Works

2015年2月20日 (金)

『男のクロワッサン』Now on sale/ Patrice in Men's Croissant

Dsc02868


『男のクロワッサン』(マガジンハウス)でパトリス・ジュリアン6ページの特集と表紙を飾っています。
茨城県でオーガニック農園を営みパン屋のシェフでもある田中久美子さんと友人のダン&さやか夫妻の家で撮影を行ないました。
この特集のなかではパトリスの楽しい暮らしのアイデアと、とびきりのオリジナルカレーディナーのレシピをシェアしています。
(カレーライス+オニオンアチャール+きゅうりのライタに素晴らしい野菜とブランデーのロングカクテル)


Now on sale « Men’s Croissant » from Magazine House with 6 pages and the cover featuring Patrice. The pictures were taken at the organic farm of his former Bakery Chef Kumiko and at the house of friends, Sayaka & Dan in Ibaraki Prefecture. In this reportage Patrice shares his ideas for a fun life and also his recipes for a delicious original curry dinner (Curry rice + onion achards + raita  with an amazing vegetables and brandy long drink).

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

Last piece of the "I AM" accessory.../ 最後の"I AM"アクセサリー

Img_6139

(この品は完売しました)

This is the last piece of the "I AM" limited edition by Patrice.

For order PJ Office

これが最後の パトリス作"I AM" 限定版 です。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

I AM WHAT I AM/私は私

Every single day, every single minute talks to us if we listen.
Today morning I got a mail from a friend with a link to a Youtube video clip she likes. I jumped there and on the sidebar, on the right of the screen, where related videos appear,I saw the title of a song by Gloria Gaynor : "I AM WHAT I AM".

You know that I am just now creating an accessory called "I AM" and synchronistically, exactly today morning! 15 minutes before discovering the Gloria Gaynor song a takkyubin brought me the final prototype of the "I AM" accessory...(Isn't it amazing...?)

Img_5969_4

(To see a bigger image, click on the picture.)

When I heard and read the words of the song I found that it says exactly what I had in mind when I thought about the concept of my new product...

Isn't it funny?

So remember...When you stay open to all the details of Life they all hold a message for you...

I AM

OPEN TO THE VOICE

OF LIFE

LIFE IS A FRIEND

TALKING TO ME,

LIFE SAYS

"I AM

WHAT I AM"

THROUGH ALL OF US...

WE ARE ALL UNIQUE

AND BELOVED!

歌詞を知りたい方は、続きを読んでね。

耳を澄ましてさえいれば、どんな日も、どんな時もメッセージは送られてきているんだ。今朝受け取った友人からのメールに、彼女の好きなYoutubeのビデオクリップが貼られていたんだ。僕はそこで飛び上がった。サイドバーにある、そのスクリーンの右側の、ほら、関連ビデオが出てくるところ、そこにグロリア・ゲイナーの歌のタイトル "I AM WHAT I AM" を見つけたから。

ご存知の通り、僕は"I AM"アクセサリーを制作中で、なんと、まったく今朝!このグロリア・ゲイナーの歌を見つける15分前に、宅急便で"I AM"アクセサリーの最終プロットタイプを受け取ったところだった。

この歌を聞いて、歌詞を読んだ時、まさしく僕の頭の中にあった新製品のコンセプトへの思いがそこにあることを発見したんだ。

不思議だと思わない?

ね、覚えておいて。ライフのすべてのどんな小さなことにも心を開いていれば、そこにはメッセージがあるってことを…。

私は

ライフの声に心を開くよ

ライフは友

私に話しかけている

ライフはこう言っているんだ

私は

私である、と

すべての人たちを通してね

私たちはみんなユニークで

愛されているから

"I am what I am" by グロリア・ゲイナー

I am what I am 私は私
I am my own special creation 私って私特製なの
So come take a look こっちへ来て見て
Give me the hook クビにするか
Or the ovation  喝采をちょうだい
It's my world これが私の世界
That I want to have a little pride ちょっと誇りを持ちたい
My world  私の世界
And it's not a place I have to hide in 隠れなきゃいけない場所じゃない
Life's not worth a dam 人生にはなんの価値もないよ
Till I can say 私がこう言えるまでね
I am what I am 私は私

I am what I am 私は私
I don't want praise I don't want pity 賞賛も憐れみもいらない
I bang my own drum 自分自身のドラムを鳴らしている
Some think it's noise I think it's pretty うるさいって思う人もいるけど私は素敵と思っている
And so what if I love each sparkle and each bangle それぞれの輝き、それぞれの飾りが好きならどうだというの
Why not see things from a different angle 違った角度から見ればいい
Your life is a shame 恥ずかしい人生
Till you can shout out I am what I am 私は私、とあなたが大声で叫ぶまではね

I am what I am 私は私
And what I am needs no excuses 私であることに言い訳なんていらない
I deal my own deck 自分の札は自分で切る
Sometimes the aces sometimes the deuces 時にはエース、時にはデュース
It's one life and there's no return and no deposit たった一度の人生 戻ることも預けることもできない
One life so it's time to open up your closet たった一度の人生 クロゼットの扉を開ける時
Life's not worth a dam till you can shout out あなたが叫ぶまで人生はなんの価値もない
I am what I am 私は私、と

I am what I am 私は私

I am what I am 私は私
And what I am needs no excuses 私でいることに言い訳なんていらない
I deal my own deck sometimes the aces sometimes the deuces 自分の札は自分で切る 時にはエース、時にはデュース
It's one life and there's no return and no deposit たった一度の人生 戻ることも預けることもできない
One life so it's time to open up your closet たった一度の人生、クロゼットの扉をあける時
Life's not worth a dam till you can shout out あなたが叫ぶまで人生はなんの価値もない
I am what I am 私は私

I am I am I am good 私って私っていい感じ
I am I am I am strong 私って私って強いの
I am I am I am worthy 私って私って価値があるでしょ
I am I am I belong 私って私って私のもの

I am 私は

I am 私は

Who whoooo etc.
I am 私は

I am I am I am useful 私って私って役にたつ
I am I am I am true 私って私ってホンモノ
I am I am somebody 私って私って誰か
I am as good as you 私ってあなたと同じくらいいい感じ

Yes I am 本当に、私って

| | コメント (2)

2009年9月12日 (土)

My new "cleaning accessory"/新作“浄化するアクセサリー”

In August, in introduced here the concept of a new accessory I designed. The name of this silver artpiece is "I AM". I created it as a personal symbol of Identity and Inspired Action.

僕がデザインした新しいコンセプトのアクセサリー、これについては8月にここで紹介したとおり。このシルバーのアートピースに“I AM(アイ・アム)"という名前をつけた。自分が何者であるかということを認識し、導かれる行動を表すシンボルとして作ったんだ。

Img_5943

Here is the "giving" side of "I AM"

こちらは、“I AM”の“捧げる”側。

Its shape is like a stone or an egg or the image of Gassho. It images the reunion of the right and the left hand, of the "feminine" and the "masculine", of  and giving. As such it can be used on both side depending on your feeling of the moment.

石のような、卵のような、合掌のイメージのカタチ。右手と左手を合わせている感じ、あるいは女性と男性が一緒になること、あるいは捧げ、享受することを共に行うイメージなんだ。

Here the receiving side.

こちらが、“享受する”側。

Img_5954_2

Specs:

4,4 cm x 2,5 cm. Pure Silver 20g (symbol of light). Ring on top is bronze (Yellow being the color of the sun). It's all made, assembled and polished by hand one by one.

スペック 4,4 cm x 2,5 cm. 純銀25g. トップのリングはシルバーの上につや消しブロンズカラー。ひとつひとつ手作業で作られ、磨かれています。

As mentioned in the presentation of the concept, inside the accessory, invisible to the eyes are engraved the words "I love you" and "I thank you". This symbolize the idea of keeping those two words inside our heart as we go around in our daily life. This "intention" focused in the accessory produces a "resonance field" that can be imaged this way :

コンセプトの紹介でも書いてあるように、アクセサリーの内側には、目では見えないけれど"I love you"と"I thank you"という文字が刻まれている。これは、僕たちが日常どこへ行く時でも、心の中にこの言葉を持ち続けようという考えをカタチにしたものなんだ。ちょうどイメージとしては、この絵のように、このアクセサリーに込められた意図が、体中を廻り廻っている感じ。

Resonance_2

"I AM"の受付は終了しました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

"I AM" ; a new silver accessory by PJ/"I AM" PJによる新作シルバーアクセサリー

Today I want to introduce one of my new projects. A silver accessory.

During years, I have tried several neck accessories with stones, crystals, silver motifs,... but I never have been really fully satisfied by the feeling I got when wearing them.

As I was wondering if I could find something really adapted to my expectations, synchronistically a proposal came one day asking me to create my original accessory... What a chance!

I was then introduced to a very interesting artisanal silver atelier where we started to work on my ideas.

Img_1321

I called the accessory "I AM" because "I AM" is the base of our experience of life,wherever we go, our I AM goes with us, It expresses Life in us. Don't we say "I AM Happy, I AM eating, I AM walking, etc..." the fact that I AM is the only thing I AM sure of, even if I can define what is exactly this "Isness".


The body of the accessory is in silver because it symbolizes the white light which corresponds to the higher state of consciousness. It have two  different sides : one is the "giving" side and represents the sun.The other is the "receiving side" of us and represents the moon.

We can choose the face we feel inspired to show according to our mood of the day. It is a way to stay conscious of our different modalities of being and express them fully

It is shaped like a stone or like an egg, image of the Zero state, to symbolize all the potential in us, unfolding from Zero.

010

There is also a secret face in this accessory. In the inside are carved two keywords "I Thank you!" and "I Love you".

As you will walk around with your "I AM" accessory it will represent your "inner prayer" repeating inside of you.

020

Here is the prototype of the "I AM accessory" on the "moon side" before final step of setting and polishing.

The final "I AM" product will be shown for the first time during my next talk show on the 26 of August. It will be sold through Internet and in some selected shops. More information will be published here.

I hope "I AM" will become a travelling companion for many,
a portable altar to keep Spirit "on focus"
a remembrance of a state of being beyond memories, a tool for perfect balance between Giving and receiving, lovingness and thankfullness.

さて今日は新しいプロジェクトを紹介しましょう。銀のアクセサリーです。

僕は何年もの間、石やクリスタル、シルバーモチーフのあるネックレスを試してきたけれど、つけてみると、どうもどれもしっくりこなかったんだ。

自分の期待にぴったりと本当にあうものを見つけることができるんだろうかと思い出した頃、それに呼応するように、オリジナルアクセサリーを作りませんかという提案がやってきた。チャンス到来!

それからおもしろいシルバー工芸の工房を紹介され、僕のアイディアをカタチにし始めたんだ。

このアクセサリーを僕は『I AM』と名付けた。I AMは人生の経験のベースになるもの。僕たちがどこへ行こうと、I AMは一緒。だって自分たちの人生を表現する言葉でしょう。ほら、私は(I AM )幸せ、私は(I AM) 食べているよ、私は(I AM)歩いている... って言うよね?事実、"存在していること”の意味をちゃんと表すことができるとするなら、この"I AM"こそが、唯一のものだと僕は確信しているんだ。
デザインするにあたっては、ホ・オポノポノを通して、セルフアイデンティティ(自己同一性)と呼ばれるハワイ方式の修行から主にインスピレーションを得ている。
アクセサリー本体は、銀。より高度な意識を表す白い光をシンボル化している。2つの面があり、ひとつは"与える"もの、太陽を表す。もうひとつは"受け取る"もの、月を表す。

その日の気分によって、どちらの面をつけるか選ぶことができるんだ。これによって、自分の違った面をちゃんと意識し、それを思いっきり表現する方法になる。

石のような、卵のようなカタチ、ゼロの状態のイメージ、ゼロから始まっていく自分たちの中にあるすべての可能性をシンボル化している。

この作品は、次の8月26日のトークショーでデビューする予定です。インターネットと、いくつかのセレクトショップで販売予定。詳細は、ここでまたね。

"I AM"が、魂と心を合わすためのケイタイ祭壇として、記憶の向こうにある存在であることの思い出として、与えることと受け取ること、愛することと感謝することの完璧なるバランスを保つツールとして、多くの人の人生の旅の道連れとなることを、僕は願っている。

| | コメント (4)

2009年2月12日 (木)

My sweet Valentine.../マイ・スウィート・バレンタイン

For a sweet Valentine at home, a very easy recipe using Ghana Choco...
http://celeb.cocolog-nifty.com/

Have a look...
And as a present for eveybody, a free trip to Ghana...

おうちでのスウィートバレンタインのために、ガーナチョコを使ったとってもカンタンなレシピ…http://celeb.cocolog-nifty.com/

見てください…皆さんに、ガーナへ無料の旅をプレゼント…

| | コメント (2)

2009年1月28日 (水)

Dream large.../大きく夢見る

Dream_large

夢とは、現実になるのを待っているインスピレーション以外のなにものでもない。

私は私の夢に従う:

私は大きく夢見て

大きく生きる。

| | コメント (4)

2008年11月17日 (月)

Café Ecolo nº3 is online/カフェエコロ vol.3 オンラインで

Untitled


To see my new contribution to the homepage of Mitsui "Café Ecolo" click here

三井の“カフェエコロ”のホームページで、私、更新しました。ここをクリックして見てね。

| | コメント (3)

2008年10月 2日 (木)

Old ryokan wanted... / 古い旅館探しています…

Img_3400

Yuri and I have the idea of a relaxation center and restaurant in Tokyo or near Tokyo and we think that the best place to do it would be an old ryokan or an old "sento" in Tokyo or near Tokyo.
Recently those kind of ryokans tend to close and disappear because the owners are too old and the places are getting outdated...so if you hear of such a place and feel it could be adapted to our wishes, let us know... here

ユリとPJには、東京もしくは東京近郊でリラクゼーション・センターとレストランを作ろうっていうアイディアがあります。古い旅館や銭湯に作るのがいいかなと。

でも最近では旅館は持ち主の高齢化と古くささから
クローズしてしまったり無くなってしまったりが多いみたい…
もしみなさん、私たちのアイディアにぴったりの場所があったら
ぜひ教えてください…
こちら までメールしてね。

| | コメント (3)

2008年9月11日 (木)

Interview with Patrice Julien about the "Private sessions"  / インタビュー・ウィズ・パトリス・ジュリアン

Untitled


Qu : Patrice, can you explain us a bit what are the "private sessions" you give in parallel with the PJ Dojo.

PJ : I started those sessions in 2004 after the publication of the new edition of my book "You are the Hero of your life" ("Monogatari no shujinko ni naru hoho" ) because I met many readers that moved quite well trough the process described in the book but they still felt a resistance and could not take the "final decisions" about moving.

Qu : Final decisions?

PJ : Yes, we have key moments in our life, situations related with choosing a job or changing a job, others related with relationships with friends, partner, family (parents or kids), other issues are about self-expression,... During those periods it is important to make energy move, to take decisions. But we sometimes feel that those decisions will be so important, that it will change our life so drastically that it blocks us. This choice about changing or staying is what I call "final decisions".

Qu : So how do you help people taking those decisions?

PJ : When we are in those situations, very often, we are so concerned by our emotions that we do not see the potentials we have. We see all through fear, anger or guilt and we feel there is no way out. It is very depressing. In fact, in life, there is always a way out but to find it we have to change the way we look at the situation. We have to "go neutral".

Qu : Go neutral?

PJ : Yes for example if a talented person starts not like the job she does for living and she feels she should change, what will happen? Fear! She will start to feel afraid of many things like being unable to find a new job corresponding to her desires.

This is only an "emotional idea" inspired by fear. If you go neutral you see that the problem is not about job, it is about self confidence. So the question becomes first : "How do I accept to see that I am really a talented person?"

When you get in touch with your talent it is easier to find the job that corresponds isn't it? And you know that in a city like Tokyo there is a lot of employers looking for talented people in all fields of activities.

You see what is the real problem? Self confidence!

Qu : Is what you do like a kind of therapy?

PJ : No. It is not therapeutic. Therapies suppose that you are "sick". What I do is more like coaching an "athlete" or producing a "star". Basically everybody is a "star seed". Too many people think they are just "normal", that they are a "nothing special person".

But one day when they start to feel : "I do not enjoy my life!" and think "Oh...Maybe I am getting sick, I feel depressed" what does that mean? Why does this happen?

It means that the "star seed" is awakening in their heart and says "you can do better".

Qu : So...you think that this doubt is positive?

PJ : Yes, because it is the voice of your heart trying to push you to move, to expand, to experience what you really are.

But society do not like this so much. In those moments, people tend to feel lost and "strange". In my sessions, I help them to look at the fact that in any society, every person is different and that being unique is a precious thing for everybody. Once you see and accept this potential you are almost "saved".

Qu : How long is a session?

PJ : About two hours. We talk, do some breathing, some relaxation exercises to help energy flow, it is really a very relaxing and comforting experience.

Qu : How many sessions are needed?

PJ : Some people make a big jump in only one session. Some others start a long process taking several years like a divorce or building a new professional project. In this case it is really a coaching process. We meet every time the person feels she needs a "push". It can be every 3 months or 6 months. In some difficult cases a session every week during the first month or first two months helps "cleaning" a "messy situation"...(smile) but it is rare...

Qu : Thank You Patrice. So if I want to ask for a session, what shall I do?

PJ : You send a mail to my office if you need more practical informations and you make your reservation. Easy!
Thank you!







Q パトリス、あなたがPJ道場と平行してやっている”プライベート・セッション”について教えてくださらない?

PJ このセッションはですね、2004年に私が『物語の主人公になる方法』の改訂版の出版したあとに始めました。本に書かれていたプロセスに感動した、でも『最後の決断』を下せないでいる人が多くいたからね。

Q 「最後の決断」って?

PJ  日常生活においてとっても重要な瞬間、キー・モーメントというのがありますね。仕事に関して、友人や恋人、家族との関係、自己表現に関して、とか。その決断を下すのにはたいへんなエネルギーが必要だったりします。それによって生活が劇的に変わってしまう、だからあまりにも決断が重大過ぎてできない、ということがあるでしょう。変革か停滞か? これが私の呼ぶ「最後の決断」

Q ふーん。じゃあ人々が決断を下す場合、あなたは何をお手伝いするの?

PJ  そういう決断の時、人は感情に流されがちでしょ。感情的になって自分の持てる可能性が見えなくなってしまう。怖いとか、怒ってるとか罪の意識を感じるとか。まるで袋小路に追いつめられたみたいにね。くらーい気分。でも本当は人生には出口がある。でもそれを見つけるには、その状況の見方を変える必要がありますよね。そこで「ニュートラルで行こう」なんです。

Q ニュートラルで行こう?

PJ そう、たとえば非常に才能のある人が仕事のためでなく、生きるために何かを変えなきゃといけないと感じたとすると、何が起こると思う? 恐れです。いろんなことが怖くなっちゃう。新しい仕事が見つからなかったらどうしようとか。

でもこれはただ怖くて「感情的な考え」に流されているだけ。ニュートラルで行こう、の考え方によれば、問題は仕事のことじゃなくて自分をどれくらい信じているかどうかの問題だ、とわかる。この場合、大切なのは仕事のことじゃなくて「私は本当に才能がある人間かどうどうかじっと観察、見極める。そしてそれを自分がどう受け入れるか?」です。

自分の才能について触れられるようになると、もっと自分に合った仕事が簡単に見つかるはずでしょ?この東京のような大都会では、すべてのジャンルで才能ある人はいつでもどこでも求められているし。

なにが本当の問題か? 自分を信用することだよ!

Q このセッションであなたがやっていることはセラピーなの?

PJ いや、セラピーではないね。セラピーは「病気」とする人を見るものでしょう。私のセッションは、コーチングに近いかな。「アスリート」や「スター」になるためのコーチング。みんな誰でも「スターの種」なんです。自分は「普通」と考える人が多すぎますね、で、自分のことを「何も特別なことがないつまんない人」と思っちゃう。

でもある日「私は本当に人生を楽しんでいない! ちっとも楽しくない!」と感じて「ああ、きっとあたしはビョーキ、鬱病なんだわ。」と思い始める。これってどういうこと? いったい何が彼女に起こったのか?

それはこの未確認憂鬱人の彼女の中の「スターの種」が目覚めて言っているんですね。「できる、きっとよくなる」と言っているんです。

Q ということは、それはポジティブな悩みだと、あなたは考えるのね?

PJ そうです、心の声が、思い悩むあなたを動かそう、成長させようとしている、本当のあなたにふさわしい経験をさせようとしているということです。

でも社会では、なかなか理解されません。迷いを感じたりや「変だ」と感じたり。私のセッションでは人々はみんなちがっていて、ユニークであることはすばらしいことである、ということを理解するサポートをします。いちどそれがわかると、もうあなたは「助かった」も同然ですよ。

Q セッションにはいったいどれくらいの時間がかかる?

PJ 約2時間です。話して、呼吸とエネルギーの流れをつくるリラックゼーション・エクササイズをします。気持ちがゆったりして、いやされますよ。

Q セッションは何回くらい受ければいいのかしら?

PJ 人それぞれ。ある人は1回のセッションでも大躍進しちゃうし。またある人は何年も時間をかけて。まるで離婚調停や大事業みたいにね。この場合はまったくコーチングみたい。受けたい人が「プッシュ」を必要とする時にはいつも会います。3ヶ月ごと、もしくは6ヶ月ごと。ちょっと難しいケースでは最初の1、2ヶ月は毎週会って「ごちゃごちゃの状況」を「クリーニング」します。(笑)でもそれはちょっと珍しいケース。

Q ありがとうパトリス。じゃあ、もし私がセッションを受けたくなったら、どうしたらいいのかしら?

PJ メールください、 PJオフィスに。もっと知りたい人や、予約の人もね。簡単。メルシー。


イラスト/おさないまこと 『物語の主人公になる方法』より 

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

To the Power of our Dreams / 夢のパワー

I want to thank all the participants of the "PJ Dojo" for the great time we had together this afternoon. I wish that this session about how to welcome the power of the dreams will bring to all participants a flow of new inspiration. Let me share with you a short poem that came to me this evening after dinner.

Dear Dreams,
you emerge from a place nobody knows,
you fly through my mind
and expand your wings in my consciousness,...

Dear Dreams,
free  shapes dancing in the substance
of my imagination,
come, play with me...

Img_4368

Dear Dreams,
I welcome you,
I hug you,
thank you for the freedom you bring in my life!

Dear Dreams,
thank you for the joy you give me now
and for every creation you inspire,
thank you for keeping me alive and excited

Dear Dreams,
I know that you are the voice of the Source
and the fire of the true Life
burning in our hearts...

Thank you!



本日の午後"PJ道場”
素晴らしいひとときをともにした参加者のみなさんに感謝。
夢のパワーを受け入れる方法についてのセッションが
みなさんの新しいインスピレーションの潮流をもたらしますように。
ディナーのあと浮かんだ
ショート・ポエム、紹介させてください。


夢よ、
だれも知らないところからやってきて
心の中、翼を広げて駆け巡り…

夢よ、
自由自在変幻自在
イマジネーションの中、
おいで、私と遊んでよ…

夢よ、
いらっしゃい
ハグハグ、あなたを抱きしめる
私のライフの中、
自由をもたらしてくれてありがとう!

夢よ、
いまの幸せを ありがとう
あなたがインスパイアしてくれる
すべてのクリエーション
ありがとう、
いつもイキイキ、ワクワクさせてくれて。

夢よ、
知ってるよ、あなたが
すべての源の声だってこと
そして本当のライフの炎なんだって。
心の中
燃え続ける…

ありがとう!

| | コメント (4)

2008年7月 6日 (日)

Patrice Julien kitchen project for FP / PJのキッチンプロジェクトfor FPグループ

This slideshow was created during the shooting for the promotion of a Kitchen I produced for a project (FP Group in collaboration with Greengables) in 2005. Why do I post this old document? In fact, my Daughter who lives in Paris asked me recently for ideas to reform the kitchen of her appartment. Better than a long mail with an explanation, I thought that this clip would give her some ideas. It is also an occasion to share with you a different side of my creations and maybe give you some hints.

このスライドショーは、2005年に私が手がけたあるキッチン・プロジェクト、そのプロモーションの撮影の間に作ったものです。(グリーンゲーブルズとFPグループのコラボでした)。なぜこの古いファイルをupするのかって?

実をいうとパリに住む私の娘が最近、彼女のアパートメントのキッチンのリフォームについて意見を求めてきたからなんですけどね。ながながとメールで説明するより、このムービークリップ、よいヒントになると思ったんです。

PJクリエーションの違った側面をみなさんにご紹介できるとも思いますし、もしかしたらみなさんの何かのヒントになるかもね。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

PJ about New Style Mansions / PJのニュースタイル・マンション論

Today, I got a mail from a reader of this blog who lives in the Us and work in the Real Estate business. She asked me :
"I am very interested to know what your thoughts are regarding
"innovative real estate companies interested in a real humanistic revolution in the housing business".

Because I felt this question is of common interest I choose to answer on this blog.

Dear Friend, I don't know the state of the American Market but here in Japan I feel that Real Estate companies build mansions only oriented by a very neutral and "average" vision of housing. What they offer is more about "showing" than about really trying to relate with the Ideal lifestyle of the people who will invest  a lot of money to access to "THEIR PERSONAL UNIVERSE". They invest in design, in details expressing luxury or trend but it is just packaging, inside the box it is all the same...

For me, in Japan even expensive mansions are still only places to rest and not places to really live in. Recently there is a trend called "Designer's Mansion" but it does not mean "Mansions for designers..." it just mean that you buy a label to show your friends how much you are a trendy person...

For me a real "Designer's Mansion" would be a place where designers choose to live.Creating places to live in suppose that at the start of a project you already  have in mind an answer to the question "What is the lifestyle facilitated by such a space ?" (This is what I call the "Lifestyle design procedure")

For example, if as a mansion developer you think that living is mainly about working all day outside to get a salary you will create an housing concept reflecting that vision.
If you think that Life is about staying connected with nature and the universe, you will create another housing concept totally different.
If you think that Life is about cooking and enjoying Home parties, you will make a mansion  concept reflecting this vision : pro like kitchen, in house refrigerator and wine cellar, attractive indoor and outdoor dinner space connected with the kitchen, etc...
And those aspects should not be considered only as sales arguments but more like a kind of "lifstyle blueprint" of the appartment.
You start from the energy of a vision, what is called "THE CHI" and you move to denser planes of the project...When you look at the final product it may not look special but when you start living inside, all the place starts relating to you naturally.

What  I call "lifestyle design" is about starting from such a vision.
It is what I do at the initial step of any concept work : I do suggest an emotional representation of the "Lifestyle Blueprint" of the project. All the team involved in the project get attuned  around this  platform and then discussion can start.

When you start from a vision of life for any concept  you are able to create products and shape that are able to correspond to deep individual choices. By the power of your conceptual blueprint you may even help people understand better why they live. They visit your model room and think "Wow! This kind of life is possible! I always had the dream of such a lifestyle and  thought it was impossible but now I see it is not.
Isn't it a good way to work on evolution of humanity?...

Almost all housing projects give customers a chance to customize slightly the place they plan to buy but it's too often about choosing the wallpaper and the flooring and it is not what I talk about.

I think you understand that what I have in mind is deeper and not difficult to do, it just requires from the start a real humanistic perspective (and I am convinced it is perfectly compatible with good business results).

Thank you for asking.

Joyful Life!

今日、このブログの読者のひとりで
アメリカで不動産ビジネスに従事する方から
メールを受け取りました、
彼女はその中でこう尋ねるのです、
”あなたのご意見をぜひおうかがいしたいのです”
”ハウジング産業において
真の人間革命に興味のある
革新的な不動産会社について”

この質問って、みなさん興味あることではないかと思うので
ブログに書きますね。

親愛なるコパン
アメリカのマーケットのことについては存じ上げませんが
日本では
不動産会社はニュートラルで”平均的”な
住居に対するビジョンによってのみマンションを建てていると感じます。
”マイ・パーソナル・ユニバース”のために大金を費やす人びとのために
理想的なライフスタイルを追求するよりも
”展示”に重きを置くのです。

大金を費やす彼らはデザイン、
ラグジュアリー感やトレンド感を表すディティール
にお金をかけます
でもそれはパッケージされていて
そのパッケージの箱の中身はすべて同じなのです…

私にとって
日本においては
高価なマンションでさえ、
暮らしの場ではないと思えるのです、
ちょっと休憩の場、といったもので。

このところ”デザイナーズ・マンション”が流行っています、
でも、この”デザイナーズ・マンション”は、
”デザイナーのためのマンション”
ではないのです、
友達に、自分はこんなにトレンディなんだ
と誇示するために、
デザイナーのラベルを買っているようなもの…

私に言わせるなら
”デザイナーズ・マンション”は
デザイナー自身が住みたいところであるべき。
真の暮らしの場をクリエイトするということは
そのプロジェクトがスタートのその時から
”生活とは何か?”という問いに対する答えが
あなたの心の中にはすでにある
ということを意味します。
(これが”ライフデザイン・プロデュースです)

たとえば、
マンションの開発業者であるあなたが
暮らしの中のもっとも重要な要素は給料のために毎日外で働くこと
そう考えるなら、あなたはそれを反映した住宅コンセプトを打ち出すでしょう。
もしあなたが暮らしとは、自然や宇宙とつながりながらともにあること
と考えるなら、まったく異なる住居コンセプトを立てるでしょう。
そしてもしあなたが、暮らしとは料理をしてホームパーティを楽しむこと
と考えるなら、あなたはこの考えを映し出したマンション・コンセプトをたてるでしょう:プロ仕様のキッチン、備え付けの冷蔵庫とワインセラー、
そしてキッチンとつながる素敵なインドア、アウトドアのディナー・スペースなどなど……を備えたお家。

そしてこれはセールスポイントであるだけじゃなく
ある種の”スピリチャル・ブループリント(精神の青写真)”なのです。

"気”のビジョンのエネルギーからはじめて
より密度の濃い計画へ…
あなたがその作品の完成形を目にする時、
それは特に変わったものではないでしょう
でもあなたがその中で暮しはじめると、すべての場は
あなたと関わるようになります。

私が”ライフスタイルデザイン”と呼ぶものは
いつもこのようなビジョンからはじまります。
それは私がプロダクト・コンセプトの仕事の
最初のステップで、私がやることです:
プロジェクトの”ソウル(魂)”のエモーショナルな部分を提案するのです、
プロジェクトに関わるメンバーはこのプラットフォームに周波数を合わせ
ディスカッションがはじまるのです。

どんなコンセプトも、あなたが人生のビジョンから始めるなら
あなたは製品を創り出すことができ、
個人の深い要望に沿えるものを形づくることができるでしょう。
あなたのコンセプトの青写真により
あなたは人がなぜ生きるか、理解を深めるのを助けることができるでしょう。
彼らはあなたのモデルルームを訪れ、思うのです
”ワゥ! こんな生活ができるなんて”! いつも私はこんな暮しを思い描いてきた、そしてずっとそんなのムリとおもってきた、でも今そうじゃないってわかった。
これって人類の進化に寄与する素晴らしい仕事と思わない?

ほとんどすべての住居プロジェクトは、
カスタマーに彼らが買おうとする物件をカスタマイズするチャンスを
与えます、でも壁紙を選んだり、フローリングの板を選んだりできることは稀
そしてそれは私が言いたいことではありません。

おそらくあなたは、私が心考えているのは
もっと深いことで、実現するのは難しいことではない
とわかってくれると思います。
それはスタートの時点から、
本当に人間な展望なのです(それはビジネスとしてもよい結果を出すと確信しています)

お問い合わせありがとう。
楽しい生活を!

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

PJ & Y at Hakone / 箱根にて

Today, a shooting in Hakone.
First time for me, I was really impressed by the beauty of nature.

本日は箱根にて撮影。
PJにとっては初の箱根、
自然の美しさにとても感動しました。

Img_39891

Yuri and I are gyoza lovers so what a big chance to have a lunch here.

餃子ラバーなユリとPJ ここでランチできるなんて。

Img_3995

And it was delicious!

Try the "tori kawa de maita gyoza" and the "stamina gyoza" thay are our favorites.

Tako lovers should not miss the "Tako gyoza".


そして、おいしかったよ!

こちらの”鳥皮で巻いた餃子”と”スタミナ餃子”
ぜひお試しあれ。オススメ。

タコ好きさんは”タコ餃子”
食べわすれることなかれ。

| | コメント (3)

2008年2月 9日 (土)

Feel the love / フィール・ラブ

Today, I made this video for you.
By listening to the sound and watching to the images
you will feel something happening in your Heart.
Try!
To get it full screen on your computer, click on the small square, on the right side, at the bottom of the screen, and do not forget to put the sound on...

With Love
Patrice


今日はビデオを作ってみたんです、みなさん楽しんで。
音楽をきいて、映像を見てるときっと
心の中で何かが起こるはず、
試してみて!

フルスクリーンで見たい時は、
スクリーン下、右側の小さいボタン押してね。
サウンドをオンにするのを忘れずに…

ラブ
パトリス

| | コメント (2)