに使っています。 日本ではそばやうどん作り用の同じようなものを 見つけることができるはずです。 でもラッカー塗装されてないものを選びましょう。

Img_2003

Once you get the right texture, dust with flour and put in a bowl coated with a bit of olive oil. Cover well with a big plastic bag to prevent drying (Trash bags do very well). And let rest until the volume doubles. The time depends on the condition of your levain and the temperature of your house. It may take 2 hours to one full day...Check regularly until you find your own best timing. Bread is a living matter so it's like the education of a kid, you have to be very receptive.

ドゥがよい感じに仕上がったら 小麦粉をまぶしてオリーブ・オイル少々を塗ったボウルに入れます。 ビニールを被せて乾かないようにします (市販のゴミ袋がちょうどよかったりします)。 そして2倍の大きさになるまで寝かせます。 時間はあなたのルヴァンのコンディションと、 お家の温度によりますね。 たぶん2時間からまる一日くらい… 定期的にチェックしてベストなタイミングを見きわめて。 パンは生き物なので、 子供のめんどうをみるみたいにね、よく見て。

Img_2022

After it doubles. Flatten with your hands and fold from top to bottom, like this :

膨らんだら上から下に折り曲げて平らにします、このように:

Img_2024

Invert the position and fold the other parts like this

逆さまにしてこのように折り曲げます。

Img_2025

Now, roll the dough on the table to get this kind of shape if you want a long bread, do a circular motion if you want a round bread

もし長いかたちのパンがよかったらこのようにドゥをまとめます、 もし丸いパンがよかったら丸めて。

Img_2026

Then use a bread basket (Selling at Cuoca Shop on the net or at Kappabashi if you live in Tokyo). I have round ones and long ones, for this demonstration I used the long ones). Using baskets help to shape the breads. Let rest. The time is also very variable here like when you did the step one. It may take a little shorter.

そしてパンかごを使います(インターネットのCuocaショップや、 東京だったらかっぱ橋に売っています。私は丸いものと長いものを 持っているのですが、今回は長いもので)。 バスケットを使うことによって形成できます。 それから休ませます。その時間はステップ1 でのようにまちまちです。 たぶんもう少し短くてよいでしょう。

Img_2030

When the dough have the right volume. Use your finger to check. It should spring back very slowly  (you should feel your dough is now full of air).

Have your oven warmed at 250º. Put a metallic pan inside and let it warm. When you are ready to bake pour water in the warmed pan to steam your oven.

Invert the bread from the basket to a floured baking sheet. Cut the top with a sharp nife and put it in the oven. Set the temperature at 220º and let bake 30 minutes. Turn the pan back to front after 30 minutes and continue to bake until it gets a nice color (about more 30 minutes). Let cool on a wire.

ドゥの大きさがちょうどよくなったら、指でチェック。 ゆっくりと押し返してくるようでなければいけません。 (ドゥが空気で満たされてると感じるはず)

オーブンを250℃に温めます。 金属の鍋を中に入れて温めます。 焼く準備が整ったら鍋に水を入れてオーブンをスチームします。

バスケット裏返してパンを小麦粉をふった ベーキングシートの上に置きます。 ナイフで表面に模様をつけてオーブンに入れます。 温度を220℃に下げて、30分焼きます。 その後パンを裏返しにしてよい焼き色がつくまで焼き続けます。 (たぶんさらに30分)。 焼けたら網棚の上で冷まします。

Img_2236

As I used twice the proportions of this recipe I got two big breads.If you do not eat all the bread the first two days, slice it all and keep the slices in the freezer packed in a plastic bag. This way you can warm slices one by one.

For the levain, keep 50g, add 50g flour and 50cc water, mix with a wooden spoon. Let bubble and then keep in the refrigerator for up to 1 week. If you do not make bread every week you better feed your levain every week after throwing 100cc of it and following the same procedure.

When you plan to make bread, follow the same procedure as for feeding and let bubble one night then use like instructed in this recipe. Always remember to keep 50g levain for the next time.

Wish you lots of joys and discoveries!


このレシピは2倍の容量のものですから、2つの大きなパンができました。 もしその日か次の日に全部食べてしまうのでなければ、 スライスしてビニール袋に入れて冷凍庫へ。 これなら一枚ずつ焼けばよいですよね。

ルヴァンは50gとっておいて、 小麦粉50gと50ccの水を加えて木のスプーンで混ぜます。 泡立ったら冷蔵庫に入れますが1週間までです。 もし毎週パンを焼くのでなかったら100cc流したあとに ルヴァンに毎週ごはんを同じようにあげてください。

もしあなたがパン作りをしようとするなら、 ルヴァンにごはんをあげて、1晩泡立たせて それからこのレシピ通りに作ってください。 いつも次回のために50gのルヴァンはとっておくこと。

たくさんのお楽しみと発見を!

| | コメント (1)

2007年10月12日 (金)

Cannelés : from dream to reality  カヌレ:夢を現実に

A hint about how to enjoy the "present"?
Now, right "now" what do I dream?
It does not need to be very complicated like : "Happiness" or "success" or "this" or "that"...No, something to enjoy just now, a little pleasure for you...Something you can create by yourself right now...

See, today I felt like I wanted to eat good cannelés,
freshly baked. How is it possible?
And a voice inside me said : "Just do it!"
Yes, as says a famous shoes maker...

And luckily I had all the ingredients ready at home and even the cannelés molds for mini cakes that spent almost 5 years sleeping on their shelf because I always feel those delicious cakes are difficult to bake.

”現在”を楽しむヒントって?
それはまさに”今”何を夢見るか?
これは”幸福”や”成功”やら”これ”や”あれ”いたいに難しくありません…
今を楽しむ何か、ちょっとした楽しみ…今すぐあなたが自分で作れる何か…

たとえば、今日私はおいしいカヌレが食べたくなり
焼き立てホヤホヤの。でもどうすれば?
私の内なる声が言いました:”ジャスト・ドゥ・イット!”
そう、まるであの有名なシューズ・ブランドの…

ラッキーなことに家には必要なものがすべてありました
このおいしいケーキ、
カヌレを焼くのはたいへんと思っていたので
5年間使わないでいたミニ・カヌレの型さえ棚にありました。

 

Img_2737


Difficult or not,
today I "do it!"
Action!

500cc milk, real vanilla beans 1/2, I bring to a boil, cover and let cool.
Meanwhile I mix in a bowl 250 g sugar with 2 whole eggs + 2 yolk, two pinch of salt, 30cc rhum, 50g melted butter cooled then 100 flour. I do it delicately then I pour the milk slowly, mixing with a whisk until I get a liquid dough without limps. That's all.

I let rest in the fridge for 2 hours minimum (one night is better).
I prepare the molds with melter butter or non stick spray. Then warm my oven at 200º .

I fill the molds to 2/3 and bake until the cakes are dark brown on top (It may take 1h15 for mini cannelés and about1h30 for normal size. But anyway once it's dark brown, check one cake, it should be evenly colored). Take the cakes out of the molds and let cool on a rack.
By cooling the caramelized sugar gives the crisp crust.
If you do not eat all within the day, the texture will be lost.

And here is the result!

難しいにせよ、そうでないにせよ
今日私は”ドゥー・イット”
やるのです!

500ccのミルクとバニラビーンズ1/2を沸かし、 覆いをして冷まします。
そのあいだボウルに250gの砂糖と卵を2コとさらに卵黄2コ
塩2つまみ、ラム酒30cc、冷ました溶かしバターを50g、
そして小麦粉100gを混ぜます。
慎重に丁寧にまぜて、それからミルクをゆっくり入れ
ウィスキちょっぴりと混ぜます
サラサラの液状ドゥになるまで。

それから少なくても2時間、冷蔵庫で休ませます(一晩休ませるのがベター)
型に溶かしバターを塗るかスプレーします。
オーブンは200℃まで温めておきます。

型の2/3ほど生地を入れ、頭が焦げ茶色になるまで焼きます
(ミニカヌレには1時間15分、ノーマルサイズだったら1時間30分。焦げ茶色になったらよく気をつけて。焦げやすいので)
焼けたら型から外して、ラックの上で冷ましましょう。

冷める間に、キャラメル化したお砂糖がカリカリになります。
できたその日に食べないと、せっかくの生地の食感は失われてしまいます。

そしてこれがその結果!

Img_2740

Amazing no?
That's the Present...That's the gift we can do to ourselves.
And because real cannelés molds are really expensive you can use the ones in silicone...

Good gift to yourself and to your family!

(Recipe for 40 to 50 mini cannelés and about 15 normal size. The dough can be kept in the refrigerator up to 4 or 5 days so you can bake a dream everyday...)

31f8x48j16l_ss500_

いいでしょう?
これが今、というプレゼント…自分でできちゃう贈り物ですね。
本物のカヌレの型は高いので、シリコンのものでも代用できます…

あなた自身、そしてご家族にもよいプレゼントになりますよ!

(ミニカヌレ40〜50コ分のレシピはノーマルサイズの約15コ分。 ドゥは冷蔵庫の中で4〜5日はもちます、 そう、その間は毎日夢を焼き上げられるというわけです…)

| | コメント (1)

2007年10月 5日 (金)

How to make your levain (Step 2)/ルヴァンの作り方(ステップ2)

So, did you try to make your starter base for levain bread?
Today let's go to the step 2.
You have your mixture bubbling now...It means that a lot of hungry "levain babies are swimming and waiting for more good food to eat. The first apple mix was their baby food...Now they expect some adult food.

ルヴァンのスターター作ってみましたか?
今日はステップ2に進みましょう。
泡立った状態になっていると思います…これはルヴァンの酵母ベイビーたちが生まれて「お腹すいたよ」という意味、食べ物を心待ちにしています。最初のリンゴペーストはこのベイビーたちのごはんだったんです…今、彼らはもっと大人のごはんを欲しがっています。

Img_1886

Now you filter this bubbling juice to take off all solid parts. Use the paste to enrich the soil of your planters. Mix 50 cc of the liquid filtered starter with 50 g bread flour and a pinch of salt (Give the remaining starter juice to a friend with the address of this blog). Wash well your pot, cover with a piece of fabric and let your new mixture rest until it bubbles again (It may take 1 day to 1 week depending on the temperature or the room).

泡立った液体を濾して固形物を取り除きます。 そのカスはあなたの植木の土にやって下さい。 50ccの濾したスターターにパン用小麦粉50g、 塩ひとつまみを加えてよく混ぜます。 (残った汁は興味のあるお友達にでもあげてください。 このブログのアドレスも添えてね) よく洗ったポットに入れて布で覆います、 そしてまた泡立つまで1週間休ませます。 (泡立つには1日〜1週間。お部屋や温度によります)。

Img_2001

When the bubbling become strong enough, which means that the levain bacterias are feeling happy in your house and that for this reason they make lots of babies, it's time to feed them again. If you do not plan to open a bakery you will have to keep only 50g of the mixture and throw the rest...That's a pity but if you don't do so you will end swimming with your pets all around. Then add 50g bread flour, a pinch of salt and 50cc water...Now you have 150 g levain in your pot and you let it bubble again. It looks like this after a few days.

泡がリッパになってきたら、 これはルヴァンのバクテリアがあなたのお家でハッピー、 だからたくさん子供を造ったという意味なんですね、 さあもういちどごはんをあげましょう。 もしあなたがパン屋さんを開くつもりでなかったら 50gだけ使ってあとは流してしまいます… もったいないけど、そうじゃないと あなたはルヴァンのプールで泳ぐことになってしまいますよ。 50gのパン用小麦粉、塩ひとつまみと50ccの水を合わせます… ポットには150gのルヴァンがあるはずです、 そしてさらに泡立たせます、 数日後には以下のようになっているはずです。

Img_1885

It takes a long time but now you are almost done...And your new invisible friends are now ready to be with you for a lifetime...
Go ahead! Within a few days I'll be back with the step 3...Next time you will learn how to form and bake delicious breads...

ちょっと時間がかかりますけど、 もうほとんど準備出来ています… そして、あなたの見えないお友達は これからずっと一緒にいられます…
さあ、つづけましょう!
数日でステップ3に… 次回は形成とおいしいパンを焼く方法です…

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

How to make your levain (Step1) / ルヴァンの作り方(ステップ1)

Do you already have a dog? A cat? Another kind of pet?
Anyway, please remember than starting a Levain is like introducing a new pet in  your house, it's the start of a long story, a love story that can even go as far as following generations if you care enough...Are you ready for that? Know that you will have to feed your invisible friends at least once a week to keep them in shape...
OK?
So let's start our adventure.
It all begins like the Story of Adam and Eve, with an apple.
You could do it with other fruits but in my version, for the pleasure of following the steps of the first couple of human history I chose an apple and washed it well.

Half of it have been used to make a sangria in August (See the post on this blog) and then I put the other half in a mixer with 100cc of water, 10 grams of sugar and a pinch of salt (to avoid unnecessary bacterias). A few pulses to crash the apple with skin and seeds. You get a rough paste (If you have no mixer you can also use anything that can give you a paste. Chopping the apple is ok too then put all this in a very clean glass pot with a lid, but for now, do not close the lid or it will explode, cover the pot with a kitchen towel.

I started this step in August so the weather being pretty hot my new friends only needed 4 days to proliferate and enjoy their new house. It may take more time when it is cold. In this case keep your pets in a warm place without strong air circulation(I mean not under an air conditioner).
When the paste is bubbling like cider, you may be ready for the next step. But please, be patient, wait for the bubbling to increase enough...too much is not good too. Follow your instinct. Here is what you may get.

犬かネコを飼ってる?
それとも他の種類のペット?
ルヴァンを始める前に覚えておいて、
これははお家に新しいペットを飼うようなもので
まるで長い長いお話のはじまり
もしよくめんどうを見てあげるなら
次世代に続くステキなお話になるはずです…
準備はいいですか?
この目に見えないお友達に形を与えるために
あなたは少なくとも週に一回はエサをあげなきゃいけません。
OK?
それでは始めましょう。
それはアダムとイブのお話のようなはじまり、リンゴのね。
他のフルーツでもできるけど、私のバージョンは
人類の最初のカップルの足跡を称えて
リンゴをチョイス、よく洗います。

リンゴの半分は8月にサングリアに使いました( ブログの書き込みを見てね)
残りの半分は100ccの水、10gの砂糖、 それから塩ひとつまみ(必要のないバクテリアを除くため) といっしょにミキサーにかけます。 リンゴの皮と種もいっしょにひと回しします。 そうするとざっくりとしたペーストができます。 (もしミキサーがなかったらペーストを作れるものなら なんでもいいです、リンゴを叩いてもOK) ペーストをきれいな蓋付きのガラスポット容器に入れます。 でも今は蓋を閉めないで、爆発しちゃうから。 キッチンタオルで容器を覆います。

私はこのステップを8月にスタートしたのですが、 気候がけっこう暑かったので 私の新しいお友達は繁殖するのに4日しかかからず、 彼らは新居を満喫。 涼しかったらもう少し時間がかかりますね。 その場合はあなたの新しいお友達を 温かい場所に置いてあげてください。 強い換気扇のないところで。(エアコンの下はダメ)
ペーストがサイダーのように泡立ったら、 次のステップに進みましょう。
でもシルブップレ、がまんがまん、 充分に泡立つのを待ってあげてください… 泡立ち過ぎもいけません。直感を大切に。 こんな風になるはずです。

Img_1880

Run to the fruits shop, buy a nice apple and start. I'll come back with the next step within a few days.

果物屋さんに走って、 ステキなリンゴを手に入れて始めましょう。
数日後にまたお会いしましょうね。

| | コメント (4)

2007年9月18日 (火)

Sushi or tapas? / スシかタパスか?

Img_2253

Is that sushi or tapas?
Just a way to display tapas another way.
The detailed recipes will be in a next issue of the Tokyo Subway's free paper "Golden minutes" coming out in October

スシかタパスか? それはタパスのちょっとちがったみせかた。 レシピの詳細は次号10月の地下鉄のフリーペーパー ”ゴールデンミニッツ”で。

Img_2255

| | コメント (0)

2007年9月17日 (月)

Homemade "Levain bread"/自家製“ルヴァン”

Today I baked levain bread. Maybe do you remember, when I gave you the recipe of my delicious sangria in the full heat of summer, I used just half an apple. What did I do with the remaining half? I prepared a "starter" for  "levain bread".
And here is the result

今日ルヴァンを焼きました。夏の猛暑の時に美味しいサングリアのレシピをご紹介したでしょう、覚えている?あの時、リンゴを半分だけ使いましたね。あとの残りはどうしたと思う?“ルヴァン”のスターターに使いました。ほら、ご覧のとおり。

Img_2234

Do you want me to tell you how to make this apple starter?

このリンゴのスターターの作り方、教えてほしい?

| | コメント (5)

2007年8月21日 (火)

Patrice's summer bliss lemonade / パトリスの極上サマー・レモネード

Temperature is going down in Tokyo. 15 and 16th of this month was the peak...now the breeze is a bit cooler and more refreshing but still quite hot. So let's enjoy the heat...The super sangria had a lot of success but the number of drunk people walking around increased...So, today, to give you a chance to enjoy the potential of joy of a very hot day I will share with you the recipe of a  divine lemonade I created this morning. It is really an amazing one! Yuri and I were just drinking it like this : "WOOOOOOOW!So good!"

Img_2020


Recipe :
Wash well the skin of a lemon and press the juice. Slice thinly the remains of the fruit. Put the juice, the slices, and 20 leafs of fresh spearmint in a glass pitcher, add sugar (granulated)80-100g, two piches of salt and mix well with a wooden spoon. Let the flavors blend for 15 to 30 minutes, then add ice cubes, pour fresh water or soda, mix well and you are ready for a summer BLISS...

Buy lemons and mint in quantity, I am sure this will become your new drug!
(And without any risk to be drunk)

暑さも和らいできました。
今月 15,16日がピークでしたね…
風はちょっぴり冷めて
とはいうものの まだかなり暑いけどね…
サングリアについてとてもたくさんのアクセスあって
よかったのだけど 酔っぱらい歩きの人の数 増えました…
今日は暑い日のパワーをぞんぶんに楽しめる
レモネードのレシピを伝授しましょう
今朝考えついたばかりです。
これはホントにおいしい!
ユリと私 それを飲んだところ
”ゥワゥワゥワゥワゥワゥおいし〜い!”

レシピ:
レモンの皮をよく洗って絞ります。
果実の部分は薄くスライス。
ガラスのピッチャーに絞ったジュースと、果実のスライス、
スペアミントの葉20枚を入れ、 グラニュー糖を80〜100gを加えます。
さらに塩ふたつまみを入れて、 木製のスプーンでかき混ぜます。
15〜30分置いて、風味をなじませましょう、
氷を加えてお水、もしくはソーダを注ぎます
よく混ぜたら もうあなたは夏の至福へ

レモンとミントをたっぷりね。
これはきっとあなたの新しいドラッグになるはず。
(酩酊はナシ)

| | コメント (1)

2007年8月15日 (水)

The best sangria ever! / 至福のサングリア

So, how is your summer?
If you are in Tokyo you know how much it is hot...
But shall we complain?
It's summer so...
let's enjoy every minute of it before the season ends
beware , time flows so fast!

さてさて あなたの夏はいかが? もし東京にいらっしゃるならご存知のはず この暑さ… 文句を言ってる場合でしょうか? 夏ですから… この季節、 瞬間瞬間を楽しみましょう、終わってしまう前に。 気をつけないと 時はあっという間に過ぎゆき!

Img_1871_2

Today, I remembered a scene when I was about 17,
it was summer, we were traveling trough Spain on our way to France with my parents and it was so hot...driving, driving, driving, and only the sea, rocks, the road and the sun...Then, around 1 PM, some trees, like an oasis in the desert : A small restaurant with a terrace under the trees. The perfect setting! In 1969, the rules about drinking and driving didn't exist so my Father ordered a pitcher of Sangria...

Wow!
They brought a big pitcher full of fruits and ice cubes and wine. It was like a dream. I was still young but my parents allowed me to share this "Divine Nectar"...I will never forget it.
Today morning was so hot that the slide came out of my database and displayed insistently on the screen of my inner vision. I never resist this kind of vision, on the contrary I do my best to convert them into reality. So I went to the nearest supermarket bought one bottle of a very cheap but good Spanish wine, a nectarine, an apple, a lemon, bananas, an orange and now I twill tell you how I made the divine sangria looking ant tasting like the one in my memories.

今日、17歳のころのワンシーン 思い出しました
それは夏
両親と一緒に 旅先のスペインからフランスに向かってドライブ
それはそれは暑かったけど
海と岩、続く道と太陽の中
運転、運転、また運転してゆきました。
そして午後1時ごろ
砂漠の中のオアシスのようにいくつかの木々が現れました:
木陰には テラスのある小さなレストランの姿が。
カンペキなシチュエーション!
時は1969年、まだ飲酒運転に関する条例もなく
父はサングリアのピッチャーをオーダーしたのでした。

ワーウ!
お店の人はフルーツ、氷、ワインでいっぱいの
大きなピッチャーを運んできました。
それはまるで夢のよう
まだ小さかった私に 両親はこの”聖なる美酒”の恩恵に預かることを
許してくれたのです。

今朝の暑さで
このシーンのスライドが 私の記憶のデータベースから出てきて
インナービジョンのスクリーンに映し出されたのです。
私は決してこの種のビジョンにあらがいません、
それどころか それを現実に変換するのに最善を尽くします。

さっそく近所のスーパーマーケットに出かけてゆき
安いけど もののよいスペインワイン、
ネクタリン、リンゴ、レモン、バナナ、オレンジを購入。
それでは 思い出の味、極上のサングリアの作り方を伝授しましょうね。

Img_1816


In a glass container I sliced thinly half of an orange, half a lemon, half an apple and the whole nectarine-thin slices too- (you can replace with a peach but for me nectarine is more adapted). Press and add the remaining half lemon and orange. Add 100g sugar and toss delicately. Add 30 cc Cointreau or Grand-Marnier, if you like but you can pass this, then add the full bottle of wine (750cc). Mix with a wooden spoon. And put in the refrigerator for 2 hours to let the flavors blend well.

ガラスの容器に オレンジ半分、レモン半分、リンゴ半分、 ネクタリンまるまるひとつを 薄くスライスして入れます。 (ネクタリンがなかったらモモで。 私にとってはネクタリンがピッタリでしたけどね)
次に 残り半分のレモンとオレンジを搾って加えます。
さらに100gのお砂糖を加えて やさしくかき混ぜます。
お好みで30ccのクワントロかグランマルニエを入れ、
ワインを1本分(750㏄)加えます。
それから木製のスプーンで混ぜます。
冷蔵庫で2時間冷やして、 全てのフレーバーをなじませましょうね。

Img_1828


Serve in big glasses with ice cubes and 20% of soda to add a frizzing effect. You can also put freshly cut slices of banana first in the glass, if you like the flavor of bananas but do not add them before serving because bananas are very fragile and their taste changes very fast.

 

Do not forget to provide a long spoon to enjoy the fruits after you finish drinking. It makes a perfect fruit salad!(Even the slices of lemon are delicious this way)
I'm sure you will finish the pitcher in the blink of an eye...But, be careful, it's sweet, fruity and before you notice it you will be absolutely drunk...(so prepare a cool place to rest after...)

This drink is perfect for an evening party...Serve in a big bowl with lots of fruits...And please blend with soda it will give such a nice final touch!

I bet this sangria will be one of the best memories of your summer!
Enjoy it!

大きなグラスに氷とともに 入れてサーブします
ソーダを20%入れると シュワシュワします
バナナのフレーバーが好きだったら
スライスしたてのバナナを最初にグラスに入れましょう
バナナはとても繊細で味が変りやすいので
サーブする前のピッチャーには入れないでね。

飲み終わったあと フルーツを味わうための
柄の長いスプーンをつけることを忘れずに。
カンペキなフルーツサラダが楽しめます!
(スライス・レモンでさえおいしいです)
あっという間にピッチャーが空になってしまうことうけあい…
でもこれ 甘いですからね フルーティですからね
気がつかないうちに酔って… (あとで酔いざましするための涼しい場所を用意してね…)

このサングリアは、イブニング・パーティにもピッタリです…
大きなボールに フルーツをたくさん入れてサーブしてください…
しあげにソーダをブレンドして!

これは まちがいなく夏のすばらしい思い出になるでしょう!
エンジョイ!


| | コメント (10)

2007年8月 5日 (日)

Cream cheese scones /クリームチーズ・スコーン

Img_1709

Flour, sugar, butter, cream cheese, baking powder, a little bit of milk...These are the ingredients for an happy Sunday morning. Allow just a few minutes of cooking time and then, enjoy with some homemade blueberry jam...That's it.

If the Paradise is not here,
in this present moment,
where shall we look for it?

Img_1712

小麦粉、砂糖、バター、クリームチーズ、 ベーキングパウダー、そしてミルクをちょっとだけ… ハッピーな日曜の朝のための材料たちです。
調理の時間をちょっとだけ作って、 ホームメイドのブルーベリージャムとともにエンジョイ…
ね。

もしこのひとときに
パラダイスが 存在しないというなら
どこを探せばいいの?

| | コメント (4)

2007年7月14日 (土)

Delicious cream cheese scones / デリシャス・クリームチーズ・スコーン

Img_2084

Let me share with you a delicious recipe of scones I created for our breakfast on this rainy Saturday. If you have a food processor like a Cuisinart it takes only 10 minutes to make the dough.

The recipe is for about 30 scones (You can keep them in the freezer in a Ziploc and warm them 7 minutes when you want).
Put 300g flour, 80 grams cold butter in cubes, 75 grams sugar, 2 grams salt and 12 grams baking powder in the bowl of your food processor. Mix until you get a crumbly texture (like pan ko). You can do it by hand also. Then add 120 to 140g of cream cheese. Mix. When the dough come altogether, check the texture with your finger, if it's soft it's ok (it should not be too soft, just like a baby chick is good).

Put the dough in a bowl, punch 2 or 3 times to say "Hello!". Feel the texture, your fingers may tell you if it's OK. Then cover with a plastic wrap and let relax 1 hour. Warm your oven at 250º and go for a session of Zazen.

When you are back, the oven is OK, the dough and your heart are in a perfect condition. Pound the dough with your hands (About 2,5cm) then cut the scones and put them on a baking sheet (I used a 3cm cutter). Put the reminding dough altogether again without over kneading and cut again until nothing remains. Brush the top of the scones largely with milk and bake 10 minutes at high temperature and then lower to 190º and watch when the bottom and the top of your cakes start to colour nicely. Cool on a wire rack and if you plan to freeze do it as fast as you can so your scones do not dry.

A blueberry jam is a must for this...
Also on top the black seed is not black goma, it's nigelle also called "black cumin" we brought from Marrakech. As it may be quite difficult to find it in Japan I suggest you use blue poppy seeds but not goma.

Wish you a lot of pleasure with this new recipe. Also let me ad a small detail. If you find French cream cheese like Kiri Chef or Président, the taste will be milder...It is what I normally use...it tastes more like the real country made English scones.

雨の土曜日 私が開発したスコーンの
デリシャス・レシピ紹介させてくださいね。
もしCuisinartみたいなフード・プロセッサー持ってたら
たった10分で 生地作りできます。

30個分のスコーンのレシピです(ジップロックに入れて冷凍しておいて食べたいときにオーブンで7分間温めて)。
300gの小麦粉、80gの冷たいバターの角切り、75gのお砂糖、2gの塩と12gのベーキングパウダーをフードプロフェッサーのボウルに入れます。
そして ポロポロになるまで混ぜます(パン粉みたいに)
手で混ぜることもできますよ。
それから120〜140gのクリームチーズを加えます。
生地がまとまるまで混ぜ、手で触ってみて柔らかければOK
(柔らかすぎてはダメ、赤ちゃんのほっぺくらいがちょうどいいです)

生地をボウルに移して2〜3回 たたいて"アロー!”とご挨拶、
触ってみて。OKと指が感じるでしょう。
それからラップで覆い、約1時間寝かせましょう。
オーブンを250℃に温めている間、坐禅に行きましょうね。

戻ってきたら、オーブンは準備OK、
生地とあなたの心は最高のコンディション
生地を手で(2.5センチくらいに)伸ばして
型で抜いて(私は3cmのものを使いました) ベーキングシートの上に置きます。
生地をこねすぎないように気を付けながら 型抜きで残ったものをもういちどまとめて
何も残さないように抜きます。
スコーンの頭にミルクをたっぷり塗って
10分間は高温で、そのあとは190℃に温度を下げて焼きます
スコーンの底と頭の部分が色づくまで。
そして網棚の上で冷まします。
もし冷凍するなら、スコーンが乾燥しないうちに できるだけ早くに。

このスコーンにはブルーベリーのジャムがぴったり…
それから上にのせるブラックシードもですけど。
ゴマじゃなくて二ゲラね、”ブラック・クミン”と呼ばれるもの
私たちはマラケシュで買いましたが
日本で見つけるのは難しいので
ブルー・ポピー・シードを使うといいと思います
ゴマじゃなくてね。

この新レシピ 楽しんでくださいね。
ちょっと付け加えるなら
もしKiri ChefやPrésident といったフランス製のクリームチーズ
を使うとよりマイルドな味になります…
↑いつも私が使っているものです。
カントリーメイドのイングリッシュ・スコーンの味にいっそう近くなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

Easiest bread ever / 世界一 簡単なパン

What is the easiest bread ever?
It's an indian bread called "Chapati" I first tried in India 30 years ago. There, chapati is the most basic bread and the most popular. They eat it from breakfast to dinner. Reminding this brings me back to memories of a very cute beach in Goa where I lived one month in a bungalow, right in front of the sea.Only two small coffee shops built with coconut leaves, and they served a very good chai with chapatis and curry...

Imgp6766

Today, no bread for breakfast. Before doing my zazen (Dear Shisho, Yes I am still sitting every morning from 6 to 7). I remembered the recipe. So simple, about 2 cups whole wheat flour, four pinches of salt, two pinches of sugar, 1/3 tablespoon oil and about 1cup of water, to get a soft non sticky texture. To soften the dough it's better to let it relax one hour in a bowl within a plastic bag. Perfect timing...when I finish Zazen I can start baking.
Baking will be very easy for people who have the chance to use gas (Tokyo Gas Arigato!). Put a wire net (the one they use for yakiniku) or a grill for fish  on high flame, put on the chapatis rolled as thin as you can. If the fire is hot enough they will puff in 2 minutes. Turn on the other side, let color a bit and you're done!
Eat with butter, olive oil, honey or jam...

Enjoy!

世界一 簡単なパンって?
それはインドの”チャパティ”というパン。
初めて食べたのは30年前 インドで
チャパティはもっともベーシックでポピュラーなパンでした。
人々は朝食から夕食までそれを食べてました。
そんなことを思い出しながら
ゴアのそれはそれはステキなビーチ、まさに目の前は海の
バンガローに1カ月ステイしたことを回想。
ココナッツの木の葉っぱでできたコーヒーショップがたったふたつだけあって
とてもおいしいチャイとチャパティーとカレーを出してくれたっけ…

今日は 朝食用のパンがありませんでした。
坐禅を組む前に(お師匠さん、私はまだ毎朝6-7時までの坐禅 続けてますよ)
レシピを思い出しました。とってもカンタン
2カップの全粒粉、塩4つまみ、砂糖2つまみ、大さじ1/3のオイル、
それから1カップの水。柔らかく仕上げるために。ベトベトの生地ではダメだからね。
生地を柔らかくするには ビニールを被せたボウルの中で約1時間寝かせましょうね。
ステキなタイミングで…坐禅を終えるとちょうど焼けます。
ガスを使える人にとっては焼くのは簡単です(ありがとう、東京ガスさん!)
ワイヤーの網(焼き肉に使うもの)もしくは魚をグリルする網を置いて
丸めたチャパティをできるだけ薄く伸ばして置きます。
火加減がちょうどよければ2分で膨らみます。ひっくり返して
ちょっと焼き色をつけたら、できあがり!
バターか、オリーブオイル、はちみつやジャムをつけてめしあがれ…

エンジョイ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

カマンベールブルスケッタ ASKO by All About

カマンベールブルスケッタ

065_1



材料(12個分)
・バゲット 1本(2cmスライス)
・カマンベールチーズ 1個(5mmスライス)
・オリーブ油 適量
・塩 適量
・黒胡椒 適量

グリルモードでオーブンを温めておく。

① バゲットを天板に乗せて、表面がカリカリになるまでグリルモードで焼く。(約3分)

② ①を裏がえしてカマンベールチーズをパンを覆うように乗せる。(2切れずつ)塩・胡椒を好みでかける。



055_2

③ カマンベールがとろけるまでグリルモードで約2分焼く。

④ 皿に盛り付けて、オリーブ油をまわしかける。

~他のレシピはこちら~

・オリーブと玉葱入りバゲット

・プロヴァンス風ピザ

・パリスタイルチャーハン

・鯛のグリル プロヴァンススタイル

・ラムレーズンスコーン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鯛のグリル プロヴァンススタイル ASKO by All About

鯛のグリル プロヴァンススタイル

136


材料(8人分)
・鯛 2匹

マリネ用
・(A)塩 10g
・(A)フレッシュローズマリー 大さじ1
・(A)フレッシュタイム 大さじ1
・(A)オリーブオイル 30ml

付け合せ

玉葱のコンフィ
・玉葱 2個
・レモン 1/2個
・オリーブ油 50ml
・フレッシュタイム 小さじ1
・塩 適量
・胡椒 適量

トマトプロヴァンサル
・トマト 4個
・(B)オリーブ油 20ml
・(B)パセリ 大さじ4
・(B)にんにく 2かけ
・(B)オリーブ油 30ml
・(B)パン粉 大さじ2
・(B)塩 適量
・(B)胡椒 適量

①  マリネ用の(A)のタイム、ローズマリーは粗いみじん切りにして、塩とよく揉み香りを出して、オリーブオイルを加える。

②  うろこ、内臓をとった鯛に①を内側外側にしっかり揉み込み、30分冷蔵庫でマリネする。

③  オリーブ油を熱したフライパンに1cmの半月切りにした玉葱をいれ塩・胡椒をして透明になるまで炒める。

④  オニオンコンフィーを作る。③に輪切りにしたレモン、タイムを入れる。玉葱が少ししゃきしゃきするくらいで火を止め、天板に乗せる。

126

⑤  トマトプロヴァンサルを作る。(B)のパセリ、にんにくはみじん切りにして、(B)の全ての材料と混ぜる。トマトを輪切りにして、オリーブ油を熱したフライパンで水分を飛ばすように両面焼く。

⑥  オニオンコンフィを敷いた天板の上に鯛を置く。周りにトマトを飾って、グリルモード中段で5分間焼く。

127


⑦  魚をひっくり返して5分焼く。

⑧  もう一度魚をひっくり返し、トマトの上に(B)をのせて3分間焼く。

~他のレシピはこちら~

・カマンベール ブルスケッタ

・オリーブと玉葱入りバゲット

・プロヴァンス風ピザ

・パリスタイルチャーハン

・ラムレーズンスコーン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラムレーズンスコーン ASKO by All About

ラムレーズンスコーン

097


材料 (25個分)
・(A)コリントレーズン 40g
・(A)ラム酒 大さじ2
・(B)薄力粉 500g
・(B)グラニュー糖 50g
・(B)ベーキングパウダー 12g
・(B)塩 5g
・(C)バター 80g
・(C)ショートニング 40g
・ヨーグルト 200g
・牛乳 適量


①  (A)(B)(C)は全て別々にあわせておく。(B)は振るっておく。

②  ボウルに(B)を入れて(C)を加え指でポロポロの状態になるまですり混ぜる。
混ぜすぎない事。

069

③  ①に(A)を加えてさっくり混ぜる。

④  ③にヨーグルトを3回に分けてさっくり混ぜひとまとめにする。

⑤  手で2cmの厚さにのばして適当な三角の大きさに切る。天板にオーブンシートを敷き乗せる。

072


⑥  牛乳を刷毛で⑤に塗る。(艶出しのため)

⑦  230℃のオーブンの中段で10分間焼く

⑧  180℃に変えて15分間焼く

089


⑨  焼きあがったら、網に載せて冷ます。

ジャムやバターと一緒に食べる。
保存容器に入れて冷凍保存も可能(一ヶ月)。

~他のレシピはこちら~

・カマンベール ブルスケッタ

・オリーブと玉葱入りバゲット

・プロヴァンス風ピザ

・パリスタイルチャーハン

・鯛のグリル プロヴァンススタイル


| | コメント (2) | トラックバック (0)

パリスタイルチャーハン ASKO by All About

パリスタイルチャーハン

122


材料(4人分)
・ごはん 700g
・ベーコン(1cmの短冊切り) 130g
・玉葱(みじん切り) 1/2個
・にんにく(みじん切り) 2かけ
・グリンピース 50g
・ミニアスパラ(半分に切る) 80g
・小葱(輪切り) 大さじ1
・卵 2個
・しょうゆ 大さじ2
・オイスターソース 大さじ1
・サラダ油 30ml

中華鍋をセットするために付属のゴトクをコンロにセットしておく。
フライパンの場合はゴトクをセットしないで大丈夫です。
醤油とオイスターソースを混ぜておき、合わせ調味料を作っておく。

①  強火で中華鍋にサラダ油を熱し、煙が出てきたらベーコンを炒める。

②  ベーコンが色づいてきたら、玉葱、にんにくを加える。

115


③  玉葱が透明になってきたら、ご飯を入れてよくほぐす。

④  ご飯があたたまったら、グリンピース、アスパラガスを加え炒める。

⑤  フライパンの奥のほうに具材をやって、手前側に場所をつくり、そこに溶き卵を入れる。

119


⑥  半熟の状態でご飯と混ぜ合わせる。

⑦  合わせ調味料を鍋肌から入れてよく絡ませる。

⑧  皿に盛り付けて最後に小葱をちらす。

~他のレシピはこちら~

・カマンベール ブルスケッタ

・オリーブと玉葱入りバゲット

・プロヴァンス風ピザ

・鯛のグリル プロヴァンススタイル

・ラムレーズンスコーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

プロヴァンス風ピザ ASKO by All About

プロヴァンス風ピザ

111


材料(20cmのピザ2個分)
ピザ生地
・(A)強力粉 100g
・(A)薄力粉 100g
・(A)塩 4g
・(A)ドライイースト 5g
・水(ぬるま湯) 80ml

スターター
・水(ぬるま湯) 50ml
・砂糖 5g
・ドライイースト 5g
・(A)の中の強力粉と薄力粉を合わせた物 20g

ピザの具材
トマトコンフィ
・トマト(1cmの半月切り) 2個
・オリーブ油 30ml
・塩 適量
・フレッシュタイム (みじん切り)小さじ1

玉葱のソテー
・オリーブ油 20ml
・玉葱(5mmの半月切り) 1個
・フレッシュタイム (みじん切り)大さじ1
・フレッシュローズマリー (みじん切り)大さじ1
・塩 適量
・こしょう 適量

・アンチョビ 6本
・ブラックオリーブ 12個

スターターを作っておく。
全ての材料を混ぜて最低一時間~一晩発酵させる。

オーブンをピザを焼く前にmaxにしておいて温めておく。

①  (A)をボールの中に入れスターターを加えてよく捏ねる。少しずつ捏ねながら水を加えて、耳たぶくらいの硬さになるまで水を加える。

②  1時間発酵させる。

③  生地を2等分して20cmの円形に伸ばし、天板にのせる。

100


④  生地を発酵させている間に具材をつくる。フライパンにオリーブオイルを熱しトマトを焼く。塩、こしょうをしてトマトの水分がなくなるように両面をじっくり焼く。

⑤  ④の仕上げにタイムをふって冷ましておく。

⑥  玉葱のソテーを作る。フライパンにオリーブ油を熱して、玉葱、塩を加え透明になるまで炒める。

⑦  色がついてきたらハーブ類を加え、玉葱が柔らかくなったらバットに移し冷ましておく。

⑧  ③のピザ生地に玉葱のソテーを敷いてトマトコンフィを均等に並べる。

⑨  アンチョビは半分に切って均等に並べる。オリーブを散らす。

105


⑩  オリーブ油(分量外)をまわしかけて、飾りにタイムを散らす。

⑪  maxにしておいたオーブン(250℃)の下段で30分焼く。

109


⑫  最後にグリルモードにして上段で2分焼く。

~他のレシピはこちら~

・カマンベール ブルスケッタ

・オリーブと玉葱入りバゲット

・パリスタイルチャーハン

・鯛のグリル プロヴァンススタイル

・ラムレーズンスコーン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オリーブと玉葱入りバゲット ASKO by All About

オリーブと玉葱入りバゲット

128_2



材料(20cmのバゲット4本分)

・(A)強力粉 450g
・(A)ライ麦粉 50g
・(A)塩 10g
・(A)ドライイースト 10g
・水 180~200ml(日よって変わる)

スターター
・水(ぬるま湯) 100ml
・砂糖 10g
・ドライイースト 5g
・(A)を混ぜたもの 50g

混ぜ込む具材
・玉葱(みじん切り) 150g
・オリーブ油 70ml
・ブラックオリーブ(みじん切り) 50g
・乾燥タイム 5g
・塩 2g
・黒胡椒 適量

スターターを作っておく。
全ての材料を混ぜて最低一時間~一晩発酵させる。

①  中の具材を作る。フライパンにオリーブ油を入れ玉葱と塩を入れてゆっくりと色づける。オリーブとタイムを加えて塩・黒こしょうで味を調える。冷ましておく。

②  (A)をボウルに入れて①と混ぜる。

039_1


③  ②にスターターを加えてよくこねる

④  ③に捏ねながら水を3回に分けながら加え耳たぶの硬さくらいに仕上げる。

⑤  ビニール袋にボールごと入れて温かい場所で1時間発酵させる。

⑥  生地を230gずつに分けて、バゲットの形に丸めながら整形する。オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。

⑦  50分間また発酵させる。

⑧  1つのバゲットに4本の切り込みを入れる。斜め方向に切り口を入れて、斜めに切る。

106_2


⑨  霧吹きで表面に水を吹き、小麦粉(分量外)をふる。

⑩  230度にあたたまったオーブンの天板に1Lの水をはり、230度の中段で30分焼く。

⑪  30分たったら⑩の天板をはずして、美味しそうな焼き色がつくまで(30分程度)焼く。

~他のレシピはこちら~

・カマンベール ブルスケッタ

・プロヴァンス風ピザ

・パリスタイルチャーハン

・鯛のグリル プロヴァンススタイル

・ラムレーズンスコーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

Using large plates is fun / 大きいお皿って楽しい

Recently I bought (for less than ¥1000) very large plates from the Table Ware shop "Canion" at Kappabashi. Using this big space to present food is a real pleasure for the eyes and for the heart.
Look at this Compote of Eggplants with a mixed grill of shrimps and "buri"!

Img_0877

This was our lunch today on the terrace... 
Preparation took 20 minutes
And the result looks like restaurant at home...Isn't it...



最近、大きなお皿を(1000円以下で!)合羽橋のCanionで買いました。
広いスペースで料理を盛りつけると楽しい。

この海老と鰤のグリルとナスのコンポートを見て!

これはテラスでの今日のランチ。
準備は20分くらい。
でもレストランみたい・・・・でしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)